名古屋城 本丸御殿+木造天守閣問題特集

「150億円の本丸御殿は必要でしたか?」
それどころか、河村市長は木造天守閣復元をぶち上げました。建物だけで505億円かかるとのこと。100億円の利子、その他運営管理費等を含めると2069年までに915億円かかる見込みです。2020年の東京オリンピックに間に合わせると市長一人意気込んでいましたが、突如2022年に延ばしました。市民は冷ややかです。「民主主義発祥の地ナゴヤ」の看板を下ろしたのでしょうか。
※17/3/23に名古屋市議会は名古屋城天守閣木造化の基本設計等に関する補正予算10億円を可決しました。17/5/9に「基本協定」「基本設計契約書」を締結しました。

18/12/17(月) 「壊すな!名古屋城天守 木造建て替えはいらない!」住民訴訟提訴

「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」のメンバー15名は18/12/17に「市長・担当市職員13名は名古屋城木造化 基本設計代金8億4693万6000円を市に返還しろ、実施設計を解除せよ、名古屋城天守閣整備事業を停止せよ」という住民訴訟を名古屋地裁に提訴しました。
・訴状
 
https://drive.google.com/file/d/1MdNRZ99UD7nDgbo5mrxLeM6CX7hJ3Brv/view
・概要、甲号証、証拠説明書、声明など
 https://drive.google.com/drive/folders/1T_5khzBPQ4R5IBgVOMSY-VVb8viwdHkz

【事案の概要】河村たかし名古屋市長は、「名古屋城の現天守の耐震性能が低い」として、耐震改修が決まっていたにもかかわらず、木造天守復元事業に関する基本設計8億4693万6000円の予算を2017年3月に通し、名古屋市は竹中工務店と契約を結んだ。しかしながら、基本設計の期限である2018年3月30日までに、「『業務要求水準書』で定められた「文化庁における『復元検討委員会』の同意、『文化審議会』の諮問」を得ることなく、名古屋市は同日竹中工務店から、「成果物」段ボール5箱分を受け取り、2018年4月27日に竹中工務店に金員を支払った。

【住民監査請求】「現天守にこそ戦後復興のシンボルとしての価値」があるとする当会の主張に賛同する名古屋市民158名は、「上記契約に基づく『成果物』は未完成であり、市長に対し、市に損害賠償ならびにその後の実施設計、木材購入についての事業停止を求める」住民監査請求を2018年9月21日に名古屋市監査委員に行った。
 監査委員の丹羽ひろし市議(自民)は、「納品を1日で行うことができたとは到底考えられない」とし、市監査委員としては2018年11月19日に、名古屋市始まって以来の「合議不調」の結果を出した。実施設計・木材購入については判断しなかった。
 http://www.city.nagoya.jp/kansa/cmsfiles/contents/0000010/10918/20181119_juminkansa.pdf

【住民訴訟の提訴】私たちは「合議不調」との結果には到底納得できないので、住民訴訟に進むしかありません。返還を求める対象は、市長ならびに支出命令書に印鑑を押した名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所職員ら13名です。訴訟は、本人訴訟として行います。
 住民監査請求から追加した論点は以下3点
 1)「基本設計説明書」はほとんど非公開だが、すでに公開されている文書と同様であり、非公開にする理由はない。
  https://ombuds.exblog.jp/26803947/
 2)河村市長の「指示書」によって、職員が適正な事務を行わなかったのではないか
  http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shijisho.pdf
 3)名古屋市は、18/3/28に「『基本計画書』は7月に完成予定」としており、18/3/30には未完成ではないか。
   
「求める会」事務局の森晃さんは「名古屋城木造化に関しては、バリアフリー、石垣、消防など多数の問題を抱えており、このまま順調に進むとは思えない。にもかかわらず、木材購入を進めており、保管費用が年間1億円かかるという。また、どんな木造天守閣ができるのか市民に公開することなく、寄付を集め続けている。今後住民訴訟で『基本設計』の黒塗り部分を明らかにするとともに、市長や市職員の尋問も求めたい」としています。

・名古屋城天守の有形文化財登録を求める会
 http://bit.do/Ncastle
 https://www.facebook.com/1740949266229351/

------
今後の予定

・12/20(木)10時〜12時 第14回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会 
 (名古屋能楽堂会議室) 
 http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/kankobunkakoryu/0000112576.html
・12/20(木)13時半〜15時半 第27回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議
 (名古屋能楽堂会議室)  
 http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/kankobunkakoryu/0000112305.html
・12/23(日)13時半〜16時半 「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」学習会(北生涯)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle
・1/13(日)13時半〜16時半 「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」学習会(北生涯)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle
 

18/12/6(木) 「名古屋城天守木造建て替えはいらない」住民監査請求 監査委員会議録が公開

「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」が18/9/21に名古屋市監査委員に対して行った「名古屋城天守木造建て替えはいらない」住民監査請求についての監査委員会議会議録を同会が情報公開請求したところ、ほとんどが公開されました。

・平成30年9月21日に提出された名古屋市職員措置請求(30監特23号)に対する
 1.監査委員議事の内容がわかるもの
 2.同議事において提示された文書 すべて 

・決定書
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181206-1.pdf
・18/9/21「監査委員会議」会議録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181206-2.pdf
・18/10/2「監査委員会議」会議録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181206-3.pdf
・18/10/17「監査委員会議」会議録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181206-4.pdf
・18/10/24「監査委員会議」会議録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181206-5.pdf
・18/10/31「監査委員会議」会議録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181206-6.pdf
・18/11/8「監査委員会議」会議録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181206-7.pdf
・18/11/9「監査委員会議」会議録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181206-8.pdf
・18/11/13「監査委員会議」会議録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181206-9.pdf
・18/11/19「監査委員会議」会議録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181206-10.pdf
 
------
監査委員は、観光文化交流局に対して非常に詳細に問合せをしています。
大部なので詳細は読み切れていませんが、観光文化交流局の回答について特に2点について興味深い記載がありました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181206-5.pdf

1)「公募型プロポーザル業務要求水準書」について
 ・「請求者の主張する業務要求水準の部分については、特別史跡における現状変更許可の取得について説明したものであり、受託者が行う業務を示したものではない」
 「基本設計については、業務要求水準書の内容を満たすことを満たすことを前提とし、契約するものです」
 ・「事実です。基本設計の段階において、文化審議会の答申が出され、文化庁長官により天守木造復元の現状変更が許可されれば、天守木造復元の文化庁との手続が完了となり、実施設計の段階の内容において、文化審議会に関する業務が発生しないことを意味しています。」
 
2)18/3/30蜂矢主幹「基本設計の完成物の検査は今日1日で終わるわけではない」発言について
 ・当職員も正確には記憶していないが、引用される趣旨の発言をしたことは認める
 ・「修正の指摘が多ければ一日で終わるとは限らないということ」
 ・「納品時点においては、完了検査に合格しているわけではない」という事実を述べた
 ・「『内容に不足があれば』については、完了検査を行う中で不足が確認されれば、補正を命じるものであるという事実を述べた
 ・「基本設計としては完了しているということについては、受託者の立場として業務が完了していることを述べており、業務の完了は本市の検査の受検後になります。
  
----
このような屁理屈が、裁判所で通用するのか。18/12/17提訴の住民訴訟が注目されます。

なお、「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」は、黒川にある「北生涯学習センター」で学習会を開催するとのこと。
 https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle
 12月10日(月) 18:30ー20:00第1集会室
 12月15日(土) 13:30〜16:30 視聴覚室
 12月23日(日) 13:30〜16:30 第3集会室
 1月13日(日) 13:30〜16:30 第6集会室


18/11/29(木) 河村市長「名古屋城木造天守 文化庁と折衝中の議事録を公開すると大混乱する」

18/11/29に名古屋市市議会本会議が開催され、浅井正仁市議(自民)が名古屋城天守閣木造復元の進め方について質問しました。
・平成30年11月29日(木曜日)の議案外質問 浅井正仁議員(自民)
 (名古屋市民オンブズマンによる、自動文字起こしアプリによる文字起こし)
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181129.pdf

浅井市議は2点質問しました。

1 来年5月の文化審議会までに復元検討委員会開催のめどが立っているのか、
  また復元検討委員会の開催に向けて文化庁とは現在どのような調整を行っているのか。
 →広沢副市長 文石協から紹介されたコンサルによる助言、指導をいただきながら、石垣の保全方針等を検討しており、5月の文化審議会までに復元検討委員会に諮っていただけるよう努めております。
  文化庁との調整につきましては、現時点において、市長みずから幹部に電話で行っており、検討の進捗につきましては、今後当局から適宜報告をさせていただきたいと考えております。

2 文化庁の調整内容資料は黒塗りだった。文化庁に行った際の市長のメモは当初は黒塗りは、当初は黒塗りだったが公開された。
  2022年12月完成を死守する、目指すは嘘や偽りはありませんか。
  実は何年も遅れるようなスケジュールで文化庁や石垣部会、文石協と調整しているといったことは仮にもないでしょうね。
 →広沢副市長 現時点において完成時期を変更するスケジュールは検討しておりません。  
  
それを受け、浅井市議は、文化庁に行ってきたと述べました。
浅井市議は「文化庁としても、できる協力はきちんとするという印象を持った。また2022年12月完成という時期については不可能といった発言はなく、私の印象としては、名古屋市の頑張り次第なんだろうなということも思って帰ってきた」としました。
しかしながら、「次回の石垣部会の日程が決まっていない。今年10月文化審議会を断念した以降、文化庁には名古屋市として一度も電話もなければ、相談にも行っていない」とのべました。

その上で、9月25日に市が文化庁を訪問した際の議事録メモを市に要求したところ「のり弁」がきたと示しました。
浅井市議は「本会議等で説明したことと整合性のつかないことがらを記録したことがひょっとしたらあるんでしょうか。どうして市長メモは出せて議事録メモは出さないのか」と疑念を述べました。
次に、市長さんは来年5月の文化審議会に諮られないことが明確になるまでは、スケジュールの見直しはないという考えでいいんですよね、と質問しました。

河村市長は「自筆のメモは『決定事項』だから出した。他のものは交渉中、折衝中の事項で、情報公開条例で公開しなくてよいとある。
これは当然ですけどそんなもん出てまったら大混乱します」と述べました。
さらに、「石垣部会の言われる様に進んでいる」と述べました。

浅井市議は「市長は答えていない。5月の木造復元検討委員会まではスケジュールは変更しないという考えでいいんですよね」と追及したところ、
河村市長は「そのスケジュールでやる、やるということでお話してあります」と述べました。

浅井市議は、「5月の木造復元検討委員会まではスケジュールは見直さないでいいですよね」と念を押したところ、河村市長は「5月がどうのこうのよりも文化庁からスケジュールありきではないと言われておりまして」と述べ、議場からはヤジが飛びました。

浅井市議は、「名古屋市は当初は復元検討委員会を3回の計画だった。文化庁は3回でも難しいと言っていた。しかし今は名古屋市は1回の計画。本当にやれるのか」と述べましたが、市長からは回答がありませんでした。

最後に、浅井市議は「今のままだったら絶対何も動きませんよ。付帯決議で「議会に適宜報告する」としたが、黒塗りで何を議論するのか。文化庁は、「これは名古屋市の判断で出せるといっていた。2020年がもし遅れて税金を使うようなことがあれば、全ての責任は市長にある」と述べました。

-----------
名古屋市情報公開条例第7条第1項第4号では、以下記載があります。
(4)市の機関、国、独立行政法人等、他の地方公共団体及び地方独立行政法人の内部の又は相互間における審議、検討又は協議に関する情報であって、公にすることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれ、不当に市民の間に混乱を生じさせるおそれ又は特定のものに不当に利益を与え、若しくは不利益を及ぼすおそれがあるもの
http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000001423.html

「不当に市民の間に混乱を生じさせるおそれ」がある文化庁とのやりとりの情報とはいったいなんなのでしょうか。
文化庁は「名古屋市が判断すること」としたと浅井市議は述べています。「おそれ」の主張立証責任は市にあります。

「市長メモ」も上記第7条第1項第4号を理由として非公開にしていました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180905.pdf
しかし、名古屋市民オンブズマンが審査請求した直後に「公にすることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるとは認められない」ため公開されました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181101.pdf

市民に資料も見せず、2022年12月完成もほぼ不可能となったにも関わらず、未だに根拠もなく「期限を死守する」としか述べない河村市長。
税金だけが垂れ流しです。
「全責任は私が取る」とした文書がますます重みを持っていきます。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shijisho.pdf
-----
今後の予定(名古屋市民オンブズマン以外)

・2018年12月8日(土) 13:30〜16:30
 名古屋城木造復元のバリアフリーを考える シンポジウム(ウィンクあいち)
 http://www.aju-cil.com/events/event/181208/
・2018年12月10日(月)18時半〜  
 「名古屋城天守木造建て替えはいらない」住民訴訟 説明会(北生涯学習センター)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle
・2018年12月15日(土)13時半〜  
 「名古屋城天守木造建て替えはいらない」住民訴訟 説明会(北生涯学習センター)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle
・2018年12月17日(月)
 「名古屋城天守木造建て替えはいらない」住民訴訟 提訴(名古屋地裁)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle
・2018年12月23日(日)13時半〜  
 「名古屋城天守木造建て替えはいらない」住民訴訟 説明会(北生涯学習センター)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle
・2019年1月13日(日)13時半〜  
 「名古屋城天守木造建て替えはいらない」住民訴訟 説明会(北生涯学習センター)
 https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle

--------
名古屋市民オンブズマン 名古屋城問題ページ
http://www.ombnagoya.gr.jp/tokusyuu/goten/index.htm

18/11/27(火) 名古屋城 バリアフリーについて名古屋市からの質問に愛知県審議会が回答

愛知県障害者施策審議会が名古屋市に「名古屋城木造天守閣にエレベーター不設置方針」再考を要望したことに対し、名古屋市が市長名で18/10/25に質問書を送った件で、18/11/9に審議会が名古屋市に回答をしていたことが名古屋市民オンブズマンの情報公開請求でわかりました。

・18/10/2審議会の要望書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181002.pdf

・18/10/25名古屋市の質問書と、18/11/9審議会の回答
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181126.pdf

審議会の要望書では「当事者の方々と十分に協議をしていただき」とありますが、名古屋市の質問書にはそれについては全く触れず、根拠法令と解釈、そもそも要望書を出した根拠を尋ねるにとどまっています。

名古屋市の姿勢が如実にあらわれている質問書だと考えます。

質問書の中で、「本市と致しましては、〜法規定に抵触しているものではないと考えております」とありますが、そもそも、これらについて名古屋市観光文化交流局は、名古屋市健康福祉局に問い合わせたのでしょうか。
その結果の「本市と致しましては」なのでしょうか。

名古屋市は、県審議会に質問書を送るよりまずすることがあるのではないでしょうか。


なお、以下が条文です。
------
・障害者の権利に関する条約第4条1(d)
1 締約国は、障害に基づくいかなる差別もなしに、全ての障害者のあらゆる人権及び基本的自由を完全に実現することを確保し、及び促進することを約束する。このため、締約国は、次のことを約束する。
(d) この条約と両立しないいかなる行為又は慣行も差し控えること。また、公の当局及び機関がこの条約に従って行動することを確保すること。
・障害者の権利に関する条約第9条1
 1 締約国は、障害者が自立して生活し、及び生活のあらゆる側面に完全に参加することを可能にすることを目的として、障害者が、他の者との平等を基礎として、都市及び農村の双方において、物理的環境、輸送機関、情報通信(情報通信機器及び情報通信システムを含む。)並びに公衆に開放され、又は提供される他の施設及びサービスを利用する機会を有することを確保するための適当な措置をとる。この措置は、施設及びサービス等の利用の容易さに対する妨げ及び障壁を特定し、及び撤廃することを含むものとし、特に次の事項について適用する。
(a) 建物、道路、輸送機関その他の屋内及び屋外の施設(学校、住居、医療施設及び職場を含む。)
(b) 情報、通信その他のサービス(電子サービス及び緊急事態に係るサービスを含む。)
 http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/rights/adhoc8/convention131015.html

・障害者権利委員会の一般的意見第2号(2014年)のパラグラフ13
13.障害者権利条約第9条は、「締約国は、障害のある人が自立して生活すること及び生活のあらゆる側面に完全に参加することを可能にするため、障害のある人が、他の者との平等を基礎として、都市及び農村の双方において、物理的環境、輸送機関、情報通信(情報通信技術及び情報通信システムを含む。)、並びに公衆に開かれ又は提供される他の施設及びサービスにアクセスすることを確保するための適切な措置をとる」と規定している。物理的環境、輸送機関、情報通信及びサービスを網羅する、アクセシビリティのあらゆる複雑性への取り組みがなされることが重要である。その焦点となるのは、もはや建築物、輸送インフラストラクチャー、車両、情報通信及びサービスを所有する者の法的人格と、その公共性又は民間性ではない。物品、製品及びサービスは、公衆に開かれ又は提供される限り、公的機関によって所有及び/又は提供されるか、民間企業によって所有及び/又は提供されるかにかかわらず、すべての人にとってアクセシブルでなければならない。障害のある人は、すべての物品、製品及び公衆に開かれ又は提供されるサービスに対し、これらへの効果的かつ平等なアクセスを確保し、障害のある人の尊厳を尊重する方法による、平等なアクセスを持たなければならない。このアプローチは差別の禁止に由来している。アクセスの否認は、違反者が公的主体であるか民間主体であるかにかかわらず、差別行為に相当すると見なされる。アクセシビリティは、機能障害の種類を問わず、人種、皮膚の色、性、言語、宗教、政治的意見その他の意見、国民的もしくは社会的出身、財産、出生又は他の地位、法的又は社会的地位、ジェンダー又は年齢などのいかなる区別をも伴うことなく、すべての障害のある人に提供されなければならない。アクセシビリティは、障害のある人のジェンダーと年齢という視点を特に考慮したものでなければならない。
・障害者権利委員会の一般的意見第2号(2014年)のパラグラフ15
15.すべての新規の物品、製品、施設、技術及びサービスへのユニバーサルデザインの厳格な適用は、障害のある人を含むあらゆる潜在的な消費者による、その固有の尊厳と多様性を十分に考慮した方法での、完全かつ平等な、制限されることのないアクセスを確保するものでなければならない。またそれは、特定の場所の中での障壁のない移動を含む、ある場所から別の場所への、個人による一連の無制限の移動の創造に貢献するものでなければならない。障害のある人とその他の利用者が、必要に応じて補助器具と人又は動物による支援を使用しながら、バリアフリーな路上を移動し、アクセシブルなノンステップ車両に乗り、情報通信を利用し、ユニバーサルデザインの建物に入り、その中を移動できるようにしなければならない。ユニバーサルデザインの適用は、補助器具のニーズを自動的に取り除くものではない。最初の設計段階から建物にユニバーサルデザインを適用することにより、建設費を大幅に減らすことができる。建物を最初の段階からアクセシブルにしても、多くの場合、総建設費はまったく増加しないが、場合によっては、費用がわずかに増加することもある。一方、建物をアクセシブルにするために後から改築する費用は、特に特別な歴史的建造物などの一部の事例で著しく増加する可能性がある。最初からユニバーサルデザインを適用した方が経済的であるが、後から障壁を撤廃するために見込まれる費用を、アクセシビリティを阻む障壁を漸進的に撤廃する義務を回避するための言い訳として利用してはならない。
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/rights/rightafter/crpd_gc2_2014_article9.html

・障害者基本法第21条
第二十一条 国及び地方公共団体は、障害者の利用の便宜を図ることによつて障害者の自立及び社会参加を支援するため、自ら設置する官公庁施設、交通施設(車両、船舶、航空機等の移動施設を含む。次項において同じ。)その他の公共的施設について、障害者が円滑に利用できるような施設の構造及び設備の整備等の計画的推進を図らなければならない。
2 交通施設その他の公共的施設を設置する事業者は、障害者の利用の便宜を図ることによつて障害者の自立及び社会参加を支援するため、当該公共的施設について、障害者が円滑に利用できるような施設の構造及び設備の整備等の計画的推進に努めなければならない。
3 国及び地方公共団体は、前二項の規定により行われる公共的施設の構造及び設備の整備等が総合的かつ計画的に推進されるようにするため、必要な施策を講じなければならない。
4 国、地方公共団体及び公共的施設を設置する事業者は、自ら設置する公共的施設を利用する障害者の補助を行う身体障害者補助犬の同伴について障害者の利用の便宜を図らなければならない。
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kihonhou/s45-84.html

・障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律第3条
 第三条 国及び地方公共団体は、この法律の趣旨にのっとり、障害を理由とする差別の解消の推進に関して必要な施策を策定し、及びこれを実施しなければならない。
・障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律第5条
 第五条 行政機関等及び事業者は、社会的障壁の除去の実施についての必要かつ合理的な配慮を的確に行うため、自ら設置する施設の構造の改善及び設備の整備、関係職員に対する研修その他の必要な環境の整備に努めなければならない。
・障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律第7条
 第七条 行政機関等は、その事務又は事業を行うに当たり、障害を理由として障害者でない者と不当な差別的取扱いをすることにより、障害者の権利利益を侵害してはならない。
 2 行政機関等は、その事務又は事業を行うに当たり、障害者から現に社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合において、その実施に伴う負担が過重でないときは、障害者の権利利益を侵害することとならないよう、当該障害者の性別、年齢及び障害の状態に応じて、社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をしなければならない。
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/law_h25-65.html

・障害者基本法 (都道府県等における合議制の機関)
第三十六条 都道府県(地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の十九第一項の指定都市(以下「指定都市」という。)を含む。以下同じ。)に、次に掲げる事務を処理するため、審議会その他の合議制の機関を置く。
 一 都道府県障害者計画に関し、第十一条第五項(同条第九項において準用する場合を含む。)に規定する事項を処理すること。
 二 当該都道府県における障害者に関する施策の総合的かつ計画的な推進について必要な事項を調査審議し、及びその施策の実施状況を監視すること。
 三 当該都道府県における障害者に関する施策の推進について必要な関係行政機関相互の連絡調整を要する事項を調査審議すること。
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kihonhou/s45-84.html

-------
・愛知県障害者施策審議会
 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/shogai/0000043616.html


18/11/19(月) 名古屋城木造天守閣基本設計住民監査請求「合議不調」市監査委員

「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」158名が名古屋城天守閣木造化の基本設計が完成していないとして市長に対して8億4693万6000円の賠償を求めた住民監査請求で、名古屋市監査委員は18/11/19に「合議不調」の結論を出しました。住民監査請求で合議不調を出したのは名古屋市監査委員始まって以来です。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181119.pdf
「求める会」は住民訴訟を検討するとのこと。
https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle

合議不調部分は1点。(12)(13)
成果物が18/3/30に竹中工務店から名古屋市に対して提出されたが、それに対して検査確認をしたかどうかです。
・福田・黒川・小川監査委員の判断
 事前監査は合理的な手法。1日で検査確認が違法・不当に行われたと判断することはできないと解するのが妥当
・丹羽監査委員の判断
 検査確認は、当局の主張するような事前確認を行ったとしても、納品された成果物を1枚1枚詳細に内容確認すべきものであり、この確認を1日で行うことができたとは到底考えられないことから、検査確認が正当に行われたとはいえないと解するのが妥当
 
その他はすべて住民側の理由無しとしました。

(1)現状変更許可は文化庁の現状変更許可が必要で、文化審議会の諮問を受けなければならない。
 →現状変更にかかる許可は工事の着手までに必要であると解するのが妥当

(2)国土交通省告示15号で「基本設計に必要な範囲で、建築確認申請を行うために必要な事項について関係機関と事前に打ち合わせを行う」
 →告示15号は設計業務の報酬基準を定めたもの。なすべき業務を定めたものではないと解するのが妥当
 
(3)「プロポーザル業務要求水準書」で「基本設計の段階で『復元検討委員会』の審査を受け、文化審議会にかけられる」
 →当時のスケジュール感を示したものにすぎないと解するのが妥当

(4)上記業務要求水準書への質問に対する市の回答書で「実施設計段階では『復元検討委員会』審査や文化審議会手続は不要」
 →趣旨は、「基本設計段階で文化審議会の答申がだされ、現状変更が許可されれば、実施設計段階で文化審議会に関する業務が発生しない」と認める
 
(5)基本設計業務委託概要書で「申請に必要な事前打ち合わせ」と「申請書類の作成」が明示されている
 →現状変更許可の申請者は名古屋市長であることから、申請書は名古屋市のみが作成しうる

(6)業務委託仕様書では「文化審議会にかけられるのは基本設計の段階」とされているのは明白。
 →その時点でのスケジュール感を示したものにすぎない。
  なお、17/5/9に締結した基本協定書には、契約書が最も優先して適用される旨が規定されている。
  「業務要求水準書」と「業務委託仕様書」の記載内容に矛盾や相違があったとしても、「業務委託仕様書」が優先される
  
(7)成果品目録に「申請に必要な事前打ち合わせ」と「申請書類の作成」に係る「打ち合わせ議事録」や「申請書類」は含まれていない。
 文化庁関連では「資料等の原稿」のみ。
 →成果物は当該資料として確認できたことから、納品されていると認める。請求人は、基本設計契約で求めている成果物は文化庁との協議を経て修正を反映させた基本計画書であると解していると思料される。
 市は、基本計画書は文化庁との事前協議を行うにあたって必要となるものであり、基本設計契約で求めている成果物は、市の考え方をとりまとめたものであり、必ずしも文化庁が求める修正を全て反映させる必要はない旨の主張をしている。
 基本計画書の提出時期や、本丸御殿復元の際のこと、工事の着手までに現状変更許可が得られればよいことを踏まえると、基本設計で求めている成果物において文化庁が求める修正をすべて反映させる必要はないと解するのが妥当。
 
(8)「復元検討委員会」の審査や文化審議会の諮問結果が得られていない。建築の仕様について確定していない。
 →現状変更許可が得られていなくても、基本設計や実施設計の施行は可能と解するのが妥当。
 仮に、文化庁から仕様の変更を求められたとしても、基本設計にその変更点をすべて反映させる必要はなく、実施設計の段階で対応をすることが可能と解するのが妥当
 
(9)「業務要求水準書」の要件が満たされておらず、18/3/30基本設計図書は未完成
 →その時点でのスケジュール感を示したものに過ぎず、成果物は納品されている
 
(10)会計管理者は債務が確定していることを確認したうえでなければ、支出をすることができない
 →基本設計図書が未完成であるという請求人の主張には理由がない
 
(11)18/2/27に、基本設計業務の履行機関を「18/2/28まで」から「18/3/30まで」と変更契約締結した
 →石垣調査に関する工程の組み直しが必要となったことが理由であると認める。
 
(12)名古屋城総合事務所の蜂谷主幹は18/3/30報道の囲み取材で「基本設計の完成物検査ですが、今日一日で終わるわけでは無く、すごい量ですから、段ボール5箱くらいあるので、随時検査します。検査で合格しているわけではないものですから、検査をさせていただいて、内容に不足があればさらに追加を求めることがありえる。あるけれど、基本設計としては完了しているということ」と述べた。
 →成果物は納品されていることから、内容に不足があるとは言えない。
 
(13)構造計算書は14,414ページに及び数量調書も639ページにわたる 
 →成果物は納品されていることから、内容に不足があるとは言えない。
 
(14)基本設計図書の内容は未完成 実施設計契約も無効
 →成果物の検査確認に対する判断が分かれたことから、基本設計が未完成であることを前提とした本主張については判断しない
 
(15)事業の計画に遅延が発生する。
 木材を購入した場合、保管代金が発生する恐れがある。暫定的な損害拡大防止措置として本件事業の停止を求める。
  →成果物の検査確認に対する判断が分かれたことから、基本設計が未完成であることを前提とした本主張については判断しない


18/11/16(金)名古屋城木造化 バリアフリー非公開説明会で「昇降にかかる公募の検討状況」発表 

18/11/15特別史跡名古屋城跡バリアフリー説明会(第2回)が非公開で開催されました。
配付資料はあとで情報提供いただきました。
・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181115.pdf

18/11/14に問い合わせた際は「日時を公表していない」でしたが、事前に情報を得ていたとおり、11/15に開催されました。日時非公開のため傍聴も出来ませんでした。
・18/11/15 名古屋城総合事務所とのやりとり
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181115-3.pdf

その中で、「木造天守閣の昇降にかかる公募の検討状況」が公開されていたことがわかりました。

技術開発の資金調達の欄には「アイデア審査、実証審査の成績上位入賞者には、融資または補助」とあります。
いくらかかるのかわかりませんが、さらに事業費が膨らみます。
ただ、なにも決まっていない段階です。市議会が予算を認めるかどうかも不透明です。

・傾斜50度の階段 地下1階〜地上5階まで
・すべて木造の建物 「国宝にする予定」のため、傷つけるのは論外
・1段の幅が狭く、通常の建物の階段より極めて困難
・安全性を十分確保する必要がある
・付加設備をどこまで認めるのかどうかは不明

2022年12月完成予定はほぼ絶望的ですが、樹齢300年以上の木材を18/11/19-20に伐採予定ですし、エレベーターに代わる昇降の公募も資金を名古屋市がつけて公募するといいます。

木材保管代金は年間1億円とのこと。
名古屋城天守閣木造化をこのまま見通しも立たないまま進めていき、貴重な木材だけがずっと保管されることになります。


18/11/15(木)名古屋市 2018年11月補正予算に名古屋城木造化関係予算計上せず

18/11/21から始まる名古屋市会平成30年11月定例会ですが、11月補正予算では、9月議会で行う予定だった仮設素屋根見学施設補正予算要求もなければ、穴蔵石垣調査関係の予算要求もありませんでした。
11月議会で行う予定だった現天守解体補正予算要求もありませんでした。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-6-2-15-4-0-0-0-0-0.html

18/6/28に名古屋市議会経済水道委員会で述べた、名古屋市が想定するスケジュールから相当ずれています。
しかし、木材だけは伐採しようとしています。

18/6/28時点でのスケジュール案
・18/7中 復元検討委員会に基本計画書を提出 了承予定【まだ】
・18/9 市議会に仮設素屋根見学施設補正予算要求【要求せず】
・18/10中 文化審議会にかけ、了承【まだ】
・18/11中 文化庁の現状変更許可【まだ】
・18/11 市議会で現天守解体補正予算要求【要求せず】
     仮設素屋根見学施設議決 【なし】   
・18/11月-19/1月 竹中工務店が契約に基づき木材を伐採
 【18/11/19-20 アカマツ伐採予定】
・19/2 市議会で現天守解体契約議決
・19/11 市議会で本体工事補正予算要求承認
・20/2 本会議で本体工事契約議決
・22/12 完成予定

木材保管代金は年間1億円とのこと。
このまま見通しも立たないままずるずると先延ばししていくのでしょうか。


18/11/14(水)第2回特別史跡名古屋城跡バリアフリー説明会 実施予定日時は「公表していない」

第1回特別史跡名古屋城跡バリアフリー説明会は18/7/24に開催されましたが、第2回が18/11/15に開催されると複数ルートから聞こえてきました。しかし名古屋市ホームページには全く記載されていませんでした。

18/11/14に名古屋城総合事務所に電話して確認しました。

市民オンブズマン:特別史跡名古屋城跡バリアフリー説明会の第2回はいつか
名古屋城(女性):担当に聞いたら「今のところ考えていない」という
市民オンブズマン:えっ、明日あると聞いたのだが
名古屋城(女性):えっ、明日。担当に確認します。
名古屋城(女性):お待たせしました。「公表していない」
市民オンブズマン:話が違う。「今のところ考えていない」と「公表していない」は全く意味が違う
名古屋城(女性):そうですね。電話しばらくお待ち下さい。

ようやく担当者が電話に出ました。

名古屋城総合事務所:第2回を開催するかどうかだが、日時は特に公表していない
 天守閣部会は公開が義務づけられている。
 今回は説明会。一般的な説明会は公表を義務づけられたものではない。
 開催する際その場で適宜判断する。
 傍聴についても主催である名古屋市が判断する。
市民オンブズマン:公表しなければ傍聴できない
名古屋城総合事務所:名古屋市が参加者を選定をする。
 どういう風に実施するか、実施に際して適宜考えていく
市民オンブズマン:実施したことを公表するのか。
名古屋城総合事務所:終わった後、公表するかどうか適宜検討
市民オンブズマン:傍聴は誰でも可能か
名古屋城総合事務所:公表していない会議は一般的に傍聴できない
市民オンブズマン:情報公開条例の趣旨に基づき公開すべきでは 
名古屋城総合事務所:説明会ごとに適宜検討する
市民オンブズマン:情報公開条例36条に反するのでは
名古屋城総合事務所こむら:この会議は36条適用のものではない
市民オンブズマン:7/24に開催した4社との不平等になるのではないか
 名古屋市がマスコミ・傍聴者の前で技術紹介した。
 次回仮に非公表になる場合、4社と不平等ではないか
名古屋城総合事務所:取材についてメディア入る入らないは適宜判断する
 取材の有無は事実だと思うが、それがすぐに平等性を欠くとは思っていない
市民オンブズマン:次回メディアがいないと企業は納得しているか 
名古屋城総合事務所:企業とは密接に調整する
 開催趣旨をご理解していただきたい。
 企業様の真意はわからない。
市民オンブズマン:マスコミには第2回の日時は公表していないのか
名古屋城総合事務所:適宜判断する。公表は義務づけられない。
市民オンブズマン:いつだれが開催と非公開を決めるのか
名古屋城総合事務所:名古屋市として開催の事務を行う
 内部の担当者だけが決めるわけではない
 意思を決定する中で開催決定を決める
市民オンブズマン:第2回 議事録は公開するのか
 第1回はマスコミにも公表し、議事録もネットで公開されている。
 仮に公開しなければ不平等ではないか
名古屋城総合事務所:合わせて検討する。
 企業の捉え方もある。意見交換をする。開催あり方も検討する
市民オンブズマン:配付資料は公開するか もらえるか
名古屋城総合事務所:公開するかどうか
 お渡しできるか適宜判断する
市民オンブズマン:非公開の場合、参加者は事前に決まっているか
名古屋城総合事務所:会議非公開の場合参加者は固まっているのが一般的
----
バリアフリーに関し、「障害者団体等に丁寧に説明する」と名古屋市は言っており、文化庁からも「バリアフリー 意思そつうはしっかり」と言われたと、河村市長のメモにあります。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181101.pdf

にもかかわらず、どうやって決めたのかわからない「障害者団体」だけを呼んで、「バリアフリー説明会」をする、というのが、今の名古屋市のやり方です。

・(平成30年7月24日開催)特別史跡名古屋城跡バリアフリー説明会における主なご質問・ご感想に対する回答について
 https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/300724_2/index.html


18/11/13(火)愛知県 議会で「名古屋城天守閣木造化に補助実施考えていない」

18/11/13愛知県議会一般会計・特別会計決算特別委員会で、 高木ひろし県議(新政あいち県議団)が名古屋城本丸御殿と名古屋城天守閣復元事業について質問したところ、愛知県は「名古屋城天守閣木造化に補助実施考えていない」と述べました。

高木県議と愛知県振興部観光振興課主幹のやり取りを、愛知県振興部観光振興課に18/11/14に電話で以下確認しました(概要であって、正式には後日公開される議事録を参考にして欲しいとのこと)。
-----
高木:名古屋城本丸御殿整備費補助金に対する補助額の総額はいくらか。
主幹:10年間で約9.6億円の補助を行った。
高木:名古屋市は本丸御殿に続いて天守閣の整備もしようとしている。助成をする考えはあるのか
主幹:再建計画においては入場料収入等で事業費をまかなうとあり、県の補助金は見込まれていない。
 また税金投入も予定しておらず、補助の実施は考えていない。
 しかし補助が必要になるのではないかという話しもあるので、今後の推移を見守りたい。
高木:本丸御殿のときの状況は大幅に違う。慎重に推移を見守ってもらいたい。
 もし要請があったとしても慎重に対応すべきと考える。
 

------
名古屋城天守閣木造復元は、建設費だけで505億円、利子が約101億円管理運営費が50年間で約276億円、その他を含めると約979億円にも及ぶ巨大事業です。

16/4/22 名古屋市議会経済水道委員会説明資料
天守閣木造復元整備にかかる財源フレーム(案)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160422.pdf

名古屋市が三菱UFJリサーチアンドコンサルティング(株)名古屋に委託した「名古屋城天守閣木造復元に向けた調査業務委託」によれば、2017年度〜2071年度の55年間の収支予測は基本で▲14.67億円。低位で▲64.65億円になります。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/tenshukaku/03_fukugenjigyo/dwl/29chousakekka.pdf 


名古屋城天守閣木造化の基本設計予算を認めた際の17/3/22市議会委員会付帯決議では、「事業の意義について国や県の理解を得て補助金を確保する」とありましたが、それも出来ない見通しです。

・17/3/22 名古屋市議会経済水道委員会付帯決議
 名古屋城天守閣木造化・空見地区新展示場調査費について
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170322-4.pdf

また、現時点では文化庁の許可が出る見通しが立っていませんが、製材した木材の保管費が年1億かかる見込みです。
にもかかわらず、樹齢300年以上もの木を18/11/19-20にも伐採しようとしています。

愛知県の補助実施が見込めない以上、抜本的に計画を変更する必要があります。

--------

18/11/7(水)名古屋城天守閣木造化は座礁寸前 2022年12月完成はほぼ望みなし 一刻も早く計画の全面見直しを

 河村たかし名古屋市長が2022年12月完成をめざして強引に推し進めてきた名古屋城天守閣木造化ですが、目標としてきた2018年10月文化庁文化審議会の許可取得断念表明で、市は早急な計画の見直しを迫られています。

名古屋城天守木造化未解決の5つの課題

 建設費用だけで505億円、利子100億円、維持費を含めると今後55年間で約940億円の名古屋城天守閣木造化プロジェクト。論点を簡単にまとめてみました。いずれも解決していません。
@需要予測・収支計画は妥当か
A文化財である石垣保全は可能か
B各種法令を遵守できるか(バリアフリー、消防、地震対策)
Cそもそも現天守を壊して木造化する意義があるのか
D情報を公開し、市民の意見を聞いているか

しかし市議会は木材製材契約94億円可決


上記問題は以前から何回も言われているにもかかわらず、名古屋市議会経済水道委員会は18/7/3に木材製材費94億5000万円の契約を自民・民主・公明・減税の賛成で可決してしまいました。
 特別史跡名古屋城は、文化庁の現状変更許可がなければ、釘一本打つことは出来ません。
 今回文化庁はなぜ名古屋市からの資料すら受け取らなかったのか。上記5つの点につき、数多くの情報公開請求と、市議会委員会・天守閣部会・石垣部会傍聴の結果さらに理解が深まったため、以下まとめてみました。

入場者予測基本シナリオでは14億円赤字

 18/6/27にようやく開示された収支計画では、基本シナリオで約14億円赤字です。しかも、これは階段のみつけた場合で、名古屋市が言う「新技術」によって障害者らが上り下りすることを考えていません。さらに、市は自ら「ブームが去ることを懸念している」と認めています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180627zenbun.pdf

搦手馬出石垣 解体だけで10年以上 天守台石垣はさらに大規模

 18/7/13特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第28回)が開催されました。
 名古屋城にある天守台石垣とは別の「搦手馬出」の石垣は、現在解体作業中ですが、10年以上かかっています。来年度から積み直しを行う予定ですが、マンパワーと資金不足で今後積み直しが完了するまで何年かかるかわかりません。
 石垣部会の委員は「天守台石垣は危機的状況。にもかかわらず名古屋市は『安定している・やや不安定』という記述にとどまる。このまま文化庁に資料を提出するつもりか」としました。
 
竹中工務店 地震対策のため、石垣内部に 「はね出し架構」提案

 18/7/19に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第12回)が開催され、名古屋市は、文化庁復元検討委員会資料(追加項目)を提出しました。
 その中で、竹中工務店から、木造天守閣が大地震に耐え、さらに現在の石垣に負担をかけずに復元天守閣の加重を支持するため、現石垣の中に「はね出し架構」という基礎構造を作ることが提案されました。
 名古屋市は「はね出し架構を作る際、おそらく石垣を解体することになるが、戦後に積み直した部分で押さえたい」としました。
 天守閣部会は「石垣と石垣の木造天守閣の接点の部分は難しいので石垣部会に任せたい」とし、その他部分は了承しました。

「認識の一致を見ない」石垣の問題は2点
@現石垣をどう保全するか A基礎構造の「はね出し架構」は史跡を破壊する


 名古屋城跡は史跡の中でも特に重要な「特別史跡」です。その重要な位置を占めるのが、石垣であり堀です。しかし、これまで名古屋市が石垣について十分な管理を行ってきてこなかったこと。また天守台の北面石垣にはらみや内部に空洞が見られ、最近の調査で西面の石の半数以上に亀裂や剥離が見られるなど危険な状態であると、石垣の専門家である「石垣部会」が再三指摘してきました。また昭和の天守閣復元時に大量に注入したモルタルが石垣の維持に影響を与えていないかどうかきちんとした調査が必要なことも指摘されています。
 名古屋市は、天守閣復元をした後に石垣を修理するつもりだとしています。
 これまで、昭和の天守閣復元時に、外側の石垣の多くを取り外し、内側の穴蔵石垣をほとんど破壊したと考えられてきました。しかし近年名古屋市が行った天守台石垣調査で、外側の石垣の少なくとも端は一番上まで江戸時代からの石垣であること。内側の穴蔵石垣も一部遺構が残っている可能性が名古屋市から示されました。
 18/11/2石垣部会では、石垣有識者は「現天守を壊す、壊さない、木造天守閣を建てる・建てないにかかわらず、@石垣保全方針を示す、A石垣を保全する は譲れない」「名古屋市でとりまとめたとされる天守閣復元案の詳細は承知していないが、少なくとも江戸時代の遺構を破壊する基礎構造である『はね出し架構』は断じて認めないし、一般論として文化庁も認めないだろう。現実離れしている。」としました。

ガラス張り避難コア・避難コア作らずと市

 18/6/28に名古屋市議会経済水道委員会が開催されました。
 江上博之市議(共産)が技術提案書で示された防災計画と避難階段について現在どうなっているか質問したところ、名古屋市は「防災計画について、竹中工務店から技術提案の段階では中央にガラスによる避難コアを設けて、新たに避難階段を設置するという提案をいただいたが、天守閣部会で『史実に忠実ではないのではないか』という意見ををいただいたので、取りやめをしている」と答弁しました。

いまだに建築基準法適用除外・日本建築センター防災評定・総務大臣緩和・市消防庁の同意取れず

 木造5階建ての建造物を作成するには、名古屋市建築審査会の、「建築基準法の適用除外」を受ける必要がありますが、いまだに議題にすら上がっていません。
 仮に適用除外を受けたとしても、日本建築センターの防災評定で「建築基準法同等の安全性」を受ける必要が、また、消防設備等については、「総務大臣の認定による緩和」が、火災予防条例については、名古屋市消防長の同意を得ることが必要ですが、いまだにいずれも完了していません。
果たしてガラス避難コア・避難階段なし、非常用エレベーターなしで、建築基準法で定められている二方向避難と同等の安全性が確保されるのか不明です。

エレベーター未設置方針で、県審議会が再考を要望

 愛知県の公的な審議会である「愛知県障害者施策審議会」が、名古屋市が名古屋城天守閣整備事業においてエレベーターを設置しない方針を示したことに対し、18/10/2に再考を求める要望書を名古屋市長あてに提出しました。県によれば、同審議会が名古屋市に対して要望書を提出するのははじめてとのこと。http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181002.pdf
 同審議会は、「(障害者権利条約、障害者基本法、障害者差別解消法、愛知県障害者差別解消推進条例の)理念に反し、障害者差別解消法で禁じられている不当な差別的取扱いになるおそれがあると本審議会でも意見が出ております」としています。
 
河村市長文化庁訪問時のメモすら非公開

 河村たかし名古屋市長が18/6/13に名古屋城天守閣木造化のために文化庁を訪問した際、「市長が作成したメモ」を名古屋市民オンブズマンが情報公開請求したところ、「公にすることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがある」として内容がすべて非公開でした。名古屋市民オンブズマンは、内容の公開を求め、18/10/23に市長に対して審査請求を行いました。
 名古屋市民オンブズマン代表の新海聡弁護士は、「名古屋城をめぐり、いろんな議論があるが、市長のメモがほぼ全面非公開になっているのは非常におかしい。問題を象徴している。メモの内容はほとんど市長自らしゃべっていると思うが、それすら非公開にするとは一体何なんだろうか。『情報非公開はおかしい』と言わないと、情報公開制度はどんどん劣化する。一度非公開にするとずっと非公開になる。河村市長は、自分が興味をもったことについて、非公開にしがちである。
 名古屋城木造化については、賛成・反対の意見があるが、一番コアな部分として、文化庁はなんて言っているのか、市の中でどういう議論がなされているのかがブラックボックスになっている。これでは市民が関心を持つはずがない。いい加減にしろ、ということで今回審査請求を行った。
 文化庁にも情報公開請求を行ったが、『記録を作成していない』と回答が出た。今回、名古屋市は市長のメモを情報公開請求の対象としたことは評価するが、内容が非公開なのはおかしい。
 ただ、情報公開窓口の人に聞いたところ、情報非公開が多く、審査請求が滞留しており、答申が出るまで4年くらいかかるかもという。4年後は2022年だ。冗談じゃない。弁明書が出た段階で、訴訟を起こすなどを考えたい」としました。

市長メモ 審査請求直後に公開

 市長メモの公開を求める審査請求から9日後の18/11/1に名古屋市は「すでに市長が公の場において発言した内容であることから、公にすることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるとは認められないため」として、非公開処分を取り消し公開しました。
名古屋市民オンブズマンは「審査請求後に慌てて取り消すくらいなら、はじめから公開すれば良かったのに。市は『市民の理解を得る』というのなら全ての情報を一刻も早く公開すべき」としました。

文化庁「現天守閣を壊してまで木造化する意義は?」

 公開された市長メモには、A今天守解体する 工法やりかた 史跡をいためない 今の天守の価値評価はきちんと」とあり、現天守の価値を文化庁は高く評価していることがわかります。

「現天守閣を残せ」主張団体 基本設計約8.4億返還を求め住民監査請求

 「名古屋城天守の有形文化財登録を求める市民の会」 158名は、18/9/21に名古屋城天守閣木造化に関する基本設計8億4693万6000円を市が竹中工務店に支払ったのは違法だとして住民監査請求を行いました。
https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle
18/3/30に竹中工務店が名古屋市に提出した基本設計の成果物2813枚を名古屋市民オンブズマンは情報公開請求しましたが、ほとんど黒塗りでした。
 しかし、「技術提案・交渉方式」プロポーザル募集時の「業務要求
水準書」で「基本設計の段階で文化庁における『復元検討委員会』の審査をうけ、文化審議会にかけられる」とあるが、いまだに審査結果が出ていないため、基本設計の要件を満たしていないとしています。http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_03.pdf

 基本設計が未完成で、実施設計契約も無効であれば、計画の遅延が発生するため、本件事業の停止も求めています。

河村市長2018年10月文化審議会許可断念も「2022年12月」目標取り下げず

 18/10/15河村たかし名古屋市長は定例会見で2018年10月文化庁文化審議会の了承を断念すると述べ、上記までの完成が極めて厳しくなっており、工程案の見直しも具体的に進んでいませんが、依然として「期限を死守する」としています。

最低10か月工程遅れるも、工程案示せず

 しかし、次の文化審議会は2019年5月で、工程は最低でも10か月程度遅れると、18/10/30名古屋市議会経済水道委員会で市は認めました。市は「文化審議会の許可のめどが立っていない以上、竹中工務店は工程案を作れないと言っている」としました。
 市長は「石垣部会から文化財石垣保存技術協議会と石垣保全方法を相談して欲しいと言われた」としていますが、当の石垣部会は 「マンパワーの問題として、修理の考え方、データの取り方などのトレーニングを、先行事例を知っている方にオブザーバーとして聞いてはどうか、ということ」と、突き放しています。

竹中工務店 契約に基づき木を調達中

 上記5つの問題点は全く解決していないなか、18/11/2天守閣部会において、竹中工務店から木材調達中である旨報告がありました。18/11/6NHK報道によれば、樹齢400年以上のアカマツを岩手県内から伐採するとのこと。
 木材の年間保管料だけで約1億円かかるといいます。
 
全面的計画見直しを

名古屋市民オンブズマンは過去様々な公共事業をチェック・追及してきましたが、今回の名古屋城木造復元ほど、ずさんで見通しの立たない事業は見たことがありません。現状では、数年間程度期限を延ばせば完成する、というものではなく、木造天守閣を着工できる見通しは全く立っていないというのが現状です。
 これも、河村市長が15/8/24に当時の市民経済局長に出した指示書「全責任は私が取る」が原因です。
 一刻も早く2022年12月目標の断念を宣言し、善後策を検討すべきです。2022年12月断念宣言が遅れれば遅れるほど、傷は深まり、市民への負担は増します。
 18/10/17朝日新聞によれば、「市長は2019年4月の統一地方選挙が終わるまでは強気を続けるだろう」としています。名古屋城を政争の具にすることは許せません。

18/11/2(金)石垣部会委員「名古屋市は『名古屋城天守台石垣は江戸時代からのもの』と認めた。 木造天守建設のためのはね出し架構で石垣を壊すのは現実離れ」

名古屋市は、18/11/2に名古屋城天守閣部会と石垣部会を開催しました。

・18/11/2 第13回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会 配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181102-1.pdf
・18/11/2 第13回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会 配付資料3
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181102-2.pdf
・18/11/2 第29回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会 配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181102-3.pdf

・18/11/2 第13回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会
 名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181102-4.pdf
・18/11/2 第29回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会
 名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181102-5.pdf
  
--------
天守閣部会の瀬口座長は、「7月19日に天守閣部会で天守閣復元に係る基本計画書(案)を諮り、『天守閣部会に関する内容については了承される』が、石垣に関しては石垣部会の了承を得るよう指摘される」とあるが、『木造化に関して了承したが、石垣を含めた全体は了承していない』のであって、上記記載だと曖昧だ。
木造と石垣の接点について了承していない」と、相変わらず無責任な発言を行いました。
午後、まさに木造部分と石垣をつなぐ「はね出し架構」が問題になったのですが、そこを天守閣部会の委員がどれほどまで意識されていたかはわかりません。

天守閣部会は、相変わらず「史実ではどうだったか」の細かすぎる議論をしています。
ただ、最後に階段の1段ずつの高さについて、史実が正確にはわからないと竹中工務店が報告した際に、意見が活発になりました。
川地正数・川地建築設計室主宰は「階段は唯一避難施設として使う施設。設計者としては階段の踏みはじめと踏み終わりの高さを変えることはあり得ない。安全性という意味では、場合によっては高さをならしてはよいのではないか」としました。
古阪秀三・立命館大学客員教授も「震災が起こる可能性が高い。どこまで史実に忠実にするか。安全にするか。文化庁が全部判断するのか。京都は文化財がいっぱいあり、犠牲にすることとそのままの判断は文化庁はせず京都市が行う。
同様に名古屋市が行うことではないか。この天守閣部会で行うのではないか。
特に石垣について、直下型地震が来た場合、石垣は持つのか。『史実に忠実に』は自然現象が来たらどうするか。名古屋市民のために安全を確保すべき」としました。

瀬口座長は、西野所長に考えを聞き、西野所長は「基本設計・実施設計に進むにつれ、具体的な内容にしている。案を出して先生からご意見を頂き、それを踏まえて作っていく。審議頂いたものを名古屋市の案として文化庁に示したい」としました。

西形達明・関西名誉教授は「地階穴蔵の安全性について、この状態で復元していいのか。熊本の地震を踏まえ、ぜひ検討して欲しい」としました。

なお、竹中工務店から、木材調達について報告がありました。
 柱、梁 ひのきの長尺は全国からほぼ完了している。名古屋城は木曽ヒノキを使われた経緯があり、困難だが木曽地方、裏木曽との調整を行っており、できるだけ使用できるようにしたい。梁 まつ 岩手県を中心に調達。 柱 けやき 国産7年貯木。ベイヒバ 長尺太い3本を考えていたが、国産まつ材でできそう。土台 断面が小さいものは国産材を検討。
--------
続いて、午後に石垣部会が開催されました。

石垣部会の宮武正登・佐賀大学教授は「資料に『地元有識者とまだ認識の一致を見ていない』とあるが、これはどういうことか。文化庁が発言したのであれば『 』で書いて欲しい。部会の認識が足りないようにも読める。地元有識者の意見がいまだに反映されていない、と読んでよいか。
天守台石垣については、@石垣保全方針を示す A石垣を保全する の2点は譲れない。現天守閣を壊す壊さない、木造天守閣を建てる建てないとは別。損なわれた穴蔵部分の石垣の復元を検討する。また、それを損なう木造天守閣の基礎構造なのかどうかが重要だ」としました。

石垣部会の千田嘉博・奈良大学教授は「今後の進め方に『特別史跡の保存に影響を与えない基礎構造の検討 調査研究の結果を踏まえ、必要に応じて見直しを行う』とあるが、考え方が根本的に間違っている。
名古屋市で天守閣復元案をとりまとめたと伺っており、どういうものかわからないが、少なくとも江戸時代の遺構を破壊する基礎構造である『はね出し架構』は断じて認めないし、一般論として文化庁も認めないだろう。現実離れしている。
何回も部会・ワーキンググループで指摘し、文化庁でも指摘されているのになぜ残っているのか。名古屋市は本当は木造天守閣を建てるつもりはないのか」としました

北垣聰一郎・石川県金沢城調査研究所名誉所長も「名古屋城は『特別史跡』と、全国にある史跡の中でもトップ。本質的価値は縄張り、特に石垣、堀にある。地下に埋蔵されている遺物・遺構も当然含まれる。石垣の確実な現状の保存、現遺構の価値の一切を傷つけることなく、次世代に継承するという条件が名古屋城には付加されている」としました。

しかし名古屋市はコメントを発することなくスルーしました。

千田教授・宮武教授は議事を遮って抗議したところ、西野輝一・名古屋城総合事務所所長は
「本質的価値を傷つけずに次世代に継承するのは重要なテーマ。天守台石垣の状況からして木造復元と関係なく、保全と旧態の復元をしっかりとやっていく。今後石垣保存については文石協と相談する。基礎構造について問題があるとの指摘は重々承知している。」としました。
 
その後、名古屋市が調査した石垣の報告がなされました。
また、午前中まで天守閣部会にいた、関西地盤環境研究センターの西形達明顧問と相談を行った結果の「石垣背面構造の検討事項について」が報告され、議論になりました。

資料の中で、名古屋市が調査した石垣カルテの途中経過が示されました。
当初、天守台石垣(外側)は上部はすべて取り外し、新しい石垣を積み直したと名古屋市は考えてきましたが、今回の石垣カルテでは、隅角部の石垣は最上部まで宝暦期(江戸時代)のものであった可能性が高いとされました。

千田教授は「隅角部の石は宝暦期のものであり、江戸時代の本質的価値が残っている。毀損することができないことが明らかになった。
木造復元に関し、基礎構造の部分が成り立たない。『必要に応じて見直す』は成り立つ余地がない。名古屋市はかなり深刻に考えるべき」としました。

また、石垣内部のスコープ調査で、昭和の現天守閣建築時に、大規模に石垣にモルタル注入しており、さらに石垣内部でモルタルが下部にたれていることがわかりました。

石垣部会の委員は、「天守台石垣は極めて危機的な状況であり、他城郭でもあったように、石垣の内部からの崩落がおきかねない」としました。
  

-------
その後の石垣部会の記者会見で、石垣部会委員は上記指摘を繰り返しました。
記者から「2022年工期目標は守られると思うか」という質問が出ましたが、北垣名誉所長は「石垣の本質的価値の議論のみ行っている。工期が遅れるかどうかの議論は少し違う。今のご質問には答えられない」としました。

はね出し架構について記者から聞かれ、千田教授は「部会としてはコメントはない。本物の石垣が最上部まで残っているので、次の世代までどう残すかが特別史跡の基本的な考え。文化庁は本物の遺跡を壊して整備する、ということは認められない。名古屋城もその枠組みを踏まえてほしい」としました。

また、記者からは「名古屋市は文石協のアドバイスを年末までもらう、と言っているが」という質問に対し、「文石協に聞く以前の問題。マンパワーの問題として、修理の考え方、データの取り方などのトレーニングを、先行事例を知っている方にオブザーバーとして聞いてはどうか、ということ。そもそも12月までに資料がそろえられるのか」としました。

--------
その後、名古屋市が記者会見を行いました。
西野所長は「基礎構造の『はね出し架構自体が価値を損なう」というのは千田先生個人の意見だと認識している。特別史跡の価値を損なうような木造復元はできない。必要な見直しはしていかないといけない。価値を損なうような案になると名古屋市が結論を出せば見直す。石垣保存の計画を立てる中で検討すべきことだ。今後のスケジュールはなにも示せない。来年5月文化審議会の許可を得るには、来年3月復元検討委員会、来年1月石垣部会了承を得ないと。具体的にできるかどうかなにもお示しできない」としました。

------------------------------
石垣部会を傍聴していた人は全員、「このままでは木造復元自体到底出来ない」と感じました。
昭和の現天守を作る際、
・穴蔵部分(内側)の石垣は全て破壊して積み直した
・天守台石垣(外側)は上部は取り外し、新しい石垣を積み直した
と名古屋市は以前は考えていましたが、今回調査を進めるにつれ、以下のことが判明したのです。
・穴蔵部分の石垣・遺構は一部残っている可能性が高い
・天守台石垣(外側)は上部まで江戸時代のものである可能性が高いと名古屋市が言明

穴蔵部分の石垣は、江戸時代のものが一部そのまま残っている可能性が高いにも関わらず、木造天守を作る際、「はね出し架構」というコンクリート構造物を新たに作り、穴蔵部分の石垣・埋蔵物をすべて破壊する、という計画をたてています。だから、千田先生は「江戸時代の遺構を破壊するはね出し架構は断じて認めないし、一般論として文化庁も認めないだろう」としているのです。

一方、大地震に耐えるだけの木造天守を支えるには、「はね出し架構」は必要不可欠であると、竹中工務店はしています。
それ以外の提案は現時点ではありません。

自治体の開発に際して行う発掘調査で、過去の貴重な遺物が発見され、開発自体がストップした事例は多くあります。
名古屋城も、このまま「2022年12月木造天守閣完成」という、現実離れした目標を一刻も早く取り下げ、今後どうすればよいか真摯に協議を開始すべきだと考えます。


18/11/1(木)名古屋城木造化 市長が作成した文化庁訪問時のメモ 非公開取消し公開

河村たかし名古屋市長が2018年6月13日に名古屋城天守閣木造化のために文化庁を訪問した際「市長が作成したメモ」非公開処分に対し、10月23日に審査請求した件で、本日11月1日に名古屋市は非公開処分を取り消し公開しました。

・平成30年11月1日 行政文書一部公開決定の取消し及び当該取消しに係る公開決定について(通知)
・平成30年6月13日文化庁訪問時に市長が作成したメモ(今回開示された文書)
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181101.pdf

一部公開決定を取り消し、公開とする理由:一部公開決定において非公開とした内容は、すでに市長が公の場において発言した内容であることから、公にすることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるとは認められないため、公開することとします。


---------
なお、特別秘書に確認したところ、@〜Cは文化庁の発言を市長がまとめたもの、Dは市長の意見とのこと。
特別秘書によれば、「18/6/13以外のときに市長が文化庁訪問時にメモをしていたかどうか記憶にない。少なくとも6/13しか市長からメモをもらっていない」としました。

以下、読みやすいように特別秘書に内容を確認したあと、名古屋市民オンブズマンが打ち直しました。
※18/11/2注記 Cバリアフリー ですが、特別秘書に確認した際「意見そつう」と特別秘書が言いましたが、18/11/2に特別秘書と市長室秘書課から連絡があり、「市長が当該メモに関する新聞記事を読んだが、当該部分は『”意思そつう”と書いた』とのことなのでweb記載を訂正してほしい」とのことなので、経緯を記載して訂正いたします。
-----
    10:00〜10:30
6/13 文化庁 山崎部長、大西課長、圓入課長

 @石がき調査
  着実に進める、結果を出す

 A今天守解体する
  工法やりかた 史跡をいためない
  今の天守の価値評価はきちんと

 B新天守作るとき
  史跡をいためない

共有させて頂きたい
キャチボール対応
(天守部会、石がき部会、)
地元の学術部会が了として文化庁にあげる

Cバリアフリー
 意思そつうはしっかり

D世界にアピール、 タイミング

--------
名古屋市民オンブズマンコメント
 市民が審査請求を行った後にあわてて処分を取り消すくらいなら、はじめから公開すればよかったのに。今回のメモだけでなく、名古屋城木造化をめぐっては市民に情報が公開されていない。市が名古屋城木造復元事業について「市民の理解を得る」というのなら、今回のメモに限らずまず全部の情報を一刻も早く公開すべきだ。

--------
なお、10月23日に提出した審査請求は、11月1日付けで取り下げました。
・審査請求書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181023.pdf
・市長メモと開示決定
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180905.pdf

------
18/6/14朝日新聞報道によれば、「面談後、河村氏は『文化庁もアイデアを出すから、協力しながら進めましょうということ(になった)」とあります。
https://www.asahi.com/articles/ASL6F51YJL6FOIPE01P.html
しかし、市長メモにはそのようなことは記載されておりません。

18/6/13文化庁訪問には、名古屋市からは市長、特別秘書、東京事務所長、名古屋城総合事務所長が出席しており、名古屋城総合事務所長は復命書に内容を記載していますが、いまだに非公開のままです。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180903-1.pdf

名古屋城をめぐっては、いまだに多くのことが市民に公開されていません。
客観的に見れば、2022年12月完成は絶望的ですが、今後どうすべきか、資料を全て公開した上で市民が判断できることを望みます。


18/10/31(水)文化庁 名古屋城に関して名古屋市と面談した内容・持参資料を「保有していない」

名古屋市民オンブズマンは、名古屋城天守木造復元に関して名古屋市が文化庁に面談した際の内容、名古屋市持参資料を文化庁に対して情報公開請求しましたが、18/10/29づけで「不存在」決定がでました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181029.pdf

☆不存在(当該文書を保有していないため)
・18/6/13に開催された、名古屋城天守木造復元に関して名古屋市と文化庁が面談した際の内容がわかるもの
・18/6/13に開催された、名古屋城天守木造復元に関して名古屋市と文化庁が面談した際の、名古屋市持参資料
・18/7/20に開催された、名古屋城天守木造復元に関して名古屋市と文化庁が面談した際の内容がわかるもの
・18/7/20に開催された、名古屋城天守木造復元に関して名古屋市と文化庁が面談した際の、名古屋市持参資料
・18/7/26に開催された、名古屋城天守木造復元に関して名古屋市と文化庁が面談した際の内容がわかるもの
・18/7/26に開催された、名古屋城天守木造復元に関して名古屋市と文化庁が面談した際の、名古屋市持参資料
・18/8/15に開催された、名古屋城天守木造復元に関して障害者らの市民団体と文化庁が面談した際の内容がわかるもの

☆一部開示
・18/8/15に開催された、名古屋城天守木造復元に関して障害者らの市民団体と文化庁が面談した際の、障害者らの市民団体持参資料

----
なお、もとむら 伸子衆議院議員(共産)は、2018/10/26に文化庁に名古屋城天守閣木造化問題で聞き取りを行ったとのこと。
http://motomura-nobuko.jp/2018/1101-170944.html

18/10/30(火)名古屋城木造化 名古屋市・竹中工務店は工程案を示せず

18/10/30に名古屋市議会経済水道委員会が開催されました。
・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181030.pdf
・名古屋市民オンブズマン 自動文字起こしアプリによる文字起こし)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181030-1.pdf

名古屋市が2018年10月文化審議会の許可を断念してからはじめての市議会委員会でした。
今回も市議会は追及はしましたが、市はきちんと回答をしませんでした。
市議も、重要な問題点をあまり理解していなかったのではないかと思います。

現状まとめ
・2022年12月までに木造天守閣復元が契約で定められている
・必須だった2018年7月文化庁復元検討委員会、2018年10月文化審議会の許可は得られなかった。
・2019年5月文化審議会の許可が得られるか不明 上記で許可が得られても工期は7か月遅れる。
・文化庁は「石垣部会の同意を得て」と言っている
・石垣部会は「まず石垣調査、保全措置を」としている
 →名古屋市は文化財石垣保存技術協議会に相談中
・石垣部会は「はね出し架構で石垣部会を壊す、天守を作ってから石垣を修復するという考え方が基本的に認められない」としている
 →上記について名古屋市は「文化財石垣保存技術協議会と相談する」とは述べていない
・竹中工務店は「文化庁の許可の見通しが立たないと、工程案は作れない」と拒否
・木材 保管料は年間1億。2018年6月に契約済み
・文化庁 障害者団体と協議会を設置して説明をし、理解を得よと要望
・愛知県障害者施策審議会から「県条例違反のおそれ」と要望

特に、現天守閣の地下に埋まっているケーソンとは別に「はね出し架構」という新たな構造物を作り、現在の石垣・地下遺構を壊す計画は石垣部会は認めない、としている点は、まったく歩み寄りの余地がないように思えます。
「特別史跡」名古屋城の石垣を壊す計画を石垣部会・文化庁が認めると本当に名古屋市は思っているのか。
上記の問題をどうして市議がもっと問題視しないのか大変疑問です。
市民にも、この点が木造天守閣復元と石垣をめぐる最大の問題であると伝わっていないのが大変残念です。


また、今後文石協(文化財石垣保存技術協議会)の助言を得るようですが、そこでもっと調査を、と言われる可能性が高いです。

2022年12月の完成は無理だ、とどうして市は認めないのか。早めに認めた方がやりようもあると思うのですが、認めずにずるずると引き延ばすと傷がさらに大きくなります。

なお、18/11/2に天守閣部会と石垣部会が開催されます。
ぜひ傍聴下さい。
-----
11/2(金)10時- 第13回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会
開催日:平成30年11月2日(金曜日) 
開催時間:午前10時から正午まで(予定) 
開催場所:名古屋能楽堂 会議室 
議題(会議の公開・非公開の別)
・復元天守の寸法の分析について(公開) 
傍聴について
1 傍聴定員 一般傍聴者は10名
2 傍聴手続 会議当日、開催場所の会議室入口にて先着順で受け付けます。一般傍聴者については定員に達した時点で手続きを終了します。 
その他 撮影等 座長の許可があれば出席者紹介まで可 
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/kankobunkakoryu/0000110993.html

------
11/2(金)13時- 第29回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会 

開催日:平成30年11月2日(金曜日) 
開催時間:午後1時00分から3時00分 
開催場所:KKRホテル名古屋 4階 福寿の間 
議題(会議の公開・非公開の別)
・搦手馬出石垣の整備について(公開)
・名古屋城内石垣のカルテについて(公開)
・天守台石垣の調査について(公開)
  ・発掘調査について
  ・石垣現況調査について
・天守台周辺発掘調査 追加調査について(公開)ほか 
傍聴について:会議当日、開催場所の会議室入口にて先着順で受け付けます。一般傍聴者については定員に達した時点で手続きを終了します。 
その他:座長の許可があれば、撮影等は出席者紹介まで可。 
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/kankobunkakoryu/0000108553.html

----
今後の予定
・11/2(金)10時- 天守閣部会
      13時- 石垣部会
      15時- 平成30年度第4回名古屋市建築審査会 (名古屋城議題無し)
・11/14(水)ごろ 名古屋市11月補正予算編成過程の公開
・11/20(火)まで 住民監査請求の結果発表
・11/21(水)   名古屋市議会11月定例会開会


18/10/24(水)名古屋城木造化 基本設計8.4億返還を求め住民監査請求意見陳述

「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」は、名古屋城天守閣木造化のための「基本設計」が未完成にもかかわらず名古屋市が竹中工務店に約8億4000万円支払ったのは違法だとして18/9/21に住民監査請求を行っています。
18/10/24に意見陳述を行いました。監査委員からの質問はありませんでした。

・陳述内容、当日配付資料1、2
 
https://drive.google.com/drive/folders/1z0a_OZOKl6BjWp9mgIMw87uR4_MGEWp5
・陳述後の記者会見動画  
 http://bit.ly/2JdAOlY

陳述人の森さんによれば、「業務要求水準書」で「基本設計の段階で文化庁における『復元検討委員会』の審査をうけ、文化審議会にかけられる」とあるが、いまだに審査結果が出ていないため、基本設計の要件を満たしていないとしています。
基本設計が未完成で、実施設計契約も無効であれば、計画の遅延が発生するため、本件事業の停止を求めています。

また、当日配布した追加証拠で、2018年3月に完成されたとされる「基本設計説明書」は、2017年12月に公開された「構想案」とほぼ同じにも関わらず黒塗りされており、不整合な事務が行われている蓋然性が高いとしました。

納品物に対する誤認を引き起こしたのは、観光文化交流局職員が超過勤務をしすぎているためだとしています。

名古屋城天守閣木造化について、当初は2020年東京オリンピックにあわせて事業者のプロポーザルがなされたにもかかわらず、現在は2022年になり、それすらも危ぶまれているため、2022年にこだわる理由はないとしました。
監査決定は18/11/20までに出る予定です。

--------
今後の予定
・10/30(火)13時- 名古屋市経済水道委員会 特別史跡名古屋城跡天守閣整備事業の進捗状況について(観光文化交流局関係)
・11/2(金)15時- 平成30年度第4回名古屋市建築審査会 (名古屋城議題無し)
  / ( )
・11/14(水)ごろ 名古屋市11月補正予算編成過程の公開
・11/20(火)まで 住民監査請求の結果発表
・11/21(水)   名古屋市議会11月定例会開会


18/10/23(火)名古屋城木造化 河村市長文化庁訪問時の直筆メモ 公開を求め審査請求

河村たかし名古屋市長が2018年6月13日に名古屋城天守閣木造化のために文化庁を訪問した際、「市長が作成したメモ」を名古屋市民オンブズマンが情報公開請求したところ、内容がすべて非公開でした。
名古屋市民オンブズマンは、内容の公開を求め、18/10/23に市長に対して審査請求を行いました。

・審査請求書
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181023.pdf
・市長メモと開示決定
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180905.pdf
 

・記者会見内容(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181023-1.pdf

名古屋市民オンブズマンはこれまで名古屋城木造化をめぐり多数の情報公開請求をしましたが、内容についてほとんどが真っ黒でした。
名古屋市民オンブズマン代表の新海聡弁護士は、「名古屋城をめぐり、いろんな議論があるが、市長のメモがほぼ全面非公開になっているのは非常におかしい。問題を象徴している。
 メモの内容はほとんど市長自らしゃべっていると思うが、それすら非公開にするとは一体何なんだろうか。
 『情報非公開はおかしい』と言わないと、情報公開制度はどんどん劣化する。一度非公開にするとずっと非公開になる。
 河村市長は、自分が興味をもったことについて、非公開にしがちである。
 名古屋城木造化については、賛成・反対の意見があるが、一番コアな部分として、文化庁はなんて言っているのか、市の中でどういう議論がなされているのかがブラックボックスになっている。これでは市民が関心を持つはずがない。いい加減にしろ、ということで今回審査請求を行った。
 文化庁にも情報公開請求を行ったが、『記録を作成していない』と回答が出た。今回、名古屋市は市長のメモを情報公開請求の対象としたことは評価するが、内容が非公開なのはおかしい。
 ただ、情報公開窓口の人に聞いたところ、情報非公開が多く、審査請求が滞留しており、答申が出るまで4年くらいかかるかもという。
 4年後は2022年だ。冗談じゃない。弁明書が出た段階で、訴訟を起こすなどを考えたい」としました。
 
名古屋市民オンブズマンの内田隆氏は「これまでありとあらゆる名古屋城関係の情報を公開請求したが、ほとんどが非公開になっている。非公開で行われた石垣部会ワーキンググループの議事録・配付資料も非公開。基本設計の成果物も非公開。文化庁に名古屋城所長が訪問した際の復命書も非公開となっている。これらはすべて名古屋市民オンブズマンのホームページで公表している」としました。


18/10/21(日)名古屋城天守「戦後復興市民のシンボル」にシンポに37人

「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」が18/10/21に名古屋城シンポを行い、37名が参加しました。
・名古屋市民オンブズマン 作成メモ
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181021.pdf


まず、動画「戦後復興のシンボル 名古屋城天守閣の価値」を見ました。
 https://www.youtube.com/watch?v=SYYp0k9zEu8

その後、名古屋城木造天守復元事業の基本設計約8億4000万円の返還を求める住民監査請求を158名が行ったと、住民監査請求人代表の森さんから説明がありました。
基本設計は、文化庁の同意を得て完成するとしていたものが、いまだに同意を得ていないのに名古屋市は「完成」したとし、約8億4000万円の基本設計を竹中工務店に支払ったのはおかしいとしました。
https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle
https://www.facebook.com/1740949266229351/
11月21日までに監査の結論が出、結果に不満があれば住民訴訟を提訴する方針としました。
今後、10月24日(水)午後3時30分〜名古屋市監査委員室(名古屋市役所東庁舎5階)にて意見陳述を行うのでぜひ傍聴に来て欲しいとのこと。
http://www.city.nagoya.jp/kansa/page/0000110656.html

さらに、一級建築士の高橋和生さんから、「名古屋城天守 漂流」と題し、木造復元事業で現在何が起きているのか、石垣問題と建築基準法の説明をしました。
 石垣問題1 「まず石垣修復」と石垣部会の言うとおりにすると、コンペやり直しになる
     2 文化庁「現天守を壊すなら、現石垣を傷めることなく壊せ」
     3 石垣部会「石垣危険」 市「石垣は安定している」
     4 熊本城は国土交通省がコンクリート天守を長寿命化・耐震改修中
 建築基準法1 竹中はハイテク木造を「付加」する案を示した
      2 しかし名古屋市は自ら竹中との契約を破った
      3 「安全」の適用除外はない。    
どうしてこうなったかは、2015年8月24日に市職員に出された河村市長の指示書のせいだとし、今後「有形文化財登録を求める会」として「現天守こそ本物」と言い続けるとしました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181021-1.pdf

会場からは、会の運営に対しての意見や、今後石垣をどうすれば良いのか、文化庁の方針はどうなっているのかなどの意見がでました。

名古屋市民オンブズマンの内田隆は、「これまで名古屋城関係で情報公開請求を多数行ってきたが、ほとんどが真っ黒で何が書かれているかさっぱりわからない。18/6/13に河村市長が文化庁を訪問したときに市長自らが作成したメモが、情報公開請求の対象となったが、残念ながら内容は全て非公開となった。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180905.pdf
開示を求めて18/10/23に審査請求するつもり」としました。

18/10/19(土)「名古屋城木造復元発注者支援業務」成果物 ほとんど非公開

名古屋市民オンブズマンは、「名古屋城木造復元発注者支援業務」成果物を情報公開請求し、18/10/19に17,720円かけて入手しました。

しかし、内容はほとんど非公開でした。
かろうじてわかることは、発注者支援業務を受注している(株)安井建築設計事務所は、きちんと仕事をしている、ということです。
努力の結果、現天守閣の価値がよく分かるようになっています。各地のお城の復元状況、どうすればエレベーターをつけることが出来るかも調査されています。
ただ、せっかくの成果物を市民に公開せず、しかも膨大な手間をかけるも、根本的な政治的方針の誤り(石垣修復を後回しにし、天守閣を先に行う。バリアフリー法を無視しエレベーターをつけない など)で、天守閣整備事業は膠着状態に陥っています。

開示された資料が参考になれば幸いです。
また、カンパも募集中です。
http://www.ombnagoya.gr.jp/kannpa.htm
----
平成29年度「名古屋城天守閣整備事業に係る発注者支援業務」に関する成果物(電子データを希望)
・業務報告書(業務計画書、各種協議報告書、技術資料等を含む。)
・打合せ記録
・単価等調査報告書(見積書等を含む。)
・価格交渉等の記録及び公表資料
・会議等の資料、議事録(音声データを含む。)
・現天守閣の価値評価に係る協議資料案
・その他業務上、監督員が必要と認めたもの

上記成果物を収受した日時がわかるもの

・決定書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019.pdf

(A)従業員等の氏名等に関する部分については、特定の個人を識別することができるもののうち、通常他人に知られたくないと認められるため(名古屋市情報公開条例第7条第1項第1号)、非公開とします。
(B)株式会社竹中工務店等の保有する独自の技術等に関する部分は公にすることにより、法人の通常有する競争上の利益が損なわれると認められる(名古屋市情報公開条例第7条第1項第2号)、非公開します。
(B')行政文書に押印されている代表者員は、法人の内部管理に関する情報であって、公にすることにより、当該法人が明らかに不利益を与える可能性があるため(名古屋市情報公開条例第7条第1項第2号)非公開とします。
(C)文化庁等との協議内容に関する情報については、当該情報が公開されることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるため(名古屋市情報公開条例第7条第1項第4号)、非公開とします。
(D)工事費の積算等及び株式会社竹中工務店等との会議に関する部分は、公にすることにより、名古屋城天守閣整備事業に関する事務の公正又は適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある情報を含むため(名古屋市情報公開条例第7条第1項第5号)、非公開としています。

※議事録の音声データにつきましては、特定の個人を識別することができるもののうち、通常他人に知られたくないと認められるため(名古屋市情報公開条例第7条第1項第1号)及び名古屋城天守閣整備事業に関する事務の公正又は適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある情報を含むため(名古屋市情報公開条例第7条第1項第5号)、非公開とします。

業務報告書(業務計画書、各種協議報告書、技術資料等を含む。)
1)業務報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-1.pdf
2)成果品内容
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-2.pdf
3)業務記録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-3.pdf
4)6月業務報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-4.pdf
5)7月業務報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-5.pdf
6)8月業務報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-6.pdf
7)9月業務報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-7.pdf
8)10月業務報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-8.pdf
9)11月業務報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-9.pdf
10)12月業務報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-10.pdf
11)1月業務報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-11.pdf
12)2月業務報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-12.pdf
13)3月業務報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-13.pdf
14)要求水準書及び必須項目確認表
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-14.pdf
15)業務計画書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-15.pdf
16)契約書案
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-16.pdf
打ち合わせ記録。
17)第1回日別報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-17.pdf
18)第1回会議資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-18.pdf
19)第2回日別報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-19.pdf
20)第3回日別報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-20.pdf
21)熊本城視察
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-21.pdf
22)姫路城視察
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-22.pdf
23)仮収蔵庫質疑回答
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-23.pdf 
24)収蔵庫参考資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-24.pdf
 
単価等調査報告書(見積書等を含む。)
25)木材調達
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-25.pdf
26)仮設事務所
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-26.pdf
27)石垣調査
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-27.pdf

価格交渉等の記録及び公表資料
28)日別報告書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-28.pdf

会議等の資料、議事録(音声データを含む。)
29)価格交渉の内容
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-29.pdf
30)資料1
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-30.pdf
31)資料2
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-31.pdf
32)資料3
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-32.pdf
33)資料4
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-33.pdf
34)意見聴取会(第6回)議事録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-34.pdf

現天守閣の価値評価に係る技術資料案
35)「現天守閣の価値評価に係る支援」作業経緯
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-35.pdf
36)(1)「名古屋城(天守閣・本丸御殿)の価値
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-36.pdf
37)(2)第3回天守閣部会指摘事項
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-37.pdf
38)(3)「名古屋城(天守閣・本丸御殿の価値)」最終版
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-38.pdf
39)(4)復元検討委員会用資料案
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-39.pdf
40)(5)復元検討委員会用資料1-2,1-3,1−4
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-40.pdf
41)(6)名古屋城年表(分析用)・入場者数
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-41.pdf
42)(7)現天守閣と建築基準法
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-42.pdf
43)(8)現天守閣の建築概要
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-43.pdf
44)(9)現天守閣の評価
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-44.pdf
45)(10)日本建築構造技術変遷史
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-45.pdf
46)(11)建築技術と関連法制度
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-46.pdf
47)(12)技術史関係法令年表
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-47.pdf
48)(13)日本建築学会計画系論文
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-48.pdf
49)(14)文化庁月報
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-49.pdf
50)(15)外国人旅行者数
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-50.pdf
51)(16)近代建築ガイドブック建物一覧
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-51.pdf
52)(17)城郭復元・復興分析表
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-52.pdf
53)(18)ケーソンの歴史
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-53.pdf
54)(19)名古屋城関連年表
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-54.pdf
55)(20)杭の種類
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-55.pdf
56)(21)現天守閣の建築的特徴
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-56.pdf
57)(22)城調査項目案
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-57.pdf
58)(23)瀬口先生指摘事項への対応
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-58.pdf
59)(24)世帯数の推移
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-59.pdf
60)(25)文化庁提出基本計画書(抜粋)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-60.pdf
61)(26)建築基準法適用除外データ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-61.pdf
62)(27)2月28日文化庁相談資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-62.pdf
63)(28)GHQによる世論操作
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-63.pdf
64)(29)文化庁提出基本計画書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-64.pdf

その他業務上監督員が必要と認めたもの
65)1.外付けのエレベーター検討
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-65.pdf
66)2.バリアフリー
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-66.pdf

上記成果物を受領した日時がわかるもの
67)成果品目録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181019-67.pdf

18/10/21(日)13時半〜 名古屋城天守「戦後復興市民のシンボル」にシンポ開催

「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」は18/10/21(日)に名古屋城木造化に反対するシンポジウムを行います。
名古屋城木造化をめぐり、2018年10月の文化庁文化審議会許可申請を断念しましたが、市民は状況がよく分からない状況に置かれたままです。
現天守閣こそ価値がある、という立場から、これまでの情報をまとめました。

このグループメンバーがシンポジウムを行うのは、17/8/26に行ったシンポ以来2回目です。
ぜひご参加下さい。
---------
名古屋城天守「戦後復興市民のシンボル」に 名古屋城シンポ

10月21日(日)13時半〜16時
会場 名古屋市博物館講堂
資料代 500円
・ビデオ「天守閣への思い 名古屋城天守閣建替に反対します」8分 
 高田廣司(元教員)
・「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」からの住民監査請求報告 30分
 森晃(請求人代表)
・「名古屋城 漂流」30分 
 高橋和生(一級建築士)
・シンポジウム
主催:名古屋城天守の有形文化財登録を求める会
https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle
https://www.facebook.com/1740949266229351/


18/10/17(水)名古屋市次期総合計画タウンミーティング 名古屋城について多数意見

18/10/17に名古屋市は名古屋市次期総合計画のタウンミーティングを河村市長をはじめ総務局の職員も参加して中川区役所で開催し、約100人が参加しました。
・配付資料
 
http://www.city.nagoya.jp/somu/cmsfiles/contents/0000104/104297/jikikeikaku-chuukannan-gaiyouban.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181017-1.pdf
 http://www.city.nagoya.jp/nakagawa/cmsfiles/contents/0000105/105443/H30nakagawa.pdf
・名古屋市民オンブズマンによるメモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181017.pdf

次期総合計画に関して、ということですが、個別の問題について意見を出す人が多かったです。
中でも、名古屋城について意見を出した人が結構いました。

次期総合計画中間案には、名古屋市が505億円もの事業費をかける名古屋城天守木造復元については全く触れていません。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/66-9-3-0-0-0-0-0-0-0.html
----
市民:ボストン美術館は当初33万人見込んだが外れ、16万人しかこず年間5億円赤字。
 この始末はどうして取るのか。市民に押しつけないようにして欲しい。
 同様に、平成レプリカと呼ばれる天守閣木造化は、絶対に破綻しないという根拠を示すべきでは。
 河村市長は「市民の熱意」を根拠にしているが、市民に責任を押しつけるようだ。
 将来破綻したら誰が責任を取るのか
河村市長:ボストン美術館はわしが決めたことではない。
  お城は悪いけど、けんかになるといかんが、レプリカではない本物を作る。
  名古屋はああいうことをやらなかったら、大阪リニア直結すると、経済力が落ちて福祉が悪くなる。ようけくるにきまってる。自慢になる 1000年。
  
市民:名古屋城のエレベーターを油圧式にしたら。カプセル型で上まで行けるようにすればよい。
河村市長:11人乗りのエレベーターをつけるとなると梁を取る必要がある。
 鉄骨を組まないといけず、今の名古屋城とどこが違うのか。
 本物に登れるのがいいのではないか。工夫をしていく。
 全然違うのなら今のままでいいのでは。世界の大恥になる。図面を引いた人は泣く。
 
市民:名古屋城 本物を作るのは大賛成。姫路城や熊本城はエレベーター付いているか?障害者は気の毒だが本物を作るのは重要
河村市長:お城は本物を作って 1000年は大事にして。
 誇りになる 名古屋に 世界に自慢になるものを作らないと。
※注:熊本城には最上階まで到達するエレベーターを付ける工事を行っています。

-----
参加者が100人程度、質問者も少なく、手をあげれば誰でも当たる状態です。

名古屋城について、発言するよい機会だとおもいます。他の問題でも、意見を言えます。
今後他の15区でもタウンミーティングが開催されます。ぜひご参加下さい。
http://www.city.nagoya.jp/somu/page/0000108834.html


--------
なお、「名古屋市次期総合計画中間案」ですが、5年おきに改訂されると、担当課長が最後に述べて、はじめて位置づけがわかりました。
・名古屋市 総合計画
 http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/66-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html

過去の総合計画を見返してみると、同じような文言が並んでいます。
ただ、「名古屋市中期戦略ビジョン 平成 24 年度の実施状況および総括」は、2010年9月に名古屋市中期戦略ビジョンを策定したが、その後どうなっているか実際の達成状況をチェックした、というものがあり、大変興味深かったです。
http://www.city.nagoya.jp/somu/cmsfiles/contents/0000010/10920/heisei24jisijyoukyohoukoku.pdf

当時目標を定めた2018年度には実際どうなっているのか、具体的な数字を示して比較することで、何が足りなかったのか検討をすることが出来ます。
(ただ、目標達成の指標がどのように選ばれたのかは疑問です。また、「情報公開率」という数字があり、実績が2012年度で99.1%とありますが、どのように算出するのか不明なため、よく分かりません)
 
また、総合計画は総務局が所管なのはわかりますが、予算の裏付けや予算の推移が触れられていないのが残念です。
10年スパンで当該施策に対する予算はどうなっているのか、比較できればよいと思います。
・名古屋市 予算のあらまし(名古屋市の財政事情)
 http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-7-2-4-0-0-0-0-0-0.html 

--------

18/10/16(火)10/17(水)18時半〜 名古屋市次期総合計画タウンミーティング(中川区)に参加を

名古屋市は、「名古屋市次期総合計画タウンミーティング」を全16区で開催します。
http://www.city.nagoya.jp/somu/page/0000108834.html
しかし、時期総合計画中間案には、名古屋市が505億円もの事業費をかける名古屋城天守木造復元については全く触れていません。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/66-9-3-0-0-0-0-0-0-0.html

-----
魅力資源の磨き上げ!「魅力向上・発信戦略」
1)名古屋城を核とした魅力軸の創出・発信
(3)魅力資源の磨き上げ!「魅力向上・発信戦略」
さらなる魅力向上・発信やにぎわいの創出をめざし、名古屋城、東山動植物園など名古屋が有する文化・歴史資源、観光資源を磨き上げ、さらなる掘り起しを進めるとともに、市民のまちへの愛着や誇りの醸成を通じた市民による名古屋の魅力発信を促進します。また、
名古屋城を核とした、大須、熱田、有松・桶狭間などで形成する「歴史・文化魅力軸」と名古屋駅・ささしま地区、栄地区、名古屋港地区と、そのエリアを流れる堀川、中川運河などで形成する「まちづくり・ものづくり魅力軸」の2 つの魅力軸を中心に積極的なプロモーションを行うなどそれぞれのエリアの魅力向上をはかります。
------
一方、18/10/15河村たかし名古屋市長は定例会見で、
これまで2022年12月完成を目指してきた名古屋城天守木造復元について、2018年10月文化庁文化審議会の了承を断念すると述べ、上記までの完成が極めて厳しくなっており、工程案の見直しも具体的に進んでいませんが、依然として「期限を死守する」としています。

「名古屋城木造天守にエレベーター設置を実現する実行委員会」らは、「復元する木造天守閣にエレベーターを設置しないのは、障害者権利条約、障害者基本法、障害者差別解消法、愛知県障害者差別解消推進条例の理念に反し、障害者差別解消法で禁じられている不当な差別的取扱いになるおそれがある」としています。
https://www.facebook.com/nagoya.jitsugensurukai/

また、「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」は、「復元検討委員会」「文化審議会」の手続が終わっていないのに基本設計を「完了」したのは違法だとして、住民監査請求を行っています。
https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle

有識者会議「石垣部会」は、天守台石垣が危機的状況だとして、天守をどうこうするよりまず石垣の保全・修復を最優先すべきだとしています。

しかし、市は名古屋城の現状についてまともに説明会を行っていません。

上記タウンミーティングには、河村たかし名古屋市長をはじめ、市の関係者が多く参加するとのこと。
疑問点や意見を直接名古屋市に問いただすよい機会だと思います。

以下16区で開催されます。内容は同じとのことで、どの会場に参加してもよいです。
ぜひご参加下さい。

タウンミーティング日程 区 日程 時間 会場
中川区 10月17日(水曜日) 午後6時30分から午後8時30分 中川区役所講堂
守山区 10月18日(木曜日) 午後6時30分から午後8時30分 守山区役所講堂
中区 11月2日(金曜日) 午後6時30分から午後8時30分 中区役所ホール
南区 11月3日(土曜日・祝日) 午後2時00分から午後4時00分 南区役所講堂
天白区 11月7日(水曜日) 午後6時30分から午後8時30分 天白区役所講堂
西区 11月8日(木曜日) 午後6時30分から午後8時30分 西区役所講堂
名東区 11月10日(土曜日) 午後2時00分から午後4時00分 名東区役所講堂
瑞穂区 11月11日(日曜日) 午後2時00分から午後4時00分 瑞穂区役所講堂
千種区 11月13日(火曜日) 午後6時30分から午後8時30分 千種区役所講堂
港区 11月17日(土曜日) 午前10時00分から正午 港区役所講堂
東区 11月18日(日曜日) 午後2時00分から午後4時00分 東区役所講堂
昭和区 11月20日(火曜日) 午後6時30分から午後8時30分 昭和区役所講堂
緑区 11月24日(土曜日) 午後2時00分から午後4時00分 緑区役所講堂
中村区 11月25日(日曜日) 午後2時00分から午後4時00分 中村区役所講堂
北区 12月10日(月曜日) 午後6時30分から午後8時30分 北区役所講堂
熱田区 12月13日(木曜日) 午後6時30分から午後8時30分 熱田区役所講堂


--------

18/10/15(月)河村市長「名古屋城木造天守復元 文化庁許可取得2018年10月断念」表明も、2022年12月完成死守と述べる

18/10/15河村たかし名古屋市長は定例会見で、これまで2022年12月完成を目指してきた名古屋城天守木造復元について、2018年10月文化庁文化審議会の了承を断念すると述べ、上記までの完成が極めて厳しくなっており、工程案の見直しも具体的に進んでいませんが、依然として「期限を死守する」としています。

平成30年10月15日 名古屋市長河村たかし 定例記者会見
 
https://www.youtube.com/watch?v=6XCetVz5Mw8
名古屋市民オンブズマンによるメモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181015.pdf

河村市長まとめ
・10月文化審議会には間に合わなかった。
・文石協(文化財石垣保存協議会)の専門家から石垣保全についてアドバイスを受けるよう、石垣部会に言われた
・文化庁 誰とは言わないが、「国宝第1号なので丁寧にやっていかないといけないと言っている」
・2022年12月期限は死守する
--------
しかし、文石協との交渉もこれからです。
http://bunsekikyou.sakura.ne.jp/

各種報道によれば、石垣部会の懸念は2点だと理解しました。
1)天守閣木造化よりまず天守台石垣の保全・修復を
2)木造天守閣の基礎となる「はね出し架構」は文化財を破壊するため認めない

1)については、「文化財石垣保存技術協議会」と相談することは考えられます。
ただ、相談後すぐに天守台石垣の保全・修復をするとなると、名古屋市が計画している「まず木造天守閣を復元し、その後石垣保全・修復」に反します。

2)については、「文化財石垣保存技術協議会」と相談することではなく、竹中工務店と相談することではないでしょうか。
耐震性を高めた木造天守閣をつくるために、文化財を破壊する「はね出し架構」以外の工法が果たして取り得るのか。
「はね出し架構」しか採用できないのであれば、石垣部会は当然木造天守閣復元を認めないでしょうし、文化庁も認めるはずがありません。

また、河村市長のいつものやりかた「名前を決して明かさない誰かが、自分に都合のよいことを言った」がありました。
 河村:文化庁だって言っています。「遅らせるつもりはありません」って。直接電話ですけど。
  行く時間が無いもんで。誰とはちょっと言いにくいけど偉い様が断言しております。
  スケジュールありきどうのこうのいうのではない。
善意に解釈すれば文化庁は「わざと遅らせるつもりはありません。石垣部会の了承を得た上で、書類を復元検討委員会に提出後、文化審議会にかけられれば検討します」と言うことだと思います。
河村市長は自分の都合のよい部分だけ切り取って発言することがよくあります。文化庁も当然河村市長の会見を見ている、とは思わないようです。
名古屋市民オンブズマンは、電話の内容について即情報公開請求しました。

また、河村市長は「竹中工務店は、市議会が予算を議決を行ったため、200本ほどの製材に入っているという話し」と述べました。

名古屋市は、竹中工務店とは、これまで10月に文化庁の許可が得られなかった場合の話しは一切していないとしていましたが、河村市長は「相談するしかしょうが無い。工期の短縮などできんのか。聞いてみんとわからん。勝手に言うわけいかない』としながらも、工期について死守すると述べたことについては「そりゃできるわ やってもらわんといかん。そういうもんじゃないですか。民意はどうなるのか」と述べるなど、自分の希望・主張を一方的に述べるにとどまっています。
 
2018年10月文化庁の許可取得を断念するに当たり、河村市長は「むかつく」と述べました。
石垣部会に対してか、と記者に聞かれたところ、「世の中といいますか」といい、手続を進められなかったのは名古屋市の責任ではないか、と聞かれると、
「どの責任というわけでもない。しょうがない 世界でただ一個のこういう建物を作るんだから。世界ではじめて 巨大な木造建築。かつての国宝1号。木造復元するんだから苦労はある。世の中の一つの流れ、名古屋の宝が世界の宝」など、自らの責任を全く認めようとしません。
なお、最後に「『むかつく』という発言は取り消して欲しい」と述べました。

そもそも、石垣の素人である河村市長が「2020年7月までに名古屋城を木造化せよ。石垣は後回しでよい。全責任は私が取る」と2015/8/24に河村市長は名古屋市市民経済局長に指示書を出したのがボタンの掛け違いのはじまりです。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shijisho.pdf しかしいまだに自らの責任を認めようとしません。

------
18/10/17朝日新聞によれば、市長の強気の姿勢を以下分析しています。

2018年10月17日03時00分 朝日新聞 関謙次
名古屋城天守木造化 月内の国許可断念「22年末完成」厳しく
河村市長 強気崩さず
https://www.asahi.com/articles/ASLBJ4S0ZLBJOIPE01D.html

河村市長に近い関係者は「市長は腹の中では来年5月の許可も難しいとわかっていると思うが、市長選で公約に掲げたので、絶対に無理とは言わない」と話す。ある市職員も「自分のことを守らないといけないし、(代表を務める地域政党)減税日本も勝たせないといけない。統一地方選が終わるまでは、強気を続けるだろう」とみる。
 
----
このまま市民に説明せず、希望的観測で物事を進めようとしても決してうまくいきません。
情報を公開し、市民に対するきちんとした説明ならびに関係者を一堂に会した話し合いを求めます。


18/10/14(日)名古屋城石垣部会ワーキンググループ 資料・議事録全て非公開

18/9/10に開催された、特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会ワーキンググループ(WG)の配付資料・議事録を名古屋市民オンブズマンは情報公開請求しましたが、「公にすることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれ」があるとして非公開になりました。

・決定書
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181010.pdf
・配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181010-1.pdf
・まとめ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181010-2.pdf

報道によれば、名古屋市副市長と石垣部会が、今後について話し合ったといいますが、これでは全くわかりません。

なお、決定書に以下記載がありました。
「※今回非公開とした行政文書の内容については、今後一年以内に当該行政文書の内容の全部又は一部について公開が可能となる予定のため、公開を希望する場合は当該時期以後新たに公開請求が必要となります。」
 
有識者会議「石垣部会」は、天守台石垣が危機的状況だとして、天守をどうこうするよりまず石垣の保全・修復を最優先すべきだとしています。
名古屋市がどのようなつもりなのかが、この議事録を読めばわかるはずです。

しかし、市は名古屋城の現状についてまともに市民に説明を行っていません。


18/10/11(木)名古屋市「名古屋城木造化基本設計 18/3/30以降完了検査していない」と主張

18/10/11に名古屋市議会経済水道委員会が開催され、2017年度決算について審議されました。

18/10/11 名古屋市観光文化交流局
平成29年度決算説明資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181011-2.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181011-1.pdf
名古屋市民オンブズマン 文字起こしアプリによる文字起こし(名古屋城天守閣部分)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181011.pdf

その中で、江上博之市議が(共産・中川区)「8億4693万6000円かけた名古屋城天守木造復元基本設計等は、3月30日に竹中工務店から納品されて、その日のうちに完了したのか」と質問したところ、新井主幹は「最終的な納品は3月30日に受けたが、事前に担当者、建築技師、係長級が検査を行った上で完了検査を行った。3月30日以降は一切完了検査をやっていない」と述べました。

江上市議は「新聞報道ではちょっと誤解を生むようなね、発言があったかに感じているんです。今のような3月30日全てが完了したわけではなくて、どうもまだこれからやりとりをして最終確認はしなあかんとか、そんなような報道があったにや聞いておりますけれども、今委員会でね答弁された話ですから、そのことをまず受けとめておきます。」としました。

----------
江上市議をはじめとする市議は、誰も問題点をわかっていないのではないでしょうか。
1)市職員が3月30日に成果物を受け取ったが、今後検査をすると発言していること
2)「成果物」に求められる内容を満たしているのか
3)「成果物」記載のエレベーター設置の有無について

1)市職員が3月30日に成果物を受け取ったが、今後検査をすると発言していること
全体整備検討会議 終了後の囲み取材では、名古屋城総合事務所の蜂谷主幹は「基本設計の完成物の検査ですが、今日1日で終わるわけでは無く、すごい量ですから、段ボール5箱くらいあるので、随時検査します。成果品としてはいただきました。検査で合格しているわけではないものですから、検査をさせていただいて、内容に不足があればさらに追加を求めることがありえる。」と述べました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180330-6.pdf
にもかかわらず、18/10/11には「3/30以降完了検査を行っていない」と答弁しました。

2)「成果物」に求められる内容を満たしているのか
「名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)による公募型プロポーザル 業務要求水準書」(平成27年12月)第2章第4節1.(6)特別史跡における条件では以下述べられています。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_03.pdf
A 木造復元に際し、実施設計に着手する前の基本設計の段階において、文化庁における「復元検討委員会」の審査を受け、文化審議会にかけられる。(復元検討委員会は年 2〜3 回行われ、名古屋城本丸御殿復元工事の場合は、3 回の審査を受けている。また、文化審議会は、5 月と 10 月の 2 回行われている。)
基本設計が「完了」する2018/3/30までに、「復元検討委員会」の審査を受けていませんし、「文化審議会」にもかけられていません。
そうであれば、業務要求水準書違反となり、基本設計の「成果物」として認められないのではないか、というのが、現在住民監査請求を行っている「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」の主張の肝です。

3)「成果物」記載のエレベーター設置の有無について
名古屋城木造復元天守にエレベーターを設置しない方針を決めたのは、18/5/30です。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180530.pdf
「基本設計」が完了した時点では、エレベーターをつける・付けないは決まっていなかったはずです。
「成果物」にはどのように記載しているのかは、黒塗りのため全くわかりません。
仮にエレベーターをつけない、とした「成果物」が竹中工務店から提出されていた場合、それは建築基準法・消防法等を遵守したものなのか。

上記疑問は、少し調べればわかるのですが、その努力を市議はしないのか、理解する能力が無いのかわかりません。

結局市議会ではこのまま疑問が解消されないままなのでしょうか。
--------
今後の予定

・18/10/15(月)午前11時 経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(3局一括)]
・18/10/15(月)午後2時30分〜 河村たかし名古屋市長定例記者会見
・18/10/17(水)午後1時 本会議(閉会) ○平成29年度決算認定案 [委員長報告後、議決]
 18/10/17(水)午後6時半〜 名古屋市次期総合計画タウンミーティング(中川区)
・18/10/21(日)午後1時半〜 名古屋城シンポ(名古屋市博物館講堂)
 18/10/21(日)10時〜 13時30分〜 15時〜 石垣現地説明会
・18/10/ ( )
 18/10/ ( )
・18/10/ ( )   
・18/10/31(水)文化庁文化審議会に諮っていないことが確定 


18/10/9(火)名古屋市「名古屋城木造化基本設計は18/3/30に完了した」と主張

18/10/9に名古屋市議会経済水道委員会が開催され、2017年度決算について審議されました。

2018年10月9日(火曜日)午前10時 名古屋市議会経済水道委員会 付議議案審査[質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
名古屋市民オンブズマン 文字起こしアプリによる文字起こし(名古屋城天守閣部分)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181009.pdf

その中で、江上博之市議が(共産・中川区)「8億4600万円ほどかけた名古屋城天守木造復元基本設計等は時間を取ったのではないか」と質問したところ、新井主幹は「当初は2018年2月28日までだったが、一部工程上のスケジュールもありまして、3月30日に工期を変更した。3月30日に業務の完了というのを確認させていただいたので業務として完了した」と述べました。

現在、「名古屋城天守の有形文化財登録を求める会」は基本設計業務は未完成だとして、18/9/21に名古屋市民158名が市長に対し8億4693万6000円を市に賠償を求める住民監査請求を行いました。
https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle

上記団体は10月21日(日)13時半〜 名古屋市博物館講堂で名古屋城シンポを行うとのこと。
https://www.facebook.com/events/372709399936825/

それはともかく、名古屋市民オンブズマンは基本設計の成果物を情報公開請求しましたが、内容はほとんど黒塗りで全くわかりませんでした。
・決定書
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518.pdf
・基本設計説明書
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-1.pdf
・石垣現状調査等
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-2.pdf
・石垣測量
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-3.pdf
・調査業務
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-4.pdf
・積算
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-5.pdf
・地盤調査報告書
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-6.pdf
・施工技術検討業務
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-7.pdf
・打合せ記録簿 天守閣部会・その他
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-8.pdf
・図面
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-9.pdf

現在、障害者団体が木造復元天守閣にエレベーターの設置を求めていますが、上記基本設計でどのようになっているのかも不明です。
防火・防災・耐震設計などをクリアしているのかも不明です。

市議会の決算審議で、基本設計の中身ならびに、契約書の仕様通りに完成したのかどうかが明らかになることを期待します。

--------
今後の予定

・18/10/11(木)午後1時 経済水道委員会 付議議案審査[総括質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
・18/10/15(月)午前11時 経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(3局一括)]
・18/10/17(水)午後1時 本会議(閉会) ○平成29年度決算認定案 [委員長報告後、議決]
・18/10/21(日)午後1時半〜 名古屋城シンポ(名古屋市博物館講堂)
・18/10/31(水)文化庁文化審議会に諮っていないことが確定 

--------

18/10/5(金)名古屋城石垣部会ワーキングで天守台石垣話題に出ず

18/10/6マスコミ各紙に、名古屋市が有識者会議「石垣部会」のメンバーから名古屋城搦手馬出の石垣修復について意見を聴取した、と報道されました。

正式な「石垣部会」が開催されるのであれば、名古屋市公式web「会議開催のお知らせ」に出るはずです。
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/0-Curr.html

上記ページを毎日チェックしていましたが、石垣部会開催については記載がありませんでした。

18/10/9に、名古屋城総合事務所に電話で確認したところ、「18/10/5は『石垣部会ワーキング』を開催した。正式な部会ではない。担当レベルの技術的な意見交換を行った。『石垣部会ワーキング』は記者にも市民にも非公開。
ただ、『石垣部会ワーキング』終了後、マスコミ向けに記者会見を行った」とのことでした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181003.pdf

------
報道によれば、搦手馬出の石垣修復は2004年から着手していますが、約4000個の石が外されて空堀に移されています。15年かかりようやく2018年度中には外し終わるといいます。今後、積み直し計画を作った上で国に補助金申請した上で来年度以降積み直しに着手するとのこと。

報道によれば、石垣部会メンバーは「本日は搦手馬出の石垣修復のみ話しを行い、天守台石垣については話し合わなかった」といいます。

------
搦手馬出の石垣修復は、取り外すだけで15年かけています。現在問題となっている名古屋城天守台石垣について、取り外して修復するのに何年かかり、いくら費用がかかるのでしょうか。
搦手馬出石垣修復を行う人員と、天守台石垣調査を行う人員ははたしているのでしょうか。

石垣は江戸時代から残る貴重な史跡です。
天守台の上に載る天守閣をどうこうするよりまず先に、天守台石垣の保全と修復が必要ではないでしょうか。

18/10/2(火)愛知県審議会が名古屋市に「名古屋城木造天守閣にエレベーター不設置方針」再考を要望

愛知県の公的な審議会である「愛知県障害者施策審議会」が、名古屋市が名古屋城天守閣整備事業においてエレベーターを設置しない方針を示したことに対し、18/10/2に再考を求める要望書を名古屋市長あてに提出しました。県によれば、同審議会が名古屋市に対して要望書を提出するのははじめてとのこと。
同審議会を所管する愛知県健康福祉部障害福祉課から、要望書を情報提供いただきました。
・要望書
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181002.pdf
・審議会等のプロフィール(愛知県障害者施策審議会)
 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/shogai/0000043616.html

同審議会は、「(障害者権利条約、障害者基本法、障害者差別解消法、愛知県障害者差別解消推進条例の)理念に反し、障害者差別解消法で禁じられている不当な差別的取扱いになるおそれがあると本審議会でも意見が出ております」としています。

そのうえで「当事者の方々と十分に協議をしていただき、障害者、高齢者等を含むすべての人が、安心して利用できる名古屋城木造天守閣の実現を目指していただきますようお願い申し上げます」としています。

報道によれば、西野輝一・名古屋城総合事務所所長らは「市長に報告する。新技術でバリアフリーを実現していきたい」としたといいます。


18/10/1(月)河村市長「名古屋城石垣は、石垣にまつわることをやる機関と相談中」

18/10/1に開催された河村たかし名古屋市長定例記者会見で、河村市長は「2018年10月に文化審議会に間に合わせるために、石垣にまつわることをやる機関と相談中」と述べました。

・平成30年10月1日 名古屋市長河村たかし 定例記者会見
 
https://www.youtube.com/watch?v=WzOLHJn4-9w
 
・18/10/1 河村たかし名古屋市長定例記者会見(名古屋市民オンブズマンによる、自動文字起こしアプリを使った文字起こし)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/181001.pdf

河村市長の発言ははっきりしません。
・石垣部会から、どのような提案があったのか。
・なにが45億円かかっているのか。
・石垣部会から「石垣にまつわることをやる機関」と相談しろと言われたのか
・石垣部会から「石垣にまつわることをやる機関」と相談すれば
 2018年10月の文化審議会に間に合うと言われたのか。
・文化庁は上記についてなんと言ったのか

結局、文化庁は上記についてなんと言っているのかは、市長は答えませんでした。

-------
「石垣にまつわることをやる機関」は、18/9/21中京テレビ報道によれば、「文化財石垣保存技術協議会」のようです。
http://bunsekikyou.sakura.ne.jp/

・18/9/21(金) 20:13配信 中京テレビ
 名古屋城の石垣保存 「文化財石垣保存技術協議会」からアドバイス得る方針 名古屋市
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00010008-sp_ctv-l23

各種報道によれば、石垣部会の懸念は2点だと理解しました。
1)天守閣木造化よりまず天守台石垣の保全・修復を
2)木造天守閣の基礎となる「はね出し架構」は文化財を破壊するため認めない

1)について、「文化財石垣保存技術協議会」と相談することは考えられます。
ただ、相談後すぐに天守台石垣の保全・修復をするとなると、名古屋市が計画している「まず木造天守閣を復元し、その後石垣保全・修復」に反します。

2)については、「文化財石垣保存技術協議会」と相談することではなく、竹中工務店と相談することではないでしょうか。
耐震性を高めた木造天守閣をつくるために、文化財を破壊する「はね出し架構」以外の工法が果たして取り得るのか。
「はね出し架構」しか採用できないのであれば、石垣部会は当然木造天守閣復元を認めないでしょうし、文化庁も認めるはずがありません。

------
また、河村市長は「現状は今石垣部会さんから提案があったのははじめてですから」と市民に誤解を招く説明をしています。
名古屋市は、石垣部会に対しては「石垣調査」について議題にあげていただけで、木造天守閣と石垣との関係について議題にはあげてきませんでした。

17/9/12に石垣部会の千田嘉博教授はマスコミに向かって「これまで部会の議論と異なった内容が報じられているのは残念だ。先ほどまで議論しているのは石垣調査についてであって、木造天守閣に関する議論は一切行っていない。間違いです。誤報です。穴蔵石垣について、本質的価値現状を工学的・考古学的に調査して必要があれば適切な修理を行うのであって、木造天守のための事前調査ではない。名古屋市は現状変更許可を文化庁に提出したが、そこのところをかき分けていただいている」と強調しました。
http://ombuds.exblog.jp/25602183/

その後も、石垣部会は「文化庁記念物課による特別史跡の現状変更の方針が固まっていない調査・整備事業については、今後も当部会での審議対象とはしない」としています。
・17/10/16 石垣部会が名古屋城総合事務所所長に送った書簡
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171016.pdf
・18/1/17 石垣部会が河村たかし名古屋市長と名古屋城総合事務所所長に送った書簡
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180117-1.pdf

これらも、市民・マスコミに全く情報を知らせず、しかも2022年12月完成ありきで他人の意見を全く聞き入れずに突き進んできた河村市長の方針のツケが回ってきたのです。
名古屋城天守閣木造化に関する、2018年10月文化庁文化審議会での承認は絶望的ですが、期限まで1か月。
その後にどう「全責任を取る」のか。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shijisho.pdf
今後も注目していきます。


18/9/25(火)河村市長「名古屋城木造化 2022年完成を見直すつもりは全くない」

18/9/25名古屋市議会本会議で、江上博之市議(共産)の「名古屋城天守閣木造化について、2022年完成目標をいったん立ち止まって市民の声を聞くために計画を見直すつもりはあるか」という質問に対し、河村たかし名古屋市長は「見直すつもりは全くありません」と答弁しました。

・18/9/25 名古屋市議会本会議議事録(名古屋市民オンブズマンに
 よる自動文字起こしアプリによる自動文字起こし)
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180925.pdf
 
江上市議は、「天守閣復元事業について、3ヶ月間市民や議会に報告されていない」「10月文化審議会に諮ることは出来ないと明言せよ」「現天守閣は価値が高いと名古屋市が認めているが、解体してよいか」「天守閣復元よりハラミがある石垣保全修復が先ではないか」「木造天守閣最上階階段1カ所だと安全や入城制限が必要ではないか」と質問しました。

渡辺観光文化局長は「石垣保存方針について石垣部会と一致をみていないため、10月文化審議会は時間的に大変厳しい」「今後バーチャルリアリティーなどで記録して後世に伝える」「石垣については詳細調査を進め、保存方針を立てる」「管理運営面の工夫で安全面を確保し、できる限り入城制限をしないよう努める」としました。

江上市議は、共産党が行った市政アンケートの途中経過で、今後の天守閣整備について意見が分かれているとしました。
・市長提案の2022年完成目標で木造化する27%。
・いったん立ち止まり、改めて検討する 32%。
・耐震補強などを行い、木造化を行わない27%。
上記を踏まえ、いったん立ち止まってはどうかとしました。

河村市長は「木造天守閣復元を掲げて市長選挙で勝った。議会で議決を行った。耐震性が低い。図面があるので、私は使命だと思っている」としました。

江上市議は「耐震性は2009年からわかっていた。2022年完成の天守閣木造化は中止。いったん立ち止まって市民の声を聞け、そのために計画を見直すことを求める」としました。

---------
河村市長以外、関係者全員が2022年12月名古屋城木造天守閣復元は無理だと理解しています。
上記を河村市長が理解しているのかどうかは不明ですが、それを現段階で認めることは以下の3点から不可能だと考えます。
・竹中工務店とは2022年12月までに完成させることと契約を結んでおり、「市の都合」と認めた場合、竹中工務店は契約額505億円の増額を言い出しかねないため市からは言いにくいこと。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
・2022年12月・505億円は市議会議決の付帯決議にあり、時期・総額見直しは付帯決議違反となること。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170322-4.pdf
・名古屋城天守閣木造化事業が停滞・破綻した場合、15/8/24指示書「『本件(名古屋城復元整備計画)の全責任は私が取る』」の履行を迫られる等、河村市長の政治責任を問われること。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shijisho.pdf
 
市議会が2018年9月議会でどこまで追及できるかわかりませんが、少なくとも決算審議のなかで基本設計が仕様書・業務要求水準書どおりに作られたかどうかはチェックできるはずです。
https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle

2022年12月完成が絶望的になるのは、2018年10月文化審議会にかからなかったと明らかになる2018年11月以降でしょうか。
その際、名古屋市はどうするのか。竹中工務店はどうするのか。市議会はどうするのか。基本設計費用の返還を求めた住民監査請求はどうなるのか。全く開催される気配がない石垣部会は何を発言するのか。「名古屋市建築審査会」の適用除外審査はいつになるのか、実際に適用除外になるのか。
エレベーター設置・バリアフリー問題、消防法の問題、防災問題、来場者数・収支計画の問題も全く解決していません。

全ての混乱は、河村市長が「石垣修復を後回しにして、木造天守閣復元を先に行え。全責任は私が取る」と15/8/24に指示書を出したことにあります。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shijisho.pdf
出発時点から出来もしない、「絵にも描けない」名古屋城天守閣木造化だったのです。

きちんとした情報を市民に公開せず、石垣部会有識者の意見を事前に聞かず、今も聞かず、市幹部の話も聞かない河村市長のやり方の破綻がもうすぐ迫ってきています。

--------
名古屋市議会 委員会の開会日程(予定) ネット中継あり
http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/324-3-0-0-0-0-0-0-0-0.html

9月26日(水曜日)午前10時5分 経済水道委員会 付議議案審査[質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
9月28日(金曜日)午前10時30分 経済水道委員会 付議議案審査[総括質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
10月2日(火曜日)午前10時30分 経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(3局一括)]
10月5日(金曜日)午前10時 経済水道委員会 付議議案審査[説明(市民経済局、観光文化交流局、上下水道局関係)]]
10月9日(火曜日)午前10時 経済水道委員会 付議議案審査[質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
10月11日(木曜日)午後1時 経済水道委員会 付議議案審査[総括質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
10月15日(月曜日)午前11時 経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(3局一括)]
--------

18/9/23(日)名古屋城 18/6/13河村市長文化庁訪問時、文化庁側「記録なし」と本村衆院議員に返答

名古屋城天守閣木造化をめぐり、18/6/13に河村たかし名古屋市長が文化庁を訪問しました。
名古屋市民オンブズマンはその際の内容がわかるものを名古屋市に情報公開請求したところ、市長のメモは黒塗り、職員の復命書も一部黒塗りでした。

それを見たもとむら伸子衆議院議員(日本共産党)は文化庁に文化庁側の記録を求めましたが、18/9/20づけで文化庁文化財部記念物課企画調整係から「当日のやりとりは記録しておりません」という回答が来ました。
http://motomura-nobuko.jp/2018/0921-130804.html

文化庁が名古屋市とのやり取りを記録しないのは、「行政文書の管理に関するガイドライン」に反する可能性があります。

・行政文書の管理に関するガイドライン
http://www8.cao.go.jp/chosei/koubun/hourei/kanri-gl.pdf
第3 作成
3 適切・効率的な文書作成
(2) ○○省の外部の者との打合せ等の記録の作成に当たっては、○○省の出席者による確認を経るとともに、可能な限り、当該打合せ等の相手方(以下「相手方」という。)の発言部分等についても、相手方による確認等により、正確性の確保を期するものとする。ただし、相手方の発言部分等について記録を確定し難い場合は、その旨を判別できるように記載するものとする。

あらためて文化庁に対し、当日のやり取りを情報公開請求してみます。

・平成30年6月13日文化庁訪問時に市長が作成したメモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180905.pdf
・平成30年6月13日に名古屋城の件で文化庁を訪問した際の復命書、支出命令書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180903-1.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180801.pdf
 

18/9/21(金)名古屋城木造化 「市民の会」が基本設計約8.5億円返還求め住民監査請求

18/9/21に「名古屋城天守の有形文化財登録を求める市民の会」158名は名古屋城天守閣木造化に関する基本設計8億4693万6000円を市が竹中工務店に支払ったのは違法だとして住民監査請求を行いました。
https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle

記者会見動画
https://www.youtube.com/watch?v=AXoP1qK4MZs&feature=youtu.be


住民監査請求によれば、名古屋市は「基本設計の段階において、文化庁における『復元検討委員会』の審査を受け、文化審議会にかけられる」ことを仕様書・業務要求水準書で定めているにもかかわらず、いまだに復元検討委員会・文化審議会にかかっていないとしています。
また、日本建築センター、消防、県、建築審査会との協議も完了していないとしています。
しかし竹中工務店は18/3/30に基本設計図書を納入し、18/4/27に代金を受け取っており、地方自治法232条の4第2項、名古屋市契約規則第53条に反しているとしています。

「名古屋城天守の有形文化財登録を求める市民の会」は記者会見の中で、15/8/24に河村市長河村たかしが市民経済局長宮村喜明に対して出した「指示書」を示し、「『本件(名古屋城復元整備計画)の全責任は私が取る』とあるため、市職員が無責任のまま事業に当たっている」としました。

18/9/21(金)名古屋市副市長「名古屋城 2018年10月文化審議会に諮らなかった場合の完成時期は竹中工務店と具体的な協議はしていない」

18/9/21に名古屋市議会本会議が開催され、浅井正仁市議(自民)が名古屋城天守閣木造化のスケジュールが遅れていることについて質問し、広沢副市長は「2018年10月の文化審議会に諮らなかった場合の完成時期は、竹中工務店と具体的な協議はしていない」と答弁しました。

18/9/21 名古屋市議会本会議(名古屋市民オンブズマンによる
 自動文字起こしアプリによる文字起こし)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180921.pdf

浅井市議は「本来2018年9月に素屋根工事の補正予算が提案されることだったができていない。2018年7月に名古屋城天守閣整備事業基本計画書案を提出しようとしたが出来ていない。2018年10月の文化審議会には間に合わないという理解か。また、次の文化審議会は2019年5月だが、その際完成は2022年12月に間に合うのか、竹中工務店とその回答を得ているか」質問しました。

広沢副市長は「2018年7月に基本計画書案を提出しようとしたが、文化庁から『石垣保全方針について有識者と認識が一致していない』と指摘され、基本計画書案の提出を見送った。現在も提出に至っておらず、現状変更許可取得も努力しているため、補正予算案の上程が出来なかった。
2018年10月文化審議会に間に合わせるスケジュールの根拠は現時点ではお答えできない。
2018年10月文化審議会に諮られなかった場合の完成時期は、その段階で優先交渉権者と協議し、2022年12月の木造復元天守閣竣工スケジュールを守るよう努力してまいりたいと考えていることから、現時点において竹中工務店と具体的な協議は行ってない」と答弁がありました。

浅井市議は「昨日工藤昭三衆議院議員に『2018年10月の審議会で本当に諮られるのか』文化庁に確認してもらった。」とし、広沢副市長は「名古屋市から申請書が出ていない。出ていなければ審議会には諮られない」と答弁しました。

浅井市議は「精神論だけでは、2022年になってもずっとこのまま。担当職員は仕事量が多く人手不足。また、『工期を守る』そこだけに目が行って、全てを見失っている。史実に忠実に復元するため、原点の気持ちに戻り、施策を見つめ直してほしい」と述べました。

最後に、「6月の委員会での自民党の要望にもかかわらず、木材を拙速に買ってしまった。次の5月の文化審議会を目指すとか言う前に、じっくりと腰を据えて取り組み、嘘偽りなく真実を議会並び、市民の皆さんに伝えることを要望する」とした上で、「市長に一言言わさせていただきたいと思います。市長。職員の声を、心の叫びを聞いて、職員を信じて、進めていただきたい」と述べました。

-----------
18/7/3に名古屋市議会経済水道委員会で自民党は以下要望を述べています。
自民:一つ、木材の調達に当たっては、文化庁から与えられた課題を確実に解決し、現状変更許可の見通しを立てた上で計画的に行うこと。
 一つ、総事業費の上限を505億円とすることは、市民や議会との約束であり、実現に向けて最大限の努力をすること。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180703.pdf

これが反故になっているのに、あまり怒りがみえてきません。(この要望を市が反映できると考える方が甘いと思います)
また、文化庁には議員は何回も問合せをしていますが、当の竹中工務店に対して問合せをした形跡がありません。竹中工務店は現状何を考えているのか。今後数年単位で工期が延びた場合、追加費用を含めてどうするつもりなのか。その際、議会はどう反応するのか。

名古屋城天守閣木造化をめぐっては、あまりにも情報が隠ぺいされており、しかも上記のような将来のリスクについても情報が出されておりません。

名古屋市は、今回方向転換するチャンスをみすみす逃しました。

限られた情報を分析し、18/9/21に「名古屋城天守の有形文化財登録を求める市民の会」が基本設計業務において違法性が疑われるとして住民監査請求を18/9/21に起こしました。
https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle

障害者団体は木材製材契約94億5540万円の差し止めを求める住民監査請求を起こす方針とのこと。
https://www.facebook.com/nagoya.jitsugensurukai/

誤りを認めない河村たかし名古屋市長、煮え切らない市・市議会に対して市民の怒りが爆発しています。


18/9/20(木)名古屋城 天守閣部会ワーキング 内容全面非開示 謝金額も不明

名古屋城天守閣木造化に関し、マスコミ・一般に公開されている天守閣部会・石垣部会があります。
しかし、天守閣部会には「ワーキンググループグループ」という非公開の会議があったことが判明したので、議事録を情報公開請求しましたが、日時と参加者だけ書かれた表紙は公開されましたが、内容は全て非公開でした。
しかも、「建造物ワーキング 第1回議事録」は議事録すら作成されていませんでした。
開示された表紙からは、17/8/29に天守閣部会構成員との打ち合わせ会、17/10/18に天守閣部会ワーキング(午前・午後)が開催されていたことが判明しました。

また、謝金については「基本設計その他業務委託」業務委託概要書に基づき竹中工務店に支払っているとして、合計8億4693万6000円の支出命令書しか開示されませんでした。

・「特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会開催要綱」に基づくワーキンググループに出席した者への謝金の支払いに関する支出命令書書として支出命令書
・「特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会開催要綱」に基づく建造物ワーキング 議事録として特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会構成員との打合せ会 議事録
 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会ワーキング 議事録
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180920-2.pdf
☆参考 名古屋城天守閣整備事業基本計画その他業務委託業務委託概要書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180920-3.pdf

天守閣部会ワーキングについては市民に情報を全く公開していません。
一刻も早く公開することを求めます。

-------
なお、発注者支援業務についても情報公開請求したところ一部が開示されました。

平成29年度「名古屋城天守閣整備事業に係る発注者支援業務」
・契約書
・名古屋城天守閣整備に係る発注者支援業務共通仕様書
・情報の保護及び管理のための特記仕様書(業務委託用)
・障害者差別解消に関する特記仕様書
・名古屋城天守閣整備事業に係る発注者支援業務特記仕様書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180920-1.pdf


18/9/19(水)名古屋城 石垣部会と市 非公表会合で調整失敗 2022年完成は絶望的と日経新聞

日本経済新聞電子版18/9/19 14:30(新聞記事は18/9/20朝刊)に、「漂流する名古屋城復元 「22年完成」絶望的に」という記事が載りました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35515740Z10C18A9CN8000/

記事によれば、18/9/10に名古屋城天守閣木造化をめぐり、「石垣部会」の構成員と市幹部が開催自体非公表で会合をもち、木造復元に絡む石垣保全手法について打開策を探ったとのこと。
しかし、市側からは有識者を納得させる案は示せなかったといいます。

現在、天守台石垣は空襲と経年変化により崩落の危険性があります。
しかしながら、名古屋市は石垣はそのままにしてまず木造天守閣を2022年12月までに復元させ、その後に石垣を修復する予定を立てています。
しかも、木造天守閣を支えるために「はね出し架構」というコンクリート構造物を石垣内部に埋め込む予定で、これは現在の石垣を破壊してしまいます。
石垣部会は強く反発し続けています。

特別史跡名古屋城跡の権限を持つ文化庁は、石垣部会の合意を得ることを申請受付の条件としています。
石垣部会の同意を得られなければ文化庁への申請は不可能です。
当初は2018年10月の文化庁文化審議会で妥当との判断を得ようとしていましたが、いまだに書類すら文化庁に提出できていません。
次回文化審議会は2019年5月ですが、石垣部会の理解を得られる見込みはありません。

しかしながら、河村市長は2022年12月までの完成を死守せよと強気の態度を崩していません。
上記日経新聞によれば、「圧勝した昨春の市長選で市民に公約した木造復元計画が見直しに追い込まれれば政治責任を問われかねないからだ」としています。

---------
一方、名古屋市は基本設計8億4693万6000円を竹中工務店に支払い済み、実施設計15億6384万円も契約を結びました。
木材製材契約94億5540万円の予算も市議会で可決しました。

完成期限の2022年12月を仮に延ばした場合、名古屋市と竹中工務店は金額の交渉に入りますが、どの程度金額が膨らむかまだわかりません。
木材の保管費用としては年1億円程度とのこと。
これらも市議会の同意を得ないといけませが、市議会がどう判断するかもわかりません。

石垣をめぐる問題だけで課題が山積です。
その他、エレベーター設置・バリアフリー問題、消防法の問題、防災問題、建築基準法適用除外、さらには来場者数・収支計画の問題も全く解決していません。

障害者団体は木材製材契約94億5540万円の差し止めを求める住民監査請求を起こす方針とのこと。
https://www.facebook.com/nagoya.jitsugensurukai/

また、「名古屋城天守の有形文化財登録を求める市民の会」が基本設計業務において違法性が疑われるとして住民監査請求を18/9/21に起こします。
https://peraichi.com/landing_pages/view/protect-nagoya-castle

前に進めないことは確実ですが、止まることも引き返すことも莫大な追加費用がかかってしまいます。
こうなることは容易に予測できましたし実際予測していましたが、しがらみや政治状況からここまで紛糾してしまいました。

河村市長の政治責任なしでの解決方法は考えられませんし、仮に政治責任をとったとしても費用は莫大にかかってしまいます。

現在開催されている名古屋市議会で、どこまで市議会が追及できるのか。
名古屋市がどこまで方針を転換できるのか。注目です。
----------------
平成30年9月定例会 本会議の議案外質問通告内容
http://www.city.nagoya.jp/shikai/page/0000109572.html

平成30年9月21日(金曜日)の議案外質問通告内容
浅井正仁議員(自民)[18分](14:09〜)
名古屋高速道路の対距離料金制度の導入について
名古屋城の整備について
(1)天守閣木造復元の今後の見通し(観光文化交流局、教育委員会)
(2)本丸御殿のスロープ工事(観光文化交流局、教育委員会)

平成30年9月25日(火曜日)の議案外質問通告内容
江上博之議員(共産)[15分](10:20〜)
名古屋城天守閣整備事業の見直しについて

名古屋市議会 委員会の開会日程(予定)
http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/324-3-0-0-0-0-0-0-0-0.html

9月26日(水曜日)午前10時5分 経済水道委員会 付議議案審査[質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
9月28日(金曜日)午前10時30分 経済水道委員会 付議議案審査[総括質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
10月2日(火曜日)午前10時30分 経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(3局一括)]
10月5日(金曜日)午前10時 経済水道委員会 付議議案審査[説明(市民経済局、観光文化交流局、上下水道局関係)]]
10月9日(火曜日)午前10時 経済水道委員会 付議議案審査[質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
10月11日(木曜日)午後1時 経済水道委員会 付議議案審査[総括質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
10月15日(月曜日)午前11時 経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(3局一括)]


18/9/12(水)名古屋城木造化 2018年7月下旬に文化庁訪問時の持参資料・記録 内容全面非開示

名古屋市民オンブズマンは、名古屋城天守閣木造化に関し、名古屋市職員が2018年7月20-25日に文化庁を訪問した際の資料ならびにその際の記録を情報公開請求しましたが、内容は全面非開示でした。 

決定書
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180912.pdf
理由:名古屋市情報公開条例第7条第1項第4号に該当
 公開請求のあった文書の内容のうち、黒塗り部分につきましては、当該情報が公開されることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるため、非公開とします。
・2018年7月20日-25日に、名古屋市職員が文化庁を訪れた際の持参資料として
 1)名古屋城天守閣整備事業 基本計画書(概要編・資料編・図面編)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180912-1.pdf  
 2)平成29年12月 復元検討委員会での報告に対する意見(平成30年3月提出)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180912-2.pdf
 3)平成29年12月 復元検討委員会での報告に対する意見への追加回答
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180912-3.pdf
 4)平成30年3月 復元検討委員会での報告に対する意見への回答
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180912-4.pdf
 5)2018年7月20日-25日に、名古屋市職員が名古屋城関連で文化庁を訪れた際の持参資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180912-5.pdf
・2018年7月20日-25日に、名古屋市職員が文化庁を訪れた際の復命書、支出金調書として、
 6)復命書(名古屋城総合事務所長以下5名分)
  http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180912-6.pdf
 7)復命書(ナゴヤ魅力向上担当部長分)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180912-7.pdf
・2018年7月20日-25日に、名古屋市職員が文化庁を訪れた際の会談の内容、指摘事項がわかるものとして
 8)2018年7月20日 文化庁打合せメモ
  http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180912-8.pdf
・2018年7月26日に、名古屋市職員が文化庁を訪れた際の復命書、支出金調書として
 9)復命書(名古屋城総合事務所長分)
  http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180912-9.pdf
・2018年7月26日に、名古屋市職員が文化庁を訪れた際の会談の内容、指摘事項がわかるものとして
 10)市長国家提案【文化庁】<平成30年7月26日(木)>面会記録
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180912-10.pdf
 11)市長国家提案【文化庁】<平成30年7月26日(木)>メモ
  http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180912-11.pdf
 
開示請求を分析すると、18/7/20に文化庁記念物課に名古屋市職員が6名訪問しています。
基本計画書(概要編・資料編・図面編)(表紙以外全て真っ黒)と、2017年12月の復元検討委員会での報告に対する意見と回答、追加回答、2018年3月の復元検討委員会での報告に対する意見への回答、ならびに31ページのタイトルすら非公開の資料を持って行ったことがわかりました。
復命書の内容、打合せメモは非公開です。

その後、18/7/26に市長に随行して西野輝一・名古屋城総合事務所所長が文化庁を訪問していますが、面会記録の多くは非公開です。
18/7/26文化庁訪問後、河村たかし名古屋市長は、「木造復元の計画は提出していない」と記者に説明しています。

--------
かたくなに、文化庁と市のやり取りの詳細を非公開とする名古屋市。行政のプロジェクトで市民に情報を公開せずにうまくいった例はありません。

文化庁からは「石垣部会とよく話し合って結論を出すように」と言われているといいます。
しかしながら、18/7/13に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第28回)が開催された後、2か月たっても開かれていません。

18/9/14から始まる名古屋市会平成30年9月定例会ですが、9月補正予算では仮設素屋根見学施設補正予算要求もなければ、穴蔵石垣調査関係の予算要求もありませんでした。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-6-2-15-3-0-0-0-0-0.html

18/8/30に文化庁が公開した、「平成31年度文化庁概算要求の概要」「参考資料」を見ても、「2020年までの観光立国の実現を加速」しようとはしているものの、特段天守閣の木造復元を推進しようとする記述はありませんでした。
むしろ、鉄筋コンクリート造の建築物を重要文化財として指定し、修理をしようとする姿勢が見られます。
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/yosan/index.html
文化財修理の抜本的強化
国宝・重要文化財(建造物)の価値を損なうことなく次世代へ継承するため、保存修理を実施する。
○ 明治以降に建造された近現代建造物(土木・建築)は、従来の木造のほか、煉瓦や鉄骨、鉄筋コンクリート造の建築物及び土木構造物が含まれる。平成5年度から重要文化財への指定を開始し、指定件数は337件に達し、本格的な修理の時期に達している。

上記を踏まえると、「2022年12月木造天守閣完成」の破綻は誰の目にも明らかですが、いつそれを名古屋市が認めるかが焦点となっています。
その際、竹中工務店と契約上どのような金銭的処理をするつもりなのか、市議会は同意するのか、その後の見通しはどうなるのかなど問題は山積みです。

今回開示された情報が公開されれば、「破綻」がすぐに明らかになるのですが、公開されないために「破綻」を認める時期が先延ばしになります。
「破綻」を認めるのが遅くなればなるほど、「市民へのつけ」も大きくなります。

2018年9月議会でどこまで明らかになるのでしょうか。


18/9/5(水)名古屋城木造化 河村市長が文化庁訪問時に作成したメモ 内容非公開

18/6/13に河村市長が文化庁を訪問した際、自ら作成したメモについて、名古屋市民オンブズマンが18/7/18に情報公開請求したところ、18/9/5に内容が全面非公開になりました。
・平成30年6月13日文化庁訪問時に市長が作成したメモ
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180905.pdf
理由:名古屋市情報公開条例第7条第1項第4号に該当
 公開請求のあった行政文書に記載されているメモ内容は、公にすることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるため、非公開とします。


 (メモの上部の日時と参加者記載は、特別秘書が直接記載したとのこと)

-------
しかしながら、18/6/18の市長記者会見では、市長は記者にメモを見せてもよいような口ぶりをしています。

---
平成30年6月18日 市長定例記者会見
http://www.city.nagoya.jp/mayor/page/0000106008.html
(記者) 石垣部会の話なんですが、東京に行かれた時、主に五つの課題が出たという話があったと思うんですが、その中にはその話は入ってなかったと思うんですけれども。
(市長) いや、石垣部会の話入ってます。
(記者) 石垣調査の中に入っているという認識でよかったですか。一番最初に石垣調査のことについての言及があったと思うんですが。「石垣部会とよう相談して結論を出してください」というのは、わかりません、知識不足というか記憶不足で申し訳ありません。 
(市長) それが一番初めで、もしよかったら、そのときの僕のメモがあるけど、まあええか。
(記者) これは市長の中では、記者に対しては伝えていたという認識でいいってことですか。
(市長) これはそうですよ、一番最初に言った。よう相談してというのか、よう話し合ってというのか、結論を出してくださいと。(記者) 石垣部会と、ということですね。
(市長) そうです。
-----
今回、特別秘書の田中克和さんがじきじきに情報公開窓口にきて、「説明責任を果たす」としました。
しかしながら、書いてある内容について問い合わせたところ「すみませんが、上記理由でお答えできません」とのこと。
市長発言の「もしよかったら、そのときの僕のメモがあるけど、まあええか。」の趣旨についても尋ねましたが、「市長に聞かないと趣旨はわからない」とのこと。
当該メモは記者にも公開していないことを確認しました。

今回は、市長が書いたメモを特別秘書に渡したので、特別秘書が持っているとのこと。
名古屋城の件で文化庁に行った際のメモが他にあるかと問い合わせたところ「これしかもらっていない」と言いました。
特別秘書が記者会見を行ったことがあるか問い合わせましたが、「就任時の記者会見のみ」と言いました。

同日の文化庁訪問に関しては、特別秘書も同行しており、
復命書を作成していますが、行程と参加者しかかかれておらず、何を話したのか何もわかりません。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180801.pdf

名古屋城をめぐっては、きちんとした情報が公開されず、市長の一方的な発言しかわかりません。
せっかく特別秘書がご尽力されているのであれば、その内容を公開するのが筋ではないでしょうか。

また、特別秘書の体制を聞いたところ、だれも職員がおらず、自分一人で市長直轄で行っていると言いました。
問合せのため電話をしても、ほとんどつながりません。

市民不在の名古屋城木造化を象徴するような市長のメモ内容全面非公開。
市民はなめられています。
名古屋市民オンブズマンとして何が出来るか早急に考えたいです。


18/9/4(火)「名古屋城天守閣整備事業実施設計業務委託」概要書等 開示

名古屋市民オンブズマンは、「名古屋城天守閣整備事業実施設計業務委託」概要書等を情報公開請求し、以下開示されました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180903-3.pdf
・業務委託概要書
・名古屋城天守閣整備事業実施設計委託仕様書
・名古屋城天守閣整備事業、石垣調査委託、特記仕様書
・地盤調査委託仕様書

------
しかし、そもそも「名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)による公募型プロポーザル 業務要求水準書」(平成27年12月)第2章第4節1.(6)特別史跡における条件では以下述べられています。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_03.pdf
A 木造復元に際し、実施設計に着手する前の基本設計の段階において、文化庁における「復元検討委員会」の審査を受け、文化審議会にかけられる。
(復元検討委員会は年 2〜3 回行われ、名古屋城本丸御殿復元工事の場合は、3 回の審査を受けている。また、文化審議会は、5 月と 10 月の 2 回行われている。)

また、上記に関する質問の回答として、名古屋市は16/2/2に以下回答しています。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_07.pdf
質問内容:文化庁における「復元検討委員会」の審査を受け、文化審議会にかけられるのは、基本設計の段階であり、そこで文化審議会の了解が得られれば、実施設計段階では、文化庁における「復元検討委員会」の審査や文化審議会の手続きは不要であると考えてよろしいでしょうか。
回答:結構です。

しかし、18/9/4現在、「復元検討委員会」の審査を受けておらず、文化審議会にもかかっておりません。
それにもかかわらず「基本設計」を18/3/30に名古屋市は竹中工務店から受領して、18/4/27に8億4693万6000円を支払い済みです。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180612-1.pdf

基本設計の内容は全面非開示で市民にはさっぱりわかりません。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-1.pdf

しかし、河村たかし名古屋市長は「エレベーターはつけない方針」と明言しており、障害者差別解消法違反・愛知県人にやさしい街づくりの推進に関する条例違反・障害者権利条約違反のおそれがあります。
そもそも、現時点では名古屋市建築審査会よる建築基準法の適用除外を受けていません。

そんな中、名古屋市は竹中工務店と2020/5/29までに実施設計契約を完成させるよう15億6384万円の契約を結びました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180523-4.pdf

石垣調査は全く進まず、文化庁の復元検討委員会・文化審議会の審議にかかる見通しも立たず、安全性を確保するための(一般財団法人)日本建築センター、(一般財団法人)日本消防設備安全センターとの協議もどこまで進んでいるか不明で、名古屋市建築審査会よる建築基準法の適用除外のめどもたっていません。
客観的に見れば、2022年12月までの木造天守閣復元は不可能ですが、河村市長だけが「何とかする」と強気です。
いつ計画破綻を名古屋市が認めるのか、その後どうなるのかはわかりません。

市民に情報を公開しないことで、名古屋城木造化計画破綻への道を突き進む名古屋市。ツケをすべて市民に押しつけるのは断固拒否します。


18/9/3(月)名古屋城18/6/13文化庁訪問時の復命書内容非公開 「建造物ワーキング」議事録作成せず

名古屋市民オンブズマンは、名古屋城天守閣木造化に関して18/7/18に以下情報公開請求をしましたが、またも市民は知ることが出来ませんでした。

----
・平成30年6月13日に名古屋城の件で文化庁を訪問した際の復命書、支出命令書
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180903-1.pdf
 一部開示
 理由 名古屋市情報公開条例第7条第1項第4号に該当
 公開請求のあった「復命書」の内容につきましては、当該情報が公開されることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるため、非公開とします。
・名古屋城天守閣木造化について、「ガラスによる避難コア・避難階段」に関する天守閣部会・天守閣部会構成員による意見
 @特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 建造物ワーキング第2回議事録
 A特別史跡に名古屋城跡前体制整備検討整備会議天守閣部会(第10回)議事録
 B特別史跡名古屋城跡全体整備会議天守閣部会(第12回)議事録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180903-2.pdf
 Aは開示 @Bは不存在
 理由 @、Bについては、請求のあった行政文書作成または取得しておらず、不存在のため非公開とします。
 非公開とした@、Bについては今後1年以内に当該行政文書の全部または一部についての公開が可能となる予定のため、公開を希望する場合は当該時期以後、新たに公開請求が必要となります。
------
特に、「特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 建造物ワーキング」なるものは存在すら全く公表されていませんでした。いつ開催されたかも不明です。
「特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会開催要綱」には、第7条(ワーキンググループ)で「市長は、ワーキンググループを開催し、部会の検討事項のうち特定の事項の整理、情報交換等を行わせることができる」とあるだけで、はたしていくつのワーキングループがあるのかも不明です。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170510.pdf

17/10/18に「特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会ワーキング」が開催されたことは、開示書類で判明しています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-8.pdf

いくつワーキンググループがあるのか、その設置根拠と議事録を今後情報公開請求する予定です。

また、18/6/13文化庁訪問は特別秘書も同行しており、その復命書の開示については18/9/5(水)午前11時から特別秘書が直接説明するとのこと。


18/8/6(月)18/7/19名古屋城天守閣部会で配付されなかった資料 内容ほとんど非公開

名古屋市民オンブズマンは、2018年7月19日に開催された特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第12回)で、傍聴者に配付されなかった資料を情報公開請求したところ、以下のように内容はほとんど非公開になりました。

行政文書の一部を公開しない理由:(一般財団法人)日本建築センター、(一般財団法人)日本消防設備安全センターとの協議中の情報については、当該情報が公開されることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるため(名古屋市情報公開条例第7条第1項第4号)、非公開とします。

・決定書
 2018年7月19日開催
 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第12回)
 傍聴者に配付されなかった資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180806.pdf
・開示文書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180806-1.pdf
・記者クラブへの情報提供資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180806-2.pdf
 
どのように来城者を避難させるのか、これでは全くわかりません。

ただ、そんな中でも判明したことがあります。
・各階在館者数シミュレーション(避難対象人数2500人)「滞在者数を均一」と、「在館者密度を均一」があります。最上階はあまり人が入れないことがわかりました。
・照度シミュレーション
 内部はそうとう暗いです。付加手摺に照明内蔵を提案しています。
 

・煙の上昇を防止する階段床開口の閉鎖板戸の活用
 史実には階段に板戸があったようですが、「史実に忠実」な板戸で煙が防げるのでしょうか。
 手動?電動? 材質は木?それとも不燃材? 
 
公共建築物を建てる際の絶対条件である安全性の確保すら、どのように検討しているか非公開にしています。
安全性を確保するには入場者数の制限が必要ですが、そうすると年間366万人、1時間2500人来場して入場料で返済するという資金計画が崩れます。
2018年7月文化庁復元検討委員会への基本計画が提出できず、2022年12月竣工が絶望的になった現在、資金計画から全面的に見直す必要があるのではないでしょうか。

------
今後の予定

・8/19(日)13時半〜 名古屋城の歴史についての勉強会(名古屋市東図書館)
 特にこの1、2年の特殊な問題を中心に勉強します。
 時間:18/8/19(日)13:30〜
 場所:名古屋市立東図書館2階集会室
  地下鉄ナゴヤドーム前矢田下車 1番出口すぐ
  https://www.library.city.nagoya.jp/guide/m_higashi.html
 講師:森晃(名古屋城天守を「戦後復興市民のシンボル」に)
  https://www.facebook.com/1740949266229351/
 どなたでも参加できます。
 資料代:100円
 主催:名古屋城の歴史を勉強する会
  https://www.facebook.com/events/1418936404905818/


18/8/1(水)名古屋市 名古屋城に関する報道発表資料をホームページに載せず

18/8/1、名古屋市民オンブズマンメンバーが名古屋市にある市政情報センターを訪れ、報道発表資料の綴りを見ていたところ、平成30年7月30日付けで「名古屋城天守閣整備事業について(情報提供)」という書類が市政記者クラブに情報提供されていた事が判明しました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180730-1.pdf
[#IMAGE|d0011701_23063303.jpg|201808/01/01/|mid|357|490#]親切な名古屋市情報公開担当職員が「ご承知かと思いますが、市政記者クラブへ情報提供されている資料は、ホームページに掲載されていますよ」と教えてくれましたが、その場で市ホームページを確認しても、上記情報提供については掲載されていませんでした。
・名古屋市 報道発表資料(平成30年度分)
 http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/345-11-0-0-0-0-0-0-0-0.html
・名古屋市 新着情報
 http://www.city.nagoya.jp/main/news/curr.html
 
名古屋市が記者クラブに提供したすべての報道発表資料は、原則としてホームページで公開することになっています。
・平成23年3月11日 市長室広報課長
 報道発表資料の名古屋市ホームページへの公開基準について
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/data/110311.pdf
[#IMAGE|d0011701_23072058.jpg|201808/01/01/|mid|328|490#]
上記広報課長の事務連絡があるにもかかわらず、どうしてホームページに載っていないのかと聞いたところ、早速名古屋城総合事務所に問合せ、事務連絡に基づきホームページで公開するよう伝えてくれました。

※18/8/2追記 18/8/2に名古屋市のホームページを確認したところ、18/8/1にアップしたとありました。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000108039.html

--------
18/7/30河村市長定例記者会見において、名古屋城総合事務所が文化庁に基本計画書案を持参した日時を「市内部の調整が出来ていないため」公開しない、という姿勢をとっていました。
記者から「それはおかしい」と追及され、その後に今回の情報提供でようやく7月20日に持参したことを認めました。
・動画
 https://youtu.be/Iip-FYW1-ts?t=14m
・名古屋市民オンブズマン書き起こしメモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180730.pdf

名古屋市は、以前から、自分に都合が悪い情報は、ホームページに掲載しない傾向があります。
そうしないための広報課長事務連絡であるにもかかわらず、きちんとした対応がとられていません。
早急な対応を望みます。

------ 
・2016年 01月 21日 市民オンブズマン 事務局日誌
 名古屋市 記者提供資料はweb公開も、補足資料はweb掲載せず?
 https://ombuds.exblog.jp/22797046/
 

18/7/30(月)河村市長 名古屋城木造天守閣の件で再度文化庁訪問も、基本計画渡せず

18/7/30に河村たかし名古屋市長は定例会見で、7月中に文化庁に提出を予定していた名古屋城天守閣木造復元基本計画を7月中には断念したと発表しました。
・動画
 
https://youtu.be/Iip-FYW1-ts?t=14m
・名古屋市民オンブズマン書き起こしメモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180730.pdf

名古屋市は文化庁の復元検討委員会が7月中に開催される見込みのため、それに復元基本計画を提出する予定でした。
しかし、18/7/26に河村市長が文化庁を訪問した際、文化庁は「石垣部会の理解を得て欲しい」と言い、持参した復元基本計画を渡せませんでした。

河村市長は「文化庁は『できる限りのサポートをする』と言った」と繰り返しましたが、記者から「サポートというのは10月の文化審議会に了承を得られるようにサポートするというとおっしゃいましたか」と聞かれ、「そんなことはいってないけれど」と認めました。

しかし河村市長は、2018年10月の文化審議会にかけるようめざし、2022年12月の天守閣完成予定は変えないといまだに強気の姿勢を崩していません。

また、名古屋城総合事務所の村木さんは、「7/13石垣部会、7/19天守閣部会を経て、その指摘を踏まえて修正したものを文化庁に持参は致しましたが、文化庁で地元有識者との認識の一致を見ていないとの指摘を受けて、7月の提出は見送った」としたものの、「天守閣部会終了後、河村市長訪問時ではないが、市の内部で調整仕切れていないため、訪問日はまだ明らかに出来ない」と異例の対応をしました。

--------
河村市長や名古屋城総合事務所職員は、youtubeで会見の様子が全世界に発信されているという意識がないのでしょうか。
大変恥ずかしい会見です。特に文化庁の関係者がこの会見を見たら、「そんなこと言ってない」と大激怒するのではないでしょうか。

・石垣部会では、天守台石垣と木造復元の関係を議論もしていない
・文化庁からは、石垣部会の理解を得て欲しいと言われているが、石垣部会からは理解は得られていない
・木造復元をするには、2018年7月に復元基本計画を復元検討委員会に提出して了承を得る必要があるが、復元基本計画は7月に渡せなかった
・木造復元をするには、2018年10月の文化審議会で了承・現状変更許可を得る必要があるが、その前提の復元検討委員会での了承が得られていない
・文化庁の現状変更許可が得られなければ、石垣をとり外すことも、現在の名古屋城を解体することも、まして木造復元をすることもできない。
・2022年12月に完成させるには、2018年10月に現状変更許可を得られないと工程上極めて厳しい。
   
客観的に考えれば、2022年12月の完成は不可能になったと考えるのが正しいでしょう。
名古屋城総合事務所の村木さんが「市の内部で調整し切れていない」というのは、「スケジュールを大幅に変更することが必要となったため、今後どうすべきか調整しきれていない」という意味だと推測します。
竹中工務店とは2022年12月までに505億円で完成させるという基本協定を結んでいます。
スケジュールを大幅に変えることは、基本協定上は可能ですが、金額の変更をどうするのか、議会の付帯決議に反することをどうするのかなど課題が山積みです。

障害者団体はエレベーターをつけろと主張し続けていますし、新技術のめども立っていません。
スケジュールを遅らせることで金額が大幅に増えると、当初の入場料だけで返済するという計画に狂いが生じます。
また、「新技術」の開発費も505億円に入っていません。
さらに「新技術」が仮に導入された場合、入場者が「新技術」のために制限されることになったら、さらに入場料収入が減ることになります。

今後どのように決着をつけるのか。市長はどのように責任をとるのか。泥沼の法廷闘争に突入するのか。
市民不在の議論が続きます。その間、名古屋城天守閣には入ることは出来ません。


18/7/26(木)河村市長 名古屋城木造天守閣の件で再度文化庁訪問も、基本計画渡せず

各種報道によれば、18/7/26に河村たかし名古屋市長は名古屋城木造天守閣の件で再度文化庁を訪問したが、基本計画書を文化庁に渡さなかったとのこと。
文化庁からは再度「石垣部会」の理解を得て欲しいと言われたとのこと。

名古屋市は2018年7月中に基本計画書を文化庁に提出しようとしていました。
・現ケーソン地下のボーリングが行われていないため、ボーリング調査を石垣部会が認めるか
・木造天守閣復元のため、天守台石垣、穴蔵石垣を外すことを認めるか
・はね出し架構やマットスラブ新設のため、遺跡の掘削を認めるか
・橋台下にPC梁設置を認めるか
・内堀底石垣の保護対策は十分か
・落石防止ネットの地盤アンカーを認めるか
など、石垣をめぐる論点は多岐に及びますが、いずれも全く議論されていません。

石垣部会は、現在の名古屋城天守台石垣の状態が極めて悪いため、早急に調査した上でどのような対策をとるべきか議論すべきだとしています。
上記議論は、木造天守閣を作るには必要ですが、優先順位からすれば「本質的価値」のある石垣の調査・修復が先であると石垣部会はしています。

名古屋市の計画では2018年7月中に基本計画書を文化庁に提出しようとしていましたが、絶望的です。
18/7/27読売新聞によれば、西野輝一名古屋城総合事務所所長は「現時点ではなんとも言えない。しかるべき時に報告する」と月内提出を明言しなかったとのこと。
こうなることは経緯を調べればずいぶん前からわかっていたのですが、それでも名古屋市は文化庁に基本計画書を提出するのでしょうか。

なお、名古屋市は文化庁の復元検討委員会に過去2回書類を持って行っていますが、いずれも名古屋城木造天守閣復元は議題にもあがらず、意見が合計で7つ示されただけです。
仮に名古屋市が文化庁に基本計画書を提出したとしても、石垣部会の理解を得られていない以上、再度意見を示されるだけです。
そのときになってはじめて、名古屋市は2022年12月には完成しないと認めるのでしょうか。
もしくは、2018年10月文化審議会を断念し、2019年5月の文化審議会を目指すとし、2022年12月の完成に固執するのでしょうか。
延ばせば延ばすほど、木材の保管費用(年1億円)はかかっていきます。


18/7/25(水)名古屋市「名古屋城跡保存活用計画に対する市民意見まとめは手引に従い1か月でwebから消えた」

名古屋市は、18/1/16-2/15まで、名古屋市パブリックコメント制度要綱に基づき「特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)」に対するパブリックコメント(パブコメ)を募集しました。
その後、18/5/11に、市民意見の内容及び市の考え方を市のホームページに掲載しました。

2018年5月11日 名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所保存整備室保存整備係
特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)に対する市民意見の内容及び市の考え方
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000105362.html

しかし、いつの間にか上記ページが読めなくなっていました。


また、名古屋市がweb上でまとめてある「パブリックコメント」ページに一切記述がなくなっていました。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/63-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html

名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所に確認したところ、18/7/25に返事がありました。
「パブコメについて、市の内部で『手引』を作っており、概ね1か月市民意見の内容及び市の考え方をホームページに記載するようにとある。
それに基づき、掲載期限を決めるのは所管部署。
名古屋城総合事務所としては、手引に示されている期限で決定した。
具体的には18/5/11に掲載し、1か月としたので、6月中旬には消えた。
「意見募集を終了した計画等についての市民のご意見及び市の考え方」には平成16年以前に公表した計画も載っているが、それらの掲載期限を決めるのは所管部局。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/63-5-0-0-0-0-0-0-0-0.html
パブリックコメント手続実施状況一覧表は年度ごとに掲載してあり、今回年度をまたがって行ったため、平成30年度パブリックコメント手続実施状況一覧表に来年度に載る予定。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/63-6-0-0-0-0-0-0-0-0.html
そもそも手引に『web掲載期間は概ね1か月』と決めていることの妥当性については、所管している総務局法制課法規係に直接問い合わせて欲しい。
なお、パブリックコメントを受けて作成した完成版は載っている
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000105368.html 」。

そもそも、平成29年度に市が行った他の20のパブコメすべて、市民の意見がいまだにホームページに載っています。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/63-5-0-0-0-0-0-0-0-0.html

なぜ名古屋城の件だけ載せないのか全く理解できません。

たまたま当該パブコメをダウンロードしていたので、名古屋市民オンブズマンのページでアップします。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/pabukome180511.pdf

まさかとは思いますが、天守閣木造復元に肯定的な意見9件、否定的意見140件だったから、他部局と異なりすぐに消した訳ではないと思いたいです。


多くの市民の意見を募集し、それを元に市の考えを示してよりよい案を作成するパブリックコメント制度。
すぐに市民の意見を消すのは本末転倒です。


18/7/24(火)障害者団体「名古屋城木造天守 エレベーター無しで7つの基準をクリアし今よりよくなるか?」

18/7/24に名古屋市は「特別史跡名古屋城跡バリアフリー説明会」を開催しました。
・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180724.pdf

河村市長の挨拶の後、最初に開催の趣旨を市が述べましたが、「現在開発されている技術を知ってもらいたい」としただけでした。
報道によれば、市は当初、新技術の検討を進める協議会としての開催を目指していたが、エレベーター設置を求める団体側の同意を得られず説明会の形をとったとのこと。
特に有識者が参加するわけでもなく、市と業者、障害者団体が参加しました。
傍聴者も一部発言しましたが、「時間が無いので、アンケートに記載をすればホームページ等で回答を公表する」と述べました。

名古屋市は、各企業や有識者から提案があった新技術を説明し、その後4社が実際に現在の技術を説明しました。
・二足昇降ロボット
・駕籠
・アシストスーツ、人工筋肉
・階段昇降機

ただ、各企業は正式に契約があれば開発する、というのであり、現時点では既存の技術の紹介にとどまりました。
名古屋市からは、開発資金の負担割合について話はありませんでした。

一方、「愛知県重度障害者の生活をよくする会」「NPOちゅうぶ」は書面を提出し、以下の7つの基準を示しました。
1 誰もが乗れる
2 誰もが簡単に使える
3 一般の人(健常者)の移動と同じような時間で移動できる
4 たくさんの利用が連続してできる
5 一般の人の移動と対立しない
6 天守閣の最上階まで上がれる
7 怖い思いをしないで乗れる


障害者からは「震度7が起こったらどうなるのか」「バランスよく椅子に座れる人は少ないがどういった人を想定しているのか」「10年前の技術が現在どうなったのか。あと4年でどこまで進むのか」「一度にたくさんの人が同時連続は出来るのか」と質問が出ました。
企業は「地震が起きたら今のままでは完全に転ぶ。補助ワイヤーをつけるなど必要。」「あくまでもお年寄りで階段を上るのがしんどい人を想定している。体幹がない人は想定していない」「正式に発注依頼があれば進む。技術の紹介しかできない。未来はなかなかいえない」「上記7つの基準の内、一度にたくさんの人が同時連続は難しい。他は解決できそう」としました。

--------
傍聴者は、あまりの現実性のなさにあきれていました。

名古屋城現天守閣には、車椅子の人だけでなく、ベビーカーを押した人、お年寄り、松葉杖の人も多く来場しており、その人達向けの技術になっているのか大変疑問です。
エレベーターは上記7項目をクリアしており、エレベーター以外の技術で何とかする、というのは非常に困難だと思います。

特に、「100年後は国宝にする」と河村市長は述べており、周囲の木を傷つけることは出来ませんし、あまり重い加重をかけることもできません。
発火原因となることも絶対出来ません。(電動車椅子は、乗っている人を含めて約200キロです)
しかも、階段は中央に避難コア・非常階段をつけない方針にしたとのことで、最大55.7度の急勾配の2つの階段のみ来城者が使うことになります。
そんな中、何らかの「新技術」で階段を上り下りすると、一般の人の移動が妨げられてしまうのではないかと思いますし、来場者数見込みもさらに減らす必要があります。

名古屋市は今後も説明会を続けるとのことですが、実のある会になるとは思えません。

朝日新聞によれば、障害者からは「69歳の河村市長自身が急な階段を最後まで上りきれるのか」と質問があり、河村市長は終了後、「僕はあきらめます」と答えたとのこと。

こんないい加減な市長が思いつきで言ってきた名古屋城木造化ですが、実態が見えてくるにつれて問題が噴出しています。
8億4000万円かけて作った基本設計、15億6384万円の契約を結んだ実施設計、94億5540万円の木材製材契約は今後どうなるのでしょうか。
505億円の他にさらに「新技術」開発費用をかけるのでしょうか。「新技術」で階段が使えなくなり、入場者減少に伴って入場料も減少し、赤字を垂れ流す施設になるのでしょうか。
2022年12月までの木造化は、石垣調査が遅れているため無理です。
傷の浅い内に引き返すのがよいと思いますが、どこまでいけば引き返すのでしょうか。


18/7/22(日)愛知県障害者施策審議会 名古屋城天守閣にエレベーター設置再考を求める意見書提出方針 

18/7/22毎日新聞によれば、18/7/19に開催された愛知県障害者施策審議会で名古屋城天守閣木造復元でエレベーターを設置しない名古屋市の方針に対して再考を求める意見書提出方針を決めたとのこと。
・平成30年度第1回愛知県障害者施策審議会
 
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/shogai/2354658787989876755.html

名古屋市は、「史実に忠実」としながらも、スプリンクラーをつけ、3階から4階への新たな階段をつけようとしています。
しかも、「本質的価値」を持つ石垣・遺構を取り外し・掘削してはね出し架構やマットスラブを新設しようとしています。

河村市長がどうしてエレベーター不設置にこだわるのか不明です。あらためて、どのような天守閣がよいのか、耐震補強・長寿命化を含めて考え直すべきではないでしょうか。


18/7/19(木)市は新たな階段提案も、天守閣部会は名古屋城基本計画を石垣部分を除き了承 

18/7/19に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第12回)が開催されました。
名古屋市は、文化庁復元検討委員会資料(追加項目)を提出しましたが、天守閣部会としては「石垣部分を除き了承」としました。

18/7/19 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第12回)
・配付資料
  
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180719.pdf
・資料3 文化庁復元検討委員会資料(追加項目)について (訂正前)
  http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180719-1.pdf  
・上記資料3の一部訂正部分 G42,G44
  http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180719-2.pdf
☆地震の解析等4ページ、「防災・避難計画の考え方」は傍聴者・マスコミに配付されず

・名古屋市民オンブズマンによるメモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180719-3.pdf
 
河村市長は、はじめに挨拶だけして退席しました。

まず、名古屋市は、文化庁から指摘された7項目について、名古屋市としての回答案を説明しました。
三浦正幸・広島大学名誉教授は「大阪城は登録有形文化財になっている。文化庁としては、暗に現名古屋城天守を登録有形文化財にしてはと言っているのではないか。地震に耐えられず、耐震補強には莫大な金がかかるが寿命が延びるわけではない。木造の方が太陽年園がはるかに延びる。歴史がよく分かるという根本的な話しが文化庁に伝わっていないのではないか。」と述べました。

次に、名古屋市は天守台石垣の保全と安全対策を述べました。
名古屋市は「木造天守閣を復元する際、はねだし工法をとる。基本方針として、石垣を解体しないようにしたいが、おそらく解体が必要となってくる。その場合、戦後に積み替えした範囲で押さえたい」としました。
西形達明・関西大学名誉教授は「天守閣部会としてはしょうがないが、石垣部会にも了承を得てもらいたい」としました。

西野所長は「北面石垣のはらみだしが気になっており、詳細調査を始めた。石垣部会の先生方にも相談しながら早急に対応を行う。天守の復元をしてから速やかに石垣修復を行う」と述べ、座長の瀬口哲夫・名古屋市立大学名誉教授は「工程を書き直すということですね」と確認しましたが、西野所長は「工程は変わらない」としました。
瀬口座長は「いずれにしても書き直すでしょう?応急的なものであれ、石垣保全対策をとりながら木造天守復元を行う、というのは入っていない」と述べました。
西野所長は「盛り込みたい」としました。

その後、竹中工務店は復元整備の詳細と利活用について説明しました。
はね出し架構とマットスラブを新設するため、石垣の取り外し、掘削等が必要となる範囲、遺構の掘削が必要となる可能性がある範囲があることが示されました。
三浦名誉教授は「石垣の改変となってしまう。これでは石垣部会が賛同しない。」とし、名古屋市は検討すると述べました。
瀬口座長は「石垣との関係は難しい。天守閣部会としてはこれくらいか」とし、石垣部分については石垣部会に任せることにしました。

なお、地震の解析部分資料については、報道関係者と傍聴者には配付されませんでした。

次に、防災計画について議論されましたが、この部分の資料も報道関係者と傍聴者には配付されませんでした。
竹中工務店としては、日本建築士センターと数回打ち合わせをした結果、1日20000人、1時間2500人滞在する人を安全に避難させるには、3階から4階まで史実にない南階段を作ることが必要と考えたと述べました。
また、階段の最上部に、煙が上部に行かないよう閉める扉をつけること、階段部分を遮煙区画とすることなどを説明しました。
竹中工務店は「名古屋市消防局とも打合せをしているが、日本建築士センターの評価書はまだ時間がかかる」と述べました。
川地正数・川地建築設計室主宰は「データを見ると午後2時半-4時に1.6倍くらい来る。ピークを2500人とするのなら、1日20000人は厳しい。在館者人口は3000人を超えるのではないか。
20000人を何が何でも確保するなら、大阪城のように9時〜19時まで延長しては」と述べました。

また、川地主宰は「歩行困難者は2%を占める。2500人いると50人が各階にいる。北側階段を囲う安全区画をとるのは絶対必要ではないか」と述べました。

最後に、瀬口座長は「天守閣部会プロパーの問題については、大きな問題は無かった。石垣と天守復元については、石垣部会と名古屋城総合事務所の間で検討して欲しい」と述べました。

----------
そもそも、竹中工務店は当初の案では中央部分にガラス張りの避難コア・避難階段を作ることを提案していました。
しかし、天守閣部会が「史実に忠実でない」と言ったらしく(議事録で確認出来ない)、案から外れました。
最大55.7度の急勾配の階段を避難に使うというのは、全く理解できません。
・人をそれほど入れないようにする→入場料だけで借金を返す計画が破綻
・史実にない階段をつける→「史実に忠実でない」と市民・寄付者から文句
・人を大勢入れる→緊急時に避難できない
いずれにせよ、全てをうまく満たすものはできそうにありません。


名古屋市は、当初の市民に説明してきた計画とは大分異なっていることをあらためて市民に説明すべきです。

------
また、石垣についてですが、「名古屋城の本質的価値」がある石垣・遺構を取り外し・掘削をして、新たにはね出し架構やマットスラブを新設するのは本末転倒ではないでしょうか。
18/7/13石垣部会で、千田教授は「資料G19 基礎構造ABC案があるが、石垣の中に巨大なマットスラブ(コンクリート耐圧盤)が中に入る提案である。これはだれがどうみても史実に不忠実な石垣復元だ。Bについては、遺跡が残っていても壊すと読める。名古屋市として文化庁に申請するのかもしれないが、石垣部会として了承していないし、議論もしていない」と述べました。

文化庁からは「石垣保全については石垣部会と十分話し合うこと」と言われています。にもかかわらず、名古屋市は文化庁復元検討委員会に資料を提出するとのこと。

課題が山積であり、文化庁復元検討委員会に「議題」として取り上げられる可能性は極めて低いです。
名古屋市は、2022年12月完成目標を撤回した上で、善後策を竹中工務店や市議会と協議する段階ではないでしょうか。

天守台石垣については、詳細調査でより危機的状況であることが判明しています。このまま放置しておけば、大雨や地震により、石垣が崩れてしまう危険性があります。「名古屋城の本質的な価値」の石垣をみすみす放置し、出来るかどうか全くわからない木造化に邁進しようとしつつも、「史実に忠実」に熱心なあまりさらに完成へのハードルをあげているのが河村市政です。

---------
今後の予定です。

・18/7/23(月)14:00- 名古屋市建築審査会(名古屋城関連議題なし)
 http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/jutakutoshi/0000107184.html
・18/7/24(火)13:00- 特別史跡名古屋城跡バリアフリー説明会(名古屋市役所本庁舎5階 正庁 )
 http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/300724/index.html
・18/7/30(月)18:00- 名古屋城木造天守にエレベーター設置を実現する実行委員会
 

18/7/17(火)名古屋城本丸御殿工事 基礎が江戸時代の地層に達したおそれ

名古屋城本丸御殿の障害者スロープの工事をする際、基礎が江戸時代の地層に達したおそれがあると石垣部会構成員が指摘したと、一部報道がありました。
河村市長は18/7/17記者会見で以下のように述べましたが、詳細はよく分かりません。
特に配付資料もありませんでした。
仮に文化庁へ提出した現状変更許可申請書と、実際の工事が食い違った場合大問題です。
「文化財を破壊した」として、文化庁の名古屋市に対する信頼が地に落ちます。
今後の名古屋城天守閣復元事業にも影響が出るのではないでしょうか。

------
18/7/17 河村市長定例記者会見(名古屋市民オンブズマンまとめ)
http://www.city.nagoya.jp/mayor/page/0000106808.html

記者:一部報道 本丸御殿の工事 問題があったのではないか

河村市長:報道内容 活字は読んだ
 当局によれば、文化庁の許可は取ってやっている
 どういうふうに内容をやっていたか再度調査中である
 真実をきちっと明らかにして、申し上げることを申し上げないといけない
 
記者:調査中で、まとまり次第発表するということか
 
河村市長:はい
 小天守と本丸御殿の間にあるスロープ 80センチくらい違ってくる
 
記者:許可は取ったのか

担当者:そういう可能性はないと思うが、確認中

河村市長:許可は取っているが、実際はどうなっているかきちっと検証している
 許可とらんとできない
 
-------
2018年07月14日 09時40分 NHK
本丸御殿復元 工法に問題か
http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20180714/3501941.html

2018年07月14日 21:10 東海テレビ
名古屋城本丸御殿の復元工事で“江戸時代から残る遺構”
傷つけた恐れ 専門家が視察で指摘
http://tokai-tv.com/tokainews/article.php?i=58245&date=20180714

2018/7/17 16:40 日本経済新聞
本丸御殿の遺構の土、保護不適切か 名古屋市が調査へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33055920X10C18A7CN8000/


18/7/15(日)サマーセミナー「現名古屋城天守の価値」に延べ48名参加

「名古屋城天守を『戦後復興市民のシンボル』に」は18/7/15に愛知サマーセミナーで学習会「コンクリート天守と『名古屋城址』の価値」を開き、2コマで延べ47名が参加しました。

・高橋和生氏 パワーポイント資料
 
https://www.facebook.com/kazuo.takahashi.545/media_set?set=a.1350311368438312.1073741935.100003783851253&type=3
・西浦芳郎氏 配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180715.pdf
・内容メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180715-1.pdf

講座が始まる前に、下記動画を見ました。
・「戦後復興のシンボル 名古屋城天守の価値」
 https://www.youtube.com/watch?v=SYYp0k9zEu8
・コンクリート天守閣を守ろう
 https://www.youtube.com/watch?v=0tB-peth9kY

一級建築士の高橋氏は、都市計画から見た名古屋市の歴史を説明しました。
高橋氏は「河村市長がいう『面白い』だけで現天守を壊してよいのか。名古屋GDP12兆円のうち、観光収入は300億円。どのような名古屋市があるべき姿か考えよう」としました。

続いて、西浦芳郎氏は「2018年1月に名古屋市が行ったパブコメでは、意見196件中肯定的9件、否定140件であったのに、名古屋市は全く無視してきた。
この間感じたことは、お城の問題と言うよりは、市民の問題。名古屋市の民主主義の問題ではないか」と述べました。

中学生・高校生も参加し、市民の高い関心度合いがわかりました。

・名古屋城天守を「戦後復興市民のシンボル」に
 https://www.facebook.com/1740949266229351/

18/7/13(金)「石垣部会として、名古屋城復元天守の基礎構造は了承していないし、議論していない」

18/7/13に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第28回)が開催されました。
石垣部会は、本日示された「天守台石垣の保全と安全対策」資料について、「これまで指摘してことと180度違う」と反発しました。
また、「木造復元に伴う天守台石垣の保全と対策」資料については、時間が無く名古屋市側が説明できませんでしたし、
「石垣部会として、名古屋城復元天守の基礎構造は了承していないし、議論していない」と述べました。
・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180713.pdf
・配付資料「天守台石垣の保全と安全対策」
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180713-1.pdf

・石垣部会内容メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180713-2.pdf
・終了後の記者会見メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180713-3.pdf 

名古屋市は、今日の石垣部会を踏まえて、7月中に文化庁復元検討委員会に木造名古屋城天守閣復元に関する資料を提出する予定でした。
それには、復元工事に際し、石垣をどう保全するかなどを示す必要がありました。
市議も含め14名が傍聴していましたが、小天守台周りの石垣の話しをしている最中に、スマホでゲームをしている市議もいました。

まず、河村たかし名古屋市長が「市民との約束について全力を尽くしたい。人員と予算をつけてやりたい」と挨拶をし、すぐに退場しました。

その後、10年以上続いている本丸搦手馬出周辺石垣修復工事について議論しました。
座長の北垣聰一郎・石川県金沢城調査研究所名誉所長は「10年以上経過している修復工事は全国でもない。時間がかかりすぎだ。以前いただいた縦横断図があれば、どうしてここを修復しないといけないかわかる。全員が再確認する必要がある」としました。
 
次に、小天守台周り石垣の発掘調査について議論しました。
昨年度、本丸御殿復元工事のため発掘できなかった部分を調査するとのこと。

最後に、天守台石垣の保全と安全対策について議論しました。
名古屋市は、「天守台石垣の保全と安全対策」と「木造復元に伴う天守台石垣の保全と対策」の2つの資料を示し、一方的に説明しようとしました。
北垣座長は「12時までに終了となっている。こちらからも質問したい」とし、「木造復元に伴う天守台石垣の保全と対策」についての市の説明を途中で終わらせました。

まず、「天守台石垣の保全と安全対策」について議論すると言うことで、石垣部会の委員には、採用資料が配付されました。
北垣座長は「これまで石垣部会として、天守台石垣がどのように危険な状態なのか調査してきた。北面はらみ、根石欠落、堀の外岸不安定性など。しかし、現在天守台石垣の北面しか調査が出来ていない。石垣カルテづくりをして、はじめて修復が出来る。へこみやS字型が図面で明らかとなった。
また、現在足場を組み、間近で特徴を見ることができたが、石垣は極めて深刻な状態だった」としました。

赤羽一郎・愛知淑徳大学非常勤講師は「この資料を文化庁に持って行くのか」と聞いたところ、名古屋城担当者は、この資料を7月に持って行く予定といいました。
赤羽構成員は「足場を組み間近に見たところ、モルタルが奥にとどまったり、空洞があったり、栗石が落ちていたりかなり恐ろしい状態になっていた。しかし資料には盛り込まれていない。「やや不安定」という記述に驚きと危機感を持つ。これをこのまま文化庁に提出してよいのか」と問いました。

西野輝一・名古屋城所長は「文化庁にどう提出するかは、石垣部会のご審議を踏まえて提出したい」と答えました。

千田嘉博・奈良大学教授は「報告書の結論である『安定している』とは正反対だ、というのが石垣部会の主張。調査が足りない。危険な状態にある。
安定生保全調査を早急に行って保全措置を執るのが最優先だ。一般論として文化庁に確認したが、『何らかの復元建物を先に作り、石垣修復を後回しにすることは史跡の整備として適切ではない』とのこと。文化庁に持って行く資料が出来たとするのはいかがなものか。『根石が安定している』結論は妥当ではない」としました。

西野所長は「天守台だけでなく石垣全体を保全したい」としました。

最後に、千田教授は「資料G19 基礎構造ABC案があるが、石垣の中に巨大なマットスラブ(コンクリート耐圧盤)が中に入る提案である。これはだれがどうみても史実に不忠実な石垣復元だ。Bについては、遺跡が残っていても壊すと読める。名古屋市として文化庁に申請するのかもしれないが、石垣部会として了承していないし、議論もしていない」と述べました。
[#IMAGE|d0011701_23385877.jpg|201807/13/01/|mid|1420|1594#]

(参考 見延山久遠寺五重塔復元工事 マットスラブ)
 http://www.kuonji.jp/kuonji/50-10/pdf/03.pdf

終了後石垣部会は記者会見を行いました。
市の許可を得て、引き続き傍聴しました。

記者は、「名古屋市が7月に文化庁に書類を提出できない場合、来年5月に提出する予定だが、調査にどの程度のスパンを考えているか」と質問したところ、北垣座長は「一層価値あるものにするには時間がかかる。国と相談して決めること」としました。
千田教授は「本丸搦手馬出石垣の解体だけで10年かかっている。天守台石垣はより大規模。」と述べました。

赤羽構成員は「石垣部会と、今回の資料では、データ、評価、認識に開きがある」としました。
千田教授は「どうして石垣部会の審議結果が反映されず、私たちの評価と180度違っているのかと個人的に思っている。報告書と有識者の考えが全く違うのはまれだ」としました。
[#IMAGE|d0011701_23422226.jpg|201807/13/01/|mid|2879|611#]その後に名古屋市が会見を行いました。
名古屋市は相変わらず「本日の審議を踏まえて、文化庁に7月に資料を出す予定。天守閣復元と平行して石垣修復をしていく。
石垣部会の指摘について、どう記述するかは今後検討する」としました。

記者から「文化庁に理解いただけると思うか」と聞かれましたが、西野所長は「我々が言えることではない。しっかりと説明してきたい」としました。

記者から「市長は7月中に石垣部会をもう一度開けないかと言っていたが」と問われ、西野所長は「そういう想定はない」としました。

-----
石垣部会の意見すら180度ねじ曲げて報告書を作成し、しかも特別史跡である石垣を破壊する可能性がある名古屋城木造天守復元計画。
どうしてこのような異例なことを行うのか全く理解が出来ません。

名古屋市は、今後天守閣部会を経て文化庁復元検討委員会に資料を提出するようですが、文化庁から言われた「石垣部会とよく話し合って」という前提条件すらクリアできていません。

今後どうなるか全く読めませんが、木材保管費用だけはずっとかかっていくと予測できます。
今後も注目していきたいです。

-------
今後の予定です。

・18/7/15(日)13時10分?16時10分 講座「コンクリート天守と『名古屋城址』の価値」
 https://www.facebook.com/events/667509150270479/
 椙山高校中学 西館 5F 514教室
 講師 西浦芳郎・高橋和生(名古屋城天守を「戦後復興市民のシンボル」に)
・18/7/19(木)10時-13時 天守閣部会 名古屋国際センター
 http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/kankobunkakoryu/0000107344.html
・18/7/23(月)14:00- 名古屋市建築審査会(名古屋城関連議題なし)
 http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/jutakutoshi/0000107184.html
・18/7/24(火)第1回エレベーター(EV)に代わる手段を検討する協議会
・18/7/30(月)名古屋城木造天守にエレベーター設置を実現する実行委員会



18/7/12(木)名古屋市 文化庁に提出した名古屋城木造化関連資料 タイトル以外全て不開示

名古屋市民オンブズマンが名古屋市に対して以下情報公開請求しましたが、「率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがある」としてタイトルの一部以外不開示になりました。

・決定書
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180712.pdf

・17/12/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」に関して文化庁に提出した資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180712-1.pdf
・17/12/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」での議論を受けて「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」に関して文化庁に提出した資料
・18/3/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」に関して文化庁に提出した資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180712-34.pdf


また、以下は既に不存在決定が出ています。
・18/3/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」での議論を受けて「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」に関して文化庁に提出した資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180612-3.pdf

これでは、現在名古屋市が名古屋城木造復元に関して何を考えているのか、どのような方針で行くのかもまったくわかりません。
市民不在で手続だけ進めていく木造名古屋城が「名古屋市民のシンボル」になることはありえません。

------
なお、以下は開示されました。

・17/12/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」での議論の内容がわかるもの(平成30年2月5日 文化庁記念物課)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180712-2.pdf
・18/3/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」での議論の内容がわかるもの(平成30年5月16日 文化庁記念物課)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180712-5.pdf

------
今回、全面黒塗りの資料が70枚あり、1枚10円の費用を払おうとしたところ、「全面黒塗りの資料についてはお金を受け取ることは出来ない」として、一部でも開示されたもののみお金を支払い、他は無料で提供を受けました。


18/7/9(月)文化庁 名古屋市が提出した名古屋城木造化関連資料 全面不開示決定

名古屋市民オンブズマンが文化庁に対して以下情報公開請求しましたが、「率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがある」として不開示になりました。
・17/12/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」に名古屋市が提出した資料
・17/12/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」での議論を受けて名古屋市が「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」に提出した資料
・18/3/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」に名古屋市が提出した資料
・18/3/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」での議論を受けて名古屋市が「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」に提出した資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180629.pdf
これでは、名古屋市がどのような計画を立てているのか、また、文化庁の指摘を受けてどのように回答をしたのかわかりません。

平成30年3月6日閣議決定 「文化芸術推進基本計画― 文化芸術の「多様な価値」を活かして,未来をつくる ―( 第1期 )」にも反しているのではないでしょうか。
・目標3 心豊かで多様性のある社会
 あらゆる人々が文化芸術を通して社会に参画し相互理解が広がり,多様な価値観が尊重され,心豊かな社会が形成されている。
 http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/hoshin/pdf/r1389480_01.pdf

-------
ただ、以下は開示されました。

・平成29年12月26日開催 復元検討委員会での指摘事項
(17/12/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」での議論の内容がわかるもの(名古屋市関係分))
・史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会における報告事項(特別史跡名古屋城跡 天守)に対する主な意見 (18/3/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」での議論の内容がわかるもの(名古屋市関係分))
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180709.pdf

開示された全文を掲載いたします。
---
平成30年2月5日 文化庁記念物課
平成29年12月26日開催 復元検討委員会での指摘事項

特別史跡名古屋城跡の天守についての調査状況を委員会に報告した。以下の指摘があった。

@戦後都市文化の象徴であるRC(SRC)造天守を解体するにはなお議論を尽くす必要がある。
史資料の豊富さということのみで、名古屋城跡天守を木造とする考えが正当化できるかどうか検討を要する。
A戦前における城郭建築についての研究と耐火構造の必要性というような中で、RC(SRC)造天守が建設されたわけであるが、前者についての追跡が不十分ではないか。
B建築基準法の変遷についての調査がさらに必要
 34年改正が国宝保存法に指定されており、戦災によって焼失したものの再建を適用除外としていると解釈できるか否か、検討が必要。
C石垣の調査を行い、その成果に基づいて具体的にどのように石垣を保全していくのかを検討しなければならない。方針のみでは議論とならない。

--------
史跡等における歴史的建造物の復元の取り扱いに関する専門委員会における報告事項(特別史跡名古屋城跡天守)対する主な意見

・SRC造による外観復元・博物館機能の背景について
 近現代建築の外観復元においては、内部を木造に見せることができないこともあって、城戸は内部に博物館を作ろうと考えたのではないか。
・SRC造技術の発達について
 SRC造技術の発達については、その経緯・歴史をもっと示し、評価すべきではないか?
・天守台石垣にかかる課題への対策について
 天守解体及び木造天守建築時における、天守台石垣に対する影響を考える必要がある。石垣の調査が継続中であるため、報告がなされていない。石垣の構造解析は難しいし、時間がかかると思う。

------
これら7つの文化庁の指摘に対し、名古屋市は満足に回答できていないといいます。

18/7/13石垣部会では、上記について議論するようですが、これまで石垣部会では木造天守閣復元については一度も議論をしたことがなく、議論が1回で終了するとはとても思えません。
石垣部会の議論を注目したいです。

以下今後の予定です。
・18/7/13(金)10時-12時 石垣部会 名古屋能楽堂会議室 
 http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/kankobunkakoryu/0000106944.html
・18/7/15(日)13時10分?16時10分 講座「コンクリート天守と『名古屋城址』の価値」
 https://www.facebook.com/events/667509150270479/
 椙山高校中学 西館 5F 514教室
 講師 西浦芳郎・高橋和生(名古屋城天守を「戦後復興市民のシンボル」に)
・18/7/19(木)10時-13時 天守閣部会 名古屋国際センター
 http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/kankobunkakoryu/0000107344.html
・18/7/23(月)14:00- 名古屋市建築審査会(名古屋城関連議題なし)
 http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/jutakutoshi/0000107184.html

18/7/4(水)94.5億円名古屋城木造化木材製材契約 市議会本会議で賛成討論なく可決 共産と自民2名が反対

18/7/4名古屋市議会本会議で、名古屋城天守閣木造化木材製材費94.5億円契約について、
自民(2名を除く)・民主・公明・減税の賛成で可決されました。
・名古屋市民オンブズマン 自動文字起こしアプリによる文字起こし
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180704.pdf
・議案
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180619.pdf
・契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180612-2.pdf

経済水道委員長は、委員会で以下要望が出たと述べるのみ。
一つ、木材の調達に当たっては、文化庁から与えられた課題を確実に解決し、現状変更許可の見通しを立てた上で計画的に行うこと。
一つ、総事業費の上限を505億円とすることは、市民や議会との約束であり、実現に向けて最大限の努力をすること
一つ、名古屋城天守閣木造復元事業について市民の理解を得ながら、市民とともに事業を進めて進めることができるよう、説明会やシンポジウム等、様々な場面において丁寧に説明していくこと
一つ、文化庁からの現状変更許可の取得に向けて鋭意努力し、総事業費の上限505億円並びに2022年12月の完成期日を遵守すること。
一つ、文化庁の現状変更許可の取得に際し、石垣部会、天守各部会ならびに復元検討委員会、加えて文化審議会に対して万全の準備を期して臨むこと。

その後質疑はなく、討論は共産党による反対討論はありましたが、賛成討論はありませんでした。

裁決時、ネット中継では誰が賛成したかわかりませんでしたが、共産党以外に
自民の2名が反対したと、田口かずと市議(共産)がtwitterで述べていました。
https://twitter.com/TaguchiKazuto/status/1014379077166194688
 名古屋城天守閣の木造復元のための木材調達などを契約する議案に、共産党以外に自民党の議員2人が反対しました。文化庁が現天守閣の解体・木造化を許可する見通しがない中、木材調達を先行させる強引なやり方は、市民にさらなる負担をもたらす恐れがあります。
現時点では文化庁から現状変更許可を得る見通しは全く立っていませんが、市議会はチェック機関としての働きを自ら放棄しました。
「当局がんばれ」だけでは全く進みません。名古屋城関係職員は疲弊しています。
2018年7月中に行われる石垣部会・天守閣部会・文化庁復元検討委員会・名古屋市建築審査会で、議会の拙速な議決の当否が明らかになるでしょう。

18/7/3(火)名古屋城木造化木材製材費94.5億円契約 市議会経水委で自民・民主・公明・減税の賛成で可決

18/7/3名古屋市議会経済水道委員会が開催され、名古屋城天守閣木造化木材製材費94.5億円契約について、自民・民主・公明・減税の賛成で可決されました。
・名古屋市民オンブズマン 自動文字起こしアプリによる文字起こし
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180703.pdf
・議案
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180619.pdf
・契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180612-2.pdf
 
各会派は以下要望を述べました。
自民:一つ、木材の調達に当たっては、文化庁から与えられた課題を確実に解決し、現状変更許可の見通しを立てた上で計画的に行うこと。
 一つ、総事業費の上限を505億円とすることは、市民や議会との約束であり、実現に向けて最大限の努力をすること。

民主:一つ、名古屋城天守閣木造化復元事業について市民の理解を得ながら、市民とともに事業を進めることができるよう、説明会やシンポジウム等様々な場面において丁寧に説明をしていくこと。
 一つ、文化庁からの現状変更許可の取得に向けて鋭意努力し、総事業費の上限505億円並びに2022年12月の完成期日を厳守すること。

公明:賛成(要望なし)

減税:文化庁の現状変更許可の取得に際して石垣部会、天守各部会ならびに復元検討委員会、加えて文化審議会に対して万全の準備を期して臨むこと。

共産党は反対しました。

共産:名古屋城天守閣木造化は文化庁の現状変更許可の見通しもなく、有識者から求められた石垣の背面調査等もいまだに行われていない。エレベーター設置を求める市民の理解も得られておらず、木材契約を行う段階には至っていない。
 そもそも2022年の12月の木造化スケジュールありきの木材調達契約であり、市民不在の計画そのものが問題であること。
-------
これまであれだけ議会が厳しく追及してきても、なぜか最後には要望を述べて賛成する、というのはこれまで繰り返してきたことですが、ここまで無理難題を行政に負わせる意味が全くわかりません。

せめて18/7/13の石垣部会の議論を待てなかったのか、大変疑問です。

-------
早速、石垣部会の千田嘉博・奈良大学教授はtwitterで以下述べました。
https://twitter.com/yoshi_nara/status/1013979524197781504
https://twitter.com/yoshi_nara/status/1013980929595883520
https://twitter.com/yoshi_nara/status/1013982593186852864
名古屋城の石垣部会は、木造天守の再建に賛成あるいは反対ということではなく、まずは国特別史跡としての本質的価値をもつ石垣をしっかり調べて、発掘して、現状を把握して、評価して、適切な保全の措置をとることが必要と、一貫して名古屋市に提言しています。文化庁も同じ見解です。
名古屋城の石垣調査の現状を整理すると、大天守石垣の石垣カルテ=未完成、大天守石垣の根石発掘調査=調査途中で埋め戻して未達、大天守穴蔵石垣の発掘=未着手、小天守石垣の石垣カルテ=未完成、小天守石垣の根石発掘調査=未着手、小天守穴蔵石垣の発掘=未着手。
この調査の状況で、名古屋城の大・小天守台石垣の現状把握が適切に行われていると考えて、石垣の現状を評価して安全性と保全のための適切な措置を確定できると判断してよいかが、問題です。みなさんはどうお考えになるでしょうか?
-------
今回の名古屋城天守閣木造化のための木材製材契約議決が、名古屋市の財政に深く禍根を残すことを憂慮いたします。
いざ2022年12月完成が間に合わなくなり、竹中工務店から追加費用の請求が名古屋市に来て「2022年12月厳守、505億円厳守と市議会は要望した」では通用しないのです。


18/7/2(月)名古屋市「石垣部会には、名古屋城木造化について今から説明する予定」認める

18/7/2名古屋市議会経済水道委員会が開かれました。

・18/7/2 名古屋市議会経済水道委員会配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180702.pdf
・18/7/2 名古屋市民オンブズマン 自動文字起こしアプリによる文字起こし
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180702-1.pdf
 
手塚将之市議(減税)が、石垣部会から指摘されている事項は具体的にはなにか聞かれ、市は以下3点と答えました。
1)現在行っている調査 もう少し詳細に
2)石垣と木造復元の建物の関係の整理 今後課題
3)石垣整備スケジュールと木造スケジュールの問題 

これらを18/7/13石垣部会で全て提示し、すべて了承を得ようと市は考えているようです。
そもそも、石垣部会は「文化庁記念物課による特別史跡の現状変更許可の方針が固まっていない調査・整備事業については、今後も当部会での審議対象とはしない」としています。
1)について、天守台周りの詳細調査を行うのに手一杯です。
穴蔵石垣調査について、18/6/1には議題にも上りませんでした。仮に18/7/13に議題に上るとしても、すぐに認めるかどうかはわかりません。

しかも2)や3)については、全く初耳のことばかりであり、特別史跡である石垣をまず優先的に調査・修復すべきと石垣部会が即日認めるとは到底思えません。

-------
にもかかわらず、名古屋市は「今木材94億円の議決をしないと、2022年12月完成に間に合わなくなる。2018年10月に文化審議会で認められず、2019年5月も認められないと相当厳しい」と述べるのみ。

どうして議決をせめて石垣部会が終わった後、18/7/13以降では間に合わなくなるのか全くわかりません。

----
また、中川貴元市議(自民)は、「現天守閣に所蔵している収蔵品を、西の丸に現在建設中の建物以外にも、金シャチ横丁の隣だけでなく、東海農政局の土地は何とかならないのか。パンフレットには点線で囲んである」と質問しました。
市は「過去に国と市で協議した際、名城東公園を交換するという話があった。
現在リニア関連で利用しているので、あと15-20年ほどかかると認識している」と発言がありました。
これも、現時点でどこまで国と協議が進んでいるかわかりません。

-------------
こんな状態で、18/7/3に94億円の木材議決を行うのでしょうか。
このままでは将来に将来に禍根を残します。

----------
・7/3(火)10:30- 経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(2局一括)]
 ネット中継あり http://www.city.nagoya.jp/shikai/
・7/4(水)13:00- 名古屋市議会本会議で木材契約採決予定
 ネット中継あり http://www.city.nagoya.jp/shikai/
・7/13(金)石垣部会(時間・場所未定)
・天守閣部会(時間・場所未定)
・7/23(月)14:00- 名古屋市建築審査会
 http://www.city.nagoya.jp/jigyou/category/39-6-3-7-0-0-0-0-0-0.html

18/7/2(月)大村知事「木造名古屋城エレベーター不設置方針に、全国の障害者が主張されるのはよくよくのこと」

18/7/2に愛知県知事が記者会見を行い、名古屋城エレベーターについて記者から問われ、「全国の障害者の皆さんが名古屋に集まって主張されるのはよくよくのことだと思う。私は障害者の基本的人権にかかわるものだというふうに認識をしているので、名古屋市は真摯に受け止めて話し合うテーブルについてほしい。言ってきたことをいろいろはぐらかすとかそういうことじゃなくて、真正面から真摯に受けとめて、そしてしっかりとこたえていただきたい。」と述べました。
(後日、知事公式ページに記者会見の様子の動画と文字起こしが掲載されます)
 
http://www.pref.aichi.jp/koho/kaiken/

・名古屋市民オンブズマンによる自動文字起こしアプリによる文字起こし
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180702ohmura.pdf

また、知事は「連合愛知が障害者団体を支援するというのは、働く仲間の中に障害者がいるのでどう一緒に仕事をするかは大きな課題であり、自然の流れだ」としました。
その上で、「県として出来ることは考えている。行政体が障害者団体と角突き合うのは異常な事態。話し合って正常化し、バリアフリー社会を目指そうと強く申し上げる」と述べました。


18/6/30(土)「名古屋城木造天守にエレベーター設置を実現する実行委員会」に連合愛知が賛同

18/6/30に「名古屋城木造天守にエレベーター設置を実現する実行委員会」が開催され、約100名の人が参加しました。
・実行委員会
 
https://www.facebook.com/nagoya.jitsugensurukai/
・当日配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180630.pdf

はじめに、会の設立趣旨説明を、実行委員会共同代表の近藤佑次さんが行いました。
「名古屋城の木造復元について、エレベーターがつかない方針だ。
 障害者権利条約で、様々な人が決定権を保障しようという流れは当然ある。
 河村市長は新技術を、といっているが、エレベーターはベビーカーでも足腰の弱い障害者でもボタン一つ押せば係員に何か頼むことなく気軽に安心安全移動が出来るので、街に当たり前にある。505億円かけてエレベーターが設置されないことに抗議していく。障害者が歴史を学ぶ、楽しむことは今より困難になる。
 名古屋市だけの問題ではない」

次に、近畿大学工学部名誉教授の三星昭宏さんから応援メッセージをいただきました。
「バリアフリーの研究と教育に携わってきた。
 昨日名古屋城に行ったら、本丸御殿は素晴らしくびっくりしたが、150億円の金額をかけたという。名古屋の情報は全国に発信されなく知らなかった。
 市民的議論が入っているか重要。
 これまで、「そよ風のように外に出よう」という合い言葉で、障害者が障害の有無に関わらず等しく外出できるようにしてきた。
 2000年以降、障害者の権利条約が締結され、政策も変わってきた。
 全ての人が暮らしやすいユニバーサルな社会を先頭に立って牽引してきたのは愛知の障害者の皆さん。
 最大の理由はセントレア。計画の段階からユニバーサルデザインで設計し大きな成功を挙げた。
 羽田空港は3年前セントレアを研究し尽くしたがセントレアを超えられなかった。
 このたび名古屋を象徴する名古屋城再建が話題になり、流れを大きく発展させたバリアフリー化、ユニバーサルデザイン化を全国から期待されている。
 ところで、ロボットの背中に担いで上がることや、階段昇降機などは技術的にはできあがっているが、普及しなかった。理由は障害者の心的肉体的負担だ。
 東京の地下鉄には階段昇降機があれほど普及したが、エレベーターがないにも関わらず使われていないのは怖いから。歴史を学んでいない。
 名古屋で提案している人は、階段昇降機やロボットを直接使ったことがない人ではないか。
 事業者は現場決定に学ばなければいけない。
 18/6/20に改正バリアフリー法が成立した。2020年東京オリパラを交通行政社会を大きく前進させた。
 最初から多数の障害者に直接参加する仕組みができた。
 名古屋城も当事者による評価を半年間前倒ししてすべき。
 歴史的建造物をバリアフリーで再建する取り組みは出ている。大阪城は先駆けで、金沢城の五十間長屋は歴史的建造物復元とバリアフリーを上手に組み合わせた。
 http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/facility/
 姫路城も細かいところでバリアフリー化がなされている。
 当事者が参加参画して、全ての人が学べるように作っていただきたい」
 
次に、共同代表の斎藤縣三さんが、これまでの経過を説明しました。
「名古屋城のバリアフリー化についていろいろ要望を出していたが、今年4月になってようやく市長が答えた。
 市長の頭の中だけで好きなように作り上げた。
 4月24日バリアフリー検討会議が開かれたが、どのような形で参加するかも情報がこちらになかった。
 一緒に検討しようという気がない。 
 5月になって、エレベーターをつけないと障害者団体に行ってきた。
 4月検討会議からエレベーター排除方針はわかっていた。
 5月21日に市役所前抗議行動を行った。
 6月19日に全国の皆さんに集まって市役所を取り囲み、その後48時間ハンガーストライキを行った。
 その後、司会もこちらがして、1問1問で迫った。
 市長は話し合いの最後では「挑戦する」と変わった。彼自身の中でも本当に出来るとはほとんど思っていない。
 エレベータは邪魔だと凝り固まっている。
 竹中工務店に勤めている人に話しを聞いたが、竹中としては上までエレベーターをつけたいという案を示したが、市から拒否されたとのこと。
 また、本当に昔のままのお城を再建しても観光施設としては面白くない。
 本丸御殿のようなきらびやかな飾り付けはない。
 マスコミは、障害者が要望するバリアフリーか歴史的建造物かという論点にしているが、それは間違い。
 防災防火などいろんな物をつけない限りは木造復元は出来ない。
 また、バリアフリーは障害者だけの問題ではない。高齢者、ベビーカーなども。
 ぜひ全国に知らせたい」

その後、各団体から応援メッセージが述べられました。
名古屋市民オンブズマンの内田隆は、以下述べました。
「名古屋城木造化は建設費505億。利子100億。維持管理費も含めると50年間で1000億円もの巨大プロジェクト。これを1円の税金も使わずに作るというのが河村市長の意見。そんな物が本当に出来るのか、これまで情報公開請求で調査してきた。
 去年8億4000万円かけて作った基本設計。どんな物ができたか情報公開請求した。
 皆さん見えますか?真っ黒なんです。市民に全く公開されません。「竹中工務店の知的財産」だから非公開としています。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-1.pdf
 また、エレベーターをつけるつけないについて、市役所内でどんな議論がなされたか情報公開請求した。結果はこれ。何もないんですよ。不存在。黒塗りすらない。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180612-3.pdf
 これって、国政でも同じようなことを聞いたことが無いですか?
 ただ、49000円ほどかけて情報公開請求したら、一部わかったことがある。
 1年前、竹中工務店は天守閣中央部にガラス張りの避難コア・非常階段を提案していた。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-7.pdf
 ようやくおととい、市議会で「ガラス張りの避難コア・非常階段は史実に忠実でないためつけない方針」と発表した。
 しかし、火事になったとき逃げる場所として大変重要。健常者すら煙に巻かれて死んでしまう。
 今後も進められるかわからないのに、あさって7/3には94億円の木材契約をしよう、というのが現状だ。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180619.pdf
 ここまでずさんな公共事業は見たことがない。
 もっと情報公開させ、市民の議論を活発にして、本当にエレベーターが必要か、そもそも木造化出来るのか市民が判断できるようにしたい。
 一緒にがんばろう」
※名古屋市民オンブズマンは実行委員会に応援メッセージを依頼されたためスピーチしました。当実行委員会には参加していません。
 
その後も、愛知障害者(児)の生活と権利を守る連絡協議会・上田孝さんは
「これは名古屋城ではなく河村城としか思えない」という声も上がりました。大阪からも多数来場してメッセージが寄せられました。
その他、「収支計画では低位を見ないと行けない。エレベーターをつけない場合、高齢者、子連れなどがリピーターになるか。500億円を投じて黒字に出来るめどがあるか。観光資源として成り立つか徹底検証いただきたい」
「名古屋の中心に排他性の象徴を作ってよいのか」という声も上がりました。
大阪からは「ネットを見たところ、「障害者のわがまま」という声が多いらしいが、「新技術を主張する河村市長の人間性を疑う」という意見も多くなっている。
差別の問題、人権の問題であること。さらに先輩達が築き上げてきたものが壊される状況だ。」と述べました。

次に、賛同者紹介として、連合愛知副事務局長の梅田佳宏さんが紹介され、連合愛知として賛同するとしました。

今後の行動提起として、共同代表の近藤佑次さんは、今後竹中工務店との話し合いや、文化庁との話し合い、市議団への働きかけを行っていくとしました。

共同代表の斎藤縣三さんは、「新技術の協議会の参加については、新技術を押しつけるため、しかもそれでバリアフリーを考えているポーズを作るためならば参加しない。」とし、河村市長のいくつものウソを全国に発信するとしました。
市民署名も集める方針を示しました。
次回実行委員会は7/30を予定しているとのこと。

実行委員会事務局長の辻直哉さんからは、実行委員会への参加とカンパの呼びかけがなされました。

また、会場から、「大村知事から河村市長に、人に優しいまちづくり条例について電話をかけた」という情報も述べられました。

最後にシュプレヒコールがなされて終了しました。
-------
終了後、連合愛知副事務局長の梅田佳宏さんがマスコミ取材を受けました。
「実行委員会の方と先日面談・要請があり、連合愛知として実行委員会に賛同することを機関決定した。
 木造復元自体には賛成している。
 今後、市議会所属の議員などにどう働きかけるかなど考えたい」としました。
 
今後、7/4市議会での約94億円の木材契約採決にどのように影響があるか注目したいです。
-----
今後の予定です。

・7/2(月)10:00- 大村知事定例記者会見
 http://www.pref.aichi.jp/koho/kaiken/
・7/2(月)10:30- 河村市長定例記者会見
 http://www.city.nagoya.jp/mayor/category/316-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html
・7/2(月)10:30- 経済水道委員会 付議議案審査[総括質疑(観光文化交流局関係)]
 ネット中継あり http://www.city.nagoya.jp/shikai/
・7/3(火)10:30- 経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(2局一括)]
 ネット中継あり http://www.city.nagoya.jp/shikai/
・7/4(水)13:00- 名古屋市議会本会議で木材契約採決予定
 ネット中継あり http://www.city.nagoya.jp/shikai/
・7/13(金)石垣部会(時間・場所未定)


18/6/28(木)名古屋城木造化 中央にガラス張り避難コア・避難階段作らずと市

18/6/28に名古屋市議会経済水道委員会が開催されました。
・名古屋市民オンブズマンが自動文字起こしアプリを用いて文字おこししたメモ
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180628-2.pdf

名古屋城天守閣木造化について2022年12月完成を目指す名古屋市に対し、市議から多数疑問点が出されましたが、中でも江上博之市議(共産)が技術提案書で示された防災計画とか避難階段について現在どうなっているか質問したところ、名古屋市は「防災計画について、竹中工務店から技術提案の段階では中央にガラスによる避難コアを設けて、新たに避難階段を設置するという提案をいただいたが、天守閣部会で『史実に忠実ではないのではないか』という意見ををいただいたので、取りやめをしている」と答弁しました。

ガラス張りの避難階段ですが、17/5/10に開催された、特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第1回)の添付資料で提示されていました。(152ページ)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-7.pdf

しかし、傍聴していた人、マスコミにも配付されず、情報公開請求ではじめて明らかになったものです。

ところで、その後の天守閣部会議事録(竹中工務店作成)を全て読みましたが、 「ガラス張りの避難階段」について一言も言及されておりません。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-8.pdf

唯一考えられるのは、公開されている天守閣部会ではなく、非公開の「天守閣部会ワーキング」なるところで議論されていた可能性があります。議事録は全て非公開です。

仮に名古屋市建築審査会が建築基準法の適用除外の同意をしたとしても、「現行の建物と同等の安全性が確保できる」として第三者機関である日本建築センターの防災評定を取る必要があります。
・名古屋市 建築審査会
 http://www.city.nagoya.jp/jigyou/category/39-6-3-7-0-0-0-0-0-0.html
・日本建築センター
 https://www.bcj.or.jp/
 
果たしてガラス避難コア・避難階段なし、非常用エレベーターなしで、建築基準法で定められている二方向避難と同等の安全性が確保されるのか、仮に入城制限した場合、収支予測はどうなるのかなど、疑問が満載です。

---------
また、松井よしのり市議(自民)と市のやり取りで、文化庁との意見交換の日程とやり取りが判明しました。
現在文化庁から出された意見7つ(4つ+3つ)について、西野所長は「回答につきましても、それでいいというようにも言われているということも
ありません」と述べました。
・17/12/25 名古屋市は文化庁復元検討委員会に基本構想を提出
・17/12/26 文化庁復元検討委員会に基本構想が報告される
・18/2/5 文化庁から意見を4点いただいた
 1)戦後都市文化の象徴であるRC(SRC)造天守を解体するにはなお議論を尽くす必要がある
 2)戦前における城郭建築についての研究と耐火構造の必要性についての追跡が不十分
 3)建築基準法の変遷についての調査がさらに必要 戦災焼失したものの再建を適用
  除外としていると解釈できるか検討が必要
 4)石垣について
  基本計画に必要な石垣調査のとりまとめ
  穴蔵石垣の保全と観覧者の安全を考慮した基礎構造の検討
・18/3/26 文化庁復元検討委員会に基本構想が報告される
 名古屋市は文化庁復元検討委員会に石垣を除く3点の回答を提出した
・18/5/16文化庁から追加意見を3点いただいたが、名古屋市は正式な物と認識していなかった
 1)現天守は内部を木造に見せられなかったので博物館にしたのではないか
 2)SRC造の建築の発達の歴史
 3)石垣について(追加)
・18/6/5 名古屋市は上記追加3点が正式な意見だと認識した
・18/6/13 市長・特別秘書・西野所長が文化庁を訪問 以下指摘された
 1)石垣調査を着実に進めて結果を出して欲しい
 2)現天守閣解体時に史跡を傷めないように
 3)天守閣を作るときも史跡を傷めないように
 4)現天守閣の価値の評価の検証
 5)バリアフリーについて今後も障害者団体と意見交換を
 
中川貴元市議(自民)と市とのやり取りの中で、今後の市が想定するスケジュールも判明しました。
・18/7/4 名古屋市議会本会議で木材製材契約が議決
・18/7月-10月 竹中工務店が契約に基づき木材調達調査を行う
・18/7/13 石垣部会開催 
  基本計画に必要な石垣調査のとりまとめ
  穴蔵石垣の保全と観覧者の安全を考慮した基礎構造の検討
  新しい木造復元の建物と石垣との関係
  天守台石垣周辺部の追加調査
・18/7中 天守閣部会 基本計画書について諮る 
・18/7中 復元検討委員会に基本計画書を提出 了承予定
・18/9 市議会に仮設素屋根見学施設補正予算要求
・18/10中 文化審議会にかけ、了承
・18/11中 文化庁の現状変更許可
・18/11 市議会で現天守解体補正予算要求
     仮設素屋根見学施設議決    
・18/11月-19/1月 竹中工務店が契約に基づき木材を伐採
・19/2 市議会で現天守解体契約議決
・19/11 市議会で本体工事補正予算要求承認
・20/2 本会議で本体工事契約議決

西野所長は、「仮に2018年10月の文化審議会で認められない場合は、2019年5月の文化審議会を目指す。
その場合、あらためて竹中工務店と工程について見直すが、現時点では工事が遅れるのか、現序変更許可が遅れても工期を守れるのかは申し上げられない」としました。

中川市議は「2018年7月石垣部会、天守閣部会、復元検討委員会で認められるかわからないのにもかかわらず、どうしていま94億を出して木材を買う必要があるか」と質問しましたが、市は「木材の伐採が2018年11月から始まるので、今契約しないと1年遅れになる」と答弁しました。

-----
もし木材をめぐる市の答弁が本当であれば、2018年7月石垣部会、天守閣部会、復元検討委員会が終了した後、2018年8月に市議会で木材契約を採決しても2022年12月木造復元には十分間に合うのではないでしょうか。仮に2018年7月4日の市議会本会議で木材契約をし、その後現状変更許可が遅れるなどして工期が延びた場合、木材保管料だけで年1億、工賃を含めると年十億円単位の追加費用がかかる可能性があります。

上記スケジュールでは触れていませんでしたが、名古屋市建築審査会の「適用除外」同意、日本建築センターの防災評定、総務大臣による消防法の緩和、名古屋市消防長の同意も必要です。

石垣部会、天守閣部会の議論を経て、復元検討委員会に諮り、完成した基本計画に基づき収支計画を見直した上で、せめて2018年8月に木材契約採決を遅らせることを提案します。

--------
今後の予定です。

・18/6/30(土)13:30- 「名古屋城木造天守のエレベーター設置を実現する
 実行委員会設立集会」栄ガスビル キングルーム(5F)
 https://www.facebook.com/events/191203671596817/
・18/7/2(月)10:30- 河村市長定例記者会見
 http://www.city.nagoya.jp/mayor/category/316-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html
・7/2(月)10:30- 経済水道委員会 付議議案審査[総括質疑(観光文化交流局関係)]
 ネット中継あり http://www.city.nagoya.jp/shikai/
・7/3(火)10:30- 経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(2局一括)]
 ネット中継あり http://www.city.nagoya.jp/shikai/
・7/4(水)13:00- 名古屋市議会本会議で木材契約採決予定
 ネット中継あり http://www.city.nagoya.jp/shikai/
・7/13(金)石垣部会(時間・場所未定)
 
------
その他、議員から資料要求のありました資料の多くはすでに情報公開請求で入手済です。

・2018年1月説明会アンケート
  http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180620-2.pdf
  http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180620-3.pdf
  http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180620-4.pdf
  http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180620-5.pdf
 上記報告書(質疑部分のみ作成)
  http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180620-1.pdf

・三菱UFJリサーチ&コンサルティングに委託した、来城者予測(全文)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180627zenbun.pdf


18/6/28(木)愛知県議が県議会建設委員会で名古屋城エレベーター、消防について質問

18/6/28に開催された愛知県議会建設委員会で、福田喜夫県議(新政あいち)が名古屋城天守閣木造化に関するバリアフリーや消防、防災に関して質問しました。

福田県議は元尾三消防組合・豊明市・長久手市消防指令センター長で消防に関して大変詳しいです。
http://fukuta440.com/profile

愛知県は「人にやさしい街づくりの推進に関する条例」を持っており、愛知県内全ての建築物が対象となります。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jutakukeikaku/0000025385.html

車椅子の人も2名傍聴しており、大変関心が高かったです。

簡単にメモをまとめました。
------
福田県議:大規模木造建築物と建築基準法の規定は
建築指導課主幹:建築基準法は生命、健康、財産保護を図ることを目的とした、建築物の最低の基準。
 ただし、文化財などの原型を再現する建築物で、建築審査会の同意を得た上で、原型の再現がやむを得ないと特定行政庁が認定した物については建築基準法第3条第1項第4号の規定により適用除外になる。

福田県議:大規模木造建築物と「人にやさしい街づくりの推進に関する条例」の適用については
住宅計画課主幹:全国で3番目に制定された条例。不特定多数が利用する施設について、全ての県民が円滑に施設を利用できるように必要な整備を義務づけ。
 一方文化財等の整備基準を遵守することが困難な場合については、整備基準の適用を除外する規定が設けられている。

福田県議:建築基準法と「人にやさしい街づくりの推進に関する条例」の関係性、優先又は相互の適用は
住宅計画課主幹:それぞれ目的があり、規定が適用される。
 ただし「人にやさしい街づくりの推進に関する条例」は建築基準法を踏まえている。
 
福田県議:県に建築確認申請がされる建築物、民間の建築確認業務を行うもの、すべて建築予定の自治体の消防の審査を受けると承知しているが、どのような申請手続が行われるか
建築指導課主幹:建築確認の際、建築基準法第93条の規定により消防長等の同意がなければ確認証を交付することはできない。建築主事が建築基準関係規定に適合するか確認する。
 名古屋市内の建築物は特定行政庁である名古屋市が手続きする。
 
福田県議:人にやさしいまちづくりの推進に関する条例と、名古屋城木造化のエレベーター設置について県の考えを伺う。
 自治体が計画するのと、民間が計画するのでは条例適用が異なるのか。県の指導が異なるのか。
住宅計画課主幹:「人にやさしいまちづくり条例」ではエレベーター設置を義務づけているが、条例には適用除外が設けられており、名古屋市は適用除外する考えと聞いている。
 一方文化庁は障害者の理解を得ることを求めているため、名古屋市が対応検討していると聞いているので検討していただきたい。
 条例適用は、自治体、民間とも同じ整備基準の遵守を求めており、民間には着工前の整備計画届け出を義務づけている。
 自治体は当然整備基準を遵守ものなので、届け出を不要としている。
 県の指導は民間も自治体も指導できるが、名古屋市など条例事務を所管している自治体は、県で指導することはなく、自治体がそれぞれ条例適用について判断することとなっている。
 いずれにせよ、障がい者の基本期人権に関わる問題なので、重大な事案だと認識している。
 名古屋市は障害者関係社と十二分に意見交換して、よりよい解決策を見いだしていただきたい。

福田県議:石垣の問題。堀の一番低いところを耐圧すれば大型はしご車が進入できて火災等災害防止が図れると聞いている。
 一方建築基準法の地盤の位置は石垣の上から高さを測るため、31m未満となり、建築基準法で定める非常用エレベーター設置義務がなくなる。
 しかし、二方向避難と消防隊侵入活動に利用する非常用エレベーターがない状態となる。どのような規制があるか。
建築指導課主幹:石垣のように地盤面が30度以上の勾配で、その高低差が2 mを超える場合はがけに当たる。愛知県建築基準条例でがけ付近の建築物の規定が定められている。
 https://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/01kenchikukijun/02kenjoureietc/joreikaisetsu170209.pdf
 建築物ががけの上にある場合、崖の状況に影響されないよう、崖の下場から建築物までの水平距離を崖の高さの2倍以上離したり、また、基礎繰りを施行するなどの措置が必要。
 名古屋城は、名古屋市が特定行政庁なので、計画が愛知県建築基準条例を含む建築基準法令を適用していくかは、名古屋市の建築主事が判断する。

福田県議:まとめると、木造名古屋城は建築基準法など適用受けるため、現在の法規制を充足して建築される。しかし名古屋市は特定行政庁の権限があるため、耐震性、安全性などは名古屋市で審査する。
 「人にやさしいまちづくりの推進に関する条例」は当然充足することが前提だ。
 これで間違いはないか
住宅計画課主幹:はい

福田県議:県当局におかれては、名古屋市が「人にやさしいまちづくりの推進に関する条例」を遵守するよう調整をお願いしたいと強く要望する。
 
-----------
名古屋市では、名古屋城に関して市議会委員会で建築指導課、住宅計画課の担当者が答弁した記憶はありません。
庁内の各局で構成する「名古屋城木造復元天守バリアフリー対策検討会議」には建築審査会を所管する住宅都市局、消防法を所管する消防局は構成員に入っていません。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180111.pdf
しかも、議事録は「不存在」です。

「来城者の安全」を最優先にせず、安易に「適用除外」を行うのか。具体的にどのような方策をとるのか。
専門家である名古屋市職員の意見が聞きたいです。

----------
なお、愛知県議会の委員会を久しぶりに傍聴しましたが、名古屋市議会と比べて格段に遅れていました。
・ネット中継なし(名古屋市議会はあり)
・傍聴は開始30分前に締め切り、30分前集合必須。10人のみ。
・写真・録音不可
・傍聴する際、住所氏名を記入の上、その紙を議員に回覧させる
・傍聴者には資料「貸与」であり、終了後返却を求められる(傍聴時にどこにも記載なし)
・一般傍聴者はパソコン使用禁止(記者はOK)
https://www.pref.aichi.jp/gikai/oshirase/iinkai_boucho.html
しかも議事録公開は2か月後、全文文字起こしではなく要約です。
http://asp.db-search.com/aichi/dsweb.cgi/

必死になって手書きでメモをしたので、一部抜けているところがあるかもしれません。

ネット中継を行っていれば、現在はスマホで自動的に文字起こし出来るアプリがあるので即日文字起こしを行えます。
http://udtalk.jp/

委員会のネット中継が出来ないのは予算をかけないため、という理由があるのかもしれませんが、写真や録音を不可とする理由は全くわかりません。
「誤った情報が一人歩き云々」というのであれば、ネット中継をすればよいだけですし、それこそ文字起こしアプリを議会で導入しているところは数多くあります。

議員がせっかくよい質問をしても、すぐに内容が広く県民に知らされなければ宝の持ち腐れです。
一刻も早い改善を求めます。
-------
なお、県議会、市議会とも、議会の委員会室には議員10名ほどの他に、執行部と呼ばれる担当課職員が80名ほど座っています。
議員が質問した際、担当課職員が発言を行います。
本日の愛知県議会建設委員会では2時間行われましたが、議員が発言したのが6名ほど、担当課職員が発言したのが10名強ほどで、他の人はただ座っているように見えました。
委員長が発言する内容は、すべてシナリオが担当課職員の手元にあり、委員長はただ読み上げていました。
議員の質問も、要旨が配付されており、回答も記載されていたことが、傍聴席からよく見えました。
しかし、「関連」ということで議員が発言した際、予定していなかったのか担当課職員が答えられないことがあり、議員が立腹していました。
このようなやり取りをもっと県民に広く知らせてはどうかと思います。
委員会の質問の「関連」の多さでは、名古屋市議会の方が多く、活発に聞こえます。
ただ、愛知県議会は委員会で「一般質問」という形で、議案以外についても質問が出来、活発に質問されました。
ここは名古屋市議会と違うのではないかと思います。


18/6/27(水)名古屋城木造天守閣入場者予測報告書がようやく開示 18/6/11天守閣部会後の打合せ記録は不存在

名古屋市が三菱UFJリサーチアンドコンサルティング(株)名古屋に1998万円(税込み)をかけて委託した「名古屋城天守閣木造復元に向けた調査業務委託」結果報告書全文が18/6/27にようやく名古屋市民オンブズマンの情報公開請求で公開されました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180627zenbun.pdf

概要は名古屋城の公式ページに掲載されています。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/tenshukaku/03_fukugenjigyo/dwl/29chousakekka.pdf
本来は2018年3月30日が完成期限でしたが、成果物を受領した名古屋市が、明らかな間違いを発見したとして、成果物の訂正を求め、2018年6月13日に完成しました。

これによれば、2017年度〜2071年度の55年間の収支予測は基本で▲14.67億円。低位で▲64.65億円。高位でも45.46億円のプラスに過ぎません。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/tenshukaku/03_fukugenjigyo/dwl/29chousakekka.pdf 
しかもこれは木材保管費用や追加工費、「新技術」開発費が含まれていません。

予測については、様々な資料がありますので、ぜひ参考にして下さい。

関心を持ったのは、「名古屋城天守閣木造復元に関する専門家懇談会」で名古屋市、専門家とも率直な意見交換をしていたことです。一部を抜粋します。

-----
【第 1回:名古屋城天守閣木造復元に関する専門家懇談会】
(概要 )日時2017 年 12月 27 日(水)9時 30分〜 11時 30 分
場所三菱 UFJリサーチ&コンルティグ名古屋オフィス会議室
出席者<委員>三菱東京UFJ銀行 伊藤 政典 様
       株式会社電通 清谷 典生 様
       中部大学 服部 敦 様
       名鉄観光サービス株式会社 福井 佳代 様
       委員随行者様:2名
名古屋市:5名、MURC:宮下 主任、右近主任、岩田主任、加藤準研究員、志賀

委員 :決して高いハードルではなのだなという印象を持った
 →市:ブームが去るのではないかという点を懸念している。
 →MURC:首都圏は城があまりないため、城観光という感覚があまりないと考える。 リニアがその風穴を開けるかどうか、ポイントになる。

【第 2回: 名古屋城天守閣木造復元に関する専門家懇談会】
日時 201 8年 1月 31 日(水 )13 時 30分〜 15時 30 分
<委員>
場所三菱 UFJリサーチ&コンルティグ名古屋オフィス セミナールーム
出席者<委員>南山大学 石川 良文 様
       三菱東京UFJ銀行 伊藤 政典 様
       中部大学 服部 敦 様
       名鉄観光サービス株式会社 福井 佳代 様
       委員随行者様:1名
名古屋市:4名、MURC:佐々木、宮下、右近、岩田、内田、上田、志賀

MURC:(委員に対し)広告宣伝費の質問については何か意図したことがあったのか。
→委員:その額ですむのかというはある。入場者見込みを上げてくためには広告宣伝費に傾注する必要があと考える。それを民活によって入場者数をあげるというシナリオでは無理があるのではないか。
 公共サイドでやる場合であっても ある程度の広告宣伝費をかけていかないと、現在検討しているシナリオを下支えできるようにはならいのではないかか。これだけ大事業をやるということに対 して、現在考えている年間2000万円の広告宣伝費は桁が小さすぎるのではないか。 一般的に日本の行政は広告宣伝費を低く見積もる傾向がある。

委員:アンケート結果にある通り、公共交通アクセスが良くなると観光頻度は増加すると考えられるが、名古屋市してはこの点についてどのように考えているか。名古屋市中心部で考えている新しい交通システムを(入場者増加の)要素として考えているのか。
→市:短期的には メーグルの活用をしやすくすることを検討している。長期的にはBRTも考えている。前回指摘を受けたが、今の アンケート設問であると市内の交通アクセスなのか、リニア等のより広域の交通アクセスなのか交通判断ができない(市としては市内交通としての意図があった。)

委員 :イベントは浮き沈みが大きい。持続性はない。効果の大きなイベントほど大変手間がかかる。

委員 :入場者数が少なくなったときの人員管理、人件費、緊急対応などが求められるが、民間ではこうした管理をどうやって対応するかは難しい。運営会社でビジネスとしてやっていくのは簡単でない。 ロケーションを含めた検討が必要である。

------
名古屋市はこれまで「50年間366万人が続く」としていましたが、委員には「ブームが去ることを懸念している」と述べていました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180312.pdf

委員から、「広告宣伝費が年間2000万円では桁が小さすぎる」と指摘がありました。

名古屋市は「長期的にはBRTも考えている」としましたが、現在検討段階であり、いくらかかるのか、どこを走るのかも全く見えてきません。
http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/page/0000089453.html
仮にBRTを導入した場合、市試算だと建設費が約5億円/km、車両費が燃料電池バスで約1億円、連結バスで約8000万円です。
名古屋駅(新幹線口)から名古屋城正門前まで今の道路を走れば約3.3km。建設費は約15億円ほどかかる見込みですし、車両費も数億円単位でかかります。

メーグルは20-30分に1本運行で、しかも名古屋駅-名古屋城間は22分かかります。
https://www.nagoya-info.jp/routebus/

年間366万人のアクセスをどうするのか、まともに検討された資料を見たことはありません。
名古屋駅(新幹線口)のバス乗り場に余裕があるのか、リニアとのアクセスはどうなるのかなど、まったく不明です。

また、熊本地震後、熊本城来城者が減少しているにもかかわらず、将来予測される東海・東南海・南海地震の来城者への影響を全く考慮に入れていません。
18/6/18に発生した大阪地震では、特に海外からの観光客が生まれて初めて地震を体験して非常に恐怖を感じたといいます。
その後、かなりの数の宿泊客のキャンセルが出ていると報じられています。

18/6/26に政府の地震調査研究推進本部地震調査委員会は「全国地震動予測地図2018年版」を公表しました。
https://www.jishin.go.jp/evaluation/seismic_hazard_map/shm_report/shm_report_2018/それによれば、30年以内に震度6弱以上の確率は名古屋市 46%です。

それほどまでに地震確率が高いのであれば、まだ作ってもいない名古屋城天守閣木造化の来城者予測で地震の影響がない、と心配するより、震度6弱が実際起こったときにどのような被害が名古屋市民に出るのか、その対策を早急にとるほうが先だと考えるのは私だけでしょうか。

18/6/18河村市長定例記者会見では、大阪地震を受けて帰宅困難者対策はどうするのかマスコミに聞かれ「難航している。ちょっと考えさせて欲しい」というのみ。
「だからこそ一刻も早く名古屋城を木造化しないといけない」と独自の理論を述べました。
http://www.city.nagoya.jp/mayor/page/0000106008.html

------
なお、18/6/11に開催された特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第11回)で名古屋市は「18/6/1石垣部会では小天守周り石垣・搦手馬出について、午前中意見を頂けなかったが、午後意見を頂いた 」と述べましたが、情報公開請求したところ「請求のあった行政文書を作成又は取得しておらず不存在のため非公開」となりました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180627.pdf

------
名古屋市職員ですら、「ブームが去ることを懸念している」名古屋城天守閣木造化。
2022年12月完成は絶望的ですが、竹中工務店との基本協定を結んでいる以上、市からは解除や延期を言いにくい面があります。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf

現在6月議会に提案されている約94億円の木材製材契約を市議会が議決しなければ、基本協定の全面的見直しを余儀なくされます。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180619.pdf

名古屋市議会は以下の予定で審議されます。
6月28日(木)午前10時半- 経済水道委員会 付議議案審査[質疑(観光文化交流局関係)]
7月2日(月)午前10時半- 経済水道委員会 付議議案審査[総括質疑(観光文化交流局関係)]
7月3日(火)午前10時半- 経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(2局一括)]
http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/324-2-0-0-0-0-0-0-0-0.html

障害者団体らで作る「名古屋城木造天守のエレベーター設置を実現する実行委員会設立集会」は18/6/30(土)13:30〜15:00 栄ガスビル キングルーム(5F)で行われます。
https://www.facebook.com/events/191203671596817/

名古屋城の命運はあと1週間で決まります。


18/6/24(日)名古屋城天守閣木造化 矛盾が露呈 2022年12月完成は絶望的 市議会は95億円木材製材契約を否決できるか?

河村たかし名古屋市長が2022年12月完成をめざして強引に推し進める名古屋城天守閣木造化ですが、徐々に形が見えてくる中で矛盾が露呈してきました。

名古屋城木造天守閣5つの論点の行方
建設費用だけで505億円、利子100億円、維持費を含めると今後55年間で約940億円の名古屋城天守閣木造化プロジェクト。論点を簡単にまとめてみました。
@需要予測・収支計画は妥当か
A文化財である石垣保全は可能か
B各種法令を遵守できるか(バリアフリー、消防、地震対策)
Cそもそも現天守を壊して木造化する意義があるのか
D情報を公開し、市民の意見を聞いているか
 これら5点、いずれも解決できていません。しかし、名古屋市は竹中工務店と基本協定を結んで基本設計・実施設計契約を締結し、市民から寄付金まで集めるなど、既成事実を積み重ねています。

収支計画は2018年6月に公表 基本シナリオでは14億円赤字
名古屋市は、これまで名古屋城木造化した場合の入場者予測・収支計画を自分たちだけで作成してきました。市民や市議会などから何度も追及され、ようやく三菱UFJリサーチアンドコンサルティング(株)名古屋に1998万円(税込み)をかけて委託した「名古屋城天守閣木造復元に向けた調査業務委託」結果は、2018年6月13日に完成しました。これによれば、2017年度〜2071年度の55年間の収支予測は基本で▲14.67億円。低位で▲64.65億円。高位でも45.46億円のプラスに過ぎません。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/tenshukaku/03_fukugenjigyo/dwl/29chousakekka.pdf しかもこれは後述の木材保管費用や追加工費が含まれていません。


5月7日天守閣閉鎖も穴蔵石垣の調査開始のめどたたず
名古屋市は2018年5月7日に現天守閣を閉鎖しました。当初は現天守閣地下にある穴蔵石垣を取り外して調査する予定でしたが、調査に必要な現状変更許可は文化庁に申請もしておらず、いまだに調査のめどはたっていません。
名古屋市は「現天守閣の耐震性が低いため閉鎖した。早ければ5月上旬から穴蔵石垣を取り外した調査を開始するつもりだった。取り外さずにできる調査を現在行っている」と述べるのみ。

石垣調査学芸員が2018年3月に自己都合退職
2018年6月1日に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第27回)が開催されました。
はじめに、これまで名古屋城石垣調査に携わってきた学芸員が、2018年3月末に自己都合退職したことが明らかになりました。石垣部会の構成員からは、「新たに入ってきたのは新人ばかりで、戦力としてはおそらく大変な状態だろう」と発言しました。

石垣部会「穴蔵石垣調査どころではない」
今回の石垣部会には、天守閣木造復元の現状変更許可申請に必要不可欠な「穴蔵石垣調査」が議題に上がりませんでした。
堀の底や天守台石垣の対岸の石垣、天守台周りの石垣についての調査の途中経過が報告され、今後その追加調査も提案されました。
石垣部会構成員の宮武正登・佐賀大学教授は、「天守台周りなど石垣調査の視点は3つある。 @根石は宝暦改修 現在ダメージを受けているのか A堀 堀底が安定しているのか B堀の対岸 見学者が歩いている場所が安定しているのか
上記に関し、特に堀の対岸の石垣は不安定であることが判明した。将来的に今の形が担保されるか、追加調査が必要だ」と述べました。
記者から、現状変更許可申請のための穴蔵石垣調査と同時並行でできないかと問われた宮武教授は「それどころではない。外回りが危ないため優先順位がある。マンパワーが限られている」としました。

「穴蔵石垣調査」にケーソン下ボーリングを含むかが争点?
これらやり取りをきいていても、いまいち問題点がわかりません。「穴蔵調査」とは一体何をさすのか。天守閣地階部分である穴蔵石垣の調査だけでなく、現天守地下ケーソンのさらに下の地盤調査が、木造天守閣復元には必要不可欠です。しかし、名古屋市は2017年度竹中工務店との石垣調査委託の対象から、ケーソン下ボーリング調査を削除しています。 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180313.pdf 2018年3月28日に天守閣部会は全会一致でケーソン下のボーリング調査を要望しています。
しかし、ケーソン下は「特別史跡」なので、文化庁の現状変更許可が必要ですし、石垣部会の審議も必要です。石垣部会は「文化庁記念物課による特別史跡の現状変更許可の方針が固まっていない調査・整備事業については、今後も当部会での審議対象とはしない」としており、ケーソン下ボーリング調査について、石垣部会ならびに文化庁は果たして認めるのでしょうか。上記調整が石垣部会とつかなかった、と見るのが妥当だと考えます。
これまで、名古屋市は文化庁には「石垣保全のため」として天守台周辺石垣の調査の現状変更許可申請を行ってきました。
穴蔵石垣調査はいまだ調査場所も示されず、しかもケーソン地下ボーリングのめども立たないため、2022年12月天守閣木造復元完成は事実上不可能になったと考えます。

何のための「バリアフリー検討会議」?
2018年4月24日に、有識者で構成する「特別史跡名古屋城跡バリアフリー検討会議」が開催されました。今回も議論は録音・テレビ撮影不可でした。
建築・地盤工学関係、建築史関係、福祉関係、工学関係の学識者を招いていますが、「専門的見地から意見を聴取する」とするだけで、庁内会議である「名古屋城木造復元天守バリアフリー対策検討会議」との関係・位置づけもはっきりしません。
有識者16人のうち、「天守閣部会」の人は6人います。2017年11月16日に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 第6回天守閣部会が開催され、「エレベーターは設置しない。ただし、代替案で車いす使用者等の合理的配慮を目指す」とした市の方針に異論を出さなかったため、障害者団体が反発して「2018年5月までにエレベーター設置の有無の方針を決める」ということではなかったのでしょうか。
市長の挨拶のあと、有識者がそれぞれの立場で意見をいいました。それなりの意見は出ましたが、意見の対立は大きく、これでまとまるとはとても思えません。
この有識者会議の目的はよく分かりませんが、開催要綱第2条で「特別史跡名古屋城跡全体のバリアフリーに関すること」とあるので、木造天守閣のエレベーターについては5月に決着をつけ、その後は「木造天守閣以外のバリアフリー」について検討する可能性があることに気がつきました。
現在、名古屋城を訪れる人のほとんどが、名古屋城天守閣に登っています。5月以降に天守閣のバリアフリー以外のバリアフリーについて議論するのではなく、2018年5月と期限を切らず、十分に「当事者参加」「情報公開」を行い、十分この有識者会議で議論することを望みます。

権限を持つ大村県知事 エレベーター不設置方針に「再考を」
名古屋市がエレベーター不設置の方針を示していることについて、大村秀章愛知県知事は2018年5月14日の記者会見で「障害者の基本的人権に関わる」として再考を求めました。  
障害者団体「愛知障害フォーラム」は、2018年5月11日に市の方針は不当な差別に当たるとして、愛知県障害者差別解消推進条例に基づき知事に助言、あっせん又は指導を行うよう求めました。
大村知事は、「上記助言等は事業者に対して行うことができる」とした上で、「名古屋市も引き続き障害者関係の皆さまと十二分に意見交換していただいて、よりよい解決策を見いだしていただきたい」と述べました。
愛知県は「人にやさしい街づくりの推進に関する条例」の権限を持っています。http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jutakukeikaku/0000025385.html
2018年4月10日に所管の愛知県住宅局住宅計画課に問い合わせたところ、「名古屋城にも適用される」と明言しました。

河村市長「エレベーター無し」正式表明
河村たかし名古屋市長は2018年5月30日に「今後復元する名古屋城木造天守閣にエレベーターを設置しない」と正式に表明しました。その代わり、「新技術の開発などを通してバリアフリーに最善の努力をする」「現状1階フロアまでだが、様々な工夫により、可能な限り上層階まで昇ることができるよう目指し、現状よりも天守閣のすばらしさや眺望を楽しめることを保証する」という基本方針を公表しました。しかし「新技術の想定候補一覧」は12項目が並べられているだけです。
河村市長は「はしご車で『非常口』から避難は可能。そうであれば中に入ることも可能。」としていますが、障害者団体は「これでは見世物だ」と反発しています。


河村市長 文化庁にバリアフリー説明も「所管ではない」
河村市長は2018年6月14日に、名古屋城木造化のバリアフリーについて説明するため文化庁を訪れ非公開で意見交換したと、各マスコミが報道しました。2018年6月14日朝日新聞によれば、「河村氏はバリアフリー策を説明したが、文化庁側は『所管ではない』として特段の意見を述べなかった。」とあります。
建築物におけるバリアフリーの所管は国土交通省住宅局建築指導課であり、愛知県建設部建築局住宅計画課 ではないでしょうか。仮に名古屋市建築審査会が、建築審査会の「適用除外」の同意をしたとしても、建築物移動等円滑化基準を完全に無視してよいことにはなりません。
文化庁はバリアフリーについては「所管ではない」ため、文化庁と国土交通省住宅局建築指導課、愛知県建設部建築局住宅計画課、名古屋市を交えて協議する必要があると考えます。

障害者団体約500人がエレベーター設置を求めてデモ・ハンガーストライキも
「名古屋城木造天守のエレベーター設置を実現する実行委員会」は、2018年6月19日に名古屋城木造天守にエレベーターを求めて集会・デモを行い、その後名古屋市役所を取り囲んでアピールしました。
新築の建造物にエレベーターを設置しないのは、国連・障害者権利条約と障害者基本法・障害者差別解消法の理念に反しているとしています。
茨城・埼玉・東京・岐阜・大阪・兵庫・愛媛・沖縄などから、障害者団体が合計約500名が集まりました。
2018年6月18日に震度6弱の地震が起こった大阪から来た方は、「ほとんどのエレベーターが停止し、車椅子だと移動に困った。それほどエレベーターが日常的に使われている。にもかかわらず、名古屋城にはエレベーターをつけない方針という。名古屋城でエレベーターがつかなければ、他の施設でもエレベーターなしでよい、ということになりかねない」としました。その後、大雨の中市役所前で10名程度が48時間のハンガーストライキを行いました。
河村市長は障害者団体と何回か面談しましたが、議論は平行線に終わりました。
名古屋市は、6月中にバリアフリー対策の協議会を設ける予定ですが、障害者団体は「エレベーター無しが前提の協議会には参加しない」としています。

君は49,970円の 『のり弁』を見たか
2018年3月30日、名古屋市は基本設計等として竹中工務店から成果物約30000枚を受け取り、2018年4月27日に8億4693万6000円を支払い済みです。
名古屋市民オンブズマンは成果物のうち2813枚を49970円支払って情報公開請求で入手しましたが、中身は「競争上の利益が損なわれるおそれ」「文化庁との率直な意見交換や意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれ」「工事費積算は公正または適正な執行に支障を及ぼすおそれ」があるためほとんど非公開でした。https://ombuds.exblog.jp/26803947/
タイトルすら非公開のものもあり、これはなにかと担当者に聞いたところ、文化庁からの指摘事項への回答とのこと。
しかし、基本設計契約にはあった、文化庁文化審議会の許可がまだ得られていないこと、基本設計図書がないこと、文化庁・消防庁・国交省・名古屋市建築審査会・県(人にやさしい街づくりの推進に関する条例)に関する打ち合わせ記録がないことから、契約通りに行われていないのではないかという指摘もあります。


竹中提案「天守閣中央ガラス張り仮設避難コア・避難階段」いまだ議論せず
ただ、開示された資料の中に、去年竹中工務店が作成した提案があり、中央にガラス張りの避難階段があることがわかりました。
エレベーターはつけないのに、ガラス張りの避難階段はつけるのでしょうか?これが『史実に忠実な復元』なのでしょうか。避難階段をつけないと「建築基準法と同等の安全」にならない可能性があります。
また、スプリンクラーが多数付いていたり、耐震ダンパーや壁に耐震補強材が付いていたりなど、どこまでが「史実に忠実」と言えるのか、ほとんど議論が深まっていません。
 

6月天守閣部会に「構造計画、防災計画、現天守閣価値、石垣復元」議題に出せず
2018年6月11日に開催された天守閣部会では、以前6月に予定していた構造計画、防災計画等が議題として出せませんでした。
また、以前天守閣部会委員から要望があった、現時点での技術的な決定事項のマイルストーンの提出もできませんでした。
名古屋市は7月の天守閣部会に提出したいと説明するのみ。
おそらく、現天守閣地下のケーソン下ボーリングのめどがたっていないことが影響しているのではないでしょうか。
また、先述の仮設避難コア、避難階段をどうするか、災害など非常時の対策もまとまっていないのではないでしょうか。
穴蔵石垣調査もどこを調査するかすらまとまっておらず、7月に書類がまとまる見通しはたっていません。
 
文化庁「現天守を壊して木造化する意義はなにか?」
文化庁は「戦後都市文化の象徴であるRC(SRC)造天守を解体するにはなお議論を尽くす必要がある」と指摘していました。
座長の瀬口哲夫・名古屋市立大学名誉教授は「現天守閣の評価はどこで評価するのか」と尋ねましたが、「現在事務局で検討している。具体的に提出する時点で天守閣部会にご相談したい。7月に間に合わせたい。努力する」というのみ。

市民説明会 市・竹中「応答」部分は文字化せず アンケートへの意見作成せず  
名古屋市が2018年1月16日-1月28日に開催した、名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」に関し、質疑応答がありましたが、その議事録を情報公開請求したところ、市民からの質問は文字化されていましたが名古屋市や竹中工務店からの応答部分は「作成しておらず不存在」でした。
報告書のタイトルには「報告書(質疑応答)」とあるにもかかわらず、どうして応答部分が記載されていないのか名古屋市に問い合わせたところ、「業者には、質疑部分のみ文字化するよう指示した」とのこと。現在、契約書を情報公開請求しています。
名古屋市と竹中工務店が税金を用いて行った説明会・シンポジウムで、市・竹中工務店が責任を持って回答した部分に関し、文字記録になっていないのは大変おかしいです。
また、名古屋市は参加者に「時間がなかったため質問・意見できなかった方は、アンケートに記載してください。市の意見はホームページに掲載します」と言っておきながら、「アンケートへの名古屋市・竹中の意見は作成しておらず不存在」でした。

市議会がようやく 猛反撃を開始
2018年5月15日に名古屋市議会経済水道委員会が行われ、特別史跡名古屋城跡バリアフリー基本方針(案)、特別史跡名古屋城跡天守閣整備事業に係る基本方針(案)の進捗状況について議論がなされました。
エレベーターを付けないことで訴訟リスクがあるのか、「新技術」開発にいくらかけるのか。石垣調査は間に合うのか、障害者権利条約、障害者差別廃止法、バリアフリー法などに抵触するとお考えか、など。
議会も「いったん行った議決は重い」とは言ってきましたが、ようやく問題点に気づいてきたようです。

文化庁からの指摘は4項目 市議会には3項目しか示さず
2022年12月までの完成のめどは立っていないにもかかわらず、名古屋市は名古屋城天守閣木造復元のための木材製材費用94億5540万円の契約の承認を求めて2018年6月名古屋市議会に提案してきました。
2018年6月22日、名古屋市議会本会議で、近年まれに見る鋭い質疑がなされました。
浅井正仁議員(自民)は、2018年5月29日に文化庁に出向いて直接質問してきたと発言。文化庁からは4つ意見が出されたにもかかわらず、名古屋市は市議会には3つしか意見を示していなかったとしました。名古屋市が示さなかった1つは「石垣調査をしっかりやりなさい」というもの。随時議会に説明するという付帯決議を無視し、議会軽視も甚だしいとしました。

工期延期時 木材保管料は年1億円 追加公費負担は想定せず
また、浅井市議は「このままでは、名古屋市が予定している2018年7月文化庁復元検討委員会、2018年10月文化審議会にかけることができなく、2022年に間に合わないのではないか。木材調達契約を締結後に2022年に間に合わないことが発覚した場合、追加負担はいくらなのか」を質問しました。さらに、石垣調査が満足に出来なかった場合、スケジュールを見直すことになるのか質問しました。
渡辺観光文化交流局長は、追加負担については想定していないが、今回の木材調達契約見積もりによれば、延期時の木材保管料は年1億円と答弁しました。
また、「現状変更許可が予定通りに取得できなかった場合、スケジュールを見直すかどうかにつきましては、極力そうならないよう全力を尽くしてまいりますが、基本協定書に基づき、優先交渉権者と協議することとなるところでございます」と答弁しました。
また、広沢副市長は「スケジュールの見直しが必要となった場合、木材保管料の追加負担の他、建設コストの上昇が考えられる」としました。

追加工費負担は年十億円規模か?収支計画は破綻
追加工費がいくらになるかわかりませんが、河村市長が4ヶ月工事を凍結した陽子線治療センターは、追加費用として約3億8000万円+利息約7000万円を求められ、現在名古屋地裁で裁判となっています。
仮に陽子線治療センターと同額程度と仮定した場合、年間10億円規模となります。しかも現時点では名古屋城木造化の工事着工の見通しはたっておらず、どの程度延期されるかわかりません。
収支計画見通しが狂い、赤字は確実となります。

同じRC造熊本城 震災後長寿命化とバリアフリー化
2016年4月14日、16日に発生した熊本地震により、熊本城は約634億円の被害を出しました(国指定重要文化財13棟約72億円、天守閣と公園約137億円、石垣約425億円)。今後20年かけて復旧していくとのこと。
石垣は全973面中517面(約30%)の被害がありました。
2018年5月上旬に熊本城を見に行ってきましたが、石垣があちこちで崩れていました。地震が起きたのが入城時間外でけが人が出なかったのが不幸中の幸いです。
名古屋城と同じく鉄筋コンクリート製天守閣の熊本城ですが、どのように修復するかがホームページ上で全て掲載されています。 https://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=17236&e_id=21
特に長寿命化、バリアフリー、石垣保全対策についても掲載されています。https://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=17236&sub_id=1&flid=118792
2019年までに最上階まで上がれるエレベーターを設置するなど、バリアフリー化に努めるとのこと。

RC造熊本城・大阪城と名古屋城の違いは何か
同じくRC造の大阪城も1997年に耐震改修・バリアフリー化されており、計算上今後100年は持つとのこと。
熊本城も大阪城も、市民に愛されています。
名古屋城は「鉄筋コンクリート製だから偽物」という声が未だに根強いですが、多くの人の寄付を元に再建されておりますし、熊本城・大阪城との違いがいまだにわかりません。
文化庁も名古屋城の現天守閣を「戦後都市文化の象徴」としています。
果たして、木造名古屋城天守閣と、仮に耐震改修した場合のRC製名古屋城天守、どちらが地震に耐えられるのでしょうか。そのような資料は一度も見たことがありません。
車いすの人を「排除」し、避難コア・避難階段が付けられた「木造」名古屋城ができてから「こんなはずではなかった」としても遅いのです。

市議会は木材製材契約94億円を否決し、全面的計画見直しを
違約金なく合法的に計画にストップをかけられるのは、市議会が予算・契約を議決しないことだけです。
・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書 第6条 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
そうすれば、名古屋市は竹中工務店と「2022年12月までに完成させる基本協定」を見直すことが可能となります。
約94億円の木材製材費を市議会がいったん認めたら、名古屋市の財政に致命的な打撃を与えかねません。いったん木材製材費を否決した後、あらためて収支計画の問題、バリアフリーの問題、安全性の問題を市民に情報を公開した上で、木造復元が可能なのか、どのような天守閣にすべきかから議論しなおすべきです。
今後、名古屋市議会、愛知県議会で議論がなされます。ぜひ市民の声を議員に届けましょう。


18/6/22(金)木造名古屋城 工期延期時木材保管料は年1億円 追加工費負担は想定せずと名古屋市答弁

18/6/22、名古屋市議会本会議で、名古屋城天守閣木造復元のための木材製材費用94億5540万円について、近年まれに見る鋭い質疑がなされました。

・浅井正仁議員(自民)自動文字起こし結果
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180622-2.pdf
・うかい春美議員(民主)自動文字起こし結果
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180622-3.pdf
(江上博之議員(共産)については機械トラブルのため自動文字起こしがありません。後日掲載いたします。

浅井正仁議員(自民)は、18/5/29に文化庁に出向いて直接質問してきたと発言。
文化庁からは4つ意見が出されたにもかかわらず、名古屋市は市議会には3つしか意見を示していなかったとしました。
名古屋市が示さなかった1つは「石垣調査をしっかりやりなさい」というもの。
随時議会に説明するという付帯決議を無視し、議会軽視も甚だしいとしました。
このままでは、名古屋市が予定している2018年7月文化庁復元検討委員会、2018年10月文化審議会にかけることができなく、2022年に間に合わないのではないか。
木材調達契約を締結後に2022年に間に合わないことが発覚した場合、追加負担はいくらなのかを質問しました。
さらに、石垣調査が満足に出来なかった場合、スケジュールを見直すことになるのか質問しました。

渡辺観光文化交流局長は、追加負担については想定していないが、今回の木材調達契約見積もりによれば、延期時の木材保管料は年1億円と答弁しました。
また、「現状変更許可が予定通りに取得できなかった場合、スケジュールを見直すかどうかにつきましては、極力そうならないよう全力を尽くしてまいりますが、基本協定書に基づき、優先交渉権者と協議することとなるところでございます」と答弁しました。
また、広沢副市長は「スケジュールの見直しが必要となった場合、木材保管料の追加負担の他、建設コストの上昇が考えられる」としました。


また、うかい春美議員(民主)は、今年1月に開催された市民向け説明会での質疑応答、アンケートへの意見をホームページに掲載するとしたものの、いまだに掲載されていないとしました。
木材を人工乾燥させると市が答弁したことに対し、「史実に忠実」とは主観にすぎないとしました。

----------
追加工費負担額は全く読めませんが、河村市長が名古屋陽子線治療センター(契約額約245億円)の建設工事を4か月凍結した際、追加費用として約3億8000万円+利息約7000万円を求められ、現在名古屋地裁で裁判となっています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/data/160408.pdf

仮に1年工事が延びた場合、陽子線治療センターと同じ額が請求されると仮定すると年間木材保管料1億円+工費約11.4億円+利息2.1億円=約14.5億円となる計算となります。

18/6/13にようやく完成した、三菱UFJリサーチアンドコンサルティング株式会社名古屋に1998万円(税込み)をかけて委託した「名古屋城天守閣木造復元に向けた
調査業務委託」結果によれば、2017年度〜2071年度の55年間の収支予測は基本で▲14.67億円。低位で▲64.65億円。高位でも45.46億円のプラスに過ぎません。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/tenshukaku/03_fukugenjigyo/dwl/29chousakekka.pdf


上記追加費用が加わったら、赤字間違いなしとなってしまいます。しかも、何年工事が延びるのかも現時点でははっきりしていません。
そもそも文化庁、国土交通省、総務省などから許可が下りるのかすらはっきりしていません。

----------
合法的にストップをかけられるのは、市議会が予算・契約を議決しないことだけです。
・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書 第6条
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf

木材製材費を認めたら、名古屋市の財政に致命的な打撃を与えかねません。
今後、名古屋市議会、愛知県議会で議論がなされます。
ぜひ市民の声を議員に届けましょう。

名古屋市議会
6月28日(木)午前10時半- 経済水道委員会 付議議案審査[質疑(観光文化交流局関係)]
7月2日(月)午前10時半- 経済水道委員会 付議議案審査[総括質疑(観光文化交流局関係)]
7月3日(火)午前10時半- 経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(2局一括)]
http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/324-2-0-0-0-0-0-0-0-0.html

愛知県議会
6/28(木)午後1時- 建設委員会
6/29(金)午後1時- 建設委員会
https://www.pref.aichi.jp/gikai/teirei_rinji/nittei/index.html#tit


18/6/20(水)名古屋城説明会 市・竹中応答部分議事録作らず アンケートへの返事も作らず

名古屋市が18/1/16-1/28に開催した、名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」に関し、質疑応答がありましたが、その議事録を情報公開請求したところ、市民からの質問は文字化されていましたが名古屋市や竹中工務店からの応答部分は「作成しておらず不存在」でした。

報告書のタイトルには「報告書(質疑応答)」とあるにもかかわらず、どうして応答部分が記載されていないのか名古屋市に問い合わせたところ、「業者には、質疑部分のみ文字化するよう指示した」とのこと。現在、契約書を情報公開請求しています。

名古屋市と竹中工務店が税金を用いて行った説明会・シンポジウムで、市・竹中工務店が責任を持って回答した部分に関し、文字記録になっていないのは大変おかしいです。

また、名古屋市は参加者に「時間がなかったため質問・意見できなかった方は、アンケートに記載してください。意見はホームページに掲載します」と言っておきながら、「アンケートへの名古屋市・竹中の意見は作成しておらず不存在」でした。


名古屋城木造化は一事が万事こんな調子で、市民にきちんとした説明がなされていません。
計画の破綻は秒読みです。

------
・決定書 
 シンポ 市・竹中応答部分 作成しておらず不存在
 アンケートへの名古屋市・竹中の意見 作成しておらず不存在
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180620.pdf

・報告書(質疑応答)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180620-1.pdf
 
・アンケート
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180620-2.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180620-3.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180620-4.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180620-5.pdf
 
-----
参考 市民向け説明会・シンポジウムの開催結果について
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html
名古屋市が進めている名古屋城天守閣の木造復元についてご説明しました。
※市民向け説明会やシンポジウムでの質疑応答、会場で配布したアンケートへのご意見などにつきましては、後日こちらのページに掲載します。


18/6/19(火)障害者団体500名以上が名古屋城木造天守にエレベーターを求め市役所を取り囲む

「名古屋城木造天守のエレベーター設置を実現する実行委員会」は、18/6/19に名古屋城木造天守にエレベーターを求めて集会・デモを行い、その後名古屋市役所を取り囲んでアピールしました。
https://www.facebook.com/398477210619537/


茨城・埼玉・東京・岐阜・大阪・兵庫・愛媛・沖縄などから、障害者団体が集まりました。
18/6/18に震度6弱の地震が起こった大阪から来た方は、「ほとんどのエレベーターが停止し、車椅子だと移動に困った。それほどエレベーターが日常的に使われている。にもかかわらず、名古屋城にはエレベーターをつけない方針という。名古屋城でエレベーターがつかなければ、他の施設でもエレベーターなしでよい、ということになりかねない」としました。

名古屋市民オンブズマンの内田隆もスピーチに呼ばれました。
「木造名古屋城は、建築費だけで505億円。利子で100億円、維持費を含めると40年間で1000億円にもなる巨大プロジェクト。
これまでずっと情報公開請求して調べてきました。
8億4000万円で竹中工務店に委託して2018年3月末に完成した『基本設計』を情報公開請求しましたが、みなさん、中身がわかりますか?(わからない) 
内容は全部真っ黒です。
木造名古屋城天守閣がどのような形になるのか、名古屋市民は誰も知らないのです。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-1.pdf

ただ、去年竹中工務店が作成した案が開示され、案には中央にガラス張りの避難階段があることがわかりました。
エレベーターはつけないのに、ガラス張りの避難階段はつけるのでしょうか?
これが『史実に忠実な復元』なのでしょうか。避難階段をつけないと建築基準法違反になります。
これらは市民の前で議論されていません。情報を公開させた上で市民みんなで議論しましょう」
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-7.pdf


矢場町から市役所前、名城公園前までデモを行いました。
その後、名古屋市役所前を文字通り取り囲んでアピールしました。

その中で、日本障害フォーラム(JDF)が18/6/19に「名古屋城天守閣木造復元エレベーター不設置に対するJDF声明」を発表したと報告がありました。
http://www.normanet.ne.jp/~jdf/opinion/20180619.html

障害者団体メンバーは、6/19(火)午後5時から、名古屋市役所前で48時間のハンガーストライキに突入したことを発表しました。

-------
なお、名古屋城天守閣木造化のための木材製材契約94億5540万円の議案が18/6/19に名古屋市議会に正式に提出されました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180619.pdf

どのような木造名古屋城天守閣ができるのか、市民には全く知らされないまま、名古屋市は実施設計15億6384万円を結んでしまいました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180523-4.pdf

木造復元に必要不可欠な、現天守閣下にあるケーソンの下のボーリング調査は、「優先順位が違う」として名古屋市は石垣部会に提案すら出来ていません。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180313.pdf

第三者に委託した収支計画も、18/6/13になってようやく概要が公開されました。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/tenshukaku/03_fukugenjigyo/dwl/29chousakekka.pdf

竹中工務店との契約2022年12月は到底間に合いそうにありません。
にもかかわらず、名古屋市は木材契約をしようとしています。

市議会しか合法的にストップをかけることはできませんが、これまでの経緯を見ていると大変難しそうです。
名古屋市、市議会は、障害者のアピール、市民の良識をどこまで無視するのでしょうか。
------------

18/6/17(日)熊本城の長寿命化、バリアフリー、石垣保全対策と名古屋城

2016年4月の熊本地震で鉄筋コンクリート製天守閣ならびに石垣が損傷を受けた熊本城ですが、どのように修復するかがホームページ上で全て掲載されています。
https://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=17236&e_id=21

特に長寿命化、バリアフリー、石垣保全対策についても掲載されています。
https://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=17236&sub_id=1&flid=118792


鉄筋コンクリート製でも大地震で損傷を受けた熊本城。
名古屋市は、現在ある鉄筋コンクリート製の天守閣を壊し、新たに木造天守閣を復元しようとしています。エレベーターはつけない方針とのこと。石垣保全対策はどうなるかわかりません。
名古屋市は、検討の詳細についてホームページでは公開していません。最近ごくごく一部のみ掲載しはじめました。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/tenshukaku/03_fukugenjigyo/index.html#seven

天守閣部会、石垣部会、また、市議会経済水道委員会の配付資料は名古屋市民オンブズマンのページに掲載されています。
http://www.ombnagoya.gr.jp/tokusyuu/goten/index.htm

名古屋城も、熊本城のように長寿命化してバリアフリー対策をし、石垣保全をした方がよいと思うのですが。
特に地震に対して、鉄筋コンクリート製より木造の方が強い、という保障はありませんし、どうしても「ハイテク木造」となってしまいます。
火事に備える設備も必要です。

徐々に名古屋城木造天守閣の全体像が見え始めてきています。
「こんなはずではなかった」というまえに、熊本城を見習って長寿命化等をあらためて考えてはどうでしょうか。

-----
なお、障害者団体らが「木造天守にエレベーターをつけろ」と主張し、6月19日(火)12:00〜17:00から久屋大通公園エディオン久屋広場からデモ、市役所周囲でアピール行動を行うとのこと。
https://www.facebook.com/398477210619537/
名古屋市民オンブズマンメンバーもスピーチする予定です。


18/6/14(木)河村市長 文化庁への訪問の目的は?

河村市長は18/6/14に、名古屋城木造化のバリアフリーについて説明するため文化庁を訪れ非公開で意見交換したと、各マスコミが報道しました。
しかし、「記者発表資料」には、上記訪問に関する資料は全く公開されていません。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/345-11-3-0-0-0-0-0-0-0.html

18/6/14朝日新聞によれば、「河村氏はバリアフリー策を説明したが、文化庁側は「所管ではない」として特段の意見を述べなかった。」とあります。

建築物におけるバリアフリーの所管は国土交通省住宅局建築指導課であり、愛知県建設部建築局住宅計画課 ではないでしょうか。

・国土交通省 建築物におけるバリアフリーについて
 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutakukentiku_house_fr_000049.html

・愛知県 人にやさしい街づくりの推進に関する条例
 http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jutakukeikaku/0000025385.html

木造名古屋城天守閣は延べ床面積4,564平方メートルといいます。
「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」では、不特定多数の者が利用する2000平方メートル以上の新築については、「特別特定建築物」として建築物移動等円滑化基準の適合義務があります。

仮に名古屋市建築審査会が、建築審査会の「適用除外」の同意をしたとしても、建築物移動等円滑化基準を完全に無視してよいことにはなりません。

文化庁はバリアフリーについては「所管ではない」ため、文化庁と国土交通省住宅局建築指導課、愛知県建設部建築局住宅計画課、名古屋市を交えて協議する必要があると考えます。

------
なお、報道に寄れば議題は5つあったようですが、「何かが新しくなったということはない」とのこと。
・石垣調査の結果報告
・現天守の価値を評価すること


18/6/12(火)名古屋城木造化 基本設計支払い・木材仮契約書 バリアフリー資料が開示

名古屋市民オンブズマンが名古屋城木造化に関して以下請求した件に対し、名古屋市は18/6/12に公開しました。
しかし、庁内でのエレベーター設置の議論内容は再度「不存在」となりました。

・木材製材仮契約書 94億5540万円。2018年6月市議会で議決予定。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180612-2.pdf
 
・名古屋市は基本設計等として8億4693万6000円を18/4/27に竹中工務店に支払い済み。(中身は全面非公開)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180612-1.pdf

・18/3/29 名古屋城木造復元天守バリアフリー対策検討会議(第3回)配付資料(前回は全面非公開)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180612-5.pdf
・18/5/7 名古屋城木造復元天守バリアフリー対策検討会議(第4回)配付資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180612-6.pdf

以下は不存在になりました。
・「名古屋城木造天守閣復元におけるバリアフリーに関する検討チーム」議論の内容がわかるもの(2018年4月1日〜5月29日分)
・18/3/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」での議論を受けて史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会に提出した資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180612-3.pdf

以下は延長しました。
・17/12/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」に提出した資料
・17/12/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」での議論の内容がわかるもの
・17/12/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」での議論を受けて史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会に提出した資料
・18/3/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」に提出した資料
・18/3/26に開催された文化庁「史跡等における歴史的建造物の復元の取扱いに関する専門委員会」での議論の内容がわかるもの
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180612-4.pdf

-----
なお、名古屋市は18/6/12に、木材製材仮契約書 94億5540万円の議決を18年6月議会で行うと発表しました。

しかし、同じ日に示した平成30年度6月補正予算の概要では、天守閣石垣周辺追加調査の予算が計上されていませんでした。
当然ながら、穴蔵石垣内面調査の予算、ケーソン下のボーリング調査の予算も計上されていません。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/cmsfiles/contents/0000106/106400/3006gaiyou.pdf

----
資料は不十分ながら開示されました。
このままではどう考えても2018年7月文化庁・復元検討委員会へ、木造天守閣復元のための満足いく資料をそろえて出すことは出来ません。

市議会は、2022年12月完成が間に合わないことがほぼ確実にもかかわらず、木材製材94億5540万円の議決を承認するのでしょうか。
議会には冷静な対応を求めたいのですが、これまでも不可解な力が加わったのか、議会は予算を承認し続けてきました。
「市民の代表」という言葉が空疎に聞こえます。


18/6/11(月)名古屋城木造化「構造計画、防災計画、現天守閣価値、石垣復元」7月に出すと強弁

18/6/11、名古屋市は特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会
(第11回)を開催しました。
・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180611.pdf
・名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180611-1.pdf
・天守閣部会終了後 西野所長ぶら下がり取材
 (名古屋市民オンブズマン作成メモ)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180611-2.pdf

冒頭、西野輝一・名古屋城総合事務所所長が
「以前、6月の天守閣部会で構造計画・防災計画等を出す予定だったが、少し時間を要している。7月に議題にさせて頂きたい」と、議題に出来なかったと述べました。
また、前回委員から要望があった、「現時点での技術的な決定事項のマイルストーン」の提出もできずに申し訳ないとしました。
今後現状変更許可申請に伴って天守閣部会に示したいと述べました。

麓和善・名古屋工業大学大学院教授は「現在の現状変更許可申請の進捗状況は」と質問したところ、名古屋市は「資料としては昨年12月、今年3月に文化庁の調査官に渡した。復元検討委員会に報告いただいたと認識している」と述べました。
文化庁からはなんと言われているかと麓教授が聞いたところ、「石垣調査について資料をまとめて出すように」「現天守閣の評価ならびにそれを解体し木造復元することについての意義を出すようにいわれた」とのこと。

麓教授は「これまでの天守閣部会での議論内容を文化庁に提示したか」と聞いたところ「報告していない」とのこと。

座長の瀬口哲夫・名古屋市立大学名誉教授は「基本計画書、基本構想は文化庁は受け取っていないと報道があったが」と聞いたところ、名古屋市は「文化庁に示した。復元検討委員会に報告いただいたと認識している」としました。
西野所長は「復元検討委員会がどう受け止めたかは十分認識していない」としました。

瀬口座長は「現天守閣の評価はどこで検討するのか」と尋ねたところ、西野所長は「現時点では事務局で検討している。具体的に提出する時点で天守閣部会にご相談したい」と述べました。瀬口座長は「そうすると7月に出せないのでは」と言いましたが、西野所長は「7月に間に合わせたい。努力する」というのみ。

各委員は詳しい資料がなく、困惑していました。

なお、今回の天守閣部会は市議は誰も傍聴していませんでした。

------------
天守閣部会終了後、西野所長はマスコミからの質問を多数受けました。
「6月に天守閣部会に構造計画、防災計画を示す予定だったが、とりまとめが遅れているため7月に回すことにした。現時点ではスケジュールに関係がない。7月末までに書類とりまとめが出来なければ、秋の現状変更許可申請は難しくなるかもしれないが、(文化庁と)詳細に話してないためはっきり言えない。許可が遅れた場合、竹中工務店と協議する」というだけ。
 
石垣の発掘調査が遅れている影響があるか、とマスコミが聞いたところ、「そうではない。石垣保全の考え方のとりまとめに時間がかかっている。現在、穴蔵石垣については石を外しての調査は行なっていない。方向性をとりまとめたい。石垣部会にもはかりたい石を外してまでの調査は今回の7月提出予定の基本計画には盛り込まない方針。しかしそれで文化庁がどういうかわからない。それ以外は出したい」と述べました。
 
最後に西野所長は「市長が文化庁に話をしに行くと言っている件について、私は動いていない」と述べました。

-----------------
上記を踏まえて、以下まとめてみました。

復元整備基本構想に対する文化庁からの指摘事項についてどのようなものがあったかは、概要のみ公開されただけであって、文書では示されていません。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180515-1.pdf
また、それに対する名古屋市の回答も全面非開示です。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-7.pdf 496ページ

名古屋市が7月にまとめる予定の書類について疑問点を挙げました。

1.構造計画
 現天守閣地下に埋まっているコンクリートケーソンの下のボーリングのめどが立っていない現在、構造計画がまとまるのか?
 (以前から天守閣部会としてボーリングを要望していましたが、今回は一言も触れませんでした)
 
2.防災計画
 エレベーター不設置方針を決めたが、どのように車椅子利用者をはじめ入場させるのか全く未定。避難させる方法も未定。
 さらに、竹中工務店当初案にあった「仮設避難コア」「付加階段」について本当につけるつもりなのか?つけないのならどのように避難させるのか?
 仮に危険だとして人数を絞った場合、収支計画との兼ね合いはどうするのか。
 
3.現天守閣価値
 文化庁に「現天守閣」より「木造天守閣」の方が価値があると示せるのか。
 (これまでも天守閣部会で、現天守閣の価値については相当議論されています)

4.石垣復元
 穴蔵石垣の石を外さない「調査」だけで文化庁が納得するのか。それで「石垣保全」といえるのか。
 しかも、木造天守閣復元工事の際、石垣にどのような影響を与えるのか詳細はどうなっているのか。
 石垣部会と天守閣部会双方に示すことが出来るのか。
 現状変更許可申請も行われていない現在、両部会が納得するのか。
 
---------- 
名古屋城天守閣木造復元のスケジュールは遅れに遅れています。
しかも、全体の工程案が全く公開されていないため、どのような状況にあるのか市と竹中工務店以外、有識者でさえ誰もわかっていません。
以下、様々な資料からまとめてみました。

・2018年6月19日- 6月議会に「天守台石垣周辺追加調査」
        「主架構木材手配及び製材の契約承認後、本契約」
        「史跡外仮設工事(仮収蔵庫等)の予算」提案
・2018年7月 天守閣部会に「構造計画、防災計画、現天守閣価値」を示す
       石垣部会に「石垣保全の考え方」「天守台石垣周辺追加調査」
             「穴蔵石垣調査?」を示す
       復元検討委員会に「基本計画」(復元整備基本構想、復元詳細の検討、
        復元整備と利活用、復元根拠としての採用資料、復元原案の考証、
        透視図、建築計画、設備計画)提出      
・2018年9月 9月議会で「史跡外仮設工事(仮収蔵庫等)の契約承認後、本契約」
       「史跡内仮設工事(構台、素屋根等)の予算承認」
       文化庁に現状変更許可申請
・2018年10月 文化審議会
・2018年11月 文化庁から天守閣木造復元に係る現状変更許可がでる
      11月議会で施設内仮設工事(構台、素屋根等)の契約承認後、本契約
           外部EV解体工事等の予算承認、契約

------
何回も言うように、ここまで混乱させたのは河村たかし名古屋市長が市職員に
「木造復元は業務命令」だとしたことです。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shijisho.pdf
その後、「2022年12月まで」とし、竹中工務店と基本協定を結んでしまいました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
  
しかしながら、エレベーターの設置不設置の問題だけでなく、需要予測の問題、防火・耐火の問題、石垣保全の問題、現天守閣の価値の問題など、当初から言われてきた様々な問題がいまだに解決していません。

市議会は、一定程度批判はするものの、なぜか関連予算を通してきています。
・基本設計等 8億4000万円 18/3/30に完了と名古屋市
・実施設計  15億6400万円 
・木材製材  95億2250万円 2018年6月議会で議決予定
  
建設費だけで505億円、利子100億円、維持維持費等を含めると今後40年で979億2800万円にも上る巨大プロジェクトです。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160422.pdf
合法的にストップをかけられるのは、市議会が予算・契約を議決しないことだけです。
・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書 第6条
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
 
市民へも有識者へもマスコミへも議員へもきちんと説明しない名古屋市。
批判はするが予算は通す市議会。
「市民には複雑だ」として上記構図をなかなか解説しようとしないマスコミ。
「どんな天守ができるのかわからずに寄付」を行う市民。

ツケは現在及び将来の名古屋市民が払うことになります。


18/6/11(月)13時- 名古屋城天守閣部会の議題から「防災計画等」外れたことの意味は?

18/6/11(月)13時- 第11回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会がKKRホテル名古屋 福寿の間で開催されます。
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/kankobunkakoryu/0000106431.html

議題は以下となっています。
議題
・第27回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会の報告
・第10回天守閣部会における主な指摘事項と対応状況について
・大天守の屋根形状の検討について
・屋根雨水流れ解析について
・その他

しかし、18/3/28天守閣部会で示された、平成30年度検討内容(案)は一つも議題に上がっていません。
・主架構の考え方
・構造計画、防災計画、ユニバーサルデザイン、仮設計画、活用、維持管理、
 石垣調査、保全方針
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180328.pdf

上記が出来なければ、2018年7月に文化庁に提出する「基本計画」が完成しません。
そもそも、「地盤調査」がまだとあり、これが現天守閣地下のケーソンの下の地盤調査を意味するのであれば、石垣部会にも提案しておらず、文化庁の現状変更許可も受けていない現在、2018年7月提出は到底間に合いません。
石垣調査も、穴蔵石垣については石垣部会にも提案しておらず、文化庁の現状変更許可も受けていない現在、2018年7月提出は到底間に合いません。

18/5/9天守閣部会資料によれば、2018年6月議会で「主架構木材手配及び製材の契約承認後、本契約」「史跡外仮設工事(仮収蔵庫等)の予算承認」を行う予定とのこと。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180509.pdf
平成30年6月19日から7月5日に開催される6月市議会に何が提案されるのかわかりませんが、木材製材予算は95.225億円にものぼります。

2022年12月竣工は無理です。
「基本協定」によれば、「議会の議決」をもって本契約とし、議会の議決が得られない場合は、本事業を中止し、契約の締結をしないことがある、とあります。
・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
(予算の成立)
第6条 設計業務調査業務及び工事監理業務に係る契約は予算の成立を条件とする。
2 工事施工業務に係る契約は、工事施工業務に係る予算の成立及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例(昭和39年名古屋市条例第43号)第2条の規定に基づく名古屋市議会における議会の議決を条件とする。当該議決を経るまでは仮契約とし、当該議決があったときをもって本契約とするものとする。
3 前2項に係る予算が成立しない場合又は前項に係る議決が得られない場合は、本事業を中止し、契約の締結をしないことがある。また、その場合、当該予算に係る業務については発注者、優先交渉権者の間に何ら権利義務が発生せず、発注者は予算の成立について何ら責を負わない。

名古屋城総合事務所が河村たかし名古屋市長の言いなりとなっており、さらに天守閣部会も上記問題点を指摘しないのであれば、市議会が引導を渡すしかないのではないでしょうか。
95.225億円の木材製材予算を議決してから「やっぱり2022年12月竣工は無理でした」と名古屋市が認めることは、あまりにも名古屋市の損害が大きすぎます。

現在、障害者団体らが「木造天守にエレベーターをつけろ」と主張しています。
18/5/31に文化庁文化財部記念物課課長名で回答が届きました。
http://aichidisabilityforum.com/#nagoyajyou5
しかし、ユニバーサルデザインについても議題に上がっていません。
6月19日(火)12:00〜17:00から久屋大通公園エディオン久屋広場からデモ、市役所周囲でアピール行動を行うとのこと。
https://www.facebook.com/398477210619537/


最近の名古屋城天守閣部会・石垣部会とも、多くの市議が傍聴しています。
市議会の理性的な対応が注目されます。

18/6/4(月)河村市長「名古屋城木造復元 石垣について文化庁と石垣部会に直接説明する」

18/6/4に行われた河村たかし・名古屋市長の定例記者会見において、石垣部会が「石垣の外側と内側を同時に調査することは不可能」と述べたことに対し、「人任せに出来ないため、文化庁と石垣部会に直接説明する」としました。
・平成30年6月4日 名古屋市長河村たかし 定例記者会見
 
https://www.youtube.com/watch?v=dium-FR8QHo

文化庁記念物課から出された宿題に対し、「答えないといけないじゃないですか」というものの、名古屋市がどのように書面で回答したかはすべて非公開です。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-7.pdf 496ページ
バリアフリーについても話しをするとのこと。文化庁にはなるべく早く行きたいとのこと。

2022年12月の木造天守閣完成に変わりが無いと繰り返しました。
----
なお、河村市長は「熊本城大天守閣の石垣は、内側を除いて無傷だった。12センチ沈んだだけ」と繰り返していますが、写真を見ると、小天守と大天守の一部、大天守と小天守を結ぶ外側の石垣が崩れています。
http://kumamoto-guide.jp/kumamoto-castle/news/detail/24

河村市長は「名古屋城の石垣は1891年濃尾大地震で無傷」としていますが、
西南隅櫓は石垣と共に崩壊しています。
http://www.city.nagoya.jp/naka/cmsfiles/contents/0000000/755/nagoyajo_text.pdf
https://www.pref.aichi.jp/kyoiku/bunka/bunkazainavi/yukei/kenzoubutu/kunisitei/0027.html
また、1669年、1802年、1819年の地震で石垣が崩れていることが確認されています。
http://www.pref.aichi.jp/bousai/densho/nagoya/03/06-01.html

河村市長は事実と異なることを毎回説明しています。
熊本城の石垣の崩落を目の当たりにすれば、石垣調査と対策は喫緊の課題であることは誰でも理解できると思いますが、名古屋市は石垣調査担当者の人数を去年と変えませんでした。

文化庁も石垣部会も、名古屋市長、名古屋市の対応に不信を抱いています。「説明すれば何とかなる」というものではありません。
現在進行中の石垣調査に満足の得られる調査員がいないにもかかわらず、2022年12月までの完成を最優先させる河村市政に未来はありません。

また、市長自らが文化庁と石垣部会に説明する、ということは、部下との意思疎通がうまくいっていないことを示唆します。
市長の無理難題に対し、部下が困惑しているのではないでしょうか。

-------
河村市長はまた、建築基準法3条4項の逐条解説について解説し、「これを保存し後世に伝え、あるいはその活用を図って、国民ひいては世界の文化に寄与することは我々の任務」だと説明しました。

・建築基準法第三条
1項四 第一号若しくは第二号に掲げる建築物又は保存建築物であつたものの原形を再現する建築物で、特定行政庁が建築審査会の同意を得てその原形の再現がやむを得ないと認めたもの
 http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?openerCode=1&lawId=325AC0000000201_20160901
・逐条解説 建築基準法
 https://shop.gyosei.jp/index.php/products/detail/7629

しかし、「しかし、文化財といえども社会的な存在である以上は社会に与える影響を考え、安全上、防火上及び衛生上支障がない構造にする必要がある。」と続いています。

また、「建築審査会の同意を得てその原形の再現がやむを得ないと認めたもの」と建築基準法3条1項4号にありますが、いまだに名古屋市建築審査会には名古屋城木造復元は議題に上がっていません。

---
自らに都合のよい情報ならびに虚偽の情報を垂れ流す河村たかし名古屋市長。
「市民の支持が得られた」というだけでは法律を突破することは不可能です。


18/6/1(金)石垣部会 名古屋城穴蔵調査は議題にも上がらず 2022年12月復元は事実上不可能に

18/6/1に名古屋市は特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第27回)を開催しました。
しかし、天守閣木造復元に必要不可欠な「穴蔵調査」は議題に上がらず、2022年12月天守閣木造復元完成は事実上不可能になりました。
・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180601.pdf
・メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180601-1.pdf
・その後の記者会見メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180601-2.pdf
 
石垣部会は、本丸搦手馬出の石垣をどう修復するか検討するために作られた部会です。
木造天守閣の話が出る前、10年以上活動しています。
最近は、戦災で被害を受けた天守台石垣とその周辺についても審議しています。
石垣部会としては、「文化庁記念物課による特別史跡の現状変更許可の方針が固まっていない調査・整備事業については、今後も当部会での審議対象とはしない」と明言しています。
現時点では、文化庁は木造天守閣について現状変更許可を出していません。

2022年12月までに木造天守閣復元するための名古屋市が描いているスケジュールは以下です。
 2018年7月 文化庁復元検討委員会に基本計画を提出・了解
    10月 文化審議会
    11月 文化庁から木造復元にかかる現状変更許可
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180509.pdf

本日の石垣部会の議題としては1.調査体制、2.天守台石垣発掘調査まとめ、3.小天守台周り石垣発掘調査、4.搦手馬出石垣調査概要 があがりました。
穴蔵調査については議題に上がりませんでした。

本日の石垣部会ではまず、名古屋市は名古屋城の石垣について10年近く取り組んできた学芸員が2018年3月に自己都合で退職したことを明らかにしました。
石垣部会構成員からは「石垣調査を行う人数は昨年度と変わらないが、新人ばかり入ってきたため、戦力としてはおそらく大変な状態では無いか」と述べました。

次に、昨年度行われた天守台外部石垣発掘調査のまとめが議題に上がりました。しかし、まとめ切れていないのか、調査の資料がきちんと報告されていませんでした。
石垣部会構成員の宮武正登・佐賀大学教授は、「この調査の視点は3つある。
 1 根石は宝暦改修 現在ダメージを受けているのか
 2 堀 堀底が安定しているのか
 3 堀の対岸 見学者が歩いている場所が安定しているのか
上記に関し、特に堀の対岸の石垣は不安定であることが判明した。将来的に今の形が担保されるか、追加調査が必要だ」と述べました。

名古屋市からは、天守台石垣周辺の追加発掘調査地点が提案され、中井将胤・文化庁文化財部記念物課文化財調査官は「前年度までの調査だけでは不十分という意見には同意する。上記3点の目的が達成されていなければ追加調査が必要。場所については検討して欲しい」と述べました。

結局、時間切れで議題の1.2までしか終わらず、3.小天守台周り石垣発掘調査、4.搦手馬出石垣調査概要 は議論されませんでした。

石垣部会終了後、石垣部会と名古屋市の記者会見が開かれました。
名古屋城総合事務所職員に、記者会見を傍聴できるか聞いたところ、許可されました。

石垣部会に対し、記者は「現状変更許可申請のため、穴蔵石垣調査が必要だが、今回提案された天守台石垣周辺の発掘調査と同時並行でやってもよいという認識か」と尋ねたところ、宮武教授は「それどころではない。外回りが危ないため、優先順位がある。マンパワーが限られている。」と述べました。

続いて、名古屋市も記者会見を行いました。
西野輝一・名古屋城総合事務所所長は「現在、天守台石垣については測量や石垣を外さなくてもできる調査を行っている。穴蔵調査開始のリミットは考えていない。できる限り次回石垣部会で審議いただいて、と考えている。」と述べました。
記者からは、穴蔵調査に関して本日の議題に上がっていないが、と質問され、名古屋城総合事務所職員は「整理して次回あげたい。慎重に慎重を重ねて今のタイミングでまとめられなかった。調査は3-4か月の予定」と述べるにとどまりました。

記者から、あらためて現天守閣を閉鎖した理由を尋ねられ、西野所長は
「現天守閣は耐震性が低い。早ければ今年5月から石垣調査で石垣を外す可能性があったため、半年前に発表した」としました。
記者からは「穴蔵調査については、周辺調査について文化庁の現状変更許可が出た後に内部調査をするとなると相当遅れると思うが」と聞かれましたが、名古屋城総合事務所職員は「複数人学芸員がいるので平行してやりたい」としました。

記者から、穴蔵調査は10月に行われる文化庁文化審議会に提出する予定かと聞かれ、名古屋城総合事務所職員は「穴蔵調査のデータは必要だ。発掘調査以外の非破壊検査を元に提出する」としました。
西野所長は「木造復元をするためには、最終的には穴蔵調査は必要だが、申請時には必要ないと考える」としました。

---------------
これらやり取りをきいていても、いまいち問題点がわかりません。
「穴蔵調査」とは一体何をさすのか。
天守閣地階部分である穴蔵石垣の調査だけでなく、現天守地下ケーソンのさらに下の地盤調査が、木造天守閣復元には必要不可欠です。
しかし、名古屋市は2017年度竹中工務店との石垣調査委託の対象から、ケーソン下ボーリング調査を削除しています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180313.pdf
18/3/28に天守閣部会は全会一致でケーソン下のボーリング調査を要望しています。

しかし、ケーソン下は「特別史跡」なので、文化庁の現状変更許可が必要ですし、石垣部会の審議も必要です。
石垣部会は「文化庁記念物課による特別史跡の現状変更許可の方針が固まっていない調査・整備事業については、今後も当部会での審議対象とはしない」としており、ケーソン下ボーリング調査について、石垣部会ならびに文化庁は果たして認めるのでしょうか。
上記調整が石垣部会とつかなかった、と見るのが妥当だと考えます。

上記問題点について、名古屋市は市民にもマスコミにもきちんと説明していません。
今後のスケジュールもはっきり説明していません。
名古屋市が2022年12月復元を断念表明するのは時間の問題です。その際、竹中工務店との基本協定はどうなるのか。市民に説明してこなかったつけが一気に出てきました。

なお、市議も多数傍聴しており、問題点に気づきはじめてきたようです。
18/6/19からはじまる6月議会でどのような審議がなされるか注目します。

・2018年06月01日 横井利明オフィシャルブログ
 2022年末木造復元断念へ
 http://blog.livedoor.jp/minami758/archives/2412714.html


18/5/31(木)名古屋城木造天守閣「新技術の想定候補」は単なるリスト しかも開架せず

河村たかし名古屋市長は18/5/30に「今後復元する名古屋城木造天守閣にエレベーターを設置しない」と正式に表明しました。

18/6/1に名古屋市市民情報センターに行って、記者クラブに配付した資料を閲覧しましたが、当該資料はありませんでした。
ホームページ上にもありません。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/345-11-2-0-0-0-0-0-0-0.html

名古屋城総合事務所保存整備室に、市が配付した資料について問い合わせたところ、「資料は記者には配付したが、『記者クラブ配付資料』ではないため、開架していない」とのこと。

上記のような対応は名古屋市情報公開条例第33条に反しおかしい、資料を情報提供するよう求めたところ、FAXにて情報提供いただきました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180530.pdf
・名古屋市情報公開条例
 http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000001423.html

その上で、「木造名古屋城のエレベーターについては世界中の関心事になっている。市民に公開・閲覧できるようにするのは当然だし、ホームページで公表することを望む」と要望しました。

--------
情報提供いただいた内容を読んでみました。
・木造天守閣の昇降に関する負荷設備の方針
・新技術の想定一覧

新技術は12個、項目が並べられているだけです。新聞各紙では項目が書かれていましたが、元資料まで項目だけとは思いませんでした。
最後、手書きで「他、国際コンペ」と書かれていますが、誰が書いたのかわかりません。

誰に呼びかけるのか。
だれがどのように新技術を選定するのか。
費用はいくらかけるのか。
全く決まっていません。

名古屋市が「切り札」としてきた「車椅子を載せられるはしご車」も、中京テレビの取材によれば「一般的な手押し車椅子を想定しており、電動車椅子は重量として厳しい」とのこと。
http://www.morita119.com/ir/pdf/20180508_2.pdf
http://www2.ctv.co.jp/news/2018/06/01/9978/
障害者団体は「見世物ではない」と反発しています。

------
人権とはなにか。国連人権高等弁務官事務所によれば、「生まれてきた人間すべてに対して、その人が能力を発揮できるように、政府はそれを助ける義務がある。その助けを要求する権利が人権。」と定義されています。
https://www.youtube.com/watch?v=TXJNVM-nHqo

大村秀章愛知県知事は18/5/14の記者会見で「障害者の方々のこうした基本的人権に関わることはですね、しっかりとこれは尊重されていかなければならない」と
述べています。
http://www.pref.aichi.jp/koho/kaiken/2018/05.14.html#4

人権について深い認識を持つ知事と、思いつきの新技術リストを公開する市長。
名古屋城木造化は4年を待たずに破綻するのは目に見えています。


18/5/27(日)名古屋城天守閣木造化 実施設計契約済みであることが判明

名古屋城天守閣木造化に関し、重要な情報は市民にほとんど公開されておりません。
名古屋市民オンブズマンは、18/5/8に多数情報公開請求したところ、18/5/23に決定がでました。

特に判明したことは、「名古屋城天守閣整備事業実施設計」契約15億6384万円を18/4/9に契約していたことです。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180523-4.pdf

基本設計については、エレベーター設置について方針がまだ決まっておらず、さらに現天守閣地下にあるケーソン基礎の下をボーリングしていないため、ケーソン基礎を活用できるか不明確であり、「基本設計」として成り立っていないのではないかという疑惑があります。
しかしながら、基本設計の内容はほぼ黒塗りで、詳細はわかりません。
https://ombuds.exblog.jp/26803947/

さらに、文化庁の有識者会議である復元検討委員会が 「現名古屋城天守閣は戦後都市文化の象徴」と発言していたことがわかりました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180515-1.pdf

現時点では、名古屋市が勝手に「木造復元する」と宣言して竹中工務店と基本設計の契約をしていただけで、文化庁も名古屋市建築審査会も日本建築センターもなにも判断していません。

そんな中、基本設計が終了した後にしかできない実施設計を名古屋市と竹中工務店は契約してしまいました。

名古屋市民オンブズマンは18/4/2に「名古屋城天守閣整備事業実施設計契約書」を情報公開請求しましたが、18/4/13に名古屋市は不存在決定しています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180413-2.pdf
しかしながら実は18/4/9に契約を結んでおり、しかも一言も決定書で触れないというのはどう考えても市民に不親切です。

18/5/8時点では、「名古屋城天守閣木造化」木材の製材95億2250万円の契約書は不存在でした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180523-2.pdf

今後、基本設計の費用8億4693万6000円が竹中工務店に支払われたのか、木材製材についての契約を行ったのか、情報公開請求で調べます。

さらに、17/12/18に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会の構成員と名古屋市担当者が協議をした中身がわかるもの(議事録、議事メモ、録音)、配付資料が
不存在でした。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180523-3.pdf
この日は、市は石垣部会に「河村市長が瀬口氏に面談の上で10/13発言の撤回を直接促した(氏はこれを拒否)と」伝え、市は「河村市長は、発言の撤回を促す意思で会見に臨んだ」と18/2/14記者に説明したものです。(詳細な内容不明)
それを行政文書としては不存在、というのは市民に説明する気が全くないことの表れです。

愛知障害フォーラムは、18/5/17に名古屋城木造復元天守閣のバリアフリー化について文化庁に意見書を出しました  
http://aichidisabilityforum.com/#nagoyajyou5
また障害者団体らで作る「名古屋城木造天守のエレベーター設置を実現する実行委員会」は、18/5/28に河村市長からエレベーター設置について説明を受ける、とのことです。
https://www.facebook.com/398477210619537/

しかし名古屋城問題はエレベーターだけではありません。
かつて、元宮城県知事の浅野史郎氏は「情報公開は転ばぬ先の杖」といいました。
http://www.asanoshiro.org/genko/governannce/10.htm
2022年12月までの木造天守閣完成の可能性はゼロですが、河村市長とその周辺だけがいまだに固執しています。
それが崩れたとき、竹中工務店との「契約書」に基づきどのようなことになるのか。
情報を知らされずに幻想ばかり見せられた市民が最終的にツケを負うことになります。

-------
【一部開示決定】
・「名古屋城天守閣整備事業実施設計」契約書
・「名古屋城天守閣整備事業に係る発注者支援業務」契約書
・名古屋城「石垣調査に伴う仮設事務所設置工事」契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180523-4.pdf

【開示決定】
・18/1/30 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第25回)議事録
・18/3/6 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第26回)議事録
・18/3/30 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議全体整備検討会議(第26回)議事録
・17/11/20開催「名古屋市産業・歴史文化・観光戦略特別委員会」名古屋城視察時の議論の中身がわかるもの
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180523-5.pdf

【開示決定】
・17/12/20 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第7回)議事録
・18/2/14 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第8回)議事録
・18/3/28 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第9回)議事録
・名古屋市障害者施策推進協議会から名古屋城に関して提出された意見書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180523-6.pdf
 
【不存在(閲覧可能)議長分】
・17/11/20開催「名古屋市産業・歴史文化・観光戦略特別委員会」名古屋城視察時の議論の中身がわかるもの
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180523-1.pdf

【不存在】
・17/12/18 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会の構成員と名古屋市担当者が協議をした中身がわかるもの
(議事録、議事メモ、録音)、配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180523-3.pdf
・「名古屋城天守閣木造化」木材の製材 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180523-2.pdf

【延長 6/21まで】
・18/1/16-1/28名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」での質疑応答
・18/1/16-1/28名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」での参加者から回収されたアンケート
・18/1/16-1/28名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」での参加者から回収されたアンケートへの名古屋市・竹中工務店のご意見
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180523-7.pdf


18/5/21(月)障害者団体100人以上がエレベーターなし名古屋城木造天守閣に抗議も「改良はしご車利用を検討」

18/5/21(月)12時-16時まで「名古屋城木造天守にエレベーター設置を実現する実行委員会」100名以上が名古屋市役所前で、木造天守閣にエレベーターをつけない方針を示した河村たかし名古屋市長に対して抗議しました。
・配布チラシ
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180521.pdf

河村市長は同じ日の18/5/21(月)14時から定例記者会見しました。
http://www.ustream.tv/recorded/115084022

・障害者団体は誤解している
 完成までに4年ちょっとある。必ずや今よりバリアフリー対策がよくなる
 直接団体と会って話をしたい
・8-9社の業者から提案が既にある。
・今後、国際コンペをする予定。懸賞金を出すのかなど検討。
 両方から考える必要がある。
・5月末まで業者から言わないでくれと言われているが、
 はしご車トップメーカーは400キロまで車椅子を持ち運べる。
 ホームページにも載っている。それを改良すればよい。 
 もともと避難用だが、「非常口」から中に入ることも可能。
・(非常口を作るのは史実に忠実と言えるのかとマスコミから聞かれて)
 人命に関わることなのでスプリンクラーや消火栓は姫路城についている。
 木目調にして目立たないように出来る。
 非常口をつけても史実に忠実と言える。
・名古屋城でできれば、他の階段の施設にも使える

「新技術」の有力な案は、はしご車のようです。
ホームページを検索したところ、新型はしご車が5月末に発表されるとのこと。

・2018 年5 月8 日 株式会社モリタホールディングス
 新製品開発のお知らせ
 「普通免許対応 車両重量3.5t 未満CD-T型消防ポンプ自動車」
 「多目的消防ポンプ自動車 MVF21」を開発
 〜「東京国際消防防災展2018」に出展〜
 http://www.morita119.com/ir/pdf/20180508_2.pdf

「21m のブームと国内初となる最大400kg 対応のバスケットを搭載。」とあります。
ただ、現天守閣東側地面から天守台石垣の上まで約12メートル、そこから約36メートルの建物が建つ予定です。
どこに「はしご車を改良したもの」を置くのかわかりませんが、東側地面だとすれば石垣のちょっと上くらいにしか上がれません。
しかも、外側エレベーター設置に難色を示していながら、それよりもっと目立つはしご車を置くことが、「史実に忠実」と言えるのでしょうか
来場者はどう思うのでしょうか。

上記ホームページを、市役所前で抗議している障害者団体に見せたところ「これじゃ『見世物』だ!」「最上階では無く、石垣の上にしか登れないのか」と大変批判的でした。

なお、一級建築士によれば、「これはエレベータに代わるものではない。建物内に設置する昇降機は、安全基準があり、国の指定品でないといけない。弱者をブツのようにこんなのでは運べません。建物の確認申請時に、別に昇降機の申請もされます。業者だけでなく、施主と建築士の印が要ります。
火事の時はエレベータは避難に使えません。はしご車では、車いすの方を助けれないので、開発された非常時のものであり、それはそれではしご車に代わるものとして、貴重です。絵空事ではいけなく、この車が非常時には、現天守が耐震改修されても要ります。日常と非日常をごっちゃにしてはイケマセン。」とのこと。

また、河村市長は「8-9社の提案」「国際コンペ」両方から考えると話していましたが、「WTO政府調達に関する協定」で原則公募をする必要があります。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/top/local_support/pdf/cio_text_ps_3-1.pdf
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/cmsfiles/contents/0000038/38267/tebiki.pdf

いくら払うのかも未定、どうやって決めるかも未定。本当に出来るのかも未定。「なにが史実に忠実」なのかは、各自イメージがバラバラ。
河村市長自身が、「これが史実に忠実」とは明言していません。それで法律がクリアできるのかもはっきり言っていません。
これでどうやって進めるのでしょうか。
-------
エレベーターだけでなく、石垣部会の千田嘉博奈良大学教授は以下ツイッターで述べました。

名古屋市民オンブズマンHPのご教示によると「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」成果物が、竹中工務店から名古屋市に提出されていた由です。そのなかに石垣調査についても報告があります。http://www.ombnagoya.gr.jp/tokusyuu/goten/index.htm(つづく)
私も名古屋城の石垣部会のメンバーですが、石垣カルテについては石垣部会で調査項目や方針と方法、年次計画などを議題として審議し、それに従って進めていると認識しています。石垣カルテの調査を進めている旨の報告も部会でありました。(つづく)
そうした石垣カルテの報告と、昨年度分の最終成果にもとづく名古屋城の石垣の分析と評価は、石垣部会として議論した記憶がありません。ところが、なぜか報告と評価がまとめられているように見えるのです。私の錯誤かもしれません。(つづく)
仮に、文化庁調査官も加わって、名古屋城の石垣調査の指導を担う石垣部会の審議なしに、石垣カルテの結果をまとめたとすれば、異例なことだと思います。調査フローのなかにも石垣部会はなく、そもそも特別史跡の整備における専門委員会の位置づけを適切に理解していたか心配になります。(つづく)
文化庁の指導のもと設置した専門委員会の審議を踏まえて史跡の整備を進めていく原則は、とても重要です。だから特別史跡である名古屋城跡で、そうした原則とは異なった方法で、石垣の分析と評価の結論を出すことはないはずだと思います。(つづく)
名古屋城大天守台石垣の発掘についても報告があり、それにもとづく石垣の分析と安定性の評価を記しています。しかし記憶によれば、その結論は石垣部会で審議した分析や評価と異なっているように思います。私の錯誤ならよいのですが、いったい何が起きているのでしょうか・・・。(おしまい)
https://twitter.com/yoshi_nara/status/998246179455488005
https://twitter.com/yoshi_nara/status/998247030618140673
https://twitter.com/yoshi_nara/status/998250089553395713
https://twitter.com/yoshi_nara/status/998251571619160066
https://twitter.com/yoshi_nara/status/998253388503527424
https://twitter.com/yoshi_nara/status/998255158587879424

-------
18/5/24に名古屋市と竹中工務店は非公開で価格交渉等を行い、有識者から意見聴取をするとのこと。
市民に情報も出さず、市民不在のまま強引に木造化を進めようとしています。
・名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)の実施に伴う意見聴取会(第7回)
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/kankobunkakoryu/0000105895.html

----
河村市長の思いつき、その場しのぎをいつまで信じるのか。
事情を知らない市民はごまかせても、権限がある「文化庁復元検討委員会」「名古屋市建築審査会」「消防法 総務大臣」「名古屋市消防長」「日本建築センター」そして「竹中工務店」はごまかしきれません。


18/5/18(金)黒塗りだらけの名古屋城木造基本設計書等から判明することは?

18/5/18、竹中工務店から名古屋市に提出された「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」成果物2813枚(白黒2267枚、カラー544枚、A2 2枚)が名古屋市民オンブズマンに公開され、実質30分程度でしたが「内容のご説明」がありました。
しかしながら、「竹中工務店の保有する独自の技術等に関する部分は公にすることにより、法人の通常有する競争上の利益が損なわれるおそれと認められるため非公開とします。」「文化庁等との協議に関する情報については、当該情報が公開されることにより、率直な意見の交換もしくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるため非公開とします。」「工事費の積算等に関する部分は公にすることにより、名古屋城天守閣整備事業に関する事務の公正または適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある情報を含むため非公開とします。」
これらで内容がほとんど非公開でした。

 (1)天守閣基本設計業務(外構、付帯設備含む)約300ページ
 (3)調査業務(史実調査、地盤調査、石垣調査等)
 (4)積算業務のうち、表紙(総額部分)部分
 (5)施工技術検討業務 約200ページ
 (6)関係法令等行政手続き 約400ページ

・決定書
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518.pdf
・基本設計説明書
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-1.pdf
・石垣現状調査等
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-2.pdf
・石垣測量
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-3.pdf
・調査業務
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-4.pdf
・積算
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-5.pdf
・地盤調査報告書
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-6.pdf
・施工技術検討業務
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-7.pdf
・打合せ記録簿 天守閣部会・その他
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-8.pdf
・図面
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-9.pdf


その中でもわかったことがあります。
・「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」の成果物は名古屋市に提出されていたこと。
・これらが、契約通りに作られたのか疑問があります。
 特に「関係法令等行政手続」資料が、名古屋市消防局予防部指導課との打合せが13回、名古屋市住宅都市局建築審査課との打合せが1回あったことが判明しています。
 しかし、「消防庁との協議」「名古屋市建築審査会への資料」「日本建築センター」との打合せはありません。
 契約書 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
 業務委託概略書 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180202.pdf
 変更契約書 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180313.pdf
・名古屋城総合事務所担当者は「基本設計について、エレベーター設置する案と設置しない案がある」と言っていました。
 以前から市は「バリアフリー等付加機能は実施設計で確定」といいますが、実施設計でやると言うのでは、国交省告示15号、建築士法違反のおそれがあります。
 http://www.mlit.go.jp/common/000048579.pdf
・「基本設計」時の「新機能として付加検討」は不明ですが、17/5/10天守閣部会では「仮設避難コア」「付加階段」として、耐火ガラスの壁で覆った避難階段を天守閣中央部分に設置しています。
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-7.pdf 152ページ
 名古屋城総合事務所担当者は「天守閣部会について、排煙設備に関する議論はこれまでなされていなかった」といいます。
・「基本設計」時の、穴蔵石垣と外周石垣の間(外周架構支持方法)は不明ですが、17/5/10天守閣部会では「跳ね出しスラブ」の上に土台を置く提案をしています。
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-7.pdf 143ページ
・開示された資料に、タイトルすら非公開のものがありました。
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-7.pdf 496ページ
 名古屋城総合事務所担当者に聞いたところ、「文化庁記念物課に2017年12月に現状変更許可申請をするため協議したが、その際の指摘事項への返事」とのこと。
・開示された「天守閣部会 議事録」資料に、タイトルすら非公開のものがありました。
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-8.pdf 100ページ、151ページ
 名古屋城総合事務所担当者に聞いたところ、「天守閣部会終了後、竹中工務店と有識者が打合せをしていたときの議事録」とのこと。
・17/10/18に「特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会ワーキング」が開催されていたことがはじめてわかりました。
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/180518-8.pdf 121ページ
 市民の知らないところで、何らかの議論がなされていたようです。

現在エレベーター不設置方針をめぐって、市民の間で大変議論が巻き起こっています。
しかしながら、これらは天守閣部会の資料に以前から掲載されていたものでした。
天守閣部会は傍聴可能で資料ももらえますが、傍聴定員が10人で資料・議事録を閲覧できる場所も無く、ネット公開もしておらず、インターネット中継もありません。
(名古屋市民オンブズマンメンバーが、毎回部会を傍聴し、傍聴記録をつけた上で資料をネット上に公開しています)
http://www.ombnagoya.gr.jp/tokusyuu/goten/index.htm

「史実に忠実な復元」とは言いますが、スプリンクラー、耐震ダンパー等は導入する予定と市が明言しています。
「仮設避難コア」「付加階段」をつけるのかつけないのか。もしつけない場合、消防法上どのような問題になるのか。

市民への説明がまったくされていないなか、名古屋市は強引に木造化を押し進めようとしていますが、各種法令を破ることはできません。
名古屋市民オンブズマンとして、今後の対応を早急に考えます。

※なお、今回の開示文書を入手するのに49,970円かかっています。
 よろしければカンパをお願いいたします。(「名古屋城コピー代」とお書き下さい)
 《郵便振替口座》口座番号 00870−9−105687
         加入者名 名古屋市民オンブズマンタイアップグループ

--------
18/5/21(月)は、愛知県知事と名古屋市長の記者会見があります。
名古屋城をめぐり、どのようなことを話すか注目したいです。

5月21日(月)午前10時から
愛知県知事定例記者会見 生中継あり
http://www.pref.aichi.jp/koho/kaiken/

5月21日(月曜日)午後2時00分から
名古屋市長定例記者会見 生中継あり
http://www.city.nagoya.jp/mayor/category/316-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html
---------

18/5/17(木)名古屋城木造化 弁護士「エレベーターなしでは訴訟リスクなしとはいえない」

18/5/17に名古屋市議会経済水道委員会が開催され、特別史跡名古屋城跡バリアフリー基本方針(案)について質疑がされました。

・18/5/17 名古屋市議会経済水道委員会説明資料
 特別史跡名古屋城跡バリアフリー基本方針(案)について
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180517.pdf
・18/5/17 名古屋市議会経済水道委員会
 名古屋市民オンブズマン 自動文字起こしアプリによる文字起こし
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180517-1.pdf
 
名古屋市は、2022年12月竣工予定の木造天守閣にエレベーターを設置しない基本方針を示しましたが、「現状よりも天守閣のすばらしさや眺望を楽しめることを保障する」と書いたことを強調し続けています。
しかし、具体的な方法は「新技術の開発を今後国内外から幅広く提案を募る」とするだけで、誰にどのように提案を募るのか、いくら費用をかけるのかすら決まっていません。

中川貴元市議は、前回の委員会の中で「エレベーター不設置にした場合の訴訟リスクを弁護士に聞いてきて欲しい」と依頼し、本日バリアフリー基本方針(案)に対して弁護士2名の見解が示されました。
当然ですが、基本方針(案)は書面なので、具体的な権利利益の侵害について記載はありません。
「具体化されていく方法によっては、訴訟リスクはある」という弁護士の見解は当然です。
「史実に忠実な復元」を重視しすぎているという政治的な批判も当然ありうる」という弁護士の見解も当然です。

中川市議は、「障害者、大学の先生、企業、建築施工業者、市役所などが入ったバリアフリー対応協議会を設置して、プロセスの段階から努力をしていただいてはどうか。6月中、遅くても7月中には第1回目を行ってはどうか」と提案しました。
渡辺局長も「そういった形がよいのではないか。早い時期に提案の話しを市長にあげて実行に移していきたい」と発言しました。

-------
上記「バリアフリー対応協議会」と、18/4/24に第1回目を行ったばかりの、有識者で構成する「名古屋城跡バリアフリー検討会議」との違いがよく分かりませんが、仮にエレベーター不設置で決定した場合、「新技術」が開発されるまでは木造天守閣の着工・その前の現天守閣取り壊しはしてはいけないと考えます。
そうしなければ「現状よりも天守閣のすばらしさや眺望を楽しめることを保障する」が空手形になってしまいます。

名古屋城の高さは55.6m(天守台19.5m、建屋36.1m)もあります。
たまたま、重要文化財名古屋市役所は地上53.5メートルと、ほとんど名古屋城と同じ高さ・同じ地上5階・地下1階です。

名古屋市役所の地下から最上階まで「新技術」で登る方が、木造天守閣よりはるかに簡単です。(階段が複数、階段が広い、蹴上げが低い、階段が鉄筋コンクリート製)
エレベーターを使わずに車椅子を名古屋市役所の最上階まで登る技術が出来たとしても、木造天守閣特有の問題(階段が2つのみ、階段が狭い、蹴上げが高い。木のため荷重に耐えられない、『国宝を目指す』ため木に傷をつけられない。騒音もあまり出せない。熱を発せられない。大勢の来場者に対応しなければいけない。非常時は使えないかもしれない)があり、技術開発には困難を極めます。
しかも、その「新技術」が他の建物に応用できるかどうかと言えば疑問です(新技術をつけなくても、エレベーターをつければよい)。

「新技術」の開発費用はまったく未定ですが、本体の木造名古屋城より高額になる可能性もあります。どこからその費用を払うのでしょうか。
それを払うことが現在の名古屋市政の優先順位からして有益なのでしょうか。

18/5/16に愛知障害フォーラム(ADF)は「名古屋城木造復元天守閣のバリアフリー化方針に対するADF声明」を発表しました。
http://aichidisabilityforum.com/#nagoyajyou4
その中で「エレベーターは障害のある人だけでなく、高齢者、ベビーカーを使用する人、小さな子ども、大きな荷物を持った観光客などすべての人にとって有益なものであるのはいうまでもありません。」としています。

・4年後の2022年までに「新技術」が開発されるかどうかわからない
・費用もいくらかかるかわからない
・エレベーターを設置すればはるかに安上がり
・エレベーターを設置しなければ「訴訟リスクあり」と市が選任した弁護士が明言
・「新技術」導入で、他の登城できる人が減るかもしれない。
・「新技術」で「文化庁復元検討委員会」「名古屋市建築審査会」「消防法 総務大臣認定」「名古屋市消防長の同意」「日本建築センターの評定」が通るかどうかまったく不明

名古屋市はいったいなにをやっているのでしょうか。
自らハードルを上げ、訴訟リスクを高めています。

なお、ADFは「この間の名古屋城木造復元天守閣のバリアフリー化に関する新聞・テレビ等の報道によって、ネット等で匿名の方たちより、「障害者は自分勝手すぎる」、「クレイマー」等の言われなき誹謗中傷を受けており、名古屋市の方針が「差別・偏見・人権侵害」を助長しているといえます。」としています。
http://aichidisabilityforum.com/#nagoyajyou3

名古屋市はきちんとした情報を市民に知らせず、すでに「言われなき誹謗中傷の被害者」を生んでいます。
一刻も早く、既に破綻している「2022年12月竣工」を認め、善後策を検討すべきです。

-----
なお、18/5/18(金)午後1時〜 名古屋市市政情報室(名古屋市西庁舎1階)で、基本設計等の開示を受けます。全部で2813枚。
入手次第ネットにアップ予定です。
「基本設計業務」成果物が、はたして法律に基づいた形式・内容になっているのか。文化庁等への関係法令等行政手続がどのようになっているのか。資料を受け取ったあと、詳細に分析する予定です。

「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」成果物
 (1)天守閣基本設計業務(外構、付帯設備含む)約300ページ
 (3)調査業務(史実調査、地盤調査、石垣調査等)
 (4)積算業務のうち、表紙(総額部分)部分
 (5)施工技術検討業務 約200ページ
 (6)関係法令等行政手続き 約400ページ


18/5/16(水)文化庁復元検討委員会 「現名古屋城天守閣は戦後都市文化の象徴」

18/5/15名古屋市議会経済水道委員会において、名古屋市は、文化庁の有識者会議「復元検討委員会」が17/12/26.18/3/26に行われており、現天守閣を「戦後都市文化の象徴」と指摘していたことがはじめてわかりました。
・18/5/15 名古屋市議会経済水道委員会配付資料 名古屋市観光文化交流局
 特別史跡名古屋城跡天守閣整備事業に係る基本計画(案)の進捗状況について
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180515-1.pdf
・18/5/15 名古屋市議会経済水道委員会
 名古屋市民オンブズマンによる自動文字起こしアプリによる文字起こし
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180515-2.pdf

配付資料にこっそりかかれており、市からの説明も簡単に済ませ、市議からの指摘もほとんどありませんでした。
 
「復元検討委員会」が行われていたのかどうかすら、これまで名古屋市は明らかにしてきませんでした。

18/5/16読売新聞によれば、「文化庁の担当者は「前例のない大規模な木造建築の復元計画なので、あらゆることについて詳細な検討や対応を、法令面を含めて詰めていく必要がある」と読売新聞の取材に話した。」とのこと。

2018年05月16日 読売新聞
天守「戦後都市文化の象徴」…文化庁検討委 木造復元に厳しい指摘
http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20180516-OYTNT50017.html

今後、文化庁と名古屋市に対し、「復元検討委員会」での議事録、配付資料を情報公開請求する予定です。

名古屋市のエレベーター不設置方針決定で揺れる名古屋城木造化ですが、「現天守閣に価値」を見いだす文化庁の意見があることを踏まえ、名古屋市はどうするつもりなのでしょうか。
市議会でも、ようやく2022年12月までには到底木造化ができないことを認識し出しました。
車椅子・高齢者を「排除」して、「4年で新技術を見つける」「現状よりも天守閣のすばらしさや眺望を楽しめることを保障する」と言うだけの名古屋市の姿勢に対し、市民の中から疑問の声が広がってきています。

論点まとめ
・エレベーターをつけるかどうか(障害者団体からの要望、愛知県知事の意見、法令等)
・エレベーターに代わる「新技術」ができるか、どう探すか
・穴蔵石垣調査をどのようにするか(文化庁の現状変更許可)
・ケーソン地下調査を行えるか(文化庁の現状変更許可)
・「復元検討委員会」で認められるのか
・収支計画をどうするか
・仮設避難コア・加圧ファン・避難トンネルをどうするか
・建築基準法の適用除外が受けられるか(名古屋市建築審査会)
・消防法 総務大臣認定による緩和が受けられるか
・消防 名古屋市消防長の同意を得られるか
・日本建築センターの評定が受けられるか
・竹中工務店との契約はどうなるのか
・寄付した人にどうするか


18/5/15(火)名古屋城天守閣木造化 市議会委員会でエレベーター・入場者想定に今頃猛批判

2018年5月15日に名古屋市議会経済水道委員会が行われ、特別史跡名古屋城跡バリアフリー基本方針(案)、特別史跡名古屋城跡天守閣整備事業に係る基本方針(案)の進捗状況について議論がなされました。
・18/5/15 名古屋市議会経済水道委員会配付資料 名古屋市観光文化交流局
 特別史跡名古屋城跡バリアフリー基本方針(案)について
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180515.pdf
・18/5/15 名古屋市議会経済水道委員会配付資料 名古屋市観光文化交流局
 特別史跡名古屋城跡天守閣整備事業に係る基本計画(案)の進捗状況について
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180515-1.pdf
・18/5/15 名古屋市議会経済水道委員会
 名古屋市民オンブズマンによる自動文字起こしアプリによる文字起こし
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180515-2.pdf

名古屋市が「エレベーターを設置しない方針」を決めたこと。2018年5月14日朝に河村たかし名古屋市長が記者に対して「(市長選や市議会の議決など)市民の選択で旧国宝のものを復元しようと決まった。もう1回さかのぼるのはおかしい」と発言したこと、大村知事が「基本的人権の問題、よりよい解決策を見いだして」と発言したことについて、市に批判が相次ぎました。

森議員:エレベーターなど、昇降装置をつけるのとつけないのとでは登れる人数が変わってくると思うが。現在の入場者数の想定は、どのような前提なのか。
市:エレベーターありの状態でアンケート調査をした。他城郭改修したときから算出した。エレベーターのあるなしにかかわらず、入場者をきちっと確保したい。(渡辺局長はエレベーターを使っている人を0. 1%以下だと明言)

森議員:市長が市長選ではっきり争点となったというのであれば、バリアフリー検討会議を指示したのは何のためか。市長の真意は生地の真意はちょっとつかみ切れない。
市:バリアフリーも重要な課題と考えている。

西川議員:階段はどの程度のスピードで上るとシミュレーションしているか。
市:秒速約0. 3 mのスピードで上り 1分間でおよそ30人程度と考えている。

福田議員:下りもそうか。
市:そうだ。

三輪議員:障害者権利条約、障害者差別廃止法、バリアフリー法などに抵触するとお考えか。
市:新技術の開発を進めていって可能となると考えているため、現時点においては法令に抵触するものではないと考えている。今年度2000万円の予算をいただいており1000万円は名古屋城内のバリアフリー検討調査、残りの1000万について、新技術の開発をどう進めていくのか。枠組みなどを作りたいと考えている。現時点では、新技術開発について調査に手をつけているわけではない。どう公募する、誰に発信するかも決まっていない。

浅井議員:絵空事になるかもしれないが、どうなるのか。
市:仮定の話なので。お答えは難しい。方針で「保障をする」と書いた。

江上議員:新技術開発のためにお金はどのくらいまで使うつもりか
市:費用の面も含めて調べていきたい。

藤井議員:現天守閣7階までエレベーターを検討したのか
市:木造復元で対応するので、検討をしたが、実施していない。

藤井議員:他の名古屋市の公共建築物で、バリアフリー法に反して建築された事例は把握しているか
市:把握していない

西川議員:石垣調査の趣旨は何か。
市:後世に残すため。7月に文化庁に基本計画策定を取りまとめる予定

西川議員:石垣部会は次回決まっていない。穴蔵石垣、背面調査は来年3月までかかるにもかかわらず、7月までに基本生計画策定方針で間に合うのか。
市:まとめていきたい。

西川議員:県知事が発言したことは文化庁への申請に関係ないと言い切れるか。
市:発言されたばかりなのでなんとも言えないが、しっかりと説明し、ご理解をいただいて許可をいただけるようにしたい。市の方にお話があれば、市の考えをしっかりと説明してまいりたい。

福田議員:ケーソン以外に史実に忠実でないものは何があるか。
市:スプリンクラー、耐震ダンパー等入れることを考えている。

福田議員:名古屋城の暑さ対策はどう考えているのか。
市:蓄電池の場合を用いた冷風扇を1たん替えている。

中川議員:知事は「『県の職員が単にエレベーターをつけないというだけでは、直ちに障害者に差別的な取り扱いをしているとは言えない。代替案があれば直ちには言えない』と発言されたそうですが、不適切な発言だと言わざるを得ないと思います。それは私が取り消しておきます。不適切な発言だと軽率な発言だと言っていいと思います。そういうコメントはコメントすべき発言ではない。」これについて、市の見解は。
市:バリアフリーの精神に反するものではないと考えている。

中川議員:建築基準法の適用除外、福祉都市環境整備指針に続いての適用原則、障害者差別解消法についての市の考え方を
市:建築基準法の適用除外に該当しうる。新技術を活用して代替措置と市天守に上がっていただきたいと考える。障害者差別解消法は努力義務である。新技術の開発を進めることが合理的配慮に当たると考える。

中川議員:健康福祉局局長からコメントをいただいた。「木造天守閣の昇降に関する付加設備の方針案について障害者差別解消法においては、行政機関はみずから設置する施設の構造の改善及び設備の整備に努めなければならないとされています。今回、木造天守閣の昇降に関する付加設備の方針案においては、史実に忠実に復元するためエレベーターを設置せず、新技術の開発等を通してバリアフリーに変え、最善の努力をするとされております。
最新技術の開発等で必ず障害者の方にも、天守閣内部が見られるよう最大限の努力をするとされており、エレベーターを設置しないことが直ちに基本的人権を侵害するとは考えておりませんが、引き続き障害者の方の意見を聞きながら、障害者の観覧設備整備に努めていく必要があると考えています。」についての当局の見解をお聞かせいただきたい。
市:バリアフリーに最大限努力をしていく

中川議員:将来においては法令に抵触する可能性があるのであれば、イエスとはなかなか言いづらい。訴訟リスクは想定しているのか。
市:現時点において、弁護士等に確認してないので、今後詰めていきたい。

今頃になってですが、大変活発な議論がなされました。
5月17日午後1時半からの名古屋経済水道委員会において、訴訟リスクについて議論されるかもしれません。
----------
訴訟リスクといっても、竹中工務店からのもの。障害者団体からのもの。寄付者、さらに市民からの住民訴訟。また、愛知県、文化庁、国土交通省、消防庁、名古屋市消防長、名古屋市建築審査会などからの権限行使も考えられます。
このようなことは、方針を決める前に、きちんと検討した上で、方針を出すべきだったと思いますが、全てが後手後手の名古屋市です。
エレベーターをつけるにしてもつけないにしても、多大な困難を伴います。完成時期を遅らせても訴訟リスクがあるでしょう。仮に木造復元の方針を撤回したとしても、訴訟リスクがあるでしょう。
少しでも訴訟リスクを減らすために、市議会は予算の議決をすべきでなかったのですが、残念ながらその責任は市議自身はまったく感じていないようです。

いずれにしても訴訟リスクがあるなら、できる限り市民へのツケを最小限度にする方策を考えてもらいたいです。
市長をはじめ市当局はどのように責任を取るのか、市議会はどう対応するのか今後も注目していきたいと思います。


18/5/14(月)名古屋城木造化 エレベーター不設置方針に愛知県知事「再考を」

名古屋市が復元しようとしている名古屋城木造天守閣についてエレベーター不設置の方針を示していることについて、大村秀章愛知県知事は18/5/14記者会見で「障害者の基本的人権に関わる」として再考を求めたと各報道が伝えています。
(インターネット生中継がされていましたが、録画は後日見ることができるとのこと)
http://www.pref.aichi.jp/koho/kaiken/

障害者団体「愛知障害フォーラム」は、18/5/11に市の方針は不当な差別に当たるとして、愛知県障害者差別解消推進条例に基づき知事に助言、あっせん又は指導を行うよう求めました。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/shogai/sabetsu-jourei.html

大村知事は、「上記助言等は事業者に対して行うことができる」とした上で、「名古屋市も引き続き障害者関係の皆さまと十二分に意見交換していただいて、よりよい解決策を見いだしていただきたい」と述べたとのこと。

愛知県は「人にやさしい街づくりの推進に関する条例」の権限を持っています。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jutakukeikaku/0000025385.html
18/4/10に所管の愛知県住宅局住宅計画課に問い合わせたところ、「名古屋城にも適用される」と明言しました。

------
21世紀になってずいぶんたち、平成も終わろうとしている現在、「障害者を排除」しようとするエレベーター不設置の方針は全くの時代錯誤です。
混乱を招いている河村たかし名古屋市長は、都合が悪くなると「誤解がある」と今回も述べましたが、時代を誤解しているのは河村市長の方ですし、名古屋市として2015/12の公募型プロポーザル業務要求水準書で「バリアフリー化 ・バリアフリーに配慮したものであること」と述べていることを忘れています。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_03.pdf

現天守閣はいったん閉館しましたが、まだ取り壊されておりません。
2022年12月末までの木造天守閣完成は、穴蔵石垣調査に関する文化庁の現状変更許可すらおりておらず事実上無理です。
いつその事実を名古屋市が認めるかという状態です。
大阪城・熊本城のように、最上階までエレベーターを設置して耐震改修・長寿命化するのか(約29億円)、完成期限を延長してエレベーター付きの「ハイテク木造」(最低505億円。完成期限延長のため費用が増加する可能性あり)にするのか。
市民にきちんと情報を伝えてこなかったツケを払うときがきました。


18/5/11(金)名古屋市 木造天守閣 9割以上の否定意見を完全に無視

18/5/11、名古屋市は名古屋市は、「特別史跡名古屋城跡保存活用計画」を策定したと発表するとともに、パブコメ意見と市の考え方を公表しました。

特別史跡名古屋城跡保存活用計画
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000105368.html

2018年5月11日 名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所保存整備室保存整備係
特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)に対する市民意見の内容及び市の考え方
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000105362.html

平成24年12月に文化庁が確認した、「全体整備計画 増補版」では『現在の鉄筋天守を活用していく』と明記してあります。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000045497.html

それを「整備方針は木造復元とし、検討を進める」と明記したのが今回の保存活用計画の目玉です。

市民からはそもそも木造復元に否定的な意見が140件集まり、肯定的な意見9件の15.5倍もありました(全体の94%)。

しかし、市は以下述べるだけでまったく反映されませんでした。
【市の考え方】
木造復元は、特別史跡内の建造物として本質的価値の理解を促進するという点において優位性が高く、また、現天守閣が有する価値の保存・継承等、木造復元における様々な課題も克服することが可能であると考えており、今後も木造復元の意義や木造復元の検討状況等の情報を市民の皆さまに丁寧に伝えながら、木造復元の事業を進めてまいりたいと考えております。

さらに、バリアフリーについても27件集まっていますが、「参考にする」というのみ。結局18/5/9の天守閣部会で「エレベーターは設置しない方向」としましたが、河村市長は18/5/10に「少なくとも1階までは上がれるようにする」と何の根拠も示さずに述べました。
【市の考え方】
真実性が高い木造復元とバリアフリーという課題に関しては、昇降・移動の困難な方への対応をいかに行うかをしっかりと検討し、ハード・ソフト両面から対応を行ってまいりたいと考えております。また、年齢や障害の有無、言語の違いなどに関わらず、多くの方が楽しめる観覧環境を整えるため、適切な説明板・案内板、多言語対応のパンフレットや音声ガイドの設置、案内スタッフの配置など、来場者の円滑な観覧を促すようユニバーサルデザインを検討してまいりたいと考えております。
また、木造復元天守閣の内部空間や眺望を体験できる方策の1 つとしてVR 等の活用検討も行ってまいりたいと考えております。
いただきましたバリアフリーに関するご意見は、今後の参考とさせていただきます。

保存活用計画については、文化庁の「確認」が必要だと理解しています。
・文化庁 重要文化財(建造物)保存活用計画の策定について(通知)
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/hokoku/kenzobutsu_hozonkeikaku.html
・平成29年10月24日 第12回企画調査会配布資料
 国指定等文化財の 個別の保存活用計画について
 http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/bunkazai/kokuho_wg/05/pdf/r1397990_03.pdf
 
今回の保存活用計画が、愛知県教育委員会を通じて提出され、文化庁から計画書受理の旨の通知(確認の通知)を受けたのか、愛知県教育委員会と文化庁に情報公開請求してみます。

いずれにせよ、保存活用計画では「整備方針は木造復元とし、検討を進める」となっているだけです。
「検討した結果出来ませんでした」となるかもわかりません。
木造天守閣復元には、文化庁の現状変更許可が必要です。
市民の広汎な疑問意見・バリアフリーに対する疑問をそのままに、文化庁が現状変更許可するのでしょうか。文化庁も市民からの多くの疑問があったことは承知しています。
その前に、石垣穴蔵調査、ケーソン下ボーリング調査のための現状変更許可を文化庁が認めるか、という問題もあります。

本来は、「保存活用計画」作成時に市民の議論を十分尽くしてから「木造復元」などの方針を決めればよかったのですが、まず基本設計をはじめてしまい、木造復元のための寄付も集め始め、現在は実施設計と木材製材の予算まで議会は可決してしまいました。
バリアフリーの問題はいまだに解決せず、耐火・耐震対策などもどうなるかわかりません。

市民の懸念をそのままに突っ走る名古屋城木造化に、明るい未来は見えてきません。


18/5/9(水)名古屋城木造復元 有識者「これでは工程表と呼べない」

18/5/9特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第10回)が開催されました。

18/5/9 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第10回) 配付資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180509.pdf
18/5/9 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第10回)
名古屋市民オンブズマン作成メモ
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180509-1.pdf


冒頭に、「ケーソン健全性調査を行った」と報告がありました。
現天守閣を支えているコンクリートの塊であるケーソンは、地中深くに埋まっているため、中性化がほとんどされていないことが判明しました。
ただ、いつだれがどのような予算で何のために調査したかが明らかになっておらず、非常に唐突な感じがしました。
後に述べるケーソン地下調査との違いを明確にしないため、傍聴者は混乱しました。

次に、エレベーター設置について「報告」がありました。
名古屋市としては、エレベーターを設置しない方針を固めたとのこと。
今後、市議会委員会に報告ののち、5月末に最終決定を行うということでした。

川地正数・川地建築設計室主宰は「以前名古屋城に1日5200人来場者があったとき、現天守閣に車いすの人が4人館内にいた。今後祭日は1日20000人を考えているはず。
16人の車いすの人をいかにスムーズに避難させるか。16人を階段で避難させるのは厳しい。煙が入らない一時的な場所を考える必要がある。平常時のエレベーター付けるつけないではなくいろんな装置を検討すべき」としました。

古阪秀三・立命館大学客員教授は「京都では大勢の外国人観光客がスーツケースを持って移動し、ある意味迷惑している。外国人が大勢名古屋城に来るのなら、地元に沿った人がよく見て意見を出さないといけない」としました。

結局、エレベーター設置について「議題」ではなく「報告」となり、エレベーターの設置の有無について天守閣部会がふさわしいのかどうかもはっきりせず、しかも市は「案」として示すのみで、うやむやのまま「特に反対意見は出なかった」となりました。

18/4/24に有識者で構成する「特別史跡名古屋城跡バリアフリー検討会議」を設置したものの、そこには特に今回の方針を示したわけでも無く、そこの議論が成熟して結論が出たわけでもありません。
https://ombuds.exblog.jp/26722457/

続いて、「議事」として前回の指摘事項と対応状況の説明をしました。
前回の天守閣部会で「ケーソン下のボーリング調査を早期に実施するように、文化庁の許可を得るように申し入れていただきたい」と要望が出ましたが、「早期に調査を実施できるよう努めてまいります」と書いてあるだけ。
座長の瀬口哲夫・名古屋市立大学名誉教授は「文化庁に実際に申し入れたのか。自分で努力するのか」と尋ねました。竹中工務店は「ケーソン基礎内のボーリングについては文化庁と協議している」と述べたと理解しました。
(声が小さく、また誰が発言したかも名乗らないため、はっきりはわかりませんでした)。
瀬口座長は「ボーリング調査の結果がでないといろいろできない」と、ケーソン下のボーリングが重要だと述べました。

次に、名古屋城天守閣整備事業工程案(マイルストーン)なるものが出されました。
古阪客員教授からは「マイルストーンには技術的な内容が欲しい。
また、これはだれが書いたのか。発注者、設計者、施工者の立場で異なっている。
発注者が強引に決めることもある。
具体的に書かないと、天守閣部会で何を決めて議論するのかわからない。
何が進んでいるのか」と批判がでました。
瀬口座長からは「今回のマイルストーンは文化庁が許可を出すかだろう。
文化庁の許可が着実に進むのか。資料があると議論しやすい」と述べました。
川地主宰も「なにがクリティカルなのかチェックするには、ネットワーク工程で
ないとだめだ。
石垣調査完了は平成31年3月となっているが、議会承認と逆転している。
今回の資料だと正直言ってわからない」としました。
瀬口座長も「石垣調査完了が、現状変更許可より遅れている。
工程に影響がないとマネジメントしている人が言っているが、、、。
工程案は前回・前々回から出して欲しいと言っていた。
次回も出して頂く」と酷評され、今回の天守閣部会ではまともに議論になりませんでした。


なお、石垣詳細調査完了が平成31年3月、木造復元に係る現状変更許可が平成30年11月に出される予定としていますが、文化庁は石垣詳細調査が完了してから木造復元に係る現状変更許可を出すため、そもそも逆転しています。
石垣詳細調査のうち、穴蔵石垣根石調査を行うには文化庁への現状変更許可申請が必要ですが、それは記載されておりません。 ケーソン基礎地下のボーリング調査を行うためにも文化庁への現状変更許可申請が必要ですが、それも記載がありません。

18/3/28天守閣部会で示された「平成30年度 天守閣部会検討内容(案)」では、「主架構の考え方」を検討することになっていましたが、まったく資料がありませんでした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180328.pdf

2時間の予定でしたが、1時間で終了しました。

天守閣部会終了後、ぶら下がり記者会見に応じた西野所長に対し、
マスコミからは厳しい質問が飛びましたが、相変わらず同じ答えを繰り返しました。
・技術的に未知数だが→時代的に可能性を探る。パワーアシストなどで本人が登りやすくするとか、はしご車のようなものを利用するなど。
 「今すぐこれ」とは言えない。
・まだ確立されていない技術」に対して不安や懸念があるが
 →ごもっとも。燃えた天守そのままを復元するのが事業のコンセプト。名古屋城は「特別史跡」であり、江戸時代の風致が残っているようにそのまま復元したい。
・当初の案に戻ったのは結論ありきだったのではないか
 →検討したが、4人乗りエレベーターは限界があった。
・最終決定はどのようにするのか
 →そこまで決めていないが、市長が話しをするのではないか
・50年後-100年後に国宝を目指すというのはこれまでに無く踏み込んでいるが
 →コンセプトを大事にする
・法律や条令などで義務があるが、エレベーターなしで問題は無いのか
 →建造物については「努力義務」であり、バリアフリー法の趣旨を踏まえる
------
全国97の障害当事者団体で構成する特定非営利活動法人DPI(障害者インターナショナル)日本会議は、18/5/9に「名古屋城天守閣木造復元事業バリアフリー未設置に対する抗議」を名古屋市長に提出しました。
http://bit.ly/2KaOEF0

日本共産党名古屋市議団も18/5/9に「「エレベーターなし」の天守閣木造化に対する談話」を発表しました。
http://www.n-jcp.jp/2018/05/19490.html

5月15日(火曜日)午後1時30分から開催される名古屋市議会経済水道委員会で、どのような議論になるのか注目したいです。
http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/324-3-0-0-0-0-0-0-0-0.html
 
------
エレベーター設置だけでこれだけもめています。
今後、文化庁への現状変更許可申請(穴蔵石垣、ケーソン下部ボーリング、外部エレベーター・現天守閣解体、木造天守閣復元)、市建築審査会での「適用除外」同意、「消防法 総務大臣認定による緩和」「市消防長同意」「日本建築センターの評定」「愛知県人にやさしい街づくりの推進に関する条例に基づく整備計画の届出」がないと、木造天守閣は出来ません。

到底2022年12月の完成には間に合わないと考えますが、それを名古屋市が認めたとき、名古屋市は竹中工務店とどのような話し合いが行われるのか注目したいです。

来週には、名古屋市が業者に依頼した「木造天守閣への来場者見込み」の詳細が公開されます。
これだけ苦労してお金をかけたとして、無事に回収できるのか、そこから議論をし直す必要があるのではないでしょうか。

-----
2016年4月14日、16日に発生した熊本地震により、熊本城は約634億円の被害を出しました。
(国指定重要文化財13棟約72億円、天守閣と公園約137億円、石垣約425億円)
今後20年かけて復旧していくとのこと。
https://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=14691&e_id=14

熊本城天守閣は名古屋城と同じコンクリート製ですが、2019年までに最上階まで上がれるエレベーターを設置するなど、バリアフリー化に努めるとのこと。

2018/5現在、熊本城天守閣も本丸御殿も入れませんが、「城彩苑」という総合施設は見学でき、熊本城の歴史が大変わかりやすく展示されています。
http://www.sakuranobaba-johsaien.jp/

「築城当時の歴史を感じる」には木造復元は必ずしも必要ありません。熊本城も築城当時の様子をCGで表現していましたし、佐賀県にある名護屋城も「バーチャル名護屋城」ということでCGで城跡を見ることが出来ます。
http://saga-museum.jp/nagoya/exhibition/limited/2016/06/001014.html

名古屋城については、石垣の劣化が進んでおり、東海地震が来たら石垣がどうなるかわかりません。
天守閣木造化より早急に石垣保全を図るべきではないでしょうか。

幸いなことに、現天守閣は「閉館」しただけで、まだ取り壊していません。
(取り壊すにも文化庁の「現状変更許可」が必要で、まだ名古屋市は取り壊しの現状変更許可申請を行っておりません)

「いったん決めた」からとして泥沼に突き進むのか、一部費用は無駄になるが撤退するのか。
情報を市が独占しており、有識者にも判断させない名古屋市。
ずるずると名古屋城天守閣閉館が続けば、来城者もじり貧になり、結局ツケは名古屋市民が負うことになります。


18/5/8(火)名古屋市 木造名古屋城天守にエレベーター設置しない方針決定と報道

18/5/8 中日新聞夕刊によれば、名古屋市は木造名古屋城天守にエレベーターを設置しない方針を固めたとのこと。

名古屋市は、現天守閣閉鎖最終日の18/5/6、開園時間終了後にマスコミだけに4人乗りエレベーターの概要説明を市政記者クラブのみ公開し「4人乗りエレベーターは通常の車椅子だと乗れない」と結論づけたとのこと。
このような概要説明が行われることも市民に一切公開しませんでした。
市政記者クラブ配付資料は翌開庁日午後に名古屋市市民情報センターに開架され発覚しました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180506.pdf

今後エレベーター以外で昇降できるロボットなど新技術開発の提案を国内外から募る考えといいますが、具体的にはまったくめどが立っていません。

名古屋市は、2015/12の公募型プロポーザル業務要求水準書で「バリアフリー化 ・ バリアフリーに配慮したものであること。」と述べているにもかかわらず、自ら条件を反故にしました。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_03.pdf

「建築基準法第3条第1項第4号に基づき適用除外」と名古屋市建築審査会はまだ同意していません。
http://www.city.nagoya.jp/jigyou/category/39-6-3-7-0-0-0-0-0-0.html

愛知県「人にやさしい街づくりの推進に関する条例」でも、「特定施設の新築若しくは新設、増築又は改築をしようとする者は措置の基準(以下「整備基準」という。)を遵守しなければならない」とあります。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jutakukeikaku/0000025385.html

河村市長は18/4/23記者会見で「『一人でも多くの人に』登ってもらえるように努力する」と述べました。
http://www.city.nagoya.jp/mayor/page/0000104157.html
しかし、新築の公共施設では「『全員』が利用できるようにする」のが世の中の流れですし、各種法律・条例などの定めです。

名古屋市が方針を定めても、すぐさまエレベーターが設置されなくなるわけではありません。

名古屋城石垣部会の千田嘉博奈良大学教授は
「文化財の復元はいったい誰のためにするのでしょうか。原寸大レプリカはどれだけ「史実に忠実」を目指してもレプリカであって、本物にはなりません。」
「史跡における建造物の立体復元にあたっては、文化庁が組織する審議会が、保存活用計画との整合性、復元の必要性、設計や構造の適格性について厳格な審査を行います。つまり名古屋市の方針は最終結論ではないのです。復元の許認可権は、文化庁長官にあります。」
「国特別史跡として整備し、建物を復元するのですから、すべての人に公開するのが前提になります」と述べています。
https://twitter.com/yoshi_nara/status/993901144370962432
https://twitter.com/yoshi_nara/status/994063191322882048
https://twitter.com/yoshi_nara/status/993911729514991616

18/5/9天守閣部会で方針を示すとのこと。
「『全員』が利用できるようにする」にはどうすればよいのか、名古屋市民が試されています。


18/4/24(火)なんのための「名古屋城跡バリアフリー検討会議」?

18/4/24に、有識者で構成する「特別史跡名古屋城跡バリアフリー検討会議」が開催されました。今回も議論は録音・テレビ撮影不可でした。
・配付資料 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180424.pdf
・名古屋市民オンブズマンによるまとめ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180424-1.pdf

建築・地盤工学関係、建築史関係、福祉関係、工学関係の学識者を招いていますが、「専門的見地から意見を聴取する」とするだけで、庁内会議である「名古屋城木造復元天守バリアフリー対策検討会議」との関係・位置づけもはっきりしません。

有識者16人のうち、「天守閣部会」の人は6人います。
17/11/16に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 第6回天守閣部会が開催され、「エレベーターは設置しない。ただし、代替案で車いす使用者等の合理的配慮を目指す」とした市の方針に異論を出さなかったため、障害者団体が反発して「2018年5月までにエレベーター設置の有無の方針を決める」ということではなかったのでしょうか。
https://ombuds.exblog.jp/26150795/

オブザーバーとして、1級障害者、電動車椅子の人が来て発言しました。
「1級障害者や老人は2階まで階段を上るのが苦痛・つらい」「現在でもエレベーターに行列が出来ている。今より使いにくくなるのはおかしい。VR、ハートフルデーは障害者に対する差別だ」としました。

それでは、上記の人も全員が最上階まで上がれるようにしよう、というものかといえば、そうでもないようです。

市長の挨拶のあと、有識者がそれぞれの立場で意見をいいました。
それなりの意見は出ましたが、意見の対立は大きく、これでまとめるとはとても思えません。

交通計画、福祉のまちづくりが専門の、磯部友彦・中部大学教授は「バリアフリーについて、だれがどこで検討したのか。当事者はいたのか」と質問したことに対し、名古屋城総合事務所の蜂谷氏は「VR、ハートフルデーについて、メーカー、学識経験者でこれまで議論してきた。障害者は同席していなかった」と述べました。
磯部教授は「私は名古屋市健康福祉局の有識者会議で座長をしている。
http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000002473.html
そこで議論ができればよかったが、情報がなかった。今回は個人的意見を述べる。
「中部空港方式」が話題となった。2005年開港したが、2000年頃から障害者とともに設計段階から議論し、高い評判を得ている。『中部国際空港のユニバーサルデザイン』冊子にまとめた。https://amzn.to/2vNLOmZ
愛・地球博もそのメンバーでおこなった。
利用者あっての建物であり、使えないのは恥だ。
国連権利条約では『我々のことを我々抜きで決めるな』と障害者が主張していいものができた。名古屋城でもその方向性を求めたい。
『できないから我慢しろ』ではなく、前提条件から直せ。押しつけるのは技術者の恥だ。
福祉の世界では『史実』は暗い歴史。恐怖感があり使ってもらいたくない。『史実を参考』にいいものを使っていく。ハッピー Win−Winに。
VRでよいのなら作らなくてよい。VRの中で史実に忠実にすればよい。
私も名古屋市民で、建設した昭和34年は子どもの時代で名古屋の誇りだ。外観が誇りで、中にあるのは展示もの。中でも外でもどこでもよい。
一番上にのぼりたいが、高いビルも多くある。ここで議論しているのが実用的な名古屋城なのか、工芸品なのか。
史実に忠実なら模型でよい」と述べました。

福祉のまちづくりが専門の、高橋儀平・東洋大学教授は「社会的な公平性をぜひ記憶にとどめてほしい。これからの文化財を歴史の中でどう作っていくのか。
観光地のバリアフリーについて是非議論を進めて欲しい。エレベーターは4人乗りではダメで、国のバリアフリー法であれば、11人乗り、最低でも15人乗りにしてほしい」としました。

福祉工学が専門の渡辺崇史・日本福祉大学教授は「バリアフリーだけを取り上げて議論するのは違う。観光資源、安全対策で安全・楽しめるように。
対象者を障害者・高齢者だけは違う。アクセシビリティ アクセシブルな環境を。当事者参加無しには考えられない
2022年にはオリンピック・パラリンピック終わっている。世の中の視点は単にバリアがないことがアクセシビリティではない。活動できるように。いろんな意見を出し合って決める過程が重要」としました。

機械安全・ロボティクスが専門の、山田陽滋・名古屋大学大学院教授は「通常時・避難時の技術は分けるべき。元産総研にいた。エレベーター事故を二度と起こさないためにはどうすればよいか。避難時は新しい技術を入れるべきでは無い。VR、段差階段昇降機は非常時に使うのではない。
エレベーターしか回答がない。外か中かといえば、僕は外に付けるしかないと思う。階段を付ける。皆さんでどう判断するか。
中に付けるのなら、文化庁との戦い 史実の復元にどう影響するのか。
新しいテクノロジーには反発がある。コンセンサス会議などシティズンワークショップを行い、非専門家と専門家の溝をどう埋めるか。社会の皆さん含めて取り組んでいる」としました。

磯部教授は「階段の模型を作ってどうやって使うのか試してみればよい。作ればよい。どうしてやらなかったのか。机上の空論では進まない」としました。

オブザーバーの近藤佑次・愛知県重度障害者の生活をよくする会会員は
「私としてもエレベーターが必要ではないかという意見だ。名古屋市の目玉で様々な人訪れる。
 個人的に来る人もいれば、家族、仲間、学校、友達と来る。もし考えて欲しい。大切な人がエレベーターが必要ならどうしたほうがよいか。心に留めて考えて欲しい。
 非常に大きな事業なので、やはり全ての人を第一に。プライベートで作る、楽しむのなら誰も言わない。
 『様々な人の人権を守ろう』行政が無視して突き進むのはだめ。」としました。

オブザーバーの斎藤縣三・NPO法人わっぱの会理事長は「今日は第1回目だが、市は5月中に決めるとしている。有識者はそれぞれ考え方が違う。当事者参加が重要だとしたが、5月中にに決着をつけるとした。どうするのか」と質問したところ、西野輝一・名古屋城総合事務所所長は「継続して議論する。エレベーター・昇降については5月中に結論を出す」とするのみ。

-------
この有識者会議の目的はよく分かりませんが、開催要綱第2条で「特別史跡名古屋城跡全体のバリアフリーに関すること」とあるので、木造天守閣のエレベーターについては5月に決着をつけ、その後は「木造天守閣以外のバリアフリー」について検討する可能性があることに気がつきました。

現在、名古屋城を訪れる人のほとんどが、名古屋城天守閣に登っています。5月以降に天守閣のバリアフリー以外のバリアフリーについて議論するのではなく、2018年5月と期限を切らず、十分に「当事者参加」「情報公開」を行い、十分この有識者会議で議論することを望みます。


18/4/23(月)河村市長 記者会見で木造名古屋城「普通はエレベーターなし」の根拠は?

河村たかし名古屋市長は18/4/23に定例記者会見を行いました。
・平成30年4月23日 市長定例記者会見
 
http://www.city.nagoya.jp/mayor/page/0000104157.html
https://youtu.be/m_EW7o_mIr8?t=21m23s
・名古屋市民オンブズマンによる市長記者会見概要
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180423.pdf

河村市長は毎回毎回、記者からの質問にまともに答えていません。

記者:石垣調査はいつ出来るのか 期限に影響は無いか
→市長:石垣には現天守閣の加重は乗っていない(5回説明)
     予定に遅れることは無い

名古屋城総合事務所の担当者がでてきて、市長の代わりに説明しました。

名古屋城事務局:早急に穴蔵石垣の現状変更許可手続を文化庁に出す。
        早ければ5月中
        調査内容は石垣部会に諮る必要がある。 
        
その後も、河村市長は「石垣は濃尾地震では外側は無傷だ」と述べ、石垣部会が問題としている、戦災で焼けた影響や、現天守閣建設時の石垣改変についてはほとんど述べていません。
またもや名古屋城総合事務所の担当者がでてきて、市長の代わりに説明しました。

名古屋城事務局:石垣のはらみは前から指摘されている。
        原因も含めて調査している。
        現在の天守閣を作るとき、若干手が入っている
        今後どうすべきか、というのは今後のご判断。
        ケーソン自体の安全性と、ケーソンを支えている地盤の安全性を確認する必要がある。
        ケーソンの方も文化庁への申請が必要なので今後調整する。

その後、民間委託について記者から聞かれ、「7-8年前からずっと言っている」と述べるのみ。

春姫道中についても「民間でようやった」と述べるのみ。
今後どうするかは結局検討するとするだけです。

18/5/7に天守閣が閉鎖になるがなにかするのかと記者から問われた市長は「儀式かなんかしないといけない」と突然言い出しました。
また、今の天守についての役割を聞かれましたが、「シンボルとして甦らせる意味はあった」と述べるのみ。

「市長はエレベーターをつけたくないのか」と問われ、「市としては専門家と話して決める。コンペ時に『木造復元』とあった。普通はエレベーターなし」と述べました。
「様式書にはっきり明示している 『木造復元』復元のスパンがどのくらいあるかというはないわけではない全部昔のものかというとそうではない」
としました。

----------
市長が述べた「コンペ時に『木造復元』とあった」ですが、史実に忠実な復元とは、「大天守・小天守とも穴蔵(地下1 階)から上をすべて木造で復元することを原則とする。」としかありません。
「エレベーターなし」とはどこにも書いてありません。
むしろ、「バリアフリー化 ・ バリアフリーに配慮したものであること。」とあります。

・「名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)
 による公募型プロポーザル業務要求水準書 平成 27 年 12 月」
 http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_03.pdf
それをうけて、竹中工務店は仮設エレベーターを設置する案を出しました。

平成28年3月25日 名古屋城天守閣整備事業 技術提案書
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/280330/dwl/takenaka.pdf

結局、2015年12月の「公募型プロポーザル業務要求水準書」が無理難題だったこと、「史実に忠実な復元」という条件がいかようにも解釈でき、だれがどのように決めるのかもいまだにはっきりしないことがずっと尾を引いています。
河村市長の頭の中で揺れ動く「史実に忠実な復元」にいつまで市役所職員・市民は振り回されないといけないのでしょうか。

少なくとも
・全員が最上階まで登れる
・現在の法律を守る
のであれば、木造天守閣復元は不可能です。
(竹中工務店案では4階までの小型エレベーター。11人乗りエレベーターでも4階までの案)

河村市長が「『一人でも多くの人に』登ってもらえるように最善の努力をする」としたのは暗示的です。

------
愛知県「人にやさしい街づくりの推進に関する条例」の権限をもつ大村知事が、18/4/16記者会見で「バリアフリーの流れになっているので、弱い立場の方々の意見をしっかり聞き入れていただきたい」と述べています。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jutakukeikaku/0000025385.html

H30年4月16日 愛知県知事定例記者会見
https://youtu.be/cgTsB9UoNw0?t=29m5s

【質問】先週、愛知県の「人にやさしい街づくり推進委員会」が名古屋市に対して、木造復元する名古屋城について、障害者や高齢者にも対応するよう要請書を出しました。市は木造復元する天守閣についてバリアフリー対策を検討しているところですが、新しい名古屋城のバリアフリー対策について知事として所見はありますか。

そして委員会がですね、名古屋城の天守閣の改造というか新たな建設に当たってですね、
やはりバリアフリー、障害者・高齢者の方もね楽しめる、そうした施設にしていただきたいという要請を行ったということは聞いております。
ぜひね、そういった方々にこの障害者差別解消法、成立をし、施行され障害者差別解消推進条例も私ども県でね作り、それも施行され、バリアフリー法もねもう何年も前にできていろんな公共施設のがですね、バリアフリーバリアフリー化バリアフリー化という形になっているという流れの中でありますから、ぜひねそういった形の中で障害者、高齢者、そういった弱い立場の方々のね、意見をしっかり聞きいれていただいてねよりよい案をね、作っていただきたいというふうに思っております。
今そういうことで、検討されておられるというふうに聞いておりますので、よりよい方向でね、まとまっていくことを期待をしたいというふうに思います。

問題点の所在も把握せず、事実関係も把握せず、今後どうやって進めるのかもはっきりさせない河村たかし名古屋市長が行う木造天守閣復元事業はすでに行き詰まっています。


18/4/18(水)名古屋城木造化「建築基準法適用除外」「消防法 総務大臣認定による緩和」「市消防長同意」不存在

名古屋市民オンブズマンは、18/4/2に名古屋城木造化に関して15項目情報公開請求しました。
うち、「基本設計その他業務委託」成果物と、「木造復元に向けた調査業務委託」成果物は18/5/16まで延長になりました。

その他は何らかの決定がでました。

バリアフリーに関する庁内会議の資料は、議題すら非公開でした。
https://ombuds.exblog.jp/26673390/

また「建築基準法の適用除外」関係の資料はすべて不存在でした。
木造6階建ては現状では違法建築ですが、「建築基準法第3条第1項第4号に基づき適用除外」と名古屋市建築審査会が同意をすれば、建築基準法が適用除外になります。
http://www.city.nagoya.jp/jigyou/category/39-6-3-7-0-0-0-0-0-0.html

名古屋市は竹中工務店に18/3/30までに「基本設計その他業務」委託契約を行っていました。
竹中工務店は成果物を名古屋市に提出したといっていますが、建築基準法の適用除外には現時点ではなっていないことが判明しました。

また、名古屋市は「名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)
による公募型プロポーザル業務要求水準書 平成 27 年 12 月」で
・消防設備等については、消防法第 17 条第 3 項に基づく総務大臣の認定等により緩和を受けること。
・火災予防条例については、条例に適合していると認められるような代替案を検討し、名古屋市消防長の同意を得ること。
としていましたが、いずれも完了していなかったことがわかりました。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_03.pdf
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/280330/dwl/takenaka.pdf

エレベーター設置についても、2018年5月までに方針を定めると名古屋市はしており、基本設計が完了しないのではないかという疑問があります。
竹中工務店は成果物の対価として8億4693万6000円の請求書を18/3/30に名古屋市に提出しています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180413-5.pdf
しかし、現時点では名古屋市は竹中工務店に支払っていません。

名古屋城木造化について、名古屋市は市民に十分な情報も出さず、説明もしていません。
今後、建築基準法の適用除外になるのか、消防法第17条第3項に基づき総務省が認定するのか、名古屋市消防長が同意するのか非常に疑問です。
それらがいつまでかかるのかも不明です。

その他、文化庁復元検討委員会、文化審議会にかけられることになりますが、それらもどの程度時間がかかるかわかりません。

2018/5/7には現天守閣を閉鎖しようとしていますが、天守閣穴蔵部分の調査が開始される見通しは立っていません。

ここまでずさんな計画は見たことがありません。
これらも2022年12月までに名古屋城を木造化しようという河村たかし名古屋市長の無茶な計画のためです。

期限を改めて設定し直し、耐震改修を含めて十分議論してから決めても遅くはないのではないでしょうか。

--------
名古屋市長あて
【不存在】
1)名古屋城天守閣木造化に関し、名古屋市建築審査会に提出した「建築基準法第3条第1項第4号適用除外」認定申請書
2)名古屋城天守閣木造化に関し、名古屋市建築審査会が出した「建築基準法第3条第1項第4号適用除外」同意書
3)名古屋城天守閣木造化に関し、「建築基準法第3条第1項第4号適用除外」認定書
4)「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」に関し、株式会社竹中工務店名古屋支店に支払った委託代金の金額と日時がわかるもの
8)「名古屋城天守閣整備事業実施設計」契約書
10)「名古屋城天守閣木造化」木材の製材 契約書
11)「名古屋城木造天守閣復元におけるバリアフリーに関する検討チーム」議論の内容がわかるもの(2018年1月1日〜3月31日分)
  ただし、「庁内会議の会議の概要」を除く
14)名古屋城天守閣木造復元事業に関し、消防法第17条第3項に基づく総務大臣の認定等による緩和に関する書類
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180413-2.pdf

【延長】18/5/16まで  
5)「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」成果物(電子データ)
 (1)天守閣基本設計業務
 (2)その他設計業務
 (3)調査業務
 (4)積算業務
 (5)施工技術検討業務
 (6)関係法令等行政手続き
7)「名古屋城天守閣木造復元に向けた調査業務委託」(契約日 2017/9/26)の成果物(電子データを希望)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180413-1.pdf

【一部開示】
12)「名古屋城木造天守閣復元におけるバリアフリーに関する検討チーム」配付資料(2018年1月1日〜3月31日分)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180413-3.pdf
6)「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」に関し、株式会社竹中工務店名古屋支店から名古屋市に提出された請求書
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180413-5.pdf
9)「名古屋城天守閣整備事業に係る発注者支援業務 特記仕様書」
 「名古屋城天守閣整備に係る発注者支援業務 共通仕様書」
 「情報の保護及び管理のための特記仕様書(業務委託用)」
 「障害者差別解消に関する特記仕様書」
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180413-6.pdf
 ※契約書は不存在
13)18/3/30 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第26回)資料のうち、傍聴者に配付されなかったもの
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180413-7.pdf

名古屋市消防長あて
【不存在】
15)名古屋城天守閣木造復元事業に関し、火災予防条例に適合していると認められるような代替案についての名古屋市消防長の同意
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180413-8.pdf


18/4/17(火)名古屋城木造化バリアフリー庁内検討会議 議題すら非公開

名古屋市民オンブズマンは、堀場副市長を議長とした「『名古屋城木造復元天守バリアフリー対策検討会議』の配付資料ならびに議論の内容がわかるもの」を情報公開請求しました。

しかし、議論の内容がわかるものについては、「現時点で行政文書を作成または取得しておらず、不存在のため非公開」となりました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180413-2.pdf

配付資料については、2028年2月28日に行われた第2回検討会議については、公開されました。
しかしながら、3月29日に開催された第3回については、「議題」すら非公開で、配付資料の中身は全て非公開となりました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180413-3.pdf
庁内会議の議題や配付資料の中身が非公開というのは前代未聞です。




理由としては、「公にすることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるため」としていますが、2月28日については公開しているため、理解ができません。

なお、名古屋市は「庁内会議の公表に関する指針」というものを作っています。
これに基づき、情報公開請求しなくても会議終了後、速やかに会議の名称、開催の日時及び場所、議題、出席者の役職名、審議の概要、照会先をネット・市民情報センターで公表することになっています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/chonaikaigi.pdf

第二回検討会議については、翌日3月1日に概要が作成され、すでに公開されています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180413-4.pdf

しかしながら、第三回にについては、3週間近く経った現在でも、いまだに公開されておりません。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000102655.html

2018年4月17日に観光文化交流局名古屋城総合事務所保存整備室に電話にて確認したところ、「現時点でまだ公表していない」ことを認めました。
いつになるのかと聞いたところ「指針では速やかにとあるので、速やかに作成を努めるが、いつとは答えられない」としました。

「2週間以上経っててもまだ公開していないのは、速やかにではないのではないか」と聞きましたが、「速やかに公開することを努める」と回答するのみ。

名古屋城の木造化をめぐっては、2018年3月末までに基本設計を完成させる委託契約を、名古屋市と竹中工務店は結びました。
竹中工務店は名古屋市に成果物と称するものを提出しましたが、エレベーターの設置について方針が2018年5月にならないと決まらないため、基本設計が確定していないのではないかとの疑惑があります。

さらに、現在名古屋市は、木造天守閣復元のために寄付金を広く市民から募集していますが、「史実に忠実になると聞いて募金をしたが、エレベーターがつくのなら史実に忠実でないために認められない。寄付金を返せ。」「現在の常識では車いすに対応したエレベーターを設置するのは必須だ。エレベーターがもしつかないのなら、寄付金を返せ」という声が、双方の声が上がっています。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/tenshukaku/02_gohoumeicho/index.html

これらについても、名古屋市がどのように考えているのか、「名古屋城木造復元天守バリアフリー対策検討会議」で議論をされているはずなのですが、現時点では市民に全く公開されておりません。

特に、名古屋市の健康福祉局をはじめとした各局がどのような感想を持っているのか非常に気になるところです。
残念ながら、上記庁内会議には、建築審査会を所管する住宅都市局、消防法を所管する消防局は構成員に入っていません。
それでも何が話されたかということは重要です。

なお、名古屋市は庁内のバリアフリー対策検討会議とは別に、新たに有識者による「特別史跡名古屋城跡バリアフリー検討会議」というものを立ち上げるとのこと。
これら有識者は建築・地盤工学関係学識者、建築史関係学識者、福祉関係学識者、工学関係学識者です。
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2018/kankobunkakoryu/0000104862.html

庁内会議が5月末までにエレベーター設置の方針を決めるという予定ですが、この新たな「バリアフリー検討会議」との関係はどうなるのか。また、バリアフリー検討会議はいつまで検討をし続けるのか。当事者の意見はどこまできくのかなど、課題・疑問が多数あります。

これまで、木造天守閣のバリアフリー問題については、木造化を検討し始めたときからずっと課題となってきました。
基本設計が終わり、次は実施設計だと言っている現在、未だにバリアフリーの方針が決まっていないことに驚愕します。

18/4/10、愛知県の福祉有識者委員会「人にやさしい街づくり推進委員会」が名古屋城復元に関して要望書を提出しました。 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180410.pdf
18/4/12日本経済新聞に寄れば、愛知県知事は18/4/16定例記者会見で、名古屋城のバリアフリー化を要望したとのこと。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29463170X10C18A4CN8000/

名古屋城木造化に関しては、地震対策、防火・耐火対策などでも問題が山積しており、どのような対策をとるのか、いまだに市民は知りません。
どう決まっているのか、決まっていないのかさえわからないのです。

これらも2022年12月までに名古屋城を木造化しようという河村たかし名古屋市長の無茶な計画のためです。
市民への情報を非公開にするのも無茶な方針のためです。

真に市民に慕われる名古屋城にするにはどうすればよいのか。
期限を改めて設定し直し、十分議論してから決めても遅くはないのではないでしょうか。


18/4/10(火)愛知県の福祉有識者委員会が名古屋城復元バリアフリーを求めて要望書提出

名古屋城天守閣木造復元をめぐり、名古屋市は5月までに方針を定めるとしている件で、18/4/10、愛知県の福祉有識者委員会「人にやさしい街づくり推進委員会」が名古屋城復元に関して要望書を提出しました。
この要望書は委員全員一致とのこと。
・要望書 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180410.pdf
・人にやさしい街づくり推進委員会
 http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jutakukeikaku/0000065031.html

申し入れ終了後の外での鈴木健一・人にやさしい街づくり推進委員会委員長(名古屋市立大学大学院芸術工学研究科教授)、ならびに辻直哉・愛知障害フォーラム事務局長のコメントを聞きました。

鈴木健一委員長:具体的に求めていることは、新しくなる名古屋城について、登れない人が出てくるということになればまずいと思いますので、ぜひとも、大事な歴史を学ぶ学習施設、公共施設だと思いますので、名古屋市には仕組みを考えていただきたい。
 一番有力なのはエレベーターなのは明らかだと思います。一定の大きさのエレベーターを設置していただきたいと思います。少なくとも技術上上がれるところまではお願いしたい。
 委員会が年度末に開催された。名古屋城についても関心事だった。
 
辻直也委員:少なくとも現状より悪くなってほしくない。一部の人が排除されないようにしてほしい。
 エレベーター設置は障害者だけの問題ではない。高齢者、ベビーカーなども。
 ここは公園ですから、全ての人が安心して安全に登れることが最優先されるべき。その次にデザインなど。ここは公共の建物だ。

その場には愛知県住宅局住宅計画課の担当者2人も来ておりました。
「人にやさしい街づくりの推進に関する条例」は、名古屋城にも適用されるのかと確認したところ「適用される」と明言しました。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jutakukeikaku/0000025385.html

「愛知県知事は名古屋城に関して『人にやさしい街づくりの推進に関する条例』に絡めて何か発言をしたことがあるか」と聞いたところ、発言していないとのこと。マスコミ各社も、同様の関心を持っていました。
----------
人にやさしい街づくりの推進に関する条例
http://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/23909.pdf
第十一条 特定施設の新築若しくは新設、増築又は改築(用途の変更をして特定施設にすることを含む。以下「特定施設の新築等」という。)をしようとする者は、当該特定施設(増築、改築又は用途の変更をしようとする場合にあっては、当該増築、改築又は用途の変更に係る部分その他規則で定める部分に限る。)について、次の各号に掲げる特定施設の区分に応じ、当該各号に掲げる別表に定める高齢者、障害者等が円滑に利用できるようにするために必要な特定施設の構造及び設備に関する措置の基準(以下「整備基準」という。)を遵守しなければならない。ただし、当該特定施設について整備基準を遵守する場合と同等以上の高齢者、障害者等が円滑に利用できるようにするための構造及び設備に関する措置が講じられると認められる場合又は当該特定施設について整備基準を遵守することが著しく困難な場合として規則で定める場合は、この限りでない。
第十二条 特定施設の新築等をしようとする者は、当該特定施設の新築等の工事に着手する日の三十日前までに、規則で定めるところにより、整備基準に適合させるための措置に関する計画(以下「整備計画」という。)を知事に届け出なければならない。
第十三条 知事は、前条の規定による届出があった場合において、当該届出に係る整備計画が整備基準に適合しないと認めるときは、当該届出をした特定施設の新築等をしようとする者に対し、必要な指導及び助言を行うことができる。
第十五条 知事は、特定施設の新築等をする者が第十二条若しくは前条第一項の規定による届出をしないで当該特定施設の新築等の工事に着手したとき、又は当該届出に係る整備計画の内容と異なる工事を行ったと認めるときは、必要な指示をすることができる。

18/4/3(火)名古屋城所長と瀬口座長とのメールのやり取り 内容全面非公開

18/2/14に開催された特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第8回)で、瀬口哲夫・天守閣部会の座長が「名古屋市の担当者が私のところにですね、私の発言の撤回と謝罪を求めて行きたいと、面会をしたい」「しかし、メールではそのように書いておりません。謝罪と撤回を求めると書いております。」とした件で、メールのやり取りを名古屋市民オンブズマンは情報公開請求しました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180403.pdf

しかし、メールの内容については全面不開示でした。
「メールの内容については、公にすることにより特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議等の今後の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるため(名古屋市情報公開条例第7条第1項第5号)


日時と宛先だけはわかりますので、以下まとめました。

・2018/1/18 14:59 
 名古屋城総合事務所整備室 渡邉達也主幹→瀬口座長
・2018/1/18 15:44 
 名古屋城総合事務所整備室 渡邉達也主幹→瀬口座長 
・2018/1/19 10:14
 ●→名古屋城総合事務所整備室 渡邉達也主幹
・2018/1/19 13:17
 名古屋城総合事務所整備室 渡邉達也主幹→瀬口座長
・2018/1/22 21:16
 瀬口座長→西野輝一・名古屋城総合事務所長
・2018/1/26 17:02
 西野輝一・名古屋城総合事務所長→瀬口座長
・2018/1/31 22:24
 瀬口座長→西野輝一・名古屋城総合事務所長
・2018/2/6 11:01
 西野輝一・名古屋城総合事務所長→瀬口座長
 
「有識者」に対してまで、名古屋市は二枚舌を使っています。
その事実を「有識者」に指摘されても、根拠資料を非公開としました。
名古屋城木造化をめぐっての市民に対する非公開は徹底しています。


18/4/2(月) 名古屋城天守閣木造化基本設計 成果品等を情報公開請求

名古屋市民オンブズマンは、18/3/30期限の「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」成果物(電子データ)を18/4/2に情報公開請求しました。
その他も以下請求しました。

名古屋市が全体のスケジュールを示さないため、今後木造化を進めるために何が必要なのか、何が問題となっているのかがまったくわからない状態です。
本来は名古屋市が積極的に市民に広報すべきですが、いまだに有識者会議の資料すら公式ホームページに載せていません。
名古屋市議会での配付資料も載せていません。

名古屋市民オンブズマンは、費用はかかりますが、いちいち情報公開請求して市民に広く知らせています。
無理な計画は事実を積み上げれば破綻します。

--------
名古屋市長あて
1)名古屋城天守閣木造化に関し、名古屋市建築審査会に提出した「建築基準法第3条第1項第4号適用除外」認定申請書
2)名古屋城天守閣木造化に関し、名古屋市建築審査会が出した「建築基準法第3条第1項第4号適用除外」同意書
3)名古屋城天守閣木造化に関し、「建築基準法第3条第1項第4号適用除外」認定書
4)「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」に関し、株式会社竹中工務店名古屋支店に支払った委託代金の金額と日時がわかるもの
5)「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」成果物(電子データ)
 (1)天守閣基本設計業務
 (2)その他設計業務
 (3)調査業務
 (4)積算業務
 (5)施工技術検討業務
 (6)関係法令等行政手続き
6)「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」に関し、株式会社竹中工務店名古屋支店から名古屋市に提出された請求書
7)「名古屋城天守閣木造復元に向けた調査業務委託」(契約日 2017/9/26)の成果物(電子データを希望)
8)「名古屋城天守閣整備事業実施設計」契約書
9)「名古屋城設計監理等支援業務委託」入札・随意契約仕様書 契約書
10)「名古屋城天守閣木造化」木材の製材 契約書
11)「名古屋城木造天守閣復元におけるバリアフリーに関する検討チーム」議論の内容がわかるもの(2018年1月1日〜3月31日分)
12)「名古屋城木造天守閣復元におけるバリアフリーに関する検討チーム」配付資料(2018年1月1日〜3月31日分)
13)18/3/30 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第26回)資料のうち、傍聴者に配付されなかったもの
14)名古屋城天守閣木造復元事業に関し、消防法第17条第3項に基づく総務大臣の認定等による緩和に関する書類

名古屋市消防長あて
15)名古屋城天守閣木造復元事業に関し、火災予防条例に適合していると認められるような代替案についての名古屋市消防長の同意
------
参考

・名古屋城天守閣整備事業基本計画→2018年7月に文化庁に提出する計画
 ・名古屋城天守閣整備事業における基本的な考え方を整理したもの
 ・現状変更許可申請を行うにあたり必要となる資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-5.pdf
・名古屋城基本設計→竹中工務店に委託。18/3/30に名古屋市が受領と主張。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180202.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180313.pdf


18/3/30(金) 「名古屋城穴蔵部分調査」現状変更許可取っていないことを市が認める

18/3/30 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第26回)が開催されました。

18/3/30 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第26回)配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180330.pdf
・名古屋城跡保存活用計画(案)抜粋
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180330-1.pdf
・名古屋城跡保存活用計画(案)概要
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180330-2.pdf
・名古屋城跡保存活用計画 資料編
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180330-3.pdf
・名古屋城跡保存活用計画(案)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180330-4.pdf

・メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180330-5.pdf
・全体整備検討会議 終了後の囲み取材の様子(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180330-6.pdf
 

注目すべき点は3つありました。
1)竹中工務店から基本設計+石垣調査結果が本日市に提出されたと説明
2)木造復元明記の保存活用計画に「バリアフリーを求めるのは不可能」と意見
3)穴蔵調査 文化庁の現状変更許可申請許可を受けていないことを認める  

------ 
1)竹中工務店から基本設計+石垣調査結果が本日市に提出されたと説明

これまでの各部会の報告がなされました。
バリアフリー対策について報告があり、エレベーター設置について、設置するかどうか、設置する場合3案を検討中であるとしました。
名古屋城総合事務所は「どこまでが『史実に忠実か』定義が難しい。文化庁にも明確な基準がない」と認めました。 

構成員の赤羽一郎・愛知淑徳大学非常勤講師は「竹中工務店とは基本設計+石垣調査を本日18/3/30までの契約だが、市に提示されたか」と質問し、名古屋市は「竹中工務店から資料を受け取り、本日完了検査を行う予定」と答えました。

全体整備検討会議 終了後の囲み取材では、名古屋城総合事務所の蜂谷主幹は
「基本設計の完成物の検査ですが、今日1日で終わるわけでは無く、すごい量ですから、段ボール5箱くらいあるので、随時検査します。成果品としてはいただきました。
 検査で合格しているわけではないものですから、検査をさせていただいて、内容に不足があればさらに追加を求めることがありえる。
 あるけども、基本設計としては完了しているということ。」と述べました。

市は基本設計が終わったとしていますが、エレベーター設置について決まっていないのに、基本設計を終わらせる、というのが理解できません。
18/3/28天守閣部会で、「構造計画、防災計画、ユニバーサルデザイン、仮設計画、活用、維持管理、地盤調査」が終わっていないことを認めました。
これらも基本設計終了に必要不可欠です。
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書(当初)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
・発注契約書の仕様
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180202.pdf
・変更契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180313.pdf

------
2)木造復元明記の保存活用計画に「バリアフリーを求めるのは不可能」と意見

名古屋市は、木造復元明記の保存活用計画を示しました。
赤羽講師は「城郭築城時にバリアフリー思想は無く、不特定多数の登城を想定していなかった。『史実に忠実』を柔軟性を考えてはどうか
木造天守ではバリアフリーは不可能といわざるを得ない現天守を改修することで解決する。ないものねだりだ」と述べました。

それに対しては他の有識者も市もなにも返事をしませんでした。
なお、全体整備検討会議 終了後の囲み取材で、西野所長は「意見としては受け止めた。概ね了承された。保存活用計画を文化庁に報告して策定に向けて進める」としました。

囲み取材の中で、記者は「文化庁にいつ提出するのか」と質問したところ、岩本整備室長は「提出ではないです。見せて示す。提出というものではない。そういうものは申請とかいう」と述べました。

文化庁は、保存活用計画について「確認」すると通知を出しています。
・文化庁 重要文化財(建造物)保存活用計画の策定について(通知)
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/hokoku/kenzobutsu_hozonkeikaku.html
(計画の確認)
 12.所有者等は,都道府県教育委員会を通じて文化庁に計画書 1 部を提出し,計画の内容と必要な手続について文化庁の確認を受けることができるものとする。
 13.文化庁は,都道府県教育委員会に計画書受理の旨を通知し,もって確認の通知とする。
 15.確認を受けた計画の内容を変更する場合は,所有者等は変更後の計画書に変更前の計画書を添えて文化庁の再確認を受けるものとする。
 
「確認」とは、「特定の事実または法律関係の存否について公けの権威をもって判断しこれを確定する行為のこと」(行政法要論(改訂増補版)原田尚彦著)となっています。「単に文化庁に見せればよい」というものではないと理解しています。

17/10/13に、千田構成員が「一般に、名古屋城は特別史跡ですので、どういうふうに整備し、管理して活用していくかということについては、古くは保存管理計画の中にそれが謳われていました。それが、例えば国の特別史跡の許認可権をもってる文化庁に対しても、名古屋市としてはこういうふうに名古屋城を管理し、整備していくという約束になっていて。それは名古屋市民だけでなくて、国の特別史跡として国民全体に対する名古屋市の約束を示したものになっています。」
「名古屋市の側で、天守を木造にすると一方的に保存活用計画に書くことはできないわけです。当然文化庁とも合意の上です。合意ができれば文化庁としても、議論のスタートとしては木造化を検討するということになるわけです」と述べています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171013-5.pdf

上記保存活用計画について、文化庁が「計画書受理の旨を通知」する「確認の通知」を行うのかどうかは未定です。

----------
3)穴蔵調査 文化庁の現状変更許可申請許可を受けていないことを認める  

現在、名古屋市は3つの予算で石垣調査をしています。
1)17/5/9契約 基本設計+石垣基礎調査(金額不明)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180202.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180313.pdf
2)平成29年度11月補正予算 天守台石垣調査(5300万円)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170912.pdf
3)平成30年度当初予算 天守台石垣調査(2億8700万円) 
 http://www.city.nagoya.jp/zaisei/cmsfiles/contents/0000102/102554/07kankobunkakouryu.pdf

赤羽構成員は「18/3/28に天守閣部会で『ケーソン基礎のボーリングを行う』よう要望したようだが、なんのためのケーソン基礎ボーリングなのか。どのようにするのか。史跡部分の破壊の可能性はあるのか」と聞きました。
名古屋市は「内部のコアをボーリングし、ケーソン下部を調査したい。天守閣部会は、現天守閣の安全性を確認するためにも提案した」と述べました。

赤羽構成員は、「18/5/7に現天守閣をクローズすると報道されているが、なんのためにクローズするのか」と名古屋市に尋ねました。
西野所長は「耐震調査したら危ないから。穴蔵調査をするため」と答えましたが、
赤羽構成員は「穴蔵調査とはどういう調査をするのか。また、文化庁に現状変更許可申請が必要な調査にあたるのでは」と質問したところ、西野所長は「あくまでも耐震性が低いため入城禁止にする。穴蔵調査の具体的なものは決まっていないし、文化庁の現状変更許可を得ているわけでもない」と述べました。
 
名古屋市は、一方で木造天守閣を復元する、現天守閣は2022年12月木造天守閣竣工まで入場禁止にするといっておきながら、ケーソンの下の史跡部分の破壊の可能性があるボーリング調査は「現天守閣の安全性を確認するため」といっています。
永遠に入場禁止にし、現天守閣を壊す計画ならば、現天守閣の安全性を確認するためのケーソン下のボーリングは必要ありません。
どう考えても、木造天守閣をケーソン基礎の上に載せて安全性が保たれるかどうかのためとしか考えられません。

しかも、文化庁には穴蔵部分の調査の現状変更許可も取っていないことを認めました。現天守閣入場禁止まであと1か月。どのような穴蔵部分の調査をするかも決まっておらず、現状変更許可もない中で、1か月で調査が開始できる可能性は0です。
調査が始まらないのに天守閣の入場禁止をしようとしています。

-----
全体の工程表が公表されていないので、現状がどうなっているのかもわかりません。
それぞれの位置づけが明確で無く、何をしなければいけないのかもわかりません。

・18/3/30に名古屋市に提出された「基本設計」は、法・契約に基づいたものか
・文化庁は「保存活用計画」を「確認」するのか
・文化庁は「基本計画」を認めるのか。
・竹中工務店と実施設計+木材の製材契約を結ぶのか

木造天守閣を作るのであれば、本来筋は以下です。
1)名古屋城跡保存活用計画(案)確定            (2018/3)       
2)名古屋城跡保存活用計画 文化庁の確認を受ける      (2018/4以降予定)
3)ケーソン調査のための文化庁現状変更許可を受ける     (未定)
4)ケーソン調査                      (未定)
5)エレベーター設置について方針を定める          (2018/5予定)
6)日本建築センターの評定                 (未定)
7)総務省から消防設備の緩和許可を得る           (未定)
8)名古屋市建築審査会の同意(建築基準法3条 適用除外)  (未定)
9)文化庁復元検討委員会の同意               (未定)
10)基本計画をまとめる                   (2018/7予定)
11)文化庁文化審議会の許可                 (2018/7予定)
12)基本設計完成                      (2018/3提出)
13)実施設計                        (2018/4以降予定)

4月に入ったら、早急に基本設計+その他業務委託の成果物を情報公開請求します。
入場者数想定の結果も情報公開請求します。


18/3/28(水) 名古屋市 天守閣部会に名古屋城木造復元スケジュール示せず

18/3/28、名古屋市は特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第9回)を開催しました。

・18/3/28 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第9回)配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180328.pdf
・18/3/28 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第9回)配付
 特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)天守閣整備関係部分抜粋
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180328-1.pdf
・18/3/28 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第9回)
 名古屋市民オンブズマンによるメモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180328-2.pdf

大きく分けて2点ありました。
1)エレベーター設置について
2)基本計画の策定について

----
1)エレベーター設置について ですが、当初は2018年3月末までに市の方針を決めるとしていましたが、2018年5月までに延長になりました。
市民からは、「エレベーターを設置すべきでない」「エレベーターは必須だ」双方の声が多数あることが紹介されました。

市は途中経過として3案を提案しました。
a)竹中当初提案(4人乗り)(内部)
 4階まで 
 大梁を切る
 一般的な車椅子・電動車椅子の対応はできない
b)11人乗り(内部)
 4階まで 
 柱や大梁を切る
c)11人乗り(外部)
 1階まで
 外壁に史実にない開口部を設置し、史実との乖離が生じる

有識者の川地正数・川地建築設計室主宰は「個人的見解だが、史実に忠実とすれば、b)c)はどうかと思う。a)は可能性はあるが、車椅子が乗らなければ意味が無い。地震・火事時、いかに地下1階まで避難するか検討しないとまずい。通常は車椅子が乗る形で影響がないようにご検討いただければ」と発言しました。

しかし、「史実に忠実」「バリアフリー」を完全に満たす方法が現時点でないなかで、「ご検討」と言われてもよいアイディアがあるはずもありません。

なお、最上階までの階段数は未だに公表していません。
地面から最上階(5階)までは38.45メートル。階段1段の高さは最高29.4センチ。傾斜55度くらいの急な階段を120段以上のぼることになります。

有識者の古阪秀三・立命館大学客員教授は「本日名古屋城に行ってきたら、エレベーターが混んでいた。多様な選択肢を示し、現状をよく見て、もう少し幅広く考えて欲しい」と述べました。

しかし、「ではどうすればよいか」が述べられていません。「史実に忠実」と「バリアフリー」は両立しないことを、はっきり言うのが有識者としての務めなのではないかと思います。

しかも、名古屋市は「建築基準法第3条第1項第4号の適用により建築基準法の適用を除外することで、木造による復元が可能となるが、構造や防火・避難に関する性能について現代建築物と同等の安全性を確保することが前提条件」としており、「完全に史実に忠実」は不可能と認めているとしか思えません。

さらにバリアフリー法については「上記適用除外で、特別特定建築物に街頭せず、建築物移動円滑化基準への適合義務に関する規定は適用されない。しかし、地方公共団体及び施設管理者の責務である移動円滑化を促進するために必要な措置を講じる努力義務については適用される」としており、バリアフリーを無視することは出来ません。

i)「史実に忠実」と「バリアフリー」は両立しない
ii)防火・避難性能は現代建築物と同等の安全性を確保することが前提条件
iii)移動円滑化促進措置を講じる努力義務は適用される
のであれば、「史実に忠実」ではなく「バリアフリー」を選択するしかないのではないかと考えます。
(なお、どうして現天守閣の耐震改修・長寿命化・7階までエレベーター設置がきちんと検討されないのか、不思議でたまりません。木造天守閣作成より格安で法的・技術的にも簡単にできます)

天守閣部会の「有識者」が、上記について理解しているようには思えませんが、そんな人達がエレベーター設置などの有無を決めようとしています。

天守閣部会には、電動車椅子の人2人も傍聴に来ていました。
車椅子の人は「法律は適用除外されるのかもしれないが、『障害者の権利に関する条約』に適用除外があるのだろうか。」と、天守閣部会終了後、委員に話しかけていました。
・外務省 障害者の権利に関する条約
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken/index_shogaisha.html
-----
2)基本計画の策定について ですが、名古屋市は名古屋城の木造天守閣「復元」に際し、文化庁に対して現状変更許可申請を行う必要があり、2018年7月に文化庁に提出する計画を立てています。

・17/12/25 名古屋市議会経済水道委員会
 特別史跡名古屋城跡天守閣整備事業に係る基本計画(案)の進捗状況について
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-5.pdf
名古屋城天守閣整備事業基本計画(案)の趣旨
・名古屋城天守閣整備事業における基本的な考え方を整理したもの
・現状変更許可申請を行うにあたり必要となる資料

しかし、17/12/25に名古屋市議会経済水道委員会に示したスケジュールでは、2018年3月には基本計画(天守台石垣除く)を完成させる予定でしたが、天守台石垣だけでなく、「構造計画、防災計画、ユニバーサルデザイン、仮設計画、活用、維持管理、地盤調査」について終わってないことを認めました。

小野徹郎・名古屋工業大学名誉教授は、「天守台の地質調査をちゃんと進まないと、主架構にいかない。」と述べたところ、名古屋城総合事務所の渡辺主幹は「まだ見通しは立っていない」と認めました。
座長の瀬口哲夫・名古屋市立大学名誉教授は見通しが立っていないということは、工程は見通しがたたないということか」、小野名誉教授も全体の計画は変更を検討していると言うことか」と質問したところ、渡辺主幹は「そういったことです」と認めました。

古阪客員教授は「前回、全体のスケジュールがわかる資料を出して欲しいと要望した。現在予定通りなのか、いっていないのか。現在説明できないのであれば、4月時点でどうなっているのか。一番重要だ」と述べました。
瀬口座長も「今日、スケジュール資料を出して欲しいとお願いしたが、出せていないというのは調整できていないということですね?」と述べました。渡辺主幹は「調整できるところを調整して、情報提供に努力する」と述べるにとどまりました。

また、有識者の三浦正幸・広島大学大学院教授は「東海地震がいつくるかわからない。ケーソン下のボーリングは絶対的に必要だ。文化庁に要望して欲しい。この委員会として要望したい」と述べ、全員が同意しました。

------
名古屋市と竹中工務店は、名古屋市城天守閣整備事業基本設計その他業務委託について、委託の期限を18/2/28から18/3/30に延期しました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180313.pdf
わざわざケーソン部分のボーリングを削除しています。

いまだに、名古屋市は文化庁に対しては「石垣調査は、現在の石垣の保全のために必要」としか言っておらず、木造天守閣復元については文化庁には正式な文書を出していません。
ケーソン基礎のボーリングを行う必要性について、どのように文化庁に説明するつもりなのでしょうか。
「木造天守復元のため」としても、木造復元を明記した「特別史跡名古屋城跡保存活用計画」はまだ文化庁で「確認」されていません。
「既存の天守閣のため」とすると、「保存活用計画」との矛盾が出てきます。

順番は以下です。
1)「特別史跡名古屋城跡保存活用計画」が文化庁に「確認」される
2)ケーソン基礎のボーリングを行うための現状変更許可申請を文化庁に提出し許可される
3)ボーリング調査の結果が判明する
4)上記調査結果に基づき、基本計画を策定する
5)基本計画を添えて、文化庁文化審議会に、現天守閣取り壊し、木造天守復元承認の現状変更許可申請を行う。
 
どう考えても、5)の現状変更許可申請を2018年7月の文化審議会に提出することは不可能です。

-----------
2018/3/30(金)10時〜、KKRホテル名古屋において「特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議」が開催されます。傍聴可能
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2017/kankobunkakoryu/0000099872.html

年度末で、基本設計等の期限、入場者数試算の期限、保存活用計画策定期限も2018/3/30です。
竹中工務店と名古屋市は契約延長するのか、どの程度委員が問題点を指摘するか、に注目したいです。

2018/3/28時点まとめ
・建築基準法3条1項4号適用除外は受けていない
・名古屋市消防長の同意はまだ
・エレベーター設置有無方針は2018年5月に決定
・基本設計+その他業務委託 期限は2018/3/30
 エレベーター設置が決まらないと完了できず
 石垣調査の範囲を広げることを提案されているが、期限内に終了するか不明
 予算の年度をまたぐための市議会で繰越明許の議決も取っていない
・入場者数試算 期限は2018/3/30
・「特別史跡名古屋城跡保存活用計画」確定は2018/3/30
 その後文化庁で「確認」予定
・ケーソン基礎ボーリングは行っていない
 現状変更許可申請の時期も未定
・基本設計終了後の実施設計予算8.6億円+7.04億円は可決
・木材製材予算22.115億+73.11億円は可決
・2018/5/7 現天守閣地下部分調査のため、閉鎖決定
 

18/3/16(金) 絵にも描けない名古屋城木造天守閣予算115.1億円 委員会で可決

18/3/16に名古屋市議会経済水道委員会が開会されました。

(新規)名古屋城天守閣の整備
3,495,000千円(債務負担行為8,015,000千円)
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-6-2-15-1-2-2-0-0-0.html
1 趣旨 特別史跡名古屋城跡の本質的価値の理解促進、及び文化的観光面の魅力向上を図るため、名古屋城天守閣の整備を行う。
2 事業内容(1)実施設計 
 基本設計の結果を踏まえた詳細設計を実施
 30年度860,000千円
 31〜32年度704,000千円(債務負担行為)
(2)設計監理等支援業務委託43,500千円
  天守閣整備事業に係る技術面及び法務面に関する支援
(3)木材の製材
 柱や梁等の主架構木材調達及び製材並びにその施工監理
 30年度2,211,500千円
 31〜34年度7,311,000千円(債務負担行為)
(4)天守台石垣調査287,000千円
 現在実施している天守台石垣調査に加え、石垣の背面や劣化の状況等を詳細に把握するための調査
(5)史跡内仮設工事93,000千円
 仮設事務所の設置

上記予算について、各会派の意見は以下です。

自民 原案賛成 名古屋城天守閣の閉館後において、名古屋城の無料開放や
        現存する三つの隅櫓の開放など様々な集客対策を行うことで
        入場者を確保すること。
民主 原案賛成 歴史観光歴史遺産を観光魅力に昇華することを念頭に娯楽性等を
        加味しながら観光客の視点に立って、観光資源を魅力あるものに
        磨き上げていくこと
公明 原案賛成 バリアフリー新法が施行されて10年になるが遅れている箇所の
        観光文化観光文化施設のバリアフリー化を早急に進めること
共産 反対   名古屋城天守閣の木造復元に関しては、バリアフリー問題一つ
        とっても容易に解決しない、このような天守閣木造化は拙速に
        進めるのではなく、いったん立ち止まり、現天守閣の耐震化を
        含めて再検討すべきだから。
        2022年、天守閣木造復元に関して市民合意がない中、事業を
        進めることに繋がるから。
減税 原案賛成

結局賛成多数で可決しました。

-----
今回の委員会の審議中に以下が明らかになりました。
・2018年2月末期限の基本設計を3月30日まで延ばすこと。
 (エレベーター設置、建築審査会の適用除外などがないと基本設計は完了しない)
・エレベーター設置については実施設計の中で決めると市はしていること。
・文化庁とは木造天守閣について相談していないこと。
・名古屋市建築審査会の適用除外はなされていないこと。
・エレベーター設置の有無は5月までに決めること。
・スプリンクラーは全館設置予定であること。
・寄付が「思っていたのと違う」としても返還はなし。
・木材予算95億2250万円は、全体の3分の1程度。
・業者に委託した入場者数試算は市想定より減少すること。
・市想定来場者数は1日最大7万人だが、25000人を超える場合は木造天守閣の入城制限を検討。

実施設計予算が市議会で可決されても、基本設計が完了しなければ実施設計に移れません。
各種法令を守りながら、現代建築史上前代未聞の6階建て木造建築は出来るのか?
どのような姿になるのか?だれもわかりませんし、だれがどこでいつ決めるのかもわかりません。

基本設計は2018年3月30日までに期限延長になりますが、万が一予算を次年度に
繰り越す場合、「繰越明許」の議決が必要ですが、現時点では市議会に提案がありません。

きちんとした情報を出さず、法的手続も軽視・無視する名古屋市。
市議会もまともな追及ができません。

2018/5/7から、現天守閣地階の石垣調査を行うため、現天守閣を閉鎖する予定です。
(市は、木造天守閣建設とは関係ないと文化庁に説明しています)
調査が終われば、現天守閣は再度見学可能になるはずですが、「木造天守閣建設のため」として、ずっと閉鎖を続ける予定とのこと。

いつまででたらめな行政を続けるつもりなのでしょうか。
いつまで竹中工務店はこんな名古屋市につきあうのでしょうか。


18/3/14(水)名古屋城木造化 今回木材予算95億円は全体の3分の1

18/3/14に名古屋議会市経済水道委員会が開催されました。
・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180314.pdf
・18/3/14 名古屋市議会経済水道委員会(名古屋市民オンブズマンによる、自動文字起こしアプリを使った文字起こし+修正)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180314-1.pdf

江上市議(共産)が「今回提案されている木材予算、新年度22億円余、債務負担行為が73億円余、合計が95億円余は木材総額か」と質問があり、市は「柱・梁・土台部分のみで2036立方メートル。全体で4500立方メートルで3分の1程度を要求している」としました。

また、福田市議(公明)が「天守閣に登れない人が出てくるのか」と質問し、「名古屋城では2万-25000人で入城制限をかける予定。最大1日7万人来場する試算をしているので、そういったことも考えられる」としました。

また、福田市議は「史実に忠実ということで、スプリンクラーはつけるのか。クーラーはつけないとして熱中症対策はどうするのか」と質問し、市は「消防と協議中だが基本的には全館にスプリンクラーを設置予定。スポットクーラーや送風機などの対策は必要だと考えるが、詳細は設計中で検討する」としました。
福田市議は「遮熱材などを検討しては」といいましたが、市は「基本的には史実に忠実に復元していくので、資料に基づきながら進めていきたいと考えている」としました。

---------
結局、基本設計でどこまで決めるのか。誰がスプリンクラーなどの有無を決めるのか。いつ決めるのかなどがまったく明らかになっていません。
しかし18/3/16(金)午前10時には意思決定してしまいます。

議論も低調で、基本的な情報も提示されませんでした。18/5/7に天守閣が閉鎖されても基本設計が終わらず、来場者だけが激減して一歩も進まない姿が目に浮かびます。

18/3/13(火)名古屋城木造化基本設計 期限延期以外の詳細判明

名古屋市城天守閣整備事業基本設計その他業務委託について、名古屋市は竹中工務店への委託の期限を18/2/28から18/3/30に延期しましたが、その変更契約書を情報公開請求で入手しました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180313.pdf


・地盤調査費が約7648万円から約2568万円に減額されています。
・木材主架構費が約5134万円増えています。
・天守閣既存調査(ケーソン)が約249万円増えています。


発掘調査地点を減らしているのですが、どのようにケーソン調査をするのかが、添付されている図ではわかりません。
本当にケーソン調査をしようと思ったら、1ヶ月ではとても間に合いません。
市議会では、基本設計の期限が2月末から延長になったことをなぜかほとんど問題視していない感があります。

-------
なお、名古屋市は18/2/15時点では竹中工務店に1円も支払っていないことが判明しています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180228-1.pdf
役所の会計に詳しい人に聞いたところ、「基本設計は知的業務なので、原則完成するまで支払わない」とのこと。

基本設計が完了するめどはまったく立っていません。
竹中工務店はこのままただ働きをするのか、それとも。。。


18/3/12(月)名古屋城木造天守閣 市想定より少ない来場者見込み公表

18/3/12に名古屋議会市経済水道委員会が開催されました。
・18/3/12 名古屋市議会経済水道委員会配付資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180312.pdf

今回、「名古屋城天守閣木造復元に向けた調査結果の概要」が示されました。
        現天守閣閉鎖時 ピーク   50年後
・名古屋市試算  112万人    452万人  366万人
・低位      145万人    378万人  295万人
・基本      145万人    382万人  318万人
・高位      145万人    422万人  346万人
・参考      145万人    388万人  378万人
いずれも、リニア開業で来場者が増大するとしています。


江上博之市議(共産・中川区)は、「現天守閣閉鎖時、市の想定より多い145万人が来るというのはとても信じられない」としました。
西川ひさし市議(自民・昭和区)は、「現在、約230万人の名古屋市人口が、50年後には180万人ぐらいに減るにもかかわらず、毎年346万人ぐらい維持できるのはなぜか。不思議でたまらない。」としました。
西川市議はまた「単純計算で最大1日7万人ぐらいが入る計算になる。これまで最大で桜の時期に35000人入ったが、芋を洗うようだったと思う。7万人なんて名古屋城のどこにそんなに人が入れるのか。」としました。
名古屋市は、「姫路城の例を参考にすると、名古屋城木造天守閣でも2万人から2万5000人をめどに入場制限しながら運営していくことになるのではないか」と答弁しました。
また、西川市議は「上記試算はエレベーターをつけたときの想定かどうか」と聞き、市は「エレベーターをつけず、階段を上る前提での試算だ」としました。

西川市議は、「100億円の寄付を集めると市長は言っているが、いつまでに集めるのか」と聞き、市は、「来年度は2億円を集める目標だ。100億円というのは一定の目安としての努力目標であり、期限を区切っているわけではない」としました。

エレベーター設置について、各局の現状の課題認識・意見が出されました。

福田誠治市議(公明・南区)は「木造天守閣の中にエレベーターを設置するとなると、梁などを切り、新たな柱などをつける必要がある。」としましたが、市は「基本的には史実に忠実に復元し、附属のものとしてエレベーター設置を検討していく必要がある」としました。
福田市議は「1階部分くらいまでなら、油圧式の昇降機がある。どうするかはっきり決めて欲しい」としました。

また、天守閣閉館から天守閣木造復元竣工までのスケジュールが出されました。
-------
今回、コンサルタント会社が示した数字の根拠がわからないためなんとも言えませんが、
過去、公共事業の需要予測の多くは外れてきました。
(あおなみ線22%、リニモ44% https://www.ombudsman.jp/taikai/2014hazure.pdf )

市議は誰も指摘しませんが、「最大1日7万人名古屋城の敷地に入るが、木造天守閣には2万〜25000人しか入れない」のなら、残りの45000人〜5万人は何をするのでしょうか。
しかも、これらはエレベーター設置がなく階段で登る際のものであり、チェアリフトなどをつけるとさらに少なくなってしまいます。
現天守閣でも、階段では無くエレベーターでのぼるために、エレベーター待ちの人が長蛇の列をなしています。
地上11階建て相当の建物を急な階段で上り下りできる人が一体どの程度いるでしょうか。

寄付については、名古屋市が「100億円の寄付を達成する目標を定めていない」と明言しました。毎年2億円としても50年かかります。
市議は誰も指摘しませんが、505億円かかるとされる建設費、276億円以上かかる維持費に、利息が100億円かかる計算です。
せっかく寄付を100億円集めたとしても、全額利息で消える計算となります。なんのための寄付募集なのでしょうか。
・16/4/22 名古屋市議会経済水道委員会配付資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160422.pdf


エレベーター設置については、2015年12月の技術提案・交渉方式による公募型プロポーザルで名古屋市がゼネコンに検討するよう注文していることです。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_03.pdf

スケジュールですが、基本設計がいつ終わるのかがまったく書いていません。
2018年2月末までだった基本設計は、3月末までに延期されましたが、完了するめどはたっていません。
以下が必要ですが、いずれも受け付けられてもいません。
・「日本建築センターの評定」(まだ)
・「文化庁復元検討委員会の審査」(最低3回?まだ1回も審査されず)
・「文化審議会」(5月と10月 1階も審議されず)
・「建築基準法第3条への名古屋市建築審査会の同意」(18/3/22議題になし)
・「消防法第17条第3項に基づく総務大臣の認定」(まだ)
・「名古屋市消防長の同意」(まだ)
参考:17/12/6 名古屋市議会経済水道委員会配付資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171206.pdf

万が一名古屋市議会が、実施設計や木材の予算を認めたとしても、実施設計は基本設計が完了しないと着手出来ません。
木材についても、基本設計が完了するまでは、リスクがあるため着手しないのではないかと思います。

市議は、このような構図について、知っているのか知らないふりをしているのかわかりませんが、きちんと追及しません。
このような構図は、多くの市民から市議に送られていますが、まったく取り上げず、「史実に忠実な木造天守閣を求める」という市民の意見ばかり採り上げます。
もし「史実に忠実」を求めるのであれば、現在の竹中工務店との契約を破棄し、再度プロポーザルを取り直す必要があります。
その場合も、消防法・建築基準法上、天守閣の内部には人は入れません。

無理に無理を重ねてきた名古屋城天守閣木造化計画。
いったん白紙に戻し、竹中工務店、関係市職員を楽にしてあげられるのは市議会だけなのですが。


18/3/8(木)名古屋城木造化「エレベーターの有無の方針は5月中に決定」に変更

18/3/8に名古屋議会市経済水道委員会が開催されました。
・18/3/8 名古屋市議会経済水道委員会(名古屋市民オンブズマンによる、自動文字起こしアプリを使った文字起こし+修正)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180308-1.pdf

名古屋市は当初、2018年3月中にエレベーターを設置するかどうかについて決めるとしていましたが、名古屋城の西野所長は「現時点では年度内に方針を決定するの非常に難しいと考えている。遅くとも5月中には決定する必要がある」としました。
2022年12月に木造天守閣を完成させる予定でしたが、大幅に遅れる可能性がますます高まりました。

なお、「エレベーターを設置しない場合」「内部にエレベーターを設置する」「外部にエレベーターを設置する」複数案から方針を決めるとのこと。

西川市議は、「昔の名古屋城にはエレベーターはなかった。エレベーター設置のために木材を切るなどしたら、史実に忠実と言えるのか」と疑問を呈しました。
しかし「バリアフリーに配慮したこと」は2015年12月の技術提案・交渉方式による公募型プロポーザルで名古屋市がゼネコンに注文していることです。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_03.pdf

2016年3月の竹中工務店による提案でもエレベーターを書いていました。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/280330/index.html

なぜ今頃になって、こんなことを言い出すのか全く分かりません。
エレベーター設置については、何回も何回も名古屋市民オンブズマンをはじめ、他の市民団体も問題を提起しています。
市議にも何通も手紙を送っていますが、まったく読んでいなかったことがわかりました。

・エレベーター設置をしない場合、公募型プロポーザル違反になるため、再度設置しない場合として公募し直しが筋ではないか
・エレベーター設置した場合、文化庁が復元許可を出すか不明

寄附をした人が「こんなはずじゃなかった」と言ってますが、きちんと名古屋市の仕様をみたのでしょうか。
市民にきちんと説明もせずに寄付を募ってしまった名古屋市、河村市長の責任は重大です。
・寄付者一覧
 http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/tenshukaku/02_gohoumeicho/index.html

また、中川市議は、「1人でも多くの方に見てもらえるような努力をずっと継続していく」ということを言っていますが、基本設計の締め切りが2018年3月末であること、技術開発がいつ完成するか全くめどが立っていないため、空論に終わっています。

基本設計は、エレベーター設置の有無が決まらないと完成しません。その他、「日本建築センターの防災評定、構造評定ならびに文化庁復元検討委員会、名古屋市の建築審査会と、消防法17条3項に基づき総務大臣の認定等の緩和、名古屋市消防長の同意」が必要ですが、いずれもなされていません。

江上市議は、「現天守閣は5階までエレベーターがついているが、それを7階まで持っていくことは技術的に可能か」と質問し、名古屋市は、「可能性ではゼロではない」と回答しました。

藤井議員は、「現在、名古屋城に展示してあるものについて、今後どこに展示するのか」と質問し、次回委員会までに資料で提出すると言っています。

なお、名古屋市は、2019年9月から現天守閣の取り壊しの方に入っていく予定だとしていますが、現時点では基本設計が完了するめどは立っておらず、しかも、取り壊すのにも文化庁の許可が必要です。

その許可が果たして下りるのかどうか。下りたとしても、その後の木造復元のめどは全く立っていない以上、現天守閣を取り壊して良いのかという議論もきちんとなされていません。

名古屋市は、基本設計の取りまとめは3月末で完了する、石垣の発掘調査も3月末で完了することが可能だと言っています。
次回委員会では今後のスケジュールならびに入場者予測について概要が出てきます。
今後も注目していきたいです。

18/3/6(火)名古屋城石垣部会「石垣ハザードマップの策定を」提言

18/3/6に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 石垣部会(第26回)が開催されました。
・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180306-1.pdf
・特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)(平成30年3月6日)
 石垣関係等主要部分抜粋
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180306-2.pdf

まず、現在行われている、名古屋城の天守台周辺の発掘調査について報告がなされました。
石垣の安定性の確認ですが、通常は地山を掘り込んで地業が施されていますが、地山の上に盛り土があり、その上に根石が乗っていることが指摘されました。

それについて、宝暦の地震などの修復ではなく、近代の濃尾大地震の際の修復で施された可能性が高く、防災上放置できないと指摘されました。早急な対策が望まれ、ハザードマップの策定をすべきとの提言がされました。

その後、特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)について議論がなされました。
委員からは、「本質的価値」の部分について、江戸時代の遺構と、明治以後近代になってからの遺構が同じとこに書いてあったら矛盾するじゃないかと指摘がありました。
--------
河村市長の思いつきの天守木造化以前に、取り組みが必要なことが相次いでいます。
・石垣の安全性を最優先で確保すること
・木造天守閣にした場合の収支予測を公表すること
・木造天守閣の耐震性・耐火防火・バリアフリー対策について明確にして市民に提示すること

18/3/2(金)名古屋城木造化 市名古屋城木造化 市「バリアフリー等付加機能は実施設計で確定」繰り返す

18/3/2に名古屋市経済水道委員会が開催されました。
・18/3/2 名古屋市議会本会議(名古屋市民オンブズマンによる、自動文字起こしアプリを使った文字起こし+修正)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180302.pdf

田口一登市議(共産)は、「基本設計はエレベーターのありなしの複数案」になるのかと質問しましたが、渡辺観光文化交流局長は「原則として実施設計は、基本設計から引き続いて行うものであり、今後速やかに実施設計を進め、木造復元の詳細を確定してまいりたいと考えております。
したがいまして、バリアフリー等新たに付加する機能につきましては、基本設計において様々な可能性について検討してまいりましたので、それを踏まえ、バリアフリーの基本方針を決定するとともに、実施設計を進めながら詳細を確定してまいりたいと考えております」と述べるだけで、明確に回答しませんでした。

河村たかし名古屋市長は、以下また思いつきでものをいいました。
今回、月に一遍かふた月に一遍、ハートフルデーというかバリアフリーでというかそういうのを作りまして、その日は健常者の方はちょっとご遠慮していただくということで、福祉関係の方は車椅子だけじゃありませんので、年食って上がれん方だとか小さいから上がれんとか目の不自由な方とかたくさんみえますので、中に相当人数がおってですね、例えば150人とか200人とかおってですね、みんなでみんなで支えてなおかつ仮にハートフルデーだったら、今、最大斜度が45度で一段が20センチ弱ですけど。そういうのでもスロープ化することはできますかね。上でちょっとかぶせる。
これは僕は素人目でいっとっちゃいかんですけど。例えばウインチで引っ張りながら上は上で落ちないようにきちっと支えると。
そういう補助具を使いながら上がってってもらうと。いうことにしますと、今よりももっとたくさんですね。の人に、天守閣に上がってもらうことができる。いう方向で進めたらどうだということで、両方ともまだこれだというふうにはなっておりませんけど、両方とも考えていきましょうというふうにもなっておりまして、今回でも、予算が計上されておる、ということでございます。
河村市長は18/2/27記者会見で、「まったく本物でないならやめたほうがよい」とまで言っています。
・平成30年2月27日 名古屋市長河村たかし 定例記者会見 41:38〜
 https://youtu.be/FckPdczjOGU?t=41m38s

  「バリアフリー等付加機能は実施設計で確定」ですが、実施設計でやると言うのでは、国交省告示15号、建築士法違反です。
http://www.mlit.go.jp/common/000048579.pdf

名古屋市は竹中工務店と2018年2月28日までに「基本設計その他業務委託」を完了させるという契約を結んでおきながら、2018/2/27に両者でこっそり2018/3/30までと延長させました。
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書(当初)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
上記はマスコミにも市民にも公表しておらず、2018/3/1に名古屋市民オンブズマンが名古屋城総合事務所整備室に電話で問い合わせてはじめてわかりました。

市議も、「基本設計は当初の契約(2018/2/28)までにできなかった」「基本設計を行うには、日本建築センターの防災評定、構造評定ならびに文化庁復元検討委員会、名古屋市の建築審査会と、消防法17条3項に基づき総務大臣の認定等の緩和、名古屋市消防長の同意が必要だが、いずれもなされていない」「エレベーター設置の有無を実施設計で決めるのは違法である」ことをきちんと追及しません。

・15/12/2 名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)による公募型プロポーザル
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/index.html

今後の市議会委員会での議論を注目したいです。市議やマスコミにも上記資料を示しています。
18/3/6(火)午前10時〜 石垣部会が開かれますのでそちらも注目したいです。
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2017/kankobunkakoryu/0000102498.html

-----
なお、市は竹中工務店と約8億4000万円の基本設計+その他業務委託契約を結んでおきながら、市は1円も支払っていませんでした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180228-1.pdf
市民オンブズマンなどから住民監査請求をされるリスクを避けたのかもしれません。

このまま3月末でも基本設計が出来なければ、竹中工務店はずるずると無報酬で先の見えない仕事を続けるのか、追加費用について市と話し合うのか。
その場合、議会で予算を承認する必要があります。

基本設計だけでもこんなにもめているのに、今後「実施設計8億6000万円+債務負担行為7億400万円、設計監理等支援業務委託4350万円、史跡内仮設工事9300万円、木材の製材22億1150万円+債務負担行為73億1100万円」を竹中工務店と契約を結ぶ予算を提出しています。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-6-2-15-1-2-2-0-0-0.html
合計112億2300万円もの予算を認めるかどうかが、2018年2月議会最大の論点です。
特に木材については、基本設計・実施設計がうまくいかなかった場合、取り返しがつかなくなります。
「市が決めた・議会が決めた」だけでは進まないのが、法治国家の常識です。

-------
今後のスケジュール(予定)

・3/6(火)午前10時〜 石垣部会(KKRホテル名古屋4階)
・3/8(木)午前10時〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
・3/12(月)午前10時〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[資料質疑・質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
・3/14(水)午前10時〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[総括質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
・3/16(金)午前10時〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(3局一括)]
・3/19(月)名古屋市議会本会議 議決
・3/22(木)名古屋市建築審査会
・3月中   エレベーター設置の有無方針決定
      収支予測・来場者予測委託終了予定
・3/30(金)基本設計・石垣基礎調査委託終了予定(2月末から延長)
・5/7(月) 天守閣閉鎖予定

18/3/1(木)名古屋城木造化「基本設計+その他業務委託」2月末完了せず3月末まで期間を延長 支払いもまだ 建築基準法三条適用除外もまだ

18/3/1に名古屋市経済水道委員会が開催されました。
・18/3/1 名古屋市議会経済水道委員会(名古屋市民オンブズマンによる、自動文字起こしアプリを使った文字起こし+修正)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180301.pdf
補正予算は賛成多数で可決されました。

委員会の裏で、名古屋市民オンブズマンは名古屋城総合事務所整備室に「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」について問合せしていました。
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
履行期限が平成30年2月28日のため、3月1日午前9時5分に以下問合せ、同日午後3時55分に電話で回答を得ました。

1) 業務完了届・引渡は完了したか(業務委託契約書 31条)→まだ
2)委託代金は支払ったか(業務委託契約書32条、36条) →まだ(1円も支払わず)
3)万が一引渡等完了していない場合、契約書は変更されたか(業務委託契約書26条)
 →2/27に契約書変更した
  履行期間を平成30年2月28日から、平成30年3月30日に延長した。その他は変わらず

・「18/2/27不存在決定 上記業務委託 18/2/15時点で支払いは発生していない」
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180228-1.pdf

計画では年間366万人もの人が入場する名古屋城木造天守閣の安全をどう確保するか、だれでも入れるようどのように設計するか、というのは極めてハードルが高いです。日本建築センターでも審査が行われます。建築審査会や文化庁復元検討委員会では1秒も議論がなされていません。

これまで、名古屋市は「平成30年2月末までに、基本設計と石垣調査をまとめるよう努力する」と繰りかえしてきましたが、結局出来ませんでした。

さらに、建築基準法3条1項4号適用除外についても、18/2/27時点では不存在決定がでました。

・「18/2/27不存在決定 建築審査会 適用除外書類なし」
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180228-1.pdf

なお、名古屋市民オンブズマンは18/3/1に「『名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託』契約変更に伴う書類」を情報公開請求しました。

----------
8億4721万6844円にも及ぶ契約の期日がいつのまにかこっそり変更され、記者会見も無く、市民に全く知らされていませんでした。
石垣調査が遅れており、建築基準法第3条第1項第4号適用除外手続きも進んでおらず、エレベータ設置の有無すら決まっていないのに、本当に基本設計が2018年3月末に完成するとは思えません。

にもかからわず、2018年2月議会に名古屋城天守閣の整備として34億9500万円を計上しています。
(実施設計8億6000万円、設計監理等支援業務委託4350万円、史跡内仮設工事9300万円、木材の製材22億1150万円)

基本設計が完了しないと、実施設計には移れません。木材の製材も、きちんと工事が出来るとみこめないと出来ないというのが通常です。

基本設計等予算は2017年度のものなので、原則年度をまたぐことはできません。年度をまたぐ際は「繰越明許」ということで議会の議決が必要ですが、いまだに議会には提案されていません。
議会の議決を経ず、予算年度をまたぐことは脱法行為です。

「市が決めれば何でも出来る」「議会が決めれば何でも出来る」と思ったら大間違いです。
日本国内のことは、日本国憲法ならびに法律で縛られます。
契約書も読まず、法律も知らない人達、法の抜け道ばかり考えている人達が、今後の名古屋城のゆくえを左右しようとしています。
理性的な議論を望みます。

----
参考:名古屋城本丸御殿
・基本設計 平成18年度
【建築基準法第 3 条第 1 項第 4 号適用除外手続き】
 平成 19 年 2 月 29 日 認定申請
 平成 19 年 3 月 31 日 認定
・実施設計 平成19年度
【現状変更許可】
 平成 18 年 12 月 第 1 回復元検討委員会
 平成 19 年 3 月 第 2 回復元検討委員会
 平成 19 年 7 月 第 3 回復元検討委員会
 平成 19 年 9 月 現状変更許可申請
 平成 19 年 11 月 現状変更許可
https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_07.pdf

----
これまでの経緯は、名古屋市民オンブズマンのホームページでまとめています。
http://www.ombnagoya.gr.jp/tokusyuu/goten/index.htm

-------
今後のスケジュール(予定)

・3/2(金)本会議で代表質問
 田口一登議員(共産)[55分]名古屋城天守閣の木造復元について
 大村光子議員(減税)[49分]「名古屋城デスティネーションイヤー」の取り組みについて
  (1)名古屋城との回遊性向上に向けた取り組み
  (2)名古屋城における無料クーポンの配布
・3/8(木)午前10時〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
・3/12(月)午前10時〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[資料質疑・質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
・3/14(水)午前10時〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[総括質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
・3/16(金)午前10時〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(3局一括)]
・3/19(月)名古屋市議会本会議 議決
・3/22(木)名古屋市建築審査会
・3月中   エレベーター設置の有無方針決定
      収支予測・来場者予測委託終了予定
・3/30(金)基本設計・石垣基礎調査委託終了予定(2月末から延長)
・5/7(月) 天守閣閉鎖予定
18/2/28(水)名古屋城木造化 市「バリアフリー対策の内容次第によっては寄付を返して」電話を認める

18/2/28に名古屋市経済水道委員会が開催されました。
・18/2/28 名古屋市議会経済水道委員会(名古屋市民オンブズマンによる、自動文字起こしアプリを使った文字起こし+修正)
(33:30-35:50まで)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180228.pdf

江上市議(共産)がエレベーター問題に対し、「史実に忠実になるのか疑問だから寄附を返してくれという声が名古屋市にあったか」と質問したところ、「市にも、エレベーター等のバリアフリー対策の内容次第によっては寄附を返してほしいという問い合わせの電話があった」と認めました。

--------
そもそも「史実に忠実」と「建築基準法同等の安全」をどう両立させるか、名古屋市は市民にきちんと説明をしてきませんでした。
その象徴としてのエレベーター設置について、きちんとした方針も示さず、寄付をすでに集めはじめてしまった名古屋市、さらに河村市長の責任は重大です。

ほとんど議論になりませんが、現在の名古屋市の試算であれば、名古屋市は建築費用505億円のほかに、利子が100億円、運営管理費が276億円、修繕費が30億円と、今後50年間に約911億円かかる試算をしています。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160422.pdf
仮に木造天守閣のための寄附が100億円集まったとしても、その全額が利子の支払いに消える予定です。

今後どうなるのか全くわかりません。
18/2/28までの契約の、「木造天守閣基本設計+石垣調査」が終わる気配はまったくありません。通常の行政手順を全く踏まえずに行ってきたツケが3月に一気に噴き出しそうです。

今後のスケジュール(予定)
・2/28(水)基本設計・石垣基礎調査委託終了予定
・3/1(木)10時半〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(2局一括)]
・3/8(木)午前10時〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
・3/12(月)午前10時〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[資料質疑・質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
・3/14(水)午前10時〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[総括質疑(市民経済局、観光文化交流局関係)]
・3/16(金)午前10時〜 市議会経済水道委員会 付議議案審査[意思決定(3局一括)]
・3/19(月)名古屋市議会本会議 議決
・3月中   エレベーター設置の有無方針決定
      収支予測・来場者予測委託終了予定
・5/7(月) 天守閣閉鎖予定

18/2/27(火)「名古屋城木造天守閣にエレベーター『つける』『つけない』なら寄付金返せ」双方の声に市「丁寧に説明。返還しない」

18/2/27に名古屋市経済水道委員会が開催されました。
・18/2/27 名古屋市議会経済水道委員会(名古屋市民オンブズマンによる、自動文字起こしアプリを使った文字起こし+修正)
(20分30秒まで)
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180227-1.pdf
配付資料はありません。

名古屋城天守閣木造化への寄付に関し、森市議は「木造化だが、史実に忠実だということで、エレベーターがないものができるとして寄付をした人もいれば、エレベーターがつくかもしれないということで、寄付をした人もいる。自分の思いとは違った方向にことが進んでいくことも重々あり得るが、今後どう考えるのか」という質問を行いました。

名古屋市は「史実に忠実だとして寄附を集めている。誤解のないように丁寧な説明に努めていく。現時点では返還することを方針として考えていない。としました。

森ともお議員(民主)は、「今のうちから自分の意に180度変化することになった場合、返還するかどうかを議論した方が良い」と述べ、名古屋市は「課題等を整理して関係機関と相談したい」と述べました。

西川ひさし議員(自民)は、「市長が、『エレベーターも考えている』という発言があったが、『城というものは要塞で展望台ではない』と言うべきだった。エレベーターがつけられるわけがない。いい加減な発言をしないように」と述べました。
渡辺局長は、「現在検討中。史実に史実な木造復元を行い、その範囲でのバリアフリー対策を検討中だ」としか述べていません。

藤井ひろき議員(共産)は、「現在は全体整備計画で耐震化だ。それなのに木造復元のために基金を求めるのは矛盾しているのではないか」と質問をしましたが、市は、「現在保存活用計画を作成中なので矛盾していない」と述べるだけです。

江上博之議員(共産)は、「建築基準法三条の適用除外は、エレベータ等が仮設だから認められるのではないか」としましたが、市は「文化財保護法に基づき、現状変更が復元であれば3条適用が可能」としました。
江上議員は「文化庁と、適用除外についてやりとりをしたのか」と聞いたところ、市は「現在といたしましてはまだそのエレベーターの設置の有無について文化庁と協議はしておりません。」と述べました。

すでに1000万円を超える個人からの寄付が5件あるとのこと。
今後どうなるのか全くわかりません。
18/2/28までの契約の、「木造天守閣基本設計+石垣調査」が終わる気配はまったくありません。
通常の行政手順を全く踏まえずに行ってきたツケが3月に一気に噴き出しそうです。


18/2/21(水)「名古屋城木造化予算に対する市民意見」市は完全に無視

名古屋市は、平成30年度予算要求内容の公開に対し、市民から意見を募集した結果がホームページで公開されました。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/cmsfiles/contents/0000102/102100/30shiminn.pdf

市民意見募集のときには木材に関するお金の合計95億円は公開されていませんでした。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/cmsfiles/contents/0000099/99534/30yosanyoukyuunaiyounokoukai.pdf

それでも実施設計、史跡内仮設工事、監理設計等支援業務委託等として10億4100万円+7億400万円を提案しようとしたことに対し、市民からは多くの反対の声が集まりました。

しかし、一方的に市の考え方を述べるだけで、まともには回答しませんでした。
全て入場料収入で賄うとしていますが、根拠はありません。
2018年3月にコンサルに委託して根拠を出す予定です。

収支計画のまともな根拠もなく、市民からの意見も聞かない。「江戸時代そのまま」の体制で、名古屋城天守閣木造復元に突き進もうとしていますが、法律や民意はそれを許しません。


18/2/14(水)名古屋城天守閣部会瀬口座長「市の説明は詭弁に過ぎない」

2018年2月14日、特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第8回)が行われました。
・配付資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180214.pdf
・名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180214-1.pdf

初めに、天守台石垣周辺調査について名古屋市から説明がありました。
その説明が終わった後、天守閣部会の座長である瀬口哲夫氏は、「手元に石垣部会から市長と西野所長あての2018年1月17日付けの書類がある。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180117-1.pdf
石垣部会はなぜ再開したのか。
当該書類には、A『市としては、私の発言のように、石垣部会は見学者の安全性をを軽視する姿勢にあるとは全く認識しておらず、事業を推進する部局としても遺憾であるとの、組織としての意思表示があったことを肯定的に評価する』ということを石垣部会が言っている。
私の発言は、くりかえしませんが、議事録を見てもらえばいいと思いますが、西野所長は私の発言に対して、遺憾であったという意思表示をしたのか。」と西野所長に問いただしました。
・17/10/13 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第24回)議事録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171013-5.pdf

西野所長は「12月18日の石垣部会との話の中で、私ども事務局としてはですね、石垣部会、名古屋市としては『石垣部会が石垣の安全性を考えてない』とは考えておりませんということは申しました。ただ、瀬口座長のご見解が『石垣部会が石垣の安全性を考えていない』というふうに、名古屋市が認識しているとは全く申し上げておりませんので、私どもとしては、ただ『石垣部会は石垣の安全性を考えていないとは考えていない』ということだけを石垣部会に申し上げたということでございます。」と述べましたが、瀬口座長は「詭弁だと思います。私も考えておりません。そういうふうには。私も考えておりません。あたかも私が考えて名古屋市総合事務所が石垣部会と同じような考えであると表明したから、評価したということだと理解せざるを得ません。」と述べました。

西野所長は上記を繰り返しましたが、瀬口座長の「それでは、石垣部会は誤解しているということですね。」には回答しませんでした。

また、瀬口座長は上記2018年1月17日付けの書類の@「12月18日の名古屋市と石垣部会の調整会合で、『市長が私に面談の上で10月13日発言の撤回を直接促した。私はこれを拒否と経緯が伝えられた』と。名古屋市側から石垣部会に。これは、私は市長からそういう発言を聞いておりません。今まで、穏便をにしてくれというから発言を控えておりましたけれども、石垣部会の今後の活動方針についてこの二つのことは事実に基づいていないと思うんです。このことで、名古屋市の担当者が私のところにですね、私の発言の撤回と謝罪を求めて行きたいと、面会をしたい、と私はお断りをしました。つまり、面会をしたいという申し出があるということは、この二つの条件を認めているという事ではないでしょうか。」と述べました。

西野所長は言い訳をしましたが、瀬口座長は「しかし、メールではそのように書いておりません。謝罪と撤回を求めると書いております。」と述べ、西野所長は回答しませんでした。

その後、市はあらためて2018年1月17日付けの書類を読み上げました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180117-1.pdf

瀬口座長は「こういう重要なことですね。やはり天守閣部会の皆様が分かっていないと、これが事業が行くかできないか重要なポイントだと思うんですよ。なぜ説明をしないんですか。しかも一番については、この文章は私に、私は間違ったことを言っているとは思っていないんです。発言は足りなかったところはあるかもしれませんけど、間違ったことは報告が無かったのかな、間違ったことは言ってないと思うんですけれども。当局は、間違ったことだと思っていないんです。要請の執行を継続することを、受入たということですね。」と述べ、西野所長は「私どもといたしましても、先ほど申し上げたように、瀬口座長の発言のご意志については、瀬口座長は、そういう趣旨ではなくて、その時点では安全性の検討に至っていないと趣旨だとお聞きしておりますので、それについては石垣部会の方に回答をさせていただいたということでございます。ただ石垣部会は、そういうふうに理解をされていないということでございまして、名古屋市の立場でいきますと、それが発言がこうであるということを断定できる立場ではなく、あくまでも私どもは座長からお伺いしたことを石垣部会にお伝えしている、そういうふうに今回、石垣部会から引き続き求めると、求めよということですので、石垣部会がそういうふうなお考えだということについてはこれからもお伝えはさせていただくというふうなつもりでございます。名古屋市が、そういう意思を持って要請していくということではございません。」と回答しました。
瀬口座長は「詭弁に過ぎないです」と述べました。

委員からは「毎回全体のスケジュールの中の今回の天守閣部会の位置づけをはっきりさせるべきだ」という意見がありました。
なお、車椅子の人は2人来ていましたが、一言も木造天守閣の車椅子・バリアフリーについて話はありませんでした。

天守閣部会終了後、瀬口座長は一言も述べず帰りました。
--------
西野所長は終了後の記者会見で以下述べました。
・名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180214-2.pdf
記者:市長が瀬口座長に謝罪と撤回を求めて会っていた事実はあるのか
西野:市長はそういう事実、要は石垣部会が石垣の安全性を考えていないということを瀬口座長が話されたと言うことであれば、撤回を求めたいと考えてその場に臨んだ。実際に話した中で、瀬口座長はそういうつもりはないというお話ですので、市長としてはそれであれば、丁寧な説明をお願いします。そういうふうなしましたので、その話の中で具体的に謝罪撤回を求めるというところまでは至っていない。そういうことまではしていない。
記者:面会したのは事実ですか
西野:面会したのは事実です。私どもの理解としては、そういう状況を石垣部会は謝罪撤回を市長が求めたと受け止めていおりますが、瀬口座長は具体的に撤回を求められているわけではないので、そういう事実はないとおっしゃっております。
記者:石垣部会の方は、石垣部会が謝罪撤回を求めたということを踏まえて再開したのではないでしょうか。
西野:謝罪・撤回を求めたというところは、どういう風に捉えるかと言うことですが、まあ、市長はそういうことが事実上確認出来れば
記者:石垣部会としては謝罪・撤回を求めたっていう認識だと思うんですが
西野:はいはい
記者:それに関しては支障が出る気がしますが
西野:市長は事実だとすれば謝罪撤回を求めるという意思で会見に臨んだというのが事実ですので、それをもって石垣部会は市長は謝罪・撤回を求める意思があったということを捉えて評価したのではないかと思いますけど
若干のニュアンスの違いだと思います
記者:それは石垣部会にはきちんと説明したんですか?そういう風にやろうとしたけれども、はっきりとは言えていません
西野:石垣部会にはそのときの状況は12月18日にお話ししたときにお話しはしているつもりであります
記者:今日瀬口座長がこういう発言が出ても「それはそういうことなんですね」と向こう側は理解するんですね
西野:私どもは今までの話し合いの中で、そういう風にやっていたという理解です。
記者:でも市長まで会いに行かれて、瀬口座長はそんな認識なかった、と突っ返しているから、この先謝罪するとか発言撤回するとありえないことですよね。
西野:ちょっと私が言うのはあれですけど、それは、市長が実際に確認して先ほど申しましたように十分そういう趣旨ではないというふうにはお話をされていますので、それは瀬口座長のはっきりとした意思だろうというふうには認識してます。
記者:石垣部会はそう考えていないので、こじれるとまた止まりますよ。
  言い逃れしているとしか聞こえない
西野:まあ、難しいですが、どういうふうにとるかということは、なかなかね、我々としては、そういうお話をずっとしていくつもりです。

-----
結局、西野所長は石垣部会と瀬口座長に二枚舌を使っているとしか思えません。発言の当事者である河村市長に、いったい瀬口座長に何と発言したのか、確認したいです。
今後どうなるのか非常に興味深いです。
特に、「市長が瀬口座長に発言の撤回を求めた」と信じている石垣部会はどう対応するか、注目したいです。

-------
経緯
・17/10/13に瀬口座長が「石垣部会は安全性を考えていない」発言
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171013-5.pdf
・17/10/16 石垣部会が瀬口座長の発言撤回を求める書簡
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171016.pdf
・17/11/27 西野所長が石垣部会に回答
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171127-2.pdf
・日時不明 市長と瀬口座長が面談
 内容不明 
・17/12/18 市と石垣部会が調整会合
 市は石垣部会に「河村市長が瀬口氏に面談の上で10/13発言の撤回を直接促した(氏はこれを拒否)と」伝える
 市は「河村市長は、発言の撤回を促す意思で会見に臨んだ」と18/2/14記者に説明
 (詳細な内容不明)
・18/1/17 石垣部会が市長と西野所長に「今後の活動方針について」送付
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180117-1.pdf
・18/1/30 石垣部会再開
----------

18/2/13(火)名古屋城 市の石垣部会への返事がようやく公開

名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会が、17/10/13に開催した名古屋城全体整備検討会議(第24回)での瀬口哲夫・名古屋市立大名誉教授「天守閣部会は(入場者らの)安全性を考慮している。石垣部会は安全性を考えていない」との発言に抗議し石垣部会として瀬口氏に対して発言の撤回を求める書簡を市に送った事に関し、名古屋市が石垣部会に返事を送った件で、名古屋市民オンブズマンが上記返事を再度情報公開請求したところ、中身がようやく全部公開されました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171127-2.pdf
以前「事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれ」として内容が全面非公開とする決定が17/12/14にでました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171214.pdf

西野所長は瀬口氏からのコメントと称するものを書いてはいますが、瀬口氏からは一度も詳細について説明がなく、記者会見もせず、記者へも返事をせず、石垣部会への謝罪もありません。
西野所長は書簡で「次回の石垣部会では市長が出席し、冒頭で市長コメントを述べさせていただきたい」と提案していますが、次回2018年1月30日に行われた石垣部会には市長は来ませんでした。


18/2/12(月)18/2/15まで名古屋城木造化パブコメ募集中 例文提示

名古屋市は名古屋城「保存活用計画」案に関するパブリックコメントを18/2/15(木)必着で募集しています。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000101416.html
 
パブコメとは何か、何が問題なのかは以下でまとめました。
http://ombuds.exblog.jp/26452951/
------ 
以下資料を掲載します。参考になれば幸いです。

「名古屋城天守を戦後復興市民のシンボルに」の一級建築士である高橋和生氏が、18/2/8に開催したパブコメ学習会をまとめ、市議全員に送りました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180213takahashi.pdf

高橋和生氏パブコメ
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180213takahashi-2.pdf

高橋和生氏作成
天守の石垣を「名古屋城再建 名古屋タイムズ・アーカイブ委員会編2010年樹林舎刊」の写真で追う。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180213takahashi-3.pdf

「名古屋城天守を戦後復興市民のシンボルに」が、パブコメを募集しました。記載本人の同意を得てネット上に掲載します。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/pabukome180213.pdf

パブコメ募集チラシ
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/pabukome180213-2.pdf

------
「名古屋城天守を戦後復興市民のシンボルに」
https://www.facebook.com/1740949266229351/


18/2/10(土)ゲームアプリ「旅かえる」で、中国人が殺到する名古屋城

2018年2月10日ごろから中国では春節(旧正月)の休みが始まった。
ここ名古屋でも中国人観光客がいつになく増えている。
春節のためだけだと思っていたが、ニュースを見ると、名古屋の会社が開発したゲームアプリ「旅かえる」が中国で人気が爆発し、ゲームの中で紹介されている日本の観光地を訪れる中国人が急増しているという記事を読んだ。

旅かえるはカエルが日本各地を旅するゲームだ。いろんなところに写真を取りにいく。
まず、カエルが行くのは名古屋城だ。いろんなアイテムを渡すと、遠くに旅に出る。記事では、名古屋城を訪れる中国人の予約数が前月の200%増しという。
このようなゲームアプリで、名古屋だけでなく日本全国の観光地を中国人ならびに全世界の人に知ってもらえることは良いことだと思う。

ただ、残念ながら名古屋市は、木造天守閣を復元するためだとして、2018年5月7日から天守閣の入場禁止をすると発表した。
名古屋城を訪れても天守閣に登れないというのは、みすみす機会を失わせている。
5月7日から始まるのは天守台地下の石垣調査の予定だが、現在、天守閣周辺の石垣調査がまだ終わっておらず、天守台地下の石垣調査に移れるかどうかは不透明である。
もっと問題なのは、木造天守閣の基本設計の締め切りが2018年2月28日だが、エレベーター設置の有無の方針も決まっておらず、文化庁復元検討委員会で木造天守の議論もしていない。さらに、建築基準法の適用除外を受けてもいないため、基本設計が予定通りに完了する見込みは現時点ではない。にもかかわらず、木造天守閣復元として、5月7日に閉めてしまう計画だ。
このままでは木造天守閣に向けた次の段階である。詳細設計、木材製材作業なども取り掛かれるとは思えないし、木造天守閣自体本当にできるかどうかも不明だが、名古屋市は2018年2月議会に詳細設計・木材製材費などとして34億9500万円の予算を提案している。

現在名古屋城を訪れる観光客のうち、名古屋市民は1割程度だ。見た目では半分以上が中国人観光客に思える。この「旅かえる」ブームがいつまで続くかわからないが、今こそ名古屋城を中国にもっとアピールすべきなのに、5月7日で閉めてしまうというものはあまりにももったいない。

----------------------
2018-02-07 07:12 searchina
日本のゲームアプリ「旅かえる」ブームがリアルな観光業にも影響、登場する観光地の予約が増加=中国
http://news.searchina.net/id/1653071?page=1
18/2/9(金)名古屋市 平成30年度予算案でいきなり「名古屋城木造化 木材調達」約22億円計上

2018年2月9日、名古屋市は平成30年度予算(草案)を公表しました。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-6-2-15-1-2-2-0-0-0.html

新規事業として、名古屋城天守閣の整備34億9500万円を計上しました。
財政局査定では、ゼロ査定だった「実施設計8億6000万円、設計監理等支援業務委託4350万円、史跡内仮設工事9300万円」が市長査定で復活していただけでなく、いきなり「木材の製材」として22億1150万円(債務負担行為 H31-34年度 73億1100万円)が計上されておりました。
(上記と別途、平成29年度11月補正の天守台石垣調査 債務負担行為2億8700万円を計上)

(新規)名古屋城天守閣の整備
3,495,000千円(債務負担行為8,015,000千円)

1 趣旨 特別史跡名古屋城跡の本質的価値の理解促進、及び文化的観光面の魅力向上を図るため、名古屋城天守閣の整備を行う。
2 事業内容(1)実施設計 
 基本設計の結果を踏まえた詳細設計を実施
 30年度860,000千円
 31〜32年度704,000千円(債務負担行為)
(2)設計監理等支援業務委託43,500千円
  天守閣整備事業に係る技術面及び法務面に関する支援
(3)木材の製材
 柱や梁等の主架構木材調達及び製材並びにその施工監理
 30年度2,211,500千円
 31〜34年度7,311,000千円(債務負担行為)
(4)天守台石垣調査287,000千円
 現在実施している天守台石垣調査に加え、石垣の背面や劣化の状況等を詳細に把握するための調査
(5)史跡内仮設工事93,000千円
 仮設事務所の設置
 担当課名古屋城総合事務所整備室主幹(天守閣整備) 電話231-2481

名古屋市は「予算編成の透明性の確保と市民意見の予算への反映に関する条例」に基づき、各課の予算要求内容、財政局査定内容、市長判断を公開するとともに、市民からの意見を募っていますが、「木材の製材」費は出てきていませんでした。
http://www.reiki.city.nagoya.jp/reiki_honbun/i502RG00001216.html

名古屋市財政局財政課の担当者に18/2/9に電話で確認したところ、「木材の製材については、予算要求内容の公開とりまとめ時には間に合わなかった。その後、観光文化交流局から要求が出てきたために、市民に公開されることなく、意見も募集しなかった。一般の市民にとっては、今回の草案ではじめて目にしたことになる。」と説明しました。
なお、この草案は市議会に出す予算案と金額は同じで、わかりやすく説明したものということです。

名古屋城天守閣木造化の木材製材費としては、全部で95億2250万円となっております。
市長査定で認められるのは、例年は一般財源約21億円です。
しかし、名古屋城に関しては特別会計の「名古屋城天守閣会計」を作っており、市長査定を大幅に超える部分の予算を組むことが可能となっております。

なお今回、名古屋城天守閣の整備として34億9500万円計上していますが、これは河村市長の金看板であった。市民税減税の法人分とりやめ34億円とほぼ同額となります。
(上記34億円については、半分を企業寄付促進特例税制とするようです。)

名古屋城に関しては、竹中工務店に委託した期限の2018年2月末までの基本設計+石垣基礎調査が完了する見込みは立っておりません。
・エレベーター設置の有無の方針が2018年3月にしか決まりません。
・石垣基礎調査も大幅に遅れています。
・建築審査会で建築基準法適用除外が行われていません。
・日本建築センターで防災評定・構造評定がなされていません。
・文化庁・復元検討委員会では1秒も木造天守閣について議論がなされていません。
・「木造復元」と明記する「保存活用計画」は2018年3月に名古屋市が定める予定ですが、文化庁がそのように「確認」するかどうかは未定です。

にもかかわらず、平成30年度予算で、基本設計が終了しないと着手出来ない実施設計を認めることは到底できませんし、ましてや、木材の製材費用合計95億2250万円を認めてはいけません。

名古屋の市民・議員・マスコミはこの構図を十分理解し、少なくとも2018年2月末の契約満了時に、法的に有効な基本設計が完成したかを確認するまで、議会はこれら予算を認めてはいけません。
市長個人の責任を大幅に超えてしまい、将来に莫大な禍根を残してしまいます。
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf

市は何回も答弁で、『市議会は、実施設計や木材購入、現天守閣の取り壊し、新しく作る天守閣の建設などでそれぞれ議会が議決が必要だ。議決がされなければ進まない。その場合、市は損害賠償を竹中工務店に払う必要もない』と答弁しており、契約書上もそうなっています。市議会には慎重な審議を求めます。

・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
(予算の成立)
第6条 設計業務調査業務及び工事監理業務に係る契約は予算の成立を条件とする。
2 工事施工業務に係る契約は、工事施工業務に係る予算の成立及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例(昭和39年名古屋市条例第43号)第2条の規定に基づく名古屋市議会における議会の議決を条件とする。当該議決を経るまでは仮契約とし、当該議決があったときをもって本契約とするものとする。
3 前2項に係る予算が成立しない場合又は前項に係る議決が得られない場合は、本事業を中止し、契約の締結をしないことがある。また、その場合、当該予算に係る業務については発注者、優先交渉権者の間に何ら権利義務が発生せず、発注者は予算の成立について何ら責を負わない。

(事業の中止等)
第18条 本事業が中止になった場合、本基本協定が解除された場合又は価格等の交渉の不成立が確定した場合、発注者は契約を締結していない部分については損害賠償の責めを負わない。
2 本事業が発注者または優先交渉権者の責めに帰すべき事由で中止になった場合、その相手方は損害賠償の請求をすることができる。

◯平成28年3月17日 名古屋市会経済水道委員会
http://www.kaigiroku.net/kensaku/nagoya/nagoya.html
◆斉藤副委員長 交渉・提案方式、この言葉についてはちょっと一度、今そういうことでありますので、ぜひそれは入れていただきたいということと、交渉・提案方式というのは、当然こちら側、地方自治体側から見ると、チェック機能が果たせない。我々議会がその中で今後チェック機能が果たせるときというのは、どこの段階で、設計なんですか、それともその後、設計がたしか複雑に3段階ぐらいに分かれていたと思います。要するに、時間を短縮するために設計、三つある工程をすっと設計を一つのスパンにしたりだとか、そういういろいろなシミュレーションがあったと思いますけど、どの時点で、これはやっぱり2020年7月にできないんじゃないかという議会がそう思うとき、また、執行部さんはどう思われるかわからぬですけど、ちょっとその中で思った場合、どこでチェック機能が果たせる、どういった段階でこの2020年7月、交渉・提案方式が2020年7月のところがちょっと難しいんではないかというところは、どの時点で議会のチェック機能が果たせるんでしょうか。
◎下山市民経済局名古屋城総合事務所長 まずは、新年度に入りましては、技術提案の優秀提案が出てまいりましたら、速やかに所管事務調査等でまずは御報告をさせていただくと。その後、市民アンケート、市民報告会を経まして、まずは議案の提出という形になろうかと思います。それは、設計費の予算であったり、あるいは工事費の予算であったり、工事費の契約の議案であったりという、そういう形になろうかと思います。
 そういう中で、私どもも議案の提出の途中段階でも必要に応じて適宜御報告なりをさせていただければというふうに思っております。
◆斉藤副委員長 よく適宜、使われますけども、適宜は当然のことであろうかなと私、思っております。その中で議案としてというのは、総務省のいう観光その他債が出てきたときにしかとめられないということなんですか、議案というのは。
◎下山市民経済局名古屋城総合事務所長 議案ということで、補正予算の議案もありますし、今おっしゃられた特別会計の設置の条例、そういった部分もございますし、そういうようなお諮りをする機会ということでございます。
◆斉藤副委員長 今、くしくも所長さんが、ますし、ますしと言いますけど、一遍どこの時点で、何段階を経て、これがそうやって出てくるのか教えていただけますか。「ますし、ますし」ってそんな議案がたくさんぼんぼこ、この技術・提案方式によって、また観光その他債によってとんとこ出てくるものなのですか。チェック機能が果たせるんですか。
◎寺本市民経済局名古屋城総合事務所整備室主幹 技術提案・交渉方式の流れの中では、まず最初の契約というのが設計段階でございます。そのときにまず議会の皆様に予算の御了解をいただく必要が発生してまいりますので、まずはそのときにお諮りいたします。
 そして、設計が始まりましたら、今度はできた設計によりまして積算を行います。そして、その積算を行った上で次に工事の契約をいたしますので、そのときにまた議会の皆様にその予算をお諮りすることになりますので、完成までには技術提案・交渉方式の中の流れといたしましては、その2回の契約時にお諮りさせていただくことになります。
◆斉藤副委員長 ということは、2回そこでいろいろな諸条件が整い次第、また議会のほうに報告をまたそうやって議案として出てくるということは、議会の総意でまた決定していくことでしょうけども、2回あるというふうで理解して、これでいいんですね。
◎寺本市民経済局名古屋城総合事務所整備室主幹 委員おっしゃるとおりでございます。


18/2/8(木)名古屋城跡保存活用計画案 パブリックコメント学習会開催

2018年2月8日「名古屋城天守を戦後復興市民のシンボルに」という団体が、特別史跡名古屋城跡保存活用計画案 パブリックコメント学習会を行いました。
https://www.facebook.com/1740949266229351/

まず、ビデオ「名古屋城天守を戦後復興市民のシンボルに」を見ました。
https://www.youtube.com/watch?v=7bzvZ_BKN9w&feature=youtu.be

続いて、名古屋市民オンブズマンの内田隆がそもそも、パブコメとは何か、さらに、名古屋城の憲法ともいえる現在有効な「全体整備計画」から「保存活用計画」に変更されようとしていることを説明しました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180208.pdf

続いて、高田廣司さんがその保存活用計画に何が書いてあるかを説明しました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180208-1.pdf
☆市の「保存活用計画」案 http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000101416.html

名古屋市民オンブズマンの内田さんは、「上記保存活用計画には、初めて天守閣の整備方針を木造復元とする大転換にもかかわらず、耐震改修・長寿命化との比較がきちんとなされておらず、資金計画も全く書かれていない。時代設定がバラバラなど、多数の問題点を抱えている」と説明しました。
さらに、「市民説明会が6回あったが、保存活用計画の重要性や、なぜパブコメを行っているかなどの説明はなかった。会場から意見を言った人の9割は反対意見だった。市は名古屋城の敷地に来た人の半分しか天守閣に登れないという試算を出している、木造天守閣を国宝にする方法は不明など、極めて杜撰なものだ。詳細はニュースに載せたので見てほしい」としました。http://www.nagoya.ombudsman.jp/news/193.pdf

内田さんは、「制度としてのパブコメは、市は考え方を示す義務がある。きちんとパブコメで問題点を指摘して市に提出するとともに、予算を審議する市議会にも問題点を伝え、保存活用計画案を再度検討させるべきだ」としました。

また、街頭で500人以上のシール投票をした西浦愛子さんは「名古屋市民は現在の天守閣を壊すことをあまり知らない。きちんと説明すると、ほとんどの人が反対してくれる。1月9日から31日までシール投票を行ったが、504:6で6回の説明会で、圧倒的に反対が多い。木造賛成派の人はいい加減なことしか言わない。市はお金の力で市民に嘘をばらまいている。市議会も勉強していない」としました。


続いて、一級建築士の高橋和生さんが会場からの様々な質問に答えました。
高橋さんは「市議会は、議員報酬あげるかわりに木造天守閣を認めると、河村市長とバーター取引をしている。マスコミもきちんと言わない。
しかし、2018年2月末までの基本設計契約は、エレベーターがどうするかも決まっていないだけでなく、地下ケーソンを調べろと市が言ったにもかかわらず、ケーソン調査をしていない。ケーソンの下まで杭を打つというのは、史跡破壊になり文化庁は認めるはずがない。市の建築審査会で建築基準法適用除外も決定していない。日本建築センターの防災評定、構造評定もとっていないなど、プロから見れば基本設計として2月末までに完成しないことは明らかだ。
基本設計が終了しないと実施設計に移れない。現在、行政不服審査法に基づき審査請求をしている」と述べました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170826takahashi.pdf
http://bit.ly/2BPCNMz

内田さんは、「多くの人は勘違いしているが、市は何回も答弁で、『市議会は、実施設計や木材購入、現天守閣の取り壊し、新しく作る天守閣の建設などでそれぞれ議会が議決が必要だ。議決がされなければ進まない。その場合、市は損害賠償を竹中工務店に払う必要もない』と答弁しており、契約書上もそうなっている。
市議の立場からすれば、「俺たちが予算を認めた基本設計8億円が竹中に渡っているにもかかわらず、2月末に基本設計ができないというのは、議会無視だ」と怒らせるのは良いのではないか」と述べました。
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf

高田さんは「広報なごや2018年2月号で、100万部『名古屋城天守閣木造復元進行中』とばらまいたが、よくよく読むと、市職員は市長名の指示書があるため、いやいや木造化を進めていることがわかる。」としました。
http://bit.ly/2BO87LA
・平成27年8月24日 指示書 市民経済局長 宮村喜明殿 名古屋市長 河村たかし
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shijisho.pdf

内田さんは「市財政局も実施設計予算を認めないとするなど、木造化には反対している。市民が声を上げるべきだ」としました。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000100789.html

電動車いすでの参加も2名おり、「電動車いすは、100キロ以上ある。上に乗っている人も含めると、相撲取りぐらいの重さがある。背負子云々と市長が言っているが、傾斜50°の階段を担ぐなんてとてもできない」としました。

高橋さんは「当初の竹中工務店案の小型エレベーターでも、手動車いす1台しか乗れず、電動車いすは乗れない」としました。

最後に高橋さんは、「木造天守を復元した大洲城や掛川城では、市民の民意があり、掛川城は建設費11億円すべて寄付で賄った。
違法建築ではあるが、文化庁も建築審査会も民意がしっかりしていれば、なかなか反対しにくい。
多くの『木造化反対』の声をパブコメを市に出すだけでなく、文化庁や建築審査会に提出することも重要だ。
文化庁の人の一部には現在のコンクリート製天守閣を壊し、石垣のみの形が本来のあるべき姿だという意見もある。そうではなく、戦後復興のシンボルとして現天守閣を末永く残していきたい。」としました。

-------
☆市の「保存活用計画」案 パブリックコメント18/2/15(木)必着
 http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000101416.html


18/2/7(水)名古屋城石垣部会+天守閣部会合同部会等議事録+業務日程表 ようやく公開

以前に行われた、特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議や天守閣部会、石垣部会の
各議事録、ならびに竹中工務店から出された業務日程表が情報公開請求で公開されました。

・17/10/13 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第24回)議事録
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171013-5.pdf
 瀬口座長は、天守閣部会は安全性を考慮し、石垣部会は安全性を考えていないと発言し、石垣部会の北垣・宮武・千田各構成員が「それは違う」と即座に反論しています。にもかかわらず、瀬口座長はいまだに違いを認めていません。

・17/11/6 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第25回)議事録
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171106-6.pdf
いきなり保存活用計画案を見せられた赤羽構成員は、「耐震改修よりも木造復元とだという結論ありきだ。比較をきちんと行っていない。木造復元に関し、バリアフリーや防火の問題について、精査すべきではないか」と言っています。

・17/8/7 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第4回)議事録
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170807-5.pdf

・17/8/29 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第5回)議事録
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170829-5.pdf

・17/11/16 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第6回)議事録
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171116-5.pdf
古坂構成員は、天守閣部会では何をするのか。またスケジュールが出されていないことに疑問を呈し、工期が延びて失敗するのではないかと心配しています。
それに対し瀬口座長は「一番最後に答える」と言っておきながら、結局答えませんでした。
また、名古屋城総合事務所は、エレベーターをつけないという案について個別に天守閣部会に意見を聞いていたことを暴露。小野副座長は非公開の会議で、2階までエレベーターをつけてはどうかという提案を検討するよう依頼したが、結果が説明されていないとしました。


・17/8/9 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第23回)議事録
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170809-5.pdf
宮武構成員は、石垣調査を竹中工務店に外注するしていることに反対しています。
竹中工務店は裏付けの原本は見ていないことを白状し、宮武構成員は「竹中工務店作成のレポートは学生のレポートレベル」と言いました。

・17/9/12 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第24回)議事録
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170912-5.pdf

・17/5/9 竹中工務店作成 業務日程表
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-5.pdf
 基本設計その他業務委託は2月末までに終わらせることになっています。
-------
このような議事録は、会議が終わったらすぐに情報公開請求しなくても公開すべきです。
しかし、議事録が完成するのに3ヶ月程度かかります。

そもそも、これら有識者会議は、傍聴者が10人しか傍聴できず、しかも、録音録画もできません。報道機関のカメラすら審議中は入れません。インターネット中継もありません。
これらの議論を即座に公開し、市民の判断ができるような材料をつくるべきだと考えます。


18/2/8(木)18時半〜 名古屋城パブコメ学習会に参加を(金山市民会館)

18/2/8(木)18時半〜、「名古屋城天守を『戦後復興市民のシンボル』に」という団体が、金山の市民会館で「特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)」パブリックコメント学習会を行い、名古屋市民オンブズマンの内田隆が、今回のパブコメの位置づけと名古屋市の説明の矛盾を説明します。
・チラシ
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/pabukome180128.pdf
・パブコメ学習会案内
 https://www.facebook.com/events/144155032942448/
是非ご参加下さい。

-----
名古屋城パブコメ学習会

日時:2018年2月8日(木)18時半〜
会場:日本特殊陶業市民会館 第二会議室(地下鉄金山駅直結)
 https://nagoya-shimin.hall-info.jp/kaikan/access.html
タイムテーブル
 ・ビデオ:名古屋城天守を「戦後復興市民のシンボル」に
 ・なぜ今名古屋市は名古屋城パブコメを募集するのか+全6回質疑まとめ
  名古屋市民オンブズマン 内田隆
 ・パブコメの概要の概要 高田廣司
 ・シール投票の現状 西浦愛子
 ・質疑応答 高橋和生(一級建築士)
参加費:無料(カンパ募集)
主催:名古屋城天守を「戦後復興市民のシンボル」に
 https://www.facebook.com/1740949266229351/
2/15(木)締め切りのパブコメならびに資料はこちらから
 http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000101416.html
 

18/2/2 名古屋城木造復元 竹中工務店との基本設計等の発注契約書の仕様の開示

名古屋城天守閣の木造復元に関し、竹中工務店に委託した基本設計や石垣基礎調査等の発注契約書の仕様が18/2/2に開示されました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180202.pdf

今回、17/12/18に情報公開請求しましたが、1ヶ月半かかった後の18/2/2になってようやく全面公開されました。
どうしてこんなに遅くなったのかは不明です。

これを読むと、18/2/28までに、基本設計だけでなく、仮設建築物設計や現天守解体設計、さらに、調査業務、史実調査、地盤調査、石垣調査、積算業務、施行技術検討業務、関連法令等行政手続き業務が含まれていたことが分かりました。

当初は、現天守閣地下に埋まっているケーソン基礎をボーリングすることになっていました。
しかし、石垣部会が石垣調査のための調査しか認めないとしたためにいまだにケーソンを調査しておらず、今後行う予定の石垣詳細調査でも、ケーソン基礎を調査する予定になっていません。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171013-2.pdf

天守閣部会の事務局業務も、竹中工務店に委託していたことが分かりました。
また、成果物として、文化庁 復元検討委員会の協議調整に必要となる資料については、回答及び修正を行った上で提出することと記載がありますが、いまだに復元検討委員会では、1秒も名古屋城天守閣復元に関して議論がなされておりません。

石垣調査について全面的に竹中工務店に委託していたこともわかりました。
18/2/1になって、石垣調査が再開されましたが、期限の18/2/28までに調査が終わるかどうかは不透明です。

また、ユニバーサルデザイン整備基準整備計画書というものがついてあり、スロープはもちろん、視覚障害者誘導用ブロック、エレベーターなどが、ついているかどうかのチェック表までありました。

また、エレベーターを設置するかどうかも方針が決まっておらず、その他耐火・耐震等の検討について、「史実に忠実」とどう調整するのか、なにをどう現代技術を「添付」するのか、さらにどこで誰が決定するのかすら決まっておらず、基本設計が完了する見込みが立っておりません。

期限以内に委託が完了しない場合、どのようにするのか全く不明です。しかも、履行保証が「無」となっています。

・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
 
18年2月末にどうなるか、注視したいです。


18/1/31 名古屋城石垣部会による瀬口座長発言抗議書簡がついに公開

名古屋城天守閣木造復元をめぐり、特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議座長の瀬口哲夫・名古屋市立大名誉教授による「天守閣部会は(入場者らの)安全性を考慮している。石垣部会は安全性を考えていない」発言に対して17/10/16に全体整備検討会議石垣部会が名古屋市に提出した書簡の内容がついに全面公開されました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171016.pdf

これまでは、「公にすることにより、特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議にかかる事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるため(名古屋市情報公開条例第7条第1項第5号)、内容が非公開でした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171121-2.pdf

石垣部会の抗議だけでなく、河村市長自らが瀬口氏への発言撤回を求めるも、いまだに瀬口氏は発言を撤回していません。

石垣部会は、瀬口氏へ撤回と謝罪を引き続き求める書簡を2018年1月17日に市長と名古屋城総合事務所長に提出した上で、18/1/30に石垣部会を再開しました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180117-1.pdf

瀬口氏発言は、石垣部会を侮辱するだけでなく、全国の石垣保全にマイナスになります。
瀬口氏は、マスコミからの質問に一切応じておりません。

一刻も早く瀬口氏は発言を撤回・謝罪すべきですし、市長をはじめとする市当局は瀬口氏への働きかけならびに座長・有識者としての適格性の検証もすべきです。

----------
名古屋市民オンブズマン 名古屋城問題ページ
http://www.ombnagoya.gr.jp/tokusyuu/goten/index.htm

以下、17/10/16石垣部会書面全文
-----------
名古屋城総合事務所所長
西野輝一様

 あってはならぬことが、いってはいけない発言が、マスコミも見守る公式の、公開の場でおこってしまいました。これから秒読みで保存活用計画にしっかり書き込まねばならぬ最大の課題を残す中での発言であり、これからの文化庁との対応次第では、難しい局面となりましょう。しかも、苦労して、初めて集まった4部会の前での、それを束ねる立場にある全体整備検討会の座長、瀬口氏の発言です。
 そもそも、特別史跡「名古屋城跡全体整備検討会」が開催されるきっかけは、石垣部会に対して、名古屋市市会議員団からの依頼で、行った公開の意見交換会でした。議員団からの質問の1つ目は、天守台石垣上に残るコンクリート製天守を撤去し、それに新たに復元天守を設ける実施計画が、「天守閣部会」で進行中である。それに対して石垣部会は、既に決まっている工期、工程等の実施計画に対し、どう対処するつもりなのか。
 石垣部会からの回答として、「天守閣部会」から公式の連絡は一切ない。だから、すでに関係者間で決められている工期、工程案に対して、石垣部会からどうこう申す事は一切ない。示されたご提案で進めるのみである。2つ目の質問は、今後、石垣部会に対し、合同の集会への参加を求められた場合、どうするのかと言う問いには、求めがあれば、いつでも出席すると応じている。
 今回の全体整備検討会の冒頭、「石垣部会からの提言」の補足説明の中で、現在の石垣部会の全身は、平成14年度から始まった大手搦手馬出石垣委員会であり、現在も文化財としての石垣修復工事を継続中と報告した。さらに報告として、国の特別史跡内の天守台へ、復元天守をおく計画案といった、指定文化財への現状変更行為は、保護以外の目的で進める事は基本的にあり得ない(文化財保護法)。そのために、文化財石垣としての、遺構の価値の検証と保護対策として、事前の考古学的調査が不可欠なのであり、すでに必要な調査を始めている。今後、4部会で調査結果を共有する必要があることにふれ、そのための対策案も提示したのである。おそらく、こうした一連の調査が認められて、初めて、文化庁からの何らかの回答が予想できるのではと、補足説明をした。これが全体整備検討会までの、石垣部会が進めてきた経緯です。
 今回の瀬口氏の発言は、石垣部会が、文化財の保護のみに固執して、安全や人命を軽視すす集団だとみなされており、意図的な印象操作と映ります。印象操作といえば、西形先生からの発言で、「天守閣部会も石垣の保全が、特別史跡の整備、活用にあたっては、その保全が基本になることを、しっかり理解すべき」といった内容に対し、瀬口発言では、180度反対の天守閣部会の理解に仕上げて、石垣部会の考え方を否と解しました。市長コメントを出された市長さんは、納得されるのでしょうか。
 重要な事は、前述した「石垣部会からの提言」の冒頭でもふれたように、大手搦手馬出委員会では、西田一彦先生指導の下に、文化財石垣の持つ本質的価値の保存(担保)と、地盤工学からの徹底した安全性の確保を図りながらの調査を実施してきた。現在のところ、搦手
馬出石垣は、文化財保護を前提に、伝統技術を基本としながら、史跡の整備としての安全性を考慮した整備をを心がけてきたのである。全国での実施事例としては、極めて高い調査水準を維持しているといえる。それだけに、前座長の西田先生に対して、瀬口発言は、先生の指導を受ける石垣部会メンバーにとっても、先生のこれまでのご研究を否定するかの発言であり、看過できない。
 一時的にせよ、石垣部会において座長まで務められた瀬口氏が、石垣部会は、文化財の保護、本質的な価値のみを重視して、安全性、人命を軽視していると言う発言には、さらに、重大な問題発言と言える。それは、今全国各地で実施されている、文化財石垣の修復工事に対する挑戦とも受け取られる。
 まず、文化庁であるが、安全性、人命を軽視して修復工事を全く認めてはいない。当然、
石垣部会としても、十分配慮しながら対策を講じている事は、すでにふれたところである。
瀬口氏の発言は、現在注目されている熊本城や、全国の修復工事に関わる「文化財石垣保存技術協議会」に関わる人々にとっても、けっして見逃すことのできぬ重い言葉である。
 近く、天守閣部会も開催されるであろう。同部会としての今回の瀬口発言をどのように総括されるのであろうか。その状況次第によっては、当石垣として抗議の意を明確にするため、全委員の離任、部会の解散を念頭に、すでに全委員からの合意を得ている。
 前回の瀬口氏による不用意な発言(石垣部会の「越権行為」云々)に端を発する混乱に対して(別添の元NHK解説員毛利和夫氏の評論参照)、当石垣部会としては、市当局が推進する特別史跡「名古屋城跡」保存整備のための、事業全体に対する悪影響を予測し、これを回避するための調整に協力しました。しかし、今回、4部会を総括する全体整備検討会の座長である瀬口氏は、2度目の問題発言をされました。氏の認識には、その後も変化がないことが理解できました。
 そうした座長の姿勢と、特別史跡としての保護方針に対する挑発的と思える態度に、当部会から厳重な抗議が起こっていることを、西野所長より伝えていただきたいと思います。ここであらためて全体整備検討会、および天守閣部会の総括責任者として、今回の問題発言を明確に撤回され、加えて石垣部会に対して謝罪行動がない限り、文化庁に経緯を報告した上で、現行の石垣部会の解散(全員委員の離任)を行う予定です。
 なお、このことは全委員(赤羽、千田、宮武の各委員)の総意によりますので、重ねて申し添えます。
 以上、縷々述べましたが、瀬口氏が座長のままで、4部会と全体整備検討会の協力的調整が得られるのでしょうか。マスコミや文化庁側から見ても、極めて異常な事態ですが、私ども石垣部会としては、このままの状態で、本来の機能の維持は無理であろうと判断しますが、いかがでしょうか。
 今週以降の、瀬口氏の去就に注視したいと思います。
2017年10月16日
北垣聰一郎(石垣部会を代表して)

18/1/30 名古屋城「石垣部会として『保存活用計画(案)』を認めない」明言

2018年1月30日、石垣部会が行われ、2018年3月に名古屋市としてまとめる予定をしており、現在市民から意見を募集している「特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)」について、「石垣部会としてはこれを認めない」とする意見をまとめました。
今回も、傍聴者は録音・写真が禁止されました。
・配布資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180130.pdf
・名古屋市民オンブズマンメモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180130-1.pdf
 
まず、石垣部会がどうして再開したかを述べました。
しかし、2018年1月17日に石垣部会として提出した文書が、石垣部会だけでなくマスコミや傍聴者に配布されていないことを構成員が抗議し、市民に初めて公開されました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180117-1.pdf
再開に当たり、石垣部会から名古屋市に提出された5件の条件に対する考え方を聞かれ、名古屋城総合事務所の西野所長は以下回答しました。

 1 瀬口座長に対しての撤回と謝罪を引き続き求める
   →事務局として、要請を受け止めて、瀬口座長にこれからも引き続き伝え、意思を確認する
 2 搦手馬出修復 軌道修正する 
   →先生方の指導を得て着実に修復を進めたい
 3 文化庁記念物課によって固まっていない調査は今後審議しない
   →石垣を保全せよという観点、名古屋城全体整備の観点。
    先生方にご審議したいことを相談。
    審議対象となることを審議。
 4 藩政期以前保存、安全に反するもの 旧城の回復を求める。
   →伝える 「審議対象でない」ご報告する中で、ご提言いただけるものはいただきたい
 5 本丸北西 トレンチ調査 専門的見地 調査再開すること  
   →しっかり調査したい

千田嘉博・奈良大学教授は「天守台石垣調査については、天守台石垣の保全を目的として調査をしており、それ以上でもそれ以下でもない。しかし、これまでのほとんどすべての報道は、『木造復元のための露払い調査』と誤って報道されている。
名古屋市が木造復元すると市長・議会が決めても、史跡の整備ができるかは関係がない。石垣部会は、文化庁によってオーソライズされておらず、現状変更許可が下りていないことについて過去議論していないし、法に反する。文化庁の文化財保護課、復元検討委員会では、これまで1秒も木造天守閣のため議論をした事は無い。市は、石垣調査と木造復元と直結しているような説明がなかったかぜひ襟を正して欲しい」と言うことを再度述べました。

次に、搦手馬出の調査について話をしましたが、名古屋市の担当者が少ない中、搦手馬出の調査と、天守台石垣調査を同時並行できるのか、今年度中に出来るのか、文化庁へ提出した書類記載の担当者と実際が違うのは問題があるのでは、と言う疑問が出されました。

続いて、天守台石垣に調査について資料が出されました。
しかし、資料が雑多に出されており、何のための資料提出がわからない、とする意見が多数出されました。
また、「資料を踏まえた名古屋市の見解はなにか?」と構成員から聞かれても、調査は業者に丸投げなのか、名古屋市は回答しませんでした。資料の作り方が雑で、議論できないとしました。
(参考::「名古屋城天守閣整備に伴う調査業務 地盤調査」土層断面推定図は株式会社東京ソイルリサーチと記載。
平成29年度 特別史跡名古屋城跡石垣カルテ作成業務委託は株式会社四航コンサルタントが15,360,000円で17/12/14落札済)
 https://www.chotatsu.city.nagoya.jp/ejpkg/EjPPIj 

続いて、現在市民からの意見を募集している「保存活用計画(案)」について報告がありましたが、石垣部会の構成員からは「どうして『議題』ではなく『報告』なのか。石垣部会としては初めて資料を見た。きちんと意見が反映されるのか?」と言われました。
名古屋市は「石垣部会の皆様からの意見を踏まえて、反映できるところは反映したい」としか言わず、きちんと反映されるかは非常に不明です。
宮武正登・佐賀大学教授は「庭園にせよ、建造物にせよ、石垣にせよ、どの時代の形を目標にして保存・回復していくか、統一性が取れた指標が示されていないなど、内容が大変矛盾している。こんな矛盾した保存活用計画(案)が採用されると、これに縛られてしまい、大矛盾による混乱が起きて石垣修理は間違いなく頓挫する。
今回、『石垣部会に保存活用計画(案)を報告した』と実績づくり使われるのを恐れる。石垣部会として議題としてあげ、内容を反映していただきたい。」と強く述べました。
名古屋市は保存活用計画(案)について議論が尽くされていないことを認め、石垣等について保全方針を別途作るという方針を示しました。
千田教授は「これでは文化庁から『保存活用計画としては不備』としてやり直しを命じられる。しかも名古屋市が公式の会議で『議論が尽くされていない』と言っちゃった。残り2ヶ月では無理。ひどい内容でどうにもならない。専門家が議論して作らないと、実際の活用の際に動けなくなる。」としました。

赤羽一郎・愛知淑徳大学非常勤講師は「石垣部会としては『保存活用計画(案)』を認めない。1年ほど練ってほしい。このままでは恥ずかしい。」と述べると、西野所長は「『石垣部会としては認めない』ということを受け止めさせていただく。進め方は本日の意見を踏まえて一度考える」としました。
その後、石垣部会構成員は記者会見をしましたが、傍聴者は会場から排除されました。
記者会見終了後、石垣部会の構成員は、現在調査が行われている。天守台石垣の発掘調査について、現場視察を行いました。

-------
名古屋市は18/2/15まで『保存活用計画(案)』について意見募集していますが、石垣部会にすらきちんと意見を聞いていない『保存活用計画(案)』は市民としてとても認めることが出来ません。
・パブコメ募集詳細(名古屋市ページ)
 http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000101416.html

平成24年12月に文化庁が確認した、現在有効である「全体整備計画 増補版」では『現在の鉄筋天守を活用していく』と明記してあります。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000045497.html

少なくとも、4つある各部会に『保存活用計画(案)』を議題としてあげた上で練り直し、再度パブリックコメントを取るべきです。(名古屋市民オンブズマンは以前からその旨主張していました)。
今後少なくとも数十年間の名古屋城の保存・活用・整備方針を決める重要なものです。
2018年3月末までに『保存活用計画(案)』を策定する必然性はありません。2018年3月末には、収支予測・来場者予測も完了し、エレベータ設置の有無の方針も決まっているはずです。

2018/1/30時点まとめ
・名古屋城天守閣木造化は、文化庁・復元検討委員会が認めたわけではない。
・天守木造化を明記する『保存活用計画(案)』は2018年3月完成目標だが、石垣部会は認めないと明言。
・名古屋市議会は、2017年3月に基本設計+石垣基本調査予算8億4721万6844円を議決しただけ。
 基本設計終了後、実施設計等予算17億4500万円を2018年2月議会で審議予定。その後、現天守閣解体、木造復元建設予算を議決予定。
 いずれも議会の議決がなければ天守閣木造化は進まないし、議会の議決が得られなくても、市は竹中工務店に賠償する義務はない。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
・名古屋市は竹中工務店に2018年2月末までとして「基本設計・石垣基礎調査」を委託したが、終了する見込みなし。
・2018年3月末までに、名古屋市は収支予測・来場者予測完了、エレベータ設置の有無の方針決定
・石垣詳細調査(3億4000万円)開始のため、2018/5/7天守閣閉鎖予定も、調査開始めどが立たず。
18/5/7〜木造天守閣竣工まで、「名古屋城木造復元に伴う調査及び工事」で入場禁止と伝える看板

-------
なお、名古屋テレビなど「石垣部会は文化庁が何も認めていない木造復元に絡んだ審議はできない」と報道するなど、マスコミの報道も徐々に変わっています。
https://www.nagoyatv.com/news/?id=177339&p=1

18/2/8(木)18時半〜、「名古屋城天守を『戦後復興市民のシンボル』に」という団体が、金山の市民会館でパブコメ学習会を行い、名古屋市民オンブズマンの内田隆が、今回のパブコメの位置づけと名古屋市の説明の矛盾を説明します。
・チラシ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/pabukome180128.pdf
・パブコメ学習会
 https://www.facebook.com/events/144155032942448/
是非ご参加下さい。


18/1/28 名古屋城天守閣木造復元シンポジウムに300人

2018年1月28日に、名古屋市は名古屋城シンポジウムと説明会を行い、約300人が集まりました。
・配布資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180128.pdf
・まとめ(名古屋市民オンブズマン作成)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180128-1.pdf

会場前では、「名古屋城天守を『戦後復興市民のシンボル』に」と言う団体が、「疑問・問題だらけの名古屋城説明会」と言うチラシを配り、パブリックコメントを出しましょうと呼びかけていました。
2/8(木)18時半〜、金山の市民会館でパブコメ学習会を行うとのこと。
・チラシ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/pabukome180128.pdf
・パブコメ学習会
https://www.facebook.com/events/144155032942448/
・パブコメ募集詳細(名古屋市ページ)
 http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000101416.html


はじめに、徳川美術館学芸部の原史彦さんの講演がありました。
「焼失した木造名古屋城は他の城とは違い、大変資料が残っている。5回も設計変更をしたことがわかっている。加藤清正はわずか3ヶ月で天守閣を築いた。建物は徳川家康が『とにかくとっとと作れ』と命じ、徳川家が御殿より後回しにして作った。完成後は、尾張藩主といえども、天守閣や本丸御殿には自由に入れなかった」と説明がありました。
・名古屋市民オンブズマンの感想 
過去の資料は豊富ですが、現在名古屋市が復元しようとしている木造天守閣についての資料は市民に公開されていません。
とにかく急いで名古屋城を作れ、と命じているのは、徳川家康も河村たかし名古屋市長も同じようです。しかし、過去の名古屋城も設計を5回も変更しています。現在の復元計画も、耐震改修を含めて何回も設計変更すべきではないでしょうか。

その後、名古屋市と竹中工務店から、現在の木造復元に関しての説明がありました。現在パブリックコメントを募集して、現在の耐震改修の方針から、木造復元に変更することを意見募集していますが、耐震改修の詳細については全く説明がありませんでした。
なお、今回ようやくPowerPointの資料が配布されました。

続いて、会場からの質疑がありました。河村市長は壇上に上がりませんでした。
車椅子の人が、何人も来て「私たちは木造天守閣に上れるのですか?背負子や抱えられて登るのは嫌だ」と質問しましたが「3月に方針を決定する」と言うのみ。
また、バリアフリー対策に関し、「市の検討会議をどうして非公開で行っているのか?」と言う質問に対しては、「庁内の会議だから非公開」としか言いませんでした。
なお、河村たかし名古屋市長が提案した「背負子の検討」というのは、「安全性や恐怖感の懸念など実現可能性も含めて十分検討する」と言いました。
また、「木造して復元しても、名古屋城の歴史はわからない。歴史博物館で展示してはどうか。」と言う意見も出ましたが、「展示施設を別途設ける予定」と説明するだけ。
さらに、木造天守閣にした際と、コンクリート天守閣を再建した場合の経済性について質問がありましたが、名古屋市からは回答がありませんでした。
さらに、「加藤清正は朝鮮半島を侵略した人だ。それらを郷土の英雄と称えるのはアジア各地への誤ったメッセージにならないか」という意見もありました。

1人目 文化財は建築基準法の適用除外になると理解している
     →建築基準法3条1項4号に基づき、建築審査会の同意を得られれば適用除外可能
    木造天守閣と、鉄筋コンクリート製天守閣の経済性を試算しているのか
    →木造をより大事に持たせたい(経済性の試算なし)
2人目 名古屋城木造天守閣が出来れば魅力が増える。港や熱田神宮とどうつながるか
    →堀川とつながるなど戦略を考える
3人目 市長は背負子と言うが、今の天守閣で背負子で担げるか検証を
    →安全性、恐怖感の懸念など、実現可能性も含めて十分検討
   バリアフリー検討会議がどうして非公開か
    →内部の会議なので、十分尽くした上で方針を決めて公開する
4人目 歴史などは木造復元してもわからない。歴史博物館で展示してはどうか  
    →構造を見せることで理解可能。収蔵施設を別途設ける予定
   殿様でさえ一生に一度しか天守閣に入らなかった。嫌だったのではないか
    →嫌かどうかは不明。戦後復興の価値はあるが、耐震性、老朽化を踏まえた。
5人目 電動車椅子の私は天守閣に登れるのか。抱えられるのは嫌。人工呼吸器を
    下ろしてチェアリフトに乗れない。
    →3月までに方針を決定する
6人目 100分の100模造品を作る感じ。400万人が急な階段を上るのは不可能。
    →本質的価値の理解の促進。運用は姫路城を踏まえる
    市長が自ら名古屋の魅力をないと発言している
    →回答なし
7人目 なぜ今名古屋城復元しないといけないか。加藤清正は朝鮮半島侵略者
    →名古屋市民にとってシンボル。耐震性など放置できない
8人目 犬山城などと連携できれば
    →市民のアイディアを募集したい
9人目 電動車椅子、高齢の人達が見れるよう、エレベータをつけて欲しい
    →3月末までに検討
10人目 東南海地震対策はどうなっているのか。石垣が壊れてはいけない
    →どう付加要素をつけるか検討中
    解体中、建設中の資料を残してはどうか
    →記録する

多くの人の質問希望がありましたが、今回も一方的に質問を打ち切り、河村市長が最後にまとめを言うために、69歳の河村市長は舞台上の細い通路を「危ない」と言いながら歩きました。この程度で危ないと言っている人が、傾斜50度の木造名古屋城の階段を登れるのでしょうか。


河村市長のまとめ
「会場からは、1 木造をやるか 2 バリアフリーの問題 について発言が出た。
1については、去年、私は早期復元、木造復元とはっきり宣言して市長選挙を行い、圧勝して民意が示された。私には一切自己顕示欲はなく、私利私欲もない。
2つ目については、背負子も言ったが、近代技術を加えてできるかもしれない。現在検討中である。ドローン技術と言う人もいる。皆で知恵を出し合っている。」としました。
いくら「民意」が示されたと言っても、違法なこと、弱者を虐げることはしてはいけません。
いつ完成するかわからない技術が「できるかもしれない」というのは、責任放棄です。各種法律にも適合が必要です。竹中工務店との契約上、2018年2月末までに基本設計・石垣基礎調査は完了しないといけません。

今回、出席した竹中工務店は質問に対して一言も話しませんでした。
市長の無理難題と、石垣部会・バリアフリー・国対応の板挟みになり、大変困っているのではないかと推測します。
基本設計・石垣基礎調査委託終了予定の2月末、名古屋市と竹中工務店、名古屋市議会がどうなるか非常に関心があります。

------
今後のスケジュール
・1/30(火)10時〜 石垣部会
・2/15(木)名古屋城保存活用計画(案)パブコメ締め
・2/19(月)名古屋市2月議会開会 平成30年度市予算提案(実施設計等17億4500万円)
・2/28(水)基本設計・石垣基礎調査委託終了予定
・3/20(火)名古屋市2月議会閉会
・3月中   エレベーター設置の有無方針決定
      収支予測・来場者予測委託終了予定
・5/7(月) 天守閣閉鎖予定

18/1/16-24 名古屋城説明会(全5回) 代表的な質問と回答まとめ

18/1/16-24 名古屋城説明会(全5回) 代表的な質問と回答、回答のおかしさを以下まとめました。

1月28日(日)10時〜 鯱城ホールのシンポジウムでご活用ください。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html
また、2月15日(木)まで、木造天守復元を明記するというパブコメも行っていますので、ぜひご意見を伝えましょう。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000101416.html

----
名古屋城説明会 全5区で開催。延べ340人ほどの参加。
質問 合計34人 うち9割は木造復元に反対もしくは疑問。

1/16(火)西区 100人 6人質問 
1/18(木)港区 43人 5人質問 
1/19(金)北区 60人 5人質問 
1/23(火) 名東区 100人 10人質問 
1/24(水)南区 40人 8人質問 

代表的な質問と回答と、回答のおかしさ

【質問1】名古屋市は、最大1時間に3000人名古屋城に来るも、
 木造天守閣には最大1時間1500人しか登れない試算を出しているが、どうすればよいか(1/24)
【市の回答】2018年3月末までに試算を精査する。
 なお、エレベーターではなくチェアリフトを使うと、もっと天守閣に
 登れる人は少なくなる。
【回答のおかしさ】現在の試算では、半分は木造天守閣に登れないことに。
 来る人が少なくなれば、「入場料で全てまかなう」が破綻する。

【質問2】石垣部会は中断しているが、調査は2018年2月末の期限までに間に合うのか?(1/23)
【市の回答】努力する。
【回答のおかしさ】石垣調査は、木造天守閣のためではない。
 仮に詳細調査を行うとして、一旦現天守閣を閉鎖しても、詳細調査終了後
 現天守閣を再オープンすればよい。

【質問3】現天守閣の地下に埋まっているケーソン基礎を調査していない。
 活用するかどうかはいつどこで判断するのか(1/24)
【竹中の回答】確かに調査していない。ケーソン基礎の中に杭を打つ
 工法を採用することに決めた。
【回答のおかしさ】2015年12月に名古屋市が出した「業務要求水準書」では
 「ケーソン基礎の耐久性の確認」という項目があるため、市との契約違反となる。

【質問4】建築基準法、地震対策などもあり、史実通りにはできないのではないか(1/24)
【竹中の回答】現在、史実はどうであったかを解明している。
 実施設計の中で、全てが実現できるかどうか判断する
【回答のおかしさ】仕様について、基本設計で全て決めないといけない。
 (国土交通省告示第15号、建築士法違反)

【質問5】エレベーター設置のありなしは2018年3月に方針を定める。
 基本設計は2018年2月にまとめる契約。矛盾するのではないか(1/23)
【名古屋市の回答】基本設計は、エレベーター設置のありなし複数案をまとめる
【回答のおかしさ】基本設計は1案のみ。これでその後の見積もりが可能。
 なお、エレベーターを設置しないことは違法。

【質問6】竹中の当初案 エレベーター4人乗りは車椅子が4人か?(1/23)
【竹中の回答】健常者が4人。手動車椅子は1台は乗れる。
【回答のおかしさ】電動車椅子、ストレッチャータイプを排除することに。

【質問7】木造天守閣はどのようにすれば国宝になるか(1/23)
【市の回答】わかりかねる。市民に愛着が持てる名古屋城にしていけば、、、
【回答のおかしさ】市長が一方的に「国宝になる」と言っているだけ。

【質問8】名古屋城天守閣は宝暦、本丸御殿は慶長と時差がある(1/18)
【市の回答】復元の時差は有識者が決めた。資料は宝暦がある。
【回答のおかしさ】宝暦天守閣と慶長本丸御殿が併存した試しはない

【質問9】木材調達は可能か。(1/19)
【竹中の回答】現時点では市と契約しておらず、調達していない。
 多くの地域からオファーが来ており、調達可能と理解している。
【回答について】外材を一部使用する予定。 

【質問10】2万人アンケートに不備があり、市民の意見をあらためて聞いて欲しい(1/19)
【市の質問】アンケートだけで決めたわけではない。
 議会でも9ヶ月議論した。
【回答のおかしさ】議会は基本設計予算を承認しただけで、今後、実施設計、
 現天守閣解体、木造工事などの予算が提案されるごとに議論する。
 市議会としては木造復元を決めた、という訳ではない。
 

18/1/24 「来場者の半数が木造名古屋城天守閣に登れない試算」を市が認める

2018年1月24日に、名古屋市南分文化小劇場で名古屋城に関する説明会がありました。
メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180124.pdf

その中で名古屋市は「現在の試算では確かに来場者は最高1時間3,000人から3,500人だが、木造名古屋城は最大1時間1,500人しか登れない試算をしている。しかし、今年3月末までに委託している調査業務委託で、収支計画や入場者見込みを精査中であり、現在の試算通りになるわけではない。一方、エレベーターの設置の有無も3月末までに方針を固める。現在検討中である、チェアリフトを使う際は、混乱を避けるため階段の利用を制限する可能性もある。それらも含めて今後試算を精査したい」としました。
試算通りでも半数は木造天守閣に登れず、もし試算通りに来なければ大赤字になってしまう。こんなずさんな計画が許されるものなのでしょうか。
「市が木造化の方針を決めた」を繰り返すだけで、根拠が全く示されておりません。現在募集中のパブリックコメントも、そのような資料なしに、木造化の方針を決めようとしています。
少なくとも3月末に、エレベーターの方針や収支予測がきちんと出てから、再度市民への報告会を行うべきです。今後数百年の名古屋城のあり方を決めるのですから、時間をかけてゆっくり市民合意を得る必要があります。

なお、竹中工務店は、現在の名古屋城天守閣の下にあるケーソン基礎の調査をしていないことを認め、木造天守閣にする際は、ケーソン基礎の中に杭を打つ工法を取る予定だ、と述べました。
しかし、ケーソン基礎の中に杭を打つ、ということを、文化庁が果たして認めるのでしょうか。

さらに、竹中工務店の末永さんは、「まずは史実に忠実を深掘りしている基本設計段階であり、これから現代の法律に合わせて、現代技術を付加していくことになるが、それは実施設計でおこないます。」と言いました。
これは、市との契約違反です。エレベーターのあるなしだけでなく、屋根が黒いか赤いかだけでも、それぞれ決めなければ基本設計と言えないのに、末永さんの発言はとんでもないです。今回の名古屋市との契約は、基本設計をまずまとめて、見積もりを提出し、その後、金額の議会承認があって、実施設計と調達・施工の契約です。基本設計でやり残したことを実施設計で取り返されるような契約ではありません。
エレベーターだけでなく、階段、換気設備、排煙設備、消化設備、構造の補強なども、必要なもの全てが入って、基本設計が完成します。
これでは、実施設計・施工のための議会承認を得るための見積もりも出せません。
「また、付加された現代技術のセット説明ができる用意ができたら、このような説明会を開かせていただいて、説明します。」と言いましたが会場からの「いつなんだ!」と言う質問には答えませんでした。

他にも、「せっかく楽しみに説明会に来たのに、資料も何もなく、大変失望した。」と言う声もありました。

------------
1人目 竹中に ケーソン基礎を活用するかどうかはいつ決めるのか
     →ケーソンの中に杭を打つことを決めた
     市に ピーク時、半数は木造天守閣に登れない試算だが
     →そのような試算はしたが、現在精査中。エレベーター有無でも入場者が変わる。
2人目 聞いてもわからない、資料もない、このような説明では理解が得られない
   →他会場の質問は後日ホームページで公開する予定。
   戦災が及ばないような宣言をしないのか
   →回答なし
   石垣をどう修復するか明らかにすべき
   →回答なし
   コンクリート調査をした結果を見せろ
   →内容は開示できるか検討する
3人目 地震対策は大丈夫か?
   →回答なし
   CGと違うものを作るのは詐欺
   →だますつもりは全くない。協議、実験をして史実に忠実に作る。
4人目 2万人アンケートに不備があった
  →回答なし
  長寿命化してもたないという根拠はなにか?  
  →長寿命化の確証はない。調査はしていない。
5人目 竹中を優秀提案としたというのはお墨付きなのか
  →プロポーザルで提案募集をし、国のガイドラインに基づき優秀提案を選んだ
6人目 資料がなく失望している
 →今回、竹中工務店と基本協定結んでからの説明を行った。
   それ以前の優秀提案の説明までは考えていなかった。今後参考にする
 プレカットでやるのか。職人の勘は?
 →プレカットは生産性とスケジュールを確保するため。
  どういう仕上げにするのか大工の皆さんのお知恵を借りたい。
7人目 現状でも桜の時期などエレベーター待ちで2時間待つ。
    500人の下駄箱を用意するとあり、1日に8000人しか登れない。どうするか?
 →名古屋城は姫路城の2倍あり、十分こなせると思っている。
 内苑と本丸など入場料をわけてはどうか
 →一つのご意見として参考
8人目 石垣を触らずに立て直すことは出来ない。文化庁は許可を出さないのではないか
 →文化庁から、石垣についてお話しは頂いていない
  時期は一つの目標として工期を努力する
 木造3階以上は違法建築
 →建築基準法3条4項を適用し、建築基準法除外特例が可能。
  関係諸官庁と合意形成が必要となる。
-----------------
説明会終了後、参加者は会場にいた市職員に対し、「1月23日説明会の時、河村市長が説明会に参加せず、お酒を飲んでいたことをTwitterでにあげていた」証拠写真を見せました。
https://twitter.com/kawamura758/status/955748523273699328
参加者は、市職員に対し「このような市長のもとで働く市職員が大変お気の毒だ。」と言うと、市職員は深く頷いていました。

------------
5回の説明会で、延べ340人ほどしか参加しておりません。これでは市民への十分な説明はできていません。しかも、質問は合計で34人しかできず、その9割は木造復元に反対もしくは疑問でした。

1/16(火)100人 6人質問 
1/18(木)43人 5人質問 
1/19(金)60人 5人質問 
1/23(火)100人 10人質問 
1/24(水)40人 8人質問 

1月28日(日)には、河村市長も参加してシンポジウムが行われます。ぜひご参加ください。
----
名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html

18/1/23 名古屋市「名古屋城 基本設計はエレベーターありなし2案を作成する」

2018年1月23日、名古屋市名東区文化小劇場において、名古屋城に関する説明会が行われました。
・会場質問(名古屋市民オンブズマン作成メモ)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180123.pdf

会場から、「現在の基本設計の締め切りは2018年2月末になっている。エレベーター設置の方針は3月までに決めると名古屋市は説明している。どうなっているのか」という質問が出ました。
名古屋市は、「基本設計の段階では複数案をまとめていただき行けたらと思って考えている」と発言しました。
基本設計が2案ある、というのは聞いたことがありません。これでは見積もりが出せません。こんないい加減なことで良いのでしょうか。

エレベーター設置の有無について、2月末までに方針を定めるとするか、竹中工務店との契約を延長し、追加費用については改めて議会の議決を経る、と言うのが筋ではないでしょうか。
さらに、現在ストップしている石垣調査についても、何とか2月中に終わらせる。」と説明するだけです。

1番目 木造化をやめるべきだ。耐震改修すべきだ。文化庁の許可が出るまで壊してはいけない
     →2万人アンケート。資料がいっぱいある。
     文化庁の現時点での、資格に対する認識。
     →文化庁は現時点では判断していない。
2番目 名古屋市の魅力を上げるためにも木造天守閣を作るべきだ。どうすれば国宝になるか
     → わかりかねる。市民の方に愛着が持てる名古屋城にしていく。
3番目 石垣部会は現在中断しているが、調査は契約が終わる2月までにできるか。
     →努力する
     エレベーターと考え方も3月中。基本設計も2月までということなのだがどうなっているのか。
     →複数案まとめる
4番目 今の現在の天守閣については戦災復興の中で当時の寄付で建てられた。
     →木造復元をしても、この天守閣の記憶と言うものをわれわれはしっかりと残していきたい。
5番目 2万人アンケートについては非常に問題があった
     →参考にした。議会に議案として提出した。
     現天守を壊すな。
     →100年持つということは実証されていない。
6番目 ご意見こないだの市長選を踏まえて民意は出ている。一刻も早く、天守閣を推進してほしい。
7番目 文化庁は木造復元についてどう考えているのか。今の天守閣について非常に評価している。
     →とくに言及されていない
     市民に十分説明をしたうえで、理解をしていただく上で手続きを進めていくべきではないか。
     →説明会を再度するかどうかは答えられない
8番目 バリアフリー対策としていてエレベータ欲しい。
     →史実に忠実が大前提
9番目 材木の調達についてどう調達する見込みか。工期が遅れた場合505億円で収まる予定なのか。
     →まだ名古屋市と包括契約していない。国産材を中心発注で確信を持っている。
    資金計画はどうなるかわからない中では募金を募集すべきじゃないと思う
     →返金は大変難しい
10番目 竹中提案の4人乗りエレベーターは車椅子が4人か?
     →健常者が4人。手動式車椅子なら入れる。
-----
なお、今回から、会場発言は1人2つの質問しかできなくなりました。5区しか説明会がいない中、せっかく寒い中参加しても2つの発言しかできません。さらに、今後事業が進捗したら同じような説明会を16区ですべきだ、とする会場発言に対して、西野所長は「現時点では何とも言えない」と言うのみ。

さらに、説明会が開かれている中、河村市長は大変楽しそうにお酒を飲んでいることをtwitterで報告しています。
19:26 - 2018年1月23日 河村たかし(本人)
https://twitter.com/kawamura758/status/955748523273699328


事業自体に問題があるだけでなく、進め方についても極めて問題がある名古屋城木造化。今後も1/24(水)、1/28(日)に説明会、シンポジウムが行われます。ぜひご参加下さい。現在の名古屋市の姿勢が大変よくわかります。

----
名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html

18/1/21 名古屋城石垣部会 ようやく18/1/30に再開予定

名古屋城天守閣木造化に関し、石垣部会が、天守閣部会座長の瀬口哲夫氏の「石垣部会は安全性を考えていない」発言に抗議して石垣調査がストップしていた問題で、石垣部会は18/1/18に名古屋市に対して審議を再開する方針を文書で明らかにしたとのこと。

18/1/30(火)午前10時〜、名古屋能楽堂で第25回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会が開催されます。傍聴可
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2017/kankobunkakoryu/0000101621.html

17/5/9に名古屋市が竹中工務店と結んだ「基本協定書」「基本設計その他業務委託契約書」では、2018年2月末までに「基本設計その他業務委託」を終了させることになっています。
・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf

上記石垣部会の抗議に伴い、2017年11月中旬から、「基本設計その他業務委託」に含まれる石垣基本調査がストップしていました。
事実上あと1ヶ月でどの程度石垣基本調査が可能なのか、大変疑問です。

そもそも、河村市長が瀬口座長に対し、発言の撤回を求めていましたが、その後どうなったか不明です。

瀬口座長を任命した名古屋市の責任が問われます。
市民の意見、有識者の意見をもっと聞く、常識ある座長を求めます。

なお、17/9/12に石垣部会の千田嘉博教授はマスコミに向かって「これまで部会の議論と異なった内容が報じられているのは残念だ。先ほどまで議論しているのは石垣調査についてであって、木造天守閣に関する議論は一切行っていない。間違いです。誤報です。穴蔵石垣について、本質的価値現状を工学的・考古学的に調査して必要があれば適切な修理を行うのであって、木造天守のための事前調査ではない。名古屋市は現状変更許可を文化庁に提出したが、そこのところをかき分けていただいている」と強調しました。
http://ombuds.exblog.jp/25602183/


18/1/19名古屋城説明会 会場質問を強制的に打ち切り

名古屋市は、18/1/19に「名古屋城天守閣木造復元」市民向け説明会を北文化小劇場で開催し、約60人が参加しました。
・名古屋市民オンブズマン 作成メモ
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180119.pdf

会場が250人定員のところ、約60人の参加で空席が目立ちました。
しかし、会場からの質問は活発に手が上がりました。フロアにいた市職員がマイクを2人に渡し、結局1人は当てませんでした。
合計5名が質問し、質問と回答の合計時間が30分を過ぎたところで、司会をした名古屋市観光文化交流局ナゴヤ魅力向上室の館雄聡主幹は「時間になりました」と強制的に打ち切りました。
会場から、「西区では45分間質疑をした。この説明会は5区しか行わない。みんな他の区から寒い中来た。手をあげているみんなが発言させてください」という声が上がりましたが、「ご質問はアンケート用紙に記入頂ければ、後日ホームページで回答する」ということを繰り返すだけでした。
これが「名古屋市の説明」の実態です。
------
以下、18/1/19質問と回答です。

1人目 竹中に質問 CG予算はどこからでているのか 実測図を元にしたのか 
提案時のものはなかったが
 →前半のCGはプロポーザル時 自主的に作った 想像が入っている
  後半のCGは史実に忠実に。設計料に含まれている
    市に質問  署名の取扱は 反対はないと聞いたが
           →2/20にもらったのは確か。賛成も反対もあると発言した。
            賛成の署名もあることも事実。
            名古屋市の方で「市民の声」賛成反対何件あるか説明した
  署名を隠したわけではない。
          説明会の趣旨は
           →途中の段階 今の状況を報告 説明
          民意を問い直すべきでは
           →名古屋市としては進めたい
2人目 エレベーター 可能か
     →史実に忠実 現状の建築基準法同等。付加技術。
      エレベーター設置して問題ないか引き続き検討しているところ
    展示物はどういった形になるか
     →別途別の場所で展示したい
    動画 今後公開する予定は
     →公開できると言うことであれば見てもらいたい。
      (参考 プロポーザル時動画
          https://www.youtube.com/watch?v=-vvVL-TKSck&t=
          後半CG動画(名古屋市民オンブズマン撮影)
          https://www.youtube.com/watch?v=vpK3xjPTRuk&feature=youtu.be 
    閉鎖時期 5/7 本丸御殿6/8 同じ時期にすればよいのではないか
     →うまくあわせればよかったが、それぞれの進捗状況にあわせて
3人目 寄付を含めた予算の収支状況
     →入場者数でまかなう。熊本城、姫路城の推移 名古屋城はどうなるのか設定。
      昨年度200万人 木造復元したら360万人はいるのではないか
      現在500円。姫路城値上げした。名古屋城も1000円にするとして収支計画を立てた
      税金を投入せず、入場料だけで505億円がまかなえる
      本年度に入って、議会で外部に説明するためにあらためて収支計画を
      3月中にできあがる予定
    木材調達
     →まだ契約はしていない
      ヒノキ 文化財を対象に超尺の大径 かなりの業者がもっている    
      愛知県、木曽、奈良 木材提供の話がある
      予算が通れば調達したい
      梁のマツ 東北地方 松食い虫の影響が出ていない そこから考えている
4人目 市民の理解が得られていないがなぜ急ぐのか
     →意義があるものと認識。
    史実に忠実だとバリアフリーなど社会情勢に反する
     →要請があるのは認識している 現在検討している
 名古屋市としての結論を出したい
5人目 解体後の具材の活用方法
→どう示すかを今後検討
    木造復元中素屋根の観覧エリアどう見せるのか
     →5階にも見学者スペースがある
    名城公園 南側から桟橋を架ける 工事エリア
     →名城公園の道路を工事に使う。
      グランドを工事用ヤードとする
  お堀を越えて、天守北側に橋を架ける
    解体後事業がストップすることはないですよね
     →名古屋城全体方針 保存活用計画策定中
      名古屋城天守閣 木造で復元進めていくと表記
      ずっと今後整備するか方針 計画に基づいて整備していく
      事業が変わることはないと考えている
------
なお、18/1/18港文化小劇場での説明会は43名だったとのこと。

1人目 500億円はもったいない
    →税金は使わない
2人目 なぜ木造天守閣にするのか
    →竹中工務店 現天守は老朽化し、危険。木造天守に替えるべき。
3人目 これだけの木材を使うのは環境破壊
    →回答なし
4人目 保存活用計画について、「文化庁の指導」とは何か。「市民が決めること」ではないか
    →名古屋市の要望は文化庁も了解しているところ
    現在は耐震改修という整備方針。木造天守基本設計委託との齟齬は?
    →回答なし
    世界遺産では、史跡の上のレプリカを認めていない。
    また、復元について、天守閣は宝暦、本丸御殿は慶長と時差がある
    →世界遺産について回答なし
     復元の時差があるのは有識者が決めた。宝暦にしたのは資料がないため
    現在の名古屋城で、広告代理店の支払額。赤字額、名古屋市民の入場者数
    →広告代理店への支払い額は回答なし
     ようやく黒字化できそう。
     名古屋市民は1割ほど
5人目 バリアフリーを求める。現天守が最上階まで行かないのもおかしい
    →市 現在各所にヒアリング中。
     竹中は何も答えず

-----
盛り上がりに欠ける名古屋城天守閣木造化。
1/23(火)、1/24(水)、1/28(日)も説明会・シンポジウムが開催されます。
ぜひご参加下さい。
----
名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html

18/1/18名古屋城木造化「ホームエレベーターの危険性」資料保有せず

名古屋市民オンブズマンは、名古屋城天守閣木造化に関して、名古屋市の各局に「ホームエレベーターの危険性について、名古屋市が調査検討した資料」を情報公開請求しましたが、いずれも不存在でした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180117.pdf

17/12/18に河村たかし名古屋市長の定例記者会見で、名古屋城にエレベーター設置を設置しない理由として、「ホームエレベーターは実は大変危険ですからね」と発言しました。(13:45〜)


しかし、国土交通省国土技術政策総合研究所の2012/2レポートでは、「ホームエレベーターでの人身事故事例は報告されていない」とのこと。
http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/siryou/kpr/prn0037b.htm

今回、名古屋市市長室、観光文化交流局、健康福祉局、住宅都市局、緑政土木局、消防長に情報公開請求しました。

-------
何回も繰り返しますが、バリアフリー法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)14条では、不特定多数が利用する特別特定建築物を新築する際は、建築物移動等円滑化基準に適合させなければなりません。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/
愛知県の「人にやさしい街づくりの推進に関する条例」でエレベーター、スロープ等の設置義務があります。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jutakukeikaku/0000043092.html

名古屋市は「第1回 名古屋城木造復元天守バリアフリー対策検討会議」を17/12/28に非公開で開催しましたが、副市長、市民経済局長、健康福祉局長、子ども青少年局長、緑政土木局長、教育長、交通局長、観光文化交流局長が参加するだけで、建築基準法を所管する住宅都市局建築指導部建築指導課はチームに入っていません。

建築基準法の適用除外は、建築審査会の同意が必要となります。

・平成29年3月25日 国土交通省 住宅局 建築指導課
 歴史的建築物と建築基準法について
 http://h-ar.net/cms/wp-content/uploads/2017/03/20170325_HARNET4th_mlit-1.pdf
 (適用の除外)
 第三条この法律並びにこれに基づく命令及び条例の規定は、次の各号のいずれかに該当する建築物については、適用しない。
 四 第一号若しくは第二号に掲げる建築物又は保存建築物であつたものの原形を再現する建築物で、特定行政庁が建築審査会の同意を得てその原形の再現がやむを得ないと認めたもの

現在復元中の本丸御殿も金城温故録に記載がありますが、完全に「史実に忠実」ではなく、バリアフリー対応のスロープや照明、消火設備や防犯カメラ、耐震対策などがあります。
本丸御殿では、3回復元検討委員会を開き、現状変更許可を受けたほか、建築基準法第3 条第1 項第4 号適用除外手続きを行っています。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_07.pdf
平屋の本丸御殿でもこのとおりなので、木造5層5階の天守閣はもっと現代技術を「付加」する必要があります。

市長は根拠もなく「虚偽」の説明をし、市は建築物のバリアフリーの責任者を内部会議にも呼ばない。
竹中工務店との「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」の期間満了が2018年2月28日。
それまでに基本設計その他業務委託はどうやっても終わりません。

1/18(木)、1/19(金)、1/23(火)、1/24(水)、1/28(日)も説明会・シンポジウムが開催されます。
ぜひご参加下さい。
----
名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答

平成30年1月18日(木)午後6時30分〜午後8時00分 港文化小劇場
平成30年1月19日(金)午後6時30分〜午後8時00分 北文化小劇場
平成30年1月23日(火)午後6時30分〜午後8時00分 名東文化小劇場
平成30年1月24日(水)午後6時30分〜午後8時00分 南文化小劇場

「シンポジウム」の開催 ※市長出席
天守閣をテーマとした講演会
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答
市長からの総括

平成30年1月28日(日曜日)午前10時00分〜午後0時30分 鯱城ホール



18/1/17 18/1/16 「名古屋城天守閣木造復元」市民向け説明会に100人

名古屋市は、18/1/16に「名古屋城天守閣木造復元」市民向け説明会を西文化小劇場で開催し、約100人が参加しました。

配付資料が、「次第」1枚しかありません。これでは何のための説明会かわかりません。
パワーポイントで名古屋市、竹中工務店が説明したので、出来る範囲で写真を撮って以下アップしました。
-----
18/1/16 「名古屋城天守閣木造復元」市民向け説明会 配付資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180116.pdf

名古屋市説明パワーポイント(名古屋市民オンブズマンが写真から起こす)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180116-1.pdf

竹中工務店説明パワーポイント(名古屋市民オンブズマンが写真から起こす)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180116-2.pdf

名古屋市「天守閣木造復元におけるバリアフリーの検討」(名古屋市民オンブズマンが写真から起こす)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180116-3.pdf

メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180116-4.pdf

--------
これまでの説明会では、河村たかし名古屋市長とコーディネーターの瀬口哲夫氏が毎回いましたが、今回は両者ともおらず、淡々と進みました。
はじめに、西野名古屋城所長から、「本日から保存活用計画策定のためのパブリックコメントをはじめた」と述べるも、現在の「耐震改修」と、今後の「木造復元」について、それぞれの利点・課題を述べることもなく、木造復元のみ説明をしました。
・特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)についてパブリックコメント 18/2/15まで
 http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000101416.html

また、車椅子をつけるかどうかなどのバリアフリーについては、市から4分しか説明をしませんでした。

竹中工務店は、これまでの調査結果を淡々と述べるだけで、私には、発表者から「ぜひとも木造復元を行いたい」という意欲が感じられませんでした。

市の司会者から、質問時間は30分と限定され、6名しか発言出来ませんでした。以下のような活発な意見が出て、最終的に45分に延びました。

1人目 耐震対策は大丈夫か
    →付加機能で現行基準以上の建物にしたい
    3階以上は適用除外 何らかのハイテク技術 文化庁で認められるか
    →管理をしていく 管理上の配慮について市として方向性を示して文化庁と相談
    設計 2月末までに間に合うのか
    →市として努力したい
2人目 殿様気分を味わっては。
    →運営面で考えたい
    エレベーター 外からのアプローチは
    →いろいろ検討したい
    着物など
    →考えたい
3人目 壊す必要がないのではないか
    →老朽化した。当局としては長寿命化で何年持つか断定できない。
    当時の市民の誇り どうして壊すのか
    →木造はメンテナンスで長く残すことが出来る。議会でも議論された
4人目 エレベーターがなくなると不安
    →3月までに決めたい
    他の入場者に制限
    →意見を聞いて検討したい
5人目 市民の意見 あらためて聞いて欲しい
    →アンケートだけで決めたわけではない
     議会でも9ヶ月議論した 進めていくところにきている
6人目 木造復元 スタートがおかしい
    アンケートをやり直せ
    505億 360万人 現実的に出すべきではないか
    姫路城ですら287万人
    耐震化がベストではないか
    →アンケートだけで決めたわけではない
     議会でも9ヶ月議論した 進めていくところにきている
     
今回は、「2016年4-5月に実施した、2万人アンケートのやり方がおかしい、きちんと耐震改修・長寿命化を記載してやり直せ」という意見が多く出ました。
また、車椅子利用者から「竹中工務店が作ったCGは素晴らしかった。ぜひ内部を見てみたい。楽しみにしているのに、エレベーターが設置されず見ることが出来ないとしたら大変残念だ」との意見が出ました。

さらに、名古屋市は、「2018年2月までに基本設計等を終わらせるよう市として努力したい」と述べましたが、石垣部会がストップし、石垣調査が止まっている現在、基本設計「等」にある石垣調査が終わらず、委託が完了する見込みはありません。
そのことを一番よく分かっているのは名古屋市と竹中工務店ですが、そのような発言はありませんでした。

なお、会場外では、天守閣木造化に関するシール投票がなされていました。

チラシも配付されていました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170826takahashi.pdf

今回、300人の会場に100人しか参加せず、しかも質問の手がそんなに上がりませんでした。
盛り上がりに欠ける名古屋城天守閣木造化。
1/18(木)、1/19(金)、1/23(火)、1/24(水)、1/28(日)も
説明会・シンポジウムが開催されます。
ぜひご参加下さい。
----
名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答

平成30年1月18日(木)午後6時30分〜午後8時00分 港文化小劇場
平成30年1月19日(金)午後6時30分〜午後8時00分 北文化小劇場
平成30年1月23日(火)午後6時30分〜午後8時00分 名東文化小劇場
平成30年1月24日(水)午後6時30分〜午後8時00分 南文化小劇場

「シンポジウム」の開催 ※市長出席
天守閣をテーマとした講演会
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答
市長からの総括

平成30年1月28日(日曜日)午前10時00分〜午後0時30分 鯱城ホール


18/1/16 木造復元明記「名古屋城跡保存活用計画(案)」パブコメ 1/16-2/15まで募集開始

名古屋市は、特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)についてパブリックコメントを開始しました。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000101416.html
ご意見の募集期間平成30年 1月16日(火)から2月15日(木)まで。
(郵送の場合は平成30年2月15日(木曜日)必着)

名古屋市は木造復元の方針を決めたと公表していますが、驚くべきことに、平成24年12月に文化庁が確認した、現在有効である「全体整備計画 増補版」では『現在の鉄筋天守を活用していく』と明記してあります。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000045497.html

それを、今回の「保存活用計画(案)」でようやく木造復元の方針を明記しようとするものです。
方針を変更するに当たり、耐震改修と木造復元の利点と課題を比較しています。(202ページ〜209ページ)
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/cmsfiles/contents/0000101/101416/honpen5-10.pdf

【耐震改修】
(利点)・現天守閣の価値の保存と継承
    ・博物館機能の維持
    ・文化的観光面における魅力の向上
    ・観覧環境の向上
    ・既存建物の活用
    ・遺構の保全
(課題)・特別史跡名古屋城跡の本質的価値の理解促進にかかる課題
    ・耐震改修工事における課題
    ・バリアフリーにおける課題
    ・展示収蔵機能における課題
    ・天守閣の閉鎖に伴う課題
    ・天守台石垣にかかる課題
    ・ケーソン基礎にかかる課題
【木造復元】
(利点)・特別史跡名古屋城跡の本質的価値の更なる理解促進
    ・文化的観光面における魅力の向上
    ・伝統工法による復元
    ・新技術の導入と伝統技術の融合
(課題)・現天守閣の価値の保存と継承にかかる課題
    ・木造復元工事にかかる課題
    ・バリアフリーにおける課題
    ・展示収蔵機能における課題
    ・天守閣の不在に伴う課題
    ・天守台石垣にかかる課題
    ・ケーソン基礎にかかる課題

上記を踏まえ、「木造復元は、耐震改修と比較して、特別史跡内の建造物として、本質的価値の理解を促進するという点で優位性が認められる。」ため、整備方針は木造復元にするといいます。

しかし、個別に見ていくと、耐震改修の利点は多く、課題は解決しやすいのに対し、木造復元の利点は「特別史跡名古屋城跡の本質的価値の更なる理解促進」という抽象的なものに限られ、課題は耐震改修よりはるかに大きく、エレベーター設置問題など到底解決しそうにありません。

障害者・高齢者などを切り捨て、しかも耐震・耐火を兼ね備えることで「史実に忠実」ではない木造名古屋城天守閣を作ったとして、どのような「本質的価値」を来場者に理解させるのか、まったくわかりません。
それを505億円もかけて入場料のみでまかなおうという計画なので、仮に来場者がそれほど来なかった場合、全て名古屋市が負担することになります。
(2018年2月末までに、調査業者に委託して来場者予測がでる予定。パブコメ締め切りには間に合いません)

以前から予測していたとおり、1/16以降開かれる「市民向け説明会」・「シンポジウム」は、「名古屋城跡保存活用計画(案)」についての説明のためでした。
・名古屋市パブリックコメント制度要綱
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/63-7-0-0-0-0-0-0-0-0.html

【前提条件】
・石垣調査・基本設計等が進んでいないため、2022年12月までの完成は不可能です。
・バリアフリー法・建築基準法・消防法の規定により、「史実に忠実な復元」は不可能です。
・木造復元は建築だけで505億円。耐震改修は29億円で済みます。

上記を踏まえ、ぜひパブコメに意見を提出しましょう。

-----
名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答

平成30年1月16日(火)午後6時30分〜午後8時00分 西文化小劇場
平成30年1月18日(木)午後6時30分〜午後8時00分 港文化小劇場
平成30年1月19日(金)午後6時30分〜午後8時00分 北文化小劇場
平成30年1月23日(火)午後6時30分〜午後8時00分 名東文化小劇場
平成30年1月24日(水)午後6時30分〜午後8時00分 南文化小劇場

「シンポジウム」の開催 ※市長出席
天守閣をテーマとした講演会
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答
市長からの総括

平成30年1月28日(日曜日)午前10時00分〜午後0時30分 鯱城ホール


18/1/15 名古屋城 石垣部会・石垣調査はいまだ再開せず

名古屋城天守閣木造化に関し、石垣部会が、天守閣部会座長の瀬口哲夫氏の「石垣部会は安全性を考えていない」発言に抗議して石垣調査がストップしている問題で、18/1/15に名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所整備室に電話で確認したところ、「石垣部会ならびに石垣調査については『調整中』」との回答がありました。

17/12/25に開催された名古屋市議会経済水道委員会で、中川貴元市議と西野所長は以下やり取りしました。
中川貴元(自民・東区):石垣部会 「前回の委員会で、今日の委員会までに石垣部会の問題が解決していればいいですね」と発言。現時点で気持ちはどう変わったか

西野所長:協議を進めた。一度話し合いを 先週の月曜日 市役所の中で3名と私以下名古屋城職員で話した。
 石垣先生は、名古屋市の考え方は理解 評価した。「1名欠席 結論は出ないが、速やかに結論を出したい」現時点では調整されていると認識。
 今日「解決した」とは言えないが、前には進んでいる。
 
中川貴元(自民・東区):3名の方については、これまで同様。名古屋市に協力するとおっしゃったのか。

西野所長:最終結論はその日出せない。3名 みんなGOはおっしゃっていない。
 私としては、前向きに受け止めたと感じている。

中川貴元(自民・東区):せかすわけではないが、いつまでにめどが立ちそうか

西野所長:なんとか今年中に。会議の場でも言った。
 年明けになっても、日をおかずに石垣の調査を再開したい。
 
中川貴元(自民・東区):その結果によっては、計画案の書きぶりも変わるのか

西野所長:保存活用計画は今後の大きなもの。時期が変わるだけで内容が変わるわけではない
 
中川貴元(自民・東区):石垣部会のみならず、部会、検討会議 設置経緯。石垣部会 それそのものには書いていない。
 石垣部会 変動することになれば、書きぶりも変わるのではないか。そこは大丈夫か

西野所長:名古屋城跡全体整備検討会議で検討、作成。石垣部会は下部機関 基本的には書きぶりには変更はない。

17/5/9に名古屋市が竹中工務店と結んだ「基本協定書」「基本設計その他業務委託契約書」では、2018年2月末までに「基本設計その他業務委託」を終了させることになっています。
・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf

石垣部会の協力無くして石垣調査は出来ません。
河村市長は瀬口座長に「発言の撤回、謝罪を求めていることがわかった」とする17/12/19読売新聞報道もあります。
http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20171219-OYTNT50026.html

西野所長は、17/12/25に「なんとか2017年中に。年明けになっても日をおかずに」と述べていましたが、18/1/15になっても『調整中』であれば、座長交代、スケジュールの大幅見直し、「基本設計その他業務委託」契約期間の延長など、計画の抜本的な見直しが必要になるのではないでしょうか。
万が一石垣部会の構成員を変更しても、文化庁はそう簡単に話に乗ってくるとは思えません。

18/1/16から開催される「市民向け説明会」・「シンポジウム」で名古屋市と竹中工務店に対してじっくり聞いてみたいです。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html

-----
名古屋城タウンミーティング 質問案

難問1 石垣保全
 ・石垣部会 18/1/15現在、石垣部会ならびに石垣調査はストップしている。今後の見通しと、2018年2月末締め切りの「基本設計その他業務委託」完了まであと1ヶ月余りに迫っているが、完了する見込みがあるか

難問2 エレベーター設置
 ・17/12/25名古屋市議会産業・歴史文化・観光戦略特別委員会で、本木造天守閣は新築であると市は答弁した。
 バリアフリー法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)14条では、不特定多数が利用する特別特定建築物を新築する際は、建築物移動等円滑化基準に適合させる義務があるが、建築基準法3条の適用除外が可能だとする根拠条文ならびに建築審査会の同意スケジュール
・17/12/28河村たかし市長定例記者会見で、名古屋城にエレベーター設置を設置しない理由として、「ホームエレベーターは実は大変危険ですからね」と発言した根拠
・名古屋市が竹中工務店に委託した「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」847,216,844円の当初の契約書上の期限は18/2/28だが、エレベーター設置の有無は基本設計に明記する必要性はあるのかないのか。現在の契約書上の決定期限はいつか。エレベーター設置についての名古屋市としての方針の期限はいつか。

難問3 耐震性
 ・今後の建築審査会の「適用除外」同意申請のスケジュール

難問4 耐火性
 ・総務省からの消火設備の緩和許可申請のスケジュール

難問5 地下ケーソン調査
 ・現時点で、現天守閣の地下に埋まっているケーソンのボーリングは行っていないが、今後の木造天守閣の基礎として使えるかどうかどう判断するつもりか 

難問6 文化庁復元検討委員会
 今後のスケジュール案ならびに「保存活用計画(案)パブコメ」の実施時期

難問7 情報非公開と市民の反対
 ・市民に石垣部会とのやりとりやエレベーター設置の基本的な情報が公開されていないが、今後も市民に情報を知らせないまま木造天守閣を作るつもりか
 ・現在市は2022年12月までの木造天守閣復元を目指しているが、2016年5月に行われた2万人アンケートでは「2020年7月まで」と選択肢であった。「2022年12月まで」希望を表明した市民は一人もいない。
  また、耐震改修について「概ね40年の寿命」とあったが、長寿命化を行った大阪城は今後100年は持つという。上記を明記した上で再度アンケートをするつもりはあるか

難問8 採算性
・パブコメの締め切りは、2018年2月末までと三菱UFJリサーチアンドコンサルティング株式会社名古屋に1998万円(税込み)で委託した「名古屋城天守閣木造復元に向けた調査業務委託」(契約日 2017/9/26)を行い、入場者数見込み及び収支計画の策定、民間活力の導入の検討、名古屋城に係る課題整理、入場者数増加策の提案、経済波及効果調査の結果がでてからにしないか
・17/12/25名古屋市議会経済水道委員会で、市は「名古屋城に最高1時間3000人来るも、木造天守閣には1時間1500人しか登れない計算」を示したが、木造天守閣に登れない残り1500人はどうすればよいのか


18/1/14 名古屋市役所内部の「天守閣整備検討会議」部会とWG ほとんど開かれず

名古屋市は市長・副市長や局長らで構成する「名古屋城天守閣整備検討会議」を2015/11/9に作っていますが、おもてなし部会、天守閣整備部会は1回も開かれていなかったことが名古屋市民オンブズマンの情報公開請求で明らかになりました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180112.pdf

6「名古屋城天守閣整備検討会議」公報・公聴、機運醸成部会WG
7「名古屋城天守閣整備検討会議」天守閣整備部会
11「名古屋城天守閣整備検討会議」おもてなし部会
12「名古屋城天守閣整備検討会議」おもてなし部会WG
6.7.11及び12については、当該部会・WGの開催実績がなく、公開請求に係る行政文書を作成していないことから、不存在のため非公開とします。

・名古屋城天守閣整備検討会議の開催結果
 http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000093281.html

その他、開示請求した結果は以下です。
・17/5/8 名古屋城天守閣整備検討会議(第2回)会議記録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180112-1.pdf
・15/12/4 名古屋城天守閣整備検討会議 公報・公聴、機運醸成部会(第1回)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180112-3.pdf
・16/2/12 名古屋城天守閣整備検討会議 公報・公聴、機運醸成部会(第2回)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180112-4.pdf
・16/5/19 名古屋城天守閣整備検討会議 天守閣整備部会 ワーキング
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180112-8.pdf
・17/3/23 名古屋城天守閣整備検討会議 天守閣整備部会 ワーキング
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180112-9.pdf
・17/5/2 名古屋城天守閣整備検討会議 天守閣整備部会 ワーキング
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180112-10.pdf

天守閣整備部会ワーキングについても、17/3/23以降ひらかれていません。
これでは、スケジュールが遅れていること、エレベーター設置について、耐震・耐火、地下ケーソンの問題など、対応出来ません。

名古屋市は「第1回 名古屋城木造復元天守バリアフリー対策検討会議」を17/12/28に開催しましたが、本来は「天守閣整備部会」「天守閣整備部会ワーキング」で基本協定書だけでなくきちんと議論をすべきでした。

名古屋市は竹中工務店と2018年2月末までに基本設計を終わらせる業務委託を締結していますが、上記課題を解決しないことには基本設計は終わらせることができません。

名古屋市は今後どうするつもりなのでしょうか。
18/1/16から開催される「市民向け説明会」・「シンポジウム」で名古屋市と竹中工務店に対してじっくり聞いてみたいです。

-----
名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答

平成30年1月16日(火)午後6時30分〜午後8時00分 西文化小劇場
平成30年1月18日(木)午後6時30分〜午後8時00分 港文化小劇場
平成30年1月19日(金)午後6時30分〜午後8時00分 北文化小劇場
平成30年1月23日(火)午後6時30分〜午後8時00分 名東文化小劇場
平成30年1月24日(水)午後6時30分〜午後8時00分 南文化小劇場

「シンポジウム」の開催 ※市長出席
天守閣をテーマとした講演会
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答
市長からの総括

平成30年1月28日(日曜日)午前10時00分〜午後0時30分 鯱城ホール


18/1/12 「名古屋城 バリアフリー検討チーム」議論内容は不存在

名古屋市は「第1回 名古屋城木造復元天守バリアフリー対策検討会議」を17/12/28に非公開で開催しました。
名古屋市民オンブズマンは17/12/28に「上記会議の議論の内容がわかるもの」を情報公開請求しましたが、18/1/11に「請求時点において作成しておらず、不存在」という決定がでました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180111.pdf


なお、以下の文がついていました。
※今回非公開とした『「名古屋城木造天守復元におけるバリアフリーに関する検討チーム」議論の内容がわかるもの』については、今後一年以内に当該行政文書の全部又は一部についての公開が可能となる予定のため、公開を希望する場合は当該時期以後新たに公開請求が必要となります。

名古屋市情報公開条例によれば、組織的に用いていればメモも録音も行政文書に当たります。
第2条
(2)行政文書 実施機関の職員(市が設立した地方独立行政法人の役員を含む。以下同じ。)が職務上作成し、又は取得した文書、図画(写真及びフィルムを含む。以下同じ。)及び電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。以下同じ。)であって、当該実施機関の職員が組織的に用いるものとして、当該実施機関が管理しているものをいう。
http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000001423.html

今後数百年にもわたる名古屋城のあり方を議論する会議において、誰一人メモも取らず、録音もしないということがありえるのでしょうか。
今後議事録を作るとしても、どのように作るのでしょうか。

-----
なお、名古屋市は「福祉都市環境整備指針」を2017年3月に改定しています。
http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000011886.html
・福祉都市環境整備指針(案)に対する市民意見の内容及び市の考え方
http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000090982.html
(3)バリアフリー化の対応
ア 本市が整備及び設置する施設への対応
●公共建築物
民間建築物等の整備を先導する役割を果たすよう、この指針に定める技術的基準に基づく整備を推進するとともに、案内・誘導・介助などの人的対応への配慮にも努めます。
既設の施設は、十分な検証を行い、これを踏まえつつ改善・工夫を行います。

整備の基本的な考え方
A-12 エレベーター
(1)階の上下移動の手段としてエレベーターを設ける。
(2)エレベーターは、車いす使用者や視覚障害者などが1人でも操作できるように配慮した構造とする。
(3)設置にあたっては、かご床と階床との段差や隙間の解消に配慮する。
C かごの大きさ
○利用者の状況や施設の規模、特性などを考慮し、エレベーター利用者が特に多い場合は、20 人乗り以上のエレベーターを導入することが望ましい。その際、緊急時の対応等に配慮し、可能な箇所には、ストレッチャーを乗せることができる、奥行き(概ね200cm 以上)のあるエレベーターを導入することが望ましい。

名古屋市は、2014年に批准した障害者権利条約、2016年に施行された障害者差別解消法を受け、自らが定めた「福祉都市環境整備指針」に反することはできません。上記整備指針をまとめた健康福祉局障害福祉部障害企画課企画育成係のことを健康福祉局長は当然知っておりますので、何を今さら「バリアフリー対策検討会議」で議論するのかわかりません。『意識のバリアフリー』が一番必要なのはだれでしょうか。

名古屋城天守閣は公共建築物なので、以下の2つしか選択肢はありません。
1)木造化にしてエレベーター設置等、バリアフリー・耐震・耐火対応(505億円)
2)現天守を耐震化・長寿命化・7階までエレベーター設置(29億円)

本来は、上記2つの選択肢について市民の意見を聞くパブリックコメント・市民向け説明会・シンポジウムのはずです。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html
上記を踏まえた説明を求めますし、市が説明しなければ市民が問いただすだけです。


18/1/11 名古屋市平成30年度予算財政局査定 名古屋城木造化実施設計予算計上せず

2018年1月10日に名古屋市は「平成30年度予算要求に対する財政局査定内容の公開」を行いました。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000100789.html

各自治体は予算案を作成して議会に提案するのですが、これまでは 予算案の作成過程はブラックボックスに包まれてきました。
予算案は、各課が財政局に予算要求し、財政局が査定した後、 市長判断を経て予算案が作られます。

名古屋市は「予算編成の透明性の確保と市民意見の予算への反映に関する条例」に基づき、各課の予算要求内容、財政局査定内容、市長判断を公開するとともに、市民からの意見を募っています(しかし、市民からの意見はほとんど反映されません)
http://www.reiki.city.nagoya.jp/reiki_honbun/i502RG00001216.html

財政局査定内容をよく見ると、「各課は要望しているが、財政局は却下・減額した予算」がはっきりと浮かび上がります。

臨時・政策経費の名古屋城関係の予算を拾いました。
----------
財政局案(単位:100万円)
・歴史観光の推進               238→0 未計上
・名古屋城本丸御殿障購入壁画復元模写の購入  4→0 局配分財源で検討
・名古屋城本丸御殿障壁画表具工事       2→0 局配分財源で検討
・名古屋城本丸御殿観覧環境整備        15→0 局配分財源で検討
・重要文化財障壁画の展示           18→0 未計上
・名古屋城二之丸地区整備基本構想の策定    8→0 未計上
・名古屋城二之丸庭園の保存整備        47→38 精査のうえ計上
・金シャチ横町構想の推進           23→0 未計上
・本丸御殿完成を契機とした文化発信・交流事業 15→10 精査のうえ計上
・天守閣へ移管後の魅力向上事業        170→31 精査のうえ計上
・名古屋城周辺景観改善事業          182→0 局配分財源で検討
・名古屋城天守閣の整備            1041→0 未計上
・名古屋城天守閣積立基金の設立        200→200 要求通り
・名古屋城天守閣木造復元における機運醸成   100→22 精査のうえ計上
・名古屋城受入環境整備            57→0 未計上
・名古屋城調査研究体制の強化         12→0 未計上

@ 所管局の要求(見積り)通り
A 事業内容、積算内容を精査のうえ計上
B 局配分財源で対応を検討
C 現段階では未計上
------
特に、名古屋城天守閣の整備(天守閣の整備にかかる実施設計、史跡内仮設工事、設計監理等支援業務委託等 債務負担行為 天守閣木造復元の実施設計期間 ?〜? 限度額704百万円)の10億4100万円がまったく計上されなかったのが特徴的です。

現在、名古屋市は竹中工務店に名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務を8億4721万6844円で2018年2月28日まで委託しています。
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
しかしながら、石垣部会が、天守閣部会座長の瀬口哲夫氏の「石垣部会は安全性を考えていない」発言に抗議して石垣調査がストップしており、上記基本設計等業務委託が完了するめどが立っていません。

さらに、木造天守閣にエレベーターを設置するかについて、名古屋市は2018年3月末までに方針を決定するとしており、上記委託履行期間を過ぎることになり、上記基本設計が完了しません。
また、現天守閣地下にあるケーソン調査も行っておらず、日本建築センターの評定、総務省から消防設備の緩和許可、名古屋市建築審査会の適用除外の同意、文化庁復元検討委員会の同意もいずれも得られておらず、基本設計が完了するめどが立っていないのが現実です。
基本設計が完了しないことには、実施設計に進むことが出来ません。 
 
財政局は、平成28年度6月補正予算編成過程でも名古屋城天守閣木造復元の基本設計等10億1100万円を計上せず、市長査定で復活させています。
「財政局としては、名古屋城天守閣木造化の予算は認めない」とする強い意志が感じられます。
(財政局が唯一満額計上したのが「名古屋城天守閣積立基金の設立」2億円で、すべて寄付金でまかなうとのこと。年間2億円の寄付だけで名古屋城天守閣木造化を行うのなら、505億円の予算なので252年間かかる計算となります)

今後、市長査定(一般財源約21億円)でどうなるかですが、他の事業でも予算要求が認められていない中、名古屋城だけ優遇する理由があるのでしょうか。
仮に名古屋城木造化の実施設計予算を計上した場合、契約も出来ず、予算が執行できずに浮いてしまいます。
実施設計契約を結ぶめどが立っていない以上、市長査定で計上しないことを求めますし、仮に予算を計上しても、議会が予算を認めることは到底許されません。

------
名古屋市は、平成22年度〜29年度で個人市民税・法人市民税を合計880億円も減税しています。
 H22 161億円
 H23 61億円
 H24 78億円
 H25 113億円
 H26 118億円
 H27 116億円
 H28 116億円
 H29予算 117億円
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-7-2-4-12-0-0-0-0-0.html

今後も個人市民税・法人市民税を5%減税すると、年間120億円程度減収となる見込みです。
 H30見込み 119億円
 H31見込み 121億円
 H32見込み 117億円
 H33見込み 116億円
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/cmsfiles/contents/0000073/73922/30-33zaiseishuusi.pdf

予算が足りず、新規事業の多くが計上されていません。
平成29年11月15日に名古屋市は「市民税5%減税検証報告書」を取りまとめ、「市民税5%減税しない方が市内総生産等伸びる」と結論づけました。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000099733.html
市内総生産等が伸びないだけでなく、新規事業の多くも出来ません。

減税について考えるには「平成30年度予算要求に対する財政局査定内容の公開」を熟読するのが一番です。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000100789.html
市長査定後の予算と市民の意見、市の回答もぜひお読みください。

18/1/10 名古屋城 河村市長と瀬口座長の面談日程すら不存在

名古屋市民オンブズマンは、名古屋城木造化を巡り、河村たかし名古屋市長と天守閣部会座長の瀬口哲夫・名古屋市立大名誉教授が面談した経緯、内容ならびに日程がわかるものを情報公開請求しましたが、すべて不存在でした。

名古屋城天守閣木造化をめぐり、石垣部会は天守閣部会座長の瀬口哲夫氏の「石垣部会は安全性を考えていない」発言に抗議して石垣調査がストップしています。
17/12/6名古屋市議会経済水道委員会で、渡辺局長は「石垣部会の意向について市長も心配している。その件で、瀬口座長と市長が面会した」と述べています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171206-2.pdf
http://smart.discussvision.net/smart/tenant/nagoya/WebView/rd/council_1.html?referrer=http://www.city.nagoya.jp/shikai/(1:06:15〜)

また、17/12/18に、名古屋市は名古屋城石垣部会と面談し、「河村市長が瀬口座長と面談し、発言の撤回を要請していた」ことを明らかにしました。(17/12/19読売新聞)
 http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20171219-OYTNT50026.html

名古屋市民オンブズマンは、上記面談に関する経緯がわかるもの、面談時の内容がわかるもの、配付資料を17/12/6に情報公開請求しましたが、17/12/15にすべて不存在となりました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171215.pdf

その後、17/10/13-12/14分の市長日程ならびに市政記者クラブに提供した「市長の一日」を情報公開請求しましたが、「来客応対」としか記載がありませんでした。
http://www.city.nagoya.jp/mayor/category/315-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180109.pdf
少なくとも庁内で公人として面談しているのであれば、相手をきちんと文書に残すのが情報公開条例等で求められていると考えます。

仮に面談相手が「個人情報に当たる」として非公開になれば、異議申立や裁判で争うことができます。
しかしながら、記載が無いと争うことも出来ません。

具体的に瀬口座長と市長の面談日を問い合わせました。
・名古屋城 記録を取っていない
・市長室 誰と面談したかまでは記録を取っていない

市長室が、誰と面談したか記録を取っていない、というのは考えられません。そんなことをしたら、秘書課は仕事になりません。
上記回答が真実だとしたら、情報公開請求されることをおそれて記録を取らなくしたか、情報公開条例を無視して不存在決定を出したかどちらかです。

16/11/28に河村市長と竹中工務店が面談した際も同様の問題がありましたが、「市長と竹中工務店との面談メモ」が作成されており、内容は黒塗りでしたが公開されました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161220.pdf

なお、市長室秘書課は、「一般的に言って、来客応対について、記録を取るという規則はなく、記録もないが、メモ程度はあるが整理されていない。」としましたが、名古屋市情報公開条例によれば、組織的に用いていればメモも行政文書に当たります。
第2条
(2)行政文書 実施機関の職員(市が設立した地方独立行政法人の役員を含む。以下同じ。)が職務上作成し、又は取得した文書、図画(写真及びフィルムを含む。以下同じ。)及び電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。以下同じ。)であって、当該実施機関の職員が組織的に用いるものとして、当該実施機関が管理しているものをいう。
http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000001423.html

また、名古屋市職員の公正な職務の執行の確保に関する条例に基づき、市長を含めた職員は、職員以外の者が職員に対して行う市政に関する要望、意見、苦情その他これらに類する行為(要望等)を記録しなければいけません。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/52-6-5-0-0-0-0-0-0-0.html

なお、「首相の一日」は、面談相手まで各新聞に掲載されています。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/shusho/

名古屋市秘書課の文書件名簿(どんな簿冊を持っているか)一覧は以下です。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shichoshitsu.pdf

そこまでして市民に秘密にする名古屋城木造化とはいったいなんなのでしょうか。

さらに検討して具体的に面談の日程、内容を調査したいです。


18/1/9 名古屋城木造復元説明会に「保存活用計画(案)パブコメのため」と明記せず

名古屋市が18/1/16以降、名古屋城天守閣木造復元のために行う市民向け説明会(5区)・シンポジウム(1箇所)に関し、白黒のチラシが出来ていました。18/1/9に入手しました
・チラシ
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/180108.pdf
区役所には配架していますが、市民情報センターには配架していません(今後配架予定)。
チラシは名古屋市ホームページにも載せていません。

文字だけのページは以下。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html

広報なごや平成30年(2018年)1月号の9ページ目、レジャー欄の下にこっそり案内を載せています。
http://www.city.nagoya.jp/shicho/cmsfiles/contents/0000013/13636/1801shibaniren.p1s.pdf

名古屋市は市民にきちんと説明する気はあるのでしょうか。
そもそも今回の説明会の目的は何でしょうか。

名古屋市は木造復元の方針を決めたと公表していますが、平成24年12月に文化庁が確認した、現在有効である「全体整備計画 増補版」では『現在の鉄筋天守を活用していく』と明記してあります。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000045497.html

上記「全体整備計画 増補版」を、このたび有識者の了承も議会の了承も得ないまま、『整備方針は木造復元とし、検討を進める』とする「保存活用計画(案)」を策定しました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-8.pdf

上記「保存活用計画(案)」について、2018/1月-2月にパブリックコメントを実施する予定です。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-6.pdf
パブリックコメントに伴う説明会、というのが本来の目的です。

パブリックコメント終了後、「保存活用計画」を策定・公表する予定ですが、策定には文化庁の確認が必要になります。

・文化庁 重要文化財(建造物)保存活用計画の策定について(通知)
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/hokoku/kenzobutsu_hozonkeikaku.html
(計画の確認)
 12.所有者等は,都道府県教育委員会を通じて文化庁に計画書 1 部を提出し,計画の内容と必要な手続について文化庁の確認を受けることができるものとする。
 13.文化庁は,都道府県教育委員会に計画書受理の旨を通知し,もって確認の通知とする。
 15.確認を受けた計画の内容を変更する場合は,所有者等は変更後の計画書に変更前の計画書を添えて文化庁の再確認を受けるものとする。

仮に「保存活用計画」について文化庁の確認を受けたとしても、木造天守閣を作るには、505億円もの巨額の費用がかかるだけでなく、バリアフリー法・消防法・建築基準法等に抵触して違法建築になるおそれが極めて強いです。
上記違法建築であれば役所の許可が下りませんし、許可を下ろそうとすると「寸分違わぬ復元」にはなりません。

石垣部会は天守閣部会座長の瀬口哲夫氏の「石垣部会は安全性を考えていない」発言に抗議して石垣調査がストップしています。
しかし、それだけでなく、名古屋市がエレベーター設置しない方針を示し、また現天守閣の下のケーソン調査を行っていないため、18/2/28までの基本設計終了が見込めなくなっています。
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf

18/1/16からの説明会・シンポジウムには竹中工務店からの現状報告があるとのこと。
どのような報告になるのか極めて興味深いです。

名古屋城天守閣の木造に賛成・反対する意見があるとは思いますが、少なくとも上記については共通理解にしてもらいたいです。

名古屋市は、上記について説明しないまま、説明会を行おうとしています。
少なくとも説明会に参加する市民・議員は上記を理解した上で参加してもらいたいです。
-----
名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答

平成30年1月16日(火)午後6時30分〜午後8時00分 西文化小劇場
平成30年1月18日(木)午後6時30分〜午後8時00分 港文化小劇場
平成30年1月19日(金)午後6時30分〜午後8時00分 北文化小劇場
平成30年1月23日(火)午後6時30分〜午後8時00分 名東文化小劇場
平成30年1月24日(水)午後6時30分〜午後8時00分 南文化小劇場

「シンポジウム」の開催 ※市長出席
天守閣をテーマとした講演会
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答
市長からの総括

平成30年1月28日(日曜日)午前10時00分〜午後0時30分 鯱城ホール


17/12/28 名古屋城木造化 名古屋市は市民に秘密で竹中工務店と価格交渉

名古屋市民オンブズマンは、17/12/20に開催された、「名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)の実施に伴う意見聴取会(第6回)の配付資料と議論の内容がわかるもの」を情報公開請求しましたが、名古屋市は全面非公開にしました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171227.pdf

理由は以下です。
 当会議は、「国土交通省直轄工事における技術提案・交渉方式の運用ガイドライン」に基づいて優先交渉権者との価格交渉を行いその結果等について学識者から意見を聴取するものです。
 現時点で公表できない情報を含んでおり、公にすることにより、事業の性質上、事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるため非公開とします。
 ※請求に係る行政文書は、当該事業の契約締結後には公表予定です。
資料が一切公開されないため、どのような契約をだれと締結するつもりなのか、金額がいくらをいくらにするつもりなのかもさっぱりわかりません。

想像でしかありませんが、17/5/9に名古屋市が竹中工務店と結んだ「基本協定書」「基本設計その他業務委託契約書」どおりに進んでいないからではないでしょうか。

・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
 
石垣部会は、天守閣部会座長の瀬口哲夫氏の「石垣部会は安全性を考えていない」発言に抗議して石垣調査がストップしています。
しかし、それだけでなく、名古屋市がエレベーター設置しない方針を示し、また現天守閣の下のケーソン調査を行っていないため、18/2/28までの基本設計終了が見込めなくなっています。
18年10月までに文化庁復元検討委員会からの了承を得られなくなったことがあり、2022年12月までの木造天守閣竣工は事実上不可能になりました。

バリアフリーについては、バリアフリー法だけでなく、愛知県の「人にやさしい街づくりの推進に関する条例」でエレベーター、スロープ等の設置義務があります。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jutakukeikaku/0000043092.html
上記は建築基準法3条の適用除外ができないと当方は理解しています。

名古屋市は17/12/28に市幹部らがエレベーター設置するかのプロジェクトチームを立ち上げたとのことですが、名古屋市の住宅都市局建築指導部建築指導課、愛知県の建設部建築局建築指導課、建設部建築局住宅計画課に問い合わせるのが先ではないでしょうか。

また、名古屋市が文化庁に提出した「石垣調査」は、あくまで石垣保全のための調査であり、17/5/12には検討していた現天守閣の下にあるケーソンの調査は、17/10/13時点では含まれておりません。
・17/5/12  特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 石垣部会(第21回)配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170512.pdf
・17/10/13 名古屋城全体整備検討会議(第24回)配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171013-2.pdf

これでは、現在のケーソンの寿命がわからず、木造天守閣を上に載せて大丈夫かどうかが判明しません。
基本設計が完了せず、木造天守閣計画が事実上ストップしています。

木造天守閣を作るのであれば、本来筋は以下です。
1)名古屋城跡保存活用計画(案)パブコメで木造化と明記   (2018/1-2予定)       
2)名古屋城跡保存活用計画を市が確定 文化庁の許可を受ける (2018/3以降予定)
3)ケーソン調査のための文化庁の許可を受ける        (未定)
4)ケーソン調査                      (未定)
5)エレベーター設置について方針を定める          (2018/3予定)
6)日本建築センターの評定                 (未定)
7)総務省から消防設備の緩和許可を得る           (未定)
8)名古屋市建築審査会の同意(建築基準法3条 適用除外)  (未定)
9)文化庁復元検討委員会の同意               (未定)
10)基本設計完成                     (2018/2末 完成予定)
11)実施設計                       (2018/4以降予定)

上記にもかかわらず、名古屋市は18/5/7から名古屋城の現天守閣を入場禁止(閉鎖)すると正式に発表しました。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/291212/index.html

現状では天守閣閉鎖を伴う石垣調査は18/5/7から始まりません。
調査もせずに入場禁止にした場合、来場者が減る責任はどう取るのでしょうか。
少なくとも、2018年2月議会では、実施設計予算を市は提出することはできませんし、仮に提出しても市議会は承認してはいけません。

--------
そんな矛盾だらけの名古屋城木造化について、名古屋市は市民向け説明会を18/1/16以降行うとのこと。
是非ご参加下さい。

-----
名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答

平成30年1月16日(火)午後6時30分〜午後8時00分 西文化小劇場
平成30年1月18日(木)午後6時30分〜午後8時00分 港文化小劇場
平成30年1月19日(金)午後6時30分〜午後8時00分 北文化小劇場
平成30年1月23日(火)午後6時30分〜午後8時00分 名東文化小劇場
平成30年1月24日(水)午後6時30分〜午後8時00分 南文化小劇場

----
「シンポジウム」の開催 ※市長出席
天守閣をテーマとした講演会
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答
市長からの総括

平成30年1月28日(日曜日)午前10時00分〜午後0時30分 鯱城ホール

17/12/25 名古屋市「名古屋城に最高1時間3000人来るも、木造天守閣には1時間1500人しか登れない計算」示す

17/12/25午後、名古屋市議会経済水道委員会が開催されました。

・17/12/25 名古屋市議会経済水道委員会
 特別史跡名古屋城跡天守閣整備事業に係る基本計画(案)の進捗状況について
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-5.pdf
・17/12/25 名古屋市議会経済水道委員会
 特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)について
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-6.pdf
・名古屋城天守閣整備事業 復元整備基本構想案
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-7.pdf
・保存活用計画(案)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-8.pdf


・名古屋市民オンブズマンメモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-2.pdf
 
浅井正仁市議(自民・中川区)は、400万人入れようとすると最高1日何人来場するかを尋ねたところ、名古屋市は「今後の設計によるが、姫路城だと最高で1日25000人来た。来場時間を実質8時間とした場合、3000-3500人」としました。
また、名古屋市は「姫路城は最大1時間800人を超えた場合入城制限をした。名古屋城は床面積2倍なので、1500人くらいを考えている。」としました。

現在は、85%程度の来場者が天守閣に登っているとのこと。上記計算であれば、名古屋城に来ても木造天守閣に入れない人が半分の1500人もあらわれるということになります(しかし、どの市議も指摘しませんでした)。

浅井市議は「チェアリフトで最上階に登るのに30分かかる。障害者団体がバスで来たら、大渋滞する」としましたが、チェアリフトがなくても半分は木造天守閣に入れない計算です。

また、福田誠治市議(公明・南区)は、夏はどうなるのかと聞いたところ、名古屋市は「エアコン設備を設けると史実と異なるため、配管が不要なエアコンに変わるものを考えている」としました。
福田市議は「トップの市長は無責任だが、市職員が無責任ではいけない」としました。

中川貴元市議(自民・東区)は、18/5/7に現天守が閉鎖された後、盛り上げる手段を尋ね、名古屋市は「映像コーナーを設ける」としました。

一方、17/12/25午前中の委員会で、教育室長は小学生の名古屋城見学について聞かれ、
「小学生の入場者数は無料なのでつかんでいない。教育課としては、危険性がなるべくならないように。実際に登らなくても、ARやVRで体験出来るようにしたい。
 そういう仮想かもしれないが、実際に体験することで文化財を守ると、教育委員会の立場上思った。」と述べました。
-----
ARやVRで体験出来るのなら、505億円もかける必要性はありません。しかも危険性の高い階段を上らせる意味は何かあるのでしょうか
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-1.pdf
----
なお、中川市議は、石垣部会の現状について問合せ、西野所長は
「年内に解決したい。年内に返事がいただけると思っている。もし期待する返事でなかった場合今後検討する。
 工程については大幅に石垣の調査が遅れるということなら苦しくなる。そのあとの処置は竹中と相談して検討」と述べました。

-------
今ごろ想定最大入場者数を発表している名古屋市。問題点に気づかない市議会。教育委員会は大変冷めています。

夏の酷暑時に、エアコンなしでマンション13階まで傾斜50度以上の急階段を登る人がどの程度いるでしょうか。
いても多くが倒れてしまいます。

木造天守閣の姿が具体的になればなるほど矛盾します。
結局は、安全軽視、来場者軽視で、借金だけが積み上がっていくことになるのが目に見えています。
--------
そんな矛盾だらけの名古屋城木造化について、名古屋市は市民向け説明会を18/1/16以降行うとのこと。
是非ご参加下さい。

-----
名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100606.html

名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答

平成30年1月16日(火)午後6時30分〜午後8時00分 西文化小劇場
平成30年1月18日(木)午後6時30分〜午後8時00分 港文化小劇場
平成30年1月19日(金)午後6時30分〜午後8時00分 北文化小劇場
平成30年1月23日(火)午後6時30分〜午後8時00分 名東文化小劇場
平成30年1月24日(水)午後6時30分〜午後8時00分 南文化小劇場

----
「シンポジウム」の開催 ※市長出席
天守閣をテーマとした講演会
名古屋市及び株式会社竹中工務店からの説明
質疑応答
市長からの総括

平成30年1月28日(日曜日)午前10時00分〜午後0時30分 鯱城ホール
----------

17/12/25 名古屋城 名古屋市議「2018年にバリアフリー法改正予定と把握しているか?」

17/12/25午前、名古屋市議会産業・歴史文化・観光戦略特別委員会が開催されました。

17/12/25 名古屋市議会産業・歴史文化・観光戦略特別委員会説明資料
 特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)について
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-3.pdf

・特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)概要版(17/12/25市議会配付)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-4.pdf
・特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)(17/12/25市議会配付)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-8.pdf



名古屋市民オンブズマンメモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171225-1.pdf

その中で、成田たかゆき市議(自民・天白区)が「2018年 通常国会で、バリアフリー法改正されるという話しが聞こえているが把握しているか」と質問しましたが、名古屋市は把握していないとのこと。

名古屋市は「現在の名古屋城天守閣を取り壊し、新たに木造天守閣を作るため、新築と考えている。木造天守閣には建築基準法3条が適用される。
バリアフリー法では建築基準法3条が適用され、バリアフリー法の適用が除外される。しかしまったくバリアフリー法を無視していいわけではない。
建物、マンパワーで対応したい」としました。

成田市議は「バリアフリー法は2006年改正されて以来、11年間改正されていない。2020年の東京オリンピック・パラリンピック、さらに2026年アジア競技大会、2027年リニア開業と盛りだくさんで、海外からのお客さん、国内の障害者の移動の円滑化は喫緊の課題」としました。

西野所長は「現時点ではバリアフリー法の対象ではないと認識している。スケジュールを決めて、木造化を進めている。今年度基本設計が完了する際、エレベーターを設置するか決めないといけない。状況の変化によって、さらに検討が必要だとすればその時点で検討が必要」としました。

---------
木造化について想いがある人は多いですが、想いとは関係なく、法律を守らないといけないということは共通認識でないといけませんし、法律を守らなければ現在の名古屋城について指一本形状変更することは出来ません。
現在の法律でも、建築基準法3条の「適用除外」を受けるには、建築審査会の同意を得る必要がありますが、現時点では名古屋市は建築審査会に諮っていません。
名古屋城木造天守閣が本当に「適用除外」になるのかはまだわからないのです。

バリアフリー推進は国策ですし、条約を批准していますし、世界的な流れです。「一部の人の想い」だけで法律を無視することは不可能です。
名古屋城の今後については
1)ハイテク木造(エレベーターあり) 建設費だけで505億円 2022年12月までは事実上不可能
2)耐震改修+長寿命化100年(最上階までエレベーター) 約29億円
のどちらがよいのかしか選択肢はありません。

2016年5月に行われた2万人アンケートでは、上記についてきちんと説明していませんでした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160511-1.pdf

建物の中に入る人の安全を考え、誰でもが簡単に移動可能にするための建築基準法・バリアフリー法・消防法です。
市民をだまそうとしても無理です。
強引に建設しようとしても必ず破綻します。
万が一違法建築が出来た場合、来場者が危険にさらされるため、監督官庁の責任問題になります。
法律遵守は「一部の障害者のため」だけではないのです。


河村市長「ホームエレベーターは実は大変危険ですからね」発言の根拠はなにか

17/12/18に河村たかし名古屋市長の定例記者会見で、名古屋城にエレベーター設置を設置しない理由として、「ホームエレベーターは実は大変危険ですからね」と発言しました。(13:45〜)


記者 今話を伺っていて、エレベーターではダメなんですか?
市長 エレベーターでも ホームエレベーターいうのなら無いわけじゃなかったんですよ。
ホームエレベーター 人だと2-3人詰めてのれば。
車椅子だと1台しか乗れないとほとんど。
ホームエレベーターは実は大変危険ですからねこれ
それと上り下りありますんで、
ものすごい非常に何人でどうかという話になると大変ですよ。これは。ええ
今のところ聞いているところによれば、今デパートのような 10人乗りか20人乗りかわかりませんけど、
ああいうものは、という人はあまりおらないですけどね それ。

国土交通省の研究所の2012/2レポートでは、「ホームエレベーターでの人身事故事例は報告されていない」とのこと。

国土交通省国土技術政策総合研究所
国総研プロジェクト研究報告 第 37 号 平成24年2月
建築空間におけるユーザー生活行動の安全確保のための評価・対策技術に関する研究(その2)
http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/siryou/kpr/prn0037b.htm
ホームエレベーターに関する人身事故の発生は、これまで新聞等で報道された事例はなく、また、平成5年6月30日付け建設省通達である“昇降機の維持及び運行の管理に関する指針”第8“人身事故発生時の措置”五“特定行政庁その他関係官公署への連絡”により特定行政庁に報告された例もなく、また、大手のホームエレベーター保守会社に故障状況を聴取しても人身事故例はこれまでないとのことである。http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/siryou/kpr/prn0037bpdf/kp0037b07.pdf
なお、住宅用エレベーターについては、2017年11月5日に人身事故が1件あったことがわかっています。
http://www.n-elekyo.or.jp/accident/2017/11/

名古屋市民オンブズマンは、17/12/22に「平成29年12月18日開催河村市長定例会見『ホームエレベーターは実は大変危険ですからね』の根拠がわかるもの」を市長室、観光文化交流局、緑政土木局、健康福祉局、住宅都市局、消防庁に対して情報公開請求しました。

何回も繰り返しますが、バリアフリー法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)14条では、不特定多数が利用する特別特定建築物を新築する際は、建築物移動等円滑化基準に適合させなければなりません。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/

市議会は、どうして上記エレベーター設置しないことの違法性について、設計者の竹中工務店に聞き、違法を取り締まる名古屋市住宅都市局建築指導課(名古屋市建築審査会)に問いたださないのか理解が出来ません。

エレベーター設置は市長の好み、障害者の要望に左右されるのではなく、「法的義務」です。どうして市長は「虚偽の根拠」まで用いてエレベーター設置を嫌がるのでしょうか。

なお、障害者団体は、木造天守閣にした場合、20人乗りのエレベーター設置を求めています。

名古屋市が竹中工務店に委託した「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」847,216,844円の契約書上の期限は18/2/28です。
第1条に「日本国の法令を遵守し」とあります。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf

建築基準法の適用除外にするためには、市建築審査会が同意しないといけません。また、日本建築センター、文化庁復元委員会、市消防庁の確認・許可が必要です。

エレベーターなしでは基本設計が通らず、委託契約が完了しません。木造化をしたい人が「505億円もかけてエレベーターをつけるのがよいのか」というのであれば、再度「約29億円かけて現天守閣を耐震補強・長寿命化(100年は可能)」と市民に情報を知らせた上で意見を聞いてはどうでしょうか。

幸いなことに、竹中工務店とは基本協定書6条で、「市議会における議会の予算の成立・議決を条件」とし、「予算・議決が成立しない場合は市は何ら責を負わない」としています。
・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
 
1)木造エレベーターなしは法律上無理
2)木造エレベーターあり・耐震・防火対策は法律上可能だが、
 505億円かかり、各種ハードルが極めて高い。2022年12月までの完成は事実上不可能。
 上記費用を入場料だけでまかなえるかは不明。2018/2に調査レポートが完成予定。
3)現天守閣耐震改修・長寿命化は約29億円で可能。ハードルも低い。
 文化庁が許可した現在の「全体整備計画」では「耐震改修」となっている。 

ここまで混迷を深めた名古屋城木造化については、きちんと論点を整理して、市民に情報を知らせた上で市民の意見を聞いてはどうでしょうか。


17/12/20 名古屋城天守閣部会 エレベータ設置の是非は一言も触れず

17/12/20に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第7回)が開かれました。
現在、天守閣木造化の際にエレベータを作って欲しいと障害者団体が要望していますが、前回「エレベーター無し」と決めた天守閣部会は、今回はエレベーター設置について一言も触れませんでした。
・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171220.pdf
・議事メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171220-1.pdf

ずっと、木造天守閣の木材についてと、屋根の仕上げについての細かい話しばかり行っており、しかもいったん決めたことを蒸し返すようなこともありました。
結局この部会で何を決めたのか、何を決めないといけないのかはわかりませんでした。
「史実に忠実な」をどこまで再現するのか、技術・材料があるのか、コストはどの程度かかるのかなど、細かい話しがまったく決まりません。
そもそも、エレベーター設置をはじめ、建築基準法・バリアフリー法・消防法に適合するものをつくるのかどうかという、大きい話も決まっていません。
これでは2018年2月末までと名古屋市が竹中工務店に委託した「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」が終わりません。
河村市長は上記委託について、どこまでわかって「エレベーター設置しない方針」と言っているのでしょうか。

なお、唯一の収穫は名古屋城 宝暦大修理の屋根に用いられた『黒チャン塗』という技法は現代では失われた技法であり、「史実に忠実な復元」は不可能であると言うことです。

当日車椅子利用者が4人傍聴していました。
会議終了後、AJU車椅子センターの内海千恵子さんは「日本政府は2014年に障害者権利条約を批准したのに、天守閣部会が前回『木造天守閣にエレベーターを設置しない』と決めたのは信じられない。昨日ADF(愛知障害フォーラム)から天守閣部会があると聞いて、今日は予定を変更して傍聴に来た。
しかし、本日は天守閣部会で一言もエレベーターに触れなかったのはショックだ。
『有識者』は好きなことを話すだけで、以前に決めたことすら蒸し返すのに、エレベーターについてはまったく聞く耳を持っていない。。
これでは木造化の検討は進まないし、エレベーターについても付くことはないだろう。どこに言えば意見を聞いてくれるのか」と嘆いていました。

会議終了後、座長の瀬口哲夫・名古屋市立大学名誉教授は、マスコミから逃げるように会場を去りました。
西野輝一・名古屋城総合事務所所長は「座長は特にコメントはありません」と防御していました。
マスコミから「エレベーター設置や、石垣部会からの謝罪要求に対し、まったくコメントしないのは市民の理解を得られないのではないか」と聞かれても、座長らは一言も答えずにタクシーに乗りました。

----
さらに、名古屋市は17/12/20午後に、名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)の実施に伴う意見聴取会(第6回)を非公開で開催すると発表しました。
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2017/kankobunkakoryu/0000100790.html

上記意見聴取会メンバーは、天守閣部会と8名中7名は同じです。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171220-2.pdf


特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会名簿
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170713.pdf

○小野徹郎 建築学 名古屋工業大学名誉教授
○片岡靖夫 建築学 中部大学名誉教授
○川地正数 建築生産 川地建築設計室主宰
○瀬口哲夫 近代建築史、まちづくり 名古屋市立大学名誉教授
 西形達明 地盤工学 関西大学名誉教授
○麓 和善 建築史、文化財保存修理 名古屋工業大学大学院教授
○古阪秀三 建築生産 立命館大学客員教授
○三浦正幸 日本建築史、文化財学 広島大学大学院教授

-----
名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)の実施に伴う意見聴取会
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/151129.pdf

 大森文彦 東洋大教授 弁護士
○小野徹郎 名古屋工業大学名誉教授 公益財団法人日本建築積算協会 東海北陸支部長
○片岡靖夫 中部大学名誉教授
○川地正数 川地建築設計室主宰 中部大学非常勤講師
○瀬口哲夫 名古屋市立大学名誉教授
○麓 和善 名古屋工業大学大学院教授
○古阪秀三 京都大学教授
○三浦正幸 広島大学大学院教授
----------------

どのようなことが議論されたのか、まったくわかりません。
市民不在で重要なことが決まっていきますし、重要なことが決まりません。

---
17/12/20まで、平成30年度の名古屋市予算に対する意見募集中です。
・平成30年度予算編成過程 意見募集
 http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000099534.html

なお、17/12/25(月)に、名古屋市議会で名古屋城に関する2つの委員会が行われます。傍聴可。
天守閣部会のメンバーにも保存活用計画(案)を見せないまま、市議会は木造天守閣の方針を承認するのでしょうか。
http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/324-3-0-0-0-0-0-0-0-0.html
12月25日(月曜日)午前10時 産業・歴史文化・観光戦略特別委員会
  特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)について(観光文化交流局、教育委員会関係)
 午後1時30分 経済水道委員会 (1)特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)について(観光文化交流局関係)
 (2)特別史跡名古屋城跡天守閣整備事業に係る基本計画(案)の進捗状況について(観光文化交流局関係)


17/12/19 「河村市長が天守閣部会座長へ発言撤回要請」読売新聞報道も、市長-座長面談時の内容不存在

17/12/18に名古屋城天守閣木造化を巡り、石垣部会と名古屋市が協議をしました。
その後石垣部会は記者会見を行い、「河村たかし名古屋市長が、天守閣部会の瀬口哲夫名市大名誉教授の『石垣部会は安全性を考えていない』発言の撤回、謝罪をを求めていることがわかった」と17/12/19読売新聞が報じました。
http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20171219-OYTNT50026.html

読売新聞によれば、瀬口氏は市長の撤回要請に応じていないとのこと。
また、17/12/19中日新聞によれば、市と石垣部会が会合再開に向けて協議したが、結論は出ず、現在中断している石垣調査は年内の再開はないと報じています。

上記中日新聞によれば、西野輝一・名古屋城総合事務所長は、2022年末の完成を目指す工期への影響について「さらに1-2ヶ月遅れれば、竹中工務店と相談しないとわからない」と述べたとのこと。

しかし、現在の石垣調査は竹中工務店に委託した「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」847,216,844円に含まれており、この契約書上の期限は18/2/28です。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
考慮するハードルがあまりにも高く、『ハイテク木造』が2022年末完成は元から不可能と名古屋市民オンブズマンは見ていますが、少なくとも現在の石垣調査が終わらなければ、「基本設計その他業務委託」が完了せず、続く「実施設計」に移ることが出来ません。
竹中工務店による、名古屋市への損害賠償請求が発生する可能性があります。

----
名古屋市民オンブズマンは、17/12/6に「特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議座長の瀬口哲夫・名古屋市立大名誉教授と河村たかし名古屋市長が面談した経緯がわかるもの(平成29年度)」「面談時の内容がわかるもの、配付資料」を情報公開請求しましたが、17/12/15に「請求のあった行政文書を作成又は取得しておらず不存在」としました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171215.pdf

16/11/28に河村市長と竹中工務店、16/12/5に名古屋市と竹中工務店が面談した際は、中身は黒塗りでしたがメモを作成して公開しました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161220.pdf
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161222.pdf

名古屋市の情報公開のあり方がさらに後退しています。
-------------
なお、名古屋市は17/12/19になって、第7回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会を17/12/20(水)10時〜、名古屋国際センター別棟ホールで行うことを公表しました。傍聴可
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2017/kankobunkakoryu/0000099962.html
前日に発表するというのは、市民に公開したくないと言うことなのでしょうか。
また、瀬口座長が、「石垣部会に対する発言」についてどのように話すか大変興味があります。

さらに、17/12/20に、名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)の実施に伴う意見聴取会(第6回)を非公開で開催すると発表しました。
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2017/kankobunkakoryu/0000100790.html

-------
自らの誤った発言を決して撤回しない瀬口哲夫座長。
事前に瀬口座長に発言撤回要請をしておきながら、17/12/18記者会見ではまったく触れず、責任逃れをする河村市長。
https://www.youtube.com/watch?v=M1ItLSRTJD4
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171218.pdf
市長と瀬口座長と石垣部会と竹中工務店の板挟みになり、困惑するがなんとかその場だけを取り繕おうとする西野所長。
専門的知識を持ち、「400年前の姿の再建はそもそも不可能だが、『ハイテク木造』であってもこのままのスケジュールでは無理」とわかっていても、市長に口出しが出来ず、無視を決め込む名古屋市各局担当者。
上記構図を理解する能力が無い市議会。
名古屋城を巡る無責任体制は、石垣のさらなる劣化を招き、現天守閣の耐震強度不足による大地震での被害を招きかねません。

なぜこんな事態になってしまったのでしょうか。
名古屋市が的確な情報を公開せず、市民に誤った「400年前そのものの木造天守が出来る」というイメージを植え付けた河村市長の責任は重大です。
そのイメージで市は寄附金募集をしているのでさらにたちが悪いです。
今後どうなるかさっぱりわかりませんが、さらなる混乱が起こることだけは間違いないです。

17/12/18 名古屋城木造天守 河村市長が再度「車椅子は剛力みたいに手で支えて登っていっては」発言

名古屋城天守閣木造化に関し、河村市長は17/12/18記者会見で「車椅子の人は昔の剛力みたいに手で支えて上がれば、コミュニケーションがとれる」と発言しました。
・平成29年12月18日 名古屋市長河村たかし 定例記者会見

・文字起こし(名古屋市民オンブズマン作成)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171218.pdf

2013年6月19日本会議でも河村市長は「背負子(しょいこ)」で名古屋市立大の学生にボランティアで上がってもらったらどうかと発言しています。
http://www.kaigiroku.net/kensaku/nagoya/nagoya.html

現在また木造天守閣にエレベーターをつけるかどうかが議論になっていますが、河村市長は何回も「エレベーターをつけずに人力で何とかする」と発言しており、これは信念です。

市長にいくら信念があっても、バリアフリー法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)14条では、不特定多数が利用する特別特定建築物を新築する際は、建築物移動等円滑化基準に適合させなければなりません。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/

法律というのは、人権を守るためにあるのであり、時の為政者の好き勝手なことをあらかじめ防止するためにあります。
多くの市民が仮にバリアフリー法違反の建築を望んでも、法治国家である以上は認められません。

また、市長が何回も繰り返す「市民の圧倒的な民意」ですが、2016年5月に行われた2万人アンケート説明資料では「小型エレベーター設置を検討」(車椅子利用可 4人乗り)とあり、エレベーター無しの前提ではありません。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160511-1.pdf
しかも、以下の3択では、2020年までに木造は一番少なく21.5%でした。
2万人中7,224人
・2020年7月までに木造復元 21.5%
・2020年7月にとらわれず木造復元 40.6%
・現天守閣の耐震改修工事 26.3%
・その他6.2%
・無回答5.4%

現在、なぜか2022年12月までの木造復元を名古屋市は目指していますが、市民にきちんとした情報も出さず、市民の意見も聞かず、しかも違法建築を建てて人権侵害を行おうとしています。
エレベーター設置に関する庁内の検討会を年内に設けると市長は発言しましたが、「違法建築は建てられない」ことは、市長以外の市職員は全員知っており、なにを検討するのかまったくわかりません。

車椅子利用者などで作る愛知障害フォーラム(ADF) は、あくまでもエレベーター設置を求めています。
「チェアリフト」でも「階段昇降機」でもありませんし、ましてや「背負子」「剛力」でもありません。
http://aichidisabilityforum.com/#nagoyajyou

竹中工務店との契約上、2018年2月末で基本設計を終了させることになっており、エレベーター設置問題を解決しないことには成果物が市に引き渡せません。
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
今後、「名古屋市のせいで成果物が引き渡せなかった」と、竹中工務店は名古屋市を訴えるのでしょうか。
「全責任は私が取る」と2015/8/24に河村市長は名古屋市市民経済局長に指示書を出しています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shijisho.pdf
どのように「責任を取る」のか見ものです。

17/12/16 元大阪城館長「耐震改修した大阪城はあと100年はもつ」

日本共産党名古屋市会議員団は、17/12/16に「まだ止められる 2022年名古屋城天守閣木造化」シンポジウムを行い、70人が参加しました。
・日本共産党 江上博之市議による報告
 
http://egami-hiroyuki.jcpweb.net/action/2017-12/2923.html
・配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171216.pdf
・メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171216-1.pdf
・17/11/11 日本共産党名古屋市会議員団
 名古屋市政資料 名古屋城天守閣木造復元特集
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171216-2.pdf
 
元大阪城館長の渡辺武氏は、38年間大阪城天守閣一筋に勤め、全国城郭管理者協議会の副会長19年、会長4年を勤め、各地の城になんどとなく足を運んだ経験から、歴史的な文化遺産を復元・復旧・修復する際、最低限考慮しないといけないことがあるとして、以下述べました。
 @何のために(目的)
 A根拠となる資料がどの程度確かなものがあるか
 B材料調達の可否 
 C技術力・技術者が確保できるか 
 D経費の問題 いくらかかるか、だれが負担するか 
 E工期 
名古屋城木造化は、Aの資料は豊富にあり、B材料C技術があったとしても、それは一種の複製でレプリカを作ることであり、原本価値はないということを承知していないとだめだと述べました。
また、現天守閣の「展示物を見て理解するという重要な意味」は木造にするとまず無理になるとしました。
よって、@なんのために木造化するのか 絶えず原点に立ち返らないといけず、「外部からのシンボル」という意味では現天守が数十年間果たしてきています。
また、熊本城で耐震化については早急に行う必要があると述べ、大阪城では耐震補強とコンクリートの中性化を行い、震度6以上の自信が起こっても人身事故を起こさないだけの安全性を確保し、貴重な文化財に被害を及ぼさないようにし、計算上今後100年以上は大丈夫にしたと述べました。
その際、全館車椅子ごと観覧可能にしたところ、車椅子での来場者はそれまで年10-20人程度のところが年間3000人くらいになり大変喜ばれたとのこと。
大阪城では、公園管理部分は民間委託したが、内部の博物館機能は学芸員も館長も市直営を続けて充実させている。現名古屋城天守については、外観を手を入れれば今後も持ち,内部を充実させればよいのではないかとしました。

続いて、日本共産党名古屋市議団の江上博之市議は、「2019年の統一地方選挙で議会勢力を変えれば、木造化は変更できるのではないか」と述べました。

また、元NHK解説委員の毛利和雄さんは、「木造化するなら名古屋市は文化庁の中の委員会に諮って検討が必要だが、現時点では諮っていない。2022年末までの完成スケジュールはどう考えても成り立たない」としました。

一級建築士の滝井幹夫氏は、「木造天守閣を建てるには、建築基準法、消防法、バリアフリー法の法的制約がある。建築基準法には『適用除外』があり、名古屋市の審査会で否決された場合、市長は委員を入れ替えて同意させる可能性がある」と述べました。
 
会場からは活発な質問が出ました。
渡辺武氏は「博物館法第23条で『公立博物館は、入館料その他持物館資料の利用に対する対価を徴収してはならない。』とある。しかし、戦後の経済成長初期は金がないので『但し、博物館の維持運営のためにやむを得ない事情のある場合は、必要な対価を徴収することができる。』となったことを悪用している。本来は無料。外国の博物館は基本的に無料。金を儲けるために料金を上げるのは非常に文化的でない。文化度の低い発想で、。本来無料にすべき『建設費の500億は入場料でまかなえる』は名古屋市民として世界に恥ずべき発想だ。」と述べました。

また、渡辺氏は「名古屋城は現在年間190万人来るが、正直入場者が多すぎると思う。大阪城は年間250万人来ているが、朝から行列が並び、エレベーターに半分くらいしか乗れない。
以前大阪城築城400年祭りを行ったが、最高1日25000人来てすさまじい人人人だった。階段がちびた。来城者はぞろぞろとあるき、なにも見れない。幸い事故は起こらなかった。明石の事故は繰り返してはいけない。
木造名古屋城は年間360万人を目標にしているが、そんな状態を名古屋市民は求めているのか?『入場料ごっつう儲かる』とやってはいけない。声を上げて欲しい。」と述べました。

--------
今回、誰一人として、「木造化実施設計等予算18億4500万円を盛り込む平成30年度予算に意見を言おう(17/12/20まで)」「今後木造天守閣を明記する『保存活用計画案』にパブリックコメントを出そう(2018/1-2予定)」「石垣部会・天守閣部会を傍聴してレポートしよう」「12/25(月)13:30- 名古屋市議会経済水道委員会を傍聴しよう」などいう人がいなかったのは不思議でなりません。
・平成30年度予算編成過程 意見募集
 http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000099534.html

また、2018年2月議会での実施設計予算審議の際、「400年前の木造天守閣を再築することは法律上できません。ハイテク木造を望みますか?」と、木造天守閣推進派や他市議に言い続けることなど、いろいろできることはあるはずです。

このまま市民不在のまま、名古屋城天守閣木造化は進んでいくのでしょうか。そうはならず、石垣部会の問題、エレベーター設置問題が解決しないと基本設計が完了しません。泥沼の法廷闘争になるのが目に見えています。
全関係者のダメージが一番少ないほぼ唯一の方法は、2018年2月議会で木造化実施設計等予算を認めない、という選択ですが、議会がこの構図を理解しているのか、
そんな決断力が議会にあるのか疑問です。本当に今後どうなるのか。無責任体制は続きます。

17/12/15 名古屋城 市の石垣部会への返事が「事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれ」で非公開

名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会が、17/10/13に開催した名古屋城全体整備検討会議(第24回)での瀬口哲夫・名古屋市立大名誉教授「天守閣部会は(入場者らの)安全性を考慮している。石垣部会は安全性を考えていない」との発言に抗議し石垣部会として瀬口氏に対して発言の撤回を求める書簡を市に送った事に関し、名古屋市が石垣部会に返事を送った件で、名古屋市民オンブズマンが上記返事を情報公開請求したところ、市の回答は「事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれ」として内容が全面非公開とする決定が17/12/14にでました。
石垣部会が送った書簡も再度内容が全面非公開でした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171214.pdf


なお、瀬口座長発言に対し、石垣部会から「名古屋市に送られた書簡に対する返事を出すにあたって検討した内容がわかるもの」「瀬口氏に送られた書簡」「瀬口氏に送られた書簡に対する返事」「瀬口氏に送られた書簡に対する返事を出すに当たって検討した内容がわかるもの」については、いずれも不存在でした。
-----
石垣部会は瀬口氏発言で激怒しており、瀬口氏の謝罪・発言撤回無くしては石垣部会は現在の石垣調査、今後の石垣詳細調査に協力しないと明言しています。
現在の石垣基礎調査は2018年2月末までで終了する予定ですが、今後どうなるのかまったく予測がつきません。
(名古屋城総合事務所整備室に17/12/15確認。石垣基礎調査は竹中工務店に委託した「名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託」847,216,844円に含まれている。石垣基礎調査の費用は、名古屋市としては把握していない)
・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
 
しかも、2017年11月補正予算が可決された石垣詳細調査について、発掘調査が2018年4月以降開始予定ですが、石垣部会の協力を得られていない現状では発掘調査を始めることも出来ません。

市民への説明もせず、石垣部会への説明もせず、石垣基礎調査もストップしたままだと、「基本設計その他業務委託」を行った竹中工務店に追加費用を払うことにもなりかねません。
河村市長は、陽子線ガン施設建設でも独断で工事を中断させており、現在日立製作所が名古屋市を相手に裁判中です。
河村市長は再度繰り返したいのでしょうか。

17/12/14 河村市長「名古屋城天守閣木造化バリアフリーに関する指示書」は不存在

河村たかし名古屋市長は名古屋城木造天守閣にエレベーター設置しない方針を示した件で、17/11/28名古屋市議会本会議で「弱者切り捨てでは全くない。『関係者と相談してやれ』と指示していた」と述べました。
名古屋市民オンブズマンは「河村市長が名古屋城天守閣木造化バリアフリーに関して出した指示書」を情報公開請求しましたが、17/12/8付けで不存在決定がでました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171208.pdf

これでは本当に指示したのか、また仮に市長が口頭でなんらかの指示をしたとしても市民に内容がよくわかりません。

名古屋市民オンブズマンは、「名古屋城木造天守復元におけるバリアフリーに関する検討チーム」の召集文、構成メンバー、配付資料、議論の内容がわかるものを17/12/14に情報公開請求しました。

名古屋市は、「名古屋城木造天守復元を目指す」としながら、市民にきちんとした情報を公開していません。
このままでは、木造化の基本設計が終了予定で、石垣調査(基礎調査)終了予定(現在停止中 再開のめどが立たず)で、来年度予算審議が始まる2018年2月末ごろ、様々な矛盾が一気に噴出しそうです。
「転ばぬ先の杖」としての情報公開がまったく機能していません。
--------
なお、以下情報公開請求を17/11/29にしましたが、すべて延長になりました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171212.pdf
・平成29 年5 月8 日開催の「名古屋城天守閣整備検討会議」(第2回)
 議事録、配布資料(web掲載以外)
・「名古屋城天守閣整備検討会議」広報・公聴、機運醸成部会
 議事録・内容がわかるもの、配布資料
・「名古屋城天守閣整備検討会議」広報・公聴、機運醸成部会WG
 議事録・内容がわかるもの、配布資料
・「名古屋城天守閣整備検討会議」天守閣整備部会
 議事録・内容がわかるもの、配布資料
・「名古屋城天守閣整備検討会議」天守閣整備部会WG
 議事録・内容がわかるもの、配布資料
・「名古屋城天守閣整備検討会議」おもてなし部会
 議事録・内容がわかるもの、配布資料
・「名古屋城天守閣整備検討会議」おもてなし部会WG
 議事録・内容がわかるもの、配布資料
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000093281.html

------------
平成2 9年1 1月3 0日
愛知障害フォーラム(A D F ) 代表加賀 時男様
名古屋市長 河村 たかし
名古屋城木造復元天守におけるバリアフリーに関する公開質問状について(回答)
http://aichidisabilityforum.com/index.html#nagoyajyou2

----------

17/12/13 名古屋市は名古屋城天守閣木造化2億円寄付募集に1億円税金を使う計画 12/20まで意見募集中

名古屋市は、平成30年度当初予算案として実施設計、史跡内仮設工事、監理設計等支援業務委託等として10億4100万円+7億400万円を提案しようとしています。
 ・実施設計+仮設工事    起債  9億7300万円
 ・設計監理等支援業務委託等 一般財源  6800万円
 ・実施設計 30-32年度 7億400万円 起債
また、平成30年度に2億円の寄付を集めるのに、1億円の税金(一般財源)を使って
機運醸成を図る計画です。
・名古屋市 平成30年度予算要求内容の公開 22ページ目
 
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/cmsfiles/contents/0000099/99534/30yosanyoukyuunaiyounokoukai.pdf
「予算編成の透明性の確保と市民意見の予算への反映に関する条例」に基づき、平成29年12月20日(水)まで意見募集中です。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000099534.html
名古屋市は、名古屋城天守閣木造化のため、「名古屋城天守閣積立基金」を設置しました。
木造天守閣建設には505億円かかる見込みで、利子100.67億円、運営管理費276.45億円などを含めると、2069年までに915億円もかかる大事業です。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160511-1.pdf
「税金を1円も使わず木造天守閣を作る」と河村市長は言っていますが、機運醸成名目で1億円の税金を使うのはどのように説明をするのでしょうか。

また、エレベーター設置の有無、耐火・防災仕様が決まっていない現在、実施設計に着手出来るのでしょうか。
この計画は疑問と利子がふくらみます。

17/12/7 名古屋城石垣詳細調査 補正予算が市議会委員会で可決

17/12/7に名古屋市議会市議会経済水道委員会が開かれ、名古屋城の石垣詳細調査に関する補正予算3億4000万円についての意思決定がなされました。

自民:賛成
民進:賛成 石垣調査 文化庁と密に連携すること
公明:賛成 
共産:反対 石垣部会から指導を受けられず、石垣調査が中断し再開のめどが
      たっていない中、補正予算を提案するのは問題
減税:賛成

共産党の2名以外賛成し、原案通り可決されました。

石垣部会が言うように、名古屋城石垣詳細調査は木造天守のための事前調査ではありません。「石垣自体の本質的価値・現状を工学的・考古学的に調査して必要が
あれば適切な修理を行う」というものです。
しかし、ほとんどの市議が石垣詳細調査は「木造天守のため」と信じて疑いません。市もはっきりとは言いません。

全体整備検討会議座長の瀬口哲夫氏「石垣部会は安全性を考慮していない」発言で、石垣部会は激怒しており、瀬口氏の謝罪・発言撤回無くしては石垣部会は現在の石垣調査、今後の石垣詳細調査に協力しないと明言しています。
こんな中で補正予算を可決する市議会の気持ちがまったくわかりません。

情報をきちんと共有せず、二枚舌を使う名古屋市。まともな議論をしない名古屋市議会。今後石垣調査だけでなく、エレベーター設置・バリアフリー問題、耐震・防火問題、文化庁がそもそも木造天守閣建設を認めるかどうかなど問題が山積です。
遅かれ早かれ、名古屋市は2022年12月完成目標を変更しないといけなくなります。
お金の絡むことなので、早めに方針転換をした方がよいと思いますが、このまま突っ走ってしまうのでしょうか。

-----
なお、名古屋市は、平成30年度当初予算案として実施設計、史跡内仮設工事、監理設計等支援業務委託等として10億4100万円+7億400万円を提案しようとしています。
 ・実施設計+仮設工事    起債  9億7300万円
 ・設計監理等支援業務委託等 一般財源  6800万円
 ・実施設計 30-32年度 7億400万円 起債
また、今後2億円の寄付を集めるのに1億円の税金(一般財源)を使って機運醸成を図る計画です。
・名古屋市 平成30年度予算要求内容の公開 22ページ目
 
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/cmsfiles/contents/0000099/99534/30yosanyoukyuunaiyounokoukai.pdf
平成29年12月20日(水曜日)まで意見募集中です。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000099534.html

少なくとも、名古屋市が当初描いていた以下スケジュールは見直すべきです。
・2017/11 保存活用計画案が全体整備検討会議で承認
・2017/12 市議会で保存活用計画案を審議
    12/20まで H30年度予算意見募集締め  
・2018/1-2 保存管理計画パブリックコメント
・2018/2末 「木造復元に向けた調査業務委託」発表
      竹中工務店 「基本設計」完成予定
・2018/3  保存活用計画策定・公表
・2018/5/7 天守閣閉鎖予定


17/12/6 名古屋市 石垣詳細調査は「木造天守閣復元のため」と明言せず

17/12/6に名古屋市議会経済水道委員会が開催されました。
・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171206.pdf
・メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171206-2.pdf

名古屋城天守閣整備事業工程案も出ました。

西川ひさし市議(自民・昭和区)は、石垣詳細調査について「木造復元のためのものですよね」と確認していますが、西野所長は「名古屋城天守木造計画 一つ一つ基本設計をし、石垣調査を行う。その中の一つの要素として天守台保全をしっかりしていく。そういう部分で取り組んでいる」と述べるだけで、「木造天守閣復元のため」とは明言しませんでした。

配付資料を見ても、「天守台を適切に保全し後世に伝えるため、調査により石垣の現状を把握し、調査結果に基づき対策を実施する」とごまかすような
書き方をしています。
しかし、市議は市のごまかしに気づいていないようです。

17/9/12に開催された特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 石垣部会(第24回)で、構成員の千田嘉博・奈良大学教授はマスコミに向かって「これまで部会の議論と異なった内容が報じられているのは残念だ。先ほどまで議論しているのは石垣調査についてであって、木造天守閣に関する議論は一切行っていない。間違いです。誤報です。
穴蔵石垣について、本質的価値現状を工学的・考古学的に調査して必要があれば適切な修理を行うのであって、木造天守のための事前調査ではない。名古屋市は現状変更許可を文化庁に提出したが、そこのところをかき分けていただいている」と強調しました。
http://ombuds.exblog.jp/25602183/

福田誠治市議(公明・南区)の天守閣の基礎工事で石垣が影響が全くないのか?という質問に対し、「天守の木造復元では石垣内側に構台を作るため、工事では石垣に影響がない。石垣に荷重をかけないので裏込めには影響ないと考える」と明言していますが、本当に影響がないのかは石垣部会に諮っていません。

----
現在の石垣部会と天守閣部会座長の瀬口哲夫氏との仲違いは、表面的には瀬口氏の「石垣部会は安全性を考慮していない」発言ですが、名古屋市の上記のようなごまかし(石垣部会・文化庁には「石垣保全のため」、市議には「木造天守閣復元のためか」と聞かれても曖昧にする)が背景にあるのではないでしょうか。

17/6/23に開催された特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第22回)では、予定では2020年3月に天守を解体し、その後、解体後の石垣調査を2020年4月5月で行う計画で、同年6月からは5月までに完成した実施設計に基づき木造天守閣に着手するものでした。
「消失後に積み直しされたであろう穴蔵部分について、史実調査、現状の調査をした結果を踏まえ今後の取扱いを決定する」としか書いておらず、どのように2ヶ月間で
見直しをするのか全く具体的ではないと、全委員から批判されました。
http://ombuds.exblog.jp/24630301/

今回出されてきた工程案では、天守解体後の穴蔵石垣調査ではなく、まず2018/5に天守閣を閉鎖して穴蔵石垣の詳細調査をするようになっています。
2018/10に穴蔵石垣の根石背面調査が終了後も天守閣閉鎖をし続け、いつの間にか素屋根の鉄骨制作、エレベーター、現天守閣解体になだれ込もうという計画となっています。
根石背面調査のため、天守閣を閉鎖する必要があるとしても、それが終われば天守閣を再度開放するのが筋です。
また、「詳細調査を踏まえ、どのような石垣があるべき姿なのか考え、必要であれば修復する」というのが石垣部会の意見ですが、それとは関係なく木造天守閣建設が進む計画となっています。
また、穴蔵石垣の詳細調査をどのように実施設計に反映させるのか、構台設置が石垣にどのように影響があるのか検討する余裕はあるのでしょうか。

少なくとも、現在の石垣基礎調査で、石垣部会の了承が得られない限り発掘調査ならびに地盤調査は再開しません。
今後の石垣詳細調査でも、発掘調査・根石背面調査は不可能です。
これらができなければ例え予算が通っても、文化庁は石垣詳細調査の許可を出しません。

ここで石垣詳細調査の予算を市議会が認めることは、混乱に拍車をかけることになりかねません。
石垣詳細調査がなんのために行われるのか、目的を今一度はっきりさせ、
石垣部会と文化庁がきちんと納得した上で石垣詳細調査を行うべきではないでしょうか。


17/12/4 名古屋市「名古屋城石垣部会の混乱は本年12月中に問題を解決したい。できなければ文化庁と相談」

17/12/4に名古屋市議会経済水道委員会が開かれ、名古屋城の石垣詳細調査に関する補正予算3億4000万円についての議論がなされました。

・名古屋市民オンブズマン 作成メモ
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171204.pdf

そもそも、この石垣詳細調査は、名古屋城石垣部会が「現在の名古屋城で最も貴重な石垣について『観光客の安全を考慮するため』に、早急に石垣調査を行うべき」としたものです。調査対象は天守台石垣に限りません。

しかしながら、17/10/13に開催した石垣部会・天守閣部会合同会議で、座長の瀬口哲夫・名古屋市立大名誉教授が「天守閣部会は(入場者らの)安全性を考慮している。石垣部会は安全性を考えていない」との発言を行い、石垣部会構成員の猛烈な反発を呼んでいます。

石垣部会は17/10/16に名古屋市と瀬口座長に抗議の書簡を提出しました。
・名古屋市民オンブズマンに開示された書簡
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171121-2.pdf

17/11/17読売新聞報道によれば、瀬口氏の発言撤回・謝罪がなければ11月末で石垣部会を解散すると伝えたとのこと。
17/12/1読売新聞報道によれば、市が回答したものの石垣部会の求めたものでなかったため、結論が出せないとして現在も結論が持ち越しとのこと。
・2017年12月01日 読売新聞
 名古屋城 石垣部会「解散」なお協議
 http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20171201-OYTNT50009.html

17/12/4NHK報道によれば、石垣部会が紛糾し、現在行われている石垣概要調査が11月中旬から中断し、再開のめどが立っていないとのこと。
・2017年12月04日 09時44分 NHK
 名古屋城の石垣調査が中断
 http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20171204/3250551.html

17/12/4経済水道委員会で、名古屋市は現時点で行っている石垣調査が中断していることを認めました。また、「石垣部会には市として回答を出したが返答は来ていない。いつまでに回答する、とお話し頂いているわけではない。解決しないと現在行っている石垣発掘調査が進まない。12月中に解決したい。もしうまくいかなかった場合、他の専門家の方にお願いするなど、文化庁と相談して適切な対応をとる。」と述べました。

なお、現在のスケジュールでは、2018年ゴールデンウィーク明けの5月7日には石垣詳細調査を行うため、現天守閣を入場禁止にし、その後木造天守閣復元(2022年12月予定)までずっと閉鎖し続けるとのこと。
閉鎖中は値下げは考えていないと言います。

石垣部会は「石垣の安全性のために詳細調査が必要」と言い続けてきましたが、西野名古屋城総合事務所長は「木造天守を史実に忠実に作っていくために」石垣詳細調査が必要と述べました。
石垣部会への説明と食い違っています。

石垣詳細調査を行うには文化庁への申請が必要で、調査開始予定2018/5/7の数ヶ月前には申請予定とのこと。
石垣詳細調査は、石垣部会との協議が整わなくても2018/7-8月までは進めていけると名古屋市は主張しています。

また、木造天守閣を作成する際、既存のケーソンを利用するかどうかは、今後行う劣化度調査を踏まえて、ということで、まだ決まっていないようです。

今回の石垣詳細調査予算3.4億円は、竹中工務店との当初の基本協定505億円とは別ですが、竹中工務店と協議して505億円に含むとのこと。

-----
名古屋市は石垣詳細調査3.4億円を行いたいということですが、現石垣調査も進んでいないのに、石垣詳細調査を文化庁が認めるのでしょうか。
また、現在の石垣調査報告も2018年3月末に概要を行うとのこと。

石垣問題だけでなく、エレベーター設置の問題、耐火・耐震問題、文化庁がそもそも木造天守閣建設を認めるかどうかなど問題が山積で、とても完成は2022年12月には間に合いません。

名古屋市が木造天守閣を目指すと正式に決めるために必要な「特別史跡名古屋城跡保存活用計画」は2017年12月に名古屋市会に提出予定で、委員会審議にかけられる予定ですが、いまだに提出されていません。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171013-2.pdf

名古屋市は、まず2022年12月の目標を下ろした上で、石垣部会と調整し、2018年2月末 「木造復元に向けた調査業務委託」発表を待って、その資料とともに保存活用計画パブリックコメントを行ってはどうでしょうか。
上記が出来ない理由が、竹中工務店との基本設計契約完成予定が2018年2月末であるのなら、エレベーター設置について設置検討が2018年3月末が締め切りというのは欺瞞であるし、仮に基本設計契約の完成が遅れた場合どうなるのかをはっきりさせるべきです。

石垣部会・市議会・竹中工務店・文化庁・市長・市民にいい顔を見せようとしてきた矛盾が一気に吹き出してきています。
名古屋市はきちんと説明していません。


17/11/29 河村市長「名古屋城木造化 エレベータ無しは『関係者と相談してやれ』と指示していた」

名古屋市が名古屋城木造天守閣にエレベーター設置しない方針を示した件で、松井よしのり市議(自民)の17/11/28名古屋市議会本会議に対して河村たかし名古屋市長は「弱者切り捨てでは全くない。『関係者と相談してやれ』と指示していた」と述べました。
・17/11/28 名古屋市議会本会議(動画)
 
http://www.nagoya-city.stream.jfit.co.jp/
・名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171128.pdf

高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)では、不特定多数が利用する特別特定建築物の新設には、所有者は移動等円滑化基準に適合させる義務があります。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/index.html

名古屋市は、15/12/10「名古屋城天守閣整備事業にかかる 技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ) による公募型プロポーザル業務要求水準書」でバリアフリーについて以下述べています。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_03.pdf
F バリアフリー化 バリアフリーに配慮したものであること。
(5)ユニバーサルデザイン
(配慮する項目ついては史実に忠実な木造復元と両立した計画とする)
 @車いす利用者へのユニバーサルデザイン  
  a)車いすの利用が想定される階にはエレベータ等の設置を検討し、アクセスが容易となる環境を目指す。また、災害時においても、円滑な避難が可能な環境を整備する。
  b)敷地から出入口への移動経路は段差のない計画とする。
  c)各種サインは、車いす使用者の視認性に配慮すること。
  d)車いす置き場を確保する。
 A視覚障がい者へのユニバーサルデザイン
  a)視覚障がい者の安全かつ円滑な移動を目的として、音声誘導装置や点字サインを、主要な出入口等に適宜設置する。
  b)ロービジョン者、色弱者に配慮し各種サインを計画する。
 B聴覚障がい者へのユニバーサルデザイン
  a)災害発生時に聴覚障がい者が一人で取り残される可能性があるため、避難経路等にフラッシュランプを設置する。
  b)各種サインは、聴覚障がい者の利用に配慮した計画とする。
 C知的、精神、発達障がい者へのユニバーサルデザイン
  a)心身状況の変化により休息及び休憩が必要となる場合があるため、施設内の各階に休憩できるスペースを設置する。
  b)同伴者とともに利用できるトイレを設置する。
 D高齢者等へのユニバーサルデザイン
  a)高齢者が容易に移動可能な環境を整備する。
  b)必要箇所に手すり又はこれに代わるものを設置し、様々な身体状況の観覧者が利用しやすい環境を整備する。
  c)各種サインは、高齢者にとって見やすいサイズや色づかいとする。
  d)高齢者等の安全な移動に配慮し、段差等についてはコントラストに配慮し視認性を確保する。
 E子連れ利用者へのユニバーサルデザイン
  a)トイレにはベビーチェア・ベビーシートを設置したブースを設けるとともに、授乳できるスペースを設置する。
  b)ベビーカー置き場を確保する。
 F外国人利用者へのユニバーサルデザイン
 外国人の来場が想定されるため、ピクトグラムなどの言語以外の表示や、多国語表記のサインを設置する。

名古屋市は自ら「エレベータ等の設置を検討し」と述べているにもかかわらず、
エレベータの設置をしない方針にするというのは、まったく理解できません。

市長を8年以上し、部下に指示をしていたにもかかわらず、市職員が障害者に
話を聞いていなかったことを部下の責任にする河村市長も信じられません。

-------
松井よしのり市議(自民)は以下述べています。
 名古屋城の木造のお城が出来た場合、本丸御殿の面から最上階まで38.45mになります。
 通常の建物だと13-14階にあたります。
 階段の踏み込み面は、通常25-6cmのところ20cmしかありません。
 階段の蹴上がり(高さ)は通常17-8cmのところ29.4cmもあり、倍近くになります。
 勾配は通常35度のところ最大55.7度にもなり、垂直に近いです。
 通常の階段は幅170cmのところ、木造名古屋城は120cmと狭い。そこに75cmの昇降機を持ってくるという。
 市長さん、2022年に完成した場合、頑張って階段で登る自信はありますか?

河村市長
 年食ってどうなるかわからんが、精一杯登る。
 いろんな技術があり、学者やメーカーと相談している。
 チームを作ってええ方法を考える。出てきます。必ず。

------
健常者でも元々の木造天守閣は登りにくいです。
あえて登りにくく、違法な名古屋城を作る意味はどこにあるのでしょうか。
建築費だけで505億円、維持費などを含めると2069年までで914.98億円もかかるとされる木造天守閣を入場料だけで返済する計画は無理があります。
借金だけが残ることになるのではないでしょうか。


17/11/22 名古屋城石垣部会 座長発言に対する市への書簡が内容全面非公開

名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会が、17/10/13に開催した名古屋城全体整備検討会議(第24回)での瀬口哲夫・名古屋市立大名誉教授「天守閣部会は(入場者らの)安全性を考慮している。石垣部会は安全性を考えていない」との発言に抗議し石垣部会として瀬口氏に対して発言の撤回を求め、石垣部会として反論する書簡を市に送った事に関し、名古屋市民オンブズマンが上記書簡を情報公開請求したところ、17/11/21に決定がでて、市への書簡は内容が全面非公開でした。
瀬口氏への書簡は市には不存在でした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171121-2.pdf


17/11/17読売新聞は、瀬口氏の撤回や謝罪がない場合、石垣部会を11月末で解散すると市に伝えていたことがわかったと報じました。
・2017年11月17日 読売新聞
 名古屋城復元 有識者に亀裂 ◆石垣部会、解散も検討
 http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20171117-OYTNT50000.html?from=tw
・2017年11月17日 読売新聞
 名古屋城の木造復元へ影響必至 有識者 石垣の安全巡り溝
 http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20171117-OYTNT50011.html

17/11/21に書類を取りに行く際、名古屋城総合事務所整備室職員が説明してくれました。
「現段階で内容は非公開。現時点では関係者と協議中なので、いつから公開になるかなどは何も言えない。
 非公開理由は、情報公開条例7条1項5号のア〜オではなく、『その他その他当該事務又は事業の性質上、当該事務又は事業の公正又は適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるもの 』。
 瀬口氏への書簡は名古屋市は受け取っていない。実際に書簡が瀬口氏に出されたのかは把握していないし、瀬口氏へ聞いてもいない。
 本書簡は、17/10/16にメールで受け取った。
 メールには建築ジャーナル2017年10月号「お城と日本人」のゲラもついていた。(ゲラではなく、その後完成した冊子の写しを情報提供いただいた)
 17/11/17読売新聞記事が掲載されたことは承知しているが、現時点ではコメントできる状況でない。
 本書簡に関し、読売新聞以外の報道があったとは承知していない。
 石垣部会からの書簡に対し、どのように回答するのか未定。
 次回石垣部会の開催時期については、なんとも言えない。」

名古屋市は、名古屋城天守閣木造化をするにしてもしないにしても、石垣を今後どう保全していくか、内部石垣をどう調査するのかなど、様々な課題があります。
座長の意味不明の発言で議論が進まないというのは理解が出来ません。
文化庁は「特別史跡名古屋城跡の本質的価値は石垣で、その保全が必要」(建築ジャーナル2017年10月号)、「まずは石垣部会でしっかり議論してほしい」(横井ブログ)と述べています。
・2017年06月11日 名古屋市議横井利明ブログ
 天守閣木造復元に対する文化庁の意見は?
 http://blog.livedoor.jp/minami758/archives/2370816.html

このような状況であることを市民に知らせず、強引に進めようとする名古屋市のやり方も納得いきません。
これが「21世紀のお城整備」なのでしょうか。

---
なお、上記整備室職員は、17/11/21障害者団体からの要望書受け取り時の西野所長発言「あと4ヶ月で木造天守閣の設計を詰めていかないといけない」について、「今日はじめて聞いた」としました。
名古屋城総合事務所内でも情報共有がされていないことに驚きました。
各種部会、議会をはじめ、市民にも情報を知らせず、名古屋市の市長と取り巻きの一部だけが暴走している構図です。


17/11/21 名古屋城木造化 障害者団体「『エレベーター無しで安全に』あと4ヶ月でどう検討するのか」

17/11/21、愛知障害フォーラム(ADF)の電動車椅子メンバー4人と支援者は名古屋城総合事務所を訪れ、名古屋城木造復元天守にエレベーターを設置しない方針を示した名古屋市に対して公開質問状を提出し、意見交換を行いました。
・17/11/21 愛知障害フォーラム(ADF)
 名古屋城木造天守復元におけるバリアフリーに関する公開質問状
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171121.pdf

ADFから名古屋市民オンブズマンに対して取材のお願いが届き、名古屋城内の会議室で行われた意見交換の場に同席しました。
(会議室入室にあたって、名古屋城総合事務所の許可も得ました)

・17/11/21 名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171121-3.pdf
・意見交換終了後の西野所長ぶら下がり記者会見
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171121-4.pdf
 
簡単に言えば、以下の通りで平行線をたどりました。
・ADF「筋力が弱く、チェアリフトに乗れない障がい者がいる。スカラモービルに乗れない車椅子も多い。これらはエレベーターの代替案にならない。」
・名古屋市「今回は案。全ての人を安全・安心に登っていただくため、今後皆さまの意見を聞いて検討する」

唯一目新しいことは、西野輝一・名古屋城総合事務所所長が「木造天守閣の設計を年度内に詰めていかないといけない」と発言したことです。竹中工務店との基本設計完成期限が2018年2月末であるためだと思いますが、根拠はよく分かりません。
・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
 
ADFの辻直哉事務局長は「電動車椅子は120キロ。乗る人も含めると200キロ近くになり、エレベーター無しで安心・安全に移動する手段をあと4ヶ月で技術開発出来るとは到底思えない。
本日の話し合いはゼロ回答だ。何も示してもらえなかった。
昔の姿の天守閣が復元されるのは関心があるが、現状では一部の人を『排除』しているように思えてならない。
名古屋市は現在の天守閣のエレベーター利用状況も把握していない。
チェアリフトは1階上がるのに1人5分かかるというが、私たち4人が5階まで行くのに何分かかるのか。
特別支援学校が観覧した場合もまともに検討していない。
現在の天守閣部会有識者は文化財の専門家ばかりであり、バリアフリーについては資料が2枚だけで10分しか議論しておらず、強引な部会だ。ユニバーサルデザインの専門家は一人も入っておらず、今後どのように話を聞くかも明確な回答がなかった。
名古屋市の内部の健康福祉局の担当者にも話をしていない。
木造にすると階段の1段1段が高くなり、高齢者も階段を上りにくくなる。
私たちはよく海外から来たお客さんを名古屋城に案内する。現状では外のエレベーターから天守閣に入ってきて、内部エレベーターで5階まで行ける。しかし現状では展望室まではエレベーターで行けなくてがっかりする。今後展望室までエレベーターがついたらよい」と述べました。

別のADFメンバーは「簡単に『エレベーターをつけない』という結論を出せる人がこの世にいるのだなと思い、がっかりした」と述べました。

辻事務局長は、会議開始前「以前、名古屋城本丸御殿に入ったことがある。『備え付け車椅子に乗り換えて欲しい』といわれたが、乗り換えると怪我をする。結局自分の電動車椅子のタイヤを拭いて入った。電動車椅子から下ろされるのは『自分の足を外せ』と同じだ。」と述べました。

-----
上記に先立ち、17/11/20に河村たかし名古屋市長の定例記者会見がありました。
・平成29年11月20 日 名古屋市長河村たかし 定例記者会見
 
・上記メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171120-3.pdf

河村市長は、ロボットの専門家である和歌山大学の中嶋秀朗教授に市職員が相談し、「難しい課題だが研究している」と発言しました。
http://wakarid.center.wakayama-u.ac.jp/ProfileRefMain_2394.html

河村市長は「某新聞に載っていたことを言ったことは一言もない。必ず喜んでいただけるよう最高の技術を開発しようや。僕は『福祉団体に言わないけない、福祉団体と相談しないと』と言っていた。憤懣やるかたなし。」と部下に責任転嫁しました。
その上で「まだ四・五年ある。」を繰り返し、竹中工務店との基本設計契約のことを無視あるいは軽視する発言をしました。

----
そもそも、名古屋城木造天守閣の形を具体的に検討する部会は、天守閣部会とは別に作る、という話もあったはずです。
そのルールが曖昧なまま、名古屋市・市長の一方的な思い込みだけで突き進んでしまっています。
また「2022年12月までに完成させる」と決めたのは河村市長であり、何の根拠も必然性もありません。
また、バリアフリー法には、木造天守閣が適用除外になれる条文がないように読めます。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/index.html
(参考)
 ・平成29年 3月 25日 国土交通省 住宅局 建築指導課
 歴史的建築物と建築基準法について
 http://h-ar.net/cms/wp-content/uploads/2017/03/20170325_HARNET4th_mlit-1.pdf

現在の名古屋城は、地下1階〜7階まで階段が173段あり、かなりの人が23人乗りの内部エレベーター2基で5階まで登ります(5階から7階は44段の階段)。
18階建てのビルに相当するとのこと。
505億円かけてエレベーターのない木造天守閣(耐震・防火のため『寸分違わぬ名古屋城』ではない)を障がい者・高齢者を排除する形で作るのがいいのか。
約29億円かけて現天守閣の耐震改修・展示物のリニューアル・長寿命化・展望室までのエレベーター設置をするのがよいのか。
焦っているのは名古屋市だけです。
2018/2末に発表される「木造復元に向けた調査業務委託」で収支予測・来場者見込みを見た上で、保存活用計画案のパブリックコメントを行って市民の意見を十分聞いてから判断しても遅くはないのではないでしょうか。


17/11/20 名古屋市議会特別委員会 名古屋城視察後非公開で議論

17/11/20に名古屋市産業・歴史文化・観光戦略特別委員会 が開催され、その後名古屋城の二の丸庭園等を視察しました。
・当日配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171120.pdf

委員は名古屋城天守閣も視察しましたが、その後名古屋城本丸御殿内の会議室で、委員と市当局が非公開で議論しました。
名古屋市観光文化交流局の担当者に「傍聴できないのか」と聞いたところ「出来ない。理由は市議会の担当者に聞いてくれ。
担当者はすでに部屋に入ってしまった」といわれました。

非公開の議論が終了後、たまたま先述の担当者と会い、内容を伝えてくれました。
「探したがいらっしゃらなかった。傍聴は委員長に諮らないといけない。必要であれば議事メモを渡す」と言われました。

・松井よしのり(自民・守山区)
 金シャチ横町の状況について
  →スケジュール通り 18/3/26 内覧会を行う
   来年2月に工事が終わる
・岡本善博(自民・中川区)
 二の丸庭園についての考え方は
  →現在保存活用計画を作っており、その中で整備する 
・岡本善博(自民・中川区)
 文化庁との調整について
  →石垣調査については文化庁と調整し、現状変更許可を得た。
   名古屋城天守閣については文化庁の許可を得ないと触れない。
   引き続き文化庁と協議をする。
 
市議は本当にこれしか聞かなかったのでしょうか。
本当にこれだけなら、市議があまりにも勉強不足です。
木造天守閣に関する建築基準法の問題、バリアフリー新法の問題、さらにエレベーター設置の有無、石垣部会解散の危機など山積みです。
みんな忘れていますが、当初は2020年7月までに木造天守閣を作る予定だったため、竹中工務店は2017年12月に着工予定で、本丸御殿の工事と同時並行をする予定でした。
しかし種々の事情で工事は延びに延びています。文化庁から石垣調査の許可は得ていますが、その他工事の許可はいまだに受けておらず、着工どころか現天守閣・エレベーター解体予定もわかりません。
一方、本丸御殿は18/6/8完成予定で、本丸御殿を作っていた作業スペースが空き、木造天守閣を作る場合、工法を大幅に見直すことが可能となりましたが、具体的に検討している気配はありません。

法的に極めて問題があるにもかかわらず市長の言いなりになる市当局、問題を的確に指摘しない市議会。一番困惑しているのは、このままでは適法な基本設計ができない竹中工務店ではないでしょうか。


17/11/17 名古屋城石垣部会「石垣部会は安全性軽視」座長発言撤回・謝罪がなければ解散検討と読売新聞報道

17/11/17読売新聞は、名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会が、17/10/13に開催した名古屋城全体整備検討会議(第24回)での「石垣部会」「天守閣部会」初顔合わせ時に、瀬口哲夫・名古屋市立大名誉教授が「天守閣部会は(入場者らの)安全性を考慮している。石垣部会は安全性を考えていない」との発言に抗議し、撤回や謝罪がない場合、石垣部会を11月末で解散すると市に伝えていたことがわかったと報じました。
・2017年11月17日 読売新聞
 名古屋城復元 有識者に亀裂 ◆石垣部会、解散も検討
 
http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20171117-OYTNT50000.html?from=tw
・2017年11月17日 読売新聞
 名古屋城の木造復元へ影響必至 有識者 石垣の安全巡り溝
 http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20171117-OYTNT50011.html

17/10/13会議を傍聴していましたが、石垣部会構成員は当初から石垣の安全性を考慮した発言をしており、瀬口座長の発言は唐突でした。
石垣部会構成員の猛烈な抗議と、天守閣部会構成員からの石垣部会構成員発言への擁護にもかかわらず、瀬口座長は発言を撤回・修正しませんでした。
瀬口座長は「時間が来ました。最後混乱させて申し訳ございませんでした」といいつつ、終了後テレビカメラから逃げるように立ち去りました(動画あり)。

17/11/6開催された特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第25回)でも、赤羽一郎・石垣部会構成員が猛烈に抗議し、石垣部会として瀬口氏に対して発言の撤回を求め、石垣部会として反論する書簡を市に送った事を明らかにしました。

・17/10/13 名古屋市民オンブズマンブログ
 名古屋城「石垣部会」「天守閣部会」初顔合わせも、瀬口座長が混乱を招く  
 http://ombuds.exblog.jp/25918103/
・17/11/6 名古屋市民オンブズマンブログ
 突如出てきた木造化ありき「名古屋城跡保存活用計画」に有識者猛反発
 http://ombuds.exblog.jp/26097720/

名古屋市民オンブズマンは、上記書簡を情報公開請求中ですが、まだ開示されておりません。

瀬口座長のこれまでの発言はピントがずれていることが多く、しかも全体整備検討会議ならびに各部会の進め方についても、各構成員から疑問が呈せられてきました。
各部会の位置づけならびに、何をいつまでに決めないといけないのか、各委員にすらきちんと説明していません。
市民に対する説明責任もまったくありません。

現在の特別史跡名古屋城跡で最も貴重なのは石垣です。
しかし、天守台石垣については1945年米軍空襲による被熱で相当劣化が進んでおり、「観光客の安全を考慮するために、早急に石垣調査を行うべき」と石垣部会が提案し、名古屋市は2017年11月補正予算で5400万円+2018年度以降調査2億8700万円を予算計上しています。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-6-2-14-5-0-0-0-0-0.html

木造天守閣を作るにせよ作らないにせよ、石垣保全は必要です。
木造天守閣を作る場合、過去の石垣の調査をどうするのか、また、地下階の石垣をどうするのかなど問題が山積みです。
17/11/6全体整備検討会議にオブザーバーとして参加した、平澤毅・文化庁文化財部記念物課文化財調査官は「保存活用計画策定については、客観性を欠くような議論がなされていないか名古屋市と重ねて協議させて頂いている。慎重な検討を要する事項がおおく、石垣状態調査の推移をしっかりとご報告いただきながら、拙速な判断がされないように留意している」と、慎重な姿勢を崩していません。
石垣部会が解散したら、文化庁が保存活用計画策定に同意することは難しくなり、木造天守閣も事実上できなくなります。

瀬口座長を任命した名古屋市の責任が問われます。
市民の意見、有識者の意見をもっと聞く、常識ある座長を求めます。

17/11/16 「名古屋城木造天守にエレベーター無し」方針に有識者異論出さず 傍聴者大反発

17/11/16に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 第6回天守閣部会が開催されました。
・配付資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171116-1.pdf
・名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171116.pdf

不特定多数の者が利用する日本の公共建築物は、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)」に基づき、2000u以上の新築・増築、改築又は用途変更について、建築物移動等円滑化基準への適合義務があります。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/index.html

名古屋市は、「史実に忠実な木造復元」「利用者の安全性の確保」「ユニバーサルデザイン(バリアフリー)の採用」の基本方針を掲げましたが、名古屋市としては「エレベーターは設置しない。ただし、代替案で車いす使用者等の合理的配慮を目指す」としました。
結論としては、「現時点では、エレベーターを設置せず、地層から5階の表階段にチェアリフトを設置する。今後の技術の進展を注視し、優れた代替案があれば、改めて検討する」としました。

配布された資料によれば、チェアリフトは1階から2階まで1日10往復を見込んでいるとのこと。
名古屋市は来場者数を年間366万人(1日約1万人)見込んでいますが、1日10人しか使わない計画です。しかもチェアリフトを使っているときは他の人は階段を使うことは難しいです。
残りの人は18階建て相当の建物を傾斜55度・一段が29.4センチの階段で登る計算になります。

木造天守閣復元のために設置された天守閣部会メンバーは、特に異論を出しませんでした。
しかし、構成員の小野徹郎・名古屋工業大学名誉教授は「場合によっては2階までエレベーターを設置すればそれほど大変ではないのではないか、と前回提案したが、その検討結果がない。個人的にちらっと見せてもらうのではなく、情報をオープンにするのが必要」としました。

傍聴していた、AJU車椅子センターの柳原康来さんは、会議終了後
「名古屋市が木造天守閣に車椅子をつけない方針と知り、黙っている訳にはいかないと思って今回来た。
 しかしなぜエレベーターをつけないのか、説明がなかった。腹筋、背筋が弱く、チェアリフトに乗れない人もいる。
 私は100キロある特注の電動車椅子に乗っており、顎で操作して自分の意思で移動が可能である。
 他の車椅子では身体が痛くなり長時間座っていられない。この車椅子を2階、3階に持っていってもらえるならなんとかなるが。。。
 名古屋市は、登った先のことを考えてもらいたい。私はわがままを言っている訳ではない。よりよい観光地になればと思う。」と述べました。

上記を知った別の車椅子利用者は「車椅子利用者でカラダを触ると痛みが出る人は結構たくさんいます。身体の拘縮がある人や骨の変形などで普通の椅子では無理だという人も多いです。骨がもろくなっている人もいるし、障害を持っていても異性に触れてもらいたくない人もいます。あと、専用椅子に呼吸器ボンベなどを付けている人もいます。こんな人に優しくない建物を新たに建てる政令都市名古屋って、正直言って国際的にも恥ずかしいです。」と述べています。

傍聴をしていた名古屋市議は、会議終了後、名古屋城総合事務所所長に
「観光客が名古屋城に来て階段を登れるのは何人か?わらわかせるな。横浜ではわざわざスロープを後付けでつけた。みっともない。考えが浅すぎる。ようあんなこと喋るな?自分たちで勝手にやるな。
 古いお城におまえの親を連れて登ってみろ!『絶対来たくない、怖い』って言うぞ。ダメだぞ。
 実際運用として何人乗れるの?車椅子以外の人も登るんだ。障害者の団体来たらもうダメ。
 市は市民の声を一切聞いてない。あんたたちは心が優しくないかとろいかどちらかだ。苦情が出ることが見えてる。
 あまりにも悲しい。あなた方はみなさん立派な人たちなのに。出発点が燃えた天守を再建しようというものでしょう。絶対あかん。このままでは後で泣かなあかん。」
と強い口調で詰問しました。

今回、配布視された資料の中で、現SRC造の名古屋城天守閣再建時、市民からの寄付が目標1億円のところ2億円集まったこと、もう燃えず、地震にも強い城を作ろうとしたこと、博物館機能を充実させようとしたことが詳しく報告されました。

今回の資料にも費用のことが書かれていません。
耐震改修なら約29億円で済み、エレベーターも最上階までつく予定です。
木造天守閣は建築だけで505億円かかりますが、天守閣部会構成員の三浦正幸・広島大学大学院教授によれば、「東南隅櫓のような外壁を用いると、10年に1度足場を組んでメンテナンスをしないといけず、そのたびごとに足場代として10億円以上かかる」と発言がありました。

構成員の小野徹郎・名古屋工業大学名誉教授は「この委員会はなにをどこまで決めるのか。意見を言うだけか。スケジュールの問題がある。原則を早く決定する必要がある」とし、進め方がきちんと決められていないことに不安を表しました。

構成員の古阪秀三・立命館大学客員教授も「この委員会はなにをするのか。文化庁とのやりとりは業者がするのではないか。どう天守閣を復元するかというスケジュールが出てこない。その辺の座長のお考えは。 気にしているのは、プロジェクトをどう進めていくのかということ。下手すると失敗する可能性がある。2022年にできるかということ。明日あさって京都で国際会議があり、プロジェクトの失敗例を集める。非常に気になる。」としましたが、瀬口座長は「最後に議論する」というものの、はっきりとしたことは言いませんでした。

そもそも、「木造天守閣にする」という保存活用計画に名古屋市が変更せずに、竹中工務店に基本設計を委託したのが間違っています。本来の流れは、保存活用計画の変更を名古屋市民の意見を聞いた上で文化庁の許可を得て、それから基本設計の発注をしたり、寄付金を集めるべきでした。このままでは竹中工務店が基本設計を完成させることができませんし、市民のパブリックコメント意見も活きてきません。
少なくとも、名古屋市が当初描いていた以下スケジュールは見直すべきです。
・2017/11 保存活用計画案が全体整備検討会議で承認
・2017/12 市議会で保存活用計画案を審議
・2018/1-2 保存管理計画パブリックコメント
・2018/2末 「木造復元に向けた調査業務委託」発表
      竹中工務店 「基本設計」完成予定
・2018/3  保存活用計画策定・公表



17/11/6 突如出てきた木造化ありき「名古屋城跡保存活用計画」に有識者猛反発

17/11/6に開催された特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第25回)において、突如木造天守閣ありきの「名古屋城跡保存活用計画」が構成員に示され、各委員は猛反発しました。上記検討会議では保存活用計画案は了承されていません。
また、17/10/13に開催された第24回全体整備検討会議において、瀬口座長が「石垣部会は安全性を考えていない」と発言したことに対し、赤羽一郎・石垣部会構成員が猛烈に抗議し、石垣部会として瀬口氏に対して発言の撤回を求め、石垣部会として反論する書簡を市に送った事を明らかにしました。

・傍聴者配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171106.pdf
・特別史跡名古屋城跡保存活用計画(17/11/6配布版)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171106-5.pdf
・特別史跡名古屋城跡保存活用計画概要版(17/11/6配布版)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171106-1.pdf
・特別史跡名古屋城跡保存活用計画資料編(17/11/6配布版)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171106-2.pdf
・特別史跡名古屋城跡保存活用計画の「天守閣の整備」部分抜粋資料(17/11/6配布版)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171106-4.pdf
・メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171106-0.pdf

特別史跡である名古屋城跡の保存・活用等にあたっての基本理念及び基本方針、整備計画は名古屋市が平成24年12月に「全体整備計画 増補版」としてまとめ、文化庁の許可を得ています。そこには『現在の鉄筋天守を活用していく』とあります。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000045497.html

名古屋市は木造天守閣復元方針を示し、10億円かけて設計業務委託を行っていますが、全体整備計画を変更し文化庁の許可を得ないことには木造復元はおろか現天守閣の解体も出来ません。
名古屋市は、17/10/13前回全体整備検討会議で今後の予定を示し、新たな「保存活用計画」を作って2017/11に全体整備検討会議にかけ、2017/12に市議会で委員会審議、2018/1-2にパブリックコメント、2018/3に策定・公表の予定としました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171013-2.pdf

検討会議では、建造物部会、庭園部会の議論の報告が長々続き、しかも保存活用計画について、市職員が資料をただ読み上げるだけで、予定されていた終了時間まであと5分となっていました(結局17分程度議論しました)。

赤羽一郎・石垣部会構成員は、「木造復元という結論ありきだ。普通は比較表を見て決めるが、逆転している。特に木造の課題について書かれているバリアフリーについて、エレベーターはどうするのか。また防火についてまったく書かれていない。耐震改修については、現天守のメンテナンスがされていなかったため問題が噴出しているだけだ。これまでメンテナンスの金額をいくらかけてきたかわからない」とし、猛反発しました。
名古屋市は「木造復元の課題についてフラットな目で評価したい」としましたが、具体的にどのように変更するのかは明言しませんでした。

また、三浦正幸構成員は、「現天守閣は、石垣の中にケーソンを入れて支えるコンクリート製天守の代表であり、名古屋市民の心のよりどころであった、という価値をしっかり書いて欲しい。また、ケーソンを打ち抜いてボーリングし、ケーソン下の地盤調査が必要だ。耐震改修・木造どちらにしても役に立つデータが取れる」と提言し、名古屋市は「今後実施時期を検討したい」としました。

小浜芳朗構成員は「決定的に違うのは耐久性だ」と述べました。

いずれにせよ、今回配布された保存活用計画から変更される予定です。
再度検討会議にかけずに、議会での審議やパブリックコメントにかけるとすれば有識者をないがしろにしています。
また、各部会についても「参考送付」するだけとなっており、特に石垣部会で「意見を言う場がないのか」と以前から反発があります。

「保存活用計画」の中身についてもあまりにもずさんです。比較表はありますが、それぞれの費用についてはまったく書かれていません。(耐震改修29億円 木造復元505億円)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160511-1.pdf
また、現天守閣に収蔵されている収蔵物について、『木造復元の場合は、近隣地に新たに展示・収蔵を行う施設の建設等を検討し、対応する』とありますが、具体的な計画は示されておらず、費用も示されていません。
木造復元した場合、巨大な「がらんとした空間」の活用方法についてはまったく触れられていません。

また、現在、名古屋市は三菱UFJリサーチアンドコンサルティング株式会社名古屋に1998万円(税込み)をかけて「名古屋城天守閣木造復元に向けた調査業務委託」(契約日 2017/9/26)を行い、入場者数見込み及び収支計画の策定、民間活力の導入の検討、名古屋城に係る課題整理、入場者数増加策の提案、経済波及効果調査などを業者にまとめさせています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170731.pdf
しかし、業者が調査結果を名古屋市に提出するのは18/2/28までで、現在の名古屋市のスケジュール案だと、パブリックコメントが終了しています。

現在、10億円かけて竹中工務店が基本設計を行っていますが、エレベーターの有無、木造天守閣の耐震補強手法、耐火仕様など、天守閣部会でも具体的にどうするのか議論がされていません。
基本設計も18/2/28までに完成予定で、パブリックコメントが終了している予定です。

オブザーバーとして参加した、平澤毅・文化庁文化財部記念物課文化財調査官は「保存活用計画策定については、客観性を欠くような議論がなされていないか名古屋市と重ねて協議させて頂いている。慎重な検討を要する事項がおおく、石垣状態調査の推移をしっかりとご報告いただきながら、拙速な判断がされないように留意している」と、慎重な姿勢を崩していません。

名古屋城の今後を決める重要な『特別史跡名古屋城跡保存活用計画』策定については、市民に対してきちんとした情報公開をする必要があります。
少なくとも2018年3月までに策定を急ぐ必要はまったくありません。
少なくとも、以下の点を求めます。
・18/2/28までに1998万円をかけて行う「木造復元に向けた調査業務委託」の結果を踏まえ、入場者数見込みや収支計画について比較表を策定し、保存活用計画に掲載すること。
・耐震改修と木造復元の比較について、費用を含めてさらに詳細に行うこと。
・18/2/28までに10億円かけて作成する基本設計で示される木造案を資料に掲載すること。
・「名古屋城跡保存活用計画」について、全体整備検討会議、各部会の意見を十分聞き、全ての部会・構成員の了承を得ること。
・上記について記載した資料を基にパブリックコメントを行い、また市民の意見を直接聞く場を設けること。


17/11/1 名古屋城天守閣木造化 有識者会議配付資料+議事録 一部開示

名古屋城天守閣木造化に関し、有識者会議の配付資料のうち、傍聴者に配布されなかったもの、ならびに議事録が17/11/1に名古屋市民オンブズマンの情報公開請求に対して公開されました。

各部会の傍聴者は10名に限られており、少なくとも議事録は名古屋市のホームページに載せるべきです。
また、傍聴者に配布しない資料も、非公開情報に当たるのであれば一部黒塗りでもよいので傍聴者に配布すべきです。
名古屋市民オンブズマンが情報公開請求しなければ市民に情報を公開しないのはあまりにもおかしいです。
これで505億円の事業を進めようとしているのは信じられません。

・平成29年10月13日開催「特別史跡名古屋城跡 全体整備検討会議(第24回)」
 配付資料のうち、傍聴者に配布されなかったもの
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171013-3.pdf

・平成29年8月29日開催「特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第5回)」
 ・傍聴者配付資料 ・傍聴者に配布されなかったもの
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170829-2.pdf

・平成29年6月23日開催「第22回特別史跡名古屋城跡 全体整備検討会議石垣部会」
 議事録・議事の内容がわかるもの
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170623-2.pdf

・平成29年7月13日開催「第3回特別史跡名古屋城跡 全体整備検討会議天守閣部会」
 議事録・議事の内容がわかるもの 
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170713-2.pdf
 

17/10/13 名古屋城「石垣部会」「天守閣部会」初顔合わせも、瀬口座長が混乱を招く

17/10/13に名古屋城全体整備検討会議(第24回)が開催されました。
今回もまた、資料5-5.6は「未確定の情報が含まれている」として傍聴者には配布されませんでした。毎回、テレビカメラは冒頭の挨拶までで追い出されます。
傍聴者は録音・写真も不可です。
・傍聴者配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171013-2.pdf
・議事要旨(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/171013-1.pdf

名古屋城天守閣木造化をめぐり、「木造天守閣を作る作らないにかかわらず、まず石垣の調査が必要だ」とする石垣部会と、「木造天守閣を作るには石垣を含めてどうすればよいか考える」天守閣部会との意識のずれがあり、しかもそれぞれの部会の議論が共有化されていなかったため、今回初めて両者が顔を合わせて議論しました。
開始前、それぞれの部会委員が名刺交換しているのが衝撃的でした。

冒頭で、「特別史跡名古屋城跡保存活用計画」を策定するという提案が名古屋城総合事務所からなされましたが、このことの意味を委員が誰も理解していなかったのか、質問や異論は出ませんでした。

その後、「石垣部会」と「天守閣部会」の現状報告と、各分科会から提言がなされました。

そもそも石垣部会は、平成14年度から行っている本丸搦手馬出の石垣修復を検討するために発足しており、平成18年に石垣部会と改称した経緯があります。石垣部会に「木造天守」について公式に提示されたのは今年5月です。天守台石垣の内部構造資料をはじめて見て、築城当時の石垣が残っていることに驚き、まずは調査が必要だとしています。木造天守閣を作る・作らないにかかわらず、現状の天守台石垣は劣化・老朽化しており、早急に調査し、その後どのように保全するかを検討する必要があるとしています。

一方天守閣部会は、木造天守閣を作るという方針を名古屋市が定めたために今年5月に発足した部会です。築城当時の城の様子、焼失前の城の様子などを詳細に検討しています。石垣については、「天守閣の木造復元に際し、工事が石垣に影響を与えない工法であり、その保全が確実に図られるよう対策を検討する必要がある」と提言しています。
その中で、史実に忠実な復元を図っていくが、現在の法律の中ではパーフェクトにはいかないことを認め、避難路やバリアフリー、エレベーターなど、適切な接点を見つけないといけない、としました。

その後、石垣部会の千田嘉博構成員(奈良大学教授)は、「文化庁の許可を得て策定した現在の名古屋城の全体整備計画では、 『現在の鉄筋天守を活用していく』となっている。 現状では木造天守閣は実行不可能。全体整備計画の書き換えという、 文化庁だけでなく国民に対する手続は欠くことが出来ない。」としました。
名古屋城総合事務所は、「現在、新たな保存活用計画を策定中で、文化庁とも検討している」としています。

・特別史跡名古屋城跡全体整備計画 増補版 平成24年12月
 http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000045497.html

17/6/9 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第6回 保存活用計画検討会)
・配付資料 会議次第など
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170609-1.pdf
・特別史跡 名古屋城跡保存活用計画 概要版
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170609-2.pdf
・資料編
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170609-3.pdf
・特別史跡 名古屋城跡保存活用計画
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170609-4.pdf

石垣部会の宮武正登構成員(佐賀大学教授)は「石垣部会に対し、新たな保存活用計画について1回も提案がされていない。本日冒頭で資料が配付されたが、その『今後の予定』を見ると、この11月に『各部会にも参考送付』としている。来年3月には策定・公表するという。石垣部会は何か言えるのか」と疑問を呈しました。

また、全体整備検討会議 副座長の丸山宏構成員(名城大学教授)は、「木造天守閣だが、復元して中身をどう使うのかの提案がほとんど出てきていない。本丸御殿は使っている。また、話を聞いていると、石垣部会と天守閣部会はもっと密に連携を取るべき」としました。

石垣部会の宮武構成員は、「現況の天守台は既に相当痛めつけられている。あるべきパーツがなく、でてはいけないところがでている。天守閣部会は、現状の石垣の上に木造天守閣を載せて耐えられるかの議論をしているが、大正時代に軍部が積み直した石垣をどうするかとか、戦後改変された石垣をどうするかなど、『あるべき石垣』の議論とコンスタントにすりあわせをしないといけない」としました。

石垣部会の千田構成員は「穴蔵内面石垣の強度をどう担保するのかが課題。地下の内面石垣が崩壊したら避難経路が失われかねない。お客さんの安全性を確保するため、木造天守閣にするしないにかかわらず議論しないといけない」としました。

上記を踏まえ、座長の瀬口哲夫・名古屋市立大学名誉教授は「天守閣部会は安全性と文化財のことを考えているが、石垣部会は安全性を考えておらず、まず調査すべき、という認識の差があることがわかった」とまとめました。

石垣部会の3名は「まったく逆だ。発言を訂正してほしい」と一斉に抗議しました。
瀬口座長は「撤回しない」とし、石垣部会によるさらなる反発を招きました。
瀬口座長は「木造天守を作るには石垣の安全性を考えないといけないが、石垣部会はそこまで議論していない」と発言しましたが、石垣部会は「そのずれではない」と抗議しました。

天守閣部会の小野徹郎構成員(名古屋工業大学名誉教授)は、
「石垣部会としては、『木造天守閣を作るために具体的にどう対処するか、調査をしていない以上答えられない』としている。当然、石垣部会も安全性を考えないで検討しているわけではない。天守閣部会は上に構造物を作るためにスタートしており、進行の違いだと思う。石垣をどうするか、壊れてしまっては文化財ではないので今後も考えていこう」とまとめました。
 
瀬口座長は「時間が来ました。最後混乱させて申し訳ございませんでした」といいつつ、終了後テレビカメラから逃げるように立ち去りました(動画あり)。

石垣部会と天守閣部会の議論のすりあわせもまだまだ進んでおらず、石垣調査も始まったばかり。座長の適格性も極めて疑われる中で、この11月には保存活用計画案が全体整備検討会議で承認され、12月には市議会で審議、来年1-2月にはパブリックコメント、3月には策定・公表という猛スピードで進んでいく予定を名古屋市は立てています。
今後数百年の名古屋城のあり方を、まともな議論もなくして決めていく名古屋市のあり方に疑問を持ちます。
少なくとも、名古屋城関係の有識者全員25名が一堂に会し、今後どのようにすべきかを徹底的に議論すべきではないでしょうか。


名古屋城天守閣木造化 天守の耐震性能(復元原案)詳細はまたも非公開

17/8/7に開催された「特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 第4回天守閣部会」の際に、傍聴者とマスコミに配布されなかった資料を名古屋市民オンブズマンが情報公開請求し、17/9/25に開示されました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170807-4.pdf

残念ながら、天守の構造解析モデルなど「技術上のノウハウに関する情報を含む部分については、公にすることにより、法人の通常有する競争上の利益が損なわれると認められるため」非公開でした。

名古屋市は、名古屋城の耐震については「名古屋市としては、木造復元することで耐震化を図る」と繰り返し、今の建築基準法の基準以上を求めるとしています。しかしながら、構造解析モデルが示されなければ、本当に建築基準法の基準以上になるのかがわかりません。

また、現在の天守閣を耐震改修するのにかかる費用と耐震数値、木造化して耐震改修するのにかかる費用と耐震数値をきちんと比較しないと、木造化して仮に目標入場者数に届かない場合の税金投入の説明が付きません。

なお、現在検討しているのは「復元原案」であって、「復元案」とは異なります。
「復元案」がどのようなものになるのかはまだまったくわかりません。

名古屋城石垣周辺調査は何のため?

文化庁が名古屋城石垣周辺調査を許可したことを報じた17/9/22各紙の「調査の目的」を抜粋してみた。
中日新聞:木造復元関連
毎日新聞:木造復元事業を巡る調査
     許可が出ない場合、木造復元事業の全体工程が遅れる可能性
日経新聞:木造復元の前提となる調査
朝日新聞:発掘調査は木造天守化の前提と位置づけられている。(主語不明)
     市は許可が10月以降にずれ込めば、22年末完成を目指す。
     22年末完成を目指す工期に影響が出ると懸念していた。
読売新聞:石垣保全のために必要な調査

・17/8/29 名古屋城に関する「現状変更許可申請書」には、「木造天守」のためとは一切書かれていない。
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170829.pdf

名古屋城石垣部会 千田教授 17/9/12発言
「石垣部会では、木造天守閣に関する議論は一切行っていない。
 石垣調査は木造天守のための事前調査ではない」
 http://ombuds.exblog.jp/25602183/

なぜ文化庁、名古屋市、マスコミ、石垣部会こんなに認識が食い違うのか。
今回文化庁に申請した石垣調査は、石垣の現状を調査するのだが、木造復元のためにも使いうる。
そこを名古屋市は説明していない。

マスコミも、この2面性についてきちんと記事にしていないし、市民も知るはずがない。
今後、木造天守を作るには、現天守閣を壊すために再度文化庁に現状変更許可申請を行う必要がある。
そこで文化庁がどのような判断をするかはまったくわからない。
また、現天守閣を壊した際、コンクリートで埋もれている穴蔵部分の石垣を調査する期間は3ヶ月しかとっておらず、石垣部会が大変反発しており、名古屋市の予定通りに進むかどうかまったく未定である。
河村市長が「2022年12月までに名古屋城を木造復元する」としているしわ寄せがありとあらゆるところにきており、市民への説明も不十分なままである。


名古屋市が文化庁に申請した名古屋城に関する「現状変更許可申請書」入手

17/8/29に名古屋市が文化庁に申請した名古屋城に関する「現状変更許可申請書」を情報公開請求で入手しました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170829.pdf

「史跡、名勝又は天然記念物の現状変更又は保存に影響を及ぼす行為を必要とする理由」として、「天守台の石垣の現況と内容並びに天守台の地盤の状況を把握するため、発掘調査及び地盤調査を行う。また、これらの調査を行うために必要な仮設物の設置を行う」とあります。
一言も「木造天守閣のため」という記載はありません。

「調査及び試験体制」として、「発掘調査は名古屋市学芸員(埋蔵文化財担当)が担当し、業務委託による支援を受ける。地盤調査は名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所の監督の下、業者委託で行う。」とあるだけで、どこまで竹中工務店が行うのか、学芸員が関わるのかはこの書類だけではわかりません。

調査は2018年3月31日までに終わらせる予定です。


17/9/12(水)石垣部会「名古屋城石垣の史実調査『今年度内で終了』は短すぎる」

17/9/12に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 石垣部会(第24回)が開催されました。
・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170912.pdf
・メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170912-1.pdf
 
名古屋市は、天守台石垣調査工程(案)を示しました。
千田嘉博・奈良大学教授は「前回の石垣部会では、特別史跡の価値を古文書などで証明すべきと提言した。学芸員の体制も充実させよとした。しかしながら、今回の案では学芸員は今年度は補強し、来年度以降総合体制を検討する、にとどまっている。また史実調査を平成30年2月までに終わらせようとしている。上記はつじつまが合っていない。
絵図は名古屋城を作った各大名家がもっている。『調査をやったことにする』のはまずい。史実調査はどう考えても今年度中に終わらない」とし、短すぎる調査期間案に懸念を表しました。

また、名古屋市は穴蔵石垣の修理状況調査に関しての案を示しました。
宮武正登・佐賀大学教授は「何のために調査するのか明確にすべき。コンクリートの背面にオリジナルの石垣が残っている可能性がある。まず現在の天守閣施工時の写真、測量図を徹底的に洗い直してもらいたい」としました。

最後に、千田教授はマスコミに向かって「これまで部会の議論と異なった内容が報じられているのは残念だ。先ほどまで議論しているのは石垣調査についてであって、木造天守閣に関する議論は一切行っていない。間違いです。誤報です。
穴蔵石垣について、本質的価値現状を工学的・考古学的に調査して必要があれば適切な修理を行うのであって、木造天守のための事前調査ではない。名古屋市は現状変更許可を文化庁に提出したが、そこのところをかき分けていただいている」と強調しました。


17/9/8(金)名古屋城有識者会議 傍聴者に配付されなかった資料は全て竹中工務店作成

名古屋城有識者会議(天守閣部会・石垣部会)において、傍聴者・マスコミに配布されていなかった資料があった問題で、名古屋市は17/9/8になって名古屋市民オンブズマンに開示しました。
「資料作成:竹中工務店」とあり、名古屋市としては資料作成に関わっていなかったことが判明しました。
なお、天守閣部会の資料の一部については、「配付資料のうち、技術上のノウハウに関する情報を含む部分については、公にすることにより、法人の通常有する競争上の利益が損なわれると認められるため」非公開となりました。

17/5/10 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 第1回 天守閣部会 資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170510-4.pdf

17/5/12 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 第21回 石垣部会 資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170510-4.pdf

17/6/15 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 第2回 天守閣部会 資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170615-4.pdf

17/5/12に石垣部会構成員が「極めて重要な資料」指摘した「S-008」という資料も公開されました。

名古屋城木造化については、その内容以外にも、市民への情報公開・市民参加という点からも極めて問題を抱えています。
市民に広く説明を求めたいのですが、名古屋市は木造のための寄付金集めをはじめるなど既成事実を積み重ねています。

17/8/26(土)壊すな!名古屋城天守シンポに70人

17/8/26(土)に「名古屋城を『戦後復興のシンボルに』実行委員会」が名古屋市博物館で「壊すな!名古屋城天守 名古屋城シンポ」を開催し、70名が参加しました。


・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170826-1.pdf
・高橋和生氏パワーポイント(PDF)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170826takahashi.pdf
・赤羽一郎氏パワーポイント(PDF)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/akahaneppt.pdf

 
まず、実行委員の高田廣司さんが作成した「天守閣への思い 名古屋城天守閣建替に反対します」動画を見ました。


その後、実行委員の高橋和生氏(一級建築士)が、河村市長が使い分けている「違法建築 国宝名古屋城の伝統木造復元」と「法適用除外 観光で儲けるハイテク木造」を説明しました。


「違法建築は某ゼネコンが7年で350億円かけて作れるとした。
 法適用除外は、ゼネコンコンペで名古屋市が選んだ。
 しかし、現時点では第三者機関である建築審査会の同意を得られていない。
 法適用除外は坪単価が3000万円。
 レゴランドやJRなどでも坪単価は100万円以下。とんでもなく高い。
 しかも、50年間360万人が来るという計画。
 現在の天守閣には身障者エレベーターがあり、見苦しいという意見がある。
 しかしエレベーターの裏には非常階段がある。万が一の時小天守を通らずに避難できる。
 
 違法建築は寸分違わぬ天守閣。しかし建築基準法違反であり、
 『史実に忠実に』はできない。外観は現在と同じ。CGにあった畳は史実に反している。
 危険なのは火事と地震。木造3階以上は、パネル工法ならOKだがこれは伝統工法。
 私は6月にロンドンに行って、80名以上が亡くなる木造住宅の火事に遭遇した。
 親父は空襲の怖さから二度と燃えない鉄筋天守に寄付をした。
 不特定多数が来る特殊建築物は2方向避難が求められている。
 ロンドンは1本しか階段がなかった。
 
 法(建築基準法)適用除外というのは、以下の仕組み。
 国宝だが、仮設でハイテク防災を付け、取り外しが出来るため適用除外。
 建築審査会が『特定行政庁が原形の再現がやむを得ない』としたときだけ。
 壁と床を耐火方式にする。外から見てもわからない。
 ただし史実と違っている。
 名古屋市建築審査会で、『再現をやむを得ない』と言えるのか。
 8/24市議会の請願でその旨主張したが審議されなかった。
 
 木造天守にするには、文化庁記念物課史跡部門の復元検討委員会で検討する必要がある。
 本丸御殿でも同様のことが行われた。
 防災の方は国交省大臣名の認可がある。
 法適用除外では、真ん中に鉄骨避難階段や耐震壁、エレベーター、
 避難トンネルやスローブ、などが提案されている。
 国宝としては目障りだろうが必要。
 名古屋市は寄付金を集める以上、上記の姿と、国が認めないことを説明すべき。
 
 地震について、名古屋城のIs値が0.14と市は発表し、市長は「入城制限」すると言い出した。
 しかし、名古屋市の営繕部長が表に出てこない。
 名古屋市は去年12月に入城制限しないとし、「木造復元により安全性を確保」するとした。
 ところで「今のコンクリートより木造の方が地震に強いのか?」とよく聞かれる。
 熊本城は耐震工事を準備していたが、震度7の地震2回で倒壊しなかった。
 しかし修理限界を超えたため70億円で耐震補強をしている。
 
 名古屋城には名古屋市民が1割しか来ていない。
 名古屋城をオープンスペースにし、市民に愛される城にすれば観光客も増える。
 
 各地で天守の復元が相次いでいるが、いずれも図面はなく、存在もしていないから作った。
 現在の名古屋城天守を壊さないと木造天守は出来ない。
 なぜ壊すのか。空襲で約8000人がなくなった。
 今や登録有形文化財になる。名古屋市は嘘で耐震改修案を消し去った。
 市民2万人アンケートには「コンクリートは40年という調査結果が出ている」と書いてあった。
 名古屋市庁舎は重要文化財として永久保存になる。
 テレビ塔も登録有形文化財。
 名古屋大学豊田講堂も。
 竹中工務店は『コンクリートは400年もつ』といっている。
 
 河村市長は市民に「資料がある。文化庁も木造といっている」というが、
 名古屋市は文化庁に「耐震性が悪い。」と説明している。
 文化庁は「現在の天守に価値がある。壊すことに市民の賛同を得られているのか」といっている。
 文化庁の回答は市民に示していない
 市長「子ども達の宝になる。観光で儲かる」と市民に説明し、
 文化庁には「耐震性」。
 
 2015年3月に木造天守閣案を議会に提示した。来年2月には基本世景観量予定。
 しかし新聞を読んでいても建築基準法違反とは出てこない。
 今年4月1日に行われた中日新聞討論の対談で
 「職員から『木造化はできません』いって」
 業務命令書を書いたとした。「全責任は市長が負う」と書いたとのこと。本人は自慢している。
 調べたら2015年8月24日に業務命令書が書かれていた。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/news/191.pdf
 役人の「木造化はできません」と言った理由も聞きたい。
 しかし市長の陰に隠れた。
 今は役人の積極的なサポートが得られていない。
 
 今年5/12石垣部会では『石垣こそ文化財』と意見が出た。
 石垣を調査すると言うが、実際は現天守取り壊しのための石垣体力調査。
 石垣の上をトラックが通る。
 また、石垣を外さないとコンクリートを打てない。
 「史実に忠実」といいながら、文化財の石垣をないがしろにしている。
 コンペをやり直すべき。
 なお、現天守施工図を見ると、外の石垣と中の石垣の間にコンクリートが入っている。
 壊れた熊本城小天守の石垣は、小天守の加重が乗っていたため。
 
 復元木造天守は文化財ではなく、文化財保護法違反だ。
 名古屋城は都市公園というより観光地と位置づけられており、いつも工事中。
 石垣は10年かけても復元できていない。
 
 私は木造が嫌いといっているわけではない。失われた櫓など、
 愛知県と名古屋市が仲良くしてオープンスペースを作るべき。
 
 大阪城は歴史文化の発信がメインで、観光は後。天守閣のみ有料。
 学芸員が3人いて、自ら企画展示をし、リピーターを捕まえている。
 常設展示では外国人がわかるように大阪市の歴史を展示している。」
 
------
続いて、赤羽一郎氏の説明がありました。
「現在、将来学芸員を希望する学生へ講師をしている。
 名古屋城については、全体部会の構成員ならびに石垣部会の構成員をしている。
 自己紹介。私はお城の中に住んでいた。
 名古屋学生会館には名古屋大学他270名がいた。
 ワンダーフォーゲル部に入って、練習のために石垣を登ったり降りたりしていた。
 その後50何年経って石垣の話をするのも何かの縁。

 先ほど高橋さんには建物の話をしていただいた。
 名古屋城は特別史跡。土地そのものが文化財。
 史跡の中の史跡 国宝級の文化財。その中でも大きな意味を持っているのが石垣。
 石垣は300面以上、65000平米くらい。ナゴヤドーム5面くらいある。
 規模、石は、徳川が作った大坂城に次ぐ2番目に大きな城。
 名古屋城石垣の本質的な価値はどこにあるのか。
 出積み 長い部分、短い部分 算木積みで積まれている。  
 石には文字が刻まれている。『加藤肥後守 内小代下総』
 加藤清正の有力の部下。実際に築いた人の名前。
 清正の刻銘が天守台石垣や小天守石垣に7カ所くらいある。
 こんなに多いのはびっくりします。
  
 強調しておきたいのは、現在名古屋市が天守台石垣の発掘調査をしようとしているが、 
 木造天守をするために仮設建築をたてるための調査ではなく、あくまでも
 石垣の保存状況、危ないか調査するため。
 現状変更の申請を文化庁に出さないと行けないが、木造天守を作るためではない。
 全体何が書いてあるかわかる。
 石垣は米軍の空襲で熱を受けており、表面剥離、亀裂があり読みにくいものも。
 名古屋城は徳川が作った城。
 なぜ豊臣恩顧の加藤清正の名前が書いてあるのか。
 家康が寛容だったから? 加藤清正に一目置いていたため。
 加藤清正がいなければ短期間でできなかった。
 
 江戸時代真ん中の宝暦年間に石垣が沈み込み天守が傾いた。
 ウインチを置いてロープを柱にくくりつけて天守を起こして石垣を築き直した。
 その後の履歴も残されている。
 当時、武家諸法度で城改修の時は届け出ないと行けないので文献も残っている。
 
 しかし変わってしまった部分もある。
 正門入るところは広場。当初からこうでなかった
 陸軍省から宮内省になり、名古屋離宮となった。
 皇族たちの宿になったが、車が通るのが不便だとして堀が埋められた。
 軍略的に大きな馬出しがあった。その他搦め手馬出し。
 2カ所も大きな馬出しがあるのは名古屋城以外にない。
 家康が何を狙っていたか。
 東の部分に立派なお堀が残っている。
 明治に入ってから変えられた。
 
 昭和20年5月14日に名古屋城は空襲でやられた。
 地階は穴蔵と呼んでいる。
 加藤清正の石は表面剥落しているが、穴蔵にはそういう石がない。
 どうも穴蔵の石は後に新しい石材で積み直されたようだ。
 この調査をすべき。
 北の面 モルタルなんかが注入されている。
 大きな井戸があった。今は模型がある。井戸底は20メートル下。
 お堀の底の下で水を確保していた。

 愛知県体育館がある東門は石垣が変な切り方になっている。
 ずっと続いていたが、斜めの部分が取り壊された。
 体育館を作る際に壊された。昭和39年。

 名古屋城西には鵜ノ首がある。
 城はどう作るのか。立地条件。名古屋台地の一番北。
 堀を掘る。普請という土木工事がなされる。
 徳川家康が諸大名を集めた。天下普請という。
 その上に建築物を立てる。作事という。
 普請が大きなウエイトをしめし、石垣が防御の重要な役目となる。
 名古屋城西北隅には西北隅櫓があり、小さな天守くらいの大きさがある。
 北はがけ。国立病院より北は長い坂になっている。
 慶長年間、西に豊臣が健在でそこに向けていた。

 現在石垣修理が行われている場所。搦め手。
 これまでの石垣修理場所は北側に偏っている。
 ちょうどこのラインが段丘、がけ。北は湿地帯。
 今やっている工事は搦め手の部分。積み直し。
 10年以上経っている。
 取り外した石垣は中堀に置いてある。
 こういう部分 石垣にずいぶん草が生えている
 名古屋市は石垣カルテを作って危険度を調査しよう、カルテとして残していこうとしている。
 草がたくさんあり、カルテづくりの障害になっている。
 中が腐葉土たまっている証拠。

石垣部会としては4点主張している。
石垣部会総意として、
・石垣天守台は保全を最優先に考える。
 発掘調査しようというのは、保全のための事前の調査。
・二の丸石垣など失われてしまった部分は名古屋城の本来の姿にすべき。
・石垣カルテを早く作れ。草木類が生えている。
 木造天守など言っていられない。
・学芸員を確保すべき。名古屋城は考古学1.5人しか確保していない。
 金沢城、大坂城 4人、8人キープしている。
 
木造天守が叫ばれているが、名古屋城全体から見ればもっと先にやるべき事がある。

---------
会場から意見がたくさん出ました。
・私は大工で木を使っている人間だが、タウンミーティングはむちゃくちゃすぎた。
 市長は「他でも城を作るから木が無くなる」と説明した。
 木は成長するし、竹中案では外在を使おうとしている。
 石垣は建物の基礎。基礎がしっかりしていないとダメ。
 石垣の石は遠くから運んできた。どうやって運んできたか。堀を掘って川で運んできた。
 もっと歴史的・技術的に勉強したい。
・一級建築士。名古屋市は名古屋城整備計画で耐震整備と書いてあり、まだ生きている。
 しかし市長が強行突破しようとしている。
 熊本の石垣を視察した。補修費用の2/3は石垣にかかるという。
 南海トラフが起きたとき補修はどうなるのか。
 法律の問題、経済的な問題はあるが、まず石垣を優先すべき。
・ずっと名古屋育ちだが、コンクリートの名古屋城の歴史は一切知らなかった。
 浄財で出来たこともはじめて知った。
 名古屋城のコンクリート建築は名建築であるという認識は重要。
・タウンミーティング2区言ったが、市長の言っていることがおかしい。
 市民は焼ける前の名古屋城が復元されると思っている人が多い。
 ハイテク現代建築。
 本丸御殿もそう。「和風住宅展示場」に思える。どんなものができるか知らされていない。
 税金投入しないというが、366万人50年間 そんなことができるのか。
 姫路城2年前に行ってきて、280万人。整理券出す。倒れる人が心配。
 次の年は211万人。
 来なかったらどうやって責任を取るのか。50年後市長は120歳。
 税金を投入するなら福祉、教育を削るだろう。
 石垣にまず手を入れないといけない。
 学芸員が1.5人しかいないのはショック。
 熊本城に電話したらすぐに学芸員がでて説明してくれた。
 名古屋城の文化財尊重姿勢があらわれている。
・建築関係の仕事をしている。
 市長は震度6で壊れると恐怖をばらまいた。
 しかし建築当時の震度は結果を見て決める。建物が壊れたら震度6。
 その理屈なら日本中の建物を直さないといけない。
 また、木造の方が強いというのがわからない。
 竹中の絵を見ると、ラーメン構造になっている。接合は木造。
 計算すると不安定な建物。そんなものを作っていいのか。
 耐震壁を作る、床を耐震補強する。ベニアで木造。いったい何を作るのか。
 市長は原寸大の模型が欲しいだけなのではないか。それに500億。
 「コンクリートだから偽物」というが、単なる材料。
 「エレベーターがあるから恥ずかしい」とは小学生の時に思っただけ。
 ところでトイレは作るのか作らないのか。
 まさか水洗ではないですよね。陶器などありえない。
 何を作りたいのか。

司会者からは、「タウンミーティングは2020年7月までの時に開催したが、
2022年に伸びた後1回も市民からは説明がない」とありました。

高橋さんは「市長を批判しても何も伝わらない。議会も審議しない。
市長は木造天守が出来るものと信じている。役人も説明できない状況に追い込んだ。
竹中も市から説明を止められているようだ。
マスコミは知っているが同調化している。
やりたくなかったが、「違法」建築基準法違反、消防法違反だと主張している。
石垣大事に考えないといけない。
500億円はもったいない。議会を通ってしまった。
現在でも違法。違法のままで文化庁が受け付けるとは思えない。
木造天守が漂流している。役人が言えないのであればやろうとして
今回シンポを開いた」としました。

赤羽さんは「石垣部会が市の依頼を受けているのは、
天守台石垣の発掘調査にご意見下さい、というだけ。
上に木造天守を作るための手続ではない。まったく関係のない話。
現在の天守を撤去するには現状変更という手続が必要。文化庁の許可案件。
木造天守を作るには文化庁の復元検討委員会の綿密な審査がある。
市は年3回で出来ると見込んでいるが多分そんなことはない。
おそらく簡単には許可を出さない。長い時間がかかる。
私たちの石垣部会と文化庁のやることを整理しないといけない」としました。

また、会場からの「耐震改修より木造建替がよい」という
市側の首長に対する具体的な反論は、という質問に対し高橋さんは
「耐震改修は10年前に決定している。
 2年前に市長の話で比較することなく木造しかないとした。
 名古屋市は耐震とは比較していない。事実としてそう。
 また、建築については寿命を語らないというものがある。
 人間は寿命があるが、建築は手入れすれば延びる。
 人間が必要としなくすれば寿命が尽きる。
 日本 火事・地震があり、30年、50年で立て替える。
 コンクリート 50年としているのは、
 税法上 50年しか使わないとして減価償却の話。
 ロンドンは140年前の建物が今でも売買されている。習慣の話。
 寿命の議論に引っ張られてしまうとわからない。
 竹中は400年持つコンクリートがあると言っている。
 竹中に耐震改修を依頼すれば400年持つように提案するだろう。
 他の会社でも作れる。
 違法性については、耐火材が木材、地震に耐えられるのか。
 性能設計 いろんなことができる。
 竹中の実力であればハイテク木造なら地震に耐えられる。
 しかし火事は難しい。私は自分で構造評定した。
 違法性あいまい 。
 法適用除外というのは、ようは国宝だから安全勘弁ね、危険我慢してねということ。
 それだけ松本城に登る人はリスク負っている。。
 地震で壊れるかも。入城制限してコントロールしている。
 名古屋市は重要文化財だから多少安全に目をつぶって、
 なおかつ法同等にしろといっている。
 私に設計しろと言われると逃げ出す。
 本物 某社350億7年で提案した。
 竹中は500億4年。
 見た目は仮設かなんかで木造でとどめる。
 言葉尻ではきれいに説明できない。
 動画のようにはならない。」としました。
 
8/24に請願した人からは「『建築審査会を通ってから寄付金を集めるべき』
と6月に主張したら、8/24にようやく陳述できた。
名古屋市議会は『議会開催前に言ってほしい、2月に出して欲しい』といわれた。
愛知県議会はその議会開会中に審議する。民主的でない市議会。
どうして3/22に議会で議決されたのかもわからない。
現在でも耐震は消えていない。ワンマン市長が暴走している。
私は河村市長が『エレベーターを付けず、身障者をおんぶして登って』と
言ったことに怒った。その後市長は『そんなこと言っていない』と
いい加減。みんなに知らせるにはどうすればよいか。』と言いました。

また、会場からは「一部の評判では、議会が10億円の予算を承認した理由として、
議員が報酬を上げたことに対して裏取引をしたのではないかというものがある。
最近河村市長は議員報酬のことを言わない。バーター取引で天守閣をOKしたのか」
という意見も出ました。

質問として、現在の天守閣の下に埋まっている巨大なケーソンはどうすればよいのか、
と言うことに対し、赤羽さんは「ケーソンという4本の鉄骨鉄筋の柱で
現天守は支えられており、石垣に負担はかかっていない。
そのケーソンをどうするかは私たちの思案の及ぶところではない。
ケーソンの上に仮に木造天守を載せるのであれば、復元検討委員会の課題だし、
撤去するのはもっと課題で、どちらも難しい。
検討する中でよい案が生まれてくるかもしれない」と言いました。

高橋さんは「文化庁は奈良の大極殿を図面なしで自ら作った。
気持ちがあればプロは復元できてしまう。
文化とはなんぞや、観光の目玉なのかはっきりさせないといけない。
木造復元するのに設計図はいらない」としました。

赤羽さんは「熊本城については文化財なので文化庁の現状変更抜きには出来ない。
国土交通省のお金で作っているが、法律の許可不許可は別。
名古屋城は史跡の中の特別史跡。撤去は大幅な改変で現状変更がいる」としました。

司会者は、「名古屋城木造には文化財、観光、コスト、安全の視点がある。
どれもクリアしないと行けないが、タウンミーティングでは観光が行き詰まると文化の話をし、
文化で行き詰まるとコストの話にそらす」としました。

最後に、赤羽さんは「石垣とは関係ないが、現在の天守の役割を説明したい。
小天守では障壁画の復元作業が行われている。
2013年には特別展 巨大城郭名古屋城 がなされ、素晴らしい展覧会だった。
展示機能、資料の修復、展示。博物館機能を現天守が持っている。
現在会場の名古屋市博物館ではゴジラ展が行われている。
1964年に名古屋城はゴジラによって壊された。
ゴジラは内堀に足を滑らせて天守閣を壊してしまった。
あらたに作り直して再度撮ったが、しかし足を滑らせたものがリアルだったので
映画ではそれを使った。
このゴジラは誰なのか、みなさんに問うて最後の言葉としたい」としました。

高橋さんは「2年前にfacebookで書き込んだことがきっかけ。
こんな状況になって、まわりにこんなに人が増えた。
2015/8/24に業務命令書によって役人は動けなくなった。
ジャーナリストは文化庁の本当の話の裏を取ってもらいたい。
建築基準法など理詰めでいかないといけない」として締めました。

名古屋城天守を「戦後復興市民のシンボル」に
https://www.facebook.com/1740949266229351/


名古屋城を「戦後復興のシンボル」に実行委員会は17/8/26(土)13時半〜、名古屋市博物館講堂で「壊すな!名古屋城天守 名古屋城を『戦後復興のシンボル』にシンポジウム」を行います。
https://www.facebook.com/events/108081929857645

-------
壊すな!名古屋城天守 名古屋城を「戦後復興のシンボル」に シンポ

先の大戦で焼け野原となった名古屋城。市民が天守復興のために2億円の寄付を集めました。二度と戦禍で燃えないようにという戦後復興のシンボルを取り壊していいのでしょうか。入場者数の見込みに疑問が出され、さらに文化庁や石垣部会からも慎重な意見や批判が相次いでいます。何が問題なのか、専門家を交えて市民の意見を交換しましょう。

壊すな!名古屋城シンポ

8月26日(土)13時半〜
会場:名古屋市博物館講堂(地下鉄桜通線「桜山」4番出口から徒歩5分)
 http://www.museum.city.nagoya.jp/guidance/access/index.html
ビデオ上映 高田廣司(元教員)
報告者   赤羽一郎(石垣部会構成員・愛知淑徳大学非常勤講師)
      高橋和生(一級建築士)
参加費500円
主催:名古屋城を「戦後復興のシンボル」に実行委員会
 https://www.facebook.com/events/108081929857645
チラシ http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170826.pdf


17/8/25 名古屋城天守閣木造化 天守の耐震性能(復元原案)詳細は非公開

17/7/13に開催された「特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 第3回天守閣部会」の際に、傍聴者とマスコミに配布されなかった資料を名古屋市民オンブズマンが情報公開請求し、17/8/25に開示されました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170713-3.pdf

残念ながら、天守の構造解析モデルなど「技術上のノウハウに関する情報を含む部分については、公にすることにより、法人の通常有する競争上の利益が損なわれると認められるため」非公開でした。

名古屋市は、名古屋城の耐震については「名古屋市としては、木造復元することで耐震化を図る」と繰り返し、今の建築基準法の基準以上を求めるとしています。しかしながら、構造解析モデルが示されなければ、本当に建築基準法の基準以上になるのかがわかりません。

また、現在の天守閣を耐震改修するのにかかる費用と耐震数値、木造化して耐震改修するのにかかる費用と耐震数値をきちんと比較しないと、木造化して仮に目標入場者数に届かない場合の税金投入の説明が付きません。


17/8/24 学芸員数 名古屋城3.5人 熊本城8人 金沢城9人

17/8/24に開催された名古屋市議会経済水道委員会では、「名古屋城の石垣及び天守の保存を求める件」請願が審議されました。
・資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170824.pdf
・メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170824-1.pdf

17/8/9石垣検討部会で「石垣調査について、市の主体性が必要。学芸員の体制が不十分」と指摘された件で、名古屋城総合事務所は「8月1日づけで、教育委員会から兼任で1名学芸員を増やした。体制については不十分だと認識しているので、今後検討する」と述べました。

中川議員が、「名古屋城、熊本城、金沢城の学芸員の数は何人か」と質問し、「名古屋城は今回の兼任含め4人。考古1名。障壁画・美術品1名。博物館の展示1名。熊本城は調査研究センター15名中、学芸員は8名。
金沢城の調査研究所16名中、考古担当学芸員で8名、その他1名は確実にいる」と述べました。

渡辺局長は、「金沢までは学芸員の体制を目指していきたい」と述べました。

江上議員は「竹中工務店から出された木造化案は、石垣と天守閣が接触することがあきらかだ。名古屋市は、地下ケーソンがあるから天守閣はその上に載せればよいとし、石垣は後回しにしようとした。接触がわかっていたら事前に調査の準備をすべきだった」と述べました。
担当主幹は「石垣をどう取り扱うか調査し、把握してから学識者の意見を聞いた」としましたが、石垣部会には「木造化するから石垣について検討願います」とは聞いていなかったことを認めました。

西野所長は「技術提案・交渉方式の優先交渉権者を決定する際、石垣に詳しい人もいた」と述べましたが、調査体制に関する認識は持っていなかったとしました。

なお、耐震については「名古屋市としては、木造復元することで耐震化を図る」と繰り返し、今の建築基準法の基準以上を求めるとしました。

結局、請願は「2月定例会で予算議決がされているため、議会意思が確定しており審査打ち切り」が多数を占めました。

17/8/17 17/8/1 名古屋城石垣 名古屋市議会委員と有識者懇談会 配付資料公開

17/8/1、名古屋市議会経済水道委員会は、委員会終了後名古屋城に現場視察に行きました。
そこには有識者がいて、現場視察した後、現地の会議室にて有識者・市議・市職員との「懇談会」を行ったとのこと。
マスコミは参加できたが、市民は傍聴は出来ませんでした。

「懇談会」の際の配付資料を情報公開請求したところ公開されました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170801-3.pdf

委員会の際の資料は閲覧に供しています。
広く市民に知らせないのか理解に苦しみます。

なお、穴蔵石垣補修のための補助申請資料(昭和25年10月17日)が掲載されていました。

17/8/9 名古屋城石垣部会 「石垣調査は市が責任を持ってすべき」

17/8/9 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第23回)が開催されました。
今回も、「未確定の部分がある」として傍聴者には資料の一部しか配布されませんでした。
・傍聴者に配付された資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170809.pdf
 
まず、市長からのメッセージが読み上げられました。
 「名古屋城天守閣木造復元に関して、参議院文教科学委員会において、『現状変更許可に当たっては現在の石垣の劣化状況等に関する現況調査を実施すること。現在の天守の解体・除却工事が文化財に石垣に影響を与えない工法でありその保存が確実にはかられること。木造天守の忠実な天守がなされるような具体的な計画内容であること。木造復元にかかる工事が文化財である石垣に影響を与えない工法であり、その保存が確実にはかられること』などが必要であると発言がありました。
  私といたしましては、特別史跡である石垣をしっかりと保全していくことも重要であると認識していますので、石垣部会の構成員の皆様方のご意見を伺いながら、文化庁が指摘しているような石垣の保全について対応していきたいと考えております。どうぞよろしくご審議をいただきますようお願いいたします」

それを受け、石垣部会としては天守閣木造化について議論はしないことを確認しました。

一方、石垣部会構成員は現地視察を行っており、石垣のダメージが想像以上にひどいこと、石垣を早く修復して欲しいことを要望しました。
名古屋城の石垣は天守閣周辺だけでなく膨大にあり、全てについて石垣カルテを作成するには2年という時間にこだわらずにすべきとしました。

続いて、天守台石垣の調査について、名古屋城管理事務所から史実調査、測量調査を既に行っている、と報告がありました。
千田嘉博・奈良大学教授から「部会でどういう調査をすべきか議論してから調査すべきではないか。そもそもだれが調査をしているのか」、と質問され、名古屋市は「名古屋城総合事務所、竹中工務店 両者で調べている」と言いにくそうに答えました。
千田教授は「名古屋市が管理団体として責任を持ってやるのが筋。竹中がサポートするのは契約内容に入っているのかもしれないが、調査の主体は名古屋市。どういう体制で学術調査を臨もうとしているのか。国の特別史跡は国民の共有財産。特別史跡になっている石垣はわずか。現状調査をするのは破壊を伴う調査。名古屋市が責任を持って調査しないといけない。委託調査は極めて異例のことではないか。名古屋市が責任を持って調査できないのであれば、やるべきではないこういう提案をされたのであれば、責任を伴う」と述べました。
宮武正登・佐賀大学教授も「特別史跡は国宝。よほど慎重としないと。コンサルが主体でやるべきではない。通常は近世史、城郭史の先生と一緒にやる。特別史跡級の城郭であれば専門学芸員が通常はいる。現地に立って、作業員を指示して発掘する。基本的なあるべき姿。名古屋市の体制を聞いておきたい。」としましたが、名古屋市は「今後学芸員に天守台専属で付いてもらいたいと考えている」と述べるのみ。
赤羽一郎・愛知淑徳大学非常勤講師も「埋蔵文化財遺跡の発掘調査というのは、ある意味では破壊行為と真実解明の狭間でデリケートな仕事。やるのは名古屋市がやらないといけない。外注に出す、委託に出すのはそうではない」と述べました。
中井将胤・文化庁文化財部記念物課文化財調査官は「基本的には管理団体になっている名古屋市が主導権を持っていないと行けない。何人か、というのは基準がないが、市がコントロールできる人数を文化庁としてはお願いしている。どこを委託するかを検討してほしい。また、発掘調査部会を作っているところもある」と述べました。

その後、現状の石垣の様子の発表がありましたが、石垣部会構成員から「発表者は名古屋城管理事務所の人ですか」と聞かれ、「竹中工務店です」と返事がありました。
宮武教授は「丸投げになっている。名古屋城管理事務所には文化財担当者は1人しかいない。その人は今の発表をそらんじて言えるのか。学芸員が把握していなければ
意味が無い」と述べました。
千田教授は「管理団体としての名古屋市はコントロールがまったく出来ていない。竹中工務店は原本に当たったのか?当たっていない。内藤先生の孫引きであり、学生レポートでも通らない。国の現状変更をするにあたり、部会に出されている資料としてはだめ。竹中が発表することが中身もそうだが形も外れている。ここから改めないと。大変強いショックを受けた。」と述べました。

最後になって、名古屋城管理事務所は「発掘調査 調査位置図 石垣調査整備の案 ・文化的価値を高める ・穴蔵 資料等により復元をめざす ・天守台石垣調査を実施し、その後適切に整備の内容、工程を検討する」を出してきましたが、副座長の北垣聰一郎・石川県金沢城調査研究所名誉所長は「検討すべきすることが多いので次回出して欲しい」と保留になりました。


17/8/7 名古屋城木造化天守閣部会「史実に基づいてどこまで復元するのがよいのか」問題提起のみ

17/8/7、特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第4回)が開催されました。今回も、部会の構成員に配布された基本計画書案は「未確定段階の情報で、技術上のノウハウが含まれており、傍聴者には配布しない」と名古屋市は説明しました。
・17/8/7 傍聴者に配付された資料 
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170807.pdf

名古屋市は現在の名古屋城天守を壊し、2022年12月までに木造天守にする計画を立てていますが、特別史跡である石垣を一部破壊して木造天守を作る際の足場にする計画をたてており、さらに現天守を作成する際に破壊されたと思われる石垣内面の調査期間を2ヶ月しか予定しておらず、これでは木造天守ありきで石垣修復ができないと、石垣部会の構成員は全員反対しています。
・第21回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会の議事録(17/5/12)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170512-3.pdf
 
しかしながら、17/8/7天守閣部会での議論は、石垣部会の議論をまったく踏まえず、過去の文献調査で判明したこと、ならびに耐震性能についての議論ばかりでした。
防弾壁を構造計算に入れたところ、大地震時、耐震基準 大天守 X方向で1.3倍、Y方向で1.6倍、小天守 X方向1.17倍 Y方向 0.97倍 と、ほぼ耐震性能をクリアすることになったとのこと。

また、通し柱か管柱かを、文献を精査して検討していました。

古阪秀三構成員(立命館大学客員教授・建築生産)は、「史実に基づいてどこまで復元するか。昔の名工が作ったものを復元するのが本当によいのか。力学的、デザイン的、空間的なものを組み合わせて考える必要がある。今後、気候大変動が起こり、建物へのプレッシャーが強くなる。計算機を使いながら、合理的に考えてはどうか」と発言しました。

竹中工務店はBIM(Building Information Modeling)を用いてモデル化していることを説明しました。
三浦正幸構成員(広島大学大学院教授・日本建築史文化財学)は「木材に関する史実は重要だが、構造的に不合理な場合、不合理を正すことも必要。それぞれシミュレーションして欲しい」としました。

石垣について、最後に小野徹郎構成員(名古屋工業大学名誉教授・建築学)が「遺構に配慮した工事」について少し触れましたが、「次回議論する」となりました。

この天守閣部会で、なにをいつまでに議論するのかというのが見えてきません。
BIMを見る限り、木造の構造をシミュレーションしているだけで、バリアフリー法に基づくエレベーターや消防法に基づく鉄骨の避難階段やガラスのトンネル,スプリンクラーなどは入っていません。

2017年8月末までに文化庁が「石垣調査」を認めなければ、2022年12月までの完成はできず、17/8/1に名古屋市ははじめて「工程を見直す可能性がある」と発言したと報じられました。

「400年前の木造のそのままの天守閣ができる」と信じている名古屋市民も多くいます。しかしながら、各種法律をクリアした具体的な姿は未だに見えず、石垣についても何が問題なのかを市民に直接は説明していません。「年間366万人の来城者が50年間来る」という根拠も明らかになっていません。

今回の木造化について、当初2020年7月までとしてコンペを行いました。2022年12月までの「工程を見直す可能性がある」というのではなく、再度現天守閣の耐震化か、期限を区切らない木造化どちらがよいか、というところから考え直す必要があるのではないでしょうか。


名古屋市議会委員会が名古屋城石垣視察後、市民に非公開で有識者と懇談会

17/8/1、名古屋市議会経済水道委員会は、委員会終了後名古屋城に現場視察に行きました。
そこには有識者がいて、現場視察した後、現地の会議室にて有識者・市議・市職員との「懇談会」を行ったとのこと。
マスコミは参加できたが、市民は傍聴は出来ませんでした。

「懇談会」終了後、名古屋城総合事務所に確認したところ、「石垣有識者は3名参加した(北垣、千田、赤羽)。視察に参加した議員13人には配付した資料があったが、マスコミには配布していない。また、議事録は作るつもりはない」とのこと。
私は「名古屋市議会として公式に現場視察を行っておきながら、議事録を作らないという根拠は何か」と聞いたら「調べて折り返し返事する」とのこと。

その後電話で回答がありました。「議会事務局としては、正式な委員会としては、開会の挨拶はした。そのあとの現場視察は勉強会で委員自体は自由参加。議会事務局としては議事録は作らない」とのこと。

名古屋城総合事務所としてどうなのかと聞いたところ、「現段階では起こしていない。未定。必要があれば起こす。議事メモを作るかまだわからない。議事メモをどうこれから扱っていくか。現段階では起こす予定ではない。実際問題として、議事録を作る体制を取っていなかった」とのこと。

当方としては、「議会委員会の議員は全員参加しており、有識者も市職員も仕事として参加している。今の市の内部の議論には、市民が存在していない。
このままでは文字に残らず、どのような話があったのかまったくわからなくなる。名古屋市は木造天守閣を400年残すつもりとのこと。どのような経緯で作られたのか後世に残さなくてよいのか。
また、市長は情報公開を掲げている。検討結果を文字に残すことは極めて重要だ」と要望しました。

その後、名古屋市に対して「17/8/1市議の名古屋城視察時に配付した資料(委員会傍聴者に配付した資料を除く)」を情報公開請求しました。
また、名古屋市会会議規則21条に基づき議長に報告される要領を入手したいと思います。

--------
・17/8/1 名古屋市議会経済水道委員会 配付資料(傍聴者用)
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170801.pdf
 
--------
○名古屋市情報あんしん条例施行細則
第9条 実施機関の意思決定に当たっては行政文書を作成すること並びに事務及び事業の実績について行政文書を作成することを原則とするものでなければならない。
http://www.reiki.city.nagoya.jp/reiki_honbun/i502RG00001057.html#e000000300

○名古屋市会会議規則
第21条 委員会が付議された事件について審査又は調査を終えたときは、委員長は、その要領を議長に報告しなければならない。
http://www.reiki.city.nagoya.jp/reiki_honbun/i502RG00000022.html

○名古屋市議会基本条例
第6条3 議会の会議等で用いた資料は、積極的に公開する
   5 議会は、市民が傍聴しやすい環境を整備する。
http://www.reiki.city.nagoya.jp/reiki_honbun/i502RG00001202.html

○名古屋市会委員会条例
第16条 委員長は、書記をして議事の記録、出席者の氏名その他必要な事項を記載した記録を作成させ、これに署名又は押印しなければならない。
2 議事の記録は、録音テープその他の媒体(以下「録音テープ等」という。)をもとに作成する。
3 秘密会の議事及び委員長が取り消させた発言並びに録音テープ等は、公表しない。
4 第1項に規定する記録は、議長が管理する。
http://www.reiki.city.nagoya.jp/reiki_honbun/i502RG00000023.html

--------
以下石垣視察の様子(名古屋市民オンブズマン作成)

【名古屋城天守入口】
市職員  名古屋城石垣 ひび割れ 戦災の影響と言われている
     黒っぽいところは雨だれ
     赤色っぽいところが戦災と言われている
市議   どこを調査するのか
市職員  調査は面自体
     調査は今後
     最初は表面 今後中も
     文化庁と協議中

【名古屋城天守北側】
市職員  天守台北側 左の下ポッコリ出ている
     はらむ 調査をする
     今後調査等 ボーリング調査 石垣の根元調査
     有識者と踏まえて進めて行きたい
     底に見えてる ボーリング調査
     内容は有識者と相談
     有識者には考え方は概ね理解していただいている
     地盤調査 3箇所程度
     ボーリング調査 10箇所
     角の部分 調査をやった方がいいと言われている
     発掘調査についてご議論

【歩きながらマスコミに対し】
千田   石垣が空襲の熱で焼けてしまっている
     表面だけなのか中までか調査する必要がある
     加藤清正が作った石垣 大変貴重

【大天守地下一階 穴蔵】
市職員  資料の青いところ
     上の方が平面 縦に上の方
     丸井が井戸
     石垣補修のために文化庁申請
     一部取り外したのではないか
     積み直されているのか、資料が正しいのかご議論
     写真などみて石垣をご議論
市議   ここはどうやって調査するのか
     どう行った位置にあるのか 裏は?
市職員  先生たちと相談しながら
     外した方が良いか相談する
     外すには業者がいる
市議   後ろがコンクリートになっているか
市職員  おそらくなってある
     例えばレーダーで確認
     昭和25年
     昭和32年?35年 再建
     石垣を触ったのか触ってないのか
     今は分かっていない
     図面でしかわからない
     石垣の内側と外側
     今後レーダーもある
市議   石垣を外すのか?
     補助金申請書はある
     完了届が見つかっていない
市職員  探し中
     写真等も出てきている
     内側の石は補ったもの
----------

17/5/12 名古屋城石垣部会の議事録が2ヶ月半たってようやく公開+非公開資料の存在発覚

17/5/12に開催された、第21回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会の議事録が、17/7/26になってようやく名古屋市民オンブズマンに公開されました。

・第21回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会の議事録(17/5/12)
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170512-3.pdf
・第1回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会の議事録(17/5/10)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170510-3.pdf

---
・ 17/5/12 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 石垣部会(第21回)傍聴者配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170512.pdf
 
・17/5/10 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第1回)傍聴者配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170510.pdf

------
議事録を読んでいて、極めて重要な資料と構成員が指摘している「S-008」という資料がどこを探しても見つかりませんでした。
17/7/27に名古屋城総合事務所に確認したところ、「名古屋城天守閣整備事業」と題して竹中工務店が作成したA3版12ページの資料の8ページ目とのこと。
傍聴者にもマスコミにも議員にも配布していないことを認めました。
議事録には、「傍聴者やマスコミに配布していない資料がある」とは記載されていません。
名古屋城総合事務所も、「最近は冒頭でいうようになった」と、説明していなかったことを認めました。
5/12に傍聴したマスコミが、「専門用語が多くて理解が出来なかった」と言っていましたが、構成員が見て「重大な問題がある」と指摘していた資料が配付されていなかったのです。
名古屋市民オンブズマンは、17/7/27に「17/5/12傍聴者に配布されなかった『名古屋城天守閣整備事業』」を情報公開請求しました。

----
「重要な資料」である「名古屋城天守閣整備事業」はまだ開示されていませんが、5/12石垣部会の議事録を読めば、問題点がよく分かります。
【石垣カルテ 作成について】
・現計画では、石垣カルテ作成を2年で306面行う予定。べらぼうにタイト。5-6年は必要。
・危険度把握も必要。
☆文化庁
・ここに載っている項目を全部やっていただくということは、ぜひやっていただきたい。何年かかるかというのはこちらはあまり問題ではない。

【名古屋城天守台石垣調査について】
・何を目的に石垣の調査をするのですか。
・木造天守に差し替えるから、その必要性で既存の石垣をいじらなければならないという論点を出しては、ダメダメなんですよ。特別史跡ですから。
・全国の史跡の整備、工事の中で、本物の国の特別史跡としての価値が認められている石垣を毀損することを前提とした復元、整備。そういったものは全く認められていない。
・根本的に考えを改めない限り、天守木造にせよ、何にせよ、1mmも進まないというか、議論の入口にも辿り着いていない。
・もし名古屋市が、本物の天守を作るんだということであれば、前提としてこの内側の石垣を見る限りは、もう一回積み直すという、石垣の修復工事をなしに、木造の天守は絶対にできない。
・工事施工の中の31年、エレベーターの解体から行って、現天守閣がのっかったままの状態で。失われたかどうかわからない天守の内部の穴蔵の状況というものは、具体的に調査ができるとは、私には思えない。
・この場所には天守を木造で作るときの素屋根という巨大なものをここに造る。おそらく竹中工務店さんが、文化財的なことは全く考慮せずに設計されていますが、その素屋根には大規模な見学デッキを含む。だから、空堀の中には、とんでもない加重がのっかっていくという。
・竹中工務店が出されたS-008の、昭和の天守を造った時に内面石垣が全部直されている。ほぼ全面直されていますから、この石垣の修理痕がなければ、その前に調査をしてどう石垣を直すかということを検討したうえで、この石垣の内面を本来のものに直すということがないと、木造天守の建築に移れないということも、まさにこの資料を出したことによって、委員会で明らかになってしまったわけですから。もはやこの計画は、まったく成り立たないという状況です。そこは本当に真剣に考え直してもらわないと、何度会を重ねても時間切れになるばかりだと思います。
・これまで10年かかってきた馬出の解体、石垣の復元もこれからやって、城内の庭の発掘調査もやって、報告書も作って、これだけのトレンチ調査もやって、石垣の保全や天守台の復元の方向の発掘調査もやって、1人ですよね、担当。無謀極まりないです。何としてでも人を採らないと、この事業はできませんというような、腹のくくり方で総合事務所の方でやってもらわないと、絶対頓挫します。
☆文化庁
・発掘調査と石垣を調査するための調査というのは別。石垣に対しての調査でないと、発掘調査の現状変更の許可もおりません。 

こんな重要なことを、報道機関(カメラは頭取りだけ)と数人の傍聴者の前で行い、議事録公開も2ヶ月半もかかって議会にも名古屋城検討会議の他部会にも示していないというのが名古屋市のやり方です。

少なくとも名古屋市民全員がこの議事録ならびに市民に非公開の「名古屋城天守閣整備事業」を読んでから、今後の名古屋城のあり方を考えるべきです。
「ハイテク木造」の文化的価値をどう見るかは人それぞれですが、石垣には「本物の国の特別史跡としての価値」が認められているのです。


17/7/13 名古屋城天守閣部会 瀬口座長「石垣部会は越権行為。十分理解していない」

17/7/13 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第3回)が開催され、石垣部会の議論の報告がなされました。
・傍聴者に配布された資料(本来の資料の一部) 
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170713.pdf
・名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170713-1.pdf

石垣部会から17/5/12に以下のような意見が出たことが口頭で紹介されました。
 ・木造復元の工程が決まっている前提で石垣について検討するというのは認識があまい
 ・石垣の取扱の考え方を明確にした方がよい
 ・石垣調査の目的・内容を整理すべきである
 ・木造復元するために石垣を取り外す前提である
 ・文化財を毀損する調査はありえない
 ・昭和の再建時に作り直された石垣を直すべき 
 ・文化庁からも、「現段階ではこの計画では認められない」と言われている。
 ・文化庁から、「調査のためなら認められる」と言われた。
 ・調査の目的を明確にすべき

さらに17/6/23石垣部会において、「前部会において、天守閣木造復元ありきの調査はだめだということになった。今回改めて計画を提示されたが、天守閣の解体が前提となっている。どう考えても木造復元ありきの調査である。前回も申し上げたが、いくら後で積み直すと言っても、木造復元のために石垣を毀損する計画はだめ。まず、文化財である石垣を調査し、長い期間をかけて石垣の修復を行い、その後に初めて天守閣をどうするか議論すべき」「保存活用計画でも天守閣木造復元は決まっていない。その中で、木造復元が決まったかのような計画はおかしい」という意見があったことが紹介されました。

西形達明・関西大学名誉教授(地盤工学)は「調整が難しい感じだ。今後どうしていくのか」との質問に対し、名古屋城総合事務所の渡辺主幹は「情報の共有をまず始めたい。天守閣部会と石垣部会の議論を踏まえながら意見交換する場も考えている」としました。
座長の瀬口哲夫・名古屋市立大学名誉教授(近代建築史、まちづくり)は「石垣部会の意見として『天守閣をどうするか議論すべき』とあるが、行政の方針として決まったことを決まったとしないと、行政として困るのではないか。こういう議論が出てくるのは認知されていないのではないか」としました。
古阪秀三・立命館客員教授(建築生産)は、「行政が方針を決めて議会が議決している。名古屋城の今後は、発注者の市、議会、市民が決める。有識者が決めるわけではない。専門家はアドバイザーだ」としました。
瀬口座長は「部会の構成員が判断すべきことと、行政が判断することがある。議論が差し戻すような話が入っている。文化財としての石垣については、石垣保全についての調査を行っていく。石垣の部分について調査していないのでまだ言えない段階だ。まずは調査すべき。石垣部会も方針としてはおおむね理解を得ているとのこと。合同部会は場合によってはあるかもしれない」としました。

瀬口座長は、部会終了後の記者会見において、以下述べました。
「石垣部会に対して、市はしっかり説明すべきだ。私は今の竹中工務店提案のまま出来るとは思っていない。計画はこのまま行くかもしれないし変わるかもしれない。石垣部会の人が十分理解していない。石垣しか考えていない。」
記者から「調査した結果、修復が大幅に必要になるのでは」という質問に対し、「そのときに考える。予見して延ばすのは越権行為だ。石垣部会は天守のことを考えていない。これでは見通しが付かない。極端なことを言えば」と述べました。
記者からのさらなる追及にたいし、「食事に行かないといけない」と早々に立ち去りました。

--------
木造天守閣復元のために、石垣の一部を壊すということは、議員だけでなく名古屋市民にも一度も説明がありませんでした。石垣有識者に対してもこれまで説明してきませんでしたが、17/5/12になってようやく市が説明し、冒頭で説明したような大反発を受けたところです。
名古屋市の計画では、現天守閣解体後、2ヶ月で石垣内部調査を完了させる予定です。
「天守台全ての石垣調査と修復には10年かかる」という委員までいて、今の木造天守閣のスケジュールとは真っ向から対立しています。

有識者の有識者たるゆえんは、仮に行政や議会や市民が誤った方向に進もうとした場合、専門家としての立場から方向を正すことにあるのだと考えます。
名古屋城木造化については、名古屋市は石垣について有識者にきちんと話を聞くことも無く、「木造化は(まともに説明をしていない)議員も市民からも支持を得た」と強引に石垣を破壊して推し進めようとしているのが現状ですし、瀬口座長以下天守閣部会の委員も同様です。
石垣有識者としての立場から、「まず石垣を調査・修復してからにしてほしい」というのは越権行為では無く、まさに有識者としての勤めを果たしているのではないでしょうか。

過去、開発現場から貴重な遺跡が発見されて計画がストップしたことは多くあります。遺跡の貴重性はその道の専門家が判断してきました。
今回、石垣を破壊して木造天守閣を作る、というのは、石垣有識者だけでなく文化庁が認めませんし、「石垣調査のため」という二重舌も通じません。
残念ながら、名古屋市民はきちんとした情報を受け取ることが出来ません。市民に説明をせず、文化庁や有識者に二重舌をつかう名古屋市の手法は、2017年8月末までに文化庁が石垣調査の申請を受理しなければ破綻します。
一刻も早く、市民にも議員にも全部会委員にもきちんとした説明を求めます。
-----
なお、耐震性の問題について、竹中工務店が構造解析を行っていましたが、資料は「未確定の情報が含まれていることと、技術的なことが掲載されているため傍聴者には配布を控えている」とし、資料を入手することが出来ませんでした。パワーポイントで説明されていましたので以下メモを書きます。

耐震性能の説明
 名古屋城天守閣は、焼失前と同等の歴史的価値を持たせるため、旧来の材料・工法によって建築することを前提としている。天守閣は昭和5年に旧国宝指定を受けた建造物でもあり、今回の復元ではその歴史的価値を再現するためにも建築基準法第3条に当てはめ、建築基準法の適用を除外する方向で検討を進めている。しかし、復元後は市民交流の場として私用されるため、性能としては建築基準法と同等の性能が求められる。

構造設計の方針は、まず復元原案としての耐震性能を検討する。復元原案の耐震性能が不足する場合には、復元原案に付加する形で補強計画を行う。これは現在文化財建造物で行われている構造補強と同様の手法である。補強は、できる限り文化財的な価値を損なわない方法で計画する。本計画の構造設計の手法として、保有水平耐力による検討を基本とする。

 地震時の検討 中地震時 50年に1度 震度5強程度 最大層間変形角 1/60
        大地震時 500年に1度 震度6強程度 1/30
 耐震性能目標値の設定 建築基準法に対し、×1.0 ×1.25 ×1.5
 復元原案の耐震性能 
 補強等については次回以降
 構造解析モデルについて 3次元フレームでモデル化
 外壁部分 土壁 木ずり壁
 固有周期 東西1次3.61秒 2次1.71秒 3次1.11秒
       南北1次3.13秒 2次1.37秒 3次0.86秒
 大天守 Y方向は建築基準法同等の性能を有している
     X  有していない
 小天守 XY 有していない

小野徹郎・名古屋工業大学名誉教授(建築学)からは、「市として、耐震性の目標を出して欲しいと去年の部会で強くお願いした。建築基準法に対して1.0倍、1.25倍、1.5倍どう考えているか」と言う質問がありましたが、「目標値は時間をかけて慎重に考える」と述べるにとどまりました。
小野名誉教授は「スタートが決まっていないと補強計画できない。コスト・何を付与するか。私は建築基準法に対し、1.25倍が必要ではないかと考える。」としました。

また、木材について、竹中工務店から「『木材検討会』をあらためて名古屋市に立ち上げてもらって、そこで議論していただきたい。当方から木材の案を出したい」と提案がありました。

瀬口座長は「現天守閣は文化財ではない。博物館である。見かけは似ているが細部が違う。天守閣の形をした博物館を作った。過去の姿があらわれるとして、寄付してもらったのではないか。今の天守閣は価値がないのでだめだ」と述べました。
----------
記者も名古屋城総合事務所事務局も竹中工務店も傍聴者も、石垣部会の議論を知っていますが、「天守閣部会」の有識者だけが議論を知りません。このまますれ違いで進めることは到底出来ません。
傍聴していると様々なことを言いたくなりますが、言う機会がありません。記者の人も「本当にいろいろ委員に言いたい。しかし、インタビューしてもまともに返事もしない」と怒っていました。
「市民不在・有識者不在」で強引に進めていく名古屋城天守閣木造化は、まるで17世紀の徳川軍事政権のやり方を彷彿させます。「21世紀に城を作る」のであれば、21世紀にふさわしいやり方があるでしょうし、21世紀に守るべき法律を守らなければなりません。「有識者」が一番わかっていないのが大変残念です。


17/7/5 名古屋城天守閣 石垣現状変更許可申請 文化庁は不受理

名古屋市は特別史跡名古屋城跡の石垣現状変更許可申請書を17/7/4に文化庁に提出しようとしましたが、文化庁は受理しませんでした。
・17/7/4 名古屋市プレスリリース
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170704.pdf

名古屋市プレスリリースによれば、文化庁文化財部記念物課を訪問し、17/6/23に開催された石垣部会について報告するとともに、現状変更許可申請について相談したところ、「調査の趣旨については理解いただいたが、書類上の細かい修正の指示を受けたため、本日は申請書を提出することはできなかった」とのこと。
今後速やかに修正したうえで数日中に申請書を提出するとのことでした。

17/7/5読売新聞によれば、天守閣の土台の石垣だけでなく、城全体の石垣の調査に関する書類も提出するよう求められたとのこと。
また、石垣部会の有識者と市が足並みをそろえて議論を進めていってほしいと要望があったとのこと。

石垣部会の有識者は全員一致して、木造天守閣のための石垣調査には反対しています。
まず石垣復元のための調査をする必要がある、ということも有識者全員一致しています。それには10年かかる、とする有識者もいます。

2022年12月までに木造天守閣復元をするには、まず2017年8月末までに文化庁から石垣調査のため、石垣現状変更許可を得る必要がありますが、めどは全く立っていません。仮に文化庁から石垣調査の許可が出たとしても、現在の天守閣を壊す際の文化庁との協議、文化審議会、市建築審査会、市消防局との協議、復元検討委員会など
ハードルは数多くあります。
そもそも耐震壁・耐震床・仮設エレベーター付きの木造天守閣を市民が望んでいるのか、という問題もあります。

上記とは別に、入場者数の問題、収入が見込み通り来るのか、また寄付金が100億円集まるのか、という問題もあります。

名古屋市はいつまで「2022年12月までに木造化する」という夢物語にこだわるのでしょうか。
いくら河村たかし市長の「指示書」があっても、法律をまげてまで行うことはできません。
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shijisho.pdf


17/7/4 名古屋城天守閣木造化に向けた寄付基金予算が市議会で成立

17/7/3に開催された名古屋市議会経済水道委員会で、名古屋城天守閣木造化に向けた寄付基金予算が市議会で可決され、7/4の本会議で成立しました。
(自民、民進、公明、減税が賛成。共産反対)。

17/6/30経済水道委員会を聞く限り、議員のほとんどが現在のスケジュールでの木造化に疑問を持っており、特に石垣部会の有識者が「石垣調査を優先せよ」と主張していることから、文化庁から石垣調査の許可が下りないのではないのかとの懸念が示されました。

今回の石垣調査は、木造天守閣工事をする際、石垣が重機に耐えられるのか、というものです。また、木造天守閣を作る際は、石垣上部5メートルを壊す計画です。これを「石垣の保全のための調査」と石垣部会に説明し、石垣部会委員全員が反対しました。

しかしながら、石垣部会の議事録が議会に示されることは無く、議員も石垣部会の委員に直接ヒアリングすることも無く、さらに「木造化のための基本設計予算8億円を承認した責任がある」として、本基金予算を承認しています。

名古屋城本丸御殿復元事業では、総工費150億円のうち、寄付を50億円集めました。しかしながら、寄付の多くは経済会や経済団体で、当時の松原市長が中経連や名証に合計40億円の寄付をお願いしに行っています。それらを除く個人からでは4億円弱でした。
名古屋城天守閣木造化事業では、総工費505億円のうち、寄付を100億円集める計画ですが、河村市長は経済団体に出向いてお願いに行くが、具体的な金額は示さないとのこと。
さらに、本丸御殿の時は50億円あった国・県からの補助金は、今回の木造天守閣については全く見通しが立っていません。

名古屋市は、年間360万人が50年間来場するという計画を立てていますが、少なくとも年間330万人来れば50年間で返済できるとのこと。それ以下の来場者であれば、返済期間が延びると述べ、税金投入を示唆しました。また、「民間活力の導入」で来場者を増やすとしていますが、具体的にコストをどの程度かけるのか、という試算は全くしていません。

また、消防法の関係上、竹中工務店の案では鉄骨の避難階段やガラスのトンネルを付けています。
また、耐震性を高めるために耐震床・耐震壁を導入し、「仮設」のエレベーターを設置する計画です。
これらについて、市民にきちんと説明しているとは到底思えません。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/280330/dwl/takenaka.pdf

2017年8月末までに文化庁の許可が下りなければ、2022年12月までのスケジュールは達成できません。
許可が下りる・おりないにかかわらず、上記の問題は全く解決していません。
矛盾が明らかになるのはあと2ヶ月です。名古屋市はどのように処理しようとするのでしょうか。市長の責任はどうなるのでしょうか。


17/6/30 名古屋城石垣調査「文化庁への申請が8月までに出来ないと工程が遅れる可能性」市が明言

17/6/30に開催された名古屋市議会経済水道委員会において、名古屋城天守閣木造化の前に行う天守台石垣調査について、文化庁への調査申請を2017年7月8月中に行う予定で、それ以降に申請が遅くなると、全体の工程が遅れる可能性があると言わざるを得ない、と明言しました。
・17/6/30 名古屋市議会経済水道委員会配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170630.pdf
・17/6/30 名古屋市議会経済水道委員会メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170630-1.pdf
 
・17/6/28 名古屋市議会経済水道委員会メモ途中(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170628-1.pdf

特別史跡内の名古屋城跡は、調査を行うにも文化庁の許可が必要です。特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(2017/5/12開催)では、文化庁の担当者は「石垣を保全するという名目でなければ調査は許可できない」と明言したとのこと。また、石垣部会の意見が一致することが必要とも明言したとのことでした。
その次に開かれた石垣部会(2017/6/23開催)では、具体的な工程が名古屋市から示されたものの、解体後の石垣調査を2020年4月5月で行う計画で、6月には木造天守閣復元に入ってしまい、「どのように調査を反映させるか明確でない」としました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170623.pdf

千田嘉博・奈良大教授は「天守台の石垣すべてを解体・調査するには、さらに10年以上の時間がかかる」と述べ、現在の名古屋市の工程を批判しました。発言を聞く限り、すくなくとも、現在の名古屋市の工程に同意している有識者は1人もいませんでした。

しかしながら、中川貴元(自民・東区)市議の「石垣部会の5人の意見は一致しているのか」という質問に対し、名古屋市は「2人の方は本市の主張をご理解頂いていると認識している。他の人は聞いてみないとわからない」としました。議事録がいまだに作成されず、議論の詳細もきちんと議員にも説明していないことが、現在の混乱を招いています。

市議からは、「新聞報道を見る限り、石垣調査でもめており、本当に木造天守閣が2022年12月に完成できるか疑わしい。そんな状況で市民に寄付を呼びかけてよいのか。市民が寄付すると思うか。」という指摘がありました。
西川ひさし(自民・昭和区)市議は、「現場に何かがある委員会として所管事務調査を行い、石垣を見に行きたい。石垣部会の有識者にも説明してもらいたい」と要求し、正副委員長で検討することになりました。

一方、福田誠治(公明・南区)市議が「石垣を修復したとして、東海・東南海・南海地震の震度7に石垣が耐えられるのか」という質問に対しては、「石垣については複雑で、石垣部会の有識者に地盤工学についてお聞きしている。これから議論していく」と述べるにとどまりました。

このまま課題を残したまま、寄付金を集めてどうしようというのでしょうか。
見切り発車で都合の悪い情報を伝えない市、問題があることを認識したまま基本設計予算を認めてしまった議会。マスコミも、これらの詳細をうまく伝え切れていません。
様々な矛盾が明らかになるのはあと2ヶ月です。早めに計画を全面的に見直すことを決断しないといけません。


17/6/27 名古屋城天守閣石垣部会議事録 2ヶ月たっても議事録完成させず

17/5/12に開催された「第21回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会」の議事録を17/6/15に情報公開請求したところ、まだ作成しておらず不存在決定がでました。
7月中に作成予定とのこと。

・17/3/30特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第23回)議事録+17/5/10天守閣部会 17/5/12石垣部会 議事録不存在決定
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170330-2.pdf


17/6/9に開催した特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第6回 保存活用計画検討会)では、17/5/12石垣部会での議論を名古屋市は委員に報告せず、議論が全く共有されていませんでした。

17/6/23に開催された第22回石垣部会で、「各部会の議事録を共有するように」と委員が強く指摘しました。

名古屋市は有識者にすら他の部会の議論を共有せずに名古屋城木造化を進めようとしています。
このような議事録は一刻も早く作成し、有識者会議で共有するだけでなく、市のホームページで公表するのが筋ではないでしょうか。

名古屋市は、名古屋城天守閣の復元する資金に充てるため、名古屋城天守閣積立基金を設置する条例を2017年6月議会に提案しています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170616.pdf

現在のやり方は、「市民は寄付金だけ出せ、検討経緯の情報は出さない」という、まさに江戸時代そのものに思えます。

17/6/23 名古屋城石垣専門部会「天守閣木造化の前に石垣保全優先が当然」

17/6/23に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第22回)が開催されました。
・配付資料 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170623.pdf


↑工程表

前回5/12に開催された第21回石垣部会で議論が紛糾し、名古屋市は新たに工程表を作成してきましたが、予定では2020年3月に天守を解体し、その後、解体後の石垣調査を2020年4月5月で行う計画で、同年6月からは5月までに完成した実施設計に基づき木造天守閣に着手するものでした。
「消失後に積み直しされたであろう穴蔵部分について、史実調査、現状の調査をした結果を踏まえ今後の取扱いを決定する」としか書いておらず、どのように2ヶ月間で見直しをするのか全く具体的ではないと、全委員から批判されました。

北垣聰一郎・石川県金沢城調査研究所名誉所長は、「城郭の本質的価値は、実際に城郭が機能していた近世(安土桃山時代〜幕末)にある。その形に修復しようと全国各地で進められている。名古屋城は特別史跡なので全国の見本となる。姫路城では、大正3年に石垣が改変されていたことが最近わかった。名古屋城も調査してみないとわからない。近世の城郭の姿に修復させるものでないと、文化庁は認めない。石垣は手をかけることで弊害も起こる」とし、名古屋市が行おうとしている木造天守閣を建てたあとに石垣を整備するという方針にあらためて異議を唱えました。

千田嘉博・奈良大教授も「天守閣木造復元ありきの石垣調査は認められない。現在の石垣が木造天守閣に耐えられるのかの調査ではなく、石垣そのものの健全性をまず調査すべきだ。現在、石垣を10年以上時間をかけて解体・調査している。天守台の石垣すべてを解体・調査するには、さらに10年以上の時間がかかる。名古屋市は、『文化財としての石垣調査』としているが、考えていることは前回から1mmも変わっていない」と述べました。

宮武正登・佐賀大学教授は「前回の石垣部会の議論は、親委員会に説明したのか」と質問したところ、名古屋城総合事務所は「まだ説明していない」としました。宮武教授は「事務局でフィルタをかけるのでは無く、情報をストレートに共有する必要がある。それぞれ専門性がある。よほど慎重に議論し、議事録をそれぞれ共有しないといけない。」と述べました。

石垣専門部会終了後、上記有識者による記者会見が行われました。残念ながら記者会見は傍聴が出来ませんでした。

このまま名古屋市の計画どおりには少なくとも文化庁が許可しないでしょう。全面的な見直しを求めます。

--------
名古屋城 木造天守閣問題特集
http://www.ombnagoya.gr.jp/tokusyuu/goten/index.htm

------
・17/2/21 特別史跡名古屋城全体整備検討会議(第5回保存活用計画検討会)資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170221-1.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170221-2.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170221-3.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170221-4.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170221-5.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170221-6.pdf

・17/3/28 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第20回)議事録
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170328-1.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170328-2.pdf
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170328-3.pdf

・17/3/30 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会(第23回)資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170330-1.pdf


17/6/9名古屋城跡全体整備検討会議で有識者が「石垣と天守閣は一体。木造復元の課題も書くべき」と発言

名古屋市は17/6/9に特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(第6回 保存活用計画検討会)を開催しました。
・開催案内
 
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2017/kankobunkakoryu/0000093515.html
・配付資料 会議次第など
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170609-1.pdf
・特別史跡 名古屋城跡保存活用計画 概要版
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170609-2.pdf
・資料編
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170609-3.pdf
・特別史跡 名古屋城跡保存活用計画
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170609-4.pdf

2017年3月に名古屋城天守閣木造化の基本設計予算が認められてから初の全体整備検討会議で、かつ17/5/12に開催された特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 石垣部会(第21回)で、木造天守閣復元計画に対してきわめて厳しい批判が出たにもかかわらず、本日の検討会議ではあまり厳しい議論がなされませんでした。
そもそも5/10に行われた天守部会の報告も、5/12石垣部会の報告もなされませんでした。

2時間の予定でしたが、30分事務局が字句の手直しを発表した後、40分程度有識者が持論を話し、時間が余ったので座長がオブザーバーを当てる始末。
結局全部で1時間半で終わりました。

ただ、唯一会場に緊張が走ったのは、石垣部会の有識者でもある赤羽一郎・愛知淑徳大学非常勤講師が発言した際です。
「天守閣復元事業は、天守閣と石垣を一体と考えるべきだ。木造復元に関して、課題が書いていない。空襲による被熱により内部構造が破壊されている可能性がある。また、戦後の天守を作ったときのケーソンがどうなっているかもわからない。課題はあるのではないか。石垣の詳細調査も含めて課題を書いていく必要がある」。
名古屋城総合事務所の担当者は、「いくつも課題があり、抜けている指摘を含めて記載したい」としたものの、座長の瀬口哲夫・名古屋市立大学名誉教授は「今回は基本的方針を書く。ケーソンは耐震改修でも同じ課題があり、そこまで書く必要があるのか。書いてもいいが、、、」と述べました。
赤羽氏は「それはおかしい」と声を上げました。
しかし瀬口氏は「ケーソンが地下にあることは、耐震改修でも木造天守閣でも同じだ」として、まともに取り合おうとしませんでした。

また、麓和善・名古屋工業大学大学院教授は「他の城跡では、石垣を分類し、どういう順番で修理をするか、緊急度を踏まえてきちんと計画を立てる。他の城趾ではそれがメインだが、名古屋城ではそれが明確になっていない」としました。

麓教授は、会合終了後のマスコミ取材の中で、「石垣部会での議論は、石垣部会委員から個人的に聞いているだけで、名古屋市から情報が来ない。情報が共有されていない」としました。

名古屋市は、今後10月頃に市議会に「名古屋城跡保存活用計画」案を提出した後、11月にパブリックコメントを行い、来年2月頃に策定・公表を予定しています。
しかしながら、各部会の情報も共有されておらず、市民にもきちんと知らせずに形だけ計画を作ってどのような意味があるのでしょうか。

また、大変気になったのは、復元をいろいろする方針を決めるようですが、財政的な試算が一切なされていないということです。
「かつてあった名古屋城のように戻したい」といくら有識者が願望を述べても、市の資産である名古屋城をどうするかは、税金をどのくらい投入するかがわからなければ判断しようがありません。市民の意見を早い段階で聞く必要があるのではないかと思います。
市民不在で名古屋城の今後のあり方を決めたら、いつかつけは回ってきます。

名古屋城木造化発注者支援業務 応募者がなく再度公募

名古屋市観光文化交流局は17/5/25に名古屋城天守閣整備事業に係る発注者支援業務を再度公募しました。
https://www.chotatsu.city.nagoya.jp/ejpkg/EjPPIj

同じ文言で2017年4月12日に公示して26日の締め切りでしたが、再度公募したということは前回だれも応募しなかったのではないかと推測されます。

本件支援業務は、名古屋市と竹中工務店の協議のほか、以下などを行います。
・文化財保護法に基づく現状変更許可に関する文化庁との協議
・建築基準法第3条に基づく名古屋市住宅都市局との協議
・消防法に基づく名古屋市消防局との協議
・学識経験者による意見聴取会、学識経験者との調整
このような複雑かつ極めて困難な業務(各法律を遵守すれば不可能)に手をあげる業者は到底存在しないと考えます。

上記法律に詳しい人は、名古屋城天守閣木造化は、2017年3月に議会で予算可決された基本設計業務8億4721万6844円以上手続が進まず、事業がストップすると言っています。
今回公募した発注者支援業務に応募があるのか、今後名古屋市はどうするつもりなのか、注目していきます。


17/5/24 名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書・基本設計契約書 入手

名古屋市は名古屋城天守閣木造化を進めるため、17/5/9に竹中工務店と「基本協定」「基本設計契約書」を締結しました。
名古屋市民オンブズマンは上記を情報公開請求し、17/5/24に開示されました。
・名古屋城天守閣整備事業に関する基本協定書
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-1.pdf
・名古屋城天守閣整備事業基本設計その他業務委託 契約書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170509-2.pdf
 
基本協定によれば、天守閣の完成期限は2022年12月31日までとしています。総額467億1000万円を上限にして2031年11月30日までに整備事業を行うとのこと。 
また、5条で、事業は基本設計以外に、実施設計業務、調査業務、工事管理業務、先行工事施工業務、本体工事施工業務、石垣工事施工業務をあげ、6条ではそれぞれ予算の成立を条件とし、「予算が成立しない場合又は議会の議決が得られない場合は、本事業を中止し、契約の締結をしないことがある。また、その場合、当該予算に係る業務については発注者、優先交渉権者の間に何ら権利、義務が発生せず、発注者は予算の成立について何ら責を負わない」としています。
また、18条で、「本事業が中止になった場合、本基本協定が解除された場合又は価格等の交渉の不成立が確定した場合、発注者は契約を締結していない部分については損害賠償の責めを負わない」としています。

基本設計その他業務委託によれば、2017/5/9-2018/2/28までに基本設計を847,216,844円で行うとのこと。

17/5/12 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 石垣部会(第21回)では、有識者や文化庁が、既存の石垣について保全の名目でなければ調査できないと発言したとのこと。
2022年12月31日までに天守閣を完成させることは極めて難しくなっています。

「基本協定」「基本設計契約書」を精査し、市民に何が出来るか、議会に何が出来るかを考えていきたいです。

17/5/12 名古屋城天守閣木造化 石垣部会有識者が石垣移動を批判

名古屋市は、名古屋城天守閣木造化の方針に従い、有識者による天守閣部会と石垣部会を開催しました。

17/5/10 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 天守閣部会(第1回)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170510.pdf

17/5/12 特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議 石垣部会(第21回)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170512.pdf

しかしながら、17/5/13新聞各紙によれば、名古屋市は天守閣木造復元に合わせて石垣の一部を移動させる計画を示したところ、複数の専門家が史跡保護の観点から計画を批判したとのこと。
文化庁文化財調査官は「石垣を保全するという名目でなければ調査は許可できない」と発言したとのことです。
基本協定に記載されている2022年12月までの完成は到底無理です。
(議事録は作成され次第情報公開請求で入手する予定です)

2017年3月に名古屋市議会が10億円の基本設計予算を可決したことを受け、名古屋市は17/5/9に竹中工務店と「基本協定」「基本設計契約書」を締結しました。
しかしながら、石垣を移動させることに有識者や文化庁から批判が起こることは当然想定されていたはずです。
第20回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議石垣部会は17/3/28に開催されていますが、議題は「平成28年度石垣修復工事について」のみでした。
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigikekka_2016_4/kankobunkakoryu/0000092362.html
どうして基本協定を結ぶ前に有識者会議を行わなかったのか、大変疑問です。

石垣だけでなく、入場者数・収支見通しもずさん、耐震基準を満たすために最新耐震補強を入れた「ハイブリット仮設木造天守閣」が果たして国土交通省・名古屋市建築審査会が認めるのかなど論点は数多くありますし、これらは名古屋城天守閣木造化の議論が出始めた2015年6月頃から市民も一部議員もずっと言い続けてきて、未だに解決していないことです。
15/8/24名古屋市長 河村たかし名で市民経済局長に出された「指示書」によれば、「全責任は私が取る」とあります。 
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shijisho.pdf
どのような責任を取るつもりなのか、はっきり聞いておきたいです。

-----
なお、17/5/10も17/5/12も、案内が市民情報センターの「記者クラブ配付資料」に配架しておらず、「審議会開催のお知らせ」に開催直前に配架されていたとのこと。市ホームページにも、「審議会開催のお知らせ」にのみ直前に掲載したとのこと。
http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigioshirase_2017/0-Curr.html
市民の関心がいまだそれほど高いわけではない名古屋城天守閣木造化について、もっと広く有識者の意見を知らせるべきです。


17/5/10名古屋城天守閣木造化「基本協定」「基本設計契約書」を情報公開請求

名古屋市は名古屋城天守閣木造化を進めるため、17/5/9に竹中工務店と「基本協定」「基本設計契約書」を締結しました。
しかしながら、2017年2月議会で補正予算可決した際の附帯決議にあった、「文化庁や優先交渉権者との協議調整状況ならびに仕様や工程および契約内容等について適宜議会への報告を行い、議会に諮りながら進め、あわせて市民の理解を得ながら市民とともに事業を進めること」に反し、「基本協定」「基本設計契約書」は市議会に締結前に見せることはありませんでした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170322-4.pdf

名古屋市民オンブズマンは、17/5/10に「基本協定」「基本設計契約書」の開示請求を行いました。
----
当初の2020年7月完成目標から、2022年12月に延期されて以降、名古屋市は市民への説明会を1回も行っておりません。
木造5階建ては建築基準法違反なので名古屋市建築審査会の許可は下りるのか、史跡内の工事に文化庁の許可が下りるのか、「仮設の耐震対策」で本当に国宝になるのか、現在の入場者の約2倍の366万人が完成後50年間続くのかなど、疑問点は多くありますが、市民へ納得する説明はありませんでした。
17/4/23に行われた名古屋市長選挙でも、きちんと根拠が説明されず、争点にもなりませんでした。
今後も注目していきます。

河村市長 15/8/24に市職員に対し、名古屋城木造天守閣を進めるよう「指示書」出す

中日新聞が17/4/1に行った市長選挙立候補予定者2人による討論会の中で、河村たかし名古屋市長が、名古屋市職員から「名古屋城天守閣木造化できません」と言われた事を明らかにしました。
また、市職員から「『市長が全責任を負う』という業務命令書を書いてくれ」という要望を受け、実際に業務命令書を書いたとしました。
名古屋市民オンブズマンは、上記業務命令書を情報公開請求し、17/4/20に入手しました。
・平成27年8月24日 指示書 市民経済局長 宮村喜明殿 名古屋市長 河村たかし
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/shijisho.pdf


市職員が「木造天守はできない。耐震改修だ。」といったにも関わらず、市長がトップダウンでさせた証拠ですが、市民としては「なぜ、役人が、木造天守はできない。耐震改修だと言ったかの理由が知りたい」です。
残念ながら、上記「指示書」で市民への説明は隠ぺいされました。

上記指示書は市民経済局長宛にはなっていますが、事実上名古屋市の全職員対象に、「名古屋城問題では市長の言うこと以外の提案や問題指摘などを封じた」業務命令書になっています。この文書の存在により、市長の命令の「木造」天守の構想の実現性が限り無く低いことが市の職員として判っていても、市長に対案を提案したり、見直しを言えなくなりました。
実際に、局長会議レベルで異論が出かかったにもかかわらず、発言できなかったようです。

つまり、河村市長は、市の職員からも批判も助けも貰えない(←自分がそれを拒んだ命令をしたせいです)、「裸の王様」になった証拠です。

17/4/23(日)投開票の名古屋市長選挙の結果次第でどうなるかわかりませんが、仮に名古屋城天守閣木造化を推進する候補が当選したとしても、建築基準法(国土交通省)違反、復元検討委員会(文化庁)の許可もそう簡単におりそうもない、入場者数試算もきわめてずさんな名古屋城天守閣木造化が、現在想定している2022年12月に完成する可能性はまずなく、木造天守閣が無事着工するかの見通しも立ちません。
着工したとしても、完成後に収支見通し通りになる可能性もほぼゼロです。
現段階では、2017年2月議会で可決した基本設計予算等10億円の契約はまだしておらず、新市長誕生後、5月に契約するとのこと。
名古屋市民の賢明な判断を期待します。

------
・中日新聞 河村氏×岩城氏「闘論」(動画)(17/4/9未明まで公開されていました)
 http://www.chunichi.co.jp/senkyo/nagoyashicho2017/movie/touron.html

(2)政策実現、実行力 18:35〜
「わしも長い事政治をやってきましたので、これ国会議員。
 例えば減税もそうだけどね。
 子ども委員会も途中で気づいたけどね。ロサンゼルス行って。
 これが必要だというやつはそれはひっぱっていかないと。
 名古屋城の天守閣木造化もそうだがね。
 あんまりこんなとこで言っていいかわからんけど、
 職員から『木造化はできません』いって。『これはもう流れがあるからコンクリートで補修です』と。
 『もし市長がそういうのなら業務命令書書いてくれ』いって。
 こういうこといってかんと埋もれてまうといかんで歴史の中に。
 そんな事やらせるのかと。と言ったんだけど『書いてもらわないといかん』。
 『木造化に取り組む。業務命令とかいて』。その下にこれも書いてくれ。
 『全責任は市長が負うと、そこ書いてくれ』。」
 そこまで言ってやらないと、要するにそのいろんなパターンがあるけどね。
 2兆6000億円もあるんだから、企業会計までいれると、いろいろありますけど、
 これだというやつ、これだという大きな流れを変えるのは
 相当頑張らないといかん。相当頑張らないといかん。」


名古屋城木造化 竹中工務店との面談メモ 議決後も非公開

名古屋城天守閣木造化について、16/11/28に竹中工務店から505億円以上になるかもしれないと言われた際の面談メモならびに、16/12/5に「仮に名古屋市議会で2016年12月に予算が承認され、契約を結んだ後に2017年4月の市長選挙後、新市長が契約解除した場合の損害賠償想定額」についての打合せ記録について、再度情報公開請求したところ、以前市長名で「議決後に対応可能になると考えている」としたにもかかわらず、重要な部分が非公開のままでした。

・17/4/6 名古屋市一部開示文書(市長と竹中工務店との面談メモ、竹中工務店との打合せ記録)
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170406.pdf

以下、以前開示請求した際の決定と文書です。

・16/12/20決定 名古屋市一部開示文書(市長と竹中工務店との面談メモ)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161220.pdf
・16/12/22決定 名古屋市一部開示文書(竹中工務店との打合せ記録)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161222.pdf

名古屋市議会で審議するにも、黒塗りのままではおかしいとして、名古屋市民オンブズマンとして開示を申し入れしましたが、市長からは17/1/31に「議決後対応可能になると考えている」という回答が来ました。
・17/1/31 上記文書開示申し入れに対する名古屋市長名での回答
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170131.pdf
 「現在、議会で審議している継続議案が議決された折には、貴団体から申入れについて対応が可能になると考えております。」

今回、開示文書を受け取るに当たって、名古屋観光文化交流局の担当者に話を聞いたところ、「17/1/31名古屋市長名での文書回答もあり、名古屋市としてはなるべく公開したかったが、優先交渉権者の竹中工務店から『企業のノウハウが含まれており、どうしても公開しないでほしい』といわれたため黒塗りにした」とのこと。

今後、仮に17/4/23市長選挙で名古屋城天守閣木造化に賛成する市長が当選し、5月に契約を結んだ後であれば、上記の資料は公開されるのか、と聞いたところ、「現在、契約はまだ結んでおらず、今後契約を結んだとすれば立場が変化するが、公開するかどうかはその時点であらためて竹中工務店と協議して判断する」とのこと。
 
仮に17/4/23市長選挙で名古屋城天守閣木造化に慎重な市長が当選し、契約を結ばない場合どうなるか、と聞いたところ、「現在、契約はまだ結んでおらず、補正予算が可決される前と同じである。しかしながら、補正予算が可決されているにも関わらず、契約を結ばない場合、河村市長が言う『法的義務』があるおそれもある」とのこと。

「市長が竹中工務店が木材をすでに購入した云々と発言している」と聞いたところ、「名古屋市としては、補正予算は基本設計等に関する10億円についてなので、木材については関知していない。木材というのは今後本体工事契約の一部となる。」としました。

今回非公開になった資料ですが、16年12月時点とは状況が変わっているものの、名古屋市の非公開姿勢がよくあらわれているのではないでしょうか。
17/4/23市長選で、名古屋城天守閣木造化に慎重な市長が当選して契約を結ばなければ違約金は発生しないのですが、今後、いつどのような市長が当選してなにをいうのかわかりません。
この黒塗りの公開を求めたいです。


名古屋市職員「名古屋城天守閣木造化できません。進めるなら『市長が全責任を負う』という業務命令書を書いてくれ」

中日新聞が17/4/1に行った市長選挙立候補予定者2人による討論会の中で、河村たかし名古屋市長が、名古屋市職員から「名古屋城天守閣木造化できません」と言われた事を明らかにしました。
また、市職員から「『市長が全責任を負う』という業務命令書を書いてくれ」という要望を受け、実際に業務命令書を書いたとしました。

建築基準法違反、文化庁の許可もそう簡単におりそうもない、入場者数試算もきわめてずさんな名古屋城天守閣木造化に対し、市職員が進めざるを得なかった根拠がようやくわかりました。

名古屋市民オンブズマンは、当該業務命令書を情報公開請求しました。
今後の責任問題を明らかにする上で極めて重要な資料だと考えます。

・中日新聞 河村氏×岩城氏「闘論」(動画)(17/4/9未明まで公開)
 
http://www.chunichi.co.jp/senkyo/nagoyashicho2017/movie/touron.html

(2)政策実現、実行力 18:35〜
「わしも長い事政治をやってきましたので、これ国会議員。
 例えば減税もそうだけどね。
 子ども委員会も途中で気づいたけどね。ロサンゼルス行って。
 これが必要だというやつはそれはひっぱっていかないと。
 名古屋城の天守閣木造化もそうだがね。
 あんまりこんなとこで言っていいかわからんけど、
 職員から『木造化はできません』いって。『これはもう流れがあるからコンクリートで補修です』と。
 『もし市長がそういうのなら業務命令書書いてくれ』いって。
 こういうこといってかんと埋もれてまうといかんで歴史の中に。
 そんな事やらせるのかと。と言ったんだけど『書いてもらわないといかん』。
 『木造化に取り組む。業務命令とかいて』。その下にこれも書いてくれ。
 『全責任は市長が負うと、そこ書いてくれ』。」
 そこまで言ってやらないと、要するにそのいろんなパターンがあるけどね。
 2兆6000億円もあるんだから、企業会計までいれると、いろいろありますけど、
 これだというやつ、これだという大きな流れを変えるのは
 相当頑張らないといかん。相当頑張らないといかん。」

17/3/30 文化庁文化財調査官「名古屋城天守閣木造化 必要なら20回でも審議」

名古屋市は17/3/30に第23回特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議を開催しました。
(配付資料、議事録はでき次第入手しアップします)
・会議の開催のお知らせ
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170330.pdf

 
名古屋市は、現在2022年12月までに名古屋城天守閣木造化を進める方針で、2017年3月に市議会で基本設計予算等10億円が可決されましたが、それには文化庁の復元検討委員会の審議を3回と想定しています。
・17/2/21 名古屋市議会経済水道委員会説明資料
 2022年12月完成の工程案(詳細)あり
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170221.pdf

17/3/31読売新聞によれば、オブザーバーとして出席した文化庁文化財調査官は、「前例のない巨大な天守閣のため、3回で済むか、全く保証の限りではない」との見解を示したとのこと。
会議後、「何回で結論を出すというルールはない。必要なら10回でも20回でも審議する」と語ったとのこと。
しかも、文化庁文化財調査官は「予算が付けば計画が進む、という話ではない。石垣や堀を毀損する計画は認められない」と強調したとのこと。

文化庁が許可しなければ、天守閣木造化どころか、現天守閣の解体すらできません。
また、建築許可の関係上、国土交通省の許可も必要です。
木造5階建ての巨大建築物に対し、各種法令を遵守した形で国土交通省が簡単に許可を出すとは到底思えません。

現時点では名古屋市は優先交渉権者の竹中工務店とは契約しておらず、木造天守閣を推進する市長が誕生した場合、名古屋市長選挙後の5月上旬に契約する予定とのこと。

5月上旬に仮に契約したとして、文化庁・国土交通省の許可が下りず、木造天守閣ができなければ基本設計等予算10億円が無駄になるだけでなく、竹中工務店がすでに購入したという数百億円にも及ぶ木材の費用をどうするのかという問題が発生します。
(市と竹中工務店との話し合いの内容の詳細は黒塗りのため不明です)

このようなずさんなスケジュールならびに計画を立てた市も市ですが、予算を認めた議会も議会です。
このような市や議会のあり方に対して、17/4/23投開票の名古屋市長選挙で市民の民意を反映させる必要があります。

・2017年03月31日 読売新聞
 名古屋城の木造天守 また関門 ◆文化庁の審議次第、長期化も◆
 http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20170331-OYTNT50000.html


名古屋城天守閣木造化 市議会委員会が補正予算を可決

17/3/22名古屋市議会経済水道委員会において、名古屋城天守閣木造化の基本設計等に関する補正予算10億円を可決しました。
・委員会配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170322.pdf
・委員会メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170322-3.pdf
・17/3/22 名古屋市議会経済水道委員会付帯決議
 名古屋城天守閣木造化・空見地区新展示場調査費について
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170322-4.pdf

 
修正動議を可決すべき:自民(丹羽市議以外)・民進・公明・減税日本
可決すべきでない:丹羽市議(自民)・共産

今後、優先交渉権者の竹中工務店と基本設計の契約することになりますが、4月23日に名古屋市長選挙があることから、市長選挙後の5月上旬に契約を行うことを竹中工務店が了承したとのこと。

ずっと委員会を傍聴してきましたが、なぜ今日になって補正予算を可決することになったのか全くわかりません。
委員会最中、長時間休憩を行っており、傍聴者のいないところ、マスコミのいないところで議員が何らかの話し合いがなされたものと思われます。

問題は全く解決していません。
年間366万人が50年続くという入場者予測の問題、入場料だけでまかなうという財源フレームの問題、「仮に採算が合わなくても木造化すべき」なのかという問題だけでなく、竹中工務店と市長との話し合いの内容が非公開で市民に説明していない、そもそも木造5階建ては建築基準法違反ではないか、文化庁の許可が下りるのか、「仮設の耐震対策」で本当に国宝になるのかなど、木造天守閣が無事に完成するかどうかすら非常に不透明です。

奇しくも藤沢ただまさ市議(自民)が、「50年後、今ここにいる私たちは誰もいないが、名古屋市は存続し続ける。50年後に向かって名古屋市観光文化交流局の足を縛りをかけた」と述べました。
50年と言わずここ数年以内にも、今回の議決について正しかったのかが問われる場面が来ると思います。
まずは4月23日の名古屋市長選挙が市民の意見を反映する場所ではないでしょうか。


河村市長「名古屋城木造化は仮に収支がよくなくとも必ず推進すべき」表明

17/3/21に行われた名古屋市議会経済水道委員会において、河村市長は名古屋城天守閣木造化について「仮に収支がよくなくとも必ず推進すべきものであると考えている」と文書で表明しました。
・配布資料(当初)
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170321.pdf
・天守閣整備に関する市長の考え
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170321-2.pdf
・17/3/21 名古屋市議会経済水道委員会メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170321-4.pdf
 
名古屋城天守閣木造化について、藤沢ただまさ市議(自民)が17/3/17に「客が予想より少なく、赤字になってもやるべきだと市長は考えているのか」「予算案を4月の市長選後にして、新市長の判断にすべきでは」の2点について市長の考えを文書で要求するも、市は文書を提出せず、当初は説明もしませんでした。
藤沢市議から追及されても、「担当から口頭で説明させていただく」と回答。藤沢市議は大激怒し、暫時休憩の後に「市長の考え」が文書で出てきました。
藤沢市議は「市民は、市長が言った『税金を1円も使わない』と思っている。きちんと上記の趣旨を市民に説明すべき」としました。

また、「市長の考え」文書の下にある、「これ以上、ご議決が遅くなる場合には竹中工務店の優先交渉権者としての地位を損なう恐れが生じます」について、市議の質問が集中しました。
市担当主幹は「立場がなくなるわけではない。今の段階では竹中工務店に確認している。ただ、いつまでもご理解を得続けられるか確証がない」という意味だ、としました。

さらに、「木造復元を早期に行うことが耐震対策と認識しています」は、過去局長答弁の「木造化されようとされまいと耐震対策が必要」と矛盾しているのではないかと指摘がありました。

藤沢市議、中川市議からは「4月に市長選挙がある。次の市長がだれになるかわからない以上、現段階で予算を通して次の市長の足を縛るようなことはすべきなのか」という意見が出されましたが、市は「選挙とは関わりなくご議決いただきたい」と繰り返すのみ。
河村市長に対し、民主主義の観点からどう思うか文書で出してもらうよう要求がありました。

現段階で予算を通し、仮に4月に新市長が誕生して契約を破棄した場合、損害賠償などどうなるか、と質問がありましたが、「そのときの契約高で検討する」と答えるのみ。
名古屋市民オンブズマンは、平成28年12月5日に行われた、竹中工務店名古屋支店と名古屋市当局との打ち合わせ記録を情報公開請求したところ、「仮に平成29年4月で契約解除した場合の損害賠償の想定額」が話し合われていたことは判明しましたが、中身はすべて黒塗りでした。
これを公開せずに議会で議論していては全く話になりません。早急に公開を求めます。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161222.pdf


名古屋城天守閣木造化 第5回意見聴取会で2022年12月延期について法律家に意見を聞かず

17/3/17に開かれた名古屋市議会経済水道委員会で、17/2/9に行われた第5回「名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)による公募型プロポーザル実施に伴う意見聴取会」には法律の専門家が欠席しており、名古屋市は2022年12月延期の是非について意見聴取会では聞いていなかったことが判明しました。
・17/3/17 名古屋市議会経済水道委員会説明資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170317.pdf 
・17/3/17 名古屋市議会経済水道委員会メモ(名古屋城部分)
(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170317-1.pdf
 
また、土木しか経験がない技術提案・交渉方式を建築分野で初めて名古屋市に紹介したのは、当時の中部地方整備局長の八鍬隆局長であったことも判明しました。

さらに、藤沢ただまさ(自民・南区)市議の「仮に名古屋城木造天守閣に入場者が予想より少なくて赤字でもやるべきなのか」という質問に対し、観光文化交流局長は「文化を後世に残すため、採算ベースに乗らなくても、赤字でもやるべきだと思う」としました。
  
複数の議員から、「4月に市長選挙があるため、今議会で議決をし、新市長が木造天守閣をやめると表明した場合、現在より格段に損害賠償請求のリスクが高まる。今議会では予算を取り下げ、選挙の結果を踏まえて新市長に判断を委ねては」という提案に対しては、「過去、たとえ市長がかわったとしても名古屋市としては木造天守閣事業を行うと答弁した。現在も継続して事業をする考え方を持っている」としました。

名古屋城天守閣木造化に関する補正予算について、2016年6月から10ヶ月近く市議会で議論されていますが、問題は全く解決していません。しかも、空見地区新展示場建設問題を議論する時間が長く、経済水道委員会は名古屋城に関する議論が十分にできていません。

今後、3/21(火)10時からと、3/22(水)10時からの経済水道委員会の議論を経て市議会としての意思決定を行うことになります。
これまで議会として指摘してきたことはいずれも未実施です。
 ・需要予測に関して第三者に調査依頼→未実施(やり方の当否のみ聞くも、完成5年後以降は漸減傾向が現実的と指摘される)
 ・資金計画に関して第三者に調査依頼→未実施
 ・プロポーザル事業の公平性の観点から評価委員の意見を再聴取→聴取会で聞かず
議会の指摘を全く無視してきた名古屋城天守閣木造化事業を議会が認めるとしたら、議会の存在意義を自ら否定することになります。


17/3/15 名古屋城天守閣木造化 日本総研「追加投資(魅力向上)による底上げ」が前提

17/3/15に名古屋市議会経済水道委員会が開催され、日本総合研究所が作成した「名古屋城天守閣木造復元事業に伴う名古屋市入場者数予測結果の評価業務報告書」が提出されました。

17/3/15 名古屋市議会経済水道委員会資料 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170315.pdf 
日本総研作成 名古屋城入場者予測評価報告書 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170315-2.pdf

17/3/15 名古屋市議会経済水道委員会メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170315-3.pdf

2022年に名古屋城木造天守閣ができたと仮定した場合、5年後の2026年以降、名古屋市は366万人で安定するとしています。
日本総研は、2026年には名古屋市試算より低い345万人〜359万人とし、しかも「漸減トレンドを設定しておくことが現実的」としています。

市議は誰も指摘しませんでしたが、日本総研は「追加投資(魅力向上)による底上げ」を前提としており、名古屋城木造天守閣が完成した後、どの程度の追加投資を考えているのかはこれまでの試算では全く出てきていません。
・16/12/5  名古屋市議会経済水道委員会資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161205.pdf

建築基準法違反の疑いが極めて強く、たんなる木造では人が入ることができず、各種補強策を「仮設」と強弁する名古屋城天守閣木造化ですが、将来的な需要予測調査も第三者に委託することもなく、しかも「追加投資による底上げ」費用も試算に入れていないという、極めてずさんな計画です。
さらに悪いことに、10億円の基本設計予算を議会が認めたら、事実上ストップできません。

名古屋市議会はいつまでも引き延ばさず、態度を鮮明にする必要があります。

17/3/6 「名古屋城木造天守閣 300万人しか来なければ50年後100億円不足」市が認める

17/3/6 名古屋市議会経済水道委員会で、市が進めようとしている「2022年12月末までに名古屋城天守閣木造化」補正予算10億円について議論され、補正予算については意思決定をせず、3月議会中に継続して審議することになりました。

・17/3/6 名古屋市議会経済水道委員会配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170306.pdf 
・17/3/6 名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170306-1.pdf 
 
田辺雄一(公明・千種区)市議は、ボストン美術館への入場者数が予測の半分だったことを指摘し、名古屋城でも予測を下回った場合どうなるか質問しました。
市は「年間330万人を割ったとき、50年では返済不可能。年間300万人だと50年後約100億円の返済が滞る。ただし、仮定の話なので財政局とは話をしていない」としました。

丹羽ひろし(自民・名東区)市議は、想定入場者数について、平成27年3月に名古屋市が作成した「名古屋城整備検討調査報告書」では、「国内総人口の減少を受け、入場者数の減少が考えられ、また本丸御殿による集客力も平準化していると考えられるため、外国人観光客の増加が見込まれるとしても大幅な入場者数の増加は予測しにくい」となっていることを指摘しました。
・平成27年3月 名古屋市 名古屋城整備検討調査報告書
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/H27-3houkoku.pdf
 想定:年間292万人(現状の1.8倍)
年間366万人来ることにした理由は、市は「当時、姫路城改修実績が出ていなかったため」とするのみ。

田辺雄一(公明・千種区)市議は「現在のコンクリート製天守閣を再建する際、市民がナゴヤ球場に2万人集まって寄付を募集する野球大会を行い、総額6億円、寄付目標1億円のところ2億円余りあつまった。名古屋市に現在そのような機運はあるか」と尋ねたところ、市は「議決後に機運を醸成する」というのみ。

ここまでずさんな計画について、いつまで議論を続けるのでしょうか。予算審議の時間は限られていますし、市職員の人的資源も相当つぎ込んでいます。市議会は早急に決断すべきです。


17/3/3 名古屋城天守閣木造化 市「年間366万人来ない場合、追加投資も検討」と示唆

17/3/2 名古屋市議会経済水道委員会で、市が進めようとしている「2022年12月末までに名古屋城天守閣木造化」補正予算10億円について議論されました。

・17/3/2 名古屋市議会経済水道委員会配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170303.pdf
・15/11/29 名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)による公募型プロポーザル実施に伴う意見聴取会(第1回)
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/151129-1.pdf
・17/3/2 名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170303-1.pdf

名古屋市は、2022年に名古屋城天守閣が木造化された倍、2026年度以降46年間にわたって366万人の入場者が継続すると試算しています。積算根拠 162万人×3.1×0.9×0.9×0.9=366万人

上記試算方法が妥当かどうかを日本総研に確認してもらったところ、「名古屋市の入場者数予測についての考え方は概ね妥当。ただし2026年以降数十年にわたる長期予測はほぼ不可能。入場者数は漸減傾向が現実的。一方、レゴランド開業やリニア開業など入場者数を上げる可能性もある」との中間報告がなされました。

市議からは「年間366万来なかったらどうするのか。税金投入しないというのが間違っているのではないか」という指摘が相次ぎましたが、市は「年間366万来るよう努力する」を繰り返すのみ。
木下優(公明・中川区)市議は、「東海地震は30年以内に8割発生すると言われている。どうしてマイナス要素が入っていないのか。」と指摘しました。
市は、「日本総研の指摘は重く受け止める」と言うのみ。

また、市は「しかるべき時にしかるべき投資を検討」と発言し、入場者数が伸び悩んだ際、追加税金投入を示唆しました。

丹羽ひろし(自民・名東区)市議は、16/12/5に行われた市長定例記者会見、で「木造天守閣作成を延期すると、特に木材についてどんどんお金がかかってくる。市民税で支払われる」と述べたことについて、市は「市と竹中工務店はまだ契約していないので、仮に竹中工務店が木材を現在確保していたとしても関係ない」と述べました。
・16/12/5 市長記者会見 テキスト版
http://www.city.nagoya.jp/mayor/page/0000088335.html
動画
https://youtu.be/b-q2hx1RwX4

次回委員会は3/6(月)10時半から行われます。
17/3/2 名古屋城天守閣木造化 長期入場者数見込み「漸減傾向が無難」日本総研中間報告

17/3/2 名古屋市議会経済水道委員会で、市が進めようとしている「2022年12月末までに名古屋城天守閣木造化」補正予算10億円について議論されました。

・17/3/2 名古屋市議会経済水道委員会メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170302-1.pdf

名古屋市は、建物だけで505億円かかる名古屋城天守閣木造化について、「入場者数は他城閣を参考にした」「税金を投入しない」「入場料だけで借金を返済する」「補助金・寄付を考慮しない」「人口減少を考慮しない」「レゴランド開業、2020年東京オリンピック、2026年アジア競技大会、2027年リニア開業を考慮しない」「外国人観光客を考慮しない」「入場料 市民は450円、市外は1000円」で入場者数を試算し、最大年間452万人、その後46年間366万人が継続する、という試算を16/12/5に発表しました。
 ・16/12/5  名古屋市議会経済水道委員会資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161205.pdf

名古屋市は、今回、上記試算方法が妥当かどうかを各コンサルタントに90万円かけて検証してもらおうとしたところことごとく拒否をされ、唯一受けてくれた日本総研に確認してもらったところ、「名古屋市予測手法は概ね妥当。ただし2026年以降数十年にわたる長期予測はほぼ不可能。入場者数は漸減傾向が無難。レゴランド開業やリニア開業など入場者数を上げる可能性もある」とのこと(資料は本日なし。3/3提出)。

市議からは、「そもそも2016年6月議会で、需要予測を第三者に行ってもらうと付帯決議をした。2-3000万円かかると言われたが、どうして補正予算を組んで行わないのか」「日本総研は、入場者数は漸減傾向が無難と言っている。名古屋市の見解とは真逆ではないか」という指摘がでました。

また、15/11/29の有識者意見聴取会で、「オリンピックが前提と、リニア開通に合わせるの、2つを出させることもある。」という発言が出ていたと市から発言がありました。
・2015/11/29 名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)による公募型プロポーザル実施に伴う意見聴取会(第1回)
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/151129-1.pdf
 
さらに、入場者が366万人来ずに償還が滞った場合どうなるかという質問に対し、「一般会計から借り入れが残っていることになり、その後特別会計が黒字になったら一般会計に返す」と説明しました。

きちんとした第三者が行う入場者数予測も行わず、財源フレームの検証も行わず、赤字になった場合の対処方法もはっきりしていません。
それだけでなく、そもそもの木造5階建ての建築基準法違反問題、文化庁の「復元検討委員会」と「文化審議会」認可問題、市長室での市長と竹中工務店の会談黒塗り問題など問題が山積みです。

今後、名古屋市は上記日本総研の中間報告を出した上で、市議会として議論する予定です。

参考
・17/3/2 名古屋市議会経済水道委員会説明資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170302.pdf
・17/2/21 名古屋市議会経済水道委員会説明資料
 2022年12月完成の工程案(詳細)あり
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170221.pdf
-----

17/2/28 名古屋城天守閣木造化黒塗り 市議会各会派に配布

名古屋城天守閣木造化に関する「竹中工務店と市長の面談内容」「契約解除時損害賠償額」が非公開となった件で、名古屋市民オンブズマンは17/2/28に名古屋市議会各会派に黒塗りの資料を配付しました。
黒塗りのままで、市議会で議論することは到底許されません。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161220.pdf
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161222.pdf
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170131.pdf
なお、上記資料は市政記者クラブにも配布しました。

17/2/21 名古屋城天守閣木造化「竹中と市長の面談内容」「契約解除時損害賠償額」市は開示を拒否

名古屋城天守閣木造化について、河村たかし名古屋市長と竹中工務店が市長室で話した内容を情報公開請求したところ、16/11/28面談メモの内容が非公開でした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161220.pdf
 理由:「面談の内容のうち、技術上のノウハウに関する情報を含む部分については、公にすることにより法人の通常有する競争上の利益が損なわれると認められるため」(名古屋市情報公開条例第7条第1項第2号)
 「面談の内容は、未確定段階の情報が確定されたものと誤解され、市民の間に混乱を生じさせるおそれがあるため」(名古屋市情報公開条例第7条第1項第4号)

また、竹中工務店と名古屋市職員が16/12/5に打ち合わせた記録を開示請求したところ、「仮に平成29年4月で契約解除した場合の損害賠償の想定額」は非公開でした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161222.pdf
 理由:「法人が事業活動を行う上での内部管理に関する情報であって、公にすることにより法人の事業運営に支障をきたすと認められるものを含むため」(名古屋市情報公開条例第7条第1項第2号)

名古屋市民オンブズマンは上記文書の公開を17/1/18に名古屋市に求めましたが、名古屋市は17/1/31付けで全面拒否の書面を名古屋市民オンブズマンの事務所に持ってきました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170131.pdf

名古屋城総合事務所職員は「16/11/28の市長と竹中工務店との打ち合わせでは配布資料はありません。上記打ち合わせを踏まえ、11/30経済水道委員会の記載になりました」とのこと。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161130.pdf

名古屋市民オンブズマンは「丁寧に説明する対象は名古屋市民であって、2022年に延ばした理由をタウンミーティングを開いて説明すべきだ」と述べました。
名古屋市職員は「2月定例議会で補正予算が可決されたのち、市民に説明させていただくつもりだ。議会は市民の代表なので、議会で説明したい」とのこと。

なお、16/12/5の打ち合わせ記録にある「2022年7月から天守閣竣工が遅延した場合の損害賠償の想定額 遅延該当工事(木造復元部分)163億1808万1千円というのは木造復元部分の金額であり、2022年7月に遅れた場合この額を対象として損害金が想定される。163億全額損害金、というわけではなく、そのうちのいくらかが今後結ぶ契約書に従って損害賠償請求の対象とする」と名古屋城総合事務所職員は説明していました。

2017年2月議会で、名古屋城天守閣木造化に関する補正予算が審議されます、市長と竹中との話し合いの内容ならびに4月に契約解除した場合の損害賠償総定額を公開することは必要不可欠です。
これら文書が黒塗りのまま議論されることは到底許せません。
上記損害想定額についてもきちんと議論すべきです。 引き続き公開するよう求めていきたいです。






17/1/27 「名古屋城の宣伝は1秒もすべきでない」愛知県有識者が発言と報道

17/1/24朝日新聞によれば、1/23に開催されたあいちビジョン2020フォローアップ懇談会の席上で、有識者の竹下広宣名古屋大学大学院 生命農学研究科准教授は、「『名古屋城の宣伝は1秒もすべきではない。他に行ってもらうためにはどうすべきかだ』とし、多様な魅力づくりの必要性を強調した。」とありました。

所管の愛知県政策企画局企画課に確認したところ、議事録は2週間ほどで完成し、ホームページに掲載する予定とのこと。配布資料はすぐにアップする予定とのことでした。
http://www.pref.aichi.jp/kikaku/

どのような文脈で語られたのか、新聞記事だけではわかりかねますが、河村たかし名古屋市長が推し進めようとしている名古屋城天守閣木造化の方針に必ずしも賛成しない有識者が愛知県にはいる模様です。
また、名古屋市は、名古屋城天守閣木造化をした際、愛知県に補助金の依頼を検討中とのことですが、愛知県側がすんなり補助金を出すとは到底思えません。

同じ愛知県政策企画局企画課が所管している名古屋市・愛知県調整会議では、愛知県知事・議長とも、名古屋城天守閣木造化について一言もコメントしていないのも気になります。

愛知県・名古屋市の観光をどうするのか、そのうえで名古屋城をどう位置づけるのか。愛知県と名古屋市がきちんと話し合うべきではないでしょうか。

17/1/20 名古屋城大天守閣無償貸出のスター・ウォーズ展 耐震・入城制限検討文書なし

名古屋市などが主催して名古屋城大天守閣で2017年2月16日(木)〜4月9日(日)に行うスター・ウォーズ展において、名古屋市民オンブズマンが名古屋市に対し「耐震・入城制限について検討した中身がわかるもの」を情報公開請求したところ、17/1/17に不存在決定が出ました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/170117.pdf

名古屋市は現天守閣は「耐震性能が不足している」と日本語・英語・中国語でホームページに掲載するとともに、看板も掲げてあります。
■耐震診断の評価(Is値0.14、Ct・Sd値0.07)
 ・震度6強程度の大規模の地震に対して倒壊し、または崩壊する危険性が高い。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/281128/index.html

スター・ウォーズ展を開くと、大勢の来場者が見込まれます。既に各地で約67万人以上が来場しています。
1 東京展 2015年4月29日〜6月28日 六本木ヒルズ 約30万人
2 北海道展 2015年7月11日〜8月30日 札幌芸術の森美術館 約6万5千人
3 愛媛展 2015年9月19日〜11月15日 愛媛県美術館 28,843人
4 神奈川展 2015年11月25日〜2016年1月5日 そごう美術館 約7万1000人
5 静岡展 2016年1月23日〜3月27日 静岡市美術館 43,953人
6 富山展 2016年4月16日〜6月26日 富山県立近代美術館 35,063人
7 大阪展 2016年7月16日(土)〜8月30日(火) あべのハルカス美術館 98676人
8 栃木展 2016年9月18日(日)〜11月27日(日) 宇都宮美術館 34805人
9 岡山展 2016年12月16日(金)〜2017年2月5日(日) 岡山シティミュージアム
10 名古屋展 2017年2月16日(木)〜4月9日(日) 名古屋城大天守閣

名古屋市が言うように、本当に「耐震性能が不足している」のであれば、スター・ウォーズ展を開催するのは論外です。
名古屋城総合事務所の動きを見ると、現在の名古屋城天守閣は「耐震性能が不足していない」としか思えません。

また、仮に名古屋城天守閣が木造化された場合、スター・ウォーズ展のような企画は天守閣の中では難しいのではないでしょうか。

さらに、本スター・ウォーズ展は会場使用に係る契約書も不存在であることがわかりました。名古屋城総合事務所管理課に確認したところ、「名古屋市が共催なので無償」とのこと。
今後、どのような経緯で名古屋城を使うことになったのか、情報公開請求する予定です。

----
【スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。】
http://event-nagoyajo.com/starwars/

17/1/11 名古屋市平成29年度予算財政局査定 名古屋城関係はほとんど計上されず

2017年1月10日に名古屋市は「平成29年度予算要求に対する財政局査定内容の公開」を行いました。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000089408.html

臨時・政策経費の名古屋城関係の予算を拾いました。
----------
財政局案(単位:100万円)
・名古屋城を核とした魅力向上推進事業   13→0 局配分財源で検討
・特別史跡名古屋城跡石垣の整備      160→0 局配分財源で検討
・名古屋城本丸御殿長期維持管理計画の策定  8→0 未計上
・名古屋城文化財建造物の修理に向けた調査 15→0 未計上
・名古屋城二之丸地区整備基本構想の策定  12→0 未計上
・金シャチ横丁構想の推進         12→0 局配分財源で検討
・名古屋城魅力向上推進事業        124→0 未計上

・名古屋城本丸御殿観覧環境の整備    105→74 精査のうえ計上
・名古屋城二之丸庭園の保存整備      43→40 精査のうえ計上
・名古屋城重要文化財等展示収蔵施設の整備 99→99 精査のうえ計上

@ 所管局の要求(見積り)通り
A 事業内容、積算内容を精査のうえ計上
B 局配分財源で対応を検討
C 現段階では未計上

-------
財政局としては、名古屋城関係の予算はほとんど付けないという方針のようです。
(なお、名古屋城天守閣木造化については、平成28年6月補正予算のため、今回の財政局案には載りません)

臨時・政策経費の1011億700万円の各課からの予算要求のうち、918億1200万円が財政局案として付けられました。
災害関係、医療関係、子ども関係の予算要求も軒並み通っていません。
今回、70億円の一般財源額を確保したうちの48.4億円を財政局案として計上し、今後残りの21.6億円を市長査定で付ける予定です。

なお、平成29年度の5%減税額に伴う減収見込み額は114億円にのぼります。
差し引き収支見通しは71億円の赤字ですが、行財政改革を継続して推し進めて対応するとのこと。

今後の収支見通し(平成28年9月作成)に名古屋城天守閣木造化について計上されているか、名古屋市財政局財政部財政課予算第一係に確認したところ、「そもそも名古屋城天守閣木造化は特別会計で建設される予定なので、上記収支見通しには含まれない。ただし、特別会計に繰り出す金があり、それは収支見通しに含まれている。平成28年9月作成の収支見通しには、名古屋城に関する特別会計への繰り出し金は見込んでいない」という話でした。(特別会計の今後の収支見通しはないとのこと)

今後、市長査定を経て予算案が2月議会に提出されます。

名古屋市は、全国的に見ても予算編成過程の透明度は極めて高いです。
市民がもっと関心を持って分析することを望みます。


16/12/28 名古屋市 県体育館の移転見据え名古屋城二之丸地区整備構想予算要求も、県は改修工事基本設計委託済

名古屋市は16/11/18に公開した「平成29年度予算要求内容」の中で、名古屋城二之丸地区整備基本構想の策定として1200万円の予算要求をしています。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/cmsfiles/contents/0000088/88225/29yosanyoukyuunaiyounokoukai.pdf
 二之丸地区全体の価値・魅力を高めるため、二之丸地区の整備に向けた基本構想を策定
 1200万円(一般財源は900万円)
 
しかしながら、二之丸地区南側には現在愛知県体育館があり、愛知県は2016年度当初予算に、愛知県体育館整備基本設計費(新規)として30,099千円つけ、すでに基本設計を契約しています。
http://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/205066.pdf
2016-08-12 建設通信新聞
浦野設計と随契/県体育館改築基本設計/愛知県
http://www.kensetsunews.com/?p=71063

愛知県体育館の改修と、移転を前提とした二之丸地区整備構想は全く相容れません。
しかも、2026年に愛知県と名古屋市が共催するアジア競技大会でも、「バレーボール会場 愛知県体育館」と明記されています。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/sposhin/280920-20thasiangames-3.html

この問題については、16/5/30 臨時愛知県知事・名古屋市長記者会見の席上で、両名が言い争う場面がありました。(9:05-11:10) 
https://www.youtube.com/watch?v=uZV-N6_1tXI&feature=youtu.be

愛知県と名古屋市の調整が全くできていません。
あまりにもお粗末です。

------------------
16/12/19 建通新聞
名古屋城二之丸地区 整備構想検討へ 名古屋市が予算要求
県体育館の移転見据え
http://www.kentsu.co.jp/webnews/view.asp?cd=161214300081&pub=1


16/12/23 名古屋城天守閣 「耐震性能不足」なのにスター・ウォーズ展開催?

16/12/19に名古屋市、中日新聞社、東海テレビ放送、東海ラジオ放送が主催で「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」を名古屋城 大天守閣2階 企画展示室で開催すると記者発表がありました。開催期間は2017年2月16日(木)〜2017年4月9日(日)。
http://event-nagoyajo.com/starwars/

どのような記者発表があったのか、名古屋市政記者クラブ配付資料を確認しましたが、市政記者クラブには配布していないとのこと。
確認したら、「名古屋市は主催ではなく、中日新聞らが主催なので、そちらから記者の方に資料を提供した」とのこと(しかし上記ホームページを確認したら「主催 名古屋市」とあります)。

そもそも、名古屋市は現天守閣は「耐震性能が不足している」と日本語・英語・中国語でホームページに掲載するとともに、看板も掲げてあります。
■耐震診断の評価(Is値0.14、Ct・Sd値0.07)
 ・震度6強程度の大規模の地震に対して倒壊し、または崩壊する危険性が高い。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/281128/index.html
にもかかわらず、16/12/12に「当面は入城制限しない」と発表しています。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000089021.html

そんな「危険」?な名古屋城天守閣でどうしてスター・ウォーズ展を開催することになったのか。
名古屋市民オンブズマンは、16/12/22に「スターウォーズ展について耐震・入城制限について検討した中身がわかるもの」「会場使用契約書と経緯」「記者会見内容がわかるもの」を情報公開請求しました。

河村たかし名古屋市長は、16/12/19記者会見で、17/1/1初日の出見物イベントではヘルメット着用を求めることも検討すると発言しています。
・平成28年12月19日 名古屋市長河村たかし 定例記者会見 3:20-


スター・ウォーズ展来場者にもヘルメット着用を求めるのでしょうか。

考えられることは何パターンかあります。
(1)耐震性が低いので、ヘルメット着用・入城制限してスターウォーズ展を開催する。
(2)耐震性が低いが、来城者が見込まれるスターウォーズ展のために入城制限を行わない。
(3)そもそも耐震性はそれほど低くはない。何人入城しても大丈夫。

耐震性について、「Is値0.14」は第3次診断であり、第2次診断のIs値0.28と総合的に判断すべきものだと有識者が発言しています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161024.pdf

木造天守閣復元のため、都合のよいときだけ耐震性を持ち出すのはやりかたとして極めて狡猾です。
まずは人命優先ではないでしょうか。
名古屋市全体の地震に対する備えに人的資源を振り分けず、名古屋市職員・議会も名古屋城木造化に振り回されているのが現状です。

-------
なお、2016年3月に竹中工務店が作成した当初の木造天守閣復元スケジュールによれば、2016年12月にはエレベーターを解体し、2017年6月中旬から現天守閣を解体する予定でした。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/280330/dwl/takenaka.pdf
このスター・ウォーズ展がいつ頃から計画されていたのか、大変気になります。


16/12/13 名古屋市「現名古屋城天守閣 当面入城禁止せず」と発表

名古屋市は、16/12/12に「名古屋城天守閣の地震に対する安全対策について」を発表しました。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161212.pdf

-----
名古屋城天守閣の地震に対する安全対策について

みだしのことについて、これまでの検討の結果を踏まえ、下記のとおり方針を決定しましたので、お知らせいたします。



・木造復元により安全性を確保する
・木造復元工事の進捗に伴い入場制限を実施する
・木造復元が実施されるまでの間、安全対策についてさらに検討する

--------
これだけではなんのことかさっぱり分かりません。

現在、名古屋城天守閣の前には「名古屋城天守閣の耐震性について」という看板が掲げられており、「■耐震診断の評価(Is値0.14、Ct・Sd値0.07) ・震度6強程度の大規模の地震に対して倒壊し、または崩壊する危険性が高い。」とあります。
名古屋城ホームページには、日本語、英語、中国語で上記記載があります。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/281128/index.html

にもかかわらず、木造復元が実施されるまで入城制限をしない、というのは意味がさっぱり分かりません。
しかも、どうして現天守閣の耐震対策をしないのか、については全く述べていません。

現名古屋城天守閣は、地震に対して実際はそれほど危険ではない、ということではないでしょうか。
違う、というのであれば、もっと説明すべきですし、早急に耐震対策を行うか、入城禁止をすべきです。
現状では世界中に名古屋城について誤ったメッセージを発してしまっています。

16/12/9 竹中工務店と河村たかし名古屋市長はいつ市長室で話したのか

名古屋城天守閣木造化について、竹中工務店が「2022年までに延長した場合、当初見込みの505億円から上昇する可能性がある」としたことに対し、河村たかし名古屋市長は「自らが市長室で同社の責任者と接触したことを明らかにした」と16/12/7読売新聞は報じています。

経緯
・16/11/30 「2020年7月から2022年7月までに名古屋城天守閣木造化期限を延ばす方針を名古屋市が優先交渉権者の竹中工務店に伝えたところ、竹中工務店から「工数の見直しに伴い、仮設工事や解体工事の着手時期が遅れるため、東京オリンピックによる建設需要の高まりの影響を受け、建設費が上昇することも考えられる」と指摘を受けたと議会で報告。
・16/12/5 「本日、竹中工務店から505億円以内に収めると話があった」と議会で報告
 同日 河村市長「竹中工務店は『木材について、ちょっと頼んでいろいろ待ってもらっている』と聞いている。木造天守閣作成を延期すると、特に木材についてどんどんお金がかかってくる。市民税で支払われる」

中日新聞が毎日発表している「市長の一日」によれば、16/11/24-12/5で「竹中工務店と接触した」という記録はありません。
市長室秘書課に16/12/8に確認したところ、「先方との兼ね合いにより、『来客応対』という形で、氏名を出さないことがある」とのこと。
11/24 2時35分 来客応対 2時45分 来客応対 2時55分 来客応対 4時5分 来客応対 6時35分 来客応対
11/25 午後0時10分 来客応対
11/28 9時15分 来客応対
11/30 9時45分 来客応対

16/12/7読売新聞によれば、「議会からの指摘を受け、価格の話をどういうふうにできるかお話をした」とあるので、11/30以降だとすると、「来客応対」すらなく、非常に不思議です。
市長室秘書課は「市長室で面会すれば公務です」と言い切っており、「市長の一日」が誤っているのか、他の方法があるのかわかりません。

なお、市長室秘書課は、「一般的に言って、来客応対について、記録を取るという規則はなく、記録もないが、メモ程度はあるが整理されていない。」としましたが、名古屋市情報公開条例によれば、組織的に用いていればメモも行政文書に当たります。
第2条
(2)行政文書 実施機関の職員(市が設立した地方独立行政法人の役員を含む。以下同じ。)が職務上作成し、又は取得した文書、図画(写真及びフィルムを含む。以下同じ。)及び電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。以下同じ。)であって、当該実施機関の職員が組織的に用いるものとして、当該実施機関が管理しているものをいう。
http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000001423.html

また、名古屋市職員の公正な職務の執行の確保に関する条例に基づき、市長を含めた職員は、職員以外の者が職員に対して行う市政に関する要望、意見、苦情その他これらに類する行為(要望等)を記録しなければいけません。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/52-6-5-0-0-0-0-0-0-0.html

名古屋市民オンブズマンは、16/12/9に、「2015/12/2-16/11/17の間、河村たかし名古屋市長が市長室で竹中工務店の関係者と面談した際の
・メモ
・議事内容が分かるもの
・配付資料
・面談に至る経緯が分かるもの」
を情報公開請求しました。
また、以下も情報公開請求しました。
・2016/12/5に名古屋城の件で竹中工務店関係者からあった連絡の内容が分かるもの
・2016/11/18-12/7分の、名古屋市が市政記者クラブに提供した「市長の一日」案
・2016/11/18-12/7分の、名古屋市が中日新聞に提供した「市長の一日」確定版

建設費だけで少なくとも505億円、利子・運営管理費・修繕費を含めると今後50年間で1000億円を超える事業となります。
これが完全に密室で話し合われ、市民にも議会にも公開されないとすれば、極めて大問題です。
河村たかし名古屋市長は一刻も早く「市長室での接触」の具体的な内容を説明すべきです。



16/12/7 河村たかし名古屋市長は竹中工務店と市長室で何を話したのか?

16/12/7読売新聞によれば、名古屋城天守閣木造化の事業費(最大504億円)を巡り、優先交渉権者の竹中工務店の主張が議会中に変遷したのは河村たかし名古屋市長自らが竹中工務店の責任者と市長室で接触したためと述べたとのこと。

名古屋市民オンブズマンは、16/12/7に「2016/11/18-12/9の間、河村たかし名古屋市長が市長室で竹中工務店の関係者と面談した際の
・録音
・メモ
・議事内容が分かるもの
・配付資料 ・面談に至る経緯が分かるもの」
を情報公開請求しました。

現時点では名古屋市と竹中工務店は契約しておらず、議会で予算を承認しなくても、名古屋市は1円も損害賠償請求を受けないと市当局は認めています。
しかしながら、16/12/5市長会見では「木材を待ってもらっている。お金がどんどんかかってくる。市民税で支払われる」と述べ、プロポーザル実施説明書以外のなんらかの取り決めがあるのではないかという疑念が市議会から巻き起こっています。

15/12/10朝日新聞によれば、15/12/9業者向け説明会において河村市長自ら「全責任は市長が負う。市役所が固いことを言ったら、すぐ(私に)言って。解釈は広くする」とし、市当局と業者ルート以外の関係を示唆しています。

建設費だけで少なくとも505億円、利子・運営管理費・修繕費を含めると今後50年間で1000億円を超える事業となります。
これが完全に密室で話し合われ、市民にも議会にも公開されないとすれば、極めて大問題です。
河村たかし名古屋市長は一刻も早く「市長室での接触」の具体的な内容を説明すべきです。


16/12/6 名古屋城天守閣木造化 市長と市当局の認識のずれで3たび継続審査

16/12/6名古屋市議会経済水道委員会において名古屋城天守閣木造化の補正予算の審議が行われ、自民、公明、民主が「契約の考え方、損害賠償の考え方などで市長と当局との違いが明らかになった。完成時期は評価委員の意見を再調査し、入場者数は第三者チェックを早急に行うことを求める」とし、3たび継続審査になりました。
・資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161206.pdf
・追加資料(16/12/5市長会見文字起こし)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161206-2.pdf
・名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161206-1.pdf

河村市長は、16/12/5に行われた定例記者会見で、「木造天守閣作成を延期すると、特に木材についてどんどんお金がかかってくる。市民税で支払われる」と述べ、記者が「今はまだ契約していないため、税金で払う必要はないはずだ」と指摘したところ、「誰が言ったのか。資料を見せてくれ」と声を荒げました。



平成28年12月5日 名古屋市長河村たかし 定例記者会見  13分46秒から

丹羽ひろし市議(自民・名東区)が12/5議事録を要求して確認したところ、名古屋城所長は以前からの答弁の通り、「プロポーザル条件の中で、『完成期限が遅れる場合、議決が得られない場合、中止することが出来る』とある。現段階は契約していないので、金銭的賠償は、私どもとしてはないのではないか。」と答弁しました。


田辺雄一市議(公明・千種区)が、「仮に優先交渉権者の竹中工務店が木材の手配をしてしまっていても、名古屋市に賠償する責務はないと言い切ってもらえますか」という質問に対し、市は「設計契約したわけはないので、私どもとしては責めを負う立場にない」と明確に答弁しました。
田辺雄一市議は「『私ども』に『市長』が入っていない。我々はだまされているのではないか。様々な賠償責任が発生しているのに、『大丈夫です』。実は賠償責任があって、と思ってしまう。」と述べ、明らかになっていない 市長と業者との何らかの関係を示唆しました。
 
市としては、「市長には技術提案交渉方式について何回も説明した。市長が誤った説明をしたのであれば、我々市職員が悪い」と述べるのみ。

今後、12/7本会議で継続審査の議決をした後、閉会中審査となります。


16/12/5 河村市長「功名心だけで名古屋城天守閣木造化をやっているだろう」と記者に言われ大激怒

16/12/5午前中に行われた河村たかし名古屋市長定例記者会見で、記者クラブ記者が市長に2022年までの名古屋城天守閣木造化について多数の疑問をぶつけました。
市長は「2020年がよいと今でも考えている」「木造天守閣の上棟式に行きたい」と述べました。
それを受け、日経新聞記者は「功名心だけで名古屋城天守閣木造化をやっているだろう」といい、市長は大激怒しました。
ただ、「優先交渉権者」の考え方について、市長の言い分と市当局の言い分が違っており、市長は市の資料をきちんと読んでいないのではないかと思います。

2016/12/5 名古屋市長定例記者会見(名古屋市広報課)
http://www.ustream.tv/recorded/93046096
 14:30- 名古屋城天守閣木造化について
 18:50- 「優先交渉権者」について、市長は「契約だ」と強弁
 28:10- 市長「2020年がよいと今でも考えている」
 28:50- 上棟式に行きたい
 33:00- 記者「なぜ熊本地震後6月議会に提案したのか 市長「行けると思っていた」
 36:00- 日経記者「市長として功名心だけでやっているだろう」 
     市長激怒「日経として訂正を求める」

また、16/12/5に名古屋市議会経済水道委員会が開かれ、2022年7月に名古屋城木造天守閣が完成した場合の入場者数見込みが示されました。
以前16/6/24の試算では完成後50年間、2069年度まで、毎年360万人が来ることになっていましたが、今回の試算では完成後50年間、2071年度まで、毎年366万人が来ることに変更になっていました。

・16/12/5 資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161205.pdf
・メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161205-1.pdf
・16/6/24資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160624.pdf
 
6万人増えた根拠は、「2016年度の予想が205万人に増えたため」としていますが、入場者を維持していくことは大変困難であることは市も認め、二の丸庭園、櫓、イベントが必要としています。
また、2071年度の名古屋市の人口予想も考慮に入れていないことも認めました。

また、前回までの委員会で、竹中工務店が505億円を超える可能性を示唆していましたが、市は突然「本日、竹中工務店から505億円以内に収めると話があった」と発表しました。

さらに、2016/12/31-2017/1/1新春カウントダウンについて、「チラシは1万枚すった」ことを認めるも、「天守閣に上れるかどうかは今月中に判断する」とのこと。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/02_events/28/281231/index.html
16/12/6(火)午前10時半〜 名古屋市議会経済水道委員会で議論の後、意志決定が行われる予定です。
ネット中継あり http://www.gikai-tv.jp/dvl-nagoya/


16/12/2 名古屋市「名古屋城天守閣木造化 現事業計画では銀行に行って505億円お金を借りることは難しい」認める

16/12/2に名古屋市議会経済水道委員会が開かれ、名古屋市は2022年までに完成を目指す名古屋城天守閣木造化について、「入場者数見込みの第三者チェックを『議会議決後に行う』というのは理解できない。こんなずさんな収支見込みで、仮に銀行から全額借金をして工事が可能か」と丹羽ひろし市議(自民)から問われ、竹中工務店が示した当初総事業費505億円から上昇する可能性があるとして、「現段階では総事業費がでていないので、銀行から505億円お金を借りることは難しい」と認めました。
また、詳細な工程案がでました。
・資料 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161202.pdf
・要旨(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161202-1.pdf
(なお、上記配付資料は、毎回名古屋市役所西庁舎1階にある名古屋市市民情報センターに行ってコピーを入手しています) 
 
また、2020年から2022年に完成期限を延長することの法的是非について、以前は弁護士3人に聞いていたにもかかわらず、今回、前回「幅がある」と言った1人にしか市が聞いていなかったことも明らかになりました。
仮に12月議会で本件補正予算を可決した場合、2017年4月に予定されている名古屋市長選挙の結果によって市から契約を解除した場合、違約金がどれほど発生するか聞かれても市は答えられませんでした。

減税日本ナゴヤ所属の鎌倉安男市議(守山区)までも、「どうして市はそんなに自信がないのか」という始末。

藤沢ただまさ市議(自民・南区)が「河村たかし名古屋市長は、今議会で議会が補正予算を可決しない場合、専決処分するということを仄聞しているが」と質問しましたが、市は「市としては専決処分は検討していない」としながらも、「市長の政治的判断だ」としました。

次から次へと木造天守閣を作る前提条件が変わってくるので議論がどうしても引っ張られてしまうのですが、耐震改修についてもっと議論が深められないのかが大変疑問です。
また、どうして建築基準法違反の問題について、権限がある名古屋市の住宅都市局営繕部、建築審査会、消防長を委員会に呼んで事前に確認しないのか理解に苦しみます。

また、16/6/23に名古屋市は入場者数、収支見込みについて第三者機関による検証をする」と答弁しているにもかかわらず未だに予算提案していないだけでなく、平成29年度当初予算要望の中にも「名古屋城天守閣木造化 来場者について第三者機関に検討」予算がなぜ入っていないのかのか疑問です。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000088225.html
◯平成28年6月23日(木曜日)経済水道委員会
◆中川委員 今、局長の答弁も、そのような答弁をいただきましたので、これはぜひ第三者の機関において、たとえ日数がかかったとしても、きちんとした入場者数、収支見込みを出すべきだというふうに私は思いますが、局長はどのような見解をお持ちでしょうか
◎渡邊観光文化交流局長 確かに御指摘のとおりでございますので、日数及び予算のこともございますけれども、精緻な第三者による、そういった検証をしていきたいというふうに思います。

次回名古屋市議会経済水道委員会は16/12/5(月)10時30分から行います。
ネット中継あり http://www.gikai-tv.jp/dvl-nagoya/
12/6(火)午前10時30分からの経済水道委員会で何らかの意志決定(可決・否決・継続審議)が行われ、12/7(水)午後1時からの本会議で議会としてのなんらかの方針が決まる予定です。

名古屋城の運命が16/12/6(火)に決まることを知っていますか?

名古屋市は現名古屋城天守閣を壊して2022年7月までに505億円以上をかけて木造化する方針を決め、現在開会中の名古屋市議会にそのための費用として補正予算10億円余を提出しています。
しかしながら、名古屋市民の間で議論が盛り上がっているわけではありません。

そもそも、当初は現天守閣の耐震性に問題があるとして耐震補強する方針でした。
しかしながら河村たかし名古屋市長は耐震補強をせず、2020年7月までに天守閣を木造化する方針を決めました。
河村市長は「税金を1円も使わない」とし、すべて借金でまかない、入場料収入だけで返せると豪語しますが、現在の約2倍、毎年360万人もの来城者が今後50年間ずっと続くという試算をしており、その根拠については第三者のチェックを受けていません。
名古屋市は建築費用505億円のほかに、利子が100億円、運営管理費が276億円、修繕費が30億円と、今後50年間に約911億円かかる試算をしています。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160422.pdf

また、そもそも木造6階建ては建築基準法違反です。人が入れない建物を作るのならともかく、城の中に人を入れるように耐震性を高めるには各種耐震補強が必要であり、文化財指定は無理です。

名古屋市は、2020年7月までにできるゼネコンを『技術提案・交渉方式』で公募し、2社のうち竹中工務店を選びました。
当初は一部外材を用いて505億円を超えないとしました。しかしながら名古屋市が当初予測していた外材使用の250億円〜国産材使用の400億円から遙かに高いものでした。
また、特別史跡名古屋城跡内での工事は文化庁の許可が必要で、文化庁との協議がすんなりいく確証は全くなく、2020年完成は極めて厳しい状況でした。

名古屋市が2016年5月に名古屋市民2万人に対して行ったアンケートでは、2020年までに木造が21.5%、2020年にとらわれず木造が40.6%、耐震改修26.3%となりました。 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160601.pdf
しかしながら、河村市長は2020年完成に固執し続けました。

上記多々ある疑問点に対して名古屋市議会は白熱した議論を行いました。
2016年2月議会では、名古屋市市民経済局長が16/3/15に「2020年7月に間に合わないということが途中で明らかになった場合は、それは振り出しに戻してといいますか、アンフェアな形にならないような形での再出発というのが当然必要だろうというふうに思っております。」とはっきりと述べています。

2016年6月議会では、基本設計契約の締結前の場合、「天守閣の完成時期については、『技術提案・交渉方式』を実施した前提条件の一つであり、その遅れが確実になった場合に、それを変更し随意契約することは、法令に反する可能性がある」と述べています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160624.pdf

結局市議会は継続審議にしました。

2016年9月議会でも、当初は2020年完成に固執していました。
16/9/21市資料では、弁護士の見解を示しましたが、市から竹中案を中止することはできない、とする弁護士が1人、リスクが高いとする弁護士が1人、中止しても賠償責任は負わないとする弁護士は1人でした。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160927-1.pdf



河村市長は16/10/6に突如名古屋城天守閣木造化の完成時期を2020年7月から2022年7月に変更しました。
入場者数について第三者機関による審議を行うこと、熊本地震を踏まえた石垣の耐震性について調査するため、2年間延長すると行政として判断したとのこと。
「値段を安くできないか交渉してみる」とまで言っていました。
結局9月議会でも議会は継続審議にしたところ、市長は議会の議決なしに予算を執行する「専決処分」を検討すると発表しました。
名古屋市民オンブズマンは、「専決処分の条件に当たらない」と市長に直接申し入れを行い、現時点までは専決処分を行っていません。

2016年11月30日の市の資料では、竹中工務店から「工数の見直しに伴い、仮設工事や解体工事の着手時期が遅れるため、 東京オリンピックによる建設需要の高まりの影響を受け、建設費が上昇することも考えられる」 と指摘を受けたとしました。
しかし具体的にいくら値上がりするかは明言しませんでした。

また、市は「今回の完成期限の見直しは、法令に抵触するものではなく、公募後に生じた熊本地震及び議会における審議を踏まえて見直したもので、合理的な理由があり、かつ変更事由以外の工程については当初の提案を踏襲しているため、本市の裁量権の範囲内の行為と認識している」とし、以前と180度認識を変更させました。


しかも、入場者予測・収支見込みについて、名古屋市は「今議会で補正予算を認めて頂いてから、第三者機関に依頼して正しいか判断していただく予定。2-3000万円ほどかかる見込み」 とのこと。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161130.pdf

2016年4月に発生した熊本地震後に作成した6月議会の資料を簡単にひっくり返してしまっています。
なぜこのような認識になったのか、全く理解ができません。
しかも、タウンミーティングを2015年12月-2016年1月に全16区で、報告会を2016年5月に5会場で行っていますが、2022年と変更してからは市民に対して1回も直接の説明会を行っていません。
費用が505億円以上かかる、ということも直接説明していません。

それに対し、一級建築士らが「名古屋城を『戦後復興市民のシンボルに』」の賛同者を募集しています。
http://bit.ly/2gQqZyK 木造6階建ては違法建築、木造天守閣は「文化財」にならない、コンクリート40年寿命説はウソ、など専門家の立場から述べ、現在の鉄筋天守閣を29億円かけて耐震補強し、文化財として登録しようと呼びかけています。

今後、12月2日(金)午前10時30分〜、12月5日(月)午前10時30分〜、名古屋市議会経済水道委員会で議論された後、12月6日(火)午前10時30分〜 同委員会でなんらかの採決がなされる予定です。ネット中継あり。 http://www.gikai-tv.jp/dvl-nagoya/

このままでは、市議会は不十分な資料と不十分な議論のまま、16/12/6(火)の名古屋市議会経済水道委員会を迎えることになってしまいます。
名古屋城の将来を決めるのに拙速はだめです。今後数百年の名古屋城のあるべき姿を市民がもっと議論すべきではないでしょうか。
また、市議に対して、具体的にどう思っているのか直接意見を言ってはどうでしょうか。
http://www.ombnagoya.gr.jp/nagoyashigi.html
-------- 参考 一級建築士らが作る「名古屋城を『戦後復興市民のシンボルに』」より引用 http://bit.ly/2gQqZyK


16/11/30 名古屋城天守閣木造化 2022年7月だと竹中工務店「建設費が上昇することも考えられる」と認める

16/11/30に名古屋市議会経済水道委員会が開かれ、2020年7月から2022年7月までに 名古屋城天守閣木造化期限を延ばす方針を名古屋市が優先交渉権者の竹中工務店に 伝えたところ、竹中工務店から「工数の見直しに伴い、仮設工事や解体工事の着手時期が遅れるため、 東京オリンピックによる建設需要の高まりの影響を受け、建設費が上昇することも考えられる」 と指摘を受けたと名古屋市は発表しました。
具体的な建設費の上昇額は、市況に左右されるため分からないとのこと。
2022年7月までの新工程案(概要)は提出されました。
また、名古屋市は、「完成期限の見直しは法令に抵触するものではなく、熊本地震及び 議会における審議を踏まえて見直した」と強弁しました。
・配布資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161130.pdf
・議事メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161130-1.pdf

  河村たかし名古屋市長は、9月定例会で「2022年までに延ばし、事業費の減額についても検討する」と 明言していましたが、逆に事業費が増額になる可能性が高まりました。
費用がいくら上昇するのか分からなければ、収支見込みも立てようがありません。

しかも、入場者予測・収支見込みについて、名古屋市は「今議会で補正予算を認めて 頂いてから、第三者機関に依頼して正しいか判断していただく予定。2-3000万円ほどかかる見込み」 とのこと。
今回の補正予算約10億円を議会が認めた場合、総額505億円超を事実上認めることになります。
予測検証については、順序がまったく正反対です。

今後、12/2(金)午前10時半、12/5(月)午前10時半から、名古屋市議会経済水道委員会で
審議がなされます。ネット中継あり
http://www.gikai-tv.jp/dvl-nagoya/
 

16/11/7名古屋市 竹中工務店と名古屋城天守閣木造化工程案まとまらず

16/11/7に名古屋市議会経済水道委員会が開催されました。
しかしながら、名古屋市は「9月定例会で議会からご指摘がございました、竹中工務店と名古屋城天守閣木造化の工程案について調整するとのことでしたが、本日までに協議がまとまらず、資料が提出できない」としました。

配付資料なし。
議論メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161107.pdf

名古屋市は相変わらずヌエ的な答弁を繰り返しました。
都合の時だけプロポーザルを持ち出し、都合の悪いところはプロポーザルの条件を無視します。
・当初2020年7月までだったが、2022年7月までに見直しした。しかしながら中身が変わるものではない。
・2022年までに期間が延びても、積算を再度やり直させるのはプロポーザルの条件になっていないため、竹中工務店に要請するのは難しい
 
田辺雄一(公明・千種区)議員も指摘しているように、2022年問題だけでなく、事業計画505億の内訳、入場料収入で償還できるのかなどの問題については、名古屋市は「設計を進める中で同時並行的に示したい」とし、補正予算を通してから説明する、という態度を崩していません。

いったい、誰のための何のための名古屋城天守閣木造化なのでしょうか。

16/10/25 「名古屋城天守閣木造化 専決処分は違法」名古屋市長へ直接申し入れ

名古屋市民オンブズマンは、現状のまま名古屋城天守閣木造化について専決処分を市長がした場合違法だとして河村たかし名古屋市長へ直接申し入れ書を手渡しました。

・申し入れ書  
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161025.pdf

河村市長は「専決処分は望んでするものではない。議会が議決しないと。天守閣の耐震状況が非常に危ない。入城制限もやりたいものではない。市の収入が減る。」と述べました。
名古屋市民オンブズマンの代表である新海聡弁護士は「名古屋城天守閣木造化に絶対反対というスタンスではない。しかしこれは贅沢品を買うという話だ。大衆車に乗っている家庭があり、調子が悪いため、お父さんがスポーツカーに買い換えたい、と言い出してちょっとまて、と家族が言うことに似ている。2020年、2022年というタイミングが出ているが、人件費が非常に高くなる」と述べました。

市長は「木工事だから関係ない」と述べました。
新海代表は「職人の手仕事のことをどう考えるのか。2020年、2022年とおしりを区切った議論は違和感を感じる。延ばした場合、いくらかかるのか市民に資料が公開されていない」と述べました。
市長は「ちゃんと資料がある」と述べました。

新海代表は「お父さんが内緒でスポーツカーを買ったら離婚原因となる。財源をどう償還していくのか、わかりにくい。議会とやり取りする中でわかればよい。何百年の計だ。ドイツでみんなの反対を押し切って城を作って国家財政を破綻させたルートヴィッヒ2世とならないようにしてほしい」と述べました。

また、新海代表は「議会が議論している最中なのに、専決処分するのはおかしい。今、市長が専決しないと決めれば、ここにいるマスコミみんな喜ぶ」としました。
市長は「何にもしないと市民に損害が及ぶ。ほったらかしにすれば税が余計にかかる。人命上とんでもなく危ない。コンクリートで直すのなら、僕の回りにはそんな人はおりませんが、早くしなければならない。木造化についてはコンペをやっていて、竹中が優先交渉権者になった。延びると経費が余計かかって、市民の負担になる。」と述べました。

新海代表は「延びて経費が余計にかかるというデータを公表してもらいたい。また、観光客が減る、耐震性の議論と、木造化の議論は全く関係ない。危険性は緊急性の問題。例えば何年かこの時代は耐震性の問題で名古屋には天守閣がない時代があり、その後議論して天守閣を作った、ということが100年もしたら言える」としました。

河村市長は「材木の業者は『早くしないと木がなくなる。今がいいチャンスなるべく少ないコストで未来に残せる』と言っている。わしは商売人だから、例えば街の錦三のママさんが、売り上げが半分になって大変だ。名古屋の経済を盛り上げないといけない。公務員を盛り上げててもしょうがない。経済が厳しいからなんとかしてほしいと言っている。名古屋城天守の木造化は世界からものすごい人が来る。図面があるから」と述べました。
新海代表は「経済の問題はいろんな考えがあり、オリンピック後の不況対策をどうするか、という点もある。大阪は万博を、と言っている。あれが賛成か反対かはともかく。オリンピックまでは東京集中。その後どうするか。材木を売りたい人はそう言っているかもしれないが」
河村市長は「現実にはほかのお城もある。江戸城もやりたいが宮内庁がいるから止まっているだけ。駿河、小田原、甲府。決まったわけではないが。名古屋城が木造になった価値は何億兆倍になるか。コンクリート 遺失利益を出していいけれども」

新海代表は「愛着はその通りだが、返済の負担。スポーツカーを買ったお父さんは満足かもしれないが」
河村市長「何を言っているの。」
新海代表「子ども達がスポーツカーの借金返済に追われることになる。その試算は公表しているのか」
河村市長「公表している。名古屋城は最大で505億。豊洲は6000億かかった」
新海代表「豊洲のことを言えば何とでもなる、というわけではない。」
河村市長「姫路は1,000円。 300万人は来る。名古屋城で1000円にすれば年間30億円」

新海代表「2020年見積もりで議論しているが、完成の時期をずらして試算をシミュレートされてはどうか」
河村市長「私が勝手に完成時期をずらすとか、専決について、言っているわけではない。しょうがないですよ、議会で過半数ないから。妥協に妥協を重ねて一歩下がって二歩下がって。否決するという時点もあるから。可決するよう努力すべきでしょう。このままだと市民に負担がかかる。実際に金がかかっていく。」

新海代表「どの程度議会に要求するのか、まだまだおしりがあるから。おしりを設定しなくて、コンセンサスが得られるように。
河村市長「一定の期限を持っていないと。コンクリートの修繕になってしまうよ。その場合名古屋の経済がどれほど失望されるか。世界の大恥。図面があるから。昭和7年 図面を書いてくれた人が泣くと思うよ。こんなチャンスをどうしてくれた。中小企業、零細企業ががっかりする」
新海代表「そこの部分は市長の持論だから市民に受け入れられるのか分からない。私たちが言いたいところは専決は法的に無理だろう。
河村市長「権限がありますよ。」
新海代表「権限はあるが、権限を行使した場合、要件に当たらない。現時点では専決をされることは違法」
河村市長「違法ではない。放置するほうが損害が大きい。専決するかどうか別」
新海代表「十分な議論が足りない。」
河村市長「議会が議決しないから、議会に言ってほしい。議決してほしい。市民の負担が増えるんだと言っている。こんな危ない建物。」

新海代表「危ない建物と新しい建物を作るのは別。法定で尋問することがないように慎重にやってほしい」
河村市長「慎重に丁寧にやっているが、議会が議決しないとどうするか。そのまま放置すると市民に損害を与える」
新海代表「様々なケースを考えて。それでお考え頂きたい。
河村市長「納税者の利益を最大にしたい。私に私利私欲はありません。」

----------
新海代表のインタビュー

「河村さんに対して一番今回言いたいことは専決処分を断念してほしい、十分な議論をしてほしい。それについては明確な回答がなかった。もう少し決断ができていないかな。アドバルーンを上げている印象。
 いずれにしても専決処分については断固すべきでないと強く申し入れた。
 印象的なのは、議会のせいにしている。ものすごく。議会にすり替えているのは残念。もう少し議論をきちんとし、正面から答えてほしかった。
 もし専決処分を議会が熟議期間中、働きかけをして妥協とある種の対決、議会制民主主義の基本だと思っていたが、過半数ない、と言ったのはびっくり。
 多数決とはなんなのか。数の多数決しか頭にないのか驚き。共通の認識が民主主義について持てるのか疑問。法的には権限の濫用になると申し上げた。

 気になったのは今の天守閣の危険性が、当然木造化とセットに考えている。理解しにくい。理屈になっていない。そのほか一般商工業者が喜ぶ、景気がよくなる、遅れれば費用がかかる、というのはだだをこねているとしか思えない。スポーツカーの例を出したが、まさにその通り。15分も話をした割には身のある話ができなかったのは残念。
 危険であるのならデータを出して専門家の判断で。製造物責任、工作物責任が問われると強調するなら、データを出して入城の差し止めをすべき。
 何年か天守閣がない時代があってもいい。そのチョイスが彼の中にない。常にセットで考えるのは、木造天守閣の作りたいがためと思えてしょうがない。論理的な説明がなされていない印象をうけた。
 木造天守閣は、我々とみて贅沢品を税金で作ると見ざるを得ない。生活必需品とは訳が違う。できた当初はみんなうれしい、そこを強調するが、どう償還するか、それによってしわ寄せがどうなるのか。名古屋市財政がどうなっていくか。慎重な議論をすべき。
 
 この情勢の中で類のないものを作るわけだから、見積もりの何倍にもなることも経験している。不安に対する回答も準備しているのか。
 安いと言われたが、高くなるリスクについての言及がなかった。発想があるか危うい。お会いして木造天守閣の新築が市長の頭の中で一人歩きしている。
 おしりを区切った議論をして果たして名古屋市が持ちこたえられるのか。十分な議論が必要だと申し上げた。市長が行動をとられるか注目していきたい。

   にもかかわらず、熟議をしないままの専決処分になったら、住民監査請求、住民訴訟を行う。その時点で議会の承認を得ればよいと市長が思っているかもしれないが、だったら最初から承認を得るべき。市長の議論の乱暴さがどこまで議会を説得できるか。」



16/10/24 名古屋市 名古屋城天守閣入場制限は「総合的に検討」繰り返す

16/10/24に開催された名古屋市議会経済水道委員会で、名古屋城天守閣の地震に対する安全対策の検討について議論されました。
・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161024.pdf
・議事要旨(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161024-1.pdf
 
市長が記者会見で何度も強調した「Is値0.14」は第3次診断であり、第2次診断のIs値0.28と総合的に判断すべきものだと有識者が発言していたことがわかりました。
また、鉄骨ブレース等の補強により、Is値を大きくすることも考えられるが、名古屋市当局は鉄骨ブレース等の補強について全く知識がなく、今後も様々な有識者に意見を聞いて早急に取り組みたいとしています。
ソフト面の対策をとろうにも、現在名古屋城の各階に何人来城者がいるのかというデータすら持っていないことも分かりました。

Is値0.14は、近年発覚したわけではなく、1996年度調査ですでに分かっています。
さらに、2010年度にも再度調査して数値が出ているにもかかわらず抜本的対策をとらず現在に至っていますが、突然今年6月になって市長が「危ない」と言い出しました。

結局、市長が素人考えで発言したことが分かります。
市長の「名古屋城は危ない、地震が来たらつぶれる」は日本だけでなく、名古屋城に多く来城している中国をはじめ全世界に発信されています。
今後市長がどう対応していくのか注目したいです。


16/10/18 「名古屋城天守閣木造化 専決処分は違法」名古屋市長へ申し入れへ

名古屋市民オンブズマンは16/10/18に会議を開き、河村たかし名古屋市長が現状のまま名古屋城天守閣木造化へ専決処分するのは違法だとして、専決処分をしないよう求める申し入れを行うことを決めました。
10/25(火)を予定しています。
また、市長が専決処分した場合、直ちに住民監査請求を行うことも決めました。

今回の件では専決処分が認められる地方自治法179条のいずれにも当てはまりません。
仮にこれを許すと、歯止めがきかなくなり市長の独裁を許してしまうことになります。

専決処分が自己目的化してしまっています。
市長は市民を巻き込んだ、議会との対話を望みます。

【参考】
 ・2013年3月22日 千葉県白井市 補助金返還住民訴訟 
  約2362万市長に賠償命令 東京地裁
  
http://www.city.shiroi.chiba.jp/kurashi/norimono/n05/1422236862402.html
 ・2013年8月29日 千葉県白井市 補助金返還住民訴訟 
  約2362万市長に賠償命令 東京高裁
  http://www.city.shiroi.chiba.jp/kurashi/norimono/n05/1422237023722.html
 ・2015年1月15日 最高裁上告棄却 東京高裁判決確定
  http://www.city.shiroi.chiba.jp/kurashi/norimono/n05/1423204152544.html


16/10/11 名古屋城天守閣木造化補正予算 継続審議に 委員会が判断


16/10/11に開催された名古屋市議会経済水道委員会において、名古屋城天守閣木造化補正予算が継続審査となりました。

・配付資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161011.pdf
・追加配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161011-1.pdf
・要旨(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161011-2.pdf

名古屋市は、2020年7月末までとした名古屋城天守閣木造化の期限を2022年7月までにしてよいとする法的根拠をまともに答えることができませんでした。
また、2年延期しても費用が同じ505億円とする根拠、ならびにさらに延ばせば100億円単位で安くできる可能性についても説明しませんでした。

にもかかわらず、市議会経済水道委員会では継続審議としました。大変理解に苦しみます。

さらに理解不能なのは、16/10/11中日新聞によれば、河村たかし名古屋市長は専決処分する方針を検討しているとのこと。

今回の件では専決処分は地方自治法179条のどれにも当てはまりません。弁護士と相談して対応を早急に考えます。

-----
横浜法学第23巻第2号(2014年12月)
板垣勝彦 論説 専決処分の許容性について
 -特に「議会において議決すべき事件を議決しないとき」要件に着目して
http://kamome.lib.ynu.ac.jp/dspace/bitstream/10131/8894/1/23-2-2.pdf


16/10/7 名古屋城天守閣木造化 市議会委員会は結論出さず10/11(火)に再度審議


16/10/7に開催された名古屋市議会経済水道委員会で、河村たかし名古屋市長が2020年から2022年に名古屋城天守閣木造化完成時期の目標変更を明言した件について議論し、議員からの要求があった各種資料について、確認するため時間がほしいと市当局が訴え、10/11(火)午前10時から続きを議論することになりました。
名古屋城関係の議論が始まった13:12から暫時休憩を繰り返し、終わったのは22:03でした。

・概要(名古屋市民オンブズマン作成)
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161007-1.pdf
 
要求があった資料は以下です。
・「2022年まで」と変更して市が竹中工務店と随意契約を結んでも法的に問題がないとした理屈ならびに判例
・6月定例会資料「基本設計契約の締結前に完成時期の遅れが確実になった場合、時期を変更し随意契約することは、法令に反する可能性がある」と、今回の延期の考え方の違い
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160624.pdf
・前局長が必須条件とした「2020年に間に合わないと明らかになった場合、白紙に戻す」と、今回必須項目を変えても白紙に戻さない理由
・2022年までとした場合のスケジュール

10/11(火)午前10時からの名古屋市議会経済水道委員会はネット中継があります。
http://www.gikai-tv.jp/dvl-nagoya/

名古屋市民2万人アンケートでは、2020年までの完成を求めた市民は回答者のうちの21.5%にしか過ぎず、河村市長は6月議会で「市民の意見に耳を傾ける」としました。
しかしながら、突然2022年までという話が出て、どうして変わったのか、市民には全く説明がありません。市民には意見も聞かれていません。
また、これまで問題となっていた、事業全体の収支の問題、観光その他債を40年かけて償還することの是非、赤字になった場合の税金の投入の是非、入場料市外1000円の是非などについては、「本件補正予算が成立した後に第三者機関で議論する」と名古屋市は言っています。

市議会委員会ではあまり疑問視されていませんが、そもそも「木造6階建ての展望台を新たに作る」は建築基準法違反です。「仮設」として、エレベーター、2本の避難階段、排煙機、防火壁による避難経路確保などハイブリッド技術をつけくわえて、「仮設」を常態のままとし、不特定多数の観光客を入れる計画なので、国宝名古屋城にはなりません。

このような問題を抱えたまま、2022年で強行突破しようとする名古屋市の姿勢に対して、10/8(土)-10(月・祝)に、名古屋市議ならびに市長に対し、直接質問したり市民の意見を伝えてはどうでしょうか。

・河村たかし ホームページ
 http://takashi-kawamura.com/
・名古屋市議 連絡先一覧
 http://www.ombnagoya.gr.jp/nagoyashigi.html
・参考 名古屋市議会経済水道委員会委員名
 http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/333-6-0-0-0-0-0-0-0-0.html


16/10/6 河村たかし名古屋市長 「名古屋城天守閣木造化を2022年までに」と突然方針転換表明


16/10/6に開催された名古屋市議会経済水道委員会において、河村たかし名古屋市長は、名古屋城天守閣木造化を2020年7月までに完成を目指してきたが、2022年7月までに変更すると突然方針転換を表明しました。

理由としては、入場者数について第三者機関による審議を行うこと、熊本地震を踏まえた石垣の耐震性について調査するため、2年間延長すると行政として判断したとのこと。

午前10時から始まった委員会は、長い休憩時間を挟んで午後7時に市長を呼んで意見を聞き、午後8時20分頃終了しました。

市議からは、「2020年7月が必須条件とプロポーザル公告したのに、勝手に行政が変更して、応募をあきらめた業者からの訴訟リスクはないのか」「前局長は、『2020年を変更した場合は公募を白紙に戻してやり直す』と言っていたが、あまりにも言葉が軽すぎないか」「期限を延ばしたのにどうして突貫工事をする必要があるのか」「6月議会で2026.27年と言っていたのに、『2022年』では『譲歩』ではなく後退ではないか」「優先交渉権者に選ばれた竹中工務店に、『2022年でできますか』と聞いていないのでは話にならないのではないか」「市長個人への責任追及を警戒しているだけではないか」といった意見が出ました。

16/10/7(金)午前11時から、経済水道委員会にて意思決定を行った後、続きの議論を行うとのこと。 ネット中継あり。
http://www.gikai-tv.jp/dvl-nagoya/

・配付資料 観光文化交流局関係
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161006.pdf
・配付資料 市民経済局関係
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161006-1.pdf
・議論要旨(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/161006-2.pdf


16/9/27 名古屋城天守閣木造化 16/9/27に市議会委員会は結論出さず


16/9/27に名古屋市議会経済水道委員会が開催されましたが、補正予算を認めるとも認めないとも議決せず、10/6(木)に審議することを決めました。
・配付資料
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160927-1.pdf
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160927-2.pdf
           ・議事要旨(名古屋市民オンブズマン作成)  http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160927-3.pdf
   
河村市長は、「優先交渉権者は契約と同じ解釈」と発言していますが、市当局は「同じという解釈ではない」としています。
市は、竹中工務店に対し、16/7/8に「2020年7月までに工事ができるようなら工程表を出してほしい」と書面で依頼しましたが、竹中工務店は16/7/14に「貴市との事業は遵守させていただきます。工程表は設計業務締結後に提出する」と回答してきました。
市は今週中に提出してもらうようお願いしているとのこと。

いつまでこのような議論を続けるつもりなのか、10/6に方向性が出るのか、もしくはまた継続審議なのか。
名古屋城木造化に対してこのような混乱が続き、市民の木造化に対する議論の熱意が極めて低調になっています。

本来は、2020年7月までの計画をいったん白紙に戻した上で、2026.27年までの目標にした場合の実現性、工程表、工事内容、ならびにアジア競技大会・リニアと同時並行的に工事が可能なのか、費用の高騰を招くおそれがないのか、名古屋市の財政は耐えられるのか、入場者数の見込みは、現在の天守閣の耐震性ならびに入場制限の可否など、議論することが山ほどあります。

残念ながら、名古屋市と竹中工務店とのやり取りの書面を情報公開請求しましたが、10/28まで延長になっています。
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160926.pdf

市民不在、市民へ十分な情報を与えないまま今後の方針を決めることを危惧します。


16/9/8 名古屋城天守閣木造化 名古屋市はいまだに「竹中とのプロポーザルを法的整理中」


名古屋城天守閣木造化について、16/9/8に開催された名古屋市議会経済水道委員会で、名古屋市は「2016年6月議会終了後、竹中工務店を優先交渉権者としての位置づけの法的な課題の整理を行っており、今日の時点ではお話しできない」ということを繰り返しました。

田辺議員(公明)は「市長発言で、今の案を撤回されると思い込んでいたが違った。
 1)撤回するというオプション 2)2020竹中で行く 3)2020ではなく竹中で行く 4)その他 などいろんなオプションがあると思うが、何があるのか」と聞いても、 「法的整理中で答えられない」と言うのみ。

名古屋市はいつになったら結論を出すのか大変疑問です。
プロポーザルに基づく仮契約以外に、公にされていない何らかの「密約」があるために結論が出ないとしたら大問題です。

また、プロポーザル実施広告によれば、「議会の議決が条件 工期の遅れが確実になった場合には、契約の締結をしないことがある」とあります。
議会が予算を否決する、ということもオプションとしてはあり得るのではないでしょうか。
それをしないのであれば、名古屋市の対応の不自然さをもっと追及すべきではないかと思います。

-------
・名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)による公募型プロポーザル実施公告
 
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/index.html
(7) 予算の成立等
 ア 設計業務
 本公告に示した設計業務の契約は、本設計業務に係る予算の成立を条件とする。
 イ 工事施工業務
 本公告に示した工事施工業務の契約は、本工事施工業務に係る予算の成立及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和39年名古屋市条例第43号)第 2条の規定に基づく、名古屋市議会における議会の議決を条件とする。当該議決を経るまでは仮契約とし 、議決があったときは、その日をもって当該工事の請負契約が成立した旨について仮契約を締結した者(特別共同企業体の場合はその代表構成員)に対し通知する。
(8) 手続の中止等
ア 設計業務、工事施工業務それぞれの契約締結をする段階において、工期の遅れが確実になった場合には、契約の締結をしないことがある。

--------
2015/12/10 朝日新聞
木造復元「全責任を負う」 名古屋城 河村市長、業者説明会で
 2020年東京五輪までの完成を目指す河村たかし市長自身が登壇し、「五輪までには絶対完成させてほしい。全責任は市長が負う」と呼びかけた。
 河村市長は説明会の冒頭、「五輪までに造り、最低400年、家事や戦争が起きないようにというシンボルとして大事にしたい」とあいさつ。事業の滞りを心配し、「市役所が固いことを言ったらすぐ(私に)言って。解釈は広くする。五輪のタイミングはどえらい重要」と強調した。
 また、市長の任期は五輪前の17年4月下旬までで、自身の任期との関係は明らかにしなかったが、市役所の担当者が3年で異動することを引き合いに、「全責任は市長が負う。ぼくらみたいなちゃんと責任をとれる人間がやっていかな、いかん」と述べた。
 
2016/6/24 市民オンブズマン事務局日誌
「名古屋市特別秘書が名古屋城木造化の件で応募前にゼネコンを2回訪問」市が認める
http://ombuds.exblog.jp/23246388/
 また、田辺市議は、「名古屋市関係者は『仮に2020年7月に間に合わなくても、大丈夫だ』とゼネコンに担保したことはあるのか』と質問したところ、「私どもではありえない」としましたが、田辺市議は「あなた方ではない人でそういうことをした場合、違法か合法か」と聞き、市は「プロポーザルの条件について、専門家の見解がまだ出ていない。専門家の見解があればまだしも、なければ問題だ」としました。


16/6/28 名古屋市議会委員会 2020年名古屋城天守閣木造化を「継続審査」に


16/6/28名古屋市議会経済水道委員会は平成28年度6月補正予算案に関する意思決定を行い、木下市議から「名古屋城天守閣木造化について、市長から2026.27年を目標に決断するのにもう少し時間がかかるという話が会った。入場者数・収支の見込みについては、当局から第三者委員に調査を依頼すると発言があり、また国際展示場も慎重に議論の必要があるため、閉会中も議論をするよう求める」動議がなされ、全会一致で可決されました。 閉会中に議論されることになります。

・配布資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160628.pdf

名古屋城天守閣木造化については、そもそも2020年に間に合わせようという市長の提案は論外でした。ようやく議論のスタートラインに立ったと思います。「本物の城とは何か」「エレベーターの有無」だけでなく、木造5階建ての巨大建築物が建築基準法に適合するのか、文化庁・建築審査会の審査はどうなるのか、入場者数・収支見込みは客観性を保てるのか、現在のコンクリート天守閣を戦後復興のシンボルとして高く評価してはどうか、耐震・長寿命化のよりよい方策はないのかなど、さまざまな論点があります。
名古屋市民の中にはまだまだ議論が熟成していません。資料を公開し、きちんと議論をすべきだと考えます。


16/6/27 河村市長「2026.27年までに名古屋城木造化も大きな起爆剤 決断するのにもう少し時間がほしい」


16/6/27名古屋市議会経済水道委員会で、中川市議が「2万人アンケートの結果、6割が木造復元やったらどうかという結果がでたものの、『2020年7月までに完成』には理解を示さなかった市民が7割を超えた。それに謙虚に耳を傾けるなら、木造は了だが急ぎすぎないということではないか。また、収支見込み、入場者、耐震、財源フレームや、全体計画、二の丸、体育館など様々な課題がある。できれば2020年にとらわれるのではなく、アジア大会が予定されている2026年、リニア開業予定の27年をゴールに定めて市民・日本・世界に誇れるものを作っていくためにリスタートの準備をしてはどうか」という質問に対し、河村たかし名古屋市長は、「天守閣耐震性能や名古屋の経済発展のため1日も早く木造化したいのは山々だが、市民の意見に耳を傾ける必要がある。議会より提案があった、木造天守閣完成時期を2026アジア大会・2027アジア大会にすると大きな起爆剤になると考えられる。今後議会と手を携えていきたい。ただ、現時点ではプロポーザルの法的位置づけについて若干意見があるため、決断するのにもう少し時間をほしい」と述べました。

16/6/27配布資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160627.pdf
名古屋市民オンブズマン作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160627-1.pdf

また、斉藤市議は「16/6/26中日新聞には、優先交渉権者を選定した有識者である三浦正幸・広島大大学院教授が『木造復元は大賛成だが、無理をして急いでおかしな城にするよりも、慎重を期し、誰にでも誇れる城として復元したほうがいい』と述べている」とし、現在の竹中案がコンクリートケーソンを利用していることを批判しました。

丹羽市議は「特別秘書が、提案書を出すことは難しいとした企業に締め切り前に『ぜひ提案書を出してほしい』と訪問することは非常に不適切な行動。関係委員会で審議されるべき」としました。
田辺市議は「特別秘書の行動について処分は考えていないのか」と聞いたところ、「市長に報告し、契約管理監に相談し、市長室に報告した。特別秘書と企業の報告が合致しているので処分は考えていない」と述べました。

6月28日(火曜日) 午前10時30分から 経済水道委員会の総括質疑に引き続き意思決定を行います。
ネット中継あり
http://www.gikai-tv.jp/dvl-nagoya/

16/6/24 「名古屋市特別秘書が名古屋城木造化の件で応募前にゼネコンを2回訪問」市が認める


16/6/24名古屋市議会経済水道委員会において、丹羽市議が「市の関係者でゼネコンが正式に応募する前にゼネコンで会った人がいると聞くが、誰が何を話したのか」という質問に対し、名古屋市は「1社に対し、名古屋市の特別秘書が2回訪問した。昨日確認したところ、2/16ともう1日は不明。内容は、提案書が出せるかどうか」と認めました。
丹羽市議は、「かつてトワイライトの選定で同様のことがあり100条委員会が開かれたが、最終的にうやむやになったということがある。今回の特別秘書の行為は適切か不適切か」という問いに対し、総務課長は「公募への参加を促したのは、ただちに不適切とは言えないが、あらぬ疑いを生じさせる」としました。

・配布資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160624.pdf
・名古屋市民オンブズマン 作成メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160624-1.pdf
 
また、田辺市議は、「名古屋市関係者は『仮に2020年7月に間に合わなくても、大丈夫だ』とゼネコンに担保したことはあるのか』と質問したところ、「私どもではありえない」としましたが、田辺市議は「あなた方ではない人でそういうことをした場合、違法か合法か」と聞き、市は「プロポーザルの条件について、専門家の見解がまだ出ていない。専門家の見解があればまだしも、なければ問題だ」としました。

また、中川市議は「ゴールとして2020年ではなく、2027年と言う考え方はあるのか」という質問に対し、局長は「市長も、次のビックチャンスは2027年リニア開業と言っているので私としてはありだが、局としては現在予算を提案しているためよしとしない」としました。

次回は6/27(月)10:30- 経済水道委員会の質疑が行われます。ネット中継あり
http://www.gikai-tv.jp/dvl-nagoya/

16/6/23 名古屋市 「名古屋城来場者 年間360万人は人口減少を考慮せず」


16/6/23名古屋市議会経済水道委員会において、6/22に複数市議から350億円で名古屋城天守閣木造化ができるが8年かかるとした清水建設を参考人招致したい旨あった件は、正副委員長の協議で見合わせると発表しました。

その中で、市は事前に清水建設に対し、「参考人で来る予定があるか」と問い合わせていたことが発覚しました。
田辺市議は「委員会としての表明がある前にそんなことを聞くと、行政の圧力と感じ、業者は委縮する。大変遺憾だし、議員の自由な発言がなくなる」としました。

・配布資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160623.pdf
・竹中工務店見積書
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160623-1.pdf
・メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160623-2.pdf

また、議会に補正予算を否決されたらどうするかという質問に対し、「ご理解を得られなかったとして、市長と相談の上方針を決める」とのこと。継続審議になった場合は、「竹中に、期間が3か月延びて、2020年7月の前提で工事ができるかどうか、また法的に問題がないか弁護士と確認しながら進める」とのこと。
藤沢議員からは、タイム的ではなく、議会から疑問が出たということも竹中に伝える必要がないのではないかと言う意見が出ました。

なお、中川議員は、2062年には名古屋市の人口が184万人程度と約8割になる見込みがあるにもかかわらず、どうして50年間360万人来場者があると見込んだのかと聞いたところ、「他城閣を参考にしたので人口は参考にしていない」と答弁がありました。
市は、「予測は第三者委員の検証を受けていないが、2−3か月かかる」とし、中川議員は見込みの相当のかい離がある場合どうなるかという質問に対して、「税金を投入しないと言うフレームは変えない中で、その時考える」とのこと。

次回経済水道委員会は6/24(金)午前10時半から開催します。
ネット中継あり
http://www.gikai-tv.jp/dvl-nagoya/


16/6/22 名古屋市「現時点では2020年までに名古屋城天守閣木造化を目指すのは今まで通り」と発言


16/6/22名古屋市議会経済水道委員会において、6/21の名古屋城天守閣木造化に関する河村たかし名古屋市長の発言「完成時期は耳を傾けて考える」についてどのような意味か藤沢市議から問われ、市は「確かに市長はそう発言したが、今後どうしていくのか慎重に考えていくという趣旨。現段階では市としては2020年7月までの完成を目指して臨んでいき、補正予算を取り下げてはいない」と答弁しました。中川市議は「それでは何も変わらないではないか」と追及しました。
・配布資料
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160622.pdf
・メモ(名古屋市民オンブズマン作成)
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160622-1.pdf

塚本市議から「竹中案には『困難』とも書いてある。仮に2020年に間に合わなかった場合、基本設計等の10億円はどうなるのか」と質問に、「継続するか協議し、進めていくのなら活かすことができる。中止する場合、活用は難しい」と述べました。

田辺市議からは「まに合わないと明らかになった場合、全局長から「いったんリセットする」と答弁があったが、確認したい」旨発言がありました。

江上市議からは、本丸御殿の基本設計は10カ月かかったが、どうして名古屋城天守閣は4か月でできるのか、と聞かれ、「天守閣は大規模で構造的要因もある」と、より時間のかかると思われる答弁がありました。
また、本丸御殿の基本設計は6400万円余りで、どうして名古屋城天守閣は4億8000万円もかかるのか、急いでやるからではないかと指摘しました。

田辺市議からは、基本設計は安藤ハザマは3億1000万でやれるとしているのに、どうして1億7000万円も違うのか、市長が「理にかなった数字」と言ってしまったため、市は価格交渉する気がないのではないかと追及し、市は「優秀交渉権者は竹中。安藤ハザマとは交渉していない」と答弁しました。

また、田辺市議は「清水建設から辞退届とともに補完資料が16/2/26に提出されたが、だれが持っていたのか」と質問し、市は「一つの参考資料として受け取った。清水建設からは非公開と言われた。特に活用していない。局長にも報告していない。市長には報告した。資料は2部あり、所長と安井設計が持っていた。隠しておいたわけではない。」と答弁しました。
田辺市議は、「市議に存在すら知らせないというのはあまりにも失礼ではないか。」と述べ、清水建設を参考人招致してほしいという動議を出しました。

さらに、田辺市議は、名古屋城木造化のプロポーザルに手を挙げた3社に対し、名古屋市職員が直接訪問したケースがあったのかなかったのかを確認しました。

次回総括質疑は16/6/23(木)10:30からです。ネット中継あり
http://www.gikai-tv.jp/dvl-nagoya/

16/6/21 名古屋城天守閣木造化 清水建設は「先に石垣補修で350億円」試算も市は詳細を市民に知らせず


16/6/21の名古屋市議会本会議で、河村たかし名古屋市長は、これまでこだわってきた2020年7月までの名古屋城天守閣木造化について、「完成時期についてはいろいろと意見があり、耳を傾けて考える」と発言しました。

現在、6月議会に約10億円の名古屋城天守閣木造化の基本設計等費用の補正予算が上程されています。
今後の委員会での審議に注目したいです。


16/6/17 名古屋城天守閣木造化 清水建設は「先に石垣補修で350億円」試算も市は詳細を市民に知らせず

16/6/17に行われた名古屋市議会本会議において、田辺雄一議員(公明)は、清水建設が石垣を先に補修すれば約350億円で済むも、2024年ごろの完成になり河村市長が要求する2020年7月の完成に間に合わないために辞退したとする16/6/17読売新聞記事を引用し、505億円の竹中工務店案には問題があると指摘しました。

河村市長は「清水建設から市に資料は提出されたが、正式に出されなかった案だからさらっと見た」と答弁するにとどまりました。

今後、6/21(火)にも本会議で、6月22日(水)午後1時10分からと6月23日(木)午前10時30分から、6月28日(火)午前10時30分から経済水道委員会で名古屋城天守閣木造化について議論されます。
http://www.city.nagoya.jp/shikai/page/0000083581.html

ぜひ注目しましょう。
-----
・2016年06月17日 読売新聞
 名古屋城木造復元 石垣先行で150億円圧縮案
 http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20160616-OYTNT50270.html


16/6/13 河村市長 名古屋城木造化「命がけで不退転の決意で議会に臨む」も否決の際の辞職を明言せず

16/6/13に行われた、河村たかし名古屋市長定例記者会見について、記者から「6/14から6月議会で名古屋城木造化予算が審議されるが、もし予算が否決されたらどうするか」と聞かれ、「命がけで不退転の決意で議会に臨む」と何度も繰り返すも、記者から「一般的には、政治家が『不退転の決意』というのは辞職するということではないか」と聞かれると「皆さんの解釈に任せる」と述べ、辞職を明言しませんでした。
http://www.ustream.tv/recorded/88249340
また、河村市長は、「現名古屋城天守閣の耐震性能が大変悪く、市長の責任問題となる」と述べるも、記者から「今回の議会で予算案が成立しない場合は入場制限をするのか」問われると「今でも責任を問われる。木造化する竹中案だと今年の11.12月ごろにはエレベーターを壊し始め、どっちにしても入場制限をしないといけない。
先日の幹部会で防災局長、観光局長、住宅都市局長に『大至急対応を検討してほしい』と指示した」と述べるのみ。

河村市長は「片岡教授は『2020年から変更すべき理由があるの?お金がない、材木がない、すごい技術が発見された どれもないではないか』と言った」と話し、2020年までの木造天守閣に執念を見せました。

また、国際展示場について、名古屋市独自で空見に作る方針は変わらないとしました。

以下名古屋市民オンブズマン作成まとめ
-----
河村:名古屋の未来 決定的な意味を持つ議会
 東京と大阪・京都 ナンバーワンは京都
 名古屋は 問題意識が高まらない
 メルボルンCEOにデスティネーションがないのではないか
 必死になって考えないといけない
 京都に行くのにリニアで名古屋乗換
 東京都名古屋区ではいけません
 68年間毎晩考えてきた 郷土愛
 本物の木造にしてほしい
 心臓がプラスチックにしてほしい
 実際あったもの

 命がけで不退転の決意で議会に臨む
 自身で本当に危ない IS値0.14 壁が少ない
 大変危険な状況 国会図書会の資料
 5大都市 公共建築物の中でIS値最低
 京都市 IS値0.1→対策中
 市営住宅 0.3以下は50棟
 人が出ていかずにできるのはやった
 人が出ていってやるのは大至急指示 予算は心配しないでよい
 名古屋市民の安全とお客さんの命を守る
 何もしないのはあり得ない

 入場制限するとびっくりされる
 コンクリートは立派な建物
 防災会議 大変危険だと聞いている 早急に対策を
 竹中案をすすめて
 2020年にやってほしい 予算を1億近く使っている
 プロポーザルを求めた 
 ある学者 2020年から変更すべき理由があるの?
 片岡先生が言っていた
 お金がない、材木がない、すごい技術が発見された ない
 最善の方法
 延ばすのなら耐震の問題は責任をとってほしい
 地震だからいつ起きるかわからない
 命がけで不退転の決意で議会に臨む

問:今回の議会で予算案が成立しない場合は入場制限をするのか
河村:市長の責任が問われる 今でも
 竹中案 11月か12月には入場制限はある
 状況は同じ
 議会が認めないのであれば耐震性 状況は同じ
 市長としてだめ市長となると思う
 耐震補強 努力義務
 国賠法2条 瑕疵 自治体が責任を問う
 国賠法の適用があるのではないか
 やらないといけない
問:具体的に検討するのか
 市民の皆さんが納得しないといけない
 今でもやらないといけない

問:入場制限 1日に何人なのか、全くだめなのか
河村:いつ起きるかわからない
 7階は0.14 4階 0.4
 例えば4階まではいるとか、学者「人数制限はあり得ない」
 普通の感覚からすれば全部ストップ
 シミュレーションはできる 3か月くらい
 
 本丸御殿3期工事が真下
 ダメージがあるのかないのか
 何人かを入れると言うのはちょっとおかしい。
 ソフト面 
 地震は即来る

 市民の皆様に伝わらない
 今すぐにも対応しなければいけない
 「議会の議決にかかわらず」封鎖するでよいか
 びっくりするでしょ?
問:会議をせずに禁止するのか?別の会は立ち上げるのか?
河村:今ある
 そういう方で検討してもらっている
 配った?
 学者から
 今後どう進めるのか
 今すぐに禁止しないといけない
 どう進めるのか
 幹部会で防災局長、観光局長、住宅都市局長 大至急対応を検討してほしい
 不思議な心理状況
 なぜこんな0.14 驚くべき数字
 なぜ言わなかったのか
 お金のこと ためらっていたらいかん
 市営住宅 住んだままはやった
 中公設 0.10 

問:議会の議決の結果にかかわらず指示したということでよいか
河村:国からも観光庁長官には電話した
 こういうのはいいのか? 
 それをどうしようと言う法律はない
 問題点は共有している
 名古屋の方で考えて

問:辞職するのも選択肢か?
河村:ディープなこと 何とも申し上げできないが
 命がけで不退転の決意で議会に臨む

問:「不退転の決意」政治生命をかける
河村:軽々しく言う言葉ではない
 御含みを
 その通りです。

問:愛知県 大規模展示場 予算がついて計画が進んでいる
 展示場委員会 単独への設置は?
河村:変わらない
 名古屋城は精神的支柱
 産業の力を高めていく 産業界が主役
 名古屋で商売やって最も良い環境 名古屋市にとって必要
 エンジンが変わっていくと変わっていく
 県セントレア 応援していくことはしていこう
 県は思っていないようだが
 主体は産業界 国際競争がある
 3つあると日本最大 金城、空見、セントレア
 2重投資ではない
 金城 成約が250億
 ユーザーオリエンテッド
 新幹線から近いのは有利
 県のレポート 名古屋市内がよいが適地が見つからない

問:命がけで不退転の決意で議会に臨むとは、辞職すると言うことか
河村:「政治生命」あなたの解釈 皆さんの解釈
問:ほとんどそう解釈すると思うが
 私はそのような決意
 いい加減なことではできない

問:議会で否決された時のシミュレーションは?
河村:なかなか答えずらいものがある
 可決すべく不退転で
 「具体的には考えていない」

問:大村知事と東京に行ったが、知事は名古屋城についてどう思っているか?
河村:応援してちょうよとは言っている。
 応援すると思うけどね
 

16/6/7 2020年までの名古屋城天守閣木造化に向け6月補正予算で10億円計上提案 石垣補修に別途5000万

名古屋市は16/6/7に平成28年度6月補正予算を発表し、2020年7月までに名古屋城天守閣を木造で復元するために新たに特別会計を設置し、基本設計を行うために10億1100万円の予算を計上を提案しました。
それとは別に、名古屋城跡における石垣の現状把握や危険度評価等の詳細な調査を行い、石垣カルテを作成するための調査費5000万円も計上しました。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-6-2-13-4-0-0-0-0-0.html

名古屋市が2万人アンケートを行った結果、回答があった7,224人中、「2020年までに木造」は21.5%と最も低かったにもかかわらず、河村たかし名古屋市長は予算を提案してきました。
上記10億1100万円について財政局案では「未計上」だったにもかかわらず、市長査定でねじ込んできた形となります。

2020年7月までに名古屋城天守閣を木造化することについて、民意を反映していないというだけでなく、
・現鉄筋コンクリート製天守を耐震化し、長寿命化すれば40年以上は十分もつ
・想定する年間360万人来場者数の根拠はない
・木造6階建ての天守は建築基準法違反として認めない可能性あり
・木造と鉄筋コンクリート耐震改修のライフサイクルコストの比較がない
など多数の問題点があります。

6/14(火)から名古屋市議会が始まります。
「市議会があってよかった」と市民が思えるような議論を望みます。
--------
20160605  高橋和生(一級建築士)
市民2万人アンケートは無効だ。名古屋市は市民をだまして「天守木造化」への賛意を求めたのだ。
http://bit.ly/1UvKnZX

20160605  高橋和生(一級建築士)
「木造天守は、今の鉄筋コンクリート造天守より耐震性が高い。」って、どうよ。
http://bit.ly/1UvJPn0


16/6/1 名古屋城2万人アンケート 「2020年までに木造」21.5%も「6割が木造賛成」と市が強弁

16/6/1名古屋市議会経済水道委員会で名古屋城天守閣2万人アンケート報告がありました。
資料
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160601.pdf

議論に入る前、中川議員(自民)が議事進行発言をしました。
「今日の中日新聞に、『6月補正予算で石垣補修予算を付ける見込み』とある。この委員会では事前審査に当たらないようにしたいが、議会にも提案されていないことをマスコミに事前に流すとはどういうことか。当局と議会との信頼関係が失われた。委員長はどう考えているか」
大村委員長(減税)は「私も今朝知った。上記については正副委員長で預からせていただく」としましたが、中川議員は「上記報道では議会に諮る前に方針転換したようにも読める。本日の所管事務調査の意味があるのか?」と述べ、大村委員は「本日はアンケートのみ議論したい。正副委員長で預からせてほしい」と繰り返しました。
中川議員は休憩を要求し、暫時休憩することになりました。
休憩の前、江上議員(共産)は「6月補正の内容を報道機関に漏らすのは議会軽視であるので、委員会として抗議をすることを求めたい。一方、今日の議論も重要だ」としました。
藤沢議員(自民)は「広報なごやの特別版が議員の机の上に配布されているが、議会の議論などが書いてなく一方的。議会に事前チェックもされていない。普通に読めば木造天守閣をやると読める。これはゲラ刷りか?」と質問したところ、舘主幹は「現在各戸配布している。4/28委員会で概要版を基に作ると説明した。本冊子には議会の議論は書いたが、概要版には議会の議論は書いてなかった」と述べ、藤沢議員は「すぐに配布を止められるように」と述べました。
・公報なごや2016年6月特別版 名古屋城天守閣の整備
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/koho2016-6.pdf

10時40分に休憩した委員会はその後12時20分から再開しました。
議論の概要(名古屋市民オンブズマン作成)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160601-1.pdf

名古屋城天守閣2万人アンケート結果について
回答者 2万人中7,224人
・2020年までに木造21.5%
・2020年にとらわれず木造40.6%
・耐震改修26.3% 
・その他6.2%
・無回答5.4%

市当局としては「木造復元を行うと答えた市民は60%を超えた」とするも、「2020年まで竹中案に反対する市民が6割超であることに対する認識を持ち合わせていない」とし、「アンケートを踏まえて市長と相談し、6月補正予算で市の考え方を示したい」としました。
市議からは、「素直に読めば、市長の2020年までの竹中案は否定されたとみるべき」「耐震とコンクリート劣化対策は別物なのに市がきちんと説明していないのはおかしい」「市はこれまで収支計画・入場者数など甘い見積もりを出し続けてきた。外部のきちんとした意見を取り入れるべき」といった意見が出ました。


16/5/30 名古屋城木造化2万人アンケート 市長「近いところできちっと報告」と公表せず

名古屋市が16/5/20必着で集めていた名古屋城天守閣2万人アンケートについて、河村市長は16/5/30の定例会見で「中間結果については、近いところできちっと報告する。最終段階なのでもうちょっと時間を」と述べ、結果を発表しませんでした。

16/5/27に名東区役所で行われた「市民討論会 名古屋城天守閣の木造復元を考える」で、名古屋市職員は「2万人アンケートについては、土日に取りまとめ、結果を受けて市長と相談して方針を決める。市民の意見は重い」と述べました。

市議が行った独自アンケート、報道機関が行った独自アンケートでも、2020年までに木造天守閣復元をすべきとする名古屋市民は大変少ないです。
市は、「今後の対応を決めないまま結果を表に出すわけにはいかない」ために公表を渋っているという情報もあります。

6/1(水)午前10時半から、名古屋市議会経済水道委員会で「名古屋城天守閣の整備・2万人アンケートの結果等について」が議論されます(ネット中継あり)。
市議会がどのような判断をするのか、大変注目したいです。
---------
16/5/30 河村たかし名古屋市長定例記者会見
http://www.ustream.tv/recorded/87552937

名古屋市議会 委員会の開会日程(予定)
http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/324-3-0-0-0-0-0-0-0-0.html

2016年05月29日 瑞穂図書館を考えるblog
名古屋城天守閣木造復元に関する市民アンケートの結果公表せず!?
http://blog.livedoor.jp/igrs1949/archives/1057975475.html

16/5/27 名古屋城天守閣木造化 名東区で初の賛成・反対派が討論

16/5/27に名古屋市名東区役所講堂で「市民討論会 名古屋城天守閣の木造復元を考える」が開催され、はじめて推進派・慎重派が同じ壇上で話しました。参加者は40人ほどでした。
主催者が事前に名東区選出市議へ意見を集めており、小林祥子市議(公明)、さいとう愛子市議(共産)、丹羽ひろし市議(自民)、日比健太郎市議(民進)からは意見が届きましたが、浅井康正市議(減税)からは意見の提出はありませんでした。
・資料と名東区選出市議の意見
 
http://www.nagoya.ombudsman.jp/castle/160527-1.pdf
 
まずナゴヤ魅力向上担当部と名古屋城総合事務所から、木造化推進の立場を話した後、木造化慎重の立場として、元名古屋市職員(名古屋城勤務)の山口吉夫さんが話されました。
山口さんは、竹中工務店の提案はアメリカヒバを使うことになっており、「寸分たがわぬ」とはなっておらずレプリカにすぎないこと、400年前からある東南隅櫓の内部は大変暗いこと、鉄筋コンクリートで復元された現天守閣の屋根裏に寄付者の氏名が書いてあり、戦後復興の記念碑として今後も残していくべきであること、市が説明した「耐震改修してもおおむね40年」というのはまやかしであり、長寿命化をすればはるかに延命が可能であること、熊本地震で被災した熊本城の復興に全力を注ぐのが第一で、名古屋城が邪魔をしてはいけないこと、時間をかけて専門家の意見を聞いて、市民が納得してからでないと木造化はしてはいけないと述べました。

また、会場には2名の市議が参加し、さいとう愛子市議(共産)は「耐震改修したのち、急がずに検討すべき。工期が短すぎ、事業費が505億かかると言うが、来場者数の裏付けが希薄。名古屋城春の陣に言ってきたが大変多くの人が来場した。本当に試算通りに来たらすし詰め状態になる」と述べました。
丹羽ひろし市議(自民)は、「私は共産党さんと意見が同じ。市の試算は外材を使った場合270億だったのに、竹中案は505億円となり、今後追加料金を払う必要もあるかもしれない。2020年までに木造天守閣を作ろうとすると、現天守閣と本丸御殿が並んだ姿が見れない。市が金儲けをするというが、本当に儲かるのなら民間でするはず。儲からないから市がやる。高速道路、あおなみ線、地下鉄、今頃すべて黒字のはずだった。役所の計画は絵にかいたモチだ。私は木造天守閣に反対しているのではないが、今回の河村提案には反対する」と述べました。

司会・進行は木田勇輔・椙山女学院大学講師が務めました。
会場からは、「外国人を本丸御殿に連れていったら、『もうけっこう』と言われた。時代を感じない。城は外から見て面白い」「河村市長が『爆撃で破壊されたドレスデンは復興して世界遺産になった』と言っているが、2004年に世界遺産(文化遺産)に登録されたのち、2009年6月25日に世界遺産から削除されている」「ゴールデンウィークに犬山城に行ってきたが、40分待ちと言われて帰ってきた。 名古屋城に360万人も本当に来るのか?ボストン美術館に毎年33万人来ると言われていたが10数万しか来ず、閉鎖することになった。税金を使わないと言えるのか」「どうして完成をオリンピックに合わせないといけないのか。アピールはオリンピックだけではない」「行ってよかった日本の城ランキングの1位は鉄筋造りの熊本城であり、名古屋城が鉄筋だから20位以下と言うわけではない。熊本城は50億円かけ来場者が2.8倍になった。」「50年後に太い木はたぶんないため、賛成するが、オリンピックまでに間に合わせようとするのは暴論」「きちんとしたものを作ると国宝になる。熊本城の本丸御殿に行ったが小さかった」「学校で『名古屋城は鉄筋造りの偽物』と習った。今ある建物が、戦災復興のために造られたことは知らなかった。外国向けではなく、まず国民が魅力を知って誇りをもつようにならないといけないのではないか。」「行政からの名古屋城に関する説明はあるが、議会からの説明が全くないのはどういうことか。」「私たちは名古屋オリンピックをつぶした経験がある。市政は市民のもの。市長のメンツのためにやっているわけではない。河村君は大学の後輩だが、なにもわかっていない」「市民のコンセンサスが得られているのか。住民投票で決めてはどうか。」「名古屋城の保守管理の金がついていない。木造化には賛成だが、今やることに反対する」

名古屋市職員は「2万人アンケートについては、土日に取りまとめ、結果を受けて市長と相談して方針を決める。市民の意見は重い」と述べました。

丹羽市議は「自民党としては、2万人アンケートをみようと言うことになっている。賛成もおり、反対もおり、今の時期はどうかという意見もある。今後委員会で審査して方向性を出す。私は委員ではない。私は支持者にアンケートを取ったが、10%しか2020年までの木造化に賛成がなかった。おそらく2万人アンケートも賛成は少ないだろう』と述べました。

最後に、会場から「2万人アンケートの項目をこの場で手を挙げてもらっては」と言う声が上がりました。
 1)2020年までに木造 1
 2)2020年にこだわらず木造 6
 3)耐震補強 25
 4)そのほか 7

  司会の木田勇輔先生は、「市にはぜひ今日出た意見を上にあげてほしい」と述べました。
---------
木田勇輔 博士論文
現代都市政治におけるレジームの流動化 : 名古屋市政の政治社会学的研究
http://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/jspui/handle/2237/21147


16/5/15 シンポ「これでいいのか?名古屋城天守閣木造化と市民参加」に60人

名古屋市民オンブズマンは16/5/15にシンポ「これでいいのか?名古屋城天守閣木造化と市民参加」を開催し、60名の参加で大盛況でした。
・配布資料
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160515-1.pdf

まず、名古屋市民オンブズマン代表の滝田誠一弁護士は「名古屋市民オンブズマンのスタンスとしては、木造化賛成でも、反対でもなく、『進め方がこれでよいのか』という視点でのシンポを行いたい」と述べました。

名古屋市民オンブズマンの内田隆氏は、これまでの名古屋城天守閣木造化の経緯を説明し、「市民の意見を聞くはずの市が行ったタウンミーティングに16回中14回参加したところ、市長の説明がころころ変わること、市民が意見を言っても一方的に返事をされて意見を行く態度がないこと、入場者数の根拠が薄いことが分かった。
現在行われている竹中案報告会に5回中3回出席したが、タウンミーティングと基本的には問題点は変わらず、参加したい人だけが参加するものになっている。2万人アンケートに報告会チラシを入れても各会場10名程度しか参加していない。情報公開もあまりされず、無作為抽出のアンケートと言っても説明書きが誘導的で、しかも根拠が薄いものだ。単なる箱モノづくりにすぎないが、市長の独断で決めていること、『民意を聞いた』という外皮をまとっていることが特徴的」と述べました。

続いて、名古屋大学法学研究科の田村哲樹教授は「熟議民主主義の必要性」と題して講演されました。
民主主義とは、みんなのことをみんなで決めること。実はいろんな形式がある。「熟議民主主義」とは、多数決でもなく、単なる参加でもなく、話し合い中心の民主主義。「数の力」ではなく、理性/理由(reason)中心の民主主義。
熟議民主主義では、熟慮+議論、ならびに自分の考えを見直すことが重要となる。具体的には、ミニ・パブリックスと呼ばれる、無作為抽出で集められた「普通の市民」が特定のテーマについて議論することが世界中で行われ始めている。
熟議を通じて生まれる「練られた意見」が大事となる。
熟議が必要となる理由として以下3点がある。
@20世紀後半から、意見や価値の多元化が進み、「わかりあえない」。
A政党と社会の結びつきが弱体化してきた。政党リーダーが個々の有権者と直接つながる形で支持を獲得することも。「生の世論」から「練られた世論」を作り、政治の失われた社会的基盤を作りだすことが重要。
B現在は、行政が政治を行っているが、具体的なチェックポイントがない。ミニ・パブリックスなど
熟議民主主義を制度的に取り入れてはどうか。ただし、行政がその立場を変える可能性が確保されていないと、アリバイ作りの機会と言われてしまう。
続いてシンポジウムに移り、名古屋文理大学基礎教育センターの井上治子教授(社会学)は「木造化2万人アンケートが実施されているが、論争中の一方のみが提示した資料に基づいて回答させるものなので、熟議民主主義に資するものでないことは明らか。
ただ、名古屋城天守閣木造化の問題に熟議の考え方を当てはめようとした時、以下の疑問も浮かんでくる。
@名古屋で『わかりあえない』という個人化がどの程度進んでいるか。
A名古屋で政党リーダーと個人が本当に直接結びついているか。
B市民参加制度は運用こそが重要だが、この問題で実際にミニ・パブリックスを行うとしたら、誰が主催し、どういう司会が適切か」と問題提起されました。
まず@に関し、「自分たちのお城がきれいになるというそこはなとない嬉しさ、郷土愛などは軽視されるべきではないのか?」という井上教授の提起について、田村教授は「郷土愛は様々なグラデーションがある。多様な人を抽出して意見を出してもらえば分かるのでは。また、人と人との間だけでなく、個人の中でも意見のグラデーションがあり、多様な考え方が出れば意見を見直すことがある」と述べました。
名古屋市民オンブズマンの新海聡弁護士は、「離婚など家事調停の現場では、敵意むき出しの2人で合意できそうでなくても解決方法はある。ただし調停など『制度』がなければ合意はできない。重要なことほどお互い納得して合意しないといけない」と述べました。

会場からは「そもそも来場予測などはテクニカルな話で、民主主義の支配にそぐわないと思う。また、熟議民主主義は、意見を固執する人には負けてしまうのではないか。」という意見が出ました。
田村教授は「無作為抽出で集まった市民は、きちんと熟議できるとの指摘が多い。それが制度の力とも言える。もしも自己の意見への固執が多く見られた場合は、『熟議的な場にならなかった』ことを批判的に検討すればよい」と述べました。

次にAに関し、井上教授は「名古屋城天守閣木造化推進派の市民運動もある。権力者や企業が実態を隠し草の根運動を装って行うことを『人工芝運動』と呼び、名古屋市においても市長派の運動を『人工芝運動』と批判する意見があるが、その見方には違和感がある。たとえ市長にけん引されていても、市民が意見を言ったほうがましではないか。
市長がリーダーシップをとる市民運動としての集団が、名古屋市には実際にあるのではないか。
熟議民主主義を考えるなら、市長対市民の図式に捉われ過ぎず、市民同士の理解を深めるために、オンブズマンはサイレントマジョリティの心情把握にさらに努力できる余地があるのではないか。

新海弁護士は「市民オンブズマンは、もともとデモも署名もいやだが、何かモノを言いたいというところから始まった。情報公開という事実を基に役所に意見を言ったら、役人は驚いて記者会見まで開いて対応した。『意見が届いた』という実感があった。
しかし、2001年に小泉純一郎が『税金の無駄遣い』と言いだしてから、『税金の無駄遣い』と言うのが嫌いになった。事実のレベルに戻り、事実がおかしいと言い続けたい」と述べました。
田村教授は「中京大学の松谷満准教授は、石原知事・橋下市長・河村市長の支持基盤を調査したが、河村市長だけ参加主義的支持が多かった。他ポピュリスト的首長とは異なり、市民参加と結びついているのでは」と述べました。

Bに関し、井上教授は「制度があっても不十分なケースが多いことを実感している。運用が良くなければ、実質的に市民は意見が言えなくなる。田村教授の話を聞くとミニ・パブリックスを名古屋城問題についても実施したくなるので、具体的方法についてご意見を伺いたい。5年前の市議会リコールの際は、中日新聞が主催してパネルディスカッションを行い、参加する前と後で意見が変わったかを参加者に聞き、変化があったことを確かめた。」と述べました。
田村教授は「ミニ・パブリックスは、第三者が実行委員会などの形式で行うのが望ましい。そこでは少人数グループでの議論と、全体での議論が行われる。『司会』の役割が重要なので、司会能力を持つ人の育成は重要な課題だと思う。パネルディスカッションを市民が聴く方式は、それを聞いて考えを見直すことができるので、次善の策としてはあり得る。」と述べました。

会場からは「大学の先生の話は優柔不断だ。行政マンだったが苦慮の末決断した。新海弁護士は憎たらしいことを言うが、責任を持って発言しているのは立派。期間が決まっているときにどうすのか、もっと真剣に分かりやすく教えてほしい」という意見が出ました。
田村教授は「原子力発電依拠率についてミニ・パブリックスが行われた。時間がない中、議論が不十分で決定すると、納得できずにかえってうまくいかないことが多い。深刻な問題こそ時間をかけてすべき。本来、国会より地方のほうが議会と行政がチェックできる仕組みになっている。お互い熟議するように制度的に調整の仕組みを設けるべき」と述べました。

会場から「河村市長の手法は大問題。自分の主張を推し進めるためいかにも市民の意見を聞くような形を取っている。独善的なやり方だ」「若い世代にとっては、憲法改正問題こそ熟議民主主義が必要ではないか」という意見が出ました。
田村教授は「今の政府は、熟議民主主義で憲法改正問題を議論するつもりはない。市民側からの憲法改正に関する熟議民主主義の動きはない」と述べました。
新海弁護士は「ある作家は若いころ外国人の問題を友人に話したら『なんか人権のにおいがする』と言われてショックを受けた。人権が嫌い、民主主義が嫌いと、食わず嫌いの若者が増えているのではないか。個人と政治家が結びつくのは、世界でも例がある。人権感覚、民主主義という前に『勝手に決められたくない』という価値は分かるのではないか。」と述べました。
最後に、新海弁護士は「『民主主義は多数決だ』とプロの政治家が言っているのにショックを受けた。民主主義自体に不信感や無力感を感じてしまうのではないか。最近『熟議民主主義』という言葉を知り、ぜひ田村先生にお話を聞きたいと思い企画した。みなさん『民主主義の理想形』の話を聞いて元気にならないか。理想論ではあるが、理想は必要だ」と述べました。

16/5/13 河村市長「瑞穂グラウンド改修は400億かかるが、名古屋城木造化とどっちが価値がある?」

16/5/13に名古屋市緑小文化劇場で開催された「名古屋城天守閣の整備 市民向け報告会」において、河村たかし名古屋市長は「今日東京で大村知事と2026年アジア競技大会招致の記者会見をしてきた。主会場予定の瑞穂陸上競技場は改修に400億円かかるが、名古屋城木造化とどっちが値打ちあると思う?瑞穂グラウンドは400年もつか?瑞穂グランドを見るためにわざわざ世界中から客が来るか?」と述べ、建設費に474-505億円が見込まれる名古屋城天守閣木造化に理解を求めました。

2026年アジア大会の運営費は500億円程度必要とみられており、それ以外に瑞穂陸上競技場の国際仕様改修に400億円程度かかる見込みです。
費用負担の議論は今後行うとのこと。一過性のイベントに900億円かけるのが適切なのか、今後市民の議論が必要だと考えますが、自らアジア大会を招致しておきながら400億円の改修費は価値がないように話す河村市長の考えは全く理解できません。

なお、2026年アジア大会の招致を検討していた福岡県は、財源の確保が困難として見送る方針を決めました。
愛知県・名古屋市は財源確保をどう考えているのでしょうか。

140人程度参加した報告会では、会場から「本日市長から話を直接聞いたが、あまりにも甘い計画であると分かった。工期、金、名古屋のシンボルどれもだ。夢を見させていただくのはよいが、400年後の人ではなく今安心して暮らしていけるかが政治の役目。優先順位を考えてほしい。
政治家は往々にして自分の任期中に『これを作った』と足跡を残しがち。公共事業で本当に利用しているのはあるのか?維持費もかかる。有松の再開発では、にぎやかになると言われていたが、閑古鳥が鳴いており、風情のない町になってしまった。熊本の被害、福島の被害を見ると、名古屋でそのようなことがないようにしてもらいたい」という声が上がりました。

別の参加者から復元した木造天守閣の震度7に対する耐震数値を聞かれ、竹中工務店の担当者は、「名古屋市から示された耐震性の要求水準は現行法以上というものだ。中小地震では構造体に影響がなく、大地震の際は構造体が損傷するも倒壊しないというもの。Is値でいえば0.6以上。1750年代の宝暦の大改修後、名古屋城は南海トラフ地震に2回遭っている。1854安政大地震、1944東南海地震。1891濃尾地震もあった。それらを踏まえ、付随して補強する」と述べました。

また、竹中工務店の担当者は「伝統建築を行う業者と打ち合わせをしたが、高齢化が進んでいる。世代交代のいいチャンス。地元の業者と連携を重視し、メンテナンス技術を名古屋に残せるのではないか」と述べました。
----------
なお、名古屋城天守閣の整備 2万人アンケートで送られたものを入手しました。
・2万人アンケート調査票
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/anke201605.pdf
・2万人アンケート説明資料「概要版」
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/gaiyo201605.pdf
・市民向け報告会開催チラシ
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/chirasi201605.pdf
・2万人アンケート説明資料
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160511-1.pdf
・名古屋城天守閣パンフレット
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160511-2.pdf
・名古屋城天守閣PR映像(DVD)
 https://www.youtube.com/watch?v=SagesQcdMWI&feature=youtu.be 

----------
名古屋市は16/5/9に「名古屋城と熊本城の大天守の概要及び耐震診断結果の比較」を記者発表していました。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000082631.html
根拠資料がほしいと言ったら、概要版の抜粋を作って送ってきました。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/taishin.pdf
概要版は数ページとのこと。入手可能か問い合わせます。
計算式は10センチファイル3冊とのこと。

--------
・当日動画(16/5/16 17:00以降視聴可)
 https://www.youtube.com/user/maruhachitube


16/5/12 名古屋市「名古屋城天守閣木造化の収支計画と入場者数は公認会計士と相談済み」?

16/5/12に名古屋市港小文化劇場で開催された「名古屋城天守閣の整備 市民向け報告会」において、名古屋市民オンブズマンのメンバーの「収支計画と入場者数見込みについては市議会での提案通り、検討委員会を立ち上げて専門家やコンサルに見てもらったものか。検討委員会を立ち上げていなければ議会軽視ではないか」という質問に対し、「収支計画については公認会計士と相談済み」とのみ答えました。
入場者数については答えなかったため再度聞くと「入場者数についても公認会計士と相談済み」とのこと。入場者数をきちんと検討できる公認会計士なのかどうか、大変疑問です。
検討委員会は立ち上げておらず、専門家による来場者数のチェックを受けていないことを事実上認めました。
名古屋市は、入場者数見込みについてリニア開業など外的要因を考慮せず、本丸御殿公開や金シャチ横丁など内的要因のみ考慮に入れていると説明しています。
名古屋市が名古屋城天守閣木造化の返済が終了すると試算している2069年には日本の総人口が7698.4万人と予測されています。その後もどんどん日本の人口が減ると予測される中、毎年360万人の来場者数を維持できるという根拠は全くありません。
・国立社会保障・人口問題研究所
 平成24年3月30日公表資料 出生中位(死亡中位)推計
 
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/newest04/sh2401smm.html#chapt11-1

天守閣木造復元は2069年までに建設費・利子・運営管理費等を含めると915億円もかかる大事業です。
・当日配布資料 26-27ページ
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160511-1.pdf
1割入場者数が減少するだけで34億円の赤字、5割入場者数減(180万人 現状と同じ)だと425億円の赤字となる計算となります。
あおなみ線はコンサルが需要予測を試算しましたが予測の22%しか客が乗っておらず、莫大な税金を投入しています。
http://www.ombudsman.jp/taikai/2014hazure.pdf
名古屋城があおなみ線の二の舞にならないという保証は全くありません。
名古屋城木造天守閣維持のため、税金投入が400年続く可能性もあります。
(その前に取り壊されるかもしれません)

また、「外国から多くの観光客が来るというが、英語で名古屋城ボランティアをしている人に聞くと、史実に忠実に復元した本丸御殿に対する外国人の反応が薄く、150億円かけて作っていると言うと一様に驚く。実際に外国人を含めてアンケートを取ったのか」ということについても、「本丸御殿建設時にアンケートを取り、来場者が2倍になるとなったため、今回の天守閣木造化でも2倍になると想定している」と答えるのみで、アンケートを実際には取っていないことを事実上認めました。
(本丸御殿のアンケートでは2倍で220万人来ると予測しましたが、現状は170万人程度にとどまっています)

なお、入場者数は80名程度と空席が目立ちました。
2万人アンケートの対象者が10名程度と、5/11より多いのが印象的でした。
5/11報告会と異なり、パワーポイント資料は全員に配布されました。

藤沢ただまさ市議会議長は、「耐震数字が悪いのであれば、明日からでも入場禁止にしないといけない」と述べました。また、会場の空席を見て「役所が『これが名古屋市のシンボルです』と作るのではなく、やるのであれば『みんなでやろうよ』という形を取りたい。6月議会で決めたい」と述べました。

また、会場からは「小中学校は耐震補強で老朽化した校舎で学んでいるのに、どうして名古屋城は木造で立て直すのか」という声に対し、河村市長は「名古屋城は400年前の図面が残っている。世界で唯一復元できるので全く意味が違う」と述べました。

最後に、司会者から熊本地震で避難者が過酷な生活を強いられており、さらに熊本城も多くの被害にあっているため、出口で熊本城支援の募金箱を置くとアナウンスがありました。
「熊本の人を支援する募金箱はないのか」と担当者に聞くと、「城つながりで熊本城支援のみ置いてある」とのこと。
熊本の方に、被災者支援と熊本城支援、どちらを優先すべきだと考えているか聞いてみたいです。

・当日動画(16/5/13 17:00以降視聴可)
 https://www.youtube.com/user/maruhachitube

今後も、名古屋市は同様の説明会を2回開きます。ぜひご参加ください。
5/13(金)18時半-20時半 緑文化小劇場
5/15(日)14時-16時   鯱城ホール
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000082421.html
また、会場入り口では共産党市議が5/14(土)の緊急企画「名古屋城天守閣 あわてるな!木造化」のチラシを配っていました。
http://www.n-jcp.jp/2016/04/14979.html
なお、名古屋城木造化の進め方を問うシンポジウムを5/15(日)午後1時半からウィルあいちで名古屋市民オンブズマンが開催します。入場無料。
ぜひご参加ください。
 http://ombuds.exblog.jp/23096757/

16/5/11 名古屋市 木造天守閣完成後の具体的魅力向上戦略は現段階ではないと認める

16/5/11に開催された「名古屋城天守閣の整備 市民向け報告会」において、名古屋城木造天守閣完成後の具体的なプロモーション計画があるのかという会場からの質問に対し、名古屋市観光文化交流局ナゴヤ魅力向上担当部ナゴヤ魅力向上室の舘主幹は「名古屋城は行ってよかったランキングでは20位以下のランク外だが、来場者数では現在年間174万人で全国4位とのびしろがある。名古屋城の魅力を広く知っていただければ、具体的戦略はないが年間360万人は難しい数字ではない。」と述べました。

・当日配布資料
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160511.pdf
・当日配布 名古屋城天守パンフ 
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160511-2.pdf
・2万人アンケート 説明資料(報告会終了後、希望者だけに配布)
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160511-1.pdf

・当日動画(16/5/12 17:00以降視聴可)
 https://www.youtube.com/user/maruhachitube

以前開催されたタウンミーティングと異なり、今回の報告会では会場からの質問に対して市長が答えず、市役所職員や竹中工務店が回答していたのが大変良かったです。
また、藤沢ただまさ市議会議長が初めのあいさつで議会の議論を紹介し、終わりのコメントをしていたのも、市の一方的な説明にとどまらずに良かったです。
竹中工務店が作成した名古屋城木造復元後のCGは大変できがよいものでした。
当日の様子が翌日にネット動画に上がるのもよいです。

しかしながら、市が説明したパワーポイントは参加者に事前配布されず、質問しようにも細かい数字は忘れてしまいます。
2万人アンケートを行っている用紙も配布されていません。
竹中工務店の技術提案書も配布されず、竹中工務店が説明してもどこのことだかわかりません。
・株式会社 竹中工務店 名古屋支店 技術提案書(ダウンロード:PDF)
 http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/280330/dwl/takenaka.pdf
会場からの質問時間は30分しかとられず、質問は6名しかできませんでした。
にもかかわらず、20時30分終了のところ10分も時間を残して終了しました。
会場には260人近くの人が訪れるも、河村市長の応援団のような人が大量に陣取り、開場前に河村市長が応援団のような人にあいさつをするという風景まで見られました。

そんな中、会場からは熊本地震を受け、まず名古屋城の石垣を修復してはどうかという声、熊本地震や福島原発の被害を回復する前に名古屋だけ豪勢なことをやってはいけない、2万人アンケートではなく住民投票にかけてはどうか、という声が出ました。

賛成の人、反対の人、それぞれ言いっぱなしで、これで建設的な議論になるのか大変疑問に思います。
賛成・反対それぞれがお互いの意見を戦わすことが重要ではないでしょうか。

今後も、名古屋市は同様の説明会を3回開きます。ぜひご参加ください。
5/12(木)18時半-20時半 港文化小劇場
5/13(金)18時半-20時半 緑文化小劇場
5/15(日)14時-16時   鯱城ホール
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000082421.html

なお、名古屋城木造化の進め方を問うシンポジウムを5/15(日)午後1時半からウィルあいちで名古屋市民オンブズマンが開催します。入場無料。
ぜひご参加ください。
・5/15(日)シンポ これでいいのか?名古屋城天守閣木造化と市民参加
 http://ombuds.exblog.jp/23096757/
 講演:「熟議民主主義」の必要性
  田村哲樹さん(名古屋大学法学研究科教授)
 検証:これまでの名古屋城天守閣木造化の進め方
  内田隆(名古屋市民オンブズマン)
 パネルディスカッション:
  田村哲樹さん
井上治子さん(名古屋文理大学基礎教育センター教授 社会学) 
新海聡(名古屋市民オンブズマン)ら
 コーディネーター:滝田誠一(名古屋市民オンブズマン)

以下名古屋市民オンブズマン作成 当日のまとめ
------
16/5/11 「名古屋城天守閣の整備 市民向け報告会」西文化小劇場 約260人参加

開会前河村市長があらわれると会場から拍手。拍手したほうにあいさつ。「やけくそで生きている」と発言。

18:31
司会:名古屋市観光文化交流局ナゴヤ魅力向上担当部ナゴヤ魅力向上室長 田頭
 「参加者で2万人アンケートが送られてきた人、手を挙げてください」数人。

18:33
河村市長:西区は名古屋城の城下町でおひざ元。
 熊本地震を受け、熊本市長と熊本城の現場担当者にお見舞いの電話をした。
 建物の耐震を示すIS値を聞いたら、熊本城は0.37 名古屋城は0.14と半分以下。
 名古屋市内の小中学校は0.6以上。名古屋城はびっくりするほど低い数字。
 ちょっとした地震でも市長が責任を取らないといけない事態だ。
 天守閣の耐震力を増すには、1)耐震改修
              2)最新鋭の木造化 がある。
 耐震改修すると、29億円かかるが、40年しか持たないと言われている。
 客は増えない。逆に失望して減るのではないかと思う。
 石垣・ケーソン補修費用は含まれず。それらは安くして20億、40億程度2-3年はかかる。
 耐震改修の際は客の入りはストップする。
 税金の無駄遣いはいかん。今も実は赤字だ。木造化して名古屋市のためになって、福祉に使いたい。
 木造化の意義だが、昭和20年5月14日午前9時ごろ空襲があり、3時間で燃えた。
 天守閣は7つ戦争で壊れたが、燃えている写真が残っているのは名古屋城だけ。
 昭和7年に名工大が図面を作っていた。
 今は姫路城がくそ見たいに威張っているが、国宝1号は名古屋城。
 今寸分たがわず復元できるのは名古屋城だけ。
 第2次世界大戦で破壊されて復興したのはドレスデンとワルシャワ。
 これに名古屋城を加えて世界3大復興としたい。
 名古屋城は333年後に焼けた。
 タイムカプセルを作り、334年後に開けたい。平和のシンボルにしたい。
 名古屋のシンボルに、名古屋を好きになる。
 竹中工務店は450-500億円と提案したが、税金は使わない。
 レゴランドやナゴヤドーム、大名古屋ビルも同じくらいかかるが、どの程度持つのか?
 名古屋城は最低でも400年もたせる。入場料で返す。
 
18:43
 藤沢ただまさ市議会議長:普段ならドラゴンズの中継を見ている時間に来ていただきありがとう。
 市議会では、名古屋城を今後どうするか決まっていない。
 委員会で何十回も議論した。
 耐震補強がよいのか、2020年までに間に合わすのがよいのか、2027年リニア完成までに作るのがよいのか。
 今回2万人アンケートを行い、また説明会を5会場で行ってそこでの議論を参考にして市議会で議論したい。
 名古屋市の試算では、現在の入場料500円をしない450円、市外1000円としており、
 入場者数を現在の170-180万人からピーク時には450万人、その後35年間360万人来るとしている。
 しかし1割減ると入場料だけでは賄いきれなくなり、税金投入しないといけなくなる。
 本日の意見を参考にしたい。

18:48 DVD視聴
18:56 
名古屋市観光文化交流局ナゴヤ魅力向上担当部ナゴヤ魅力向上室の舘主幹がパワーポイント説明
    http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160511-1.pdf 

19:22 
竹中工務店 末永氏が説明。

19:36 会場設営
19:39 司会:会場からの質問と回答を求める。1人3分以内。3人質問したら回答をする。
    過去にまだ発言していただいていない人優先。

中川区おおや:エレベーターはあってもよいが、どこにつけるのか。
       現在のシャチホコは再利用するのか。
       工事は24時間するのか。
中村区すぎい:名古屋城天守閣はあわてて作らなくてもよい。
       河村市長は「江戸城が先に作られると木がなくなる」と以前から言っているが、
       皇居の中に江戸城など作れるわけがない。
       熊本地震で石垣が問題となった。名古屋城の北の石垣は崩れており、平成16年から修復されていない。
       内堀には石垣が置いてある。
       天守閣ができてから石垣を直すようだが、まず石垣を直してからしてほしい。
       今は保存だけでOK。
       エレベーターは現実的ではない。木にこだわるのであれば昔の面影はない。
中村区いとう:世界的に森林資源が枯渇している中、大量に木材を使うのはやっていいのか。
       熊本地震や福島原発の被害を回復する前に名古屋だけ豪勢なことをやってはいけない。
       市長は2020年までにやれないことはないというが、「やってはいかんことだがね」。
       市民の大半を占めている。周りには反対の声ばかりある。
       嘘か本当か、2万人アンケートではなく住民投票にかけてはどうか。
       議員報酬について住民投票をするというのはぜひやってほしいが、天守閣もしてほしい。
       反対の声「たかし」 市民の意見を受け、取りやめて方針転換してほしい。

竹中・尾関:エレベーターは技術提案書の右側に記載した。規模は4人乗り。
      ただ、我々も付けるかどうか悩んでいるところ。梁を切らないところで小型のものを付けるか、
      有識者や市と相談して検討したい。
      健常者の人は階段を利用してほしい。
名古屋城総合事務所渡邉:シャチホコについては、竹中からの提案は新しいものを、というものだったが、
      作るか、再利用するかを今後検討したい。
竹中・谷村:シャチホコについては新規作成の提案をしたが、再利用案も提出したので今後相談する。
      工事時間については、時間の有効活用をするため、壁の乾燥など時間がかかるところは
      夜間作業もする。
名古屋城総合事務所渡邉:石垣については、地下にケーソン基礎があり、石垣に荷重がかからないようになっている。
      北側の石垣がはらんでいるのは、石垣調査を実施しながら対策をどうするか検討する。
名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所長西野:昭和34年に再建したが、老朽化と耐震性が低いことから、
      放置することができない。
      文化財として保存活用するために、木造にして復元し、シンボルとしたいのでよろしく。

西区幅下たかぎ:西区には台所町など旧名があったが、幅下・新道などになってしまった。
      竹中工務店からは素晴らしい提案がなされたのでぜひ行ってほしい(開場から拍手)
      石垣については並行してやると理解している。
西区ライター:建て替えないとしょうがないという認識を持っている。
      今後木は手に入らなくなる。
      現在木はあるのか?過去の城造りでも木はなく、他の城をつぶして使っていた。
      予算計画は税金を使わないということだが、入場料の計画の具体性がない。
      プロモーション計画はあるのか。
      また、石垣の上の木は本来ない。
      木造建築で文化レベルを高める。
西区まつしろ:名古屋市役所は文化財登録された。大阪城も昭和9年にたてられたが登録文化財となった。
      名古屋城もあと何十年かすれば文化財となるのではないか。
      あと、本丸御殿は手も触れられない。柱も触れない。何のための復元か?
      360万人が本当に来たなら、全員を監視するのか?
       
竹中・谷村:「天守閣と石垣修復は一緒にやりなさい」と理解している。
     国産材があるのかという問いだが、問屋を調査したところ、1m近いヒノキが流通していることが判明した。
     ただ、木が集まらない可能性や、取り合いになり高騰した場合は、外材を使う提案をしている。
     当社は受注したわけではないが、木材業者からずいぶん提案をいただいている。
名古屋市観光文化交流局ナゴヤ魅力向上担当部ナゴヤ魅力向上室 舘主幹:プロモーションについて。
     360万人を計画している。現在170万人の約2倍。平成24年に整備計画を立て、全体の魅力を高めようとしている。
     名古屋めしを城内で食べれるようにした。
     名古屋市はこれまで売り出し方が下手だった。外からどう客を呼ぶか、新年度から観光文化交流局
     ナゴヤ魅力向上担当部を作って検討している。
     名古屋城は行ってよかったランキングでは20位以下のランク外だが、来場者数では
     現在年間174万人で全国4位とのびしろがある。名古屋城の魅力を広く知っていただければ、
     具体的戦略はないが年間360万人は難しい数字ではない。
名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所長西野:登録文化財についてですが、
     コンクリートの寿命は100年もたないとされている。
     中性化の技術は、何年もつかはっきりしない。効果があるか見えない。
     また、本丸御殿が触れないという点について、文化財なので劣化させないように気を使っている。
     
20:12
司会:時間がきましたので質疑はこれで終わり。
藤沢ただまさ名古屋市議会議長:名古屋城は史跡なので文化庁と協議しないといけない。
 状況は変化しているので議論していきたい。
 なお、6月議会で名古屋城木造化関係の予算や議案が提案される予定。
 いったん賛成してしまうと止められない。天守閣を壊してからストップすることはできない。
 賛成するなら6月議会で決め、反対するならはっきり意思表明したい。
 残された時間はあまりない。2万人アンケートと今回の質疑を踏まえ、しっかり勉強したい。
 せっかく作るならいいものにしたい。議会として見極めたい。

20:15
河村市長:竹中CGは素晴らしい。
 あんな建物見たことがない。
 400年後の人がどれくらい喜ぶか。世界中から来るのは確実だ。
 市役所が重要文化財となったが、名古屋城はIS値が0.14と低い。
 中部大の片岡教授は「こんな低い数字見たことがない。7階が窓が多く、屋根が重いため」と言っている。
 市長の責任が発生するので市役所とは全然違う。
 税金の無駄遣いをなくしたい。
 耐震は29億円+石垣40億円で69億円。客は減るでしょう。市の宝を作りたい。
 ポーランドは復元して民族の誇りとなった。
 名古屋に愛情を。

20:18
 司会:熊本地震では悲惨な目にあわれている方が大勢います。
 熊本城復興のため、出入り口に熊本城募金箱を置いておくのでぜひご協力を。
 なお、スライドの概要は入口においておくので必要な方には配布したい。
20:19終了。
 

5/10名古屋城木造化 竹中提案説明会に130人

名古屋市は16/5/10に「名古屋城天守閣の整備 市民向け報告会」を名東文化小劇場で開催し、参加者は130人にとどまりました。

・動画(16/5/11 17:00以降視聴可)
 
https://www.youtube.com/user/maruhachitube

356席中130人しか参加者がいなかったのは、強引に名古屋城木造化を推し進めようとする河村市長の姿勢に疑問を抱く市民が多いからではないでしょうか。
また、4/14以降発生し続けている熊本地震の惨状を見て、今名古屋城を木造化する意義があるのか疑問に思う市民も多いからだと思います。

建設費・維持費などを含めると2069年までで914.98億円もかかるとされる名古屋城木造化について、市民の盛り上がりの欠けるまま進めていくことに大変疑問を持ちます。
 ・2016/4/22 名古屋市議会経済水道委員会資料
  http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160422.pdf
     単位:億円
  収入 使用料979.28 75%を天守閣に充当
            2020年度(8か月) 17.91(331万人分)
            2021年度      24.13(446万人分)
            2022年度      21.70(401万人分)
            2023-2069年度    19.48(360万人分)
  支出 公債償還金 605.67(元金505.00 利子100.67)
     運営管理費 276.45(2016-2019 1.14 2020-2069 5.44)
     集客促進費  2.00
     修繕費    30.86
     基金積立   64.30  
      
今後も、名古屋市は同様の説明会を4回開きます。ぜひご参加ください。
5/11(水)18時半-20時半 西文化小劇場
5/12(木)18時半-20時半 港文化小劇場
5/13(金)18時半-20時半 緑文化小劇場
5/15(日)14時-16時   鯱城ホール
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000082421.html

なお、名古屋城木造化の進め方を問うシンポジウムを5/15(日)午後1時半からウィルあいちで名古屋市民オンブズマンが開催します。入場無料。
ぜひご参加ください。
・5/15(日)シンポ これでいいのか?名古屋城天守閣木造化と市民参加
 http://ombuds.exblog.jp/23096757/
 講演:「熟議民主主義」の必要性
  田村哲樹さん(名古屋大学法学研究科教授)
 検証:これまでの名古屋城天守閣木造化の進め方
  内田隆(名古屋市民オンブズマン)
 パネルディスカッション:
  田村哲樹さん
井上治子さん(名古屋文理大学基礎教育センター教授 社会学) 
新海聡(名古屋市民オンブズマン)ら
 コーディネーター:滝田誠一(名古屋市民オンブズマン)


名古屋城木造化 竹中提案説明会 5/10.11.12.13.15に参加を

名古屋市は、16/5/2に「名古屋城天守閣の整備 市民向け報告会」を行うと発表しました。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000082421.html

名古屋市は、「議会に説明してから報告会を行う」と言っていましたが、16/4/28名古屋市議会経済水道委員会ではアンケートの文案を提示しただけで、議員からさまざまな指摘を受けるも、確定したアンケートを示さずに報告会を開催するとのこと。
議員は報告会を開催することを明示的に了承した、とは言っていないはずです。
このように「市民に市役所の方針をご説明させていただく」という報告会をいくら開催しても、市民の名古屋城木造化に対する盛り上がりは決して増加しないのではないでしょうか。
今必要なのは、名古屋市の街づくりに名古屋城をどう位置付けるのか、名古屋城の今後はどうあるべきなのかを市民が徹底的に議論することだと思います。

----------
名古屋城天守閣の整備 市民向け報告会
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000082421.html

現在、名古屋市では名古屋城天守閣の整備の進め方を検討しています。現在の名古屋城天守閣は、再建から半世紀以上が経過し、コンクリートの劣化や設備の老朽化、耐震性の確保など様々な課題が顕在化しており、いずれかの時期には建て替えの必要があると考えています。

この度、2020年7月までに天守閣を木造復元する提案を募集し、優秀提案(事業費は約474から505億円、2020年7月天守閣竣工)を選定いたしましたので、「名古屋城天守閣の整備の概要」について市民の皆様へ下記の日程でご説明させていただきます。内容はすべて同じですので、ご都合の良い日に是非ご参加ください。

日時及び場所について

5月10日(火曜日) 午後6時30分から午後8時30分
名東文化小劇場(名東区上社一丁目802番地上社ターミナルビル3階)

5月11日(水曜日)午後6時30分から午後8時30分
西文化小劇場(名古屋市西区 花の木2丁目18-23)

5月12日(木曜日)午後6時30分から午後8時30分
港文化小劇場(港区港楽二丁目10番24号)

5月13日(金曜日)午後6時30分から午後8時30分
緑文化小劇場(緑区乗鞍二丁目223番地の1)

5月15日(日曜日)午後2時00分から午後4時00分
鯱城ホール(中区栄一丁目23番13号伏見ライフプラザ5階)

入場料等
いずれも無料。開場は各回開始30分前。手話通訳・要約筆記あり
プログラム

市長あいさつ
市会代表あいさつ
名古屋城天守閣映像(DVD)の上映
名古屋城天守閣の整備の概要説明
質疑

報告会の様子の動画

報告会の様子は翌開庁日の午後5時から動画でご覧いただけます
まるはっちゅーぶ(外部リンク)別ウィンドウ-名古屋市の施策や施設などを紹介する動画をYouTubeを活用して配信します
https://www.youtube.com/user/maruhachitube


16/4/29(金)名古屋城木造化タウンミーティング 議事録がようやく開示

15/12/6-16/1/17に名古屋市全16区で開催された、名古屋城天守閣整備 タウンミーティング記録がようやく16/4/28に開示されました。今後名古屋市が行う2万人アンケートの参考にしてください。
・2015年12月開催分
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/meeting201512.pdf
・2016年1月開催分
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/meeting201601.pdf

16/1/13に12月分を内容が分かるものを開示請求しましたが、1/25に「不存在決定」が出ました。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160125.pdf
16/1/26に1月分を内容が分かるものを開示請求しましたが、2/4に「不存在決定」が出ました。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160204.pdf
16/2/9に職員が作成したメモを開示請求しましたが、2/22に「不存在決定」が出ました。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160222.pdf
16/3/15に「タウンミーティングにおける意見交換概要」が市議会委員会に提出されました。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/meetinggaiyo.pdf
16/3/24に再度議事録を請求しましたが、「概要が閲覧に供しているため却下決定」がでました。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160324.pdf
16/3/29に再々度記録を請求したところ、4/28になってようやく決定が出ました。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/meeting.pdf

市民が発言した意見をきちんと早急に市民に還元しないことには、何のためのタウンミーティングかわかりません。
早急な対応を強く要請します。

以下タウンミーティング日程表です。
15/12/6   熱田区
15/12/12  港区
15/12/13  千種区
15/12/14 北区
15/12/16 名東区
15/12/17 昭和区
15/12/18 西区
15/12/19 中村区
15/12/22 東区
15/12/23 中区
16/1/10  瑞穂区
16/1/12 南区
16/1/13   中川区
16/1/14 緑区
16/1/16  守山区
16/1/17 天白区


16/4/28(木)名古屋城木造化参考人質疑 2020年に間に合わない場合の業者と市の認識ずれ判明。 名古屋城西の断層で騒然

16/4/28に名古屋市議会経済水道委員会では参考人質疑を行いました。
・配布資料
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160428.pdf
・議事概要(オンブズマン作成)
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160428-1.pdf
 
参考人
 竹中工務店名古屋支店 総括代理人 谷村和彦
 竹中工務店名古屋支店 管理技術者 相川俊英
 竹中工務店名古屋支店 主任技術者 尾関昭之介
 中部大学名誉教授 片岡靖夫 5年前に天守閣を調査した
 川地建築設計室 主宰 中部大学 非常勤講師 川地正数
 名古屋工業大学大学院 教授 麓和善 建築専門

その中で、田辺市議が「仮に文化庁との協議が遅れるなどして、2020年7月に間に合わない場合、名古屋市は契約をいったん白紙に戻すとしているが、竹中工務店の認識はどうか」と聞いたところ、竹中工務店は「その場合名古屋市と協議すると認識している」と、ずれが鮮明となりました。

また、麓教授は「鉄筋コンクリート製の文化財が増えている。文化財となった場合は半永久的に残そうとする。コンクリートの寿命が『40年で絶対に持たない』というものではない。」としました。

竹中工務店は、「自発的に基本設計をフルパワーで進めている」と述べるなど、やる気を見せています。

午後からの質疑では、「2020年にこだわらず木造復元をする場合の費用を以前に321-403億と市が試算したから、それを明記すべきではないか」と委員が指摘しても、「市は現時点での責任のある数字ではない」と述べつつ、経済波及効果では上記試算を基にするという、ちぐはぐな対応をしました。

斉藤議員は、名古屋大と広島大のチームが発表した活断層地図を示し、「名古屋城の真西に活断層が走っているが、名古屋城整備室は認識しているか」と尋ねるも、「把握していない」と回答しました。
・名古屋市街地を縦断する活断層の変動地形学的検討
 ○杉戸信彦(名古屋大学大学院環境学研究科)・後藤秀昭(広島大学大学院文学研究科)
 http://danso.env.nagoya-u.ac.jp/jsafr/taikai/2012/pdf/2012fallmeeting_jsaf.pdf

入場者数は、姫路城が3.1倍に増えたから、名古屋城も3.1倍に増えるだろうということを根拠にしています。

基本設計の後、実施設計が終わるまで、全体費用が明確にならないにもかかわらず、市議が予算を承認しないといけないというのはおかしいのではないか、という意見が出ました。

委員会をずっと聞いていても、結局アンケートを実施するのかどうか、報告会を行うのかはわかりませんでした。
課題がこれほど多く、しかもこれほど急ぐ事業を私は知りません。
市民に十分な説明もないまま、名古屋市は名古屋城天守閣木造化にまい進しています。

5/15(日)午後1時から、名古屋市民オンブズマン主催で「シンポ これでいいのか?名古屋城天守閣木造化と市民参加 」を行います。
http://ombuds.exblog.jp/23096757/

ぜひご参加ください。

↑名古屋大・広島大チームの名古屋市内活断層地図

16/5/15(日)シンポ「これでいいのか?名古屋城天守閣木造化と市民参加」に参加を

現在、現在、河村たかし名古屋市長が推進する名古屋城天守閣木造化ですが、市民に十分な説明のないまま進められようとしています。市民2万人アンケートを参考にして今後の進めるとのことですが、これまでの市民参加の在り方に問題はなかったのでしょうか? また、「2万人アンケート」が果たして「最も民主的」な進め方なのでしょうか。
「熟議民主主義」の専門家である、田村哲樹名古屋大学大学院教授を招き、木造天守閣の賛成・反対を超えて、今後の市政のあり方を考えます。

日時:5月15日(日)午後1時30分〜午後4時30分
会場:ウィルあいち セミナールーム1・2
   地下鉄「市役所」駅2番出口より東へ徒歩約10分
講演:「熟議民主主義」の必要性
 田村哲樹さん(名古屋大学法学研究科教授)
検証:これまでの名古屋城天守閣木造化の進め方
内田隆(名古屋市民オンブズマン)
パネルディスカッション:
田村哲樹さん、新海聡(名古屋市民オンブズマン)ら
コーディネーター:滝田誠一(名古屋市民オンブズマン)
入場無料 
主催 名古屋市民オンブズマン TEL 052-953-8052 FAX 052-953-8050
 office@ombudsman.jp
http://www.ombnagoya.gr.jp/
チラシ 
http://www.ombnagoya.gr.jp/tokusyuu/goten/160515.pdf

【田村哲樹さんプロフィール】
1970年生まれ。専門は政治学、政治理論。
著書に『熟議の理由 民主主義の政治理論』(勁草書房・2008年)、「市民協働になぜ熟議なのか?」(『生涯学習政策研究 生涯学習をとらえなおす』悠文堂・2013年)、「熟議と参加 リベラルデモクラシーを超えるのか」(川崎修編『岩波講座 政治哲学6 政治哲学と現在』岩波書店・2014年)など多数。


16/4/22 名古屋城天守閣木造化 市は446万人来場と予測 市民以外は1000円で試算 市議会で紛糾

16/4/22に名古屋市議会経済水道委員会が開かれ、名古屋城天守閣の整備検討について議論されました。
・配布資料とアンケート案
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160422.pdf

市は2020年に384万人、2021年に446万人来場と予測し、入場料について市民は450円、市民以外は1000円と仮定して、入場料収入のうち75%を天守閣に充当すると試算しました。
(現状 市内からの入場者が11%と少ないためと説明 県内7% 国内64% 国外18%)

質疑では、「2020年に384万人、2021年に446万人、その後毎年360万人本当に来るのか?」「市長が505億円という竹中工務店提案を『理にかなった数字だ』と話してしまったため、これ以下には交渉不可能」「現天守閣を取り壊してから『値段が上がる』と言われると、払わざるを得ない。」「議会のチェックはいつできるのか?」「木材が高騰する可能性があると竹中工務店が言っている。最低505億円ではないのか?」「市は400億円で国産材節なしと試算していたのに、竹中は505億円で外材と言っている。当初の外材270億円から235億円も上がっているのは説明責任がある。3年半で工事をするから値上がりするのではないか」「熊本地震で人件費・材料費が高騰するのではないか?」「入場料値上げは議会承認しなければどうなる?」「市民50円値下げは姑息だ」「市長も議員も2020年にはいないかもしれない。局長をはじめ市職員は実現できると思っているのか?」「名古屋城に本当に予測入場者数が来た場合の安全対策は?」など疑問が噴出しました。

局長は「国の許可、工期工程などは不安がある。ただ、入場者数は他都市の城などの状況などで知る範囲で想定したので自信がある」と述べました。(姫路城は3.1倍に)
 2020年 160万人×3.1倍    384万人(2020/8以降)
 2021年 160万人×3.1倍×0.9=446万人
 2022年 401万人
 2023年 360万人
 2024-69年 360万人

アンケート項目について、2016年3月の委員会で合意した「2020年7月にとらわれず木造復元を行う」の項目が、「上記1・2以外の整備案 2020年7月にとらわれず木造復元を行うなど具体的に」に後退し、委員会軽視だと紛糾しました。

本日の議論をもとにアンケートや説明資料を一部変更するとのこと。
市議会は、4/28(木)午前10時30分から委員会を開き、竹中工務店の担当者などを呼んで参考人質疑をすることを決めました。

本日の資料では、市民説明会の予定は以下とのこと。

5/10(火)18時半-20時半 名東文化小劇場
5/11(水)18時半-20時半 西文化小劇場
5/12(木)18時半-20時半 港文化小劇場
5/13(金)18時半-20時半 緑文化小劇場
5/15(日)14時-16時   鯱城ホール


名古屋城天守閣木造化より区役所・図書館等の耐震等地震への備えを・備蓄を!

16/4/14以降に発生し続けている熊本大地震に被災された皆様にお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げます。

名古屋市長が推し進めようとしている名古屋城天守閣木造化ですが、熊本大地震によって無残に破壊された熊本城を見てもそのようなことが言えるでしょうか。

熊本城大天守・小天守は1960年に鉄筋コンクリートで復元されました。
平成27年度に耐震化方針が決定され、平成30年度から耐震改修工事着手の予定でした。。
https://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=5566&sub_id=1&flid=36263
熊本城大天守・小天守がどの程度の損傷なのかは調べないとわからないとのこと。

今回の地震で400年前に作った東十八間櫓と北十八間櫓などが崩壊し、五間櫓や宇土櫓などは辛うじて残っています。
https://www.facebook.com/KumamotoCastle/

名古屋城天守閣木造化で竹中工務店が提案しているのは「震度6強程度の地震では倒壊しない」というものです。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/280330/dwl/takenaka.pdf
技術的な解説は以下をお読みください。
・一級建築士による、「熊本城の地震被害と名古屋城整備」16/4/17高橋和生
 http://bit.ly/1VzCw35
 
今回の熊本大地震で分かったのは、市役所や小学校などの耐震化がなされていないと大変なことになるということです。
また、備蓄食料もほとんどなく、配給も滞り、避難している人が大変苦労をされています。

名古屋市では1964年に完成し老朽化が著しい中村区役所改築に向けた基本構想策定調査が2016年度にようやく予算が付きました。その他、千種図書館は老朽化が著しいですが全く進んでいません。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-6-2-13-1-5-0-0-0-0.html

名古屋市の避難所にもそう備蓄食料が置いておらず、「帰宅難民」「都市難民」化するのではないかと懸念されています。
不要不急の名古屋城天守閣木造化より、早急な地震対策が必要です。

16/4/22(金)午後1時から開かれる名古屋市議会経済水道委員会での議論を期待します。
http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/324-3-0-0-0-0-0-0-0-0.html
----------
名古屋市耐震状況
・保育所 全保育所対策終了(平成26年度末)
・小中高 耐震は100%(追加耐震改修中)


「名古屋城天守閣を木造に」市民団体作成 収支計画がでたらめ

「名古屋城天守閣を木造で復元し、旧町名の復活を目指す会」なる団体ができたようです。
http://www.nagoyajou.net/

河村市長の主張をそのまま載せており、応援団そのもので、いろいろ言いたいことは山ほどありますが、特に収支計画について以下試算しています。
1)入場料500円→1000円へ
2)木造費用500億円以上→調整すれば400億円で可能
3)利子率1% 30年返済で458億円必要
4)有料入場者数は入場者の75%と仮定
5)当初予測 5年間350万人、6年後以降250万人で23年で投資回収可能

そもそも現在、人件費3.2億、管理費3.9億、本丸御殿1.4億。合計年間8-9億かかっています。収入は6.3億円です。(16/3/10 名古屋市議会経済水道委員会 名古屋城総合事務所所長答弁)
http://ombuds.exblog.jp/22966379/
上記は入場料収入を全額木造天守閣につぎ込む試算であり、人件費・管理費・維持費を全く考えていません。

1)について、河村市長はタウンミーティングで「入場料500円は変わらない」と繰り返しました。
しかし16/1/10瑞穂区タウンミーティングで「ただ、姫路城は1000円に値上げしても特に文句が出ないし客が増えた」、とし、将来の入場料値上げを示唆した経緯があります。
http://ombuds.exblog.jp/22764824/

2)について、どこをどう調整すれば500億円が400億円になるのか全くわかりません。
・株式会社 竹中工務店 名古屋支店 技術提案書(ダウンロード:PDF) 
 http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/280330/dwl/takenaka.pdf
これは市民の誤解を招くやり方です。

3)について、前提が500億円ではなく400億円なのでそもそも誤っています。
 利子率については、名古屋市は以下資料を出しています。 
 平成27年11月 堺市発行実績  年1.527%
  http://www.city.nagoya.jp/zaisei/cmsfiles/contents/0000078/78784/280118hosokusiryou.pdf
 平成28年3月 広島県発行実績 年0.711%
  http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160316.pdf
 500億円で年1%であれば、30年返済で650億円必要です。

  4)について、現在の164万人のうち有料入場者が134万人、81.9%です。

5)ですが、人件費・管理費・維持費を全く考慮に入れていない時点で駄目です。
それら金額の想定はまったくされておりません。(16/4/7名古屋市議会経済水道委員会で市が財源フレームを示せなかったのはここがネックだったものと推測します)
仮に、人件費・管理費・維持費合計で年間9億円かかると仮定します。
有料入場者数が75%とすると、年間9億円賄うのに120万人必要です。
そこに名古屋城木造化の費用650億円がかかってくるため、毎年合計で453万人が必要となります。
・16/4/12 名古屋市民オンブズマンによる
 名古屋城天守閣木造化 返済計画シミュレーション
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160412.pdf

名古屋城の入場料試算の議論で決定的に欠けているのは、木造にしたらどのくらい入場者が見込めるかという試算を誰一人していないことです。
上記453万人というのは、「費用を回収するのにこの程度必要」というだけであって、本当に来るかどうかは全くわかりません。
(河村市長は「ある大学教授は500万人来る」と言ったようですが、誰か名前を明かしません)

150億円もかけて現在作っている名古屋城本丸御殿ですが、完成したら220万人の来場者があると予測しているにもかかわらず、現在164万人しか来ておりません。
逆にいえば、毎年453万人来なければ、足りない分は税金をつぎ込むことになります。
(人件費・管理費・維持費が上記予測以上にかかれば、400年間!も税金をつぎ込むことになります。後世の人が「お荷物」といって400年もたたないうちに取り壊すことも考えられます)

現時点で十分議論が必要なはずですが、河村市長がなぜか2020年7月完成にこだわるため、きちんとした議論ができません。
落ち着いて資金面の試算、技術面の検討をきちんとすべきです。


名古屋城天守閣木造化 議会に財源フレーム案示さず アンケートは5月以降に

16/4/7に開催された名古屋市議会経済水道委員会において、名古屋市は2月定例会において約束していた「名古屋城天守閣木造化の財源フレーム(案)を市議会に示す」を破り、スケジュールを約1カ月後倒しにしました。

・平成28年4月7日 名古屋市観光文化交流局 経済水道委員会説明資料
 名古屋城天守閣の整備検討について
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160407.pdf

観光文化局長は「4月4日週で財源フレーム等を市議会に示す予定だったが、優秀提案に選ばれた竹中工務店は、補正予算議案提出を6月議会としていたこと、また竹中工務店との協議確認事項が多かったため」と説明しました。
・株式会社 竹中工務店 名古屋支店 技術提案書
(確実な工期達成のためのマイルストーン P25)
 http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/280330/dwl/takenaka.pdf
しかも、当初2000人規模で5回開催する予定だった市民向け報告会を、300人規模で方面別で開催する予定としました。

市議会委員からは「当初5月臨時会に補正予算を提出するということは議会に示していなかった」「変更後の記載をみると、アンケートにかかわらず6月定例会に補正予算を提出するように見える」「竹中工務店が6月議会と書いたからではなく、本日までに財源フレーム作成が間に合わなかっただけではないか」という意見が噴出しました。
 
2月議会でも、4/7までに財源フレームを示せるのか極めて疑問視する声が多数出ていましたが、的中した形になりました。
次回の市議会所管事務調査までに500億円の財源フレームを示すとのこと。
このように当初から迷走する名古屋城天守閣木造化が2020年7月までにできるとは到底思えません。

そもそも木造6階建ては建築基準法違反です。
名古屋市は直ちに建築審査会を開き、建築基準法3条にのっとり、文化財相当の<原型の再現がやむをえない>の建築審査会の同意を取る必要があります。
(竹中工務店の施設計画概要(29ページ)では、建築審査会や消防局とは2016年6月までに「方針合意」とありますが、どのように方針合意をとるのか不明です)
竹中工務店の計画では2017年6月に建築審査会の同意を取る予定ですが、それまでに竹中工務店は木材を買い、天守も壊す計画です。
また、文化庁からの内諾も取得する必要もあります。
・名古屋市 建築審査会について
 http://www.city.nagoya.jp/jigyou/category/39-6-3-7-0-0-0-0-0-0.html
 
さらに、名古屋市が言っていた「40年でコンクリート耐用年数が来てしまうので木造天守閣にしよう」ですが、竹中工務店の提案だと、400年間、地下のコンクリートも含めてもたせるとのこと。前提からして異なってくるのではないでしょうか。

このような見切り発車、しかも名古屋城関係の市担当者が4月の人事異動でほとんど変わってしまった現在、最悪のシナリオ(現名古屋城天守閣を取り壊した段階で木造6階が違法建築とされ、竹中工務店からは莫大な賠償金を請求される。天守閣も石垣も永久に失われる)をどうしても避けないといけません。
議会もきちんと竹中工務店の提案書を読んで、きちんと反論すべきです。

------------
今後のスケジュール(案)
4/21(木)-4/28(木) 市議会所管事務調査
5/2(月)-5/22(日) 2万人アンケート、市民向け報告会開催
5/23(月)-5/29(日)2万人アンケート取りまとめ
6/1(水)-6/10(金)公報なごや特集号
6月定例会 天守閣整備にかかる補正予算議案提出(設計費・仮設工事費)


名古屋城天守閣木造化 竹中工務店が470-500億円と算出し優先交渉相手に

16/3/29に名古屋市は名古屋城天守閣の木造復元について、優先交渉相手として470億-500億円と算出した竹中工務店を選んだと発表しました。
以下、記者発表資料と技術提案書が名古屋市市民情報センターで開示されていましたのでコピーしてアップしました。

・16/3/29 名古屋市発表資料
 「名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)による公募型プロポーザル」にかかる優先交渉権者の決定について
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160329.pdf
・16/3/25 竹中工務店 名古屋城天守閣整備事業 技術提案書
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/takenaka.pdf

竹中工務店
・バリアフリー 車椅子利用者用小型エレベーター
 (地層〜初層、初層〜4層)(4人乗り)
・復元過程の公開方法 素屋根内見学施設(5階建て)
・木材利用 原則、国産材 一部外材を使用
・総事業費(千円)(税込み)(建設費・設計費)
 石垣     ケーソン 総事業費
 現状維持保存 利用   47,368,800
        不利用  47,844,000
 積直し    利用   49,971,600
        不利用  50,446,800
・天守閣竣工時期 2020年7月        

今後、名古屋市は財源フレームを作成してアンケート案とともに4/7(木)に名古屋市議会に示して所管事務調査が行われたのち、
2万人アンケート、報告会(4/19(火)20(水)21(木)23(土)24(日))を行う予定です。


16/3/29 名古屋城タウンミーティング 議事録・議事概要を情報公開請求したら「却下」

16/3/15名古屋市議会経済水道委員会で、名古屋城木造化タウンミーティングの概要が公表されました。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/meetinggaiyo.pdf
概要とは別に議事録があるとのことだったので情報公開請求したところ、「概要はすでに閲覧に供している」として却下されました。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160324.pdf

現在、業務委託の仕様を情報公開請求しているのですが、その中に「議事録」の提出が書いてあるはずです。
名古屋市経済水道委員会でも、議事録の存在は市は認めていました。

あらためて16/3/29に「議事録」の情報公開請求をしました。

名古屋城タウンミーティングの議事録をめぐる名古屋市の対応は異常です。
市民に情報を公開せずに進めようとする市の姿勢があらわれています。

16/3/23 丹羽ひろし名古屋市議 名古屋城木造化アンケートを支援者に送り70%反対

丹羽ひろし名古屋市議(自民)は、名古屋市政に関するアンケート調査を支援者対象に行いました。
その項目の中に名古屋城木造化についても記載がありました。
・2016/3/23(水) 午前 11:54 丹羽ひろしブログ
 名古屋城天守閣木造再建に関するアンケート結果
 
http://blogs.yahoo.co.jp/tetujin28164/55307130.html
 ◎アンケート用紙分:1300枚に対し226件の回答(回答率17.38%)
  ・300億円から500億円の巨費を投じ天守閣木造再建についての賛否
   賛成:26人(11.5%)
   反対:160人(70.8%)
   分からない:40人(17.7%)
 ◎往復はがき分:400通に対し80通の回答(返信率20%)
  ・300億円から500億円の巨費を投じ天守閣木造再建についての賛否
   賛成:8人(10%)
   反対:65人(81,25%)
   分からない:7人(8.75%)
名古屋城木造化に関し、独自調査を市議が行ったのは私は初めて見ました。

以下丹羽市議も述べているように、支援者に送ったため河村施策に反対の傾向があることは否めませんが、市民の感覚と似ているのではないでしょうか。
しかし、私が通信を送付いしている先がほとんどなので、日ごろ河村市政を糾弾している新聞を読まれているためか、河村施策に反対の傾向が見られた事も加味しなければならないと思います。

情報を知れば知るほど、実現性に疑問符が付く天守閣木造計画。
今後ゼネコンの優秀提案が決まり、市が作成する財源フレームを市民は十分理解したうえで判断する必要があります。

16/3/18 名古屋城天守閣木造化市民アンケート等予算 本会議で成立 議員報酬増再議は50名賛成で再可決し確定

名古屋城天守閣木造化に関し、16/3/18に開催された名古屋市議会本会議で、2万人アンケートなどの予算について、自民・民主・公明は附帯決議を付けて賛成多数で可決されました。

・附帯決議
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160317-2.pdf

議員報酬を現在の年800万円から年1455万円にする条例の再議については、総務環境委員会にかけられたのち、出席議員74名のうち本会議で自民・民主・公明・名古屋維新の会50名の賛成で2/3以上となり可決されました。

河村たかし名古屋市長は、議員報酬を655万上げるのは市民の意見を聞いていない、公約違反だと言いましたが、名古屋城天守閣木造化について、タウンミーティングの際に根拠のない発言を繰り返したのは市長自身です。

議員報酬について議会は市民の意見を聞かずに値上げしましたが、名古屋城天守閣について市長は市民の意見を聞かず、嘘をついてまで2020年7月までに木造天守閣を立てようとしています。

市民の意見を聞かない市長・議員を選んだのは名古屋市民です。
今後も主権者としてできることを行っていきたいです。

まだ2万人アンケートや報告会の予算が可決されただけで、木造天守閣を作ると決まったわけではありません。
まずはタウンミーティングの議事録全文を情報公開請求して内容を精査したいです。

・「タウンミーティングにおける意見交換概要」
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/meetinggaiyo.pdf


16/3/17 名古屋城天守閣木造化市民アンケート等予算 市議会委員会で自民民主公明付帯決議を付けて賛成し可決

名古屋城天守閣木造化に関し、16/3/17に開催された名古屋市議会経済水道委員会で、2万人アンケートなどの予算について、自民・民主・公明は付帯決議を付けて予算にも賛成しました。
減税日本は付帯決議に反対。共産は予算に反対しました。
結果的には予算・付帯決議とも賛成多数で可決されました。

ここ数日間の委員会をずっと傍聴していましたが、なぜ予算に賛成する流れになるのか全く理解できません。委員会の議論の中で、河村市長がタウンミーティングで繰り返した、@税金は使わない A入場料500円は変わらない B福祉に回せる C稼げる はすべて間違った情報であったことが判明しました。
しかし、市としては訂正することなく、あくまでも2020年7月までの木造再建を強行しようとしています。
議会としては、アンケートに「2020年7月にこだわらず木造復元」を追加することと、附帯決議をあげることで本当に満足しているのでしょうか。
市長・行政にも市議にも市民への説明責任があります。

今後、3/27以降に優秀提案が選定され、4月頭に市議会の所管事務調査がなされた後、市民アンケートが行われます。
まだ2万人アンケートや報告会の予算が委員会で可決されただけで、木造天守閣を作ると決まったわけではありません。
市民アンケートで「市民の良識」を示したいと思います。

以下配布資料
・16/3/17 名古屋市議会経済水道委員会で可決された、名古屋城天守閣アンケートに関する附帯決議
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160317-2.pdf
・16/3/17 名古屋市議会経済水道委員会資料
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160317-1.pdf
・16/3/16 委員会資料(追加分)
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160316-2.pdf

3/18(金)午後1時からの名古屋市議会本会議で、2万人アンケート等の予算の議決が行われます。
傍聴可。ネット中継あり。
http://www.nagoya-city.stream.jfit.co.jp/
--------
以下名古屋市民オンブズマンが作成した傍聴まとめです。
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160317-3.pdf


16/3/16 名古屋城天守閣木造化 アンケート「2020年にこだわらず」項目入れるかで紛糾

名古屋城天守閣木造化に関し、16/3/16に開催された名古屋市議会経済水道委員会で、「2020年にこだわらず」項目入れるかで紛糾しました。
市当局は、委員会の総意の意見を簡単に拒否するなど、議員・市民軽視の姿勢を示しました。

また、想定入場者数について、平成27年3月に名古屋市が作成した「名古屋城整備検討調査報告書」の中に年間292万人(現状の1.8倍)としていたことが田辺雄一議員指摘で明らかになりました。
・平成27年3月 名古屋市 名古屋城整備検討調査報告書
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/H27-3houkoku.pdf

入場者数について数字が多数出て大混乱を起こしています。いずれもきちんとしたシミュレーションをせず、「必要だから」という皮算用が無用の混乱を招いています。
・現状      165万人
・H27.3報告書  292万人
・15/12/12市長  300万人
・名古屋市予測  330万人
・400億円で必要 376万8800人(3/16資料 利率0.711% 500円)
・16/1/10市長  400万人
・400億円で必要 442万1600人(3/14資料 利率1.527% 500円)
・15/12/12市長  500万人(学者が来るといったという)
・16/3/15委員会 630万人(岡田委員 無料も含め運営費も込み)

また、斉藤たかお市議は、「現状の名古屋城の耐用年数が40年と言っているのに、地下に埋まっている8000トンもの鉄筋コンクリートケーソンの寿命は『名古屋城を壊したうえで調べないとわからない』。それでケーソンを基礎として使うかどうかもゼネコンに任せるというのはおかしくないか」と指摘しました。

次回3月17日(木曜日)午前10時から経済水道委員会が開催されます。傍聴可。ネット中継あり。
http://www.gikai-tv.jp/dvl-nagoya/

配布資料
・平成28年3月16日 市民経済局説明資料
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160316.pdf
・2万人アンケート調査票素案、説明資料素案
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160316an.pdf
----
以下名古屋市民オンブズマンが作成した傍聴まとめです。
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160316-1.pdf

16/3/15 名古屋城天守閣木造化 運営費含めると年間630万人必要?

16/3/15に開催された名古屋市議会経済水道委員会で、名古屋市当局は「運営費を含めて入場料等で採算を均衡させるよう検討中」と答弁しました。
現在の入場者数が年165万人でほぼ収支均衡。木造化で400億円かかる場合、0.711%の利払いで入場料収入500円だと無料入場者も含めて年間470万人くらい。
合計630万人程度入場者数が必要となります。(それでも木造天守閣の管理費は含まれません)。
上記は15/12/12タウンミーティングでの市長発言「500万人以上は物理的に城には入れない」に反します。
http://ombuds.exblog.jp/22648799/

議員が追及すると新たなことがいまさらながら次々とわかります。
市が議員に誠実に対応していません。市役所職員は市長か議員・市民のどちらを向いて仕事をしているのか大変疑問です。

以下配布資料です。
・「タウンミーティングにおける意見交換概要」
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/meetinggaiyo.pdf
・16/3/14 経済水道委員会説明資料
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160314.pdf
・16/3/15 経済水道委員会説明資料
 http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160315.pdf
・アンケート等仕様書
 以下サイト「入札情報」→「平成27年度」「測量・設計」「建築設計・監理」にある 『名古屋城天守閣整備検討業務委託』
 https://www.chotatsu.city.nagoya.jp/ejpkg/EjPPIj
☆平成27年9月30日附帯決議
 http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000073822.html

次回経済水道委員会は、3/16(水)午前10時から。
傍聴可能。ネット中継あり。
http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/324-3-0-0-0-0-0-0-0-0.html

-------
以下名古屋市民オンブズマンが作成した傍聴まとめです(PDF)。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160315-1.pdf

16/3/14 「名古屋城天守閣2万人アンケートなど業務委託 すでに3/9に入札公告済み」発覚で市議会委員会騒然

16/3/14に開催された名古屋市議会経済水道委員会で、名古屋市当局は「市民2万人アンケートや技術提案・交渉方式の公募結果等の報告会、広報なごや折り込み、課題等検討会を行う『名古屋城天守閣整備検討業務委託』を16/3/9に入札公告済み」であることを初めて明らかにし、全く知らされていなかった市議らが騒然となりました。

仕様書はネットでも公開されていましたが、名古屋城公式ページや記者発表資料からは見ることができず、調達情報の奥深くにありました。傍聴者もだれも知らなかったようです。
・以下サイト「入札情報」→「平成27年度」「測量・設計」「建築設計・監理」にある 『名古屋城天守閣整備検討業務委託』
 
https://www.chotatsu.city.nagoya.jp/ejpkg/EjPPIj

仕様書によれば以下となっています。いつのまにか概要が決められており、入札公告までされていました。
・報告会は4/19(火)20(水)21(木)23(土)24(日)に各2000人規模で開催する。
・市民アンケート 4月中旬〜下旬(2週間程度) A4版8ページ程度。10問程度。集計は連休中に作業予定。
・公報なごや 4ページ建てカラー 380mm×245mm 110万部
・課題等検討会 1回。 

「これは議会軽視」だと議員が大変怒っています。

なお、委員会で配布された資料によれば、平成26年度名古屋城の管理運営は6億7299万6千円、入場料収入は6億3100万2千円と4199万4千円の赤字です。
財政局が作成した「平成28年1月18日市長定例記者会見にかかる補足説明資料」によれば、建設事業費400億円を入場料だけでまかなうには年間442万人必要とあります。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000078784.html
しかし、それには管理運営費用を含んでいません。仮に建設事業費が入場料でまかなえたとしても管理運営費がまるまる赤字になる計算となります。新たにできる木造天守閣にも新たに維持管理費がかかりますが、その試算はされていません。

また、名古屋城木造化の設計者は名古屋市住宅都市局営繕部になるので、建築基準法について委員会で答弁を求めます。建築審査会にいつかけるのか、許可がいつごろ出るのかも知りたいです。

さらに、仮に2万人アンケートをするなら、タウンミーティングの概要を資料として送付してもらいたいです。
市が言う「正しい情報」だけをもとにアンケートをすることは絶対に避けたいです。

次回経済水道委員会は、3/15(火)午前10時、上下水道局関係の議論が終了次第行います。
傍聴可能。ネット中継あり。
http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/324-3-0-0-0-0-0-0-0-0.html
-------
以下名古屋市民オンブズマンが作成した傍聴まとめです。
----------
16/3/14 名古屋市議会経済水道委員会(名古屋城部分)

岩本たかひろ(自民・緑区):資料28ページ 4月 「議会への報告」のやり方は?
総務課長:所管事務調査など先生とご相談して
岩本たかひろ(自民・緑区):新局で議論することになる。4月中下旬にアンケートできるの?
名古屋城主幹:アンケートは委託を出す予定。4/1に契約予定。
岩本たかひろ(自民・緑区):業者と何を作るための委託か?
名古屋城主幹:現在内容を精査している。来年度スケジュールを組んで委託のほう進めている。
岩本たかひろ(自民・緑区):きちんと答えて
名古屋城主幹:予算案は3000万円。
 ・アンケート開催
 ・報告会開催
 ・公報なごや特別号
 ・有識者の会
 これらの事務を委託する予定。
岩本たかひろ(自民・緑区):公報なごや特別号など、通常はやるのか?
名古屋城主幹:3月末の公募型プロポーザル結果を公報で報告したい
岩本たかひろ(自民・緑区):公報なごやについて、予算はどこについているのか
企画経理課長:説明書19ページ下から4行目 2987万
岩本たかひろ(自民・緑区):丁寧にやっていかないと心配。「正しい情報」とは何なのか。
 アンケートを出す前に、市議会でのやり取りは反映されるのか
名古屋城主幹:反映させていきたい
岩本たかひろ(自民・緑区):スケジュール的に間に合うのか
名古屋城主幹:努力する
岩本たかひろ(自民・緑区):アンケート内容はできているのではないか
名古屋城主幹:本日の資料が示せる資料
岩本たかひろ(自民・緑区):どう考えているのか
名古屋城所長:「正しい情報」を出したうえで、主な項目を聞く予定
岩本たかひろ(自民・緑区):議会に報告した際、「これは必要」というものを反映いただけるのか
名古屋城所長:今回の委員会の議論を十分検討し、反映できるものは反映していきたい
岩本たかひろ(自民・緑区):「正しい情報」を低下しないようにしてもらいたい

藤沢ただまさ(自民・南区):議会の意見を聞くのは当たり前。そもそも公報なごやに載せる内容も現時点ではない。
 順序が逆。案を出すのが筋。「それを議論する」という姿勢が当然。やり方がおかしい。
 議会として認められない。
市民経済局長:昨年6月以来議論いただき、いろいろ意見を頂戴した。3月末にはプロポーザルの結果が明らかになる。
 市民アンケートについては受け止めさせていただく。おもな説明項目について公報していく。
 結果報告会については内容をお伝えしていく。財源フレームをお知らせしながら。
 皆さんが報告会に参加できないため、公報紙に落とす。
藤沢ただまさ(自民・南区):2020年7月完成が必須とは書いていない。
市民経済局長:正しい情報をご理解していただくため、今回2020年7月必須としっかり示す。
藤沢ただまさ(自民・南区):アンケートのひな型を出さないと審議できない。
 公報なごやの特別号などやったことがあるか?市長は議会公報は予算を通さず、自分のやりたいことだけ公報している。
 2987万8000円の詳しい内訳を全部出して。
 また、4/1から契約するのなら、いろんな事業もやればできるということになる。
 これまでは「予算が通ってから5.6月から」と言ってきたじゃないか。
副局長:事業によって、早い遅いがある。できるだけ速やかに行いたい。
藤沢ただまさ(自民・南区):行政の恣意的に決めるのか。400億円の事業だぞ!4月1日からやるとよく言えるな。
市民経済局長:どの時期にどうみきわめるか、やれるようにやっていきたい。
藤沢ただまさ(自民・南区):不適当な時期にやるわけないだろ。
 前々から言ってきたものは4/1からやれるんだな
市民経済局長:各方面と協議して、早々からやるのならそうしたい
藤沢ただまさ(自民・南区):大変イレギュラーになっている。途中で変になったら困るでしょう。
 市長は「何でもいいからやってほしい」ではないだろう。
 何を話すのか。何をアンケートで載せるのか。抽象的なら議論ができない。
 4月になって異議が出たらお互い困るだろう。出さないと審議にならない
市民経済局長:現時点で出せるものは出す

田辺雄一(公明・千種区):4/1に契約をするというが、随意契約か?
名古屋城主幹:今年度中に手続きをさせていただいている。予算成立後契約を行う。
田辺雄一(公明・千種区):端的にいえば、恣意的・わがまま・勝手だ。
 あなた方はプレミアム商品券の時、先着順にして大混乱を起こした。
 大阪市のように応募型にしないのかと言ったら「時間がありません」
 大阪氏は委員会採決後に準備した。
 予算が認められるかわからないだろう。18日採決予定。明けた3/22から動き出すべきでしょう。
 わずか10日でやるのか。スケジュール教えて。
名古屋城主幹:3/9に公告した。3/22.23で応札し、3/23改札する。
※給食の答弁と違うぞ。
田辺雄一(公明・千種区):3/9公告したことは知らない。なぜそんなに一生懸命なんだ。
 国の事業のプレミアム商品券については何もしなかったのに。
企画経理課長:4/1契約というのは、議会の議決を受けてから契約をするもの。
田辺雄一(公明・千種区):掃除や警備など、新年度から切れ目なくするのはわかる。
 名古屋城は4/1から契約する必然性はない。議会に対して理解してくれると思っているのか?
名古屋城所長:4/1から始める場合年度前に手続きを行う。
 一般競争入札の条件として、議会議決してからと書いてある。2020年7月の工期に間に合わせるには、、、
藤沢ただまさ(自民・南区):ルールを曲げていいのか。
※ルールを曲げたわけではない
田辺雄一(公明・千種区):今回議会の議決で、アンケートと報告会を分けましょうとなったらどうするのか。
 唯々諾々とするのか。議会は言うことを聞くと思っているのか?
 電気、掃除などは修正かけるとは思えない。
 しかし今回は400億円の事業。市民生活に多大な影響がある可能性がある。
 財源フレームも明らかになっていない。
 市民向け報告会を行うとしている。
 そんなことをして、議会をなめていないか。議会は馬鹿なのか。私は馬鹿になりたくない
市民経済局長:とんでもないことだ。私どもは議会軽視ではなく、委託について、否決や減額修正されればその時点で直しやり直す。田辺雄一(公明・千種区):姿勢として自分たちのことをあまりにも傲慢。謙虚でない。議会の審議を尽くして従うというルール無視。藤沢ただまさ(自民・南区):20日待てないことを4年間待てるわけないじゃないか。
 3/9公告資料をすべて出してほしい。
企画経理課長:電気などは典型的な例だが、4/1にどうしても必要性があれば4/1契約できる
田辺雄一(公明・千種区):必要性の条件は何か
企画経理課長:基準はない
田辺雄一(公明・千種区):自分で決めればいいというのはずるいな。
 市民を守るためにルールがあるはず。電気が来なくて困るのは市民。
 でも今は「あなた方と市長を守るため」市民を裏切っている。今後内規を作れ。これもルールが必要。
企画経理課長:今後契約について相談したい。
藤沢ただまさ(自民・南区):今回のこと一切隠さず出してほしい。だれが指示したのかも明記して。

岩本たかひろ(自民・緑区):アンケート無作為抽出とはどういうやり方か
名古屋城主幹:16区の人口比率によって年齢を配慮せず住民基本台帳で行う。これまでのアンケートもそうした。
岩本たかひろ(自民・緑区):タウンミーティングに来たかなど作為的ではなく無作為ということか
名古屋城主幹:18歳以上について行う
岩本たかひろ(自民・緑区):郵送か
名古屋城主幹:その通り
日比健太郎(民主・名東区):アンケートの詳しいものを出してほしい。(2)だけでなく(1)正しい情報についても出して。
名古屋城主幹:その通りにさせていただく
佐藤健一(公明・港区):副読本も送付する予定か
名古屋城主幹:タウンミーティングで使った資料を配る予定
佐藤健一(公明・港区):この委員会でもタウンミーティングは問題が多いと指摘があった。
 資料要求したい。ほぼ準備しているとしか思えない。
藤沢ただまさ(自民・南区):この前の答弁を訂正してもらわんとだめだ
市民経済局長:答弁の通り調整中であり、それは出せない
藤沢ただまさ(自民・南区):嘘の上塗りはいけない

田辺雄一(公明・千種区):財源フレームについて、今の時点からがっちりしたものを作り、
 研究会などを行ってチェックしてもらったものを議会に出してくるのよね。
 「議会に見せた」というアリバイ作りなら迷惑
名古屋城主幹:今年度中に検討し、4月になったら議員に示せるようにしたい
田辺雄一(公明・千種区):財源フレーム案を作る際、入場者数の盛りすぎなど客観性がないものではなく、
 あらゆる資料について市民に客観的に説明ができるものでないといけない。
 計画に実現性があるのか、入場者数は過剰ではないか。その判断までアンケートで判断させるというのか。
 はたして時間を見込んでいるのか。経営コンサルや銀行など客観的な意見が入り、
 それでも議会は文句を言う。「議会は何をやっとんたんだ」と言われないために。
 日程的なものは大丈夫なのか。
名古屋城所長:資料28ページの日程になっている。収支バランスについて収入をどう見込むか。
田辺雄一(公明・千種区):日程は
名古屋城所長:議会報告をするのは、財源フレームを作る日程、収入が見こめるか、何年で償還するか、、、
田辺雄一(公明・千種区):3/27にプロポーザルが決定する。費用がいくらかかるのかも私たちは知らない。
 そこから印刷するのなら、議会の意見を聞く気がない。アリバイ作りだ。
 具体的な日程で出して。隠し事がいっぱいある。アンケート発送する日は決まるだろう。
 印刷、封緘もわかるはずだ。恥ずかしくない財源フレームを作らないといけない。
 今日が3/14、議会にかけるのはいつか。あなた方の案ができるのは何日か、客観的な資料にするにはいつか。
 そのような審議会をしないということか。
 
伊神邦彦(自民・千種区):特別会計設置には総務省が許可しないといけない。まさか申請出してないよね。
企画経理課長:起債申請の際は、その旨意思決定し、予算が通った後に行う。当然議会を通してから。
伊神邦彦(自民・千種区):そうでしょう。総務省としているの?説明できない?総務省は簡単に許可を出すのか。
 特別の起債は何日でおりるのか?
企画経理課長:総務省は正式に申請すれば年度内に許可が下りる。どの程度なのかは財政局と調整してから回答する。
 今はこういったことがあると情報提供している状況
伊神邦彦(自民・千種区):名古屋市役所内の財政局との調整をしていないのに議会に持ってくるな!
 何を考えているのか。
企画経理課長:概算のシミュレーションはしている。
伊神邦彦(自民・千種区):予算を1円まで出してほしい。総務省との交渉状況を出してほしい。

岡田ゆき子(共産・北区):タウンミーティングでの市長の発言は正しいことを言っているのか確認したい。
 収支の確認できるもの。
 また、史実に忠実なものとあるが、建築基準法や消防法などを守らないといけない。
 北区のタウンミーティングでは、木造6階建ては建築基準法違反だと言っていた。
 認可するのはどこか。どこで審査するのか。意見交換の概要だけでは糸が分からない。
 委託のためのまとめがあるはずなのでやり取りがほしい。
名古屋城主幹:議事録はかなりのボリュームがある
岡田ゆき子(共産・北区):概要だと質問の意図が分からない。概要を16区分提出してほしい
名古屋城主幹:水準書は12/2に公告を出した

委員長:次回3/15(火)10時からの委員会で上下水道局関係が終わった後。


16/3/10 田辺名古屋市議「『名古屋城天守閣木造化2万人アンケートで財源フレームを盛り込む』って本気か?」

16/3/10名古屋市議会経済水道委員会で、名古屋城天守閣木造化について議論がなされ、田辺雄一市議(公明・千種区)は「4月中下旬に行う予定の名古屋城天守閣木造化2万人アンケートに財源フレームを盛り込むとあるが本気で言っているのか?」と発言し、委員会室が一気に緊張しました。

田辺市議は「河村たかし名古屋市長は、税金を1円も使わず100%起債で行うと発言している。それには収支計画が必要だが、過去の役所の収支計画を見る限り、あまり信用できない。専門家やコンサルを入れて収支計画を立てるのが誠実なやり方であるが、3月末に優先交渉社を選定し、その後わずかな時間で財源フレームを作れるのか?」と追及しましたが、市は「財源フレームのアウトラインを示したい。アンケートを送る前に市議会にも説明したい」と述べるだけでした。

また、藤沢ただまさ市議(自民・南区)の「需要予測が外れた場合、税金を投入するのか。その場合限度は法的に定められているのか」という質問に対し、市は「限度は把握していない」と述べるだけでした。

伊神邦彦市議(自民・千種区)は、ゼネコンと契約後、市の責任で工事が遅れた場合、税金でゼネコンに工事費の補償をする必要があるのか質問しても、市は「そうならないようにしたい」というだけでした。

田辺雄一市議(公明・千種区)の「河村市長は、大阪城木造化の動きがあるとタウンミーティングで発言した。大阪市に確認したが、大阪城木造計画は市としてはないと回答した」という発言に対し、「河村市長に確認したところ、民間事業者の動きはあり、間違っているとは考えていない」と述べるなど、市民の常識とかけ離れた答弁を行いました。

委員会は朝10時から名古屋城については2時間ほど議論したほか、番号カード、空き家問題、大規模展示場のことなど議論が白熱し、午後4時20分ごろまで続きました(途中1時間昼休憩あり)。
16/3/9朝日新聞には「ある市議は、市長の思い入れが強い名古屋城天守閣の木造復元の予算案などについて『厳しい目を向けざるを得ない』と語った。」とあります。
経済水道委員会を傍聴した人は8名と大変関心が高かったです。はじめて傍聴した人は「名古屋城天守閣木造化について詳しく知らなかったが、本日やり取りを聞いて反対になりました」とのこと。

次回は3月14日(月曜日)午前10時から経済水道委員会があります。ぜひ傍聴ください。ネット中継あり
http://www.gikai-tv.jp/dvl-nagoya/

以下名古屋市民オンブズマンが作成した傍聴まとめです。
----------
16/3/10 名古屋市議会経済水道委員会(名古屋城部分)

岡田ゆき子(共産・北区):タウンミーティングで、市長は「400万人来れば500円で年間20億円」と発言したが根拠は?
名古屋城総合事務所管理課長:市長の独自の情報網で発言された。今後検討していく。
岡田ゆき子(共産・北区):現在の入場者数165万人のうち、障害者割引などの割合は?
名古屋城総合事務所管理課長:164万人のうち有料入場者が134万人、81.9%。
岡田ゆき子(共産・北区):現在名古屋城関係で費用はいくらかかっているか?
名古屋城総合事務所所長:人件費3.2億、管理費3.9億、本丸御殿1.4億。合計年間8-9億かかっている。収入は6.3億円ほど。
岡田ゆき子(共産・北区):今後収支計画はどうするのか。
名古屋城総合事務所所長:市長は「400万人来れば500円で年間20億円」と発言した。
 現在、ゼネコンが2社応募があった。今後、概算事業費に応じたフレームで収支計画を作成したい。
岡田ゆき子(共産・北区):タウンミーティングの議事録を見たが、「税金がかからなければよい」という意見が多かった。
 今後アンケートをする際、運営費についてはいくらとするのか。
名古屋城総合事務所所長:ゼネコンから概算事業費が出てきてから内訳を示したい。

岩本たかひろ(自民・緑区):そもそも2万人アンケートの位置づけはどうなのか?
名古屋城総合事務所所長:ゼネコンから概算事業費が出てくるので内訳を示したい。
岩本たかひろ(自民・緑区):アンケートでは正しい情報を出さないといけない
名古屋城総合事務所所長:それは市長も言っている
岩本たかひろ(自民・緑区):2万人アンケートは判断基準だったはず。しかし「参考」と言っている。市長はぶれてきたのか?
 市長は名古屋城に関して臨時会をする、という話も聞くが?
名古屋城総合事務所所長:4月中旬から下旬にかけて2万人規模のアンケートを開催したい。それと別に、市民の方に
 ゼネコンからの提案についての報告会も開催したい。
岩本たかひろ(自民・緑区):アンケート回収はいつごろまでにするのか
名古屋城総合事務所所長:ゴールデンウィークをめどにしている。
岩本たかひろ(自民・緑区):今後のスケジュールについて、どのような手続きがあるのか
名古屋城総合事務所所長:今後予算を提出することになる
岩本たかひろ(自民・緑区):予算というのは来年2月のことか
名古屋城総合事務所所長:補正予算を考えている
岩本たかひろ(自民・緑区):6月補正なのか
市民経済局長:必要な時期に補正予算を提出したい

田辺雄一市議(公明・千種区):タウンミーティングを聞いたが、「まともに議論するのも苦しい」と感じた。
 市に聞きたいが、「名古屋城天守閣木造化2万人アンケートに財源フレームを盛り込む」とあるが本気で言っているのか?
名古屋城総合事務所所長:アンケートではアウトラインは示したい。
田辺雄一市議(公明・千種区):市長は100%起債と言っているが、100%起債で箱モノを作った事例が全国的にあるのか?
企画経理課長:確認したところ、名古屋市では前例はない。全国であるかどうかは把握していない。
田辺雄一市議(公明・千種区):特別会計をたてるには収支計画が必要だが、そのプロセスを踏んだのか。
 収支が均衡していることが必要。
 私は役所が出す収支計画をあまり信用していない。あおなみ線しかり、リニモしかり。
 当然検討委員会を立ち上げて専門家に見てもらって、コンサル入れて作るというのが誠実なやり方である。
 また、所管事務調査を行って議会でもチェックを行うのが当然だ。
 そうでなければ市民を惑わすことになる。
名古屋城総合事務所所長:議会で説明してからアンケートを発送する予定。
田辺雄一市議(公明・千種区):どこが責任を持つのか。
 収支計画について、不確定で誤っていれば出せない。
 建設計画だけはゼネコンが責任を持つとなっている。
 
日比健太郎(民主・名東区):「正しい情報」とはなにか?
名古屋城総合事務所整備室主幹:タウンミーティングの際、公平な情報を伝えてきた
日比健太郎(民主・名東区):現在、どうアンケートを取るつもりなのか資料を出してほしい。
 是を導き出すものなのか、○を付けるアンケートなのか。公平性をどう認識しているのか。
名古屋城総合事務所整備室主幹:1)優秀提案がよいか 2)耐震改修がよいか 3)その他
日比健太郎(民主・名東区):資料でアンケート案を出してほしい

藤沢ただまさ(自民・南区):アンケートを実施する前に委員会で確認したい。議会側に判断する機会があるか?
名古屋城総合事務所整備室主幹:そのようにしたい
名古屋城総合事務所所長:4月上旬に議会にゼネコン案とともにアンケート項目など説明したい。
藤沢ただまさ(自民・南区):技術提案を決める前に議会に示すのか?
名古屋城総合事務所所長:3月中にに学識経験者が優秀提案を選ぶ。
藤沢ただまさ(自民・南区):議会に諮るのか?
名古屋城総合事務所整備室主幹:3/20に今後の審査について先生方の意見を聞く。
 3/27にゼネコンヒアリングを行い、学識経験者が評価する。
 その後市が判断する。
 新年度早々、財源フレームを議員各位に説明したい
藤沢ただまさ(自民・南区):アンケートは議会がチェックできるのか
名古屋城総合事務所整備室主幹:市のゼネコン判断について議会に説明したい
藤沢ただまさ(自民・南区):議会はおかしいと言えないのか
総務課長:優秀提案を決定するのが市。それを進めるかどうか議会に諮りたい。
藤沢ただまさ(自民・南区):100%起債という計画だが、スタート後にできない場合はどうなるか
名古屋城総合事務所整備室主幹:「できない」ことがないようにチェックしたい。
 災害等で遅れる場合以外は精査したい
藤沢ただまさ(自民・南区):市の需要予測は甘い。税金を投入するのか。
市民経済局企画経理課長:100%起債の場合、観光その他事業債となり、公営企業と同様総務省の同意がいる。
 支出が多くなった場合、その時点で考える。
藤沢ただまさ(自民・南区):その場合どうなるのか
市民経済局企画経理課長:補助金や寄付など対応できる限りしたい
藤沢ただまさ(自民・南区):やむを得ない場合はどうなる?
市民経済局企画経理課長:一般会計からの繰入・補てんは全くしないわけではない
藤沢ただまさ(自民・南区):繰入額の限度はどうなっている?
市民経済局企画経理課長:限度額の法的な点については把握していない。今後財政局と調整していきたい。
藤沢ただまさ(自民・南区):枠組みについて資料を出してほしい。総務省に計画を出す前に議会に諮るのか?
市民経済局企画経理課長:収支計画については議会に報告をする。

伊神邦彦(自民・千種区):民間が工事し、文化庁への許可は市が出す。
 政府の許可関係が遅れた場合、契約ではどうなっているのか?
名古屋城総合事務所整備室主幹:復元検討委員会を経て、ゼネコンが主体的に資料を作る。
 受付窓口は市だが、スピード感は事業者に持ってもらいたい。
伊神邦彦(自民・千種区):文化庁と交渉するのもゼネコンか?地下埋蔵物をどうするかなど、責任はゼネコンなのか市か?
名古屋城総合事務所整備室主幹:市が全力を挙げるが、責任の所在は、、
伊神邦彦(自民・千種区):責任が曖昧模糊としている。このままでアンケートを市民に投げかけるのか。
 文化庁がノーと言ってもゼネコンが責任をとるのか?
名古屋城総合事務所所長:内容に応じての責任がある
伊神邦彦(自民・千種区):市の責任で工事が遅れた場合、全額市が税金で負担しなければならないのか?
名古屋城総合事務所所長:市の責任で工事が遅れた場合、また議会に諮って、、
伊神邦彦(自民・千種区):議会は関係ない。だめに決まっている。「全部責任をとる」ごまかし言っちゃあかん。
市民経済局副局長:ご心配をおかけしているが、そんなことがないようにしたい。先生に責任を取らせるわけではない。
伊神邦彦(自民・千種区):結局市民にツケが回る。市長の判断で残った人が税金で払う。
 文化庁は5年はかかると言っているが、4年でやろうとしている。とんでもない話。笑い話だ。

藤沢ただまさ(自民・南区):確認だが2020年目指しているのか?延ばすと白紙か?
名古屋城総合事務所整備室主幹:2020年で進めている。
藤沢ただまさ(自民・南区):昨年委員会で文化庁とやり取りの説明がったが、その後の文化庁とのやりとり資料がほしい。
名古屋城総合事務所整備室主幹:資料は出せる

佐藤健一(公明・港区):アンケートに財源フレームを書くとのことだが、国への補助金申請の動きはあるのか?諦めたのか?
名古屋城総合事務所整備室主幹:先日も国土交通省と補助金の打ち合わせをした。
佐藤健一(公明・港区):形ができていないとアンケートできない。あれだけ市長が答弁した。
名古屋城総合事務所所長:できにくい
佐藤健一(公明・港区):国や県への働き掛けのほか、寄付は集めるのか?100%起債は本気か?
市民経済局長:関係局と相談していきたいが、資料は出せない

田辺雄一(公明・千種区):ゼネコン3社から結局2社になった。
名古屋城総合事務所整備室主幹:当初安藤ハザマ、竹中工務店、清水建設が応募があったが清水建設が下りた。
田辺雄一(公明・千種区):清水建設が下りたのは衝撃を受けた。首里城を建設したゼネコンでも厳しいと判断した。
 なぜ清水建設は技術提案しなかったのか?
名古屋城総合事務所整備室主幹:辞退届が出された。理由は今後聞きたい。
田辺雄一(公明・千種区):ぜひ本議会中に聞きたい。2020年はきついハードルだったと重く受け止めたい。
 市議会として判断するのに有益だ。
名古屋城総合事務所整備室主幹:今後話したい。ただ議会中に回答できるか確約できない。
田辺雄一(公明・千種区):2020年に間に合わなくても、2027年ならできたかもしれない。
 高い値段で契約し、ずるずる間に合わないとするのはアンフェアだ。
名古屋城総合事務所整備室主幹:おっしゃるとおり。
田辺雄一(公明・千種区):設計費をかけ、着工するが「無理ですわ」となったら勇気を持って立ち止まらないといけない。
 その場合、フェアな形でやる必要がある。ところで技術提案についてどちらもなしはあり得るのか。
名古屋城総合事務所整備室主幹:現在計画を確認中。どちらもなしはないわけではない。
田辺雄一(公明・千種区):だれが判断するのか、有識者の名簿と名前を出してほしい。

鎌倉安男(減税・守山区):2020年にできるという計画か。
名古屋城総合事務所整備室主幹:2020年7月完成必須で募集している
鎌倉安男(減税・守山区):正しい情報を出さないといけない。財政局とこれから議論しないと。市長の真意を聞いて。
 
西山あさみ(共産・中区):タウンミーティングでの市長発言は局としての考えなのか
市民経済局長:部下として取り組んでいる。タウンミーティングで補足はしてきた。
 市長はご自分の考えをご自分の言葉で話された。
西山あさみ(共産・中区):一致しているのか?
市民経済局長:方向性としては一致している
西山あさみ(共産・中区):全額起債、400万人など、所管事務調査になかった。市長がいきなり言いだした。
 局としての考え方が違うならば、タウンミーティングは間違った情報ではないか。
市民経済局長:100%起債でできるか確認している。
西山あさみ(共産・中区):私たちも初めて聞くこともあった。

田辺雄一(公明・千種区):タウンミーティングに出たが、とにかくひどかった。
 市長と進行係のコーディネーター。城が好きな方で「資料が残っているのは名古屋城だけ」とあれでは論客だ。
 パネリストならともかく、コーディネーターのを選んだ市の人選もどうかと思う。
 さらに、市長は「江戸城も木造計画、大阪城も木造計画があり、先に作られるとジ・エンド」と述べた。
 大阪城を持つ大阪市に確認したが、コンクリ耐震改修したばかりで、市として木造計画はないとのこと。
 発言は公式に言っているのか?
名古屋城総合事務所整備室主幹:市長はいろいろな情報網を持っている。
 大阪市に確認したが、現時点では木造化について検討していなく、請願も寄せられていないとのこと。
田辺雄一(公明・千種区):嘘は訂正しないと。事実と異なる部分の資料を出してほしい。
名古屋城総合事務所所長:その点、市長に確認したが、民間事業者の動きがあり、私どもは間違っているとは考えていない。
市民経済局長:大阪市は、行政が音頭を取ってはいないが、民間の動きがある。
 間違っているというわけではない。間違った点の資料というのはご容赦いただきたい。
田辺雄一(公明・千種区):事実とは一体何なのか。大阪市役所がないということを、あなた方はあると言えるのか
市民経済局長:市長の真意としては民間の方の意見とのこと。
田辺雄一(公明・千種区):そんなことタウンミーティングの議事録に書いてないでしょう。
 市民にどう伝わったのか。事実を曲げるのか。あなた方が確認した事実を出してほしい。
 また、市長に「大阪城木造化の動きがある」とだれが言ったのか確認してほしい。
 減税の時も「俺の同級生が減税できると言っていた」と言ったが、どこの誰だか言ってくれ。
市民経済局長:相手があることだから、、、
田辺雄一(公明・千種区):相手が出てこなければ、市長の作り話とみなす。

岡田ゆき子(共産・北区):タウンミーティングは何のために行ったのか。正しい情報を出すとは何だったのか。

鎌倉安男(減税・守山区):疑問に思っていることについて、市長を委員会に呼んで直接聞いてみては?
議員多数:いらんいらん



16/2/23 名古屋城木造化タウンミーティング 職員作成メモも「不存在」

2015年12月6日〜2016年1月17日に市内16区で開催された「名古屋城天守閣の整備タウンミーティング」の内容がわかるものが「不存在」となった件で、「職員の作成したメモ」「録音」「要点筆記」を新たに情報公開請求したところ、16/2/22にいずれも「不存在」となりました。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160222.pdf

・2015年12月6日〜2016年1月17日に市内16区で開催された「名古屋城天守閣の整備タウンミーティング」の際
 市民経済局長 宮村喜明
 市民経済局副局長 千田博之
 市民経済局名古屋城総合事務所長 下山浩司
 市民経済局名古屋城総合事務所 寺本秀樹
 が作成したメモ
→公開請求に係る行政文書として作成又は取得しておらず不存在であるため
 備考 タウンミーティング会場にて、上記職員が作成したとされるメモにつきましては、質疑に備えて、個人の段階で作成したものであって、組織として管理しておりませんので、申し添えます。

名古屋市情報公開条例には以下規定されています。
http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000001423.html
第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。 (2)行政文書 実施機関の職員(市が設立した地方独立行政法人の役員を含む。以下同じ。)が職務上作成し、又は取得した文書、図画(写真及びフィルムを含む。以下同じ。)及び電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。以下同じ。)であって、当該実施機関の職員が組織的に用いるものとして、当該実施機関が管理しているものをいう。
名古屋市はタウンミーティングの終了後、概要を取りまとめる方針とのこと(まだ概要は公表されていません)。
概要を作成するには上記メモが必要だと考えますが、「組織として管理していない」として市民に非公開です。

名古屋市は市民の意見を聴く場としてタウンミーティングを設定したにも関わらず、市として詳細を公表しないという態度は全く理解できません。

このように市民に情報を伝えないまま、名古屋城木造化に突き進むつもりなのでしょうか。


16/2/18 名古屋城天守閣木造化 2万人アンケート前の「説明会」は情報操作の懸念あり

名古屋市は16/2/12に2016年度当初予算案を発表し、「名古屋城天守閣の整備検討」として2987万8千円を計上しました。
・名古屋市 おもな施策等一覧
 観光文化交流局(市民経済局)名古屋城天守閣の整備検討
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160212-1.pdf
・平成28年度名古屋市各会計予算
 http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000079510.html

詳細について名古屋城総合事務所整備室に16/2/18に電話で問い合わせしました。
・「技術提案・交渉方式の公募結果等の報告会」の詳細は、16/2/12中日新聞夕刊に記載された程度しか決まっておらず、現在検討中である。
  
2016/2/12中日新聞夕刊
   アンケートは、ゼネコンからの技術提案を受け、計画概要が明確となった段階で実施。無作為抽出の十八歳以上の二万人を対象とした郵送方式で、設問は今後検討する。詳細な説明資料やDVDを添えるほか、四月下旬に計五回開催する技術提案の公募結果の報告会を案内。木造復元構想を十分に理解してもらった上で回答してもらう考えだ。
・「課題等検討会」は必要があるだろうとして予算計上した。整備の方向性が決まった場合、必要に応じて開催する予定である。
 
今後開催される「報告会」が、名古屋市の一方的な説明会に終わってしまうのであれば、市民からの疑問点が伝わらないままアンケートに回答する危険性があります。

名古屋市は、「2万人アンケートが現在考えられる最も民主的手法だ」としていますが、日本でも世界でも「熟議民主主義」に基づく討論を経て政策決定を行う手法が多数行われています。
(討議制意見調査、コンセンサス会議、計画細胞、市民陪審制)

「少なくとも1年間程度時間をかけ、市民内でも熟議を尽くしてから方針を決めるのが『民主主義発祥の地ナゴヤ』にふさわしいのではないか」という意見を市に出したところ、まともな回答はありませんでした。
・「平成28年度予算要求内容の公開」に対する市民意見の内容及び市の考え方
 http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-6-2-13-1-7-0-0-0-0.html

2/19から開催される名古屋市議会においては、アンケートの中身は当然として、タウンミーティングの二の舞にならない「説明会」のありかたを議論してもらいたいです。

-------
参考文献
『市民の政治学 討議デモクラシーとは何か』篠原一 岩波新書 2004
『熟議の理由 民主主義の政治理論』田村哲樹 勁草書房 2008
『人々の声が響きあうとき 熟議空間と民主主義』ジェイムズ・S・フィシュキン 早川書房 2011
『市民協働になぜ熟議なのか?』田村哲樹 「生涯学習政策研究」 悠光堂 2013


16/2/8 「名古屋城天守閣木造化タウンミーティングの内容がわかるもの」1月中も作成せず 今後概要作成と説明

「16/1/10〜1/17に名古屋市が主催して開催された名古屋城天守閣木造化タウンミーティングの内容がわかるもの」を名古屋市に情報公開請求したところ、作成又は取得しておらず「不存在決定」が出ました。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160204.pdf

●行政文書の名称
 2016年1月中に各区で開催された、名古屋城天守閣の整備タウンミーティングの以下内容が分かるもの
 ・区長開会あいさつ
 ・市長あいさつ
 ・参加者の皆さんとの意見交換
 ・閉会のあいさつ
●公開しない理由
  公開請求に係る行政文書を作成又は取得しておらず不存在であるため
●備考 
 16区でタウンミーティングが完了し、今後、その概要を取りまとめてまいりますのでよろしくお願いいたします。

タウンミーティングで様々な意見が出ましたが、「この意見をどう公表するのか」という質問は会場からはありませんでした。(上記質問しようと手を上げても1回も当たりませんでした)。すでに最初のタウンミーティングから1カ月以上たっており、内容を市民に公表しないのは発言した人に失礼ですし、参加できなかった市民にも失礼です。

タウンミーティング中、聴覚障害者のためにパソコンで文字起こしをし、プロジェクタで投影していました。
また、会場からの質問を前に並んでいた市長をはじめ市職員全員がメモを取っていました。
それすら非公開ということです。

名古屋市民オンブズマン関係者は16区中15区に出席しましたが、そのような人は会場では誰もいませんでした。
せいぜい3,4回出席する人がいたくらいです。
しかし、壇上に上がっている市職員は毎回出席していましたので、当然内容は知っています。
それを市民に公開しようとしないというのはいかなる理由なのか全くわかりません。

今後2月議会で名古屋城木造化について議論されると思いますが、タウンミーティングでなにが問題とされたか市民にも議員にも公開されずに進めようとするやり方は到底許せません。

今後早急にどのような対応をするのか検討していきます。

16/1/26 「名古屋城天守閣木造化タウンミーティングの内容がわかるもの」作成せず 今後概要作成と説明

15/12/6〜12/23に市が主催して開催された名古屋城天守閣木造化タウンミーティングの内容がわかるものを名古屋市に情報公開請求したところ、作成又は取得しておらず「不存在決定」が出ました。
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/160125.pdf

●行政文書の名称
 2015年12月中に各区で開催された、名古屋城天守閣の整備タウンミーティングの以下内容が分かるもの
 ・区長開会あいさつ
 ・市長あいさつ
 ・参加者の皆さんとの意見交換
 ・閉会のあいさつ
●公開しない理由
  公開請求に係る行政文書を作成又は取得しておらず不存在であるため
●備考 
 16区でタウンミーティングが完了し、今後、その概要を取りまとめてまいりますのでよろしくお願いいたします。

タウンミーティングで様々な意見が出ましたが、「この意見をどう公表するのか」という質問は会場からはありませんでした。(上記質問しようと手を上げても1回も当たりませんでした)。すでに最初のタウンミーティングから1カ月以上たっており、内容を市民に公表しないのは発言した人に失礼ですし、参加できなかった市民にも失礼です。

15/12/14に名古屋城総合事務所管理課に12/12市長発言の根拠を問い合わせたところ、「発言概要がまだまとまってない。今週中に回答する」とし、12/18に回答を電話で得ています。その時点で何らかの概要は作っていたはずです。その後も、録音や職員メモなど、内容が分かるものはあるはずです。
名古屋城総合事務所には誠実さのかけらもありません。

今後2月議会で名古屋城木造化について議論されると思いますが、タウンミーティングの詳細がどこまで明らかになるか不明です。
このようなやり方は到底許せません。

そもそも、議会が業者への設計予算を認める際タウンミーティング開催を要望しましたが、タウンミーティングの詳細をきちんと決めていなかったのが問題でした。時間も限られ、市長の独善的演説も許し、コーディネーターの横暴も許してしまった議会の責任も重いです。
これまでもタウンミーティングでは同様のことが起こっており、何回繰り返せば気付くのでしょうか。

16/1/26には、2016年1月中のタウンミーティングの内容が分かるものを情報公開請求しました。
今後早急にどのような対応をするのか検討していきます。


16/1/22 名古屋城天守閣木造化 15/11/29有識者意見聴取会 有識者「文化庁との協議は市か業者か」

名古屋市は15/11/29に「名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)による公募型プロポーザル実施に伴う意見聴取会」を非公開で開催しました。 議事録、配布資料、録音を情報公開請求したところ、16/1/19に録音以外全部公開されました。(録音は外部委託のため作成又は取得しておらず不存在)
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/151129-1.pdf

事務局補助として(株)安井建築設計事務所が入っていることが分かります。

また、麓和善委員は文化庁との協議について以下述べています。

麓委員)名古屋城跡は特別史跡という文化財なので復元工事をするときには文化庁の復元検討委員会に試案を諮って、そこの許可が得られないと工事そのものに着手できません。先ほどの事業想定スケジュールにはそれが全く入っていないですよね。少なくともそれが得られないと工事着手ができないわけですね。許可申請はゼネコンなどにできるわけではなくて、やはり市や県の教育委員会経由で文化庁に申請しなくてはなりません。そういうことがある一方で、業務の実施方針のところの業務内容の理解度には、特別史跡内での業務であることとか、史実に忠実な復元であることということは書かれているのですけど、じゃあ、特別史跡内でどこまで許されるのかだとか、史実に忠実な復元というのはどの程度までのことを言うのかっていうことについては、多分一般の建設会社では大きなところでも普段そういう仕事はしていませんから分かりにくいと思うのですよね。ですからもし設計条件・施工条件ということで事前に提示するのであれば、その辺をどこまで許されるものかということについてある程度示してやらないと、応募する方も難しいと思うのですけどね。

寺本主幹)資料の4に業務要求水準書というのがあります。(特別史跡における条件の説明)これらに書いてあります。これは文化庁に行きまして内容のご確認をいたしております。

麓委員)ここに書かれているようなことはごく基本的なことで、実際に設計しようとしたらこれが触れることになるのか、可能なことなのかという判断にずいぶん迷ってくると思うのです。そういうときに、先ほどの別紙1求める技術提案書、別紙1の工程計画のところで調査・設計(文化庁との協議・手続き)と書いてあるとおり、文化庁との協議・手続きを設計業務の中として候補者にやらせるのか、それともそれは市がやることなのかっていうことの判断をはっきりさせておく必要がある。

河村市長)それはまあ私どもがやります。しかし業者さんにもやっぱり行ってほしいですね。年に2回、3回ともっと会合をやってくださいとかね。

麓委員)まずは文化庁の復元検討委員会が通らないと実現しない話ですから、そうすると点数の配分みたいなことがどうなるか。

下山所長)今のお話では文化庁の現状変更許可はこれも必須になりますから、それはまず提案をいただく際の前提条件にもなりますし、通常で行くと基本設計レベルの段階で現状変更の申請というか復元検討委員会の場、年2回ないし3回やって実績にするという手順がありますので、今の提案をいただく中で当然念頭においていただいて、我々としても一緒にそれはクリアにしていくという、間に合うように努力をしていくという形になろうかと思います。

名古屋市が発表した「名古屋城天守閣整備事業にかかる技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)による公募型プロポーザル実施説明書 平成27 年12 月(平成27 年12 月10 日更新)」では、以下記載があります。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_02.pdf
工程計画(指定様式)(木造復元先行、石垣工事後施工とする。)
・調査、設計(文化庁との協議、手続き)

業務要求水準書には以下あります。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_03.pdf
1.名古屋城天守閣整備事業
本事業について、下記の業務を行う。
(1) 設計業務(基本設計、実施設計、施工技術検討)設計、積算及び必要となる調査、文化庁等関係団体等との打合せ、行政手続き(文化財保護法、建築基準法、消防法等関係法令に関わる手続の全て。)及び施工技術検討(設計と施工の一体的なマネジメントを図るとともに、コスト縮減、工期短縮の実現に向けた取り組みを行うことをいう。)
(2) 関係法令等に基づく行政手続きに必要な調査及び実験等業務
・ 文化財保護法に基づく現状変更許可の申請に必要な学術調査等
・ 建築基準法第3 条の適用に必要な構造及び防火・避難上の安全性を証明するために必要な調査・実験等
・ その他、関係機関との協議において必要となった調査・実験等
(3) 工事施工業務(工事施工)
 解体工事、木造復元工事、石垣工事、必要となる調査、行政手続き
 
回答書(第2回)〈平成27年12月22日公表〉では以下記載があります。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/17_topics/271202/dwl/koubo_05.pdf
【質問】文化庁並びに諸官庁への申請・協議が必要であるが、概ねどれくらいの期間を見込めばよろしいでしょうか。
【市回答】公募手続き以外の質問事項と考えます。競争参加資格確認後に質問していただくようお願いします。

上記を読んでも、結局誰が文化庁と協議をするのか、期間はどの程度なのかは分かりません。
責任の所在が極めてあいまいです。

--------------------
なお、エレベーターについても議論がなされております。
麓委員)そのことについてなんですが、結局先ほど言われた木材調達と構造計画とバリアフリーの話と防災避難計画は、それが史実に忠実な復元に対してどこに折り合いを付けられるかということになってくるのです。ですから先ほど私がお話しさせてもらったのは、その4つの項目については、史実に基づいてどうバランスを取るかっていう提案を求めているというように私は考えます。

河村市長)エレベーターなんかどうなる。作らざるを得ないと提案すると史実に忠実ではないところで0点になる、どうなのですか

麓委員)それはですね、一旦史実に忠実なものを作っておいて、それ+α現代の活用のために何かを加えるとか、あるいはエレベーターじゃなくても、耐震補強が必要であれば、かつては無かった補強も許されます。ですから基本としては史実に忠実で、+α今の耐震診断にちゃんと適合する。そして活用もある程度考慮するということは認められています。

瀬口委員)そういう言い方をしたらさっき麓さんが最初に言った、いわゆる上の加工、石垣のこと、それも石垣を後から手を入れるという前提の中で現在の技術で変えていくことは、私は全く同じ土俵で評価できる形じゃないかと思うのだけど。

麓委員)それがですね、そういうことを文化庁の復元検討委員会でこれまで認めているかというと全く認めてないものですから。結果がある程度見えてくるものですから、そういうことは担保しておかないといけません。

エレベーター問題について業者がどのような提案をしてくるのか、文化庁はどう判断するのかも現時点ではさっぱり分かりません(麓委員はエレベーター設置は文化庁は認めないとしています)。そんな中、2020年オリンピックに間に合わせようとする市の方針は無謀ではないでしょうか。

-------
一級建築士 高橋 和生氏 facebook
https://www.facebook.com/kazuo.takahashi.545/posts/718247078311414


16/1/20 名古屋城天守閣木造化 400億なら利子183億円、毎年442万人必要と市試算

河村たかし名古屋市長は16/1/18の市長定例記者会見で、税金を1円も使わずに天守閣を木造化できる試算として、30年公募債利率1.527%、入場料500円なら、建築費が400億円の場合利子だけで183.24億円、入場者442万1600人を23年間続けなければいけないという資料を発表しました。
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000078784.html
・16/1/18 市長記者会見(動画あり)
 http://www.city.nagoya.jp/mayor/page/0000077836.html

資料を作成した市財政局財政部資金課に確認しましたが、「必要な入場者増数」と記載はしてあるものの、入場者数の意味とのこと。
(公債償還基金に積み立てる計算。基金に積む額は5年据え置いて4%づつ積み立てる。25年で100%返済。特別会計設置を念頭に置いている)

木造天守閣だけでなく本丸御殿をはじめとする名古屋城全体の管理費や維持費は上記試算に含まれていませんし、いくらかかるのかも試算されていません。

なお、上記試算は有料入場者数であり、無料は含めていません。
姫路城管理事務所に確認したところ、無料が7.8%とのこと。
 H27/4/1-12/31 総数232万8335人
 うち無料  18万0945人(7.8%)
 残り有料 214万7390人 

名古屋城入城者数は平成18年度-24年度で110万人-147万人、うち有料分は105万人-120万人です。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/56-2-2-9-0-0-0-0-0-0.html

この資料をもとに、名古屋市民の間で活発に議論されることを望みます。
(本来はタウンミーティングの前に市が作成して、市民に配布すべきだったと考えます)

--------- なお、上記資料が市公式ページに載るまでの経緯は別途まとめました。
http://www.ombnagoya.gr.jp/tokusyuu/nagoya/index.htm#160121

16/1/17 「名古屋城天守閣木造化に税金を一切使わないというなら市長は全責任をとれ」 天白区

2016/1/17に名古屋市天白区役所で行われた名古屋城天守閣木造化タウンミーティング(220名参加)において、会場から「2年前の市民アンケートで71%が耐震補修でよいと言っているのに、市長はどうして天守閣木造化を強行するのか。借金は税金で最終的に返すことになる。税金を一切使わないと市長が言うのなら一切の責任をとれ。市の事業は借金だけ残ることが多いではないか」との意見に対し「アンケートの前提が間違っている」と話をすり替え、全く誠実に回答しませんでした。
市長は来城目標を400万人とし、「市は努力しなければいけない」と、仮に目標達成しなければ市の努力不足によるものだと責任を回避する発言もまた繰り返しました。

天白区は賛成の意見ばかり当たり、しかも制限時間の3分を超えてもコーディネーターの瀬口哲夫・名古屋市立大学名誉教授はあまりきつく注意せず、「質問を終われ。他の人へ質問させろ」という会場からの発言でようやく賛成意見が終わりました。

会場からの意見も市長も「名古屋以外から来た客に対して、自慢できるところがない」と繰り返していますが、なぜ150億円もかけて作っている名古屋城本丸御殿を自慢できないのか大変不思議でたまりません。
私が名古屋城を外国人にボランティアで案内している人に聞いたところによれば、外国人は本丸御殿に対してあまり感動した、という声を上げず、「150億円かけて作っている」と言うと驚くとのこと。
名古屋城も同様のことになるのではないかと危惧します。

他に、4年程度の突貫工事で行うと、国宝級のものができるとは思えない、オリンピックまでだと資材が高騰しておりよくないのではないか、本丸御殿がもうすぐ完成するからそれを待ってはどうか、と言う意見がありました。

木造天守閣に使う釘は建設当時は砂鉄で作っておりさびにくかったが、現在の鉄鉱石で作った釘はさびやすいのではないか、という質問に対しては、市は「個別に回答する」と回答しませんでした。

会場からは「市長の品が悪い。わけのわからんことを言うな。市長の話が長い」と苦情が多くでました。また、天白区の発言者はすべて男性で、意見が極めて偏っていました。

名古屋市民オンブズマン関係者が参加したのは16回中15回。そのうち当たったのが2回のみです。タウンミーティングという名ではありますが、事実上市長の独善的発言を聞く会でした。少なくともゼネコンからの提案が出た後の3月以降に再度全区でタウンミーティングを行うべきですし、市民からの意見の時間をもっと長くすべきです。

----------
タウンミーティング終了後、「地下鉄名城線名城公園駅で1/17 15:33頃人身事故が発生し、名城線のダイヤが大幅に乱れている」と地下鉄駅で案内がありました。(市交通局によれば、線路内へ転落したのは男性(年齢不明)、負傷程度も不明)

2015/11/1には地下鉄鶴舞線庄内通駅で男子中学1年生が自ら軌道内に転落しました。いじめが原因だったと報道されています。他にも多くの市民が自ら命を絶っています。市交通局報道発表で確認できるだけで、平成27年度の地下鉄人身事故は7件に及びます。
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/about/press_release/008935.html

名古屋市としてまず行うことは市民の命を守ることではないでしょうか。心のケアやいじめ防止対策だけでなく、地下鉄可動柵を早急に取り付けることなど、市にはまだまだ行うべきことはあります。

また、1/17は阪神大震災から21年。特に名古屋市南部では、「木造天守閣より防災を」という声が多く上がりました。
市長は不要不急の名古屋城天守閣木造化に力を入れる前に、もっと市政全体に目を向けてもらいたいです。

16/1/16 「名古屋城天守閣木造化より志段味に下水道を、道路を」守山区タウンミーティング

2016/1/16に名古屋市守山区役所で行われた名古屋城天守閣木造化タウンミーティング(230名参加)において、会場から「中志段味では道も下水道をいまだについていない。土地区画事業は完全に失敗したが、市は全く責任を取らない。500億円も名古屋城天守閣木造化に使うなら、すぐにその金と優秀な人材を志段味に使ってほしい。いつまでボットン便所で暮らせばいいのか」という切実な願いが寄せられましたが、河村たかし名古屋市長は「下水道が通っていないのは申し訳ないが、それは別の問題」と全く誠実に回答しませんでした。
「地下鉄を通せ」「あれだけ反対があった守山市民病院民間売却を2013/4に行い、市民の意見を聞かなかったのはおかしい」という声にも答えませんでした。

河村市長は「国や自治体が借金漬けなら、どうして公務員の給料を上げるのか」と発言するなど、自ら16/1/5に市職員の給与を引き上げるよう求めている市人事委員会の勧告に従わず、据え置く意向を労働組合幹部らに伝えた事実と正反対のことをいうなど、発言が矛盾だらけです。

設計事務所に勤めている人や設計士から発言があり、「国土交通省から耐火、耐震、バリアフリーの点でそのままの復元は不可能ではないか」「地下に埋められているケーソン基礎は抜くのか」といった点が質問されましたが、名古屋市は「建築基準法3条4号1項に基づき、法の適用除外を建築審査会で認められばよい。ケーソン基礎は残してそのまま基礎とする予定」と回答しました。
会場から「ケーソン基礎について、RCの寿命は?」という声が上がりましたが、コーディネーターの瀬口哲夫・名古屋市立大学名誉教授は「手を上げて発言してください」というだけで市は質問に答えず、全く回答をしません。(木造天守閣が仮に1000年もつとしても、地下のコンクリートでできたケーソン基礎の寿命が40年程度で来たらどうなるのでしょうか)

会場からは「市役所職員も区役所職員もものすごく働いており、どこへ出しても恥ずかしくない。職員の給料を上げて欲しい。」といった声も上がりましたが、市長は「みんな公務員に優しいね」というのみ。

「平成11年に男女共同参画社会基本法ができてから15年以上がたったが、名古屋市には何人の女性局長がいるのか。2人だけではないか。まず女性の登用を」と言ったことには市長は「おっしゃるとおり」と言うのみ。会場で女性が手を上げても全くあてず、「女性を当てて」という会場の声に押されてようやく2人あてただけです。しかも瀬口哲夫名誉教授は「うちのかみさんみたいにおしつけがましい人」といって女性を当てました。その程度アピールしないと当たらない仕組みが問題である、という認識が全くありません。

「河村市長は木造天守閣を作ると外国から客が多く来るというが、『南京大虐殺はなかった』との発言でいまだに南京との交流は途絶えており、中国のパーティーが名古屋での開催から岐阜に変更になったと聞く。市長が中国からの客を減らしている」との発言に、瀬口哲夫名誉教授は「天守閣と関係のあることを発言ください」と注意し、市長は全く答えませんでした。

会場からは「ばかげた講演をどれだけ繰り返すのか。市長の漫談だ」という声、発言を求める女性に対して「うるさい」という男性などがいました。

タウンミーティング終了後、「私は朝3時までかけて原稿を作ってきて発言したのに、市長は全然関係ない方向を向いて話した。私に回答するのではないのか。市長の人間性を疑う」という意見を言った人がいました。

16/1/14 名古屋城天守閣木造化タウンミーティング 客席に緑区役所職員を動員

2016/1/14に名古屋市緑区役所で行われた名古屋城天守閣木造化タウンミーティング(170名参加)において、勤務時間外にもかかわらず、会場に緑区役所職員が多数「上から言われて」客席に動員されていたことが確認できました。
区政に詳しい人が知り合いの区職員に確認して判明し、市職員き章(バッチ)を付けている証拠写真も撮りました。
「あまりにも客席がさびしいといかんから」ということのようですが、ただタウンミーティングを聴くことが「残業」に当たるのか大変疑問です。
そのようなことをいう上司をもつ区職員の心情が思いやられます。
緑区役所は交通の便が悪いからと、傍聴途中で帰る区職員もいました。

河村たかし・名古屋市長は、タウンミーティングの最中ずっと市職員のことをひどく言い続けています。
これでは市職員は市長と一緒に事業を行おうという気にはなりません。
しかも、市民税5%減税の下、市政に必要な事業費まで削られおり、新規事業はまず認められません。
最も名古屋城天守閣木造化に反対しているのは市職員ではないでしょうか。

今回でタウンミーティングも14回目となり、会場からの意見はこれまでと似たようなものばかりです。どうしてこれまでのやり取りを文書化して会場に配らないのか不思議でたまりません。
また、会場は平日の午後6時半からということで、8割が60歳以上の男性で占められています(女性なら極めて高い確率であたります)。もっと別のやり方で228万市民に周知させる方法があるのではないでしょうか。
また、会場からの質疑と応答時間が45分程度しかなく、発言者も8名程度と限られてしまっています。
さらに、会場と市長とのやり取りがあるだけで、会場の参加者同士の意見交換がないのが大変残念です。

会場からの新しい意見としては以下の通りです。
・名古屋城を木造化する金があるのであれば、「河村奨学金」を作って学生の育成を
 →市長は全く答えず
・今回の配布資料はホームページのどこに載っているか
 →タウンミーティング終了後すぐに掲載すると事務局が回答。
・木造化したのち、観光客だけでなく映画撮影に使っては
 →検討する
・名古屋城にはカラスが多いので、タカ狩りでカラスを狩ってはどうか
 →カラスが多いとははじめて聞いた。 

河村たかし名古屋市長は、「木造にするには今決めるしかない。オリンピックに間に合わせなければ300年後まで待つしかない」と繰り返しますが、平成27年3月に名古屋市が作成した「名古屋城整備検討調査報告書」では、18年かかって復元するとあります。
 
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/H27-3houkoku.pdf
http://nagoya.ombudsman.jp/castle/150925.pdf
それがどうして4年後のオリンピックに間に合わせなければ木がなくなる、ということになるのか未だに理解できません。

河村たかし名古屋市長は、「名古屋市の市債1兆7237億円、地下鉄などを含めると3兆3000億円もの市債は実は借金ではない。市債を買った銀行や市民の資産だ」ということを繰り返し説明しています。
しかし、市から見ればどうみても借金ですし、市債を買える人は一定程度の資産がある人に限られてきます。
※市債が借金でないなら、どうして市民税100%減税をしないのか!
タウンミーティングで毎回前に並んでいる宮村喜明・市民経済局長以下、市幹部はどのような思いで市長の発言を聴いているのでしょうか。

戦国最強と言われた武田軍総大将、武田信玄は「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」と語ったといいます。
どれだけ城を強固にしても、人の心が離れてしまえば世の中を収めることができない。熱い情を持って接すれば、強固な城以上に人は国を守ってくれるし、仇を感じるような振る舞いをすれば、いざという時自分を護るどころか裏切られ窮地にたたされるという意味です。

河村市長が天守閣木造化について皮算用を熱弁すればするほど、市職員の意識は市長から離れていっています。
有権者たる市民が市長の扇動に惑わされることなく冷静に判断するしかないのでしょうか。

第7代尾張藩主である徳川宗春は、町民からほとんど税金をとらず一時的に町を活性化させるも藩財政は減り続け、藩士の規律も緩み、その後税金を上げて民衆の人気を失ったのち、竹腰正武ら家臣によりクーデターをおこされています。
歴史は繰り返すのか、それとも。。。有権者である市民が試されています。

16/1/13 「名古屋城天守閣木造化より下水道を、防災対策を」の市民の声 中川区

2016/1/13に名古屋市中川区役所で行われた名古屋城天守閣木造化タウンミーティング(170名参加)において、会場から「木造天守閣は大賛成だが、中川区にはいまだに下水道が通っていない地区がある。60年前に名古屋市と合併して、これでようやく下水道が通ると期待したがぜんぜんだ。しかもよその下水道が地区の地下を通っているにもかかわらず、いまだに話がないのはどういうことだ。まず下水を通してから天守閣を行ってほしい」といった切実な声がありました。
また、「中川区は0メートル地帯でかつ高台がない。名古屋城は市政の中の1つの問題であり、防災や高齢化社会、子どもの自殺などで今日のようなタウンミーティングを開いて市民の意見を吸い上げて欲しい」という声も上がりました。

芝康夫・中川区長は、初めのあいさつの中で以下述べました。
「名古屋市職員となってまもない昭和59年、テレビではタモリが『エビフリャー』などと名古屋をバカにしていた。そんなころ開催した名古屋城博で名古屋城の金シャチを降ろすイベントがあり、5万人以上が名古屋城に集まった。当時札幌市職員を招いて名古屋城を案内し、自嘲気味に『コンクリート製の天守閣だ』と紹介したところ、札幌市職員は大変感激していた。地元にいたら分からないが、名古屋城は3英傑ゆかりの地であること、外堀など構えが巨大で素晴らしいことなど心から感動していた。『札幌にはこんな観光地がない』とのこと。
振り返ってみれば、戦災で焼け残って現存する3層の隅櫓は他城の天守閣と遜色がない大きさだ。もっと名古屋城に自信を持ってはどうか」
暗に、名古屋城木造化しなくても現在の名古屋城が十分立派であって、もっと名古屋市民は名古屋城の魅力に自信を持ってはどうかというメッセージに受け取りました。

会場からも批判の声が相次ぎました。
「トリクルダウン説は破たんした。H17年度からH27年度で、年金は月25000円減額。国保・介護保険・税金などを含めると48000円減額されている。市長は名古屋城木造化完成まで待っておれということか。年寄りをなめている。全国に誇れる名古屋市にしてほしい」
「戦災で焼けていなければ確実に世界遺産になっていただろう。現天守閣が再建されたとき中学生だったが寄付をした。市民の宝を作るのならにわかに作るのではなく、木を育てて50年、100年単位でどうして考えられないか。どうしてオリンピックまでに作るなどバカなことを言うのか。市長の道楽で作るつもりか。オリンピックまでなど絶対に反対する。」
「作るのであればリニア完成に合わせて本物の再建を望む」

市長は毎回毎回「誤解があるが、名古屋城は税金を投入するのではなく、税金を納める方になる。銀行には金が余っている。30年債で1.3%利息であれば、
500円の入場料で400万人来れば30年で600億円。400億円かかって、利息が150億払ってもおつりがくるし、土産物などの収入も入る。」との皮算用をくり返します。
・上記には運営費・修復費費用は1円も計算に上がっていません。民間に運営を任せれば、運営費は無料となるとの考えなのでしょうか。
・400万人来るという試算根拠は全くありません。アンケートすら取っていません。国宝姫路城でも年間230万人(有料・無料含む)。土日は15000人で入場制限しています。
名古屋城木造天守閣の最大入場者数は分かりませんが、平日も含め平均11000人来なければいけない計算となり、城に登ることが事実上できません。名古屋城に500万人来るという学者の氏名は「プライバシーのため非公開」(市長談)です。
・維持費が今後どれくらいかかるかは試算がなされていません。入場者が来なければどの程度の税金を今後数百年にわたりつぎ込む必要があるのかも分かりません。

また、市長は「稼げる街にならないと福祉の金は降ってこない」といいますが、具体的にいくらくらい稼げる街になるのか、福祉の費用はどのような見通しなのかは全く語りません。

なお、下水道が通っていない地区があることについて、河村市長は「申し訳ない。区長に後で話してもらう」と丸投げ。
芝康夫・中川区長は「港区の下水道が地区の地下を通っているのは承知している。粘り強く早急に着工するよう上下水道局に伝える」とするのみ。
名古屋市が名古屋市民の生活のことを真剣に考えているとはとても思えません。

市長発言で唯一興味深かったのは、会場からの質問時間が終わった後、不規則発言で会場から立松誠信・元愛知県議が「住民投票をやってほしい」と言ったことに対し、市長は「実は会場から同様の意見がある。大変わかりやすい。住民投票は他の選挙と重ねると費用があまりかからない」と述べたことです。
2016年7月にも想定されている参議院選挙時に住民投票をすることを市長が検討しているのかどうかは分かりません。

市民からの意見も3分のみであり、6-8人程度しか発言できません。それに対して市長が同じ話を繰り返すのみです。
少なくとも過去の市民とのやり取りを市公式ページにアップすることを希望します。
その上で、3月にゼネコンからの提案が出てきた後、再度タウンミーティングを行って市民に情報を徹底させて市民の判断を仰ぐべきです。
少なくとも1年以上かけて情報を周知させ議論していくのが「民主主義発祥の地ナゴヤ」にふさわしいのではないでしょうか。


16/1/12 名古屋城天守閣木造化タウンミーティング 南区 質問時間延長を求める声を圧殺

2016/1/12に名古屋市南区役所で行われた名古屋城天守閣木造化タウンミーティング(200名参加)において、会場からの質問が多数寄せられ、質問時間の延長を求める声を無視して強引に時間が来たからと終了させました。

南区はいつにもなく活発に質問がありましたが、河村たかし名古屋市長は当日話した同じ話を延々と繰り返して時間をロスしましたがコーディネーターである瀬口哲夫・名古屋市立大学名誉教授は全く注意しません。
それどころか、賛成派の質問時間は3分を過ぎても注意せず、疑問を呈する声には3分きっかりで強引にやめさせました。
「主権者は市民だ」との会場の声を圧殺し、天守閣木造化にまい進する河村市長は江戸時代のやりかたそのものであり、徳川軍事政権をほうふつさせます。これでは市民の理解を得ることはできません。「河村幕府」の象徴の名古屋城天守閣木造化を認めるのかどうかが問われています。

会場からの質問の質もいつになく高いものでした。
400億円を市債で発行するという市長提案に対して、「減税している現在、起債制限に引っ掛かるのではないか。現在の大臣では起債許可が下りない可能性がある」という会場からの疑問には答えませんでいた。大工の方からは、「今すぐ工事をしないと木がなくなるという河村市長の発言はおかしい。木は育つ。薬師寺は台湾ヒノキを使った。カナダヒバを使った事例もある。国産材のみ使用というのは伊勢神宮くらい。また、先進事例の本丸御殿について何も触れないのはおかしい。」という指摘がありましたが、市長は「伊勢神宮と同じ気持ちで行いたい。」というのみ。

南区はバスが1時間に1本くらいしか走っておらず、せめて2本走らせてはどうか、いじめ自殺がまたあり、先生を増やすなどに税金を使ってはどうか、という会場からの意見に対しては、市長は「必要なサービスは必要」というのみ。

市長は「私は一度も『障害者はおんぶしてもらって木造化された名古屋城を登ってはどうか』といったことはない。車いすを担いで登ってもらっては、といったことはある」と発言しましたが、平成25年6月19日名古屋市議会本会議の発言を意図的に無視しています。自身が車いすの斎藤まこと市議は、背負子の提案を完全に否定しています。

平成25年6月19日 名古屋市議会本会議
◎市長(河村たかし君)
それと、ちょっと体の不自由な皆さんのことについてでございますが、これは、何を言っておるんですか。背中にしょうやつがあるでしょう。どういうのやったね。(「背負子」と呼ぶ者あり)背負子ですわ。ああいうのを持って、1人ずつ、それこそ名古屋市立大学の皆さんにボランティアで上がってもらったらどうですか、階段を。

平成25年6月24日 名古屋市議会本会議
◆(斎藤まこと君)
先日、名古屋城天守閣を木造化するというときに、市長は、体が悪い人は背負子で背負えばええみたいなことを言っていましたよね。そういう感覚がいまだ残って、それは大事なことなんですよ、お互いを助け合って、いろいろ手伝うということは大事ですけれども、しかし、今ごろ、背負子で背負って持ち上げるなんていうことを誰が賛成しますかね。障害者の人、誰もそんなのがオーケーなんて言いませんよ。
http://www.kaigiroku.net/kensaku/nagoya/nagoya.html

初めに挨拶をした横田明典・南区長は「南区長になる前はずっと消防局で勤めていた。名古屋城木造化については、火災・地震の面から心配していたが、区長会などで市長から話を聞くうち、330年間地震にも耐え、火災にもあわなかったため、木造化すべきだと現在は考えている。南区長として南区民にどうメリットがあるかと考えたところ、金シャチ横丁を拡充するために愛知県体育館にどいてもらい、大相撲名古屋場所を南区にある総合体育館で開催できないか。それには地下鉄桜通線を延伸する話なども浮上してくるかもしれない、という夢の話がある」と、他区長より踏み込んだ発言をしました。
逆にいえば、名古屋市北部の名古屋城整備について、名古屋市南部地域の住民はほとんど関係がなく、税金の負担のみかかってくるというデメリットばかり、という意識があるのかもしれません。同じく南部にある港区でのタウンミーティングは60人程度の参加者で、意見も厳しいものばかりでした。http://ombuds.exblog.jp/22648799/

タウンミーティング時にも少し市長から話がありましたが、名古屋城がコンクリートで再建された1959年に、伊勢湾台風が名古屋市を直撃して特に南部地域に激烈な被害を与えました。消防職員として初めて局長になった横田明典・南区長は、名古屋城木造化よりもっと先にすべきことがあるのではないでしょうか。


16/1/11 H28年度予算 名古屋市財政局査定 名古屋城魅力向上推進事業等に0査定

16/1/8に名古屋市は平成28年度予算要求に対する財政局査定内容の公開を行いました。
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-6-2-13-1-4-0-0-0-0.html

名古屋市は「予算編成の透明性の確保と市民意見の予算への反映に関する条例」に基づき、各局からの予算要望を公開して市民からの意見を募集し、さらに財政局査定、市長査定をそれぞれ公開しています。
http://www.reiki.city.nagoya.jp/reiki_honbun/i502RG00001216.html

名古屋市は市民税5%減税の下、極めて厳しい財政運営を強いられており、市民経済局が予算要求した「名古屋城魅力向上推進事業」1000万円、宗春公再現プロジェクト400万円、インバウンド誘致の強化6400万円、観光客の受入態勢の充実3300万円は財政局によって0査定になりました。

名古屋城天守閣の整備検討は予算要求1600万円のうち1200万円、名古屋城本丸御殿観覧環境の整備は3100万円のうち2000万円が認められました。

その他、昭和39年完成で老朽化が著しい中村区役所改築に向けての調査費用900万円、フェアトレードの普及啓発700万円、妊娠・出産期サポーターの配置8100万円、あおなみ線等の魅力向上策の推進5100万円、学校生活アンケートの実施8700万円も0査定です。

今後、市長査定に移ります。上記がどうなるか注目したいです。

財政局は平成27年度9月補正予算で名古屋城整備検討調査3500万円要求を0査定としています。(その後市長査定で復活)
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000073789.html
このことからみても、財政局は名古屋城天守閣木造化に強く反対していることが分かります。

なお平成27年9月に名古屋市が作成した収支見通しによれば、平成28年度の差し引き収支は83億円の赤字となります(市民税5%減税分は115億円)。その後も平成29年度に126億円、平成30年度に132億円、平成31年度に176億円の赤字と、どんどん赤字額が膨らむ見通しです。
(上記試算に名古屋城天守閣木造化関係は含まれず)

これでは、とても名古屋城天守閣木造化にかけるおカネはありません。観光客を呼ぶために効果的と思われる各種事業を行わず、名古屋城天守閣木造化にまい進する名古屋市長は、極めて認識が歪んでいます。

市民税減税が平成22年度から始まってはや6年がたちます。平成22年度から27年度で、合計644億円の市民税が減収となった計算です。
 平成22年度 161億円(10%減税)
 平成23年度  61億円(10%減税)
 平成24年度  78億円(5%減税)
 平成25年度 110億円(5%減税)
 平成26年度 118億円(5%減税)見込み
 平成27年度 116億円(5%減税)見込み
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/68-6-2-0-0-0-0-0-0-0.html

減税政策の下、270億-400億円もかかるといわれる名古屋城天守閣木造化にまい進するのは論外です。
市民税減税で喜んだ人・法人もいるかもしれませんが、各種事業ができなくなっている現状をみると、減税政策自体をあらためて見直すべきではないでしょうか。

・平成26年11月 市民税5%減税検証プロジェクトチーム
市民税5 % 減税検証報告書(案)
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000059765.html


16/1/10 名古屋城天守閣木造化 「市民アンケートを取る人を集めて話を検討」と名古屋市長

2016/1/10に名古屋市瑞穂区役所で行われた名古屋城天守閣木造化タウンミーティング(200名参加)において、会場からの「アンケートはどのような形式で行うのか」という質問に対し、河村たかし名古屋市長は「無作為抽出で選んだ人にアンケートする前に、できれば集めて事実を言わないといけない」と初めて述べました。
具体的なアンケート内容については今後検討するとのこと。

アンケート前に20000人もの人を集めて話をすることはできるとは到底思えませんが、現在のタウンミーティングのように、市長が「根拠のない妄想」ばかりを会場に来た人に伝えたうえで、その人たちだけにアンケートをしたらきわめて偏った結果になると思います。
とても公正なアンケートとは言えません。

市長は毎回毎回話をはぐらかしてばかりで、肝心なことは答えません。
木造5階建ては建築基準法違反ではないかという会場からの質問も、「ゼネコンに、人が入れるよう設計を依頼している」というだけ。
お金をどう工面するかという質問に対しては、「市債を発行して購入すればみんなが利子をもらえるようにする」というのみ。 (400万人毎年来て、入場料500円で利子率1.2%なら30年で返せると、またも運営費・修復費を度外視した発言を行いました)
ただ、姫路城は1000円に値上げしても特に文句が出ないし客が増えた、とし、将来の入場料値上げを示唆しました。

大変残念ながら、市長のたわごとを真に受ける市民が多いのにはショックです。
毎回話をする、「江戸城再建されたら名古屋城の分の木材がなくなる」ですが、江戸城が再建できるとはとても思えません。
しかも、江戸城は外から見るだけで、中に人が入れるかどうかは今後検討するとのこと。
http://npo-edojo.org/edo_castle/qa.php#2-6
外から眺める江戸城500万人の試算が仮に正しいとしても、中に入れる名古屋城400万人というのは無理があります。
(国宝 姫路城が230万人)
http://ombuds.exblog.jp/22713494/

少なくとも、ゼネコンからの設計・見積もりが出る3月以降、再度全区タウンミーティングを開く必要があると思います。

なお、河村市長は「本日の新聞でも『2020年までと急ぎすぎるな』と、新聞は批判の意見が多い」と述べていました。
・16/1/10 中日新聞 どうする名古屋城 私の思い9
 名古屋学院大教授・江口忍さん 都市全体の戦略必要
 http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=332659&comment_sub_id=0&category_id=524
  お金も人手もかかる。工事が可能かではなく、ほかに優先事項があるので、20年完成は賛成できない。

  木造復元賛成でも、時期的に急ぎすぎる必要がない、という人は相当います。
残念ながら、タウンミーティングの時間が大変短く、質問が途中で打ち切られています。
(市長の独演会状態です)
また、これまでのタウンミーティングの様子を220万市民は全く知りません。
「民主主義発祥の地ナゴヤ」を自称するのであれば、十分に時間をかけて議論すべきではないでしょうか。


15/12/27 姫路城 入城者数分析結果 土日は1万人越え 平日は7千人

名古屋城天守閣木造化に関し、河村たかし名古屋市長は「年に300万人は来る。500万人来るという学者もいる(氏名非公開)がそれ以上は物理的に入ら