外務省


外務省在外公館会計文書 開示請求から約15年半後にようやく一部開示 外務省

2006/12/1に名古屋市民オンブズマンが外務省に対して情報公開請求した「在フィリピン日本国大使館で平成13年度に支出された『報償費』に関する支出決裁文書」に対し異議申立をしていた件で、外務省は2022/8/29に原決定を変更し一部開示しました。
・開示決定
http://www.jkcc.gr.jp/gaimusyo/220829.pdf
・開示文書
 http://www.jkcc.gr.jp/gaimusyo/220905.pdf

支出から21年、当初の開示請求から約15年半もたっています。
あまりに遅すぎたのではないでしょうか。
-------
NPO法人 情報公開市民センター 外務省報償費訴訟は今
http://www.jkcc.gr.jp/menu2.html#GaimusyoHousyouhiSosyo 

------------
なお、本件は約21年にわたる裁判・異議申し立てを行ってきました。
現在、NPO法人・情報公開市民センターは、1人3000円以上のカンパを年間100人呼びかけています。何卒ご協力をよろしくお願いいたします。
http://www.jkcc.gr.jp/profile/01_09.html

トップへ戻る